11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また行きたいな!三岐鉄道(^​0_0​^)

東藤原構内1

(前回からの続き)
三岐鉄道三岐線の終点の二つ手前、東藤原駅まで行ってみました。

ここまで来ると、山も真っ白。その山・・・藤原岳の向こうは岐阜県関ヶ原です。
三岐(さんぎ)鉄道とは、「三重県と岐阜県を結ぶ」という意味だったんですが、岐阜側は、具体的には東海道本線関ヶ原駅まで建設する計画でした。
これは結局、構想だけに終わりましたが、関西、あるいは米原経由で北陸方面へのセメント輸送を想定していたのでしょう。
戦前の話ですから、敦賀港から船で朝鮮半島への輸出を意図していた可能性もありますね。
残念ながら、見果てぬ夢に終わりましたが、関ヶ原へは、あの「酷道」365号線が通じており、雪の無い季節なら車で1時間かからないそうです。
もっとも、さほど人の往来は無いようですから、路線バスはありません。マイカーかタクシーを使うしかないですね。

なお、三岐鉄道は、昭和初期に鉄道省(国鉄)富田駅から、港への臨港線も計画していた模様ですが、これも計画倒れに終わっています。
鉄道省としては、四日市港の臨港線(国鉄線)を利用させたかったでしょうから、三岐鉄道独自の臨港線計画には良い顔をしなかったでしょうし。。。。

さて、東藤原駅構内は太平洋セメント藤原工場の貨物扱いがあるから、やたら広い!
ヽ( ・∀・)ノ
東藤原構内2

しかし、工場と駅以外は・・・特に何も無し。。。。
例えば信越本線の二本木駅(新潟県妙高市)なんかもそうですね。
東武鉄道佐野線の終着駅・葛生(くずう)も昔は貨車が多く、いつでも留置貨車が構内にたむろし、線路の西側に住んでいる人は「貨車に遮られて、線路の向こう(東)側に建っている家を見たことが無い」というほど賑やかだったそうです。
(*'-'*)
ただ、東藤原~四日市港間を走るタキ1900形はともかく、下のホキ10000形は、今ではあまり仕事が無いようですね。
ホキ10000形

ホキ10000形は、(旧)秩父セメント三ヶ尻工場のセメント焼成用燃料である輸入石炭を運ぶため、1980(昭和55)年から浜川崎~三ヶ尻(秩父鉄道)間で使われており、首都圏ではお馴染みの貨車です。
もともと(旧)小野田セメント所有の車両では無く、三岐鉄道には無縁でしたが、2000(平成12)年から中部国際空港建設の土砂輸送用に、秩父鉄道からやって来ました。
しかし、土砂輸送が終了すると、こちらでは石炭輸送や生石灰輸送など、無蓋貨車を必要とする用途は無いので、目下失業状態の模様。。。。
┐('~`;)┌
高崎線でも、鶴見や浜川崎あたりでも、とにかく当たり前に見られた貨車でしたから、私には思い出も深く、なんだかかわいそうに思いますね。。。。

ひとつ気になったのは、今回、白いホキ1000形貨車を見かけなかったことですね。
これは1990(平成2)年以降に製造された比較的新しい貨車で、東藤原~碧南市(衣浦臨海鉄道)間の専用車。白いタンク体にブルーの帯を締めた外観で、すっきりした車体が印象的です。
JRになってから製造された車両なので、「ホキ1000-28」のような「電車風」の分かりやすい記号・番号なのも特徴。
その、いかにも「現代調」「JR調」なところが面白く、私は結構好きなんですけどねぇ。。。。
廃車という話は聞きませんし、昨年、東海道本線の大府駅で見ましたから、今回は、たまたま時刻が合わなかっただけかもしれません。

私が東藤原へ来たのは、駅前に保存されているホキ5700形(25767)を見たかったからです。
これも「貨物鉄道博物館」の展示車両扱いなんですが、この1両だけは東藤原にいます。
ホキ5700形

かつて、北勢線の阿下喜から三岐線の伊勢治田まで歩いた時は、伊勢治田駅構内にこの形式がたくさん留置されていたのを思い出します。
最終的な定期運用区間は、東藤原から東海道本線の膳所(ぜぜ。滋賀県大津市)までだったようです。そう言われれば、そっちで見たような気もしますね。。。。
(*'-'*)

後で出てくるのか、留置線にはED45 6+ED45 5が待機中。
三岐ED456+ED455

ED45 5(写真・後方の機関車)は前回書いたED45 4の僚車で、短期間ですが富山地方鉄道所属だったという経歴の持ち主。
ED45 6(写真・前方の機関車)は1962(昭和37)年に東洋電機で製造された三岐オリジナル機ですが、1987(昭和62)年に東武鉄道ED5010形の台車と交換したこともあり、今は「東武っぽい」イメージです。

しかし・・・このあたりは、やはり空気が綺麗なんでしょうね。
この日(2月1日)は比較的暖かかったこともありますが、咳がほとんど出ません!
\(^o^)/
もちろん、朝、四日市のホテルで薬は服用しましたけど、長らく気管支喘息に苦しめられている私としては、実に嬉しい!
ヽ( ´ー`)ノ!!

そのうち踏切が鳴り、富田発の貨物列車が・・・。
キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!
三岐ED45 9

先頭のED45 9は東武出身で、元・同社ED5060形(ED5070号機)。三岐入りは1991(平成3)年11月です。
東武の貨物列車は、当時すでに縮小傾向でしたが、こちらは中部空港建設特需もあったんでしょう。そこが、いかにも「バブル」だなぁ・・・。

切り離して入換が始まれば、重連の相棒はED45 2だったと判明。
(下の写真、前寄りの機関車。)
三岐ED452+ED459

これは1954(昭和29)年に三岐鉄道が電化された際に導入された東洋電機製の「老雄」。
やっぱり相模鉄道ED10形に似ており、相鉄機が現役では無くなった今では、こうして毎日貨物列車を牽引していること自体、希少価値があります。牽かれる貨物列車も最大14両編成と、結構長い。
実は、以前は相鉄にも厚木の住友セメント(現・住友大阪セメント)に出入りするセメント輸送列車がありました。
アレはホキ何形だったのか? 「相模鉄道厚木駅常備」と書かれた「住セ」の貨車を、子供の頃見たような記憶があるんですが、それを思い出しますね。。。。
(*-_-*)しみじみ

「旅客列車接近」の報(しら)せで入換作業は一時中断。そして西藤原発の電車が到着。乗りたかった元・西武の701系でした。
三岐鉄道801系2

私は、この電車で山を下りてしまいましたが、入換作業、完了まで見ていたかったなぁ。。。。
(・∀・) 
それと、もう一つ・・・帰ってきてから「大失敗」に気づきました。

この鉄道の終点・西藤原までは、ずいぶん昔、高校生の頃に乗っており、何も無かったので直ちに折り返してしまいました。
今は「ウィステリア鉄道」というミニ鉄道博物館がありますが、展示車両も少ないようだし、さほど観たいという気にもなりませんでした。
しかし・・・。
後で調べてみれば、三岐鉄道創業期の蒸気機関車(102号機)と、関西本線八田駅にいた小型ディーゼル機関車(DB25号機)の他、
「アレは、どうなったのさ?!」と気になっていた電気機関車「いぶき502号機」が、今は「ウィステリア鉄道」に保存されていたとは。。。。
(ё_ё)
この「いぶき502」は、近江長岡の大阪セメント専用鉄道→短期間だけ大井川鉄道へ移籍→中部空港土砂輸送のため三岐入り・・・という経歴で、
僚友の「いぶき501」は、土砂輸送終了後に大井川へ復帰しましたが、502は三岐で保存されたのでした。なお、「いぶき」とは近江長岡の伊吹山に因む名称です。

でも・・・
どっちみち、「貨物鉄道博物館」にしても、展示館がオープンしている日に再訪するつもりですし、
東海地方は、これからJR東海の「リニア・鉄道館」開館などのお楽しみがあるので、また来るチャンスはいくらでもあるでしょう。
それまで元気でいてね! また遊んでね、三岐鉄道ちゃん♪
ヾ(=^▽^=)ノ
(このシリーズ、次回でラストの予定です。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。
今回から、バナーのデザインが変わりました♪)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

おはようございます

電気機関車・貨車をたくさん観察してきたのですね
駅前にホキを保存しているのはビックリです
私は横浜なので画像を見ると相鉄の電気機関車って感じが強いです
JR東海の博物館は行かないとですね
(^.^)

電気機関車

この鉄道にはいろいろな形式の貨車や機関車があるんですね。ところでちょっと気になるのが、機関車のデッキの上に立っているおじさん。寒くないのでしょうか。しかもそこに立っていると運転手さんが運転しずらくないのでしょうか。だって前が見えないもん!
貨車の連結の様子を確認するためなんでしょけど、車内で確認はできないのでしょうね。v-209v-82

コメントありがとうございます♪

#aki様
相鉄の電気機関車と貨車(トフ)は、かしわ台車両基地に保存してあるようですね。
年1回、一般公開するようですが、小田急の海老名基地一般公開ほど大々的には宣伝しておらず、まだ行ったことがありません。

JR東海の博物館は「行かないと」ですね♪
v-456
ただ、大宮の鉄博はオープン3日目ぐらいに行ったら「入場まで2時間待ち」と言われて、殺風景な新幹線高架下に2時間も並ぶ気になれず、その日は断念。。。。
(後日、日曜日の夕方4時頃行ったら、ちょうど帰る人たちとすれ違い、すんなり入れた。)
大宮は東京から近いので、「今日は諦めよう」で済んだけど、名古屋まで行ったら「2時間待ち」と言われても諦められないですよねぇ。。。。
(今のところ「入場予約券」のようなシステムの導入は、発表されていません。)

ところが、このブログの「スポンサーリンク」(記事の下に表示される)で、「JR東海・リニア鉄道館、オープン前の特別公開時に入場できる!」というのを目玉にしたツアーの広告があった!(笑)
(K社系の「クラブツーリズ○」社主催)

なお、この「スポンサーリンク」は、アメリカ・アカマイ社(なんか最近、インテルと合併するとかいう記事を読んだような気がする)の高速表示技術を無償利用する代わりに、広告を表示させられているもので、
いわゆる「アフェリエイト」と違い、私にお金が入ってくるわけではないので、念のため。
v-206

#びゅんびゅん丸様
>しかもそこに立っていると運転手さんが運転しずらくないのでしょうか。だって前が見えないもん!

ハハハ・・・。
v-290
謎解きをしますと、三岐鉄道の電気機関車は、「日本の国産自動車」と同じ「右ハンドル」なんですよ。
(おじさんの立ち位置に注目。)

昔、タブレット(一種の「通行手形」)を使っていた時代に、途中駅を通過する列車で、そのタブレットの授受をしやすいように「右ハンドル」としたらしいです。群馬県の上信電鉄なんかも同じ。

ただし、今はタブレットを使っていないし、西武から買った電車は、西武の仕様のままで、日本の鉄道一般に合わせた「左ハンドル」です。
(電車の到着シーンの写真を見てください。)

「寒いか」って? そりゃ、寒いでしょうね。だから、これも写真を見ればわかるように、かなり厚着してましたね(笑)。
v-433
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。