05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富士急行下吉田駅「ブルートレインテラス」へ行ったよ♪

下吉田スハネフ14・1

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)

2010年10月24日付で、『見たぞ!富士急の「スハネフ14」を!ヽ(゜∀゜ )ノ』という記事を書きました。
URLはコレだす。↓
http://mitsuka115jnr.blog119.fc2.com/blog-entry-217.html
この記事は、JR東日本から富士急行に譲渡されたB寝台車・スハネフ14 20(東オク)が、いったん富士吉田駅構内の車庫に収容された・・・という内容でした。

そのスハネフ14 20ですが、4月29日の正午から、下吉田駅構内にオープンした「ブルートレインテラス」で外観展示と車内の一般公開が始まりました。
\(^o^)/
5月21日(土曜)に見てきましたので、ご報告いたします。
(そりゃ、過去記事のフォローをしないのは、無責任ってもんでしょうが。。。。)

・・・というかね、このニュースは山梨ローカルのテレビや、地元紙『山梨日日新聞』では取り上げられたと思いますが、東京には、たった100kmしか離れていないのにあまり伝わっておらず、
夜勤明けに池袋から乗った西武線車内で開いた、買ったばかりの『鉄道ピクトリアル』7月号に載っているのを見て、ただちに駆けつけた次第。
ε=ε=┏( ・_・)┛
発車まで間があったので大急ぎで降り、いったん、西武線池袋駅で「ピピ」しちゃったPASMO定期券の入場データは取り消してもらった上で、JRの「ホリデーパス」を購入。
新宿から10時30分発の「かいじ103号」に乗り、大月着11時31分。

ところが「JR特急接続は、富士急側も特急で」ということなのか、すぐ発車するのは11時51分発の「フジサン特急」。これは下吉田に停まりません。
(普通列車と快速「富士登山電車」は停車。JRから乗り入れる週末の観光列車は、停まるのと停まらないのがあるので、個々にご確認ください。)
やむなく、河口湖から戻ってきた高尾行4542M(八トタ・横須賀線色115系3連)を眺めて、ざるうどんを食べ、12時12分発の河口湖行普通列車に乗りました。

約40分乗って下吉田に着くと・・・いた! スハネフ14が!
ヽ(゜∀゜ )ノ
下吉田スハネフ14・2

この車両、毎月第1月曜(祝日の場合は翌日)を除く毎日、10~16時に外観が公開されています
「ブルートレインテラス」の入場料は大人・子供とも100円ですが、鉄道利用者は改札で申し出れば無料。
(車で来た方は、駅構内に有料駐車場あり。駅窓口でお尋ねください。)
鉄道で訪れると、こんな「入場証」がプレゼントされます。D型硬券だよ。。。。
下吉田駅ブルートレインテラス入場証

ただし、車内の公開は土曜・休日の11~12時と、13時30分~15時30分のみです
これね・・・後でそう決めたらしいんだけど、外部の給電設備を使わず、スハネフに搭載のエンジンを回して冷房や照明を作動させているのね。
ところが、DMF15HS-G型エンジンの音って、かなりうるさいのね。。。。
┐(>_<)┌
近所から苦情があったのかどうか、とにかく、車内の公開は曜日・時間限定となりましたので、ご注意ください。
(今、富士急の公式サイトを見たら・・・それは書いてないじゃんか!)

それはともかく、トレインマークは当然「富士」。
下吉田スハネフ14・3

行先表示も「特急富士 西鹿児島 日豊線経由」。
そういえば「西鹿児島」の駅名も遠くなりにけり。。。。
(現・鹿児島中央駅ですね。)
下吉田スハネフ14・4

しかし、説明板には「このスハネフ14 20が”富士”に充当されたことは無い」とあります。
これは良心的ですね。確かに、スハネフ14形はJR九州・熊本車両センター(熊クマ)所属車が末期の「富士」に充当されていました。
ですが、このスハネフ14 20は、国鉄~JRを通じて配置が首都圏管内で、かつて「さくら」「みずほ」には使われましたが、「富士」に入ったことは無いと思います。
ちなみに現在、スハネフ14 20の区名標記は「南シナ」(旧・国鉄東京南鉄道管理局品川客車区)になっています。

車内は、現役時代(末期)のまま保たれています。
下吉田スハネフ14・5

当然ですが、仮眠・宿泊は出来ませんので、念のため。寝具もありません。
(九州には、「ライダーハウス」として寝台車に宿泊できる場所が3箇所ぐらいあるようですが、ここは違います。)

ところで、下吉田駅は2009年7月、あの水戸岡鋭治氏がデザインを手がけてリニューアルされ、綺麗になりました。
(*'-'*)
富士急行・下吉田駅

この駅舎は1929(昭和4)年に建てられ、「旧・名古屋駅舎を模した」っていうんだけど、先代(3代目)名古屋駅のことだとすれば、アレは1937(昭和12)年の完成ですよね。。。。
(@_@)???
いずれにしろ、上野駅(広小路口)とか小樽駅、神戸駅にも見られるように、昭和初期に流行った建築様式であることは確かですけどね。

正面に向かって左側には、喫茶室併設のコミュニティスペース「下吉田倶楽部」があります。
そこで、フレッシュストロベリージュース(350円)を♪
(*'-'*)
下吉田倶楽部

なお、ミトーカ氏と富士急のつながりは、その後も続いております。
「水陸両用 KABA」で検索してみてください(それが何なのかは、見てのお楽しみ)。
これもミトーカ氏のデザインでしたね。。。。
富士急行「富士登山電車」


この駅の展示車両は寝台車だけでなく、ワブ1・ワブ2・ト104の貨車3両も、これを機会に整備・展示されています。
富士急下吉田駅展示貨車1

こんな、面白い「演出」も。。。。
富士急下吉田駅展示貨車2

ついでに見てほしいのは、保存車ではなく「現役」のホキ801号貨車。保線作業(バラスト散布)に使われる事業用貨車です。
富士急行ホキ801

これはJRのホキ800形に似ていますが、JR払い下げ車ではなく、自社発注の新造車です(1984[昭和59]年)。
私鉄所有のホキ800形はJR払い下げのが多いんですが、1984年当時は、国鉄からの払い下げが受けられず、新造したんだと思います。

あと、これは富士急所有ではないんですが、駅前の倉庫にワム80000形?か何かの「ダルマさん」が。。。。
あやしい(*゜ー゜)
下吉田・ワム80000?倉庫

今のところはこれだけで、スハネフにはぜひ機関車も連結してほしいところですが、こんな「鉄道名所」をオープンさせた意気込みが素晴らしい!
東京から近いので、一度訪れてみてくださいね!
(*'-'*)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

こんにちは

富士急のブルートレイン見てきたのですね!
やはり富士山のふもとなので富士ですかね
日豊本線経由西鹿児島行っていいですね
不確かな記憶ではドラマ鉄道公安官の歌(ホームタウンエキスプレス)の映像で非電化区間の映像出てた印象が強いですが…
搭載エンジンを動作させての公開は音ファンにはたまらいのでは
子供の頃に見たブルートレインでは最後に何故かブォ~ンって音が気になってました
しっかり貨車と駅舎チェックもされたのですね
下吉田駅も素敵で凄い人のデザインなんですか
富士急って色々と工夫されてますね
ch1のテレビ小さな旅出演の女性職員さんは人気上昇ですかね
まとめてのコメ返もお疲れ様でした!
akiの修学旅行列車は167系時代だったのですね
京急では最近は特にこれってなく節電は日中の普通車運休みたいです
フェスタは実施するようです
りえぽんさんもコメしてましたね
ちなみにピピッは(・.・)つ□こんな感じですか?
(^.^)/次回も楽しみにしてます
(長くてすみませんでした)

ブルートレインテラス

みっぴょんさん、こんにちは。

 富士急に譲渡されたスハネフ14 20の展示が始まりましたね。車内の公開はかなり限定的になっているのは、自車搭載のエンジンで電源を賄うのであれば、やはり「音」の問題でしょうか。

 ところで、このブルートレインテラス、下吉田駅で展示されていますが、7月に「富士山」駅への改称を控えている富士吉田駅には展示するスペースはなかったということなんでしょうね。あれば当然、富士吉田駅に置いたでしょうから。

こんにちは。

スハネフの実物があるんですね!
すばらしいです。

昔は食堂車を再利用したレストランとか、いくつかあったみたいですけど、保存状態も良くなくて、現存するものは少ないようです。

このスハネフ、実際に宿泊できたらいいのになぁと思いますが、経営的には難しいのでしょうね。

ワムハチが、なぜか黄色になっていますね。保線車両みたいな雰囲気です

aki様

はい、見てきました!
\(^o^)/
そりゃ、場所が場所ですから「富士」でしょうね。車も「富士山」ナンバーですし。
(静岡県側も「富士山」ナンバーですが、2県に跨る「ご当地ナンバー」は、全国でも「富士山」ナンバーだけですよ。この山のスケールの大きさと、人気の高さを感じます。番号は、やはり「3776」の希望者が多いとか。)

非電化区間の映像・・・宮崎以南がDF50形牽引だった頃でしょうか? だとすると、1979年以前なんでしょうね。
DF50形の保存機は大阪の交通科学博物館にありますね。

下吉田駅のスハネフ14にも、やはり「パートナー」として機関車が欲しいですね。

国営放送の「小さな旅」に、女子職員さんが出てましたか。
なにしろ、駅がレトロ調ですから、私には、同じ国営放送でもドラマ「おひさま」の一場面を観るような気がしましたけど(笑)。
でも、観光電車の乗務員はいいなぁ。羨ましい。
私たちは都会の駅勤務ですから、ゆっくり接遇する機会がなかなかないんですよ。。。。

KQさんのフェスタは開催されるんですか? 行ったことがないので、時間があれば行ってみようっと。。。。

なお、これ→(・.・)つ□ は、カワイイので、保存させていただきました。
あと、「FC2」のコメ欄は、マニュアルを読んでも特に「文字数制限」は無いようですから、ご自由にお書きくださいませ!
(「gooブログ」は2000字だったか、制限があったように記憶します。)

では!
v-206

いまは東京都民。様

こんばんは。

富士吉田駅の構内は、ホーム2面3線でしたが、ほとんどフルに使われていて、全く余裕は無さそうでした。
河口湖駅も、構内は広いんだけど、アレはJRからの乗り入れ車両を留置するために広く取ってあるようですから、夏場などは一杯になるんでしょうね。

下吉田駅には余裕がある・・・
というか、このレトロ調駅舎を活用して「町おこし」「駅おこし」を出来ないか・・・という企画が、今回の車両展示なんでしょうから、「これはコレ」なんでしょうね。

音ね・・・この駅の周辺、悪いけど寂れていて、静かなんですよ。
だから、エンジン音を極力立てないことにしたのも、やむを得ません。

いずれ、地上からの給電になっちゃうと思いますが、ただし、今は節電が求められているので、すぐには工事しないかもしれません(笑)。
v-206

はざま マイテ様

こんばんは。

昨秋、「富士急がJRの寝台車を買ってどうする?!」と話題になったアレ、こういう形で一般公開された次第です。機会がありましたら、行ってみてください。

「宿泊所」も、富士山麓はツーリングのメッカですから、ライダーハウスとして、
それに、鉄道ファンには人気を呼ぶと思いますよ。
(三重県のどこかに、ナハネ20の国民宿舎があるらしいんですけど。)

ただ、管理上の問題(夜間の管理要員は? 食事は無しの「素泊まり」専門として、入浴は?・・・とか)があるんでしょうね。
それに、宿泊可能となると、1両では足らないかも。

増車するんだったら、まだ尾久に何両か寝台車がいますね。
入浴は・・・富士急ハイランドの隣りに「ふじやま温泉」っていうのがあるんだけど、下吉田~富士急ハイランド間往復切符+入浴券を宿泊者に売る・・・とか。

経営的には、富士急さんだけでは苦しそうですから、「町おこし」として、富士吉田市と一体でやるしかなさそうですね。
でも「ブルートレインがいて、それに泊まれる駅・下吉田」なんて、いいですね!
(東京から近いし、本当にやってくれるなら、私は年に何度か泊まりたいです。)

ところで、このワム8は、まっ黄色で妙ですね。おっしゃるように保線車両のようです。これは景観上、あんまり良くないなぁ。むしろ、元々の「とび色」の方が綺麗ですよね。
v-206

事後承諾のお願いです。

mippyon さんの 東武のデハ5700?のアタマの写真・・・
ブログで使わせて頂きました。
駄目だったら、即時迅速に対処致しますので仰って下さい。
想い出の修学旅行電車だったもので・・・

齋藤電鉄ryu 様

あ、どうぞお使いくださいませ!
もっとも、撮影した当時のカメラは画素数がショボくて、かえって恐縮ですけど。。。。

今後ともよろしくお願いします♪
v-206
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。