06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

謎の「踊り子マンション」!(笑)

東チタ185系A8編成・2011年9月6日・1

こんばんは。みっぴょんです。
(*'-'*)
今回は「小ネタ」で恐縮。

9月6日(火曜)の朝ですが、例の185系電車・東チタA8編成「”踊り子”30周年記念」塗装車を目撃!
3734M「湘南ライナー14号」(小田原8:04→東京9:24)として、東京駅に到着したところです。
(・。・)ホゥ~ウンウン
7月11日の午後、大宮総車セ構内にいるのを、いち早くお伝えしましたが(7月12日付ブログ参照)、
その後、私とは全くご縁が無く、7月16日から営業運転を開始したそうですが、一度も見ていませんでした。
この編成、月刊『鉄道ファン』10月号の表紙を飾ってますけどね。。。。

3734Mは、折返しが「踊り子」運用ではなく、回送列車で田町車セに引き上げてしまうため、ヘッドマークが「回送」になっている姿しか撮れなかったのが残念。
(東京駅到着直前、走行中に巻いてしまった模様。)

それでもまあ、独特の「ナックルライン」を撮ったりしたんですが。。。。
東チタ185系A8編成・2011年9月6日・2

それから新橋へ行き、「ゆりかもめ」に乗りました。
お台場の「船の科学館」が9月30日限りで閉館されるのは、既にご存知と思いますが、
入館料が200円に値下げされていることでもあるし(従来は700円)、「ちょっと行ってみるか」と思ったわけですね。
しかし、あのお金持ちの日本財団が「もう維持できない」とは・・・どんだけ経費のかかる施設だったんでしょう。。。。
(・へ・)

ところが、「ゆりかもめ」の車窓に「さっき見たようなナックルライン」が!
ヾ(゚o゚*)ノアレアレー
謎の「踊り子マンション」(笑)

すぐに途中下車して確認だ!
ε=ε=┏( ・_・)┛
このマンション風の建物、実は竹芝駅近くにあるJR東日本の社宅なんですが、驚きましたねぇ。。。。
(注:外観を見るのは自由ですが、くれぐれも住人の方にご迷惑をかけないようお願いします。)

ちなみに、船の科学館には元・青函連絡船「羊蹄丸」もいるけど、「羊蹄丸」は、船内に現役時代の面影がほとんど残っていません。
(前にも2回ぐらい見ているけど。内部が、最も現役時代の状態に近いのは青森の「八甲田丸」ですね。)
船の科学館「羊蹄丸」

その意味では、内部も現役当時の面影が濃い南極観測船「宗谷」のほうが、私の好みです。
船の科学館「宗谷」


最後に・・・
「まあ、絶対に走るだろう」と思われていた「踊り子30周年記念号」、やっぱり走るそうです!
ヽ(^▽^)ノ
東チタ185系A8編成・2011年9月17日

しかも、あの「乗らん奴に時刻は教えん」意地悪な横浜支社(笑)にしては珍しく、
『鉄道ダイヤ情報』10月号で、おおまかな時刻を公表してるじゃないですか!
( ゜д゜ )bフムフム? 
●運転日・・・2011年10月15日(土曜)・10月16日(日曜)
●おおまかな時刻
・10月15日(9011M)
東京発11:27(入線11:15)→品川着11:34/発11:35→川崎着11:43/発11:44→横浜着11:51/発11:52→
大船着12:05/発12:05→小田原着12:31/発12:31→湯河原着12:43/発12:44→熱海着12:50/発12:51→
伊東着13:15/発13:17→伊豆急下田着14:08

・10月16日(9012M)
伊豆急下田発16:17→伊東着17:25/発17:31→熱海着17:56/発17:57→湯河原着18:01/発18:02→
小田原着18:14/発18:15→大船着18:41/発18:42→横浜着18:54/発18:55→川崎着19:03/発19:04→
品川着19:12/発19:13→東京着19:20

(注)時刻変更・運転中止の場合はご容赦ください。
団体専用列車として運転されますので、一般の方はご乗車になれません。
では~♪
(*'​-')​ノ

【上の画像、追加ね】(*'-'*) (2011-09-17)
9月17日(土曜)の午後、髪を切りに行ったついでに、「期するものを感じて」東京駅へ行ってみたら、
3028M「踊り子108号」(伊豆急下田12:00→東京14:42)にA8編成が入っていました。
(*'-'*)
(注:本当の目的地は赤羽でした・・・えらい遠回りやね。。。。)

ただし、東京車掌区の慣例か何か知らんけど、今回も東京駅到着前に「回送」表示にしており、
「踊り子」マークが撮れんな。。。。
┐('~`;)┌
10月15・16日のヘッドマークは「シール式」だそうで、だとすれば特別なデザインなのかもしれないけど、
ノーマルのを撮りたいんだけどなぁ。。。。
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ​

【さらに追加】(2012-01-07)
このバス(相鉄バス)のデザインも、「踊り子」の影響を受けた物のようです。
相鉄バス

【追記】(2012-04-26)
船の科学館に展示されていた「羊蹄丸」は、展示を前提とした譲渡先(無償譲渡。団体に限る)を募集していたが、審査の結果、適合する譲渡先はなかった。
結局、愛媛県新居浜市の産官学連携組織「えひめ東予シップリサイクル研究会」に譲渡され、
船舶の効率的な解体とリサイクル方法を実証するための実験台として解体されることになり、
2012年3月25日朝、タグボートの曳航で東京から新居浜へ向けて出港し、同月29日昼、新居浜港へ到着した。
(『鉄道ピクトリアル』2012年6月号などによる。)

なお、4月27日から6月10日まで、新居浜港(黒島埠頭)で一般に公開される予定。
7月から解体を始め、鉄や銅など資産価値のあるものと、船室の壁に使用されたモルタルなどの廃棄物を分別しながら、リサイクル方法を検討する。

一般公開は4月27日~6月10日(月曜は休み。祝日の場合はオープン)の10~17時。
入場料は大人500円(前売り400円)、小中学生250円(前売り200円)。
(新居浜市内の小中学生には、学校を通じて招待券を配布済み。)
なお、「仮設の設備なので、車椅子には対応していない」とのこと。

前売り券の発売所など、詳しくは、こちらのサイト(新居浜市役所公式)をご覧ください。
(新居浜へ到着した際の写真なども載っています。)
http://www.city.niihama.lg.jp/soshiki/detail.php?lif_id=20583【リンク切れ】

【そこでもう一つ追記】(2012-07-13)
「羊蹄丸」船内(車両甲板)で展示されていた鉄道車両のうち、
旧型客車スハフ44 25は栃木県真岡市が引き取り、7月4・5日に搬出されて新居浜から陸送、7月9日に真岡鐵道真岡駅構内に到着しました。
今後、9600形蒸気機関車・49671号機(現在は真岡市井頭公園で保存)を移設のうえ、客車と連結して、2013年から真岡駅構内で展示(客車はカフェに改造)される予定です。

一方、ディーゼル機関車DE10 30号機は千葉県の「いすみポッポの丘」での静態保存が決まり、客車と同時に千葉県へ向けて陸送されました。

「羊蹄丸」自体の解体は、新居浜ではなく香川県多度津町にある船舶解体業「宮地サルベージ」の工場で行なわれることになり、7月11日に多度津港へ到着。まず、アスベストなどの有害物質を除去し、11月から2013年7月の間に解体されるとのことです。

船の科学館で展示されていた当時の「羊蹄丸」には、「青函ゾーン」というコーナーがありました。
これは、昭和30年頃の青森駅改札口とホーム、駅の待合室、駅前市場を再現したジオラマ(映画のセットみたいな物)で、模擬のホームに前述のスハフ44 25が「急行 津軽」「上野行(奥羽線経由)」のサボを付けて据え付けられていました。
このコーナーは解体されてしまうかな?・・・と思っていましたが、青森市が「壊すなら譲ってくれ」と関心を持っているらしく、青森の「八甲田丸」へ移設されて展示・・・という話が出ている模様です。
(新居浜市在住の方のブログで読みました。おそらく、地元紙か何かに載った話題だと思います。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

おはようございます

185系昔の塗装車を撮影できたのですね!
私は1度遠くで見ただけです
(・。・)ホゥ~ン
30周年記念号が走るのですね!
竹芝には行ったことがありますが緑のナックルは気付きませんでした
(@.@)さすがmippyon様
船の科学館は閉館してしまいましたね
宗谷にタローとジローいるんでしたっけ?
ちなみに山梨観光は武田神社でした
(^.^)v

aki様

おはようございます。
(*'-'*)
以前取り上げた「熱海駅前の医院の看板」に続く、
「街で見かけた185系電車」第2弾です。
(第3弾があるかどうか・・・わかんないですけど。)
(≡^∇^≡)ニャハハ
「ゆりかもめ」は混んでおり、座れなかったので外を見ていたら、見つけたんですよ。

さらにいえば、有楽町線→豊洲経由で行こうかと思ったんですが、
確か地下鉄の豊洲駅って今、大掛かりな改良工事をやっているはずで、ザワザワしていたような記憶があり、それを敬遠してJR線→新橋経由にしたんですが、
結果的に、「本物の185系」と「謎の建物」を見られたわけです。
(^.^)
(帰りは船の科学館前から、首都高速経由の京急バスで大井町駅へ。
りんかい線に乗りましたが、まだこの時は節電ダイヤをやっており、ずいぶん待ちました。
それなら、運賃の安い京浜東北線→品川→山手線・・・のルートでも、所要時間は同じでしたね。。。。)

船の科学館は、「今のところ」まだ開館してます。
(9月30日までです。)
タロとジロは、ダミー(というのかしら?)の剥製が「宗谷」にあります。
本物の剥製は、タロが札幌の北大植物園に、ジロが東京・上野の国立科学博物館にあります。
(私は、ジロだけ見たことあります。)
銅像は、東京タワーの下にありますね。

185系の「踊り子30周年記念号」は、撮れるかどうか、10月15日の勤務予定が今のところはっきりしません。
(>.<)
ただ、このカラーはしばらく残ると思うので、ぼつぼつ追いかけます。。。。
(例の高崎車「湘南色」も、そろそろ1年経つけどまだ残ってます。)

武田神社は甲府駅からそんなに遠くないですね。
宿泊は石和か、湯村温泉あたりでは?
(*'​-')​ノ



青函連絡船「羊蹄丸」

みっぴょんさん、こんばんは。

 「羊蹄丸」を展示している「船の科学館」が閉館することを、報道番組で知りました。なんでも船の維持管理費がトンデモナクかかるのだとか。閉館後、この船の「無償譲渡先」を募集しているそうですが、果たして手を挙げる人(企業)があるでしょうかねぇ?
 じつはワタクシ、この「羊蹄丸」が現役で青函を航行しているときに乗船したことがあります。1987年9月24日の下り3便函館行きとして運行されていて、前日の上野発「ゆうづる1号」(583系、上野19:50-青森7:05)から乗り継ぎました。北海道からの帰りは「大雪丸」でした。このときから半年後の青函トンネル開業時に航路廃止が決まっていましたので、「羊蹄丸」と「大雪丸」の甲板には、「こころに刻もう連絡船の旅」という横断幕が張られていました。最初で最後の連絡船の旅でした。懐かしい思い出です。(青函トンネルも開業から四半世紀近く経つんだなぁ、と時の流れの早さを感じたりして。)

船の科学館ぜひ9月中に行きます。連休を絡めて4日ぐらいで行きたいですけど、なかなか北斗星や飛行機が取れないんです。連休をはずすと日帰りか1泊になってしまうので、これだと弾丸ツアーになってしまいます。東京都内も連休は混雑していますね。

いまは東京都民。様

こんばんは。
(*'-'*)

> 閉館後、この船の「無償譲渡先」を募集しているそうですが、果たして手を挙げる人(企業)があるでしょうかねぇ?

鉄道連絡船(車載渡船)っていうのは、商船一般と異なり、比較的小型の軽油エンジン4基搭載なんですよ。
(一般的には、重油エンジン1~2基搭載ですね。)
駅の桟橋で貨車を積載する際、前後左右のエンジンを動かしたり止めたりしながらバランスを取るためですね。
これがですねぇ・・・実に高コストなんですよ。
これは特殊な用途であることと、天下の日本国有鉄道であるから許されていた「贅沢」で、
民間航路では、とてもこんな高コストな船は維持できませんね。
┐('~`;)┌
ですから、復元して「動態保存」なんていうのは、絶対に不可能だと思います。
「博物館」としての「静態保存」といっても・・・
青函連絡船に縁の無かった自治体が興味を示すはずもないし、これも絶望的でしょうね。。。。

私も「羊蹄丸」には乗ったことあるんですよ。おそらく、同じ頃でしょう。
船内でイカ刺し定食を食べたんですが、案外大したことなかったですね。
それでもまあグリーン船室(自由席)に乗り、サイフォンで淹れたコーヒーを飲んだり、
確か100円か200円だったシャワーを浴びたりして、
「やっぱり、船旅は優雅だなぁ」と思いましたね。
なにせ、乗った列車が「ゆうづる」などではなく、急行「八甲田」の自由席でしたから(笑)。
(*'​-')​ノ

びゅんびゅん丸様

(他の記事へのコメントも、全部お返事しました。)

へぇ~、今「北斗星」って混んでるんだ!
(・。・)ホゥ~ウンウン
日頃、見る機会があんまりないからねぇ。。。。

東京は、急に肌寒くなってきましたよ。
来る時は、着る物に注意してね。
建物とか乗物は、これまで「節電」を強いられていた「反動」なのか、
肌寒くなった今でも結構、冷房が効いている場合が多いの。
せっかく来たのに、具合が悪くなっちゃ、つまんないからね。。。。
(*'​-')​ノ

先日お台場の青函連絡船を見に行ってきました。船内 は大改造されてしまって当時の面影はまったくありませんでした。唯一旧型客車の横に
当時の自由席グリーン室の座席がいくつか置かれている程度でした。
 大幅に変わってしまった船内ですが、以外と見所もあり、青函連絡船のドキュメンタリー映像は放映時間も1時間ぐらいと長く、なかなか見ごたえがありました。他に船内探索ツアーなるものが開かれていましたが、先着10名なのですぐに満員にんばってしまいました。
譲渡先ですが、50件の問い合わせがあり応募企業や団体は30社以上あったそうです。これから譲渡先が検討されるようで、話がまとまれば、
どこかで再び展示されるのでしょう。

流星号様

「羊蹄丸」ご覧になりましたか。
ヽ(^▽^)ノ

> 先日お台場の青函連絡船を見に行ってきました。船内 は大改造されてしまって当時の面影はまったくありませんでした。唯一旧型客車の横に
> 当時の自由席グリーン室の座席がいくつか置かれている程度でした。

そうなんですよ。青森の「八甲田丸」は、座席のほか、寝台室とか、乗組員の居室も残っているんですけどね。

>  大幅に変わってしまった船内ですが、以外と見所もあり、青函連絡船のドキュメンタリー映像は放映時間も1時間ぐらいと長く、なかなか見ごたえがありました。他に船内探索ツアーなるものが開かれていましたが、先着10名なのですぐに満員になってしまいました。

「船内探索」といっても、あの船、結構大きいですよね。
階段も急だし、歩きやすい靴でないとね。

> 譲渡先ですが、50件の問い合わせがあり応募企業や団体は30社以上あったそうです。これから譲渡先が検討されるようで、話がまとまれば、
> どこかで再び展示されるのでしょう。

維持するのが大変でしょうね。それでも、そんなに応募があったんですか。
どこかに落ち着くといいですね。
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。