08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄道コンテナ輸送50周年&「とびうお」号の思い出

1959(昭和34)年11月5日、東京(汐留駅)~大阪(梅田駅)間にコンテナ専用貨物列車「たから」号が走り始めてから50年・・・・。
そのため今月は、「鉄道コンテナ輸送50周年」の記念行事がいろいろ行われています。
写真のようなポスターが、東京メトロ線車内に掲示されていました。


これは西武池袋線清瀬駅に停車中のメトロ7000系車内で撮りましたが、それを見ていたおじさんが「ほほう・・・・」なんて、ポスターを見上げてました。
(^_^;)

何度も書いていますが、私は横浜市鶴見区で育ちました。
鶴見にはかつて、東日本最大の貨物操車場である「新鶴見操車場」があり、京浜工業地帯が日本経済を支えていた時代には、365日24時間貨物列車が盛大に出入りしていました。
最盛期の昭和30年代には、1日約8000両ほどの貨車が集まっていたとのことです。

操車場というのは、1両ごとに行き先が異なる貨車を、方面別に分けて何十両も連結し、1本の列車(例えば関西方面なら吹田とか梅田、安治川口行など)に仕立てる作業や、
逆に、全国から新鶴見操車場へ到着した貨車を、例えば浜川崎、扇町、新興、入江、高島、横浜港、横浜本牧、塩浜操、横浜羽沢、湘南貨物、相模貨物、田浦・・・・のように、細かい行き先に分ける作業をする場所です。
これは1984(昭和59)年2月1日のダイヤ改正を機に、輸送システムが貨車1両単位の「車扱貨物(しゃあつかいかもつ)」から、コンテナ輸送主体に移ったため、廃止されました。
(現在、操車場跡地は、ごく一部がマンションや老人ホーム、横浜市立新鶴見小学校などになりましたが、景気悪化のため再開発は進まず、まだまだ広大な空き地が残っています。)

しかし、そのコンテナ輸送も、日本の貨物輸送の約8割はトラックによるといわれますから、苦戦を強いられています。
モーダルシフト(トラックから、鉄道や船舶に貨物輸送を転移すること)も、一応、国策として挙げられてはいますが、さっぱり進んでいるようには見えません。
あろうことか、民主党政権は「高速道路の完全無料化」を公約に掲げる始末。。。。
これは、例の「温室効果ガスの25%削減」という公約とは矛盾しますし、だいいち、高速道路の交通量が増えたら、肝心のトラックが定時性を維持できなくなるでしょうね。
あくまで私見ですが、「高速道路通行料の”適正化”(黒字区間の値下げなど)には賛成だが、何かと問題の多い”無料化”には反対」と考えています。

そんな中、「ちょっと明るい話題」として「鉄道コンテナ輸送50周年」をJR貨物が地味にアピールしています。
11月8日(日曜)には、東京・大井埠頭にある東京貨物ターミナル駅で記念行事があり、EF210形電気機関車「桃太郎」に、往年の「たから」号のヘッドマークを付けたりしていました。
ところが、この行事は誰でも参加できるわけではなく、「親子50組100名様ご招待」だったそうで、私もその日のNHK「ニュース7」で知った有様。。。。
地味すぎますよ、トホホ(*.*)。。。。

「誰でも見られる」イベントとしては、さいたま市大宮区の鉄道博物館で「記念展」をやってます。
ただ、これはそんなすごいイベントじゃないので(しかも撮影禁止だって)。。。。

それよりも、1階に常設展示されている電気機関車EF66 11に、「たから」号のヘッドマーク(レプリカ)を装着しているのを見てください。


「たから」号の名は、1960年代半ばには使われなくなり、「フレートライナー」の愛称で呼ばれるようになりましたから、1968(昭和43年)生まれのEF66形が実際に「たから」号を牽引したことはないと思います。
でも、なかなかサマになってました。

EF66の次位にはコキ50000形コンテナ車が連結されており、本物のコンテナが搭載されています。
手前の「JNR 国鉄コンテナ」と書いてある緑色のが1959年当時の物で、「戸口から戸口へ」というのがキャッチフレーズでした。
その隣、小豆色のコンテナが、現在のJRコンテナで最もポピュラーな「D19型」です。


さらに・・・・その隣にはレムフ10000形冷蔵車が連結され、扉が開かれて「トロ箱」が搭載されている様子も再現されています。
これはですねぇ・・・・私には懐かしい!鮮魚特急「とびうお」号です。


1966(昭和41)年10月1日のダイヤ改正で登場した「とびうお」号の始発駅は、下関のひとつ広島寄り、幡生(はたぶ)駅。終着は、築地市場の構内にあった東京市場駅でした。
実際には、九州の西唐津駅や福岡港駅、松本清張の『点と線』の舞台・香椎駅から来る貨車も連結していたそうです。
そして、秋から冬は、東広島(現・広島貨物ターミナル)駅で貨車の増結がありました。
これは「冷蔵」車(大きな氷で冷やす)であって、「冷凍」車ではなかったんですよ。ですから冷凍機や、そのための動力源(エンジン)などは持っていません。

積荷は・・・・まあ、名前どおりトビウオも運んでいたでしょうが、冬場は何と言っても下関の「ふぐ」(現地では「ふく」と呼ぶ)、そして広島の「牡蠣」です。
これは新鶴見通過が23時過ぎだったのかなぁ・・・・夜目にも白い冷蔵車は印象的でしたね。。。。
幡生?東京市場間は約18時間で、旅客の寝台特急とあまり変わらないスピードでした。牽引機は、当初EF65(F型)の重連でしたが、1968年以降はEF66形になりました。
偶然ですが、列車番号が「5050列車」っていうのも素敵でした。「GOGO!」ですよ~!

だけど、私たちが「とびうお」号で運ばれてきた「ふく」を口にする機会は、なかったと思いますね。
そういうのは、みんな高級料亭に行ってしまうものですよ。東京だと、よく自民党幹部が密談していた「金田中」とか、芥川賞・直木賞の最終選考会場である「新喜楽」とか。。。。
まあ、ちょっと私なんかが行く機会は、死ぬまでなさそうなお店です(笑)。

ところで、レムフ10000の最後部にご注目。
「フ」というのはブレーキの「ブ」から濁点を取った記号ですが、これが付いている客貨車には車掌室があります。
(客車の場合は「オハフ」とか「スハネフ」のように使う。)
その車掌室をちょっと覗いてみますと。。。。


石油ストーブが見えますね。ここには写っていませんが、執務机と長椅子があります。また、トイレも付いています。
「♪狭いながらも楽しい我が家」って感じがするじゃないですか(笑)。
実際、貨物列車の車掌さんは、異常がなければやることなど、あんまりなかったらしいです。
ストーブでお湯を沸かしてお茶を飲み、お弁当を食べて、読書。疲れたら寝そべって。トイレにも困らないし。。。。
・・・・というふうにしてたかどうかはわからないけど、妙に「楽しげだなぁ」と思いました。
ヽ( ・∀・)ノ○
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。