10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JR東海「リニア・鉄道館」へ行った!(その3)

117系

(前回からの続き)
在来線車両見学の前に・・・
りえぽん:(*'-'*)「お腹すいたね」
みっぴょん:(*'-'*)「うん」
ってことで、駅弁を購入。

大宮の「鉄博」ではお弁当販売の他、カフェテリアがあって「懐かしい食堂車のスパゲッティー」などを食べられますが、ここ「リニア・鉄道館」には、レストランや喫茶室などの設備はありません。
これは、ちょっと寂しい。。。。

お弁当は、屋内の飲食コーナーと、屋外にある117系電車の車内で食べられます。

117系は、出入口側からクハ117-30+モハ117-59+クハ116-209の編成を組んでいます。
しかし、本来なら117系は
←米原 クハ116+モハ116+モハ117+クハ117 浜松→
の4連が最短で、ここに展示されている編成は「あり得ない」ものでした。
その説明は特に無く、また、なぜ、同館にも展示されているモハ52形(下の写真)と同じような色なのか?という説明も無し。
モハ52004

これでは、いけませんね。。。。 ┐('~`;)┌
後世の人々に歴史を伝えるのが博物館の使命。
まあ、117系に関しては(旧)大阪鉄道管理局が先発で、名古屋は後発だったという事情があるにせよ、せっかく戦前の「モダンガール」・モハ52形がいて、
さらに、大先輩にあやかった色を纏い、国鉄(末期)のイメージアップに貢献した117系もいるんですから、両者を結びつける「何か」を、きちんと説明してほしいと思いました。

さて、メシ食ったら見学に戻りましょう!
(・∀・)
まずはキハ181-1
キハ181-1

これは旧・佐久間レールパーク時代に見ました。JR四国から返還された車両。車内は現在、四国時代にリニューアルされた際の状態です。
でも、最初に走ったのは中央本線・篠ノ井線の特急「しなの」だったんです。
もっとも、「しなの」時代は1968(昭和43)年からわずか5年間だけですから、私も「南風」など、四国の特急でしか乗ったことがありません。
関西・山陰では、この春、キハ181系が「はまかぜ」運用から引退するとのことで、盛り上がっていたようですね。
それも、先頭車1両が津山に保存されるとのことですが、 糸魚川からキハ52形なども搬入されたようですし、「気動車保存のメッカ・津山」になるんでしょうか? 楽しみですね♪
だとすれば、東京から津山は、以前乗ったことがあるけど夜行高速バス「マスカット号」などが便利です。ぜひ行ってみたいところ♪

こちらは、中央・篠ノ井線電化でキハ181系から「しなの」運用を引き継いだ381系電車(クハ381-1)。
クハ381-1

りえぽんは、中学か高校の頃乗ったことがあるらしく、懐かしそうでしたが、私は、考えてみたら「ごく最近」乗っている。
もっとも、アレは「パンダちゃん列車」に改装された100番代車でしたが、「くろしお」にね。。。。
(2月3日付ブログ参照)
他の来場者も「これ、5~6年前まで走ってなかったか?」と言ってましたが、381系の「しなの」定期運用撤退は2000(平成12)年、臨時運用からも撤退したのは2008(平成20)年ですから、そんなに古い話ではなく、一般の来場者が「新しすぎる」と首をかしげるのも無理のないことです。
なお、これもJR発足後にリニューアルされた状態で展示されており、旧・国鉄のイメージは外観だけです。

そして、111系のクハ111-1。
クハ111-1

私の大好きな大好きな♪「国鉄近郊形電車」ですね!
このクハ111-1も佐久間レールパークで見ていますが、それどころか、静岡運転所(静シス)時代に上京する運用があり、その頃乗ってます。
今にして思えば冷房もなく、そしてこの座席の狭さよ。。。。
クハ111-1車内

ここまでは「そんなに昔の車両でもない」といったところですが、これは、さすがに。。。。
モハ1035(2)

モハ1形のモハ1035号車です。1922(大正11)年生まれ。
モハ1035(1)

この車両が大井川鉄道・千頭駅の構内でボロボロになっていたのを見たことはありましたが、その後、JR東海が引き取り、復元後、飯田線の伊那松島運輸区で保管されていたようですね。
伊那松島でも何度かイベントの際に公開されたそうですが、私は未訪で、今回初めて見ました。
だけど・・・「大正時代の東京を走った通勤電車」といわれても、うまく想像できません。
「もしかして、菊池寛の小説に出てくるような・・・例えば、『真珠夫人』とか」と考えましたが、今調べたら、『真珠夫人』の初出は1920(大正9)年、「大阪毎日新聞」「東京日日新聞」(いずれも現在の「毎日新聞」)の連載だったそうですから、まあ、その時代ですね。
数年前、横山めぐみお姉さまが演じた昼メロ、あの『真珠夫人』ですよ。。。。
(・∀・)
さて・・・まだ見る物は、いろいろありますよ!
(^o^)

(次回に続く・・・なお、全車両の紹介記事は書き切れませんので、ご了承ください。)
===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

見学当日割り切れないものがあってさっさと出てきてしまったのですが、ブログを拝見してなぜかが解りました。
おっしゃるように歴史の説明等がほとんどないので、きれいな実物模型の展示会のような気がしていたようです。

まあ、「リニア・鉄道館」であって「博物館」ではないので仕方ないですが。

おはようございます

在来車は綺麗に整備されてますね
(@.@)
ついこの間まで走っていたような気がしますね
駅弁は何食べたにですかね?
続きが楽しみです

コメントありがとうございます♪

#ねこっちD3様
なにぶんオープンしたばかりですし、
やはり大宮と比較すると、あちらは万世橋(旧・交通博物館)時代からのノウハウがあるので、何かと違いますね。

震災の影響で、まだ関東からの来場者が少ないので、今後、大宮や横川を見慣れた関東人も名古屋を訪れ、必要とあらば助言してあげることも良いと思います。
(・・・ってことで、最終回に「総括」を書きました。)

#aki様
ちょっと綺麗すぎる感もありますけどね。。。。

駅弁はですね、りえぽんが何を食べたかは記憶なし。
私は幕の内でした。
これは、昭和39年当時の「再現」だそうでしたが、そんなに大したお弁当ではなかったんだな。。。。
名古屋で懐かしいのは、昭和50~60年代の幕の内「お弁当 こだま」(松浦商店)ですね!
v-206
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。