10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田内陸縦貫鉄道に乗る(*'-'*)

秋田内陸縦貫鉄道AN8800形(鷹巣駅)

(前回からの続き)
羽後本荘から秋田に着き、10時04分発の東京行「こまち122号」に乗って角館へ。
秋田新幹線「こまち」E3系(秋田駅)

他に適当な列車が無かったので、1150円の特定特急券(立席)を買いました。
これは、羽後本荘駅での乗り継ぎ待ち時間に買ってきましたが、「こまち」の立席特急券とは、話には聞くものの、実際に買ったのは初めてでした。
券面に「こまち号( : 発)」とありますが、具体的な号数や発車時刻の記載が無く、また、券面に
『秋田←→盛岡間は着席できますが、指定券をお持ちのお客様がおいでになりましたら、他の空いている席をご利用ください』とのゴム印が押してあります。
なお、羽後本荘駅では特急「あけぼの」(下り:羽後本荘→青森間)の立席特急券も売っていますが、寝台特急の立席特急券は、1列車あたりの発売枚数が定められています。
それに対し、「こまち」の立席特急券は、無制限に発売される模様です。
「こまち」立席特急券


羽後本荘の駅員さん(ベテランと新人のコンビ)は、「この列車は比較的空いていますよ」と言いましたが・・・乗ってみればガラ空き。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
確かに、秋田10時04分発で、東京着15時08分(注:暫定ダイヤ)では、秋田の人が上京するには遅すぎ、東京の人が帰京するには早すぎます。

角館着10時48分。11時13分発の急行「もりよし2号」鷹巣行に乗り換え。
2両編成ですが、前はAN8800形(注:トップの写真)、後ろはイベント車・AN2000形の2連。
秋田内陸縦貫鉄道AN2000形(角館駅)

AN2000形は、この1両だけで、イベント列車が運行されない日は、このように定期の急行「もりよし」運用に入るようです。

秋田内陸縦貫鉄道(以下「内陸線」と呼称)は、JRの「北東北・函館フリーきっぷ」でも乗れますが、急行列車には急行券が必要です。
50kmまでは160円、51km以上は320円で、急行券は、こんな立派なA型硬券。
秋田内陸縦貫鉄道急行券

しかし、「特急」と呼ばず、「急行」に留めているところが、奥ゆかしいというか何というか。。。。
(*-_-*)しみじみ。。。。
「一応は、別料金を取るに相応しい車両を用意しました」ってところも、好ましいですね。
(*'-'*)
秋田内陸縦貫鉄道AN8800形車内

走り出せば、北秋田市商工会のおねえさまがパンフレットを配り、同じく商工会の老紳士が車内販売。
申し訳ないけど、買う物が無かったので飲物だけ買ったら、「本当は、秋田杉で作った箸置きなんかもあるんだけど、今日は持ってこなかった」と残念そうでした。

車窓は平野から、だんだん山奥に入ります。
(羽後長戸呂~松葉間)
秋田内陸縦貫鉄道・羽後長戸呂~松葉間

この線は、もともと旧・国鉄角館線(角館~松葉間)と阿仁合線(鷹ノ巣~比立内間)でしたが、一応は「鷹角線」(ようかくせん)として鷹ノ巣~角館間を全通させる計画だったようです。
しかし、国鉄の手で全通は成らず、南北に分断されたまま、1986(昭和61)年11月1日から、秋田内陸縦貫鉄道南線・北線となりました。
当初運行されていたのは、国鉄から借用したキハ22形でした。しかし、老朽化が激しく、全通を待たずに自社発注の新車(AN8800形)が導入されました。

全通したのは1989(平成元)年4月1日で、一時期は、珍しかった「女性運転士」誕生(もう、とっくに「寿退社」されたようですが)などで話題になったものの、
なにしろ沿線人口が少ないうえに、全通したところで、南北の交流がほとんど無いので経営は苦しく、秋田県知事選の度に「存廃」が議論されるといいます。

ちなみに現在の沿線は「平成の大合併」の結果、角館~戸沢間が仙北市、阿仁マタギ~鷹巣間が北秋田市の2自治体になってしまいました。
旧・西木村(現・仙北市)出身の作家、西木正明氏が『極楽谷に死す』(講談社文庫)の「文庫版あとがき」に、
「私の”西木”という姓はペンネームだが、これは”昭和の大合併”で昭和31(1956)年に生れた地名であり、歴史的な由緒は何も無い。その西木村の名も、”平成の大合併”で消滅したが。」
という意味のことを書いておられました。

でも、なぜ「歴史的な由緒は何も無い」という、旧・西明寺村の「西」と旧・檜木内村の「木」を足した「人工地名」をペンネームにしたのか・・・
その理由は、同書をお読みくださいませ。面白いお話ですから。
(*'-'*)

角館~松葉間は1970(昭和45)年の開業で、カーブも踏切も少ない「鉄道公団製路線」です。
松葉から先の新線区間に入ると、とにかくトンネルの連続です。踏切もありません。
阿仁マタギ駅の周辺に菜の花畑がありますが、見どころといえる風景は、そのくらい。ただし、山並みの杉の木は美しいものです。
秋田内陸縦貫鉄道・阿仁マタギ付近

ところが比立内を過ぎ、旧・阿仁合線の区間に入るとカーブも多く、勾配もきつくなります。
鉄道の「作り方」は年代によって異なる・・・ということを体感したかったら、この鉄道に乗ってみると良いかもしれませんね。
(*'-'*)

13時09分、鷹巣に到着。A型硬券の急行券は、お願いしたら貰えました。
(*'-'*)
ところで、内陸線の駅は「鷹巣」ですが、
秋田内陸縦貫鉄道鷹巣駅

JRの駅は「鷹ノ巣」です。
(文中で書き分けてあるのは、そのため。読み方は、どちらも「たかのす」です。)
JR奥羽本線鷹ノ巣駅

地名は、旧・秋田県北秋田郡鷹巣町で、「ノ」は入っていません。
まあ、昔の鉄道院とか鉄道省の駅名は、決め方が結構いい加減で、地元での書き方や読み方を無視して、東京にある机の上で決められ、それこそ「歴史的な由緒は何も無い」事例も多いのです。
ですから、秋田内陸縦貫鉄道が「鷹巣」を採用したのも当然といえるでしょうね。

それはともかく、奥羽本線との接続が悪く、秋田方面・青森方面とも14時22分発。。。。
1時間以上あったので、昼食にしようと駅前通りを歩けば、残念ながらこれが典型的な「シャッター通り」。
車内で貰ったパンフレットを頼りに、あるお店を訪ねれば、おすすめは1000円だったかの「ランチステーキ」でした。
それを注文したら、おかみさんが「コーヒーを飲んでいってくださいね」と。

無料なのは結構ですが、隣りが喫茶店なので、そこへ行きたいなぁ・・・と思っていたんですよ。
サービスというより、どうもコーヒーマシン(富士電機製)が「自慢」らしいのね。。。。
(^​0_0​^)

さて、14時22分発の「つがる3号」に乗って、もう一度青森へ戻ります。
なぜ戻るかというと。。。。

(次回[最終回]に続く。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

こんばんは

秋田編ですね!
こまちに立席券があるのですね
秋田内陸縦貫鉄道も未知の路線ですが
かわいい顔つきの車両ですね!
大きな窓で綺麗な車窓でしたね
路線の生い立ちに地域の情報も勉強になりました
なぜ青森に最終回気掛かりです
(@.@)

aki様

「こまち」は、初期には自由席もありましたが、「はやて」との併結になった際(2002年12月1日から)、相手方に合わせて全車指定席になりました。

立席特急券が発売される区間は盛岡~秋田ですが、東京から行くと、必然的に指定席へ乗ることになるので、「立席特急券」は買ったことがなかったんですよ。
なお、この区間の立席特急券は、秋田支社・盛岡支社管内に限らず、全国どこの「みどりの窓口」設置駅でも買えるようです。

もちろん「指定席がいい」といえば、盛岡~秋田間でも指定席の特急券は買えます。
ただ、「この列車は空いているから、安いほうが良いでしょう」という、羽後本荘駅の配慮ですね。
(*'-'*)

秋田内陸線・・・
世が世なら「国鉄鷹角線」として、急行「もりよし」もキハ58系で走っていたんでしょうね。。。。

この路線は故・宮脇俊三先生が生前、何度かお書きになっていますが、最近は話題になる機会が少ないので、僭越ながら、私が駄文を綴った次第です。

さて、青森からですが、どうやって帰ってきたかというとですね。。。。
(次回のお楽しみです。「今、どうしても乗っておきたい」といえば、「あの列車」ですね・・・。
以前、「もう乗る機会もなかろう」と書いたんですが、乗りました!)
v-206

こんにちは

秋田内陸縦貫鉄道には急行(有料の)があるんですね。
JRの急行はすっかり廃止または快速か特急になってしまい、さびしい限りです。
前面に「宝くじ号」とあるのが読み取れました。
うちの近所のバスにも付いているのを見たことがあります。
助成金か何かが出てるのかな?
A型硬券とは味があっていいですね。
これまた最近は殆どお目にかからなくなりました。
「青森経由で帰る」編も楽しみにしています。

ベルニナ様

いらっしゃいませ~♪
( ・_・)ノ
地方私鉄の急行列車で、急行料金が必要な会社といえば、島原鉄道がそうでしたね。
(現在は不要。)

JRの急行列車は、今では「はまなす」「きたぐに」だけですか、毎日運転の列車は。「能登」も金曜深夜発だけですよね。
もっとも、いわき~鎌倉間の「ぶらり鎌倉号」とか、妙な臨時列車が「急行」扱いで走ったりもしますけど。。。。

「宝くじ号」は、日本宝くじ協会の助成金が出ているもので、
公営交通と、国鉄ローカル線転換の第3セクターが対象らしく、JRや、純民間資本の私鉄には存在しないそうです。

変わったところでは、上野動物園のモノレール(東京都交通局上野懸垂線)も「宝くじ号」なのでした。
まあ、小さな町や村へ行くと、救急車が「宝くじ号」だったりもしますけど。

青森からは「アレ」で帰りますよ、上野までね。。。。
(東京駅ではないんです。上野駅です。これがヒント。)
v-206

秋田

秋田新幹線に何度か乗ったことありますけど、立席特急券があるのですね。立ち席という別に補助席みたいなのがあると思ったら、空いている席に座るんですね。でもどこも席がなかったら、立て!ということになるんですね。v-235v-106
秋田内陸縦貫鉄道は景色のいいところを走りますね。車内はボックスシートになっているみたいですけど、一方向きには回転できないんですね。v-418
鷹ノ巣駅のタクシーの運転手さん、めちゃ暇そうですね。v-448
あと宝くじ号とか小学生のころ、移動図書館のバスがそうでした。あんまし読みたい本とかがなくてしょぼいので、空くじ号って呼んでいました。

びゅんびゅん丸様

>でもどこも席がなかったら、立て!ということになるんですね。

まあ、極端に言えばそういうことですね(笑)。「自由席の代替」ですから。

秋田内陸線の急行用車両ですが、座席は転換式で、進行方向に向けて座ることもできます。
ただ、それだと狭くなっちゃうので、向かい合わせにセットしてあっただけだと思います。ガラ空きでしたから。

しかしまあ、普通列車用と急行用の車両を分けているという「心意気」がいいじゃないですか。私は好きだなぁ、そういうのって。。。。
(長野電鉄の「100円特急」も好きです。旧・N'EXが導入されてから、まだ行ってませんけど。)

その路線にたった1本、あるいは数本だけ「ピカイチ列車」「イチオシ列車」があるっていう魅力、分かっていただけるでしょうか。。。。
(例えば、東京メトロという会社は、当の小田急以上に「メトロホームウェイ」と「ベイリゾート」を大事にしているのよ・・・本当に。)

鷹ノ巣のタクシードライバーさん。列車がない時間帯でしたから、暇でもしょうがないですね。

移動図書館っていうのは、話には聞くけど見たことはなかったなぁ。
私が子供の頃、横浜市の図書館行政は実に貧弱でしたから。
学校に図書室はありましたが、「地区センター」という、要するに公民館みたいな施設に(貧弱な)図書室ができるまで、地域に図書館はありませんでした。
v-206
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。