10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪しすぎる(笑)・・・三岐鉄道(*゜ー゜)

三岐101系

(前回からの続き)
四日市の裁判所前から乗った三岐バスは、約45分で山城(やまじょう)駅前に到着。
車両は、こんなのでした。今、調べましたが、これは日野のレインボーHRだそうです。三岐バスの車両は日野車が多いようですね。
三岐バス

三岐鉄道三岐線に乗るのも、15年ぶりぐらいかもしれません。
以前、西桑名から近鉄北勢線に乗り、終点の阿下喜(あげき)で下車。なんだか心細くなるような道を20~30分ほど歩き、さすがに心配になったところで飲物の購入を兼ねて一軒の雑貨屋さんに入り、「この近くに駅はありませんか?」と尋ねたら、
「ああ、もう5分ぐらい歩くと駅があって近鉄の富田へ出られるよ。阿下喜からなんて、よくまあ、お嬢さんも遠くから歩いてきたねー」と店のおばさんに言われました。
(*'-'*)
その「5分ぐらい歩いた先の駅」とは伊勢治田(いせはった)駅のことで、ここからまた電車に乗りました(名古屋へ出て宿泊)。
「心細くなるような道」と書きましたが、一応は国道(365号線)で、石川県加賀市と三重県四日市市を結ぶ「列島横断道路」ですが、実態は全くの田舎道。
「もしかして・・・」と思い、手元にある『酷道をゆく2』(イカロス出版・刊)という本を見たら、案の定「酷道」としてリストアップされております(笑)。
今は近鉄北勢線も、大近鉄を離れて三岐鉄道の一員になりましたが、国道365号線の現状は、あんまり変わってないでしょうね。。。。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
思い出はともかく、やって来た西藤原行の電車は、これ。751系といい、元・西武101N系です。
三岐鉄道751系

もっとも、私としては保々(ほぼ)駅ですれ違ったこっちの方が好みなんですけど。。。。
(801系。元・西武701系)
三岐鉄道801系1

そして、梅戸井駅で貨物列車と行き違い。
キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!
「車内保温のため、発車直前までドアを閉めます」とのことで外へ出られず、窓を開けて撮ったため(注:その車両に私以外の乗客無し)、あんまり良いアングルじゃありませんが。。。。
三岐ED45通過
(注:当初この場所を「たぶん梅戸井駅だったと思う」と書いていましたが、あらためて写真をビュアーで拡大したところ、駅名標に「うめどい」とあるのを確認。)

先頭のED45 4は1957(昭和32)年・東洋電機製で、同じメーカー製の相模鉄道ED10形電気機関車に似ており、横浜育ちの私には懐かしい。。。。
(*'-'*)
ただ、この三岐鉄道ED45 4とED45 5は、製造当初の約3年弱を富山地方鉄道デキ19041・19042として越中の地で育った・・・とは、今調べて初めて知りましたけどね。
(注:黒部川流域のダム建設のため、[旧]小野田セメントが富山地鉄に持ち込み、当初から、ダム建設が一段落したら三岐への移籍が決まっていた。)
メモシトコ(。´Д`。)φ.....
そして丹生川(にゅうがわ)駅で降りれば・・・これは怪しい!
あやしい(*゜ー゜)
まあ、このタム8000形ぐらいは許してやるとして(何を「許す」のさ?)、
タキ8000

この旧・陸軍97式台車は何ともはや。。。。
97式台車

これも、例の「貨物鉄道博物館」の展示車両です。
この博物館、展示館内部の公開は原則として月1回で、詳しくはこちらをご覧ください。
『貨物鉄道博物館 公式サイト』
http://frm.kans.jp/
ただし、屋外の展示車両はいつでも見ることができます。

ここは以前、上司に「(東京・池袋から)四日市まで、夜行バスなら安く行けるだろ?見て来い」と言われていた場所です(どういう会社なのよ・・・)。
個々の展示車両に関する解説は上記の公式サイトに譲りますが、後日、その上司に写真を見せたら「俺が行った頃より展示車両が増えたようだな」とのことです。
だけどまあ、この元・東武の39号蒸気機関車牽引の貨物列車に見立てた編成・・・こういうのが昭和30年代ぐらいまでは、結構あちこちの地方私鉄に走っていたんでしょうね。。。。
(*-_-*)しみじみ。。。。
貨物博物館1

さらに、この入換動車に従えられたシキ160以下の編成。。。。
これもあやしい(*゜ー゜)
貨物博物館2

とにかく怪しい世界なので、展示館の公開日に合わせて、また来よう(笑)。

で、次の電車で東藤原へ向かえば・・・冒頭に書いたとおり、かつて徒歩で阿下喜から来て乗ったことのある伊勢治田駅構内は、なんとも凄いミラクル・ワールド(?)と化していた!
伊勢治田構内

青い電気機関車は元・秩父鉄道のデキ202+203です。こんなのが三岐鉄道へ移籍していたこと自体、知らない人が多いでしょう?(私も驚きました)。
それもそのはず。2000(平成12)年6月、中部国際空港建設の埋立用土砂輸送列車に使う目的で、秩父から三岐入りしたものの、実際は東藤原の太平洋セメント工場構内での入換作業に使われることがほとんどで、原則として本線走行はしなかったそうですから、知らない人が多いはずです。
(本線走行は東藤原~保々車庫間の単機回送のみ。一度だけ、イベント列車として電車を客車に見立てて牽引したそうです。)
次位に連結されている「どう見ても西武車」はクハ1238+モハ238です。これは、前述した751系の部品確保用に購入されたもので、車両としての籍は無し。
そのため、『鉄道ダイヤ情報』2011年3月号の特集「西武鉄道2011」に掲載された記事「他社で活躍する西武鉄道の車両たち」には、何の記述もありません。
さらには、最近廃車された601系の607編成(元・西武571系)が連結されていました。
そして、これも御用済みになったのか、標記類を全て外されたホキ10000形貨車がたくさん放置されてます。。。。
何度も言うけど、あやしい(*゜ー゜)

一時、「美しすぎる市議会議員」のように、「○○すぎる・・・」という表現が流行しましたが、ともかく怪しすぎるのよ三岐鉄道。。。。
もっとも、一昔前までの地方私鉄は、訳のわからん貨車とか、放置車両が結構ありましたし、「二昔前は大手私鉄の車庫裏も結構怪しかった」(特に西武の保谷とか上石神井など)といいますね。
逆に今は、どこも「ご清潔」すぎる。そして、webなどを通じて情報が行き渡りすぎている(まあ、このブログも「インターネット上の情報」だけどね)・・・ってことでしょうかね?
(*'-'*)
【注】
今回の記述(車両関係)は『三岐鉄道車輛大図鑑』というサイトを大いに参考にさせていただきました。
このサイトを運営されているNANNOCRAFT・南野様からコメントと、リンクを貼る許可をいただきました。
URLは下記です。
http://www5c.biglobe.ne.jp/~n-craft/index/hobby/sangitop.htm
(次回に続く)
===============================
《お詫び》
この和歌山・三重の旅から帰って以来、関東は例年にない寒さのため、ずっと体調が悪く、
とにかく会社だけは休まないようにしていましたが、帰宅すると横になってばかりで、ブログの更新およびコメントのお返事が滞っておりました。
少しずつやっていきますので、今しばらくお待ちくださいませ。
m(-_-)m

《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

おはようございます

体調いかがですか?無理しないで下さい
三岐鉄道って旧西武が走っているのですね
あやしい車両が見れたみたいで収穫ありましたね
私は一度シキって台車たくさんの貨車見てみたいです
(^.^)

みっぴょんさん、おはようございます。
三岐鉄道! 私のような西武ヲタ&秩父ヲタには西方浄土みたいな路線です。(大学入学から数年前までの非鉄期間が長すぎまして未踏の鉄道が多いのです。お気に入り路線にしつこく通う派なので、なお訪問した範囲が狭いです。)電鐘式踏切や北勢線のナローゲージツリカケ電車に元西武新101系前パン奇数クモハ! 元401系や701系も貨物も元秩父デキ200も元西武571系もサイコーじゃないですかあ。夜行バスなら確かに安く行けるんですよね。今年こそ行くぞ! と決めました。

あ、前回のエントリーの貨車の詳しい写真はかなり面白かったです。仕様の細かい違いが「怪しい」ですなあ。

三岐鉄道車輛大図鑑

「三岐鉄道車輛大図鑑」HPの南野です。

三岐鉄道・貨物鉄道博物館へお越し頂きありがとうございます。
細かくご覧頂いたようですね!

今年、三岐鉄道は80周年となりまして、またイベントなどを予定しています。
また、再訪下さい。

そして、「三岐鉄道車輛大図鑑」HPですが、三岐鉄道公認サイトとなってまして、リンクは張って頂いても大丈夫ですよ。

貨物列車

この鉄道は古い貨物列車が置いてあることで有名なんですね。
めちゃ古いSLはレトロ感いっぱいですね。かわいい電車も好きですけど、こういった古い車両も素敵ですね。一度この鉄道も訪れてみたいです。
日野自動車・・・お友達が勤めていていろいろ教えてもらいましたけど、
自動車免許を持っていないのと機械オンチなのでぜんぜんわかりませんでした。バスの形のボックステッシュとか7色の傘とか貰ったことがありました。

コメントありがとうございます♪

#aki様
私も「シキ」が走っているのは見たことないですね。。。。
以前、川崎貨物(塩浜操)駅に停車しているのは、見たような気がしますけど、写真も撮ってないし。。。。
(シキ何形なのかな?日本通運のでしたけど。)

でも、車軸が12軸もあると・・・「どんな走行音なんだろう?!」って考えちゃいますね!
3軸ボギー台車のマイテ49とかスエ78だって、「トトトトン、トトトトン」というふうな面白い音でしたが、さぞかし面白い音なんでしょうね、シキって。。。。
v-206

コメントありがとうございます♪

#きえふにいさん様
三岐鉄道って、機関車は元・東武機がいるんですけど、現有の旅客車は全部、元・西武車なんですね。。。。
v-234
そういえば、東武の電車の譲渡例って、意外に少ないような気がしますね(近年では上毛電気鉄道ぐらいか?)。早い時期から20m4ドア車が多かったので、地方私鉄では使いにくいのかもしれません。

高速バスの件、池袋駅東口発23:20→近鉄四日市駅着6:05のが良い時間帯でしょうね。運賃は池袋から片道6630円です。
(西武バス・三重交通・三交伊勢志摩交通の共同運行。)
なお、このバスは大宮駅~鳥羽バスセンター間の路線なので、『JR時刻表』の高速バス欄では、「さいたま発着便」の項に載っています。
他に、品川~横浜駅東口~名張間のバス(京急・三重交通)が近鉄四日市駅に立ち寄るけど、これは四日市5:00着と早いです。
e-216
タキ1900形を含めて、三岐鉄道を走った貨車については『三岐鉄道車輛大図鑑』に詳細が載っています。
例の、柵が横に飛び出しているタキ1900は、平成筑豊鉄道・金田駅常備だった元・三菱マテリアル(株)所有車らしく、同社の仕様のままみたいですが、私は、てっきり旧・秩父と旧・小野田間における相違とばかり思っていました。
おそらくJR貨物が仲介しているんでしょうけど、ライバル会社の貨車が移籍するケースもあるとは・・・。
私有貨車の世界、まさに「魔境」ですね。。。。
v-206

#NANNOCRAFT・南野様
はじめまして♪
いやはや、貴サイトには大いに助けられました!ありがとうございました。
リンク貼付のお許しをいただきましたので、貼らせていただきました。

三岐線開業80周年とのことで、暖かくなったらまた行きたいと思っています。
今後ともよろしくお願い申し上げます。
このブログは、話題が首都圏中心で物足りないかもしれませんが、よかったら、たまに覗いてみてくださいね♪
v-206

#びゅんびゅん丸様
私は横浜の鶴見で育ったので、「重厚長大」というか「巨砲大艦主義」というか(?)、重々しい貨物列車が大好きなんですよね!
見ていると、まさに「生きている」って感じがして、こっちも元気が出るような気がするんですよ♪

今、貨物列車が活躍している私鉄は「東の秩父・西の三岐」で、あとは岳南鉄道とか。。。。
(それでも、景気が悪いのと、トラック輸送に荷を奪われて、往時に比べたら本数は相当減っていますが。)
ぜひ、一度行ってみてくださいね♪
v-206
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。