04
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今後が楽しみ♪東北新幹線


東北新幹線「はやて」の列車名が、2011年3月に予定されているE5系量産車デビューと同時に廃止され、新しい名前になるとか。

この件、私がいまさら書くことじゃないでしょうけどね。
あっちこっちのブログで、皆さんお書きになってますから。。。。
ただ、「はやて」という名称は2002年12月1日からでしたので、8年ちょっとで消滅です。まさに「♪疾風のように現れて、疾風のように去って行く」。。。。
(川内康範先生に合掌・・・。息子さんは許してくれたからかも知れないけど、森進一さんが『おふくろさん』を唄う姿、ちっとも申し訳なさそうじゃないのが気になるアタシ。。。。)

まあ、8年ちょっとじゃ「惜しまれつつ」なんて感じでもないし、皆さんのブログも、わりあい覚めてますね。
もっとも、全部読んだわけじゃないし(だって「東北新幹線 はやて 廃止」で検索すると2万件ぐらいヒットするんだもの)、中には「廃止反対」とかいうのもあるかもしれません。
ただ、世の中には「一言居士」というのか、何にでも物申して、新しいことには全て反対する、保守反動勢力の権化みたいな人がいるから。。。。
┐('~`;)┌

「伝統墨守、唯我独尊」っていう、自衛隊内部での「自嘲の言葉」を思い出しましたが、鉄道も変わらんのだよなぁ。。。。
しかも、JR内部より、むしろ外部の方がね。
上越新幹線の「あさひ」が、長野新幹線の「あさま」と紛らわしいので廃止され、「とき」に一本化された時も「俺は間違えない」とか言ってね。
もうね、アホかと(嘲笑)。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

そういうお方のお相手には、ならないに限ります。
あの「あさひ」って名前は、列車名の選考委員だった宮脇俊三先生も生前「責任の一端は私にあり」とお書きになっていたくらいで。。。。
(一応は、新潟と山形の県境にある朝日連峰にちなんだのでしょうが、なにしろ日本は「日出ずる国」なので、全国どこでも通用してしまう「あいまいさ」があり、評価が低かった。)

それよりもむしろ、新幹線に「あさひ」の名を取られて、列車名を変更した仙台~山形~新潟間の在来線急行に「べにばな」という新名称が付き、それが定着したことを先生は喜んでおられたようです。
その「べにばな」が走る米坂線といえば、宮脇先生の『時刻表昭和史』のクライマックスである「敗戦の日」の舞台、今泉駅があることですしね。

「べにばな」は、新幹線から「あさひ」の名が消えた今も、米沢~新潟間の列車に使われており、それが、親しまれている証拠と言えましょう。
現在は急行ではありませんし、しかも指定席がなく全車自由席ですから、本当は列車名など必要なく、単に「快速」でもいいんですが、敢えて「べにばな」の名を残しているのです。
「べにばな」っていうのは、文字通り紅(くれない)の花。
ご当地に咲き誇る花の名前っていうのもまた、愛らしいじゃないですか。。。。
==============================
でも、私は「はやて」にも全然親しみがないわけじゃないですよ。「あさひ」は、先祖代々のお墓が三条市にあるっていうのに、ちっとも親しみはありませんでしたが。
(在来線の急行「佐渡」が廃止されてから、車か高速バスで行くことが多くて。「ムーンライトえちご」って列車も、2回しか乗ったことがない。)

新幹線の盛岡~八戸間が開業し、「はやて」が登場した2002年は東北・上越新幹線20周年、山形新幹線10周年、長野新幹線5周年の年でもあり、JR東日本では「新幹線Year」として、さまざまな広報活動をしていました。
出版界でも「記念」・・・というか、「便乗当て込み出版」(笑)が何点かありましたが、そのうち1冊に「写真班長」モイさん氏が関与しており、私も助手として暑い中「編成変遷図」の原稿を書いたりしてました。
(今、あらためて見たら【図22】まであった。恐ろしい(^_^;) 。。。。
私が書いた生原稿を、文京区の後楽園近くにあった版下屋さんで作図してもらっていたのですが、「200系の頭は丸く、Eシリーズの頭は尖がらせて」なんていう、
小娘の生意気な注文を怒りもせずに聞いてくれた、版下屋の素敵な女性社長さんには今も感謝してます。お元気かしら?)

その「ご褒美」に、モイさんが試運転列車の試乗券をくれまして、私も営業開始前に盛岡~八戸間を乗車しました。
もっとも、試乗区間以外は「乗車券・特急券等をお買い求めください」、つまり「自腹だよ~ん」ってことでしたが(笑)。。。。
ですが、営業開始前の列車に乗る機会なんて珍しいし(車内での喫煙・飲食・トイレの使用は禁止でした)、試乗の後「とうてつ」(十和田観光電鉄)を走る元・東急の電車に乗り、
青森へ出て飲んで食べて(当時はお酒を飲んだのです。今は飲まなくなったけど)、新幹線延長開業と同時に消えた寝台特急「はくつる」で帰ってきましたから、いい思い出です。

【追記】
その試乗会の写真が出てきたので、貼っておきますかね(2002年11月3日)。




なお「当て込み出版」は、きわめて真面目な内容だったので、おかげさまで好評、確か3刷ぐらいまで増刷したと思います。
(今でも「アマゾン」などでは売っています。ただ、編著者が亡くなってしまい、改訂版を出せなくなってしまったのが残念。)

その時、モイさんが撮った無数のカットに、冒頭の写真がありました。
o(^▽^)oキャハハハ
にっこり微笑んでE2系に乗り込む鈴木京香さんです。
彼女、「新幹線Year」のイメージキャラクターだったんですよ。沿線出身(仙台)の女優さんですから。
「ポスターをかっぱらってくるわけにいかないから」と言って、撮ってきたんです。テレビCMも同じ設定でした。

ただ、八戸延長でE2'系は全部赤→ピンクの帯になりましたし、それを機に8両→10両に増結したんですが、
その作業をやっていた数ヶ月の間、暫定的に1号車・2号車は欠番だったように記憶しますけど、写真は「1号車」になってます。。。。

赤帯のまま残ったのは、長野新幹線「あさま」用のE2系ですね。。。。
==============================
ところで、新たに登場するE5系の列車が何という名前になるかは、公募で決定するそうです。
う~ん・・・・悩ましいよね。
(*^^)ゞ

JR九州さんは、「つばめ」に続いて「さくら」などという、伝統ある名前を我が物にしてしまい、「してやられた」って感じですけど、
それならそれで、こちらも負けずに「はつかり」でも「はくつる」でも、由緒ある、しかも東北ゆかりの列車名がいいか、それとも、全く過去にとらわれない名前がいいのか。。。。
あるいは、新青森までの列車は「みちのく」、将来的に走る新函館行きは「海峡」とでも。。。。
(札幌まで新幹線が延びるかどうかはわかりませんから、とりあえずは考えなくていいかも。)

E5系は、量産先行車が1編成出来ています。
ただし、普通車とグリーン車の内装は完成していますが、仮称「スーパーグリーン車」の内装は、トイレや洗面所も含めて未定だとか。
量産先行車の10号車・E514形0番代の車内は配線・配管がされているだけで、がらんどうです。とにかく「定員18名」ってことだけは決まっているらしく、専門誌で公表されたスペックにも書いてありますが。。。。

どんなのになるんでしょうねぇ????
ドキ​ドキ​(*゚​∀゚)​ドキ​ドキ​

「スーパーグリーン料金(仮称)は、現行のグリーン料金より高額」ってことはわかりますが、具体的な料金も未定ですし、それに見合う内装やサービス内容は、簡単には決まらないのでしょうね。
座席は通路を挟んで、2人掛けと1人掛けになりそうな気がしますね。相当深く倒れるリクライニングシートなのでしょう。もう、ほとんど寝台並みに。
毛布やオーディオは当然として、小型の画面で映画やゲームが楽しめる・・・とかね。飛行機には、ありますし。
モバイル機器用コンセントは、普通車も含めて全座席に設置するそうなので、「成田エクスプレス」の新型車両(E259系)でやっている無線LAN接続も、普通車も含めて実施すると思います。

今でも「はやて」「こまち」のグリーン車はドリンクサービスがありますが、「スーパーグリーン車」はお菓子や軽食が出るかもしれません。。。。

それもそうだけど、私が読んだ『鉄道ピクトリアル』の記事に、E5系は「E3系およびE6系との併結が可能」と書いてあるんです。。。。
E3系は、わかりますよ。↓「こまち」ね。それと「つばさ」の増備車(L51編成以降)。


だけど「E6系」って何?
φ(・ω・ )メモメモ

E5系を作る前段階として、2005年に作られた「ファステック(Fastech)360S」という試作車がありました。
これは、フル規格新幹線仕様と、ミニ新幹線仕様の2種類作る・・・という話だったんですが、結局は前者(E954形)しか作られていません。

E6系とは、「こまち」のE3系の後継車種で、2013年3月登場予定の模様です。ただ、完成予想図などは、今のところ公表されてなさそう。
(「私が知らんだけ?」と思って検索してみましたが、絵は発見できず。
なお「E6系などとは発表されておらず”噂”に過ぎない」と、したり顔で書いてる人もいましたが、今年の6月17日付『読売新聞』秋田版に載ったようですから、全国的な話題にならなかっただけで、一応公式発表はしたのでしょう。)
これも大宮~盛岡間では320Km/h運転をやるようです。
「おお、試作なしで量産しちゃうのか?」っていう気もするけど、走行装置などはE5系準拠で、ただ車体が小さくなるだけかもしれません。
でもまあ、「E6系」なんていう具体的な形式称号を聞いちゃうと、「どんな車両だろうな?」と期待しちゃいますよね。
最近は過度な情報化が進みすぎていて面白くないけれど、「絵すら未発表」っていうのが、むしろ想像力をかき立てられていいよね?。
一応「ファステック360」のミニ新幹線仕様車は、計画発表当時、クレイモデル(粘土製の模型)を新聞で見た記憶があるので、おおよそのイメージはつかめるんだけど。。。。

E5系の「スーパーグリーン車」、新しい列車名、E6系、それぞれに今後が楽しみな東北新幹線です♪
(o^-')b 
そういえば、今日11月15日は上越新幹線「27歳」のお誕生日(1982年開業)なのよ!
おめでとう「とき」ちゃん♪

【追記】(2011-12-12)
東北新幹線・八戸~新青森間は、2011年3月5日に開業しました。
「はやて」の名は結局は存続し、E5系充当の超速達タイプ列車を「はやぶさ」としました。
仮称「スーパーグリーン車」の呼称は、「グランクラス」(Gran Class)となりました。

なお、「はやぶさ」運転開始直後の3月11日に東日本大震災が発生したため、4月28日までは運休となり、
4月29日~9月22日の間は、徐行区間が多く「はやぶさ」本来の速度が出せなかったため、特急料金も「はやぶさ」料金ではなく、「やまびこ」などと同額が適用されました。
E5系「はやぶさ501号」

E5系「がんばろう」ロゴ

E5系普通車車内
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

mitsukaさんのブログ、本当面白い。この時期E5系の記事読むからなおさらです。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。