10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四日市・・・港の鉄道可動橋ヽ(゜∀゜ )ノ

四日市末広橋梁1

(前回からの続き)
さて、鶴橋から四日市まで近鉄で移動しようと思いましたが、特急はともかく、私は「急行」っていうのに「あんまり」乗ったことがない。。。。
鶴橋から大和八木とか、近距離なら乗ったことあるけど、延々2時間以上乗った経験はありません。
しかしまあ、東の雄・東武鉄道の「快速」や「区間快速」に、昨年は3回乗りましたしね。下今市や鬼怒川温泉まで。
そうなると、西の王者・近鉄の急行にも長距離乗車してみたくなるものです。
(・∀・)
出発前にネットで調べたら、意外に早い。四日市まで約2時間30分なんですよ(注:特急だと約1時間50分)。
鶴橋14:18発→伊勢中川16:03着/16:06発→近鉄四日市16:50着
運賃は1810円だったと思います。安いね・・・。
ただし、近鉄は2001年に途中下車制度を廃止したそうで、残念ながら途中下車はできません。

鶴橋から乗った急行・宇治山田行は5800系の5810番代車(中間車・サ5710形にトイレがある)。
近鉄5800系

車内はこんな感じ。
近鉄5800系車内

これは90度回転させるとロングシートにもなる・・・という座席で、同種の物は、関東には東武鉄道(東上線)50090系「TJライナー」がありますね。
「おっと、ここでも東武・・・」ってことで、どちらにもユニークな物が存在するところが、やはり私鉄の東西両横綱だなぁ・・・と思いますが、この「L/Cカー」というアイデアは、近鉄が元祖です。
もっとも、この座席自体は、私にすれば「可も不可も無し」でした。
それより、三本松とか西青山といった、山間の小駅のたたずまいに心魅かれましたね。。。。

近鉄四日市駅前は、小田急線の町田あたりに似た感じだなぁ・・・と思いました。
しかし「鈴鹿おろし」の風が冷たいんだな!!!!!
┐(>_<)┌
宿泊したホテルでは、系列のスーパー銭湯の入浴券をプレゼントされ、そこへ行くのに自転車まで貸してもらえるというサービスぶりでしたが、とてもじゃないけど自転車でそこまで行かれないんですよ。風が強くて。
電車で行けば、ひとつ桑名寄りの川原町駅のそばらしいんですが、帰りに風邪をひくことは確実で、四日市駅前で食事だけして、お風呂は部屋で入りました。。。。
┐('~`;)┌
ところで、なぜ四日市に泊まったかといえば・・・「例の可動橋」末広橋梁(旧四日市港駅鉄道可動橋)を見たいからですね。
(^​0_0​^)
ちょうど『鉄道ピクトリアル』(2011年)3月号に記事(「四日市周辺の貨物線」真鍋裕司氏)が載りましたが、それによれば、末広橋梁の列車通過はおおむね7時・10時・13時・15時・17時だそうです。
(ただし、7時と17時は季節列車扱いで、運休する場合あり。それ以外は原則として毎日運転。)
これに合わせて9時過ぎに近鉄四日市駅前からタクシーに乗り、「港の”上がる橋”まで」といったら、運転手さんは「道路の?(注:道路橋「臨港橋」のこと。これも可動橋) 鉄道の?」と言い、
「貨物列車の引き込み線のです」と言ったら 、「ああ、重要文化財の方ですね」と言って港へ向けて走り出しました。
この橋は、ご当地ではかなり有名らしく、用意した地図を見せる必要はありませんでしたが、「東京あたりからも写真を撮りに来る人、結構いますね」と言われました。
えへへへへ。。。。┐(´~`)┌
末広橋梁は1931(昭和6)年12月の竣工で、国内では唯一、現役の鉄道可動橋です。
設計は山本卯太郎(1891~1934)、施工は山本が主宰した山本工務所(法人格は不明。個人企業か?)で、その銘板が残っています。
(従来、山本卯太郎と山本工務所の来歴は、よく判っていなかったようですが、現在、「ウィキペディア」に「山本卯太郎」という項目があります。「ダメダメなウィキ」にしては「確かな」記述です。)

実はここ、前にも一度来たことがあるんですけどね。暑い、土曜の午後でした。
当時は、橋のそばに「熊沢製油産業(株)」の工場がありました。これが2001(平成13)年4月1日に味の素製油(株)と合併するという新聞記事を読み、「ああ、あの熊沢製油が」と思いましたが、
結局、2004(平成16)年7月に味の素製油・ホーネンコーポレーション・吉原製油の3社が「J-オイルミルズ」に統合されました。
今、ネット上で見られる熊沢製油と味の素製油の合併社告は「2000年11月」になっているので、新聞記事も同じ頃出たのでしょう。だとすれば、前回の訪問は2000(平成12)年の夏ではないかと思います。

その時は列車が走っているのを見ていないので、今回は「ぜひ泊まってでも見たい!」と思い、意気込んで来たんですが、9時40分頃、JR貨物の制服を着た青年が自転車で現れ、橋が下降しました。
これをやるからには、絶対に列車は来る!
ドキ​ドキ​(*゚​∀゚)​ドキ​ドキ​
JR貨物のお兄さんは、橋の下降を確認すると再び自転車でどこかへ行ってしまいました。おそらく、運河の対岸にあるヤードですね。
なお、対岸のヤードはかつて「四日市港(よっかいちみなと)駅」という独立駅の扱いでしたが、1985(昭和60)年3月14日付で四日市港駅は形式的に廃止され、「四日市駅構内」の一部とされました。

10時過ぎ、DD51 890[愛]が牽引する太平洋セメントのタキ1900形貨車が・・・
キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!
四日市末広橋梁2

これが対岸に渡ると、ヤードの構内で入換が始まります。
今、橋を渡って行った貨車は三岐鉄道東藤原駅発の積車。これを引き渡し、東藤原へ戻す空車を受け取ります。セメントは、船積みするんですかね?
その入換作業には、太平洋セメント所有のディーゼル機関車(DD45)も動いていますが、運河の防潮堤が高く、気配はするんですが見えません。
『ピクトリアル』誌の記事にもありますが、末広橋梁からヤードまでは距離があり、作業の一部始終を見たければ、列車1本分は橋、さらに1本分はヤードで・・・と、2列車分に付き合う必要があります。

入換作業は約10分で終了し、空車を牽引したDD51が戻って来ました。
四日市末広橋梁3

ところで、太平洋セメント(株)所有のタキ1900形貨車といっても、製造ロットにより、外観には相違があります。
まずこれが、タキ71993。
タキ1900・1

そしてタキ91964。これはタンク体の外側に太い鉄輪が巻いてあり、梯子がありませんね。タンク上部の手摺りも横まで張り出していますが、これは何のためか?
タキ1900・2

こちらはタキ112169。これには梯子があります。そして、社名板の取付位置が3両とも全部異なる。。。。
(@_@;)????
タキ1900・3

これは単に製造ロットの違いなのか、前所有者が旧・秩父セメントか旧・小野田セメントかによる相違なのか、調べてみたけどさっぱり分からないので、ここでは写真を載せるだけにしておきますね。
( ゚-゚)
これからその三岐鉄道へ行ってみることにしますが、まず近鉄四日市駅から富田へ行き、三岐鉄道に乗り換えなければなりません。
ところが、港に空車のタクシーは通らない。。。。
さっきの運転手さんに名刺を貰い、携帯で呼ぶんだった・・・と思いましたが、失敗しましたね。
一応、三交バスの停留所はあるんですが、こんな路線は本数も少なく、当てにならない。
遠くに近鉄駅前のビジネスホテルが見えるので、そちらの方角へ25分ぐらい歩いたら、津地裁四日市支部前の停留所にぶつかりました。
すると驚いたことに、ちょうど三岐鉄道の山城(やまじょう)駅前行バスが来ました!
今回二度目のキタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!
これに乗り、約45分で山城駅前に到着。乗車時間が長いわりに安く、340円だったと思います。
(次回に続く)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

おはようございます

今回は上がる橋ですね!私は橋の存在すら知りませんでした。
タンク車の違いも細かい解説で納得です。
LCカーはTJライナーのお兄さん的存在ですね!
近鉄での2時間半は睡眠しないで車窓確認していたのですかね?
次回も楽しみにしてます。
(^.^)

四日市

以前、深夜のNHKのアーカイブス番組で四日市を走るSLを取り上げていました。びゅんびゅん丸が生まれる前でした。すっごく古そうな蒸気機関車が貨車をひっぱていました。
SLが消えても橋は残っているんですね。船が通るために橋が動くなんてめちゃロマンテックで外国のような風景ですね。
 近鉄の電車の座席はいいですね。ロングシートより前方向き座席のほうがいいです。でもずいぶん長い距離を走る普通電車ですね。近鉄版18キップみたいなのが存在するとおもしろいですね

はじめまして(JR西・広島支社管内です)

はじめまして(JR西広島支社管内+広電管内です)
おはようございます。いつも拝見しております。

はじめまして。なかなか勇気が出ず、レスできませんでした。

呉のしげけんです。EOS-10D、RICOH CX3 を持っています。

京都・滋賀(草津線・湖西線)からの贈り物のおかげで、呉線の乗り心地は格段に向上しました!

今まで、冬場の出勤は103系通勤ライナーで、4両で学生で乗車率120%でしたから、座れない、広島までたちっぱでしたが、

113系でなんとか乗れるようになりました。

ほんというと、221系が欲しいなと思いつつ、ま・いいかと113の終焉を静かに見つめています。

今後ともよろしくお願いします。

コメントありがとうございます♪

#aki様
この末広橋梁は、重要文化財に指定されたこともあって、近年は少しずつ知られるようになってきましたが、一般性は無いですからねぇ。。。。

ただ、四日市市民の間では有名らしいので、近鉄でもJRでも、駅前からタクシーに乗れば、二つ返事ですぐ行ってくれますよ。
(駅から歩くと、ちょっと遠いです。三重交通の「港」行きバスに乗って「末広町」停留所で降りればすぐなんだけど、このバスは本数が少ない。)

近鉄の2時間半は、あまり乗らない路線なので、珍しいから、眠らず、本も読まずに過ごしました・・・というか、名古屋線の方は、学生が帰る時間帯だったので混んでおり、江戸橋でちょっとトイレに行ってる間に席が無くなっちゃったのよ。。。。
v-206

#びゅんびゅん丸様
あ~、やってますね。NHKで午前3時とか、とんでもない時間に(笑)。
しかし、さすがはNHKだけあって、資料映像のストックが潤沢なこと!
私は「動く東武矢板線(1954年廃止)」の映像など、あの番組で初めて見ましたよ。
(出版の世界では、最近出た「昭和の鉄道」の本で、朝日新聞社発行のが良かった。だって、さすが「大朝日」は過去の写真と記事のストックが豊富なんだもの・・・。)

四日市の蒸気機関車は、C50とかC58だったようですね。
以前読んだ、元・名古屋機関区の機関士だった方が書いていたところでは、船から貨物を下ろして列車に積む作業が遅れると、機関士は「待機」になってしまうため、暇だから、近くの工場を見学させてもらったこともある・・・と。
食用油やガラスの工場は、生産過程が素人にも分かりやすいので面白かったけど、何を作っているのか全然理解できない「謎の工場」もあったらしいです(笑)。

ここはね・・・アムステルダムにも似ているし、コペンハーゲンにも似ている場所がありましたね。
同じタイプの橋は名古屋港にもありますよ。南極観測船「ふじ」の保存場所近くに。それも山本工務所が製造した物のようでした。

近鉄には「遊(ゆう)レールパス」という全線乗車券があります。ただし、沿線住民以外には買いにくいようで、使ったことはありません。今は、全国の近畿日本ツーリストの支店で買えるらしいですが・・・。
(近鉄の公式サイトに載っていると思いますので、ご確認ください。)
v-206

#しげけん様
はじめまして♪ コメント遅くなって申し訳ありません。。。。

広島支社管内の旅客車で、JRになってから作られた車両は芸備線のキハ120だけなのでは? おっしゃるように、いずれ221系電車が転属するだろうとは思いますけどね。。。。
しかし、103系は「山手線特別仕様車」ですから、性能的には広島・山口地区には全然合ってないし、トイレも無いですしね。。。。
JR東日本は、205系の仙石線転属に当たってトイレを付けたり、今回取り上げた近鉄の「L/Cカー」に似た座席に改造してるけど、西日本は「そのまんま」なので・・・。
(というか、武蔵野線の103系廃止で、東日本から西日本へ売却されたのが広島にいたような。。。。)

ただ、113系は全国的に終焉の模様で、東の「113系天国」だった千葉支社も、いよいよカウントダウンみたいです。最近は明らかに113系の運用が減ってますね。何も調べずに行くと、209系に乗ることが多くなりました。

このブログは話題が首都圏中心で恐縮ですが、また、いつでもお気軽に遊びに来てくださいね♪
v-206
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。