06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山ライトレール「ポートラム」で遊ぼ~♪

富山ライトレール(東岩瀬駅)

(前回からの続き。2011年10月11日のお話)
富山地方鉄道全線を完乗したその足で、富山駅の南北を結ぶ地下道を歩き、これまた話題の富山ライトレールに向かいます。
ε=ε=┏( ・_・)┛
しかしまあ、将来的にどうなるのかわかりませんが、今のところは殺風景な地下道でした。
富山駅南北連絡地下道

この地下道で北口に出ると、富山ライトレールの富山駅北電停があります。
電車はTLR0600形。愛称は「ポートラム」。全部で7編成あり、ドア周りの色も虹のイメージで7色。
富山ライトレール・富山駅北電停

運賃は1回乗車200円で、1日乗車券もあります。
また、富山市内のホテル・旅館に宿泊すると1回分の「半額利用券」が貰えるそうですが(富山ライトレール公式サイトによる)、私が泊まった宿に、そんなのあったのかなぁ。。。。
(・.・)?

この路線は、2006(平成18)年4月29日に開業しましたが、富山駅北~奥田中学校前間(1.1km)は併用軌道(路面上)の新線、奥田中学校前~岩瀬浜間(6.5km)は旧・JR富山港線の転用です。

旧・富山港線は、1924(大正13)年に富岩(ふがん)鉄道として開業しましたが、経営は富山電気鉄道→富山地方鉄道と変遷し、1943(昭和18)年6月に国有化されました。
国鉄時代は、北陸地方の国鉄線では唯一の直流電化路線で、水色に塗られたクモハ40形やクモハ73形・クハ79形が運行されていました。

しかし、工業の中心が富山新港へ移ったため、国鉄末期の1986(昭和61)年に貨物輸送(末期はDD15形牽引)が廃止され、JR西日本に移管後は、旅客列車の本数も大幅に減っていました。
2004(平成16)年6月時点のダイヤでは、朝夕が約30分間隔、昼間が約1時間間隔の運行でした。
当時はラッシュ時が475系電車(北陸本線と共通)、それ以外がキハ120形気動車(高山本線などと共通)による運行で、富山港線専用の車両は存在しませんでした。
これは、国鉄末期の旧型電車廃止と同時に、城川原にあった富山第二機関区城川原派出所を廃止したためで、東北の仙石線などと違い、例えば103系電車などが走ったことはありません。

北陸新幹線開業に伴う富山駅の高架化に関連し、富山港線は廃止(バス化)も検討されたようですが、日本では非常に珍しい「新規路面電車と併せた活性化」が選択され、
JR西日本・富山港線としての営業は、2006(平成18)年2月28日限りで終了しました(同年3月1日~4月28日の間は代行バスを運行)。

現在、JR富山駅は高架化工事中ですが、これが完成するとライトレールは高架下の新電停が起点になる予定で、例の地下道を通る必要はなくなります。
また、将来的には富山地鉄の市内線と接続し、直通運転が行なわれる計画もあり、そのため、富山地鉄の環状線デ9000形「セントラム」は、ライトレール乗り入れを想定した設計になっています。

車内は混んでおり、後部運転台の後ろに立ちました。
富山駅北を出て、インテック本社前までの区間は、片側に寄った単線の「芝生軌道」です。
富山ライトレール・富山駅北~インテック本社前間の芝生軌道

奥田中学校前を出て、旧・富山港線区間に入るとこんな感じ。
この駅は、富山化学の大工場そばにある下奥井駅ですが、東岩瀬駅を除き、旧国鉄・JR時代の駅舎等は全て撤去されています。
富山ライトレール・下奥井駅

ライトレールの駅で唯一、国鉄・JR時代の名残で旧国名を冠した越中中島駅を過ぎ、
城川原駅には、ライトレールの車庫と変電所(注:直流600V。JR時代の直流1500V変電所は廃止)があります。
ここで、10月31日まで「ハロウィン電車」(正式には「Trick or Treatram」と呼称)になっていたTLR0602編成と交換。
富山ライトレール・2011年版「ハロウィン電車」(TLR0602)

車内には「ハロウィン電車」イベント開催の掲示が出ていました。
Trick or Treat?(意訳:お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ!)
( ´▽`)/お菓子チョーダイ
富山ライトレール・「ハロウィン電車」の告知(2011年10月)

約25分で終点の岩瀬浜駅に到着です。
富山ライトレール・岩瀬浜駅

ここからは、「フィーダーバス」という電車接続バスが浜黒崎、水橋漁港方面へ出ています。
もっとも、水橋漁港は、北陸本線の水橋駅とは遠く離れているので、ご注意のほどを。
また、蓮町駅からは四方(よかた)方面へのフィーダーバスがあります。四方とは前回触れた、富山地鉄射水線の駅があったところです。

なお、岩瀬浜駅と新港東口(旧・射水線の終点。県営渡船の発着場で、現行バス停名は「堀岡」)の間には土曜・休日のみ、フィーダーバスが運行されています。
時刻は、岩瀬浜駅発が10時30分・12時30分・14時30分、堀岡発が11時00分・13時00分・15時00分で、大人片道500円(2011年11月現在)。
これを上手く活用すれば、富山ライトレールとバス、渡船、万葉線を乗り継いで富山~高岡間の旅を楽しめます。
(*'-'*)

港町であり、北国街道の宿場町でもあった岩瀬は、富山とは別の町で(1940[昭和15]年に富山市と合併)、往時の雰囲気が残る町並みを歩きたいところですが、今回は歩いている時間がない。。。。
(ノд-。)
せめて「鉄道遺跡」だけでも見ようと、旧・富山港線時代のホームと駅舎が残っている東岩瀬駅に行ってみました。
(*'-'*)
この駅舎は富岩鉄道の越中岩瀬駅として建てられたもので、国有化後、1950(昭和25)年5月20日に「東岩瀬」と改称されました。
(注:同時に北陸本線の東岩瀬駅を「東富山」駅に改称。)
旧東岩瀬駅・1

現在、旧駅舎は無料休憩所として使われています。
旧・東岩瀬駅2

踏切から見ると、国鉄・JR線のホーム(右側)と、ライトレール(上り線用)のホーム(左側)の高さが全く異なるのが分かります。
富山ライトレール・東岩瀬駅

富山駅へ戻り、楽しかった旅もおしまい。。。。
(*'-'*)
旧・東岩瀬駅舎を見に行ったため、乗る予定だった富山13時18分発の直江津行普通545Mは放棄し、13時50分発の特急「はくたか15号」に乗りました。
糸魚川からは、大糸線・中央線経由の普通列車乗り継ぎで帰京しましたが、これは普通列車専用の「鉄道ちゃんの日記念きっぷ」利用という制約があったため仕方ないことで、
大糸線の「北線」には15年ぶりぐらいに乗ったものの、疲れていたこともあり、西国分寺まで、ほとんど寝てばかりでした。

本当なら、東京方面最終となる「はくたか25号」(富山発18時59分)まで現地にいて、今回は割愛した万葉線などにも乗るか、
あるいは、黒部峡谷鉄道を欅平まで往復したかったところです。

でもまあ・・・北陸の鉄道ちゃんは面白いので、また来ますね!
また遊んでね!
(*'​-')​ノ
(この項、終わり。ご愛読ありがとうございました。)

【参考】
富山ライトレール公式サイト
http://www.t-lr.co.jp/
「北陸の私鉄」(「H.SUWA」さんの個人サイト)
http://www1.coralnet.or.jp/suwa_h/
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

おはようございます

昨夜は大雨警報で風雨強くなりましたね
(@。@)
ライトレール編ですね!
未来の路面電車的感覚がありますよね
郊外にはバスとの連携で中心部への渋滞解消って感じですかね
市内線への直通運転の計画もあるんですかぁ
(・.・)
ちょうどハロウィンの時期だったのですね!
7色全てを見るには大変なのでしょうね
最後に行程変更で駅舎チェックして
今回のレポ完了にしたのですね!
お疲れ様でした!
m(_ _)m

お疲れさまでした

ライトレールって本当にホームが低いですね。
JRホームとライトレールホームが比較できる場所があるというのはおもしろい!
それにしても、国鉄時代の駅はかなかに味がありますが、相当ごっついのがよくわかります。東岩瀬以外の駅ではホームのみならず駅舎まで撤去してしまったとは勿体ないことと思いますが、残しておいても管理する者がいないのでしょうね。寂しい限りです。

お疲れで大糸線北線のレポートがないのは残念でした。次回の北陸方面へのお出かけの際には是非お願いします!!

Halloween

ライトレールといえば、欧米で盛んなイメージがありますが、北陸、ことに富山エリアは特に欧米の風情に近いんじゃないかってイメージを強めました…。確かに北陸は鉄道ファンにとっては飽きない場所。
しかもハロウィンにはけっこう踏み込んだことも行われてたようで。これがあの時期のデザイン変更にも通じていたんですね。

コメントありがとうございます♪

たった1泊の話が、こんな長丁場になってしまい、申し訳ありません。
長々とご愛読いただき、ありがとうございます。

コメントは、まとめて失礼します。
(*'-'*)

aki様
土曜日(11月19日)、関東は大雨でしたね。
本当は、来春3月で消えるJR東海の371系「あさぎり」でも撮りに行きたかったんですが、
雨だけでなく、早朝に東北沢駅で人身事故があり、午前中のロマンスカーは全部運休らしかったので、撮影は延期したんですよ。。。。
(東京メトロが力を入れている「メトロもみじ号」も運休。嗚呼!)

富山ライトレールですが、(ドイツの)「カールスルーエ・モデル」っていうのか、新感覚の電車ですね。
(^.^)
実は私、そのカールスルーエって行ったことあるのね。10年以上前ですけど。
(ベルリン発カールスルーエ止まりの特急に乗ってきた。最終的にはスイスへ行くつもりで、バーゼル方面行の国際列車が来るまで2時間ぐらいあった。)

当然、路面電車も2~3駅ですが、暇つぶしに乗ってみました。たぶん「交通営団」みたいな組織が運営しているんだと思いますが、郊外線との直通運転をやっているようでした。

ただ、当時の日本人は、カールスルーエの路面電車が「世界の垂範」になるような、有難い物だとは誰も思ってなかったでしょうね。無論、後に富山市にも似たような電車が走るとは。。。。
それを知っていれば、カールスルーエの電車に半日は費やしたと思いますけど(笑)。。。。

7色の電車・・・昼間は15分間隔なので、3~4本で運用していますから、なかなか全部は見られませんね。
(*'-'*)

にんべん様
ライトレール、ホームは低いですよ~。
( ゜。゜)ウヒョー
やはり、高齢の乗客が多かったです。富山市には、高齢者用の「おでかけ定期券」という物があるそうですが。。。。
(市内の公共交通機関を、実質的に1回100~200円で乗車できる・・・という、福祉目的の特殊乗車券だそうです。)

国鉄時代の駅舎・・・
富山ライトレールは、国や自治体から、かなり手厚い支援を受けているようですが、それでも最小限の人員でやっているため、駅舎の手入れまでは不可能なんでしょうね。雪国なので、建物の傷みも早いし「雪下ろし」も必要ですから。。。。

大糸線、今はキハ120形で、南小谷で乗り継いだJR東日本の電車も125系でしたか、新しいアレでした。車両は、つまらなくなってます。
韓国人観光客が多かったので驚きましたね。ソウル~富山便で来た人たちだと思うけど、服装や所持品からして、相当な「富裕層」みたいな感じでしたね。
(*'-'*)

T-Max様
北陸の鉄道ちゃん、本当に面白いですね。
ヽ(^▽^)ノ
特に今は、新旧の過渡期ですからJR線にもまだ、旧・国鉄車が残っていますし。
(撮れませんでしたが、485系国鉄色の特急「北越」も見ました。「能登」の運用とは無関係に、予定外で入ることもあるようです。)

それもそうですが、「ハロウィンって、今は地方都市にも浸透したんだなぁ・・・」と思いました。
広島電鉄では「クリスマス電車」が例年走っていますが、富山の「ハロウィン電車」も数年前からやっているみたいです。

富山・・・というか岩瀬のあたりは、運河があったりして、アムステルダムっぽい場所もあるようですね。そういえば、富山県の花はチューリップですよね。気候も似てるんでしょうか。
(*'​-')​ノ

こんにちは

そうか、ライトレールは低床なので、JR時代のプラットフォームとは高さが違うんですね。
ドイツの路面電車に乗ったとき、低床車でドア部分が床付近まで透明だと、実際より高速に感じてなかなか面白い感覚でしたが、ライトレールはどうなのかな?
ライトレールについては、1年ほど前にたまたま見ていた「サザエさん」に出てきて、
カラーバリエーションの話にも触れていたのを覚えています。
地鉄市内線も環状線ができて、新旧車両が走るようになったのも楽しそうです。
ライトレールが乗り入れるようになる頃まで、旧車両にもがんばってほしいですね。

ベルニナ様

こんばんは。
(*'-'*)
富山ライトレールの最高速度は、公式資料によれば、路面区間が40キロ、専用軌道区間が60キロだそうです。
「透明なドアだから」かどうかは分かりませんでしたが、
「ライトレール」ってくらいですから、独特の軽快な感じはしましたね。

「サザエさん」に取り上げられたんですか?
これ、何か電気関係に東芝さんが絡んでるのかなぁ?(笑)
(ちなみに、弊社は伝統的に三菱電機さんとのお付き合いが長いです。今日も何か「謎の試運転」やってたけど。)

地鉄の市内線、おっしゃるように「昭和」ムードの旧型車と、環状線専用の新型車の出会いは、何だか面白いですよ。まあ、環状線に入らない新型車もありますけどね。
いつまでも、末永く走り続けてほしいですね!
ヽ(^▽^)ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。