11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

清水港の「水上バス」(塚間の渡し)

清水港水上バス・7

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
「青春18きっぷ」を使った、2011年夏の「遊ぼ~♪」、
今回は鉄道ではなく、静岡市清水区の清水港水上バス(塚間の渡し)です。
考えてみたら「青春18きっぷ」は「JR全線」有効なので、JR東海管内へ脚を延ばし、15年ぶりぐらいでこの船に乗ってみました。

場所は、清水港を横断する江尻~日の出~貝島~塚間のルート。
清水港水上バス・地図

一応、「Yahoo!ロコ」(地図)のリンクを貼っておきますので、マウスでグリグリしてみてください。
http://maps.loco.yahoo.co.jp/maps?p=%E9%9D%99%E5%B2%A1%E7%9C%8C%E9%9D%99%E5%B2%A1%E5%B8%82%E6%B8%85%E6%B0%B4%E5%8C%BA%E4%B8%89%E4%BF%9D703&lat=35.00332214&lon=138.50830602&ei=utf-8&v=2&sc=3&datum=wgs&gov=22103.178.703
(2011年)8月10日(水曜)、久々に降りた清水駅は、いつの間にか駅舎が建て替えられ、しかも「みなと口」なる新しい出入口が出来ていました。
こんなアングルで東海道本線の列車を見たのは初めてでしたが。。。。
東海道本線清水駅みなと口

ここは昔、旧・国鉄時代には貨物ヤードだった場所です。
その敷地は広大で、整地後の今見ると、それこそサッカー場ぐらいの面積はありそうです。

江尻の水上バス乗り場は、ここから約5分歩いた「河岸の市」のそば、漁協の前。
CMでおなじみ「はごろもフーズ」の工場が見える場所に桟橋があります。
清水港水上バス・1

待つことしばし・・・船が到着。
清水港水上バス・2

この船を動かしているのが、(*'-'*) カワイイ「娘船長」さんだったんだな。。。。
これまで、このブログで取り上げてきた渡し舟は、どこもおじさんが操船しており、取手市の「小堀の渡し」はおじさんと、「青年と中年の境界」ぐらいの男性のコンビでしたが、
「船舶むすめ」(笑)とは、ちょっと意外でしたね。
(どんな女性なのか知りたいお方は、行ってみてください。)

少し古い資料では、「乗船券は券売機で買う」とありますが、現在、券売機は廃止されており、船長さんに現金で支払います。

13時05分に出港すると・・・涼しいよ!
ヽ(゜∀゜ )ノ
清水港水上バス・3

実は、少し前までは「清水港海づり公園」にも寄航していました。
(この公園には、水上バス以外では入園できなかった。)
しかし、東京電力福島第一原発の低濃度汚染水収容施設として使われることになったため、公園自体が4月2日に廃止され、
4月5日に清水港をタグボートに曳航されて出発、6月下旬から汚染水収容施設として使用されています。
(静岡市公式サイト「清水港海づり公園について」より。)
そう、一時期の報道によく出てきた「メガフロート」(巨大浮き桟橋)とは、つまり「清水港海づり公園」のことだったんです。
( ゜д゜ )bフムフム? 

江尻から5分ほどで日の出桟橋です。
清水港水上バス・4

ここは「エスパルスドリームプラザ」と称する場所ですが、まあ、あまりにも開けすぎていて、私の好みじゃないですね。。。。
┐('~`;)┌

さらに海上を快調に進みます。晴れていれば富士山が見えるんでしょうけどね。
清水港水上バス・5

貝島桟橋は、「私好み」の(笑)アヤシイ乗り場でしたが、誰も乗降が無いので通過。
清水港水上バス・6

13時20分ごろ、ちょっと早めに塚間着(トップの写真)。
この鳥居は、慶応年間に建てられたものだそうです。
清水港水上バス・8

なお、「塚間の渡し」なる航路は鎌倉時代から存在したといわれていますが、
古来の「塚間の渡し」は、江尻ではなく、興津と塚間の間を結んでいたそうです。
現在、(株)エスパルスドリームフェリーでは、この航路を「水上バス」と呼称し、「塚間の渡し」とは呼んでいませんが、
これは「歴史的な航路とは異なり、興津には発着しない」ことと関係あるのでしょうか。

さて、この塚間という場所にずっといてもしょうがないので、バス通りに「脱出」しましたが、
この道が、なんだかわかりにくくて閉口しましたぜ。。。。
(*´​Д`)​=з
==============================
【ご案内】
◎清水港の「水上バス」について
株式会社エスパルスドリームフェリーの公式サイトをご覧ください。
下記です。
http://www.dream-ferry.co.jp/waterbus/
●時刻表(2013年4月現在)
公式サイトのは、実にわかりにくいので、参考までに。
■江尻発(特記なき便は塚間行)
【平日】
6:25・7:05・7:40・12:15・13:15・14:15・
15:25・17:55(日の出通過)・18:30(日の出通過)・19:05(日の出通過)
日曜
6:25・7:05・10:15・11:15・12:15・
13:15・14:15・15:30・16:05(日の出止まり)
土曜および祝日
6:25・7:05・7:40・10:15・11:15・
12:15・13:15・14:15・15:30・
16:05(日の出止まり)・17:55

■日の出発(塚間行)
【平日】
6:35・7:15・7:50・12:25・
13:25・14:25・15:35・17:05・17:25
日曜
6:35・7:15
土曜および祝日
6:35・7:15・7:50・17:25


■塚間発(特記なき便は江尻行)
【平日】
6:45・7:25・8:00・12:35・13:35・14:35・
15:45・17:15(日の出止まり)・18:10・18:45・
19:20(日の出止まり)
日曜
6:45・7:25(日の出止まり)・10:30・11:30・12:30・
13:30・14:30・15:45
土曜および祝日
6:45・7:25・8:00・10:30・11:30・12:30・
13:30・14:30・15:45・17:35・18:10

※日曜日と祝日が重なった場合は「日曜ダイヤ」とします。

●運航日
原則として毎日(荒天の場合は休航)。
ただし、12月30日~1月3日は、下記「ちゃり三保号」を除き全便休航。
12月29日および「清水みなと祭り海上花火大会」開催日(例年8月の第1日曜)は、江尻発15:30・塚間発15:45が最終便となります。

●運賃(大人・片道)
江尻から・・・日の出まで250円、貝島・塚間まで450円。

●乗り場
・江尻桟橋
JR清水駅「みなと口」(東口)から徒歩約5分。「河岸の市」そば、漁協の前(本文中の写真参照)。

・日の出桟橋(エスパルスドリームプラザ)
JR清水駅西口(3番乗り場)、静岡鉄道新清水駅前から、しずてつジャストラインバス「東海大学三保水族館行」で、「波止場フェルケール博物館」下車、徒歩約5分。
バスの本数は多く、約10分間隔。
なお、東京駅~清水(折戸車庫)間の高速バス「しみずライナー」は、清水駅前・新清水駅前・波止場フェルケール博物館に停車します。

・貝島桟橋
日本軽金属の工場(?)構内と思われ、関係者以外の乗降は、事実上、不可能です。

・塚間桟橋(腹が立つほど分かりにくいので、ご覚悟の程を[笑]。)
JR清水駅西口(3番乗り場)、静岡鉄道新清水駅前から、しずてつジャストラインバス「東海大学三保水族館行」で、「羽衣の松入口」下車。
少し戻って、県道199号線「羽衣の松入口」の交差点を右に。
(「宮城島歯科医院→」の小さな看板あり。その方角へ。)
すると、旧・国鉄清水港線の廃線跡がある。
旧・国鉄清水港線跡

でも、とにかく真っ直ぐ進む(廃線跡は、桟橋とは無関係な方向なので注意)。
途中にこんな看板あり(「200m」だと・・・嘘ばっか。もっと遠い)。
清水港水上バス・道案内1

さらに、こんな看板もあるので、その通りに進むと、本文掲載写真の鳥居が見えます。そこが桟橋。
清水港水上バス・道案内2

バス停から桟橋まで、徒歩15~20分です。廃線跡や、変な路地に入ると迷うので注意。
なお、塚間桟橋にマイカー無料駐車場(15台分)があるそうです。

●企画乗車券
静岡鉄道では、例年3月1日から5月31日までと、9月1日から11月30日までの期間、
「三保半島ハイク周遊券」(大人900円)と「日本平ハイク周遊券」を(大人1000円)発売しています。
このうち、「三保半島ハイク周遊券」は、水上バスの日の出(注)~塚間間に片道のみ乗船できます
(注:下記、静鉄の公式サイトでは、日の出を「マリンパーク」と記載していますが、同一場所です。)
詳しくは下記のリンクをご覧ください。
http://www.shizutetsu.co.jp/railway/railway_ticket_otoku.html

土・日・祝日限定、運賃無料の「ちゃり三保号」運航中!
2014年3月までの土曜・日曜・祝日および1月1~3日、下記の便は「ちゃり三保(さんぽ)号」として、
どなたでも運賃無料で乗船できます。
・第1便 江尻発9:45→日の出発10:00→三保着10:15
・第2便 江尻発10:45→日の出発11:00→三保着11:15
・第3便 江尻発11:45→日の出発12:00→三保着12:15
(ただし、江尻→日の出間のみの乗船はできません。)
・三保は「海水浴場桟橋」に到着します(塚間桟橋ではありません)。
・自転車も無料で持ち込めます。
・1便あたりの定員は60人(自転車は10台)程度です。
・なお、三保→江尻間のお帰りは、塚間桟橋からの水上バスか、しずてつジャストラインの路線バス(いずれも有料)となります。
「ちゃり三保号」は、片道のみの運航です。
詳しくは、こちら(静岡市役所公式サイト)をご覧ください。
http://www.city.shizuoka.jp/deps/kanko/charisampo.html
==============================
次回は、東京~静岡・鉄道のお話ね♪
(*'​-')​ノ

《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

おはようございます

今回は渡し船ですね!
千葉辺りに出没かと思いましたが静岡だったとは…
(@.@)
清水駅は昔に行ったことありますが
リニューアルしたのですね
清水港線って走ってましたよね
今回は立派な船ですね
時間帯によっては利用客多いのですかね
続きの鉄道編も楽しみにしてます
(^.^)

aki様

おはようございます。
(*'-'*)
千葉もまあ、行ってはいるんですが先に静岡です。
(千葉は次の次の回ぐらいに出てきます。今、千葉のJR線を訪ねる目的といったら「アレ」ですけど。)

この船は、日曜の早朝と夕方が運休・・・ってことは、場所からいっても工場通勤者向けなんでしょうね。
船は立派でした。なにせ、親会社が「鈴与」さんですから!
(あ、「鈴与」って一発変換で出た! ここの社長は、以前「長者番付」が公表されていた当時、静岡県の部では上位の常連でしたね。ヤオハンの会長は、ある時点で失脚しちゃったけど。)

清水港線・・・旅客列車は1日1往復のみ。しかもDD13牽引の客車・・・という、不思議な鉄道でしたね。清水駅のホームも、東海道本線ホームから離れた変な場所だったし。
何ヶ月か前の『鉄道ピクトリアル』に回想録が載ってましたけど。

では!(今日は出勤時間が遅い代わり、終業時間も遅いんです。)
(*'​-')​ノ

清水

清水っていえば、ちびまるこちゃんの作者、さくらももこさんの出身地ですね。実家は清水の北口から歩いて10分ぐらいで、八百屋さんの娘さんって誰かから聞きました。
水上バスもあるんですね。今度行ったときにはぜひ乗ってみたいです。
清水においしいまぐろ丼のお店があるらしいので、食べてみたいです。
三保の松原とか立ち寄って見るのもいいです。
そうそう清水ってところの一部は山梨県なんだそうです。え!!
山梨県の職員の方から聞いたんですけど、清水港付近の一部の土地は山梨県が所有しているそうです。昔、海産物を甲府に運ぶために、海産物の工場を建てその敷地を山梨県で購入していたという由来らしいです。今でも静岡の企業に土地を貸しているそうです

びゅんびゅん丸様

こんばんみ~。

さくらももこさんの「壁画」が、新装オープンした清水駅構内にあり、
「ちびまるこちゃんバス」なるものが市内を走っていますよ。
(私、あの「カーッ!(顔に縦線)」とか「おい、はまぢ~!」とか、大好きなのよ。。。。)

しかしまあ、あれは「番外編」か何かに出てきた話だけど
「オトコを選ぶなら、顔より、頭の良さよ!アタマ!」
という台詞に深く感動(笑)。。。。
別にデブでもハゲでもいいんだけど、「頭の悪い奴」と「他人の心の痛みがわからん奴」は、いくらイケメンでも嫌だね、あたしゃ。
( ゜д゜)

それはともかく、「まぐろ丼」ってどこだろ? 「河岸の市」の食堂かな?

「清水にある”山梨県”」って、別に「飛地」じゃないですよね。ああ、びっくりした。。。。
(「土地の所有者が山梨県である」というだけで、その場所自体は静岡県なのでしょう。)
(*'​-')​ノ

こんばんは

ミッピョン様。
皆様。

こんばんは。

鉄道の旅もいいですが、船旅もいいですね。

ミッピョン様のブログを拝見していますと、まだあちこちに昔ながらの渡しが残っているのに驚きました。
今回の航路は水上バスと言うだけあり、渡しと言うにはかなり立派な様ですが、清水港線跡も見学出来そうなので、何れ行ってみたいですね。(行く際には、水上バスのホームページより正確なミッピョン様のブログを参考にさせて頂きます。)
また、私は昨日、東神奈川へ「富士河口湖号」を撮りに行ってきました。
時間の都合で乗車は出来ず、東神奈川へ到着した同列車を撮影するだけでしたが、115系はやはり好きな車両ですので、検査上がりの同車を撮影出来きたので、大変満足でした。
(母方の田舎が山梨県でして、子供の頃から見ていた荷物車併結の115系、サロが2両も連結された165系の急行、殆どが重連だったEF64の貨物が特に好きでした....歳がバレますね。)
それではまた。

ゴナナ様

こんばんは。
(*'-'*)

渡し舟は「趣味人口」が極めて少数なため、情報が少ないので苦労しますが、その分、現地へ行ってみると発見が多く、面白いですよ。

(株)エスパルスドリームフェリーのホームページですが、「駿河湾フェリー」の項は、「運航状況」については毎日、それ以外(スタッフブログなど)も、かなり頻繁に更新されているようですが、
「水上バス」については、海づり公園が廃止された今年4月以降、更新していないのかもしれません。
(あまり見る人もいないんでしょうね。)

時刻表ですが、ホームページはなぜか「日の出ベース」で書いてありますが、これは単に「運用表」を数字化しただけかも。。。。

このブログを見るお方は、首都圏や名古屋、近畿方面から来て、JR清水駅へ降りるお方が多いと思われるので、
清水駅に近い「江尻ベース」に書き直しました。
(*'-'*)

「富士河口湖号」、撮りましたか。夜遅くにお疲れ様でした。
中央本線には、グリーン車2両連結の165系急行って、いつ頃まであったんでしょう? 1985年ごろ?
まあ、さすがに「115系の中に、1両だけサロ165(それもスカ色)が入った臨時急行を見た!」とか言ったら、年齢がバレるでしょうけど(笑)。
(それは私も見ておりません。)
(*'​-')​ノ

清水って不遇…

こんばんは。

清水港線は、廃止前に乗っておけば良かった、と後悔しています。

清水は古くからの港街で、鈴与の本店は素敵な洋館なんですよ。
それに、日本平(有度山)もあって、夜景はとっても素晴らしいです。最高です。

横浜、神戸、小樽なんかと物理的には全く同じなのに、かなり冷遇されているような気がして、寂しい限りです。

すゞきま様

清水ってやっぱり「産業港」のイメージなんでしょうか?
確かに神戸とか長崎、横浜、小樽に比べて「観光地」としての印象は薄いのかもしれません。いい所なんですけどね。冬も暖かいし。。。。
戦前の外国航路黄金時代に、定期客船の寄航が無かったからでしょうか?
(*'-'*)
まあ、今度(10月6日に)「飛鳥Ⅱ」が来るそうですけどね。
(港湾管理局だかのホームページで「船内見学希望者募集」の告知を見ましたよ。)

清水港線は・・・廃止直前、兄や、そのお友達に同行して乗っているのです、一度だけですが。
とにかく、「なんかスゲー鉄道!」「これがまあ、一応は”国鉄線”なの?!」って感じでしたね。相模線の分岐線、通称「西寒川線」とかも「スゲー!」と思いましたけど(笑)。
で、その清水港線の帰り、急行「東海」に乗ったんですけど、それも今となっては良い思い出です。
(*'​-')​ノ

風情のあるとtころですね

saku様

はじめまして♪
(*'-'*)
だいぶ前に書いた記事ですが、ご来訪ありがとうございます。

清水港は、他の方のコメントにもありましたが「産業港」ですので、小樽とか神戸のような「みなとロマン」とは違うかもしれませんが、
三保の松原などの景勝地に恵まれておりますので、一度訪れる価値はありますよ。

このブログ自体は、2012年5月現在、継続しております(間もなく400回です。平均、月8回程度更新しています。)
どうか、また遊びに来てくださいね♪
(*'​-')​ノ
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。