11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あやしい(笑)・・・那珂湊駅構内(*゜ー゜)

那珂湊機関区

(前回からの続き)
ビールを我慢して、ノンアルコール飲料を飲んできたのは・・・
那珂湊駅構内にいる車両を見たかったからですね!
ヽ(゜∀゜ )ノ
おっと・・・まず「ぬこ」様がお出迎えですね。。。。
那珂湊駅・ぬこ様

こんな、渋い駅名標と「名所案内」もあるし。
那珂湊駅・駅名標

駅員さんに一言断ったら「ホームから撮影するぶんには構わない」とのことでした。
まあ、酔っ払って構内を徘徊するのは、私も鉄道員の端くれとして「どうよ?」と思ったので、ノンアルコールだったわけですよ。。。。
(^^ゞ
この鉄道の旧型気動車については、ひたちなか海浜鉄道の公式サイトに解説があり、ファン諸氏が開設したサイトも多いので、私が野暮な講釈を垂れる必要もないでしょうから、順番に見ていきましょう。

まずはキハ2005。
ひたちなか・キハ2005

これは元・留萌鉄道の車両で、旧・国鉄キハ22形のコピーですから、過去に、この「国鉄急行色」であった時期はありません。
だけど、こうして見るとキハ26か55形みたいに見えるよね。
いや、両運転台式ってことは・・・南海電鉄にいたキハ5551形(国鉄紀勢本線乗り入れ用)かな?

おねえさんはですね、子供の頃、国鉄のキハ26形に乗ったことがあるのよ。白新線で(1980[昭和55]年頃)。
(誰よ?「また”BBA40”の昔話か」とか言ってるのは?!)
(​ノω`​)プ​プフ​゚
まだ越後線の電化前ですが、柏崎~(越後線)~新潟~(白新線)~新発田~(羽越本線)~村上という普通列車があり、これにキハ26が連結されていたんですよ。
キハ26は編成中の1両だけで、あとはキハ30とか、ありあわせの気動車を連結したメチャメチャな編成だったと思います。

次はキハ205。旧・国鉄の一般用気動車標準色です。
ひたちなか・キハ205

これも昔、相模線で乗った記憶があるのよ、おねえさんは。。。。
その相模線のキハ20形は、あいまいな記憶ですが、高校生の頃、学校をサボって(笑)旧・二俣線(現・天竜浜名湖鉄道)に行ったら、当時の二俣線は「キハ20天国」でしたね。
(*'-'*)
そしてキハ222。これが今、塗られているのは初期の国鉄気動車標準色で、「横須賀線色」ではありません。
ひたちなか・キハ222

これは・・・星 晃氏の本などで見たことはあるけど、さすがに私も、この色の実車は見たことがありませんでしたね。。。。
( ・_・)
残念ながら、旧・国鉄準急色に塗られたキハ2004は本日、機関区の奥に留置されていました。

駅を出て、公道を回って機関区裏へ行けば・・・。
ひたちなか・キハ203(キハ20 429)

キハ203がいました。これは、国鉄時代の姿に「復元途上」のようで、旧・国鉄首都圏色、通称「タラコ色」に塗られ、車号も「キハ20 429」に戻されていました。
さらに・・・
旧・茨城交通ケハ600

旧・茨城交通のケハ601の廃車体。残念ながら、今は台車を外され「ダルマさん」状態です。
ちなみに、「ケハ」の「ケ」とは「軽油動車」の意だそうですよ。

これね、「湘南電車(国鉄クハ86形)スタイル」というより、このステンレス車体は、なんかアメリカのバスっぽいよね。昔の「グレイハウンド」とか。
アレを模したバスが今、東京の街を走っておりますね。「東京→夢の下町」っていう観光路線バス(東京都交通局)ですが。
(見たことは何度もあるんだけど、乗ったことは無い。。。。)

【画像追加】(2012-08-27)
東京都交通局:S-1系統「東京→夢の下町」バス(日野レインボーHR[KL-HR1JNEE])
2012年8月27日・錦糸町駅北口で撮影。
都営バスS-1系統「夢の下町」バス・日野レインボーHR(KL-HR1JNEE)(2012年8月27日・錦糸町駅北口)

この記事の初出は2011年3月10日、東日本大震災発生の14時間前に書いていますが(もちろん、大地震など想像もしていません)、
「夢の下町」バスは震災発生後、7月中旬まで運休してしまい、バスの写真を撮る機会を逸したまま、1年半も経過してしまいました。
気にはしていましたが、ようやく・・・仕事で押上(スカイツリーの近く)まで行く案件があり、四ツ目通りを歩いていたら、このバスに遭遇。コンデジのカメラはいつも持っているので、錦糸町駅前のロータリーに停車中のところを、ようやく撮れました。
(*'-'*)


だけど・・・何がスゴイかって言ったら。。。。
那珂湊・97式台車

これですよ! これ、旧・陸軍の97式台車でしょ?
キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!

先日、三岐鉄道の「貨物鉄道博物館」で見ましたが(2月14日付ブログ参照)、こやつ、まだ「現役」っぽい。。。。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!
怪しげなタンクが載っていますが、用途は何でしょうね? 線路に除草剤を散布する・・・とか?
あやしい(*゜ー゜)
やっぱり、どこの鉄道会社でも「車庫裏」って場所は相当に(笑)。。。。

さて、15時34分発の勝田行は、旧・三木鉄道から来たミキ300-103でした。
ひたちなか・ミキ300-103

三木鉄道は、乗る機会が無いまま廃止になってしまいましたから初めて乗りましたが、こんなボックス席だったんですね。
ひたちなか・ミキ300-103車内

15時48分に勝田へ着き、疲れたので帰りも特急に乗ることにしましたが、16時20分発の「スーパーひたち48号」を待つ間、駅ナカのベーカリーに入ったら、こんなあんパンを売ってました。

「マル勝」印です。中身は、餡&ホイップクリーム。
おいし~♪(*'-'*)
勝田駅・あんパン

帰りの列車も混んでいましたが、南千住あたりまで爆睡しちゃいました。。。。

「あやしい」との遭遇は楽しかったけど、次回は、あの旧型気動車が走っている日に訪れたいですね。
やはり、列車は走行シーンを撮ったり、乗ったりして楽しみたいものです。
また遊んでね! ひたちなか海浜鉄道ちゃん♪
ヾ(=^▽^=)ノ
(この旅は、これでおしまい。)
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

みっぴょんさん、こんばんは!

いやー、湊線はいいですよね! 茨交時代末期に乗りに行って以来ご無沙汰ですが、行きたい行きたい! キハ205の油の香りのする床板とJREではもう聞けないDMH17サウンド(停車中のがらがらいうアイドリングが懐かしいー)も聞きたいな。国鉄急行色もいいですねー。前のエントリーで吉田社長のおっしゃっていた猫も見たいし。

旧陸軍のアレ……流山にもある気がします。流山も車庫周辺はたまらないですね。

きえふにいさん様

こんばんは♪

湊線、距離は短いんですが楽しいですね~。
そういえばJR東日本にはDMH17系のエンジン搭載車って、もういないことになりますかね。。。。
ただ、今は石油が高いですから、通常時は、旧型車をあんまり走らせたくないかもしれませんよね。
いすみ鉄道さんのキハ52も楽しみですが、アレも相当に燃費は悪そうですし。。。。

国鉄急行色、結構サマになってました。
まだ私は見てないけど、烏山線の「キハ53もどき」のキハ40も、ちょっと見たい気がする(笑)。。。。

吉田社長がおっしゃってた「ブラック」って、ぬこの「おさむ」君のことだったんですね?!
私は「このブログに”ホワイト”を望む人は、いない」などと、トンチンカンなことを書いちゃいましたが(笑)。
(だって本当ですから。。。。)
この日、おさむ君は外出中だったらしく、この灰色のお方は、おさむ君ではないようです。

97式は、『レイルマガジン』名取編集長のブログを拝見すると、結構あちこちにあるみたいですね。
(以前「トワイライトゾーン」で特集したような気もするけど。)

流山も・・・車庫裏は、なんか「すごい世界」だった記憶がありますね。
大手も相当なもので、いつぞや東急の長津田工場の周囲を散歩していたら、「何じゃこりゃ?」という物件を結構見られましたね。

ただ、私が知る限り、大井川鉄道の新金谷と、近江鉄道の彦根や高宮に勝る「すごい世界」は存在しないんじゃないかと・・・(笑)。
v-206

おはようございます

気動車見学だったのですね
ケハ601ってステンレス?の気動車があったのですね
青森から鹿児島まで新幹線が開通する時代ですが古き良きものを保存して欲しいですね
看板ねこさんも各地に増えてきましたね
(^.^)/

aki様

行きの列車内から見て、「面白いのが停まっているな」と思い、帰りに立ち寄ることにしたんですよ。
だからノンアルコール飲料を飲んだわけですね。。。。
(「酔ってホーム徘徊」は危ない。)

ケハ601は珍車ですね。
1960年当時、「これからはステンレス車の時代」という動きがあり、各メーカーが試作したそうですが、新潟鐵工所の試作車がこのケハ601だったんです。
海沿いを走る区間があるので、茨城交通はメーカーの推奨に乗ったのかもしれません(確かに今もあまり錆びていない)。

岳南鉄道にいたモハ1101っていう電車(後に大井川へ転じた)も、汽車製造株式会社の試作車でした。
国鉄には・・・サロ153-901・902と、キハ35-900番代車がありました。
(キハ35-900は当初、千葉気動車区におり、後に高崎運転所へ転じ、八高線・川越線を走っていました。現在「碓氷峠鉄道文化むら」に保存。)

結局、ステンレス車に関しては、1980年代後半に国鉄205系・211系が登場する頃まで、東急車輌の「一人勝ち」状態が日本では長く続くことになるわけですが。。。。

「看板ぬこ」様、最近増えてますね。
猫が多いのは、予防注射とかしなくていいので手間が掛からないし、「噛まない」「吠えない」からかな?
v-206

カラフルですね

以前、チオビタドリンクのCMやオリンパスか何かのCMでもやっていましたね。いろいろな塗装の車両があって楽しいですね。
地震とかで津波は大丈夫だったのでしょうか。ちょっと心配ですね。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。