05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

由利高原鉄道に乗る(*'-'*)

由利高原鉄道YR-2001(2)

(前回からの続き)
6月1日・・・4時20分起床です!!!!
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ​
この時刻に起きるのは、職場の泊まり勤務でも同じだから、まあいいけどね。。。。

今回泊まった「ドーミーイン秋田」は、早朝でもチェックアウト可能です。
地方都市のホテルって、あんまり朝早くチェックアウトできないところもあるでしょう。
いつだったか、福井県の敦賀で泊まった時、小浜線の始発列車に乗ろうとしたら、「裏の非常口(中からは出られるけど、外からはドアが開かない)から、そっと出てください」と言われたこともありました。

このホテルは「じゃらんnet」で予約しましたが、予約画面に「記入欄」(本来は駐車場使用の可否などを記入するもの)があったので、
「5時49分発の酒田行に乗りますが、その時間にチェックアウトできますか?」と書いて送信(予約)したら、約10分後に、わざわざ電話で「可能です」と連絡がありました。
小さなことですが、この電話1本で、泊まる前からどんなホテルか期待しちゃいました。
(*'-'*)
大浴場の天然温泉も良かったし。時間が時間だけに、朝食を食べられなかったのが残念ですけど。

5時30分に秋田駅へ行くと、昼間は人が多い跨線橋には、ほとんど人影がありませんでした。
そこで、秋田駅名物の「ミニD51」を観察。
秋田駅・ミニD51

これは土崎工場(現・秋田総車セ)製のライブ・スチームで、実際にボイラーを燃焼させて走るアレ。
でも、さすがD51です。こうして見ると結構でっかい! 「どこが”ミニ”なの?!」って感じですね。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!
(右下に見える赤い「箱」は客車です。)

5時49分発普通524M酒田行は、701系電車でした。
昨日の五能線で、私は「JR東日本の全旅客営業線区」に乗っちゃったことになりましたが、
なにしろ、ン十年かかっているので(笑)、10年前とか15年前に「一度乗っただけ」の線区も少なくないですから、「また少しずつ乗ればいいや」と思っています。
(*'-'*)
しかしまあ、これから行くのはJR線ではなく、由利高原鉄道鳥海山ろく線です。
(以下「由鉄」と呼称します。)

途中、下浜駅には青森行寝台特急「日本海」が停車中。1時間ぐらい遅れていますね。
特急「日本海」(羽越本線下浜駅)

秋田駅の構内放送によれば、「北陸本線内で小動物との障害があったため」といいます。
まあ、タヌポンでも「やっちまった」んでしょうか。。。。
┐('~`;)┌
6時33分、羽後本荘に到着。駅前にビジネスホテルが1軒。
この街の宿泊施設は少ないようで、大手の予約サイトで「羽後本荘」はヒットせず、さりとて、予約も無しで「行き当たりばったり」の旅など、もはやこの歳では御免なので(笑)、秋田市内に泊まりましたが、
本荘で泊まってたら「6時起床」でもよかったのよね。。。。
(^_^;)

さて、「由鉄」本日の始発列車は7時01分発。列車番号は、JRの特急並みというか、単純というか「1D」です。
乗る前に、矢島までの乗車券(580円)を買ったら、これがA型硬券!
どうせ、これは回収されちゃうでしょうから、次の薬師堂までの乗車券(180円)と、「使用済み硬券セット」(300円)を購入。
下の写真、左側の「絵入り切符」が「使用済みセット」です。
由利高原鉄道乗車券

由鉄の列車はYR-2001+YR-1501の2連で、前者は5月1日から走っている「宇宙戦艦ヤマト」でした。
(以前は「釣りキチ三平」だったそうです。)
由利高原鉄道YR-2001(1)

松本零士氏のキャラクター列車は、「銀河鉄道999」だったら西武鉄道、上信電鉄、肥薩おれんじ鉄道にも走っていますが、「ヤマト」は珍しいよ。。。。
( ・_・)
この作品は、著作権の帰属を巡って裁判沙汰になっていましたよね。
ところが、著作権を主張して松本氏と争っていたN氏が、小笠原諸島で魚釣りの最中だかに亡くなったのは、記憶に新しいところです。
あくまで私の推測ですが、これまで例の無かった「ヤマト」登場の背景は、そんなところにありそうです。。。。

それはともかく、1Dは高校生で結構混雑しており、YR-1501の窓が無いロングシートにしか座れなかったので景色は見えず、とりあえずは吊り革の写真撮って、うとうと。。。。
(*v_v*)zzZ
由利高原鉄道「吊り革オーナー」

この「つり革オーナー募集中」というのは、一口5000円(1年間)だそうですよ。
「由鉄ガンバレ! みっぴょん(*'-'*) http://mitsuka115jnr.blog119.fc2.com」
というようなメッセージを、吊り革の広告枠に掲出してもいいんでしょうかね?
なお、3万円の「ダイヤモンド会員」ですと、「名誉駅長」職が与えられるらしいです。

7時40分、矢島駅に到着。
由利高原鉄道矢島駅(現)

立派な駅舎にふさわしく、秋田杉の標札もお見事!
由利高原鉄道矢島駅・標札

現駅舎の横に建っているのが、旧・国鉄矢島線当時からの駅舎だと思います。
こちらは、典型的な国鉄ローカル線の駅舎ですね。
由利高原鉄道矢島駅(旧)

帰りの6D(7時51分発)は、「ヤマト」が切り離され、YR-1501の単行運転。
由利高原鉄道YR-1501

この「おばこ」のヘッドマークも立派。よくあるステッカーなんかじゃないんですよ。
由利高原鉄道ヘッドマーク

帰りはボックスに座れたので車窓観察。
由利高原鉄道吉沢付近

ここ(上の写真)は吉沢付近ですが、ほぼ全区間、子吉川に沿って走り、こういうのんびりした風景が続きますが、何度か「山越え」もありました。

気になったのは、やはり子吉川に沿っているからなのか、「さんずい」の駅名が多い。
全12駅中、鮎川・黒沢・曲沢・西滝沢・吉沢・川辺の6駅ですから、50%ですね。

「水つながり」か(?)、5月31日まで、「沿線に鯉のぼりを泳がせよう!」というイベントが行なわれていました。
6月1日の早朝には、まだ撤去されておらず、見られました。
由利高原鉄道子吉駅

また、羽後本荘~薬師堂間の羽越本線並走区間は、なかなかダイナミック。
由利高原鉄道薬師堂~羽後本荘間

しかし、JRの旅客列車と由鉄の列車は、羽後本荘駅で接続するのが原則ですから、定時運行している場合、並走シーンは見られないと思いますね。

この会社の公式サイトは下記です。
http://www.obako5.com/
現在、ここも社長を公募中です(2011年6月14日で締切になり、選考の結果、春田啓郎氏が代表取締役社長に就任しました。)。

また、「現在の矢島駅の様子」という項目をクリックすると、「ライブカメラ」の映像が見られます。
(pェ・q)チラリンコ♪
(注:Windows media playerが必要。)
これ、私、みっぴょんが駅前でピョンピョン♪してるのも映っていただろうなぁ。。。。
(〃▽〃)
地味ですが、結構面白いサイトなので、ご覧になってみてくださいね。

8時32分、羽後本荘着。8時59分発の秋田行535Mで、いったん秋田へ戻って。。。。
( ・_・)

(次回へ続く・・・あと2回の予定です。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

おはようございます

今回は由利高原鉄道ですね!
恥ずかしながら知らない路線でした
(^.^;)
やまとにおばこが走っているのですか
朝は通学列車としての役目があるのですね
絵入り切符は面白いですね
残り2回も楽しみにしてます
(^.^)/

親戚が矢島なんです。^^

由利高原鉄道鳥海山麓線、乗って頂き有難うございます。
僕んトコのブログの表紙画像は矢島線時代の
羽後本荘に自転車抱えて降り立つシーンなんですわ。

由利高原鉄道

e-216v-289秋田駅の改札の横にあったSLは動くんですね。それで、前の箱みたいなのはパンフレットケースだと思っていました。客車なんですね。どっかのイベントがあるとき、持って行って走らすんでしょうね。
秋田から羽後本庄まで、「急行」という名に飛びついて、バスに乗ったことがありましたけど、めちゃ高いうえに、国道をのんびり行くので、到着時間は、結局電車とあんまし変わりませんでした。(そのときはお仕事でした)
 由利高原鉄道は乗ったことはないですけど、「あけぼの」の車内から止まっている列車を見たことはあります。高原を走る列車というイメージがあんましないです。v-430 
矢島駅の駅舎はおもしろい形をしてますね。トタン屋根の上に瓦が載っているってすごいですね。v-433
矢島駅前に矢島美容室を開業したら、人気になるんじゃないかと思ったりします。v-331
この線はなかなか乗りにくいですけど、時間ができたら乗ってみたいです。

aki様

由利高原鉄道が発足したのは国鉄時代の1985年と古く、国鉄ローカル線移管第3セクターの草分けですが、
なにぶん路線も短いし、趣味的な興味をひく話題性に乏しいのか、私も初めて乗りました。

「ヤマト」も、震災が無ければ東京のマスコミがもっと取り上げたと思いますけど、
運転期間は2014年までだそうですから、機会があったら乗ってみてください。
(「ヤマト」の車両運用は毎日変わっており一定しませんが、同社の公式サイトで、この先2週間分ぐらいの予定を閲覧できます。)

絵・・・というか「沿線地図」入り切符は、現在は発売していないようですが、「使用済み」としてなら入手可能です。
ただ、これは羽後本荘駅で買いましたが、矢島駅では、また別の「使用済み」を売っていましたよ。
この会社には、1台も券売機が無いので、今も硬券の宝庫。
定期券も手書きです。

v-206

齋藤電鉄ryu 様

そうでしたね!
ブログ「銀輪鉄道」の表紙画像は、旧・矢島線なのでした!
(だいぶ前にご質問し、お答えいただきました。)

この鉄道には初めて乗りましたが、なかなか面白かったです。
YR-1500形は、第3セクター初期の気動車ですから、今となっては貴重ですね。もしかするとJRのキハ40系以上に(笑)。
v-206

びゅんびゅん丸様

秋田駅のミニD51、今は動かさないようですが、かつては東北各地を巡業して、子供たちの人気者だったようです。
赤い「箱」はパンフレット入れだったのね・・・。
私が見た時はパンフレットが1枚もなかったので、逆に本来の「客車」にしか見えませんでした(笑)。

秋田~本荘間の「急行」バスって、1時間16分もかかるのね。。。。

「高原」っていうイメージは、確かに無いんですけど(笑)、一度乗ってみてくださいね!
v-206

第三セクターといえば…

こんばんは。
第三セクターはあの手この手で、収入確保に頑張ってますよね。

毎年数回、バイクツーリングで訪れる隼駅(鳥取県)を持つ若桜鉄道でも、同じ様な取り組みをしています。

鉄道遺産である若桜鉄道が、いつまでも続いて欲しいと願っています。

おっと、由利高原鉄道から話題がそれちゃいましたね。失礼しました(笑)。

すゞきま様

若桜鉄道って、まだ乗ったことないんですよ。。。。
m(-_-)mスマヌ
山陰には、まだ乗ってない鉄道がかなりあるんです。
(一畑電車すら、大社線しか乗ってない。。。。)

確か「空気圧」式のC12形機関車がいましたね。
若桜鉄道は、国鉄時代の名残で、ほぼ全列車が鳥取駅まで直通ですが、その鳥取も、東京からは行きにくいこと。。。。
(「出雲」なくなっちゃいましたからね。)

いずれ行ってみたいと思ってます。
v-206

こんにちは。

>著作権を主張して松本氏と争っていたN氏が、小笠原諸島で魚釣りの最中だかに亡くなったのは、記憶に新しいところです。
>あくまで私の推測ですが、これまで例の無かった「ヤマト」登場の背景は、そんなところにありそうです

「宇宙戦艦ヤマト」の原作者、西崎義展氏との件については関係無いでしょう。(ちなみに事故は、スキューバーダイビングをしようとして船から転落)
関連ブログなどから、西崎義展氏側から著作権を譲渡された現行権利保持会社の東北新社・創業者の植村伴次郎氏との関係でこのような列車が実現したのが真実でしょう。

9の部屋 様

はじめまして。
このブログに関心をお寄せいただき、ありがとうございます。

私の「推測」は、西崎氏が亡くなった当時、『週刊新潮』のコラム「墓碑銘」に載った記事を読んだ程度のものが根拠です。
なにぶん、アニメや漫画に関する知識が全くないので、間違っていたら申し訳ありません。
(もっとも、『週刊新潮』のように、毎週数十万部売れている総合週刊誌の読者[それも主に中高年層]が、どの程度アニメの知識を持っているのかは、私にはわかりません。)

この著作権をめぐる訴訟について、web上に出ていることをざっと読んでみたのですが、
私の民法に関する知識程度では、とうてい及ばぬところでした。
(つまるところ、「いったい誰が最初に発案したのか?」VS.「それを、完成形の絵にして公表したのは誰か?」という争いなんでしょうけど。)

ですから、浅学の私などに「真実」が分かるはずもなく、あくまで「推測」ということで、記事中の文章もそのままにさせていただきますので、ご了承くださいませ。

また、この件はブログの本筋とは全然関係ない事柄ですし、あまり関心も無いので、当ブログでは、これ以上の深追いもしませんし、
コメント欄にお書きいただいても、ご希望には沿いかねることをご了承願います。

ただ、調べているうちに(株)東北新社最高顧問・植村伴次郎氏の出身地が現在の秋田県由利本荘市であるとわかりました。
ですから、権利云々というより、「郷土の鉄道発展のために」という「別の意識」が作用して、実現したものであるのかもしれません。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。