09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

修学旅行電車167系の「忘れ形見」


月刊誌『鉄道ピクトリアル』の11・12月号で2ヶ月続けて「鉄道と修学旅行」を特集しています。

12月号に「修学旅行電車(155・159・167系)のプロフィール」(構成:編集部)という記事が載っていますが、その最後に
「2009年現在、すでに存在しない修学旅行電車だが、その忘れ形見と言うべきものが存在している。交通博物館から鉄道博物館へ移転し展示が続けられている”なかよし”号モックアップである。
実車ではなく、167系をモデルにした製造時からのモックアップではあるものの、製造は日本車両が担当し、各部品も本物が使用されている。
跳ね上げ式のテーブルや特徴あるデッキ部、薄茶色の化粧板、黄色と朱色の修学旅行色など、今はなき修学旅行用電車を具体的に見聞できる唯一の車体であり、誠に貴重であると言えよう。」
とあります。

で、先日、鉄道博物館へ行った際、見てきました!その167系電車(クハ167形)のモックアップ(実物大の模型)を。

東京・万世橋の旧・交通博物館に展示されていた頃は、1階の目立つ場所に展示されていたので、ご覧になった方も多いと思います。
ですが・・・・大宮へ移ってからは、見た方って少ないでしょうね。。。。
現在の展示場所を知らない方も多いでしょう・・・・っていうか、私も知りませんでした(笑)。
┐('~`;)┌

現在位置は、北の外れにある無料の展示館(ノースギャラリー)です。
ここは、情けないことに私も行ったことがありませんでしたね。。。。
もちろん有料入館者は自由に出入りできますが、なにしろ本館からは、かなり歩くんですよ。

修学旅行用電車は、1959(昭和34年)4月20日から、155系電車による「ひので」号(品川~京都間)・「きぼう号」(神戸~品川間)が運転されました。
その後、「こまどり」号(大垣~品川間)に充当するための159系電車が1961(昭和36)年3月に登場しました。

この167系電車は1965(昭和40年)7月に「ひので」号の増発用として第1陣が田町電車区(東京)に配置され、翌年、広島・山口県内の修学旅行列車に充当するため、第2陣が下関運転所に配置されました。

その後の流れを簡単に説明すると、新幹線の延伸により、在来線の修学旅行列車は、1971~75年にかけて段階的に廃止され、「ひので」「きぼう」などは消滅しました。
ただし、新幹線に無縁の地域もありますから、全廃となったわけではありませんが、少子化や飛行機への転移などにより、全体的には縮小傾向にあります。
155系は国鉄時代の1983(昭和58)年、159系は1980(昭和55)年に廃車となり、比較的新しかった167系はJR東日本と西日本に継承されましたが、2003(平成15)年までに全廃され、現存しません。


では、モックアップを見ながら「ここに注目」というポイントをご説明したいと思います。

・車体・・・・167系は、1963(昭和38)年に登場した一般急行用の165系電車をベースにしており、形状・性能ともほぼ同じです。強いて外観上の違いを挙げれば、デッキのドアが狭いことと、戸袋窓がないことでしょう。
また、このモックアップにトイレと洗面所はありませんが、165系にはあるトイレ部分の窓が省略されていました。

・色・・・・これは「ひので」「きぼう」が登場した際、中学生からの公募で決められたもので、この朱色と黄色の塗り分けを国鉄部内では「修学旅行色」と呼んでいました。
なお、1978(昭和53)年の規程改定により、このカラーは廃止され、165系と同じオレンジ色と濃い緑色の塗装になってしまいます。

↑参考までに、これが165系急行用電車。
(2002年6月・高崎線北上尾~桶川間。写真:鴨居総合車両所)

ここで、色に関連する「笑い話」を。ただし、これはいつも写真関係でご協力いただいている「モイさん」こと鴨居総合車両所氏(兄の親友)のエピソードです。
(モイさんから・・・・「これ読んで”あ、俺もやったぜ!”って叫んだアンタ・・・・今度、一杯飲もうぜ[笑]」ですって。)

167系のNゲージ模型は、長年市販されていなかったそうです(後年、株式会社マイクロエースから発売されます)。
しかし、モイさんたち横浜の鉄道小僧(当時中学生)たちは、「おくいず」号(後述)などでいつも167系を見ていたので、欲しくて欲しくてたまらなかったらしい。
ところがある日、小僧どもは書店で衝撃的な雑誌を発見してしまうのです。

それは、機芸出版社発行の『プレイモデル』。。。。
(これは月刊『鉄道模型趣味』の増刊号で、後に『Nゲージマガジン』と改題。)
なんと!「167系の作り方」が載っているじゃありませんか!!!!!
要するに・・・・一般急行用の153系はKATO(関水金属)製の模型が市販されていたので、これを買ってきて色を塗り替えればよろしい!
(その前に、戸袋窓とトイレ窓をプラ板で塞ぐ小改造が必要ですが、これは簡単です。)
・・・・小僧どもが、模型屋さんに「国鉄黄色2号」と「国鉄朱色3号」のラッカー(なぜか「グンゼ」から出ていたそうです)を買いに走ったのは、言うまでもありません。

『プレイモデル』は年2回ぐらい出たらしいのですが、高校受験のため、いったん鉄道趣味を棚上げするまでモイさんは買っていたとのこと。
なんでも『PLAY BOY』を意識したらしい、黒っぽい表紙だった・・・・っていうのが笑わせてくれますが、内容は「無鉄砲な」若者向け(笑)だったようで、
「スハフ12+クハ153を改造してキハ65を作る!」とか、「キハ20+ナハ10(グリーンマックスのキット)を改造して、キハ55(第2次車)を作る!」といった、
「今の若いモデラーが聞いたら”バカじゃねぇの?”と言いそうなトンデモ記事(モイさん・談)」が、いろいろ載ってたそうです。

いや、でも・・・・今、私が聞いても「それって、なかなかグッドなアイデアじゃん」って気もしますけどね。だって、似てるんだもん。。。。
(どうでもいいけどモイさん、あなたの「鴨居総車」で製造中と噂されている「オクタゴニアン」って、いつ完成するんですか?
50歳までに出来そう?o(^▽^)o)

・ヘッドマーク・・・・「なかよし号」とありますが、これは広島?下関間を走った小学生用の列車だそうです(1974年5月まで運転)。
山陽地方では、他に中学生用の「友情」(下関?京都間)、高校生用の「わかあゆ」(下関?豊橋間)と「わこうど」(下関?東京間)があったとか。
「わこうど」は、旅行シーズンには誰でも乗れる臨時急行「長州」として、同じ区間・時刻で運転されましたが、
3030M 下関9時27分→大阪19時19分→東京7時30分
3029M 東京20時50分→大阪7時23分→下関17時40分
だったそうです。1118.2km、上りは22時間の旅路・・・・聞いただけでお尻が痛くなりそうです。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!

では、車内を見てみましょう。


・座席・・・・4人がけのボックスです。背もたれも薄っぺらいし・・・・これで22時間!(泣)
なお、ボックスの真ん中にテーブルが見えています。これはお弁当を食べたり、トランプで遊ぶのに便利そうですね。

・時計とスピードメーター・・・・デッキとの仕切り扉の上に見えています。時計は、観光バスの車内にもありますが、当然アナログです。
スピードメーターは、初期にはメーターを作った日立製作所の寄贈品で、「Hitachi」のロゴが入っていました。
(ただし、後年は国鉄の購入品になり、このモックアップの物は「JNR」のロゴになっています。)
客室のメーターは、日立さんが子供達へ「お遊び」でプレゼントした物だといわれますが、これは男の子たちが喜んだでしょうね。。。。
( ゜Д゜)<おおっ、今、時速95キロだ~!

・冷房・・・・ありません。そんな物は。きっぱり言っちゃいます。ない物はないんです。モイさんや、うちの兄貴が生まれた1966年には。
さすがに、1978~80年にクーラーが取り付けられましたけどね。
これは、時代の流れというか、その頃には167系も一般の臨時列車に充当される機会が多くなっていましたが、
「臨時列車には冷房などない」という印象が強く、夏場には敬遠する人が多かったので、それを是正するためだったようです。
(当時の『時刻表』には7・8月になると「全国”冷房のある臨時列車”一覧」などというものが載っていた・・・・モイさん・談)

さて、デッキへ出てみましょうか・・・・おっと、この箱は何よ????


「飲料水」だそうです!
でも、こんなアルミ製のタンクに飲料水・・・・冷却装置はないので、ぬるくてまずそう(げ~)。。。。
ですが、修学旅行列車は途中駅でドアを開けませんから、水筒に水を補給する唯一の方法だったのでしょう。
ただ、今なら「殺菌装置がないこと」が問題になりそうですし、このモックアップでも、水は入っていません。
(タンク上にある芳香剤は、当時はなかったそうなので念のため。)

飲料水タンクと反対側には、大きなゴミ箱とホウキ、ちり取りがあり、下車する前に生徒たちが車内をお掃除することになっていました。

この背面は運転台ですが、本物と全く同様に作られています。ただし、中に入ることはできません。
(交通博物館が閉館される直前、先着順で「中に入れる」イベントがありました。)

==============================
いかがでしょうか?
修学旅行用電車・・・・というより、直流の急行用電車自体、保存車が非常に少ないので、モックアップといえども貴重な存在です。
(名古屋にオープンする「JR東海博物館」には、クハ165形とサロ165形が保存・展示されるようですが。)

私は・・・・167系には臨時急行「おくいず」号(東京~伊豆急下田間)で乗ったのかなぁ?
ただ、この色が綺麗だったのは、はっきり記憶してますよ。おもちゃみたいな色。。。。
実は、「いろんな色がある!」っていうのが、私が「鉄道けものみち」(爆笑)に踏み込むきっかけでした。幼稚園の頃ですね。
女の子だから、お人形遊びなんかもしましたよ。・・・・お人形ちゃんと一緒に踏切へ行って、電車を見るんですけど。
((ヾ​(∀´​* )​ アヒ​ャヒャ​ヒャヒ​ャ


鉄道博物館へいらしたら、ぜひ、このモックアップもご覧になってくださいね!
( ´▽`)/
==============================
《ミッピョンからのお知らせでぇ~す♪》
●おバカなアタシの毎日・・・・反省の弁。。。。
・11月10日・・・・第4代南極観測船「しらせ」(2代目)の処女航海を見送りたかったんですが、東京港のどこから出るのかわからず、断念。。。。
正解は晴海埠頭でした・・・・くやしい。。。。

・11月11日・・・・例の「事業仕分け」っていうのが、誰でも傍聴できるものだとは知らなかった!
知ってりゃ見たかったなぁ・・・・蓮紡議員が吠えるところを(笑)。
2日目以降は、ものすごい行列らしいので断念。。。。
しかも、私のパソコンでは容量の関係で「ネット生中継」を見られませんでした・・・・くやしい。。。。

・11月12日・・・・天皇陛下御在位20周年記念式典が挙行されました。
別に、エグザイルの唄を聴きたいとは思わなかったけど、記念切手が発売された関係で、通常は一般の人が入れない「宮内庁内郵便局」を開放して、記念の押印などが行われたそうです。
知らなかったよ。。。。くやしい。

と、いうふうに「ポカ」が多いのよ。知っていて、行ってりゃ「すごいこと」が書けたかもしれないのに。
すみませんねぇ。。。。
(ノд-。)クスン
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。