11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江差線紀行(*'-'*)

江差線・行先標示板

(前回からの続き)
木古内14時44分発、江差線江差行4174Dは、もうホームに入っています。車両はキハ40 835(函ハコ)の単行ワンマン運転。
江差線・キハ40

ところで、「江差線」とは、正式には五稜郭~木古内~江差間(79.9km)のことを指しますが、
現在は五稜郭~木古内間が「津軽海峡線」になってしまったため、まるで木古内~江差間(41.2km)は「支線」みたいですね。この区間は、電化もされていませんし。
しかしまあ、こういうキハ40形に乗る機会自体、少なくなりましたね。。。。
(*'-'*)
キハ40形車内(江差線)

木古内を発車して二つ目、吉堀を出ると・・・
峠越えです。こんな深山幽谷。もちろん、人家は全く見えません。。。。
(ノ゚​д゚)​ノ ウォォォォー!​!
江差線・吉堀~神明間

山田線や、今は長期運休中の岩泉線にも、こんな深い山がありますね。

吉堀~神明間は13.2kmもあります。途中、「お立ち場跡」(だったか?)と書かれた杭が立っていました。
そういう施設は昔の飯田線にもありましたが、おそらく、土砂崩れや雨、雪を警戒するために、保線区員が泊まり込みで見張った小屋の跡だと思います。
峠を越えて神明駅に着くと、まだ桜が咲いていました。
江差線・神明

次の湯ノ岱(ゆのたい)駅は、木古内~江差間の途中駅では唯一、行き違い可能な有人駅ですが、定期列車で行き違いするのは、現在では朝の2回だけ。駅舎が妙に洒落た建物です。
江差線・湯ノ岱

湯ノ岱と宮越の間(江差に向かって車窓左側)、五稜郭起点64キロポスト付近に、「北海道夢れいる倶楽部上ノ国支部」なる団体が設置した「天ノ川」という「模擬駅」があります。
江差線・模擬駅「天の川」

これは、ホーム状の構造物があり、JR北海道仕様の駅名標と名所案内標(らしき物)まで立っているけど、ホーム状の物件は線路に接しておらず、
もちろん正式な「駅」ではないので、当然、列車も停車しない・・・という物です。
「模擬駅」という呼称が正しいかどうかわかりませんが、こういう例自体、たぶん全国でもここだけでしょうから、そう呼ぶしかなさそうです。

静岡県西伊豆の恋人岬に、「こいびとみさき」と記した国鉄調の駅名標が立っているのを見たことがあるけど、それともまた違うし。。。。
(恋人岬に鉄道は無いので、「模擬駅名標」があっても、「本物」と勘違いする人は皆無でしょうから。)
(@_@)???
「天ノ川”駅”」設置の意図はよくわからず、また、見たところ人家の無い場所のようですから、「本物」に昇格するとは思えないけど、とにかく珍しい事例ですね。
なお、廃止された駅とか乗降場の跡ではありませんから、念のため。

最終コースの上ノ国~江差間は、海岸線を走ります。
江差線・上ノ国~江差間

15時51分、終点・江差に到着。ここでも琺瑯引きの駅名標に迎えられました。
(・∀・) 
江差駅琺瑯引き駅名標

江差線・江差

駅は街外れの高台にあります。
民謡「江差追分」で知名度は高いけど、訪れる人は少ないのか、駅前は静かでした。

駅の正面に未舗装の細い道があり、それを進むと。。。。
江差駅近く・海

これは、私好みの風景。。。。
路傍に植えられた花はムスカリ(注)。北海道らしいですね。
(*'-'*)
ムスカリ(江差)

(注:ルピナスではないそうです。akiさんからご指摘いただきましたので訂正します。)

江差線は、北海道のJR線でも地味な存在で、そのために私もこれまで訪れたことがなかったんですが、
乗ってみれば、車窓は変化に富んでいるし、面白い路線でした。
こんな線区が都会の近くにあったら、さぞかし人気を呼ぶでしょうけど。。。。

江差でのんびりしちゃうと明日に差し支えるので、お名残惜しく16時16分発の4771Dで木古内へ戻り、17時44分発の「スーパー白鳥42号」で青森へ。
木古内駅・「スーパー白鳥42号」

「北東北・函館フリーきっぷ」の規則では、普通列車が運行されていない木古内~蟹田間に限って、特急券を買わずに特急の普通車自由席に乗れます。
この「スーパー白鳥42号」は蟹田着18時31分です。
そこで蟹田18時58分発の普通列車(346M)に乗り継げば、特急券は不要です。
だけど、それだと青森着は19時43分。

一方、木古内→青森間の自由席特急券(1300円)を買えば、「スーパー白鳥42号」の青森着は18時51分です。
そりゃね、早く青森へ着いて「おいし~♪」を食べたいじゃないの。。。。

で、駅前の商業ビル「アウガ」の地下へ行き、海鮮丼と焼き魚(鯛)で生ビール。。。。
(*'。'*)つЦゥィーッ!
青森・海鮮丼


(次回に続く)

【追記】
江差線の木古内~江差間は、2014年5月12日付で廃止されることになり(最終運行は2014年5月11日)、
2013年4月26日、JR北海道が国土交通省に廃止届を提出しました。
鉄道廃止後は、代替バスが運行される予定です。
=============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

キハ40

こんにちは。

冬季はモーレツな極寒の地で、国鉄時代に製造されたキハ40がいまだに現役で活躍しているんですね。
きっと、作りがしっかりしているのでしょうね。

短命に終わる車両は、何か悲しいですから・・・。

それにしても、海鮮丼のおいしそうなこと!
やっぱり、旅にはおいしいグルメは欠かせないですね。





江差といえば

こんばんは。

江差駅はバイクツーリングで2度程行ったことがあります。
タクシーの運ちゃんにシャッターを押してもらい、バイクと一緒に記念撮影して、駅から少し離れた商店街でにしんソバを食べた記憶があります。

まとまった時間がとれたら、ぜひ道東方面にも行ってみて下さいね。

こんばんは

いよいよ江差線乗車ですね
キハ40はどうでしたか?
私は気動車なかなか乗る機会ないです
だいぶ前に札幌から学園都市線で乗った気がします
桜がまだ咲いているのですね!青いお花はムスカリですよ
食事はやはり海鮮丼ですね!
続き楽しみです
(^.^)/

おはようございます、みっぴょんさん!
すげえ、北海道に行っても江差線だけ乗ってまた青森まで戻るっていうのは、さすが「フツウの観光客」ではないですね。でも、北海道らしさを満喫されているようです。江差の海の見える町はなんだか「さいはて」な感じがいいですね。旅情を感じます。どうぞよいご旅行を!

そうそう、みっぴょんさんがELみなかみ号やC61試運転に言及されているのがどういうわけかインプットされてしまい、C61復活運転の切符を買っちゃいました。とある土曜日の上りで乗るつもりです。直江津方面へ行く以外に水上を通ることがないので、SLだけではなく往路も楽しみです。いまや、115系の各駅停車に乗れるだけでも満足だなあ。

江差

江差線の列車と学園都市線の列車ってよく見るとおんなじなんですね。
ただ、学園都市線の車両の一部はロングシートになっていますけど。
江差といえば、江差追分で有名ですね。江差追分記念館に行くと、江差追分の歴史とかが学べます。かずみさんも、たまに来るみたいです。
江差線に一度乗ったことがありましてけど、めちゃ空いていました。
江差の駅って高台にあって静かな駅でした。今度行くときは奥尻島とかにも行ってみたいです。v-433

コメントありがとうございます♪

#はざま マイテ様
キハ40って丈夫なんでしょうね。
(*'-'*)
JR北海道発足後に登場したキハ130なんて、もうありませんし。。。。

次回以降に出てきますが、この旅は「食べる旅」でした♪

すゞきま様
「ニシンそば」って京都っぽいけど、考えてみたら、北海道にあっても不思議じゃないですね。。。。
( ゜д゜ )bフムフム?
道東はですね、釧網本線に乗ってないのと、石北本線がいい加減な乗り方なので、また行かないと。。。。
(石北本線は夜行の急行「大雪」で通り抜けただけなので・・・。)

aki様
「ムスカリ」の件、ありがとうございました。
m(-_-)m
みっともないので、その部分だけすぐ訂正してUPしたんですよ、羽後本荘駅の待合室で。。。。

首都圏では気動車、なかなか乗る機会ないですね。
(関東鉄道とかは、ちょっと別格ですけど。)
食べ物の話は、最初はあんまり書いてなかったんだけど、「みゅーりゃー」さんとか、よく書いていらっしゃるので真似した・・・と。
( ・_・)
書いてみたら、好評なので続けることにしました!

#きえふにいさん様
そうか、「フツウの観光客」ではないのか、アタシは。。。。
( ・_・)
要するに函館まで行っちゃうと、翌日の五能線に支障をきたすんですよ。
(6月2日付の記事をお読みください。)
どうしても函館へ行かなきゃならん理由もなかったので、青森へ戻って一泊したんです。
しかし、この青森のホテルが快適でしたから、これはこれで正解でしたね。

C61、いよいよシュポシュポ走りますね♪
115系ともども、ぜひご堪能くださいませ!

#びゅんびゅん丸様
江差・・・もっと早く訪れるんだったなぁ。。。
( ・_・)
ただ、この年齢になって、
「何を見て感動したり、共感を覚えるのか」という物事の価値観が昔とは変わっている気がするので、
もし若い頃に訪れていても、あまり感ずるところが無かったかもしれないし、わかんないですよね、それは。。。。
(*'-'*)
奥尻島は、私も一度行ってみたいですね。
というか、利尻島も礼文島も焼尻島も行ったことないの。
これじゃアカンわな。。。。
┐('~`;)┌
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。