08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山地鉄で遊ぼ~♪ 1・立山線

富山地方鉄道16010形

(前回からの続き)
JR富山駅の隣りにある、富山地方鉄道(地鉄)の電鉄富山駅へ行き、
まずは「鉄道線 市内電車全線2日フリー乗車券」(4400円)を購入し、富山地鉄全線100kmの旅が始まります。
(*'-'*)
富山地方鉄道「全線2日フリー乗車券」

このフリー乗車券は現在、富山地方鉄道の公式サイトに載っていませんが、ちゃんと売ってます。
また、下記の「旅処(たびどこ)」というサイトには、概要が掲載されています。
http://tabi.iinaa.net/JapnPass/toyama.html
ところが、某大学の不正入試事件で一躍有名になった「アホー!知恵袋」には、こういう「愚問と愚答」が載っていますが、くれぐれも信じないようにね(激怒)。
┐('~`;)┌
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1034394900?fr=chie-websearch-1&k=34vV7tyQnZaZkZqGzpWui5CPlsuRqIbT46SZn5mWlZHh1IutlpmQj5bL6ZCei6OWlZDU6c7h54ajlVkY%2BkglGlQKFE8JLVL3513qAo5J7htbIAiVWgAUUef%2BVvcTUeYwTSgFTCT9WfEmhaCL09fHi62WmZ6TpJmfnoaVldXZ3szYi6mQhpWV3IuohaWLm5DVzJWui6CFoIvYkJ6LpKScopatnaielKPm49XkyNiLm5DYi62WmqGUrZmioJiiqpaVkNfj1NTchqOVpouaheaLqZCVi%2FA%3D
(注:こういうことはめったにしないんですが、あまりにもバカな奴らなので、今回は特にURLを晒します。)
(ё_ё)
まあ、アレだ・・・。
何と言うか「自分では何も考えない情報クレクレ君」と、「確かめもせず、平気で知ったかぶりする人々」っていうかさ。。。。

だいいち、富山地鉄の公式サイトには「富山地鉄テレホンセンター」の電話番号が載っているんだから、そこに電話してみりゃいいじゃないですか。
(私はしましたよ。「はい。発売しております」って回答でしたけど。)
旅立ちの前に気分が悪くなったというか、実に不愉快な物を見ちまった思いがしましたね。
(゜⊿゜)イラネ

でも、このフリー乗車券を売っていた青年社員さんの応対がとても良かったので、気分を直して・・・。
(^.^)
路線図と、全線全列車時刻表のコピーまでいただきました。
この時刻表(公式サイトからも印刷できる)は必携です。これが無いと、地鉄の乗り歩きは難しい。。。。
なぜなら『JR時刻表』の記事は簡単すぎて、頼りにならぬ。。。。
(っていうか、立山線の欄にも岩峅寺[いわくらじ]駅を載せておくれよ、乗り換え駅なんだからさ・・・。)

ついでに、路線図も無いと、さっぱりわからんネットワークなので、貼っておきますね。
(*'-'*)
富山地方鉄道(鉄道線)路線図

さて、電鉄富山発14時26分の普通331列車立山行は、16010形でした(トップの写真)。
元・西武レッドアロー5000系ですね。
ですが、私は人生の半分を西武沿線で過ごしているというのに、この初代レッドアローにはご縁が薄く、二回くらいしか乗ったことがありませんでした。

ちなみに、「元・西武」は車体だけで、機器類や台車はJR九州・東京都営地下鉄・京急・東京メトロなどの寄せ集め(一部は新造)・・・だそうです。
そうか。西武5000系の機器類は、現・9000系を作るのに転用されちゃったから、売って貰えなかったのねぇ。
(それも結局はVVVF化されて、過去の物となりましたが。)

車内は現在、こんな感じで、デッキとトイレは撤去されています。
なのに、コカコーラの自販機があるんだよね。
「トイレが無いのに、飲物を売るな!」って苦情もあるらしいです。。。。
富山地方鉄道16010形車内

発車すると次の駅は稲荷町。
あら・・・駅名標の広告は。。。。
富山地方鉄道稲荷町駅・駅名標

「♪心ほのぼのお味噌汁~/恋しいなぁ~ 母さんの味/あ~あ越中、にほんか~いみっそ」じゃないですか。。。。
o(^▽^)o
このCM、現在も東京では、テレビ東京とニッポン放送で視聴できますが、作曲は、かの「浪花のモーツァルト」キダ・タロー氏なんですよ。
(注:作詞・石井 学、歌・野呂ひとみ。YouTubeにも落ちてるよ。)

列車は富山平野を走って、寺田に到着。ここまでは宇奈月温泉へ向かう本線で、ここから先は立山線です。
この駅はJR東日本・鶴見線の浅野駅とか、JR西日本・小野田線の雀田駅みたいに、二又に開いた配線です。
(写真左が本線、右が立山線。翌日[2011年10月11日]、下車して撮影。)
富山地方鉄道寺田駅

駅の構造も複雑ですが、ここで交換した立山線の普通1326列車(立山発13:58→電鉄富山着15:02)は、
3分停車中に本線の特急「うなづき」UN10列車(宇奈月温泉発13:50→電鉄富山着14:54)を先行させる、「緩急接合」の巧みなダイヤでした。
複線区間でもないのに、これはすごい・・・。
およそ地方私鉄とは思えん「芸術的ダイヤ」だね。「スジ好き」だった故・宮脇俊三先生なら、さぞ大喜びなさったことでしょう。
(*'-'*)
このように、富山地鉄はダイヤの組み方が上手く、だからこそ全線全列車時刻表が手放せません。
立山線に入った岩峅寺って駅も相当に面白いんですが、後で訪れるとして、先へ進みます。

山が深くなった千垣と有峰口の間で、常願寺川の深い谷を渡ります。
それが、なぜか徐行してくれるんですよ。。。。
ドキ​ドキ​(*゚​∀゚)​ドキ​ドキ​
富山地方鉄道・千垣~有峰口間

山の中に廃止停車場・粟巣野(あわすの)駅(本宮~立山間。1981年廃止。立山に向かって車窓右側)の跡を見て、15時39分、立山駅に到着。
富山地方鉄道・立山黒部貫光 立山駅

もう時間も遅いので、アルペンルートは次回にしましょう。
結果的に今回、立山には「抹茶ソフトクリーム」を食べに来ただけってことになりましたが(笑)。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
乗ってきた16010形は、15時50分発のAP3列車「アルペン特急」宇奈月温泉行になり、山を下って行きました。
(*'​-')​ノ
富山地方鉄道立山駅を発車する16010形

私は次に、不二越・上滝線に乗りたいんですが、「アルペン特急」は乗換駅の岩峅寺に停まらないので、16時17分発の普通334列車・電鉄富山行に乗りました。
この不二越・上滝線っていうのも、なんだか面白い路線でして。。。。
(次回に続く)

【参考】
富山地方鉄道株式会社公式ホームページ
http://www.chitetsu.co.jp/
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

おはようございます

フリー乗車券は色々な電車の画像付で鉄っちゃん向けですね!
16010形見るとレッドアローって印象大きいですよね!
機器類は寄せ集めだったんですかぁ
(@.@)ホゥ
私は過去に1度アルペンルート行く時に乗りました
寺田駅はど~んと存在感ありますね!
(。_。)ウンウン
うなずきはまだね
(^.^)/

おはようございます

地鉄って、特急も急行も市電もあり、ダイヤも凝っているなど、なかなか健闘していますよね。
富山県は人口が結構減っていますので、経営は大変でしょうが、駅がJRのそれよりも街の中心近くにあったりして、地域に溶け込んでますので、なんとかこれからも頑張って欲しいものです。

常願寺川の上って徐行してくれるんですね。わたしは高千穂のあたりくらいか体験したことはありません。やはり地鉄は楽しそうで、富山方面に足をのばしたくなりました。

続きも期待しています。
(わたしはこれから北海道に行ってきます!久々!!)

Red Arrow!!

16010系! 地鉄といえばやはりコレ、西武沿線住民としては懐かしい限り。昔から練馬区在住ですが、けっこう乗ってるかも。9000系は更新されちゃったけど、現NRAの10000系も一部は5000系からの流用があるとか。
景色も抜群だし、是非一度地鉄には乗りに行きたいところ。何となく立山の駅舎、西武秩父に似てる部分あるかもね。

富山地鉄

みっぴょんさん、こんばんは。

 16010系(元西武レッドアロー号)は、記事の中にも書かれているとおり、面影(車体)のみで足回りや機器はあちこちからの合造で、一部は485系車両からも流用されているとか。富山地鉄で運用を始めたころには3連で特急運用に限定されていたかと思いましたが、今は普通運用もこなすし、いつの間にか2連に短縮されているんですね。
 いつか富山地鉄にも乗りに行きたいと思います。北陸新幹線金沢開業時には、新黒部駅の設置も予定されていて宇奈月温泉へのアクセスも良くなりそうですしね。
(続編楽しみにしています)

コメントありがとうございます♪

まとめて失礼いたします。
m(-_-)m

#aki様
このフリー乗車券は、環状線「セントラム」開業でデザインが変わったようです。
以前は1枚物(定期券タイプのカード)で、「ゆるキャラ」っぽい電車の絵が描いてあったみたいですが、今のデザインは大人っぽくなりました。

富山地鉄を舞台にした映画『RAILWAYS』のパート2も12月から公開されますし(富山県内のみ11月先行公開だそうです)、
「地鉄ブーム」が起きて、この切符も大いに売れるといいですね。
(でもまあ、自社のホームページに載せないと。値上げした際、改訂を忘れて削除したまま・・・とかいう噂です。)
アルペンルートは今回、割愛しちゃったけど、akiさんは行ったことあるんですね。。。。
(*'。'*)いいな~
うなずきは、第3回に出てきます(笑)!

#にんべん様
地鉄、面白いですよ♪
こんなに凝ったダイヤだとは思いませんでしたね。
本数の維持もさることながら、駅舎がどこも老朽化しており、それも大変でしょうけど、頑張ってほしいと願っています。

高千穂鉄道、私は、乗らないうちに廃止になっちゃいました。残念。。。。

#T-Max様
そういえば立山駅って、西武秩父駅にちょっと似てますね!「山小屋」風のデザインが。
立山駅のホームは3面2線で、これは西武秩父とは異なりますが、構内の外れに留置線があるところも似てます。
ただし、以前は国鉄(JR)や名鉄からの直通車が待機して、華やかだったであろう立山駅の留置線も、今、昼間は使ってない模様です(夜間滞泊車のみ)。

ぜひ、地鉄にも訪れてみてくださいね♪
(そういえば、池袋発の高速バスで、西武と地鉄はつながりが。。。。)

#いまは東京都民。様
富山地鉄16010形は現在、JR九州の485系から転用された台車とモータに交換されていますので、
乗っているとMT-54形モータの「国鉄っぽい音」がしますよ(笑)。
ただしギア比は、485系そのままだと、各停に充当した際の加減速が遅いため、若干変えてあるそうです。

中間車は稲荷町の車両区に留置されていましたが、もう使われることはなさそうでした。
凸型の電気機関車(デキ12020形)と一緒にいますよ。
(これも見に行ったので、後日書きますね。)

北陸新幹線と接続する「新黒部」駅・・・
地鉄側は、1面1線の交換不能駅だそうですが、当然、全列車が停車するんでしょうね。アクセスは抜群に良くなるはずですから、楽しみです。
でも駅名は・・・どうも「黒部宇奈月」とか、そんなのになりそうな気もしますね(笑)。。。。
o(^▽^)o
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。