11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「フェリーありあけ」の事故にゃ驚いた!( ゜Д゜)


10月18日付のブログに、あたしゃ、こんなことを書いていました。。。。

『本当は、有明の沖縄行埠頭に那覇へ行くマルエーフェリーの「フェリーありあけ」が入っていたら見たかったんですけど、
残念ながら東京入港/出港は昨日でした。次回は10月22日(木曜)です。
それは、また来るってことで・・・・。』

ところが・・・・11月13日朝、NHKの「おはよう日本」を見ていたら、「ただいま入ってきたニュースです」と速報が。。。。

『フェリー:三重県沖で急傾斜、座礁 28人全員救助
2009年11月13日 8時6分 更新:11月13日 20時16分
13日午前5時25分ごろ、三重県尾鷲市の三木埼(みきさき)灯台の南約40キロの熊野灘を航行中の東京発志布志港(鹿児島県)行きフェリー「ありあけ」(松元浩人船長、定員448人)から「船体が急激に傾斜した」と海上保安庁に118番があった。第4管区海上保安本部(名古屋市)によると、ありあけは傾いたまま流され、浅瀬で座礁、横転。乗員21人、乗客7人が乗っていたが、海上保安庁のヘリコプターや巡視船艇が同10時20分ごろまでに全員を救助した。

4管によると、乗客の男性(70)=東京都調布市=が頭などに軽い打撲を負い、救助後に吐き気を訴えて三重県御浜町の病院へ搬送された。機関長の男性(42)も肩に打撲。乗員2人が沈没の危険を感じて海に飛び込んだが、救助され無事だった。

4管によると、フェリーは横波を受けて積み荷が崩れ、右に約22度傾いた。さらに45度近くまで傾いた状態で北西の陸側へ約32キロ流され、同9時50分ごろ、御浜町の七里御浜の沖合約200メートルで座礁、横転した。船体が損傷したとみられ、重油が南西へ幅50メートル、長さ約2.7キロにわたって流出している。

運航会社のマルエーフェリー(本社・鹿児島県奄美市)によると、ありあけはコンテナ計1600トンや大型車や重機など車両82台を運送。乗員は熊野市に「横波の衝撃で固定してあった貨物が右側へ移動したのが原因と思う」と話したといい、4管が積み荷の状態に問題がなかったか乗員から事情を聴いている。

ありあけは95年建造で総トン数7910トン、全長約167メートル、最大幅23メートルの大型フェリー。12日午後5時に東京都江東区の有明ふ頭を出発し、13日午後9時40分に志布志港に到着予定だった。

津地方気象台によると、三重県南部には12日午前から継続的に強風・波浪注意報が出ており、尾鷲市では13日午前6時に高さ3.71メートルの波が観測された。』
(『毎日jp』http://mainichi.jp/select/today/news/20091113k0000e040002000c.html?link_id=RSH05)

いや?、びっくりしましたよ!!!!
( ゜Д゜)

だって、「撮らなきゃ・・・・」なんて言ってた船が事故でしょ。。。。
(ちなみに、『毎日jp』にある「志布志(鹿児島県)行き」は、「那覇(沖縄県)行き」の誤り。志布志は寄港地に過ぎません。)
==============================

まあ、全員が救助されたのが不幸中の幸いです。
先日の、八丈島沖での漁船転覆事故でも思いましたが、海上保安庁の救助活動には、本当に頭が下がりました。

しかし、定員448人のところ、実乗7人とは。それもまた、驚きです。。。。
┐('~`;)┌

私は、この船には乗ったことがないのですが、お台場の青海へ行くと、「ゆりかもめ」の車窓からも停泊しているのが見えたものです。

事故の原因については、言及しません。国交省の事故調が調べるのはこれからですし、海難事故では「想定外」のことが起きるケースなどよくあり、
海難審判や裁判の過程で検証の結果、初めて明らかになった現象など、珍しくないのです。憶測で何かを語るのは慎むべきだと思います。

それにしても・・・・我ながら「それは、また来るってことで・・・・」じゃないだろう、と思いましたよ、つくづく。
写真の撮影に限らず、「やろう」と思ったことは、すぐに実行すべきなのですね。
私が「フェリーありあけ」を撮る機会は、永遠になくなってしまいました。。。。

前回、やれ「しらせ」の出港を見送り損ねただの、「事業仕分け」が傍聴できることを知らなかっただの、宮内庁内郵便局へ行き損なっただの、グダグダと訳のわからんことを書いてしまいましたが。。。。
(ノд-。)クスン

・・・・というか、これ、そんなすぐ代船が就航するかどうかわかりませんし、「旅客が極端に少ない」という実態が明らかになってしまいましたが、旅客輸送は今後存続するかどうか、はなはだ疑問ですね。。。。

それと、「マルエーフェリー」(旧・大島運輸)っていう会社名を、例の「市橋達也容疑者を大阪南港で逮捕」に続き、またも全国ニュースで聞くとは、夢にも思いませんでしたよ。
「奄美大島随一の企業」ですけど、全国規模で見れば中小企業ですしね。
===============================

ところで、ある方のブログに「私は、この船に乗ったことがあるけど(メシがまずかった)、事故の知らせを聞いて、乗ったことがあるだけに驚いた」と書いてありましたが、
私も「事故で消えた船」に乗った経験がありますよ。

それは東神戸(後に大阪南港)~甲浦(かんのうら)~土佐清水間を結んでいた、高知シーライン(旧・室戸汽船)の「フェリーむろと」です。
これ、台風で座礁しちゃったんですよね。。。。
それどころか、高知シーラインが持っていた船はこれ1隻だけで、結果的に会社そのものがなくなってしまいました。。。。

私は、横浜生まれなので船も好きで(前にも書きましたが、私の名前「美津香」の「津」は、「港」の意ですから)、結構乗ってますけど、いろいろなことがあるものです。。。。

(「船舶」とか「乗り物」というジャンルがないので、便宜上、この記事も「鉄道」に入れておきます。)

==============================
【追記】
マルエーフェリー株式会社の公式サイト(http://www.aline-ferry.com/)を見ましたが、
11月13日(日付のみ。発表時刻の記載なし)に『フェリー「ありあけ」の海難について及び運休のご案内』という告知を発表して以来、その後、この航路の運行再開等に関する公式情報は、一切出ておりません。
この告知には「尾鷲海上保安部に救助の要請をいたしました」とあるので、発表は13日の午前6時ごろではないかと思われます。

運航スケジュールは、11月12日東京発以降は「運休」として、それまで2010年1月分まで公表していたものは全部削除されています。

なお、11月14日に有村和晃社長の名で『重要なお知らせ お詫び フェリー「ありあけ」の海難事故について』というお詫び文が出されました。これは、一部の新聞に掲載されたお詫び公告と同じ文言です。
それ以降の公式コメント発表は、今のところありません。

(2009年11月21日午前2時現在)

【さらに追記】(2012-07-12)
この「フェリーありあけ」は、すったもんだあった末に、2010年12月24日までに撤去された。

なお、「フェリーありあけ」の代替船として、有村産業株式会社所有の「クルーズフェリー飛龍21」(9225総トン)を、鉄道建設・運輸施設整備支援機構(通称「鉄道・運輸機構」)経由で購入し、那覇発2010年3月18日の便から東京~那覇間で運航している。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 趣味と日記
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。