08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山地鉄で遊ぼ~♪ 3.本線を行く

朝の富山駅前

(前回からの続き・2011年10月11日[月曜])
朝の富山駅前・・・眠たいよ~。。。。
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ​
しかし、これから乗る富山地方鉄道本線は、電鉄黒部~宇奈月温泉間の本数が限られており、効率的に乗るためには、早起きしなきゃならないのね。。。。
どうせホテルの朝食を食べている暇はないので、敢えて、そんなサービスなど何も無い1泊2900円の激安ホテル(というか、ウィークリーマンション)に泊まったんですよ。

電鉄富山駅に行くと、6時19分発の不二越・上滝線605列車岩峅寺(いわくらじ)行が停車中でしたが、これが、地鉄の旅客車では今、最も古い10020形でした。
ヽ(^▽^)ノ
富山地方鉄道・10020形
これは1961(昭和36)年に登場した形式で、現在は1964(昭和39)年製造の第3編成(モハ10025+モハ10026)1本、それに増結用のクハ173・174しか残っていません。
夏に見た、このお方とは同じ日本車輌製のご親戚です。
長野電鉄2000系・A編成

10020系の定期運用は今、平日の605列車と、折返し606列車(岩峅寺7:15→電鉄富山7:47)だけのようです。
ぜひとも乗りたいところですが、不二越・上滝線には昨日乗っているし、後の予定もあるので断念。。。。
(*'​-')​ノ またね~
といっても、容易に再訪できるか・・・と思うけど、まあ、池袋発の夜行高速バス(片道7340円。池袋23:00→富山駅5:30)もあるし。
( ・_・)
私がこれから乗るのは、本線の宇奈月温泉行普通107列車(6時18分発)で、これは10030形(元・京阪3000系)でした。
電鉄富山駅

富山と宇奈月温泉を結ぶ本線には、10年以上前、新魚津→電鉄富山間という実に中途半端な乗り方をしていますが、今にして思えば実に雑な乗り方で、お恥ずかしい限りです。

今回、改めて乗る電鉄富山~宇奈月温泉間も、歴史的には実に複雑で、
1.電鉄富山~寺田~上市間は、旧・富山電気鉄道として開業。
2.上市~滑川間は、旧・立山鉄道として開業し、後に富山電気鉄道に買収され、改軌・電化された区間。
3.滑川~電鉄黒部間は、旧・富山電気鉄道として開業。
4.電鉄黒部~宇奈月温泉間は、旧・黒部鉄道として開業。
となっており、1943(昭和18)年に富山地方鉄道へ統合されました。

なお、旧・立山鉄道は1913(大正2)年から1921(大正10)年にかけて、滑川~上市~大岩口~辻高原(つじたかはら)~沢端~五百石~立山(現・岩峅寺)間に開業した私鉄でしたが、
762ミリ軌間の蒸気鉄道でしたから、昭和に入ると時代遅れになり、1930(昭和5)年に富山電気鉄道と合併すると、滑川~上市(実際は隣りの新宮川付近)間は改軌・電化されて、富山と魚津を結ぶ高速電車線の一部になりましたが、
上市~辻高原~五百石間は利用者も少なかったのか、1932(昭和7)年12月に、改軌・電化はされぬまま廃止されました。
一方、富山電気鉄道は寺田~五百石間を開業(1931年)した後、五百石~立山間を1936(昭和11)年8月に改軌・電化し、立山駅を富山県営鉄道(現在の不二越・上滝線)の岩峅寺駅と同じ場所へ移転の上、県営鉄道に合わせて駅名を「岩峅寺」に改めましたが、これが今の立山線です。
(@_@)???
【富山県中新川郡上市町周辺の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


ところで、旧・立山鉄道の廃止区間(上市~辻高原~五百石間)の跡など、あまり残っていないようですが、宮脇俊三・編『鉄道廃線跡を歩くⅩ』(第10巻。JTBキャンブックス)に取り上げられ、岸 由一郎氏がお書きになっています。
この「第10巻」は宮脇先生を悼んで、2003年秋にシリーズ最終巻として出された本でしたが、「立山鉄道」の項をお書きになった岸さんも、その後、岩手・宮城内陸地震(2008年6月13日)による土石流災害でお亡くなりになりました。
私は宮脇先生にも岸さんにも、生前、一度だけお目にかかったことがあるのですが、まさか「一期一会」になるとは。
特に私と同世代だった岸さんについては、亡くなるなど考えるはずもなく、心から残念に思っています。

さて、6時42分発の上市って駅も妙な駅で、小田急江ノ島線の藤沢駅や、富士急行富士山駅(旧・富士吉田駅)のような頭端式のスイッチバック駅です。
この駅は、もともと「上市口」といい、1943(昭和18)年12月までは、さらに約500m先まで延びていて、そこが「上市」駅でした。
(旧・上市駅は現在の「かみいち総合病院」のあたりか? 同病院の公式サイトによれば、1951[昭和26]年開院とのこと。)
しかし、折返し運転の煩雑さが嫌われ、上市口~上市間は廃止となり、旧・上市口駅を「上市」に改称して現在に至っています。
再び(@_@)???
(上市駅の写真、車内混雑のため撮れませんでした。失礼。
下記【参考】URLの「北陸の私鉄」サイトで、富山地方鉄道→沿線紹介路線図→「上市」をクリックすると写真があります。)

上市を出て、平日朝のラッシュ時間帯にかかったこともあり、乗客が増え、対向列車も多くなりました。
旧・立山鉄道の起点だった滑川はJR接続駅ですが、メジャーな扱いではないらしく、地鉄の特急は通過します(中滑川に停車)。

電鉄魚津付近はJRと横並びの高架区間で、それが終わると新魚津に停車。
この駅は、別に「新」でも何でもなく、昔は国鉄(JR)との共同使用駅で、駅名も同じ「魚津」でした。
1995(平成7)年4月1日から、JR連絡跨線橋が廃止されて共同使用駅ではなくなり、新魚津に改称されました。
今、地鉄に乗るには、JRの駅前からいったん東西連絡地下道へ下りなければなりません。階段を上がると、新魚津駅のホーム上に駅舎があります。

さらに走って7時21分、電鉄黒部に到着。ここはJR線接続駅ではありません。
「電鉄黒部」の駅名になったのは1989(平成元)年4月1日のことで、駅名は西三日市→電鉄桜井→電鉄黒部と変遷していますが、
平成の世になってからでも「地鉄黒部」ではなく、他駅に合わせて旧・富山電気鉄道を思わせる「電鉄黒部」としたところが面白い。そのほうが、「通り」がいいんでしょうね。

実は、かつては国鉄黒部駅(旧称:三日市駅)も地鉄との連絡駅でした。これは、旧・黒部鉄道時代の名残です。
ですが、電鉄富山・滑川・魚津(新魚津)でも国鉄と接続しているのに、さらに黒部でも接続させる必然性は薄れたのでしょう。黒部~電鉄桜井間の支線は1969(昭和44)年8月17日に廃止されました。その廃線跡は、はっきり残っていました。
現在、黒部駅前にある「みつかいち」の駅名標は、戦前の旧・黒部鉄道の物を復刻したそうです。
黒部駅前・復刻駅名標1

黒部駅前・復刻駅名標2

戦前ですから右書きで、また、当時は促音(「っ」)を使わない慣例だったので「みつかいち」と書いてあります。
私、「みつか」(美津香)としては大いに気になるところで(笑)、これは前夜(10月10日)、JR北陸本線に乗ってわざわざ見に来たわけですね。
(*'-'*)
旧・黒部鉄道には、三日市~石田港間の支線というものもあり、それは下記のサイト(黒部市役所)をお読みいただきたいんですが、
(http://www.city.kurobe.toyama.jp/contents/shinkansen/tetsudo/sub05.html)【リンク切れ】
これを読むと、石田港行のホームは国鉄線ホームの海側に独立しており、宇奈月方面のホーム(山側)とは別だったらしい。
また、「石田港線の電車はワンマン運転されていて、その運転も石田港駅の駅長さんが担当し」とありますが、
それが本当なら「日本初のワンマン電車」でしょうけど、全然話題にならないのも不思議で、さらに研究の余地がありそうです。
( ゜д゜ )bフムフム?
【富山県黒部市石田周辺の地図】
※マウスをクリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


電鉄黒部を出てしばらく、長屋駅の近くに清酒「銀盤」の工場があります。
このお酒は、北陸地方の駅売店ではよく見かけましたが、ちょっと辛口でしたね。
(*'。'*)つЦゥィーッ!
長屋~舌山間で建設中の北陸新幹線と交差しますが、ここに「新黒部」駅(仮称)ができるそうです。
地鉄側は1面1線の交換不能駅を予定している模様ですが、まあ、「新黒部」などという無味乾燥な駅名ではなく、「黒部宇奈月」とかになるんでしょうねぇ、どうせ。。。。
(注)【追記】を参照。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
山が深くなり、乗客もほとんどいなくなって、7時55分、宇奈月温泉駅に到着。
富山地方鉄道10030形(宇奈月温泉駅)

黒部峡谷鉄道・1

(今回は、予定より長文になったので、いったん区切ります。次回に続く。)
(*'​-')​ノ

【参考】
富山地方鉄道公式サイト
http://www.chitetsu.co.jp/
「北陸の私鉄」(「H.SUWA」さんの個人サイト)
http://www1.coralnet.or.jp/suwa_h/

【追記】(2013-06-08)
北陸新幹線・長野~金沢間の新駅(2015年春に開業予定)の駅名が決定し、公表されました。
(2013年6月7日、時事通信社の報道による。)
●「上越妙高」
●「新高岡」
そして・・・「それ見たことか」って感じですが
●「黒部宇奈月温泉」
だそうです。
===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

こんにちは

本線編はじまりましたね!
どうしても早朝の出発になってしまったのですね
今回も沿革が詳しく載っていて勉強になりました
(・。・)ホゥうんうん
10020形は富山地鉄って感じの電車ですよね
終点まで車窓をじっくり観察されていたみたいで
(@。@)きょろきょろ
あっという間の宇奈月だしたか?
トロッコが登場して今回は終了ですね!
次回も楽しみにしてます
(^.^)/

aki様

こんばんは。
(*'-'*)
本線は、本文に書いたように、乗りやすい新魚津→電鉄富山間しか乗ってなかったのよ。。。。

10020形は、名鉄5200形(現存せず)や、長野電鉄2000系とご親戚です。
いずれも昭和30年代、中部地方の私鉄を代表する名車でした。
昔、横須賀線を走った国鉄のサロ111形みたいな椅子なんですね。リクライニングしないの。

>終点まで車窓をじっくり観察されていたみたいで
>(@。@)きょろきょろ

平日の朝だったので、車内が結構混んでまして、両側の車窓を見るのは難しかったですけどね。
(上の顔文字は森永チョコボールの「キョロちゃん」みたいでカワイイ!
いや、キョロちゃんだと「くちばし」かな。。。。)
(@<@)きょろきょろ

次回、再び「西武レッドアロー」です。
(*'​-')​ノ

2900円

ウイークリーマンション2900円なんですね。調理台や冷蔵庫とかもあるのかしら。流しとかあれば簡単なお料理作れますね。ちょっと楽しそうです。
地鉄電車は昔京阪で使用されていた車両なんですね。フリーキップを使ってあっちゃこっちゃ乗り回すのもおもしろいですね。11月16日はいよいよ富山先行ロードショーが始まりますね。誘われているんですけど、富山地鉄の映画楽しみですね。

びゅんびゅん丸様

こんばんは。
(*'-'*)
そのホテルは、室内には調理台はありませんでした。
どこかに、共同の調理場があるようでしたが、食事を外でしちゃったので、私は使っていません。
冷蔵庫は室内にありましたが、なぜかコンセントを抜かれ、扉が壁の方に向けられており、要するに使えない状態にされていました(謎)。

昔(もう20年ぐらい前)、静岡県富士宮市にあったユースホステル(今もあるかどうか不明)に泊まったら、
そこは食事を出さない代わりに「自炊可」でして、
確か3泊したんだけど、毎晩、鍋やったり、ステーキ焼いたりしました。
(*'-'*) おいし~♪

富山地鉄の全線2日フリーきっぷは4400円と高額なので、かなり気合を入れて乗り回るか、こまめに途中下車しないと元が取れないかもしれません。もっとも、電鉄富山~宇奈月温泉間を単純に往復しただけで3580円もしますけどね。。。。

>富山地鉄の映画楽しみですね。

楽しみですね♪ 車内でも「私、前売り券買ったよ」という会話をしている人たちがいたので、ご当地では期待されているようです。
ちなみに、前作とは全く異なる物語で、前作の出演者もほとんど第2弾には出ないようです。
(前作では、三浦友和さんの息子さんが「ふてくされた青年」を好演していましたが、今回はお父さんが主演ですね。)
前作の人々は「出雲の地で、元気に一畑電車を守っている」ってことなんでしょうかね。。。。
(*'​-')​ノ

こんにちは

以前、地鉄めぐりしたときのことを思い出しつつ楽しく読ませていただいております。
ご自身のお名前がそのまま入っている駅名標があるんですね。
それは気になるでしょう。
私の場合、苗字と同じ駅はあるけど、名前が入った駅は、おそらく無いな~。
宇奈月は駅前に温泉の噴水のようなものがあったのが印象的でした。
続きも楽しみにしています。

ベルニナ様

相変わらずコメントが遅くて申し訳ありません。
m(-_-)m
体調が悪くて、実は両毛線の「SLいせさき」号を撮りに行くつもりで有休取ってたんですが、結局、行きませんでした。。。。
(ノд-。)

「みつかいち」の駅名標、驚きました。
なにしろ、改称されてから50年近く経ってますからねぇ。
ちなみに、苗字と同じ駅もあります。ここは、実家から遠くないので、別に珍しくもないんですけどね。。

>宇奈月は駅前に温泉の噴水のようなものがあったのが印象的でした。

ありますね。次回、写真を貼りましょう。
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。