08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山地鉄で遊ぼ~♪ 2.不二越・上滝線

富山地方鉄道・岩峅寺駅1

(前回からの続き・・・記事が滞ってすみません。今、会社での仕事が忙しいのよ!!)
ε=ε=┏( ・_・)┛

立山発16時08分の普通335列車(電鉄富山行)は地鉄のオリジナル車・14760形の2連でした。
(トップの写真・左の車両)
これは1979~81(昭和54~56)年に7編成+増結用のクハ1両(クハ175号車)が製造されました。現在も全車健在です。
1980年前後には、「80年代は”地方の時代”」とか言われましたが、伊豆急・伊豆箱根・長電・静鉄・遠鉄、そして富山地鉄と、中部地方の中堅私鉄には、意欲的な新車が誕生していた時代でもありました。
この14760形も、そのひとつです。車内は転換式クロスシートですが、これは富山地鉄最初の冷房車なんですな。

それまで、大阪から急行「立山」として乗り入れて来る国鉄の475系電車と、名古屋から来る名鉄のキハ8000系気動車(特急「北アルプス」)だけが冷房車で、地鉄自前の冷房車はありませんでした。
「北アルプス」編成は折返しの滞泊時間が長く、間合い運用で立山~宇奈月温泉間の「アルペン特急」にも使われていましたが、夏場は「冷房がある」というので人気を集めていた・・・といいます。
こういうことを書いていると、つくづく自分が「おばさん化」しているなぁ・・・と思いますが(笑)、当時は東京の国電や私鉄にも冷房無しの車両があり、
毎年夏になると三大新聞に「この夏の国鉄・私鉄主要線区の冷房化率」なんて記事が載ったものです。
(運輸省あたりが、記者クラブに流していた情報だと思います。)

それはともかく、「モハ14760形」って形式称号、でっかい数字だよね。。。。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!
上3桁の数字は、モータ(主電動機)1個あたりの出力を「馬力」(PS)に換算したものです。
ワット数っていうのは、馬力の約3/4ですから、75kw=100PS、110kw=147PS、120kw=160PSというわけで、
モハ14760形のモータは1個あたり110kw、モハ16010形(元・西武5000系)なら120kw・・・という意味です。

富山地鉄という会社は、1943(昭和18)年の大合併で成立したので、旧・各社の形式称号・番号が入り乱れており、統一基準を設けて1949~51(昭和24~26)年にかけて改番を実施した当時の名残です。
でもまあ、今どきモータの出力を表すのに「馬力」なんて単位は使わないんですけど、昔はモータの出力を「馬力」で表すのが普通だったようで、古い『鉄道ピクトリアル』の「私鉄車両めぐり」を見ると、「PS」表示のもありますね。
メモメモφ(._.)

16時42分に岩峅寺(いわくらじ)へ到着。ここで不二越・上滝線(ふじこし・かみだきせん)に乗り換えます。
しかし・・・ここもまた、二又に開いた不思議な構造の駅です。。。。
(・.・)?
(下の写真、撮影位置は立山線上りホーム。右の10030形が停車しているのが不二越・上滝線ホーム。)
富山地方鉄道・岩峅寺駅2

立山線の前身は旧・立山鉄道(滑川~上市~五百石~岩峅寺間)ですが、上滝線の前身は旧・富山県営鉄道(南富山~岩峅寺~粟巣野間)でした。
旧・立山鉄道(762ミリ軌間の蒸気鉄道)は、1931(昭和6)年に旧・富山電気鉄道と合併し、
1931~36(昭和6~11)年に改軌(1067ミリ軌間へ)と電化が実施された・・・とのことです。
富山電気鉄道の駅は改軌・電化を機に、1936年8月に現在地へ移って県営鉄道と接続するようになり、
同時に「立山」駅から、県営鉄道に合わせて「岩峅寺」駅に改称・・・という、すげー複雑な歴史を持っています。
( ​>∀<​)・∵​.再びドッヒャ~!
【岩峅寺駅周辺の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


だいいち、「不二越・上滝線」という線名は、正式なものではありません。
稲荷町~南富山間が「不二越線」、南富山~岩峅寺間が「上滝線」なんですよ。もっとも、列車はすべて電鉄富山駅から直通ですが、電鉄富山~稲荷町間は本線。
これもまた、えらく複雑な話で、不二越線区間は旧・富南(ふなん)鉄道という会社の路線だった経緯に因るものか、正式な線路名称は分かれています。
(@_@)???
1969(昭和44)年までは、不二越・上滝線の方が富山~立山(旧名:千寿ヶ原駅)間を結ぶメインルートで、寺田経由のルートは「五百石線」と呼ばれていましたが、
翌1970年7月からの、国鉄車両の立山乗り入れを控え、おそらく車両有効長の関係で、寺田経由がメインになり、現在に至っています。
(注:取材当時、不二越・上滝線には、20m車の16010形は入線しなかった。2011年12月22日から入線している。)

一時期、不二越・上滝線には「大川寺(だいせんじ)遊園線」という呼称を使っていましたが、
沿線にあった、その大川寺遊園が1996(平成8)年に閉園されたため、また「不二越・上滝線」に戻ったんです。

あまりにも難解で、ここまで書いただけで私もヘトヘトですが(笑)、ともかく電車に乗りましょう。
( ・_・)
16時47分発の南富山経由・電鉄富山行632列車は、10030形の2連。
これは元・京阪電気鉄道3000系ですが、現在8編成あり、これが今の富山地鉄の主力車両です。
富山地方鉄道10030形(岩峅寺駅)

車内は、大井川鐵道へ行った仲間同様、ワンマン化改造を施され、テレビも撤去されているものの、ほぼ京阪時代のままでした。
富山地方鉄道10030形・座席

ただ10030形は、もともと75kwモータ(4個搭載)だったんですが、現在、4編成は120kwモータ(4個搭載)にパワーアップされています。
ですが、「16020形」(?!)と改番しないのは・・・たぶん「もう、面倒くさいや」ってことですかね(笑)。。。。
┐('~`;)┌

この線は、駅名も「大川寺」(だいせんじ)とか、「上滝」(かみだき)、「大庄」(おおしょう)、「開発」(かいほつ)というふうに独特の読み方で、特徴があります。
線形は、富山へ向かって緩やかに下る感じですが、乗っているとよく分からないものの、これが結構きつい勾配のようです。

一時期、市内線~不二越・上滝線を一体にしたLRT化が計画されたらしく、終電後、この線の電圧を600Vに下げ、市内線のデ7000形電車が試運転を行なったそうですが、
50kwモータ2個搭載・架線電圧600Vのデ7000形では、いかにせん力不足で勾配区間の高速運転は不可能と判断され、LRT化の話は棚上げになっています。

「お勉強」で疲れましたが、17時14分に電鉄富山着。
ところが、長かった一日は、まだ終わらんのよねぇ。。。。
(*゚∀゚)=3
今夜は、市内線新富町電停近くにある、1泊バス・トイレ付きシングル2900円(税込み)という、冗談みたいな値段のホテルを予約しているんですが、
「16時~20時30分の間にチェックインを。ただし、スペアキーをお渡しするので、チェックイン後の夜間外出は自由」と、これまた冗談みたいな条件なので、まずはチェックインして荷物を置き、
まだ有効のJR「鉄道ちゃんの日フリーきっぷ」で黒部へ。
(これは「みつかいち」の駅名標を見に行った。次回、出てきます。)
北陸本線475系(2011年10月10日・富山駅)

黒部から乗った普通566M(直江津始発。黒部18:58→富山19:25)は、上の写真のように「デカ目」の475系でした!
ヽ(^▽^)ノ
すっかり疲れて、「白海老天丼」と生ビールで夕食。
ホテルへ帰って、「夜間外出自由」もヘッタクレもなく(笑)熟睡しました。。。。
(ё_ё)

【参考】
富山地方鉄道公式サイト
http://www.chitetsu.co.jp/
「北陸の私鉄」サイト
http://www1.coralnet.or.jp/suwa_h/index.htm
(「H.SUWA」さんの個人サイトですが、「商用目的外の場合はリンクフリー」だそうですから、貼らせていただきました。
非常に参考になり、お勧めできます。大判の路線図もあり。ぜひご覧になってくださいね♪)

【追記】(2012-09-24)
富山地方鉄道10030形のうち、モハ10033+モハ10034が、2012年4月27日から「京阪特急」カラーで運行されています。京阪特急のシンボル「鳩」のマークを模したヘッドマークも取り付けられています。
(ただし、普通列車にも充当されるため「特急」の文字は省略され、絵柄のデザインのみ。)
また、モハ10034に7月下旬、地デジの液晶テレビが取り付けられ、これも京阪時代の姿を模した「テレビカー」の文字が側面窓上に書かれました。
1996年のワンマン化改造まで、アナログテレビが取り付けられていましたが(ただし富山県は電波が弱く、放送の受像は不可能で観光ビデオの上映のみ)、これが撤去されて以来16年ぶりのテレビ搭載。しかも、地デジ化で放送の受像が可能になりました。
(京阪電車でもそうでしたが、富山地鉄でも、やはり電波が強くて受信しやすいのはNHK総合テレビのようです。)

旅客列車で実際に放送の受像を開始したのは、2012年8月17日からの模様です(『鉄道ピクトリアル』2012年11月号「Topic Photos」の投稿記事による)。
皆様、どうかご乗車くださいね。
この記事を書いてから1年近く経ちましたが、私もまた行きたいです!
(*'-'*)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

ありがとうございました

詳しい説明ありがとうございました。
よぉーく解りました。
地元の方々には「大川寺遊園線」、馴染みがあったようなのですが、10年以上前に閉園したのですね。

それにしても精力的な行程です。みっぴょんさんのパワフルさの前では夜間外出自由など満喫するのは無理です。次回も、会社の業務に支障のない範囲で早期のアップをお願いします。
(先ほど北海道遠征から帰ってまいりました。途中、ミネルヴァのふくろう像がある宿(日本に唯一?)に宿泊するなど、満喫してまいりました。相当疲れているのでこれから爆睡!?)

にんべん様

北海道、いかがでしたか?
(*'-'*)
収穫の秋・食欲の秋ですから、食べ物がおいしいでしょうね。もう寒いかもしれませんけど。。。。
(私は「クノール・北海道コーンポタージュ」でも飲もうっと。。。。)

知恵の象徴「ミネルヴァのふくろう像」なんてあるんですか? 北海道に? 日本では、あんまり聞かないですよね。
どこでしょう?見たいなぁ。。。。

ところで富山地鉄って、会社の沿革も車両史も難しい!
(@_@)???
手元にある本と、ネットの情報を総動員して書いてますよ。。。。
大川寺遊園、地元の方々には親しまれたようですが、今は、浦安ネズミーランド以外の遊園地は、どこも厳しいようですね。。。。

富山市の繁華街は西町とか総曲輪あたりですね。
「きときとの魚」で一杯・・・なんて、楽しみだったんですが、
さすがに疲れて総曲輪まで行くのも面倒になり、駅前で一杯やって、ご飯食べて、お風呂入って寝ましたよ。なにせ、東京から鈍行でしたから。。。。
(ё_ё)

体調を崩さないよう、にんべんさんも、皆様もお気をつけくださいませ。
(*'​-')​ノ

おはようございます

富山地鉄の車両形式はモーターに関係していたのですね
(.,.)ホゥ
過去の経緯にLRT実験の話と今回は解説が充実していて読んで関心しました
黄色と緑の車両は東海道線に似て親近感ありますね!
京阪3000系が主力なんですね
次回も楽しみにしてます
(^.^)/

こんにちは

馬力、、、
久しぶりに目にしました。^^;
元京阪車両は、まだまだ活躍しているようですね。
以前私が乗ったときは、TVは撤去されているものの、座席横のスピーカ部分(音声ON/OFFスイッチ付き)が意味無く残っていましたが、写真を見ると、これも取り外されているようですね。
新富町近辺に宿泊されたんですね。
私も地鉄めぐりに行ったときに新富町近辺に宿泊したことがあります。
松川遊覧船なんてのもあって、楽しめました。

aki様

こんばんは。
(*'-'*)
富山地鉄の形式称号は、記したとおりモータの出力を「馬力」に換算したものだったんですよ。。。。
(正式には、さらにJR流の「モハ」「クハ」「サハ」を付ける。ただし「クモハ」の呼称は使わず「モハ」と称する。)

8月に長野電鉄を取り上げた際、「JRでいう”クモハ”を、長電では”デハ”と呼ぶ」独特のルールに触れましたが、地方私鉄の「しきたり」って面白いですねぇ。。。。
( ゜。゜)?

>過去の経緯にLRT実験の話と今回は解説が充実していて読んで関心しました

ありがとうございます。調べる方は、大変だったんですけどね(笑)。

>黄色と緑の車両は東海道線に似て親近感ありますね!

今は廃止された新潟交通の鉄道線、通称「でんてつ」(電鉄)も、こんな色でした。子供の頃、乗りましたけどね。
新潟もそうでしたが、富山でも、この色は「かぼちゃ」と呼ばれていそうです。

>京阪3000系が主力なんですね

はい。
ただ、地鉄は当初、阪急電車の中古車購入を考えていた模様ですが、当時、阪急には良質の中古車が無かったのか、「おけいはん」に落ち着いたわけですね。

もう少し後だったら、阪急6300形あたりが地鉄入りしていたかもしれませんね。
アレも良い電車だなぁ。。。。
「京とれいん」として、事実上「動態保存」されることになりましたが。
(*-_-*)うっとり

今しばらく、富山地鉄の旅にお付き合いくださいませ。
(*'​-')​ノ

ベルニナ様

こんばんは。
(*'-'*)

「馬力」ね(笑)。
いや、笑っちゃいけないんでしょうけど。
昭和24年当時の富山地鉄幹部にすれば、合併した各社の車両の呼称統一に頭を悩ませていたんでしょうから。。。。

元・京阪3000系は、普通列車にも特急列車にも、重宝に使われておりました。
数年後には「北陸新幹線リレー号」として、さらなる活躍をするものと思います。
(^.^)
座席横のスピーカは撤去されていました。何か、妙な蓋がしてあるのがそれですね。
ただ、座席の他に、壁の化粧板などは京阪時代のままと思われます。

今回は新富町(東京・築地に非ず)の、妙に安いホテルに泊まりましたが、
青森や秋田では、ご当地の御馳走を楽しんだものの、
今回はかなりハードな日程で、かろうじて「白海老」は味わったんですが・・・すぐ寝ちゃいました(笑)。

>松川遊覧船なんてのもあって、楽しめました。

今回は乗れなかったんですよ!(泣)
地元の『富山新聞』のネット記事(共同通信社経由で配信)によれば、なかなかの人気らしいですね。
乗ってみたかったなぁ。。。。

では、まだ「富山篇」が続きますので、
よろしくお付き合いくださいませ~♪
(*'​-')​ノ

ふくろう

総曲輪 いい街なんですけど、最近はちょっと寂しくなっているかもしれませんね。

北海道は思いの外暖かく、ゆったり過ごせました。
ミネルヴァのふくろうはここです。
http://www.h-fukuhara.jp/museum.html
写真にはありませんが、ふくろう像もあります。
(写真を撮ったのですが、データを札幌に置いてきてしまい、手元にありません。近々回収します。)

北海道はこの時期「観楓会」の酔客が多く、こちらのお宿も「ふくろう像」を見向きもせず食事会場に出入りする方多しで、ちょっとふくろうがかわいそうでしたが、なかなか立派な美術館です。(食事場所に行く動線に美術館あり!)
士幌線に(それなりに)近い然別はすっかり落葉しており、湖の波のない穏やかな佇まいによくマッチしておりました。(白鳥のボートとか浮いていないので落ち着けます。)
北海道それなりに暖かかったのですが、羽田に降り立ってあまりの暑さにびっくり!本日も上着なしで通勤しました。
ということで、一度行ってみてください!

No title

富山の2900円のビジネスホテル如何でしたか。
けばけばおばさんのホテルは富山駅の北側にあるアパホテルです。最近おばさんプロデュースのレトルトカレーまで販売はじめました。500円でめちゃ高いけど!
このホテルの上階からは北陸本線や地鉄が手に取るように眺められます。おすすめです。
あと地鉄電車の南富山駅構内に置いてあっためちゃ小さいかわいい古い電車が置いてありましたけど、今もあるのでしょうか。南富山駅もレトロな雰囲気の駅ですね。

にんべん様

ミネルヴァのふくろうちゃんは、然別湖畔にいましたか。。。。
(・。・)ホゥ~ウンウン
然別湖、10年ぐらい前に行ったことあります。

宿泊はせず、ツアーバスで通過しただけなので、
とうきびか何か食べて、マスコットのにんぎょうちゃん(ラベンダーのポプリが入っていた)を買っただけですが、
然別湖っていえば、北海道拓殖鉄道の廃線跡も近かったような気がします。
また行ってみたいですね。
(*'​-')​ノ

びゅんびゅん丸様

あー、「ケバケバおばさん」って、その人物でしたか(笑)。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
地元資本の小さなホテルかと思ったけど、その女性は「全国区」の有名人ですよね。週刊誌とかにも取り上げられたことあったし。。。。

高崎駅前にあった、やはりトレイン・ビューのホテル「ナポリ」が今、そのおばさまの経営になっちゃいました。
それどころか、旧・幕張プリンスホテルも今は、おばさまの経営ですからね。。。。
(私は、大阪で一度、おばさまのホテルに泊まったことがあります。たまたま、知人に「3割引」だったかの券を貰ったので。)

でも、「レトルトカレー」って、何それ?!
例えば「栗原はるみプロデュース」とか、「小林かつ代プロデュース」だったら「食べてみたい」って気もするけどさ。。。。
┐('~`;)┌

2900円ホテルは、まあ、うちの職場の宿泊所よりは立派でした(笑)。
バス・トイレが共同でもよければ2600円だったらしいんだけど、300円の差ですから、さすがに、それは止めておきました。

>南富山駅構内に置いてあっためちゃ小さいかわいい古い電車が置いてありましたけど

それは、たぶんデ3534のことだと思うけど、
もう廃車されちゃったみたい。。。。
(ノд-。)
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。