07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「鶴見線・南武支線80周年記念号」

南武支線80周年号・1

12月19日まで、「鶴見線・南武支線開業80周年」記念行事が、いろいろ行なわれておりました。

主なところでは「鶴見線・南武支線開業80周年記念パス」(大人500円)の発売や、鶴見線・南武支線電車の一部にヘッドマークの装着などが実施されましたが、
なにせ、横浜市鶴見区育ちの私としては、鶴見線や南武支線(尻手[しって]~浜川崎間・別名「浜川崎線」)など当たり前すぎて食指が動かず、
上司に「みっぴょん。これ行って来い」とパンフレットを貰ったんですが、訪れておりませんでした。
鶴見・南武支線パンフ

記念行事ラストの12月18日(土曜)と19日(日曜)、浜川崎→尻手→浜川崎→鶴見→浜川崎→尻手→浜川崎のルートで団体専用列車「鶴見線・南武支線80周年記念号」が運行されました。
なんでも、これは205系1000番代車(浜川崎線用)が、鶴見線へ旅客営業列車として入線する最初の事例だそうです。

そう言われてもね・・・。私は、ここ数年、浜川崎線に乗ったことが無く、「初の事例」も何も、205系1000番代車に乗ったことがありません。
私が最後に浜川崎線に乗ったのは2002(平成14)年7月24日で、この時は101系のワンマン車2連でした。
PC190054.jpg
(浜川崎駅にて)

PC190051.jpg
(弁天橋の鶴見線営業所構内。鶴見線電車の車窓から)

今回は鶴見線に乗っておらず浜川崎線だけなので、後者に限ってお話しますが、私が子供の頃、浜川崎線といえばクハ16+クモハ11の茶色い旧型電車でした。これは1980(昭和55)年11月、101系電車に置き換えられました。
当初、この101系(2連)は「南武本線」と同じカナリアイエローで、車掌さんも乗務していました。

ですが、昼間は(今もだけど)事実上「空気運搬車」で、人件費抑制のため、JR発足後の1988(昭和63)年3月13日からワンマン運転になりました。
ワンマン化改造の際、上の写真のようなクリーム色と緑色のカラーになり、同時に冷房化されました。
とは言っても、このワンマン101系にも、私はあまりご縁がありませんでした。

なお、浜川崎線101系電車の最終運行は2003(平成15)年11月28日でしたが、特にお別れ行事などは無く、
その代わり、同年12月13・14日に鶴見駅(鶴見線ホーム・4番線)で展示のうえ、午後、鶴見~大川間を1往復しました。
(それも撮ったので、紙焼きが出てきたら後日貼ります。)

実家からは近いんですが「最寄り路線」ではなく、そもそも、失礼ながら浜川崎線の沿線に若い娘を惹きつける「おいし~♪」とか「おっしゃれ~♪」は、何もありません。
学校を卒業すると、私も東京へ出てしまったし、自然に足が遠のいてしまったわけです。
なんでも近年、「浜川崎線の旅客列車廃止?」という話もあるようですね。この線路自体は、大井埠頭にある東京貨物ターミナルと東海道本線・武蔵野線を結ぶルートですから廃止は不可能ですが、浜川崎線の旅客列車は、不況や就労人口減少のの影響で利用者が減っています。

このあたりの路線バスは、ほとんど川崎駅前発着ですが、浜川崎線はメジャーな川崎駅に直結しているわけでなく、南武本線との接続駅・尻手もマイナーな駅ですし(来年3月から走る快速は通過)、京急との連絡駅・八丁畷(はっちょうなわて)も各駅停車しか停まりません。
要するに、もともとは貨物線として開業した路線を地域住民に開放しているだけで、鉄道への依存度が高かった時代ならともかく、典型的な「今どき、そんな消極的なやり方じゃ誰も乗らんよ~」という路線です。
それでも、閑散時間帯でも1時間に1~2本は走っています。さすが首都圏だけあって「その程度の利用者はいる」と言うべきか、JR東日本の「良識」と言うべきか。これがJR西日本なら、神戸の和田岬線のように「昼間は運休」にしかねないところです。

とにかく、今回は205系がヘッドマークでお化粧するそうだし、12月19日(日曜)、泊まり勤務(2日目)が終わってから、実家へ帰りがてら立ち寄りました。

池袋から湘南新宿ラインの南行に乗って武蔵小杉。昨日は北行で土呂まで乗りましたが、アタシの「鉄道ちゃんと遊ぼ~♪」には湘南新宿ラインが欠かせない存在ですね。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
久しぶりに尻手駅のホームに立ち、「こんなに小さな駅だっけ?」と驚いてしまいました。ホームは2面3線(1線は浜川崎線用)ですが、おそらく、子供の目には「大駅」に映ったんでしょうね。
尻手駅構内

定期列車に乗り、川崎新町駅で下車。ここも「お立ち台」がほとんどない路線で、立ち位置に苦労しますが、ホームで撮るのも悔しく、踏切に立ちました。
(下の写真は定期旅客列車。)
南武支線205系

また、ここでも「桃太郎」EF210形牽引の貨物列車と遭遇。貨物列車のダイヤにはバラツキがあり、数分間隔で来る時間帯もあれば、1時間以上来ないこともあります。
もっとも、この数十分後にEF66形牽引の貨物列車を見かけたんですが、これはタイミングが悪くて撮り逃しましたけどね。私は、EF66のほうが好きですけど。。。。
EF210・川崎新町

お目当ての記念列車は、本線の中原車両センター(横ナハ)から出庫し、浜川崎までの回送列車(回9182M)が11時27分に通過(トップの写真)。

正直なところ、「早く実家に転がり込んでゴロゴロしたい」って思っていましたが(笑)、気温が上がってきたこともあり、1本撮ってしまうと「記念号」の「本番」を撮りたくなって、場所を変えて撮影。
これは浜川崎から尻手へ向かう9183M(11時43分)。これは「団体専用列車」なんですが、おばあちゃんの背中が見えたことしか記憶に無し。どういう「団体」さんだったんでしょうか?
南武支線80周年号・2

その折返し、尻手から浜川崎を経由し鶴見へ向かう9282M(12時09分)。
南武支線80周年号・3

これは「小田踏切」という場所で撮りましたが、この踏切が、とんでもない「珍踏切」なんですよ。

道路は×字にクロスしています。その真ん中を線路が通っているんです。
つまり 尻手←×→浜川崎(矢印が線路)という形状で、しかも×の交差地点にバス停がある!
(川崎鶴見臨港バスの富士電機→川崎駅東口路線。ただし、ここを通るのは片道[川崎駅東口行]だけ。)
南武支線小田踏切1

南武支線小田踏切2

こういうのは全国的にも珍しいと思いますね。西武池袋線の池袋~椎名町間にも似た形状の踏切はあるんですが、道路の交通量は少ないし、バス停もありません。
(地図で確認したい方は、「川崎市川崎区小田3丁目」で検索すれば良いと思います。)

バスは早朝5時30分頃から、深夜22時30分頃まで6~7分間隔で走っていますが、営業所が近いのか、空車のタクシーも頻繁に通ります。
じゃあ、私はここからタクシーで実家へ帰るので。。。。
(o・ェ・o)ノ
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

こんばんは

日曜日も活動してたのですね!
鶴見線・南武支線の昔に走っていた茶色の電車は印象深かったです
八丁畷駅は京急改札から入ってホームでICカードをピピするんでしたよね
ヘッドマーク付の記念列車が走るとは思ってなかったです
×字交差点が踏切と交差していて事故が起きないか心配ですが…
ちなみに私もウィルコム同じ電話機を使ってますよ
(^.^)v

#aki様

はい。日曜日も活動してました(笑)。実家に帰りがてらですけどね。
茶色の旧型国電は、兄(4歳年上)が撮ってそうなので、「探しておいてよ」と言っておきましたから、出てきたら貼ります。

八丁畷駅は、浜川崎線ホーム上にSuica簡易改札機があり、「ピピ」しないといけません。
川崎新町~八丁畷~京急川崎間などには割引運賃の制度があるんですが、これは、ちゃんと「ピピ」しないと適用されませんから、注意が必要ですね。
(割引運賃自体は1984年頃からあり、私は、当時買った川崎新町駅発行の硬券乗車券を持ってますよ。)

101系の「さよなら運転」は、浜川崎線では無く、なぜか鶴見~大川間だったので、今回の「80周年記念号」運転は、ちょっと意外でした。

×字交差点ですが、路線バスはさすがに、
「左下」(富士電機方向)→「右上」(昔の「市電通り」を経て川崎駅方向)の一方通行になっていましたが、
一般車両は別に制限も無いようです。もっとも、この道を走るのは99%、慣れている地元の人でしょうから、あんまり事故も無いんでしょうね。

「W-ZERO3」は名機だと思いますよ♪
発売当時は、「購入予約をして、入手まで2ヶ月待ち」とか言われた人気機種だったんですが、あの人気を今まで引っ張れなかったウィルコム、残念ですねぇ。。。。
(後継機の「イフ」とかいうのが、あんまり良くなかったんですね。画面もキーも小さくて。その後、ワイド画面に戻したのを出したようですが、全然話題にならないまま、世間は「i phone」ブームになっちゃったので・・・。)

ごめんなさい、訂正。

前のコメント。

×「左下」(富士電機方向)→「右上」(昔の「市電通り」を経て川崎駅方向)の一方通行になっていましたが

○「右下」(富士電機方向)→「左上」(昔の「市電通り」を経て川崎駅方向)の一方通行になっていましたが、

ツボです

こんばんは・・
まったく貴ブログは・・ツボですw
鶴見線・・
成人まで大井町に住んでいたので割と近場でしたが・・
初めて乗りに行ったのは昭和50年・・・の筈
その何年か後、高校生の時に当時付き合っていた娘を連れて海芝浦駅へ・・
高校生のデートとしては・・?な場所でしたが後に男女七人のロケ地にもなり・・後に名所になりましたねー
ここ10年、何度となく乗りに行きたいなと思っていたのが鶴見線です。

「ツボ」ですか?(笑)

#BlackSheep様
「ツボ」ね・・・そうかしら?(笑)。

そちらのブログも拝見させていただきましたが、確かに「その自販機」は珍しいような。。。。
しかも、「瓶だけ」。それに、この寒いのにコカコーラ、ファンタ、ジンジャエールにハイシーオレンジって・・・冷たい物ばっかり!
((((((;゜Д゜))))))ガクガクブルブル

昭和50年(1975年)ですと、鶴見「本線」と「海芝浦線」がクモハ73形、「大川線」がクモハ12形ですね。

デートの時は101系でしょうか。「男女七人」では、さんまさんは木更津からフェリーで通勤してましたね。もはや、それも「今は昔」ですねぇ。。。。

その後、鶴見線・浜川崎線とも列車が大幅に削減されました。
平日の昼間と、土曜・休日は要注意です。ぜひ、事前に時刻をお調べになってお出かけくださいませ。

鶴見線とは「近くて遠い」んですが、東扇島って所も、なんだか不思議な場所で面白いです。

東扇島には「川崎マリエン」というビルがあり、最上階の展望室から、晴れた日には、対岸の新日鐵君津製鉄所が見えますよ。
(でも「マリエン」って本来は何の施設なんだろう? 川崎市とか、神奈川県の港湾管理関係の事務所なんかが入っているビルなんですけど、無駄にデカイ。そしてレストランは高くてまずい[笑]。)

最近、人工海浜で50年ぶりだかの「潮干狩り」も復活しました。
よかったら、鶴見線と合わせてお出かけください。
(ただし直接、鶴見線の駅から行く交通手段は無く、川崎駅東口からのバスに乗る。朝だけ、横浜駅東口のYCATから、京急の東扇島行「プチ高速バス」があります。羽田空港リムジン用車両の間合い運用みたいです。)

鶴見線界隈

自分は乗り鉄なのですがこの周辺はまったくの手付かず状態・・
灯台下暗しとは言ったもので、
いつでも行けると思って数十年経ってしまいました(笑)

しかし205系の2連はレアですね~
今度行ってみよう!って言ってからまた数十年か・・(笑)
その頃は233系の2連かも

鶴見線

こんばんこ~
鶴見線は工場地帯を走る電車で、おもしろいですね。海芝浦とかも運河の淵ですし、めちゃのんびりできますね。
 札幌駅で電車の写真を撮りましたけど、ブレブレでした。
そういえば、ずいぶん前、深夜テレビで鶴見線のうた とかやっていました。

みゅーりゃー様

まず「サハシ」の件・・・ドンマイです!お気になさらず。私もしょっちゅう間違えてますから(笑)。

浜川崎線ですが、私も6年半ぶりぐらいでしたから、お気になさらず。
(実家には結構帰ってるんですけどね。)
205系の2連、見れば確かに「レア」なんですが、乗った感じは「別にぃ~」でしたね。南武「本線」と全く同じ広告が掲示されているので、車内の様子などは変わらないんですよ。

ただ、ホームにSuica簡易改札機があって、「ピピ」しなければならない八丁畷駅とか、今となっては乗降客が少ないわりに、妙にデカイ川崎新町など、風変わりな駅ですから一度見てみるのもいいと思います。

浜川崎って駅は・・・なんにもないですよ。以前は駅前に「立ち飲み」できる酒屋さんがあったんだけど、今も営業してるんでしょうか。。。。?
(私は、飲んだことないなぁ。「一見さん」の、しかも女が気軽に飲める雰囲気ではありませんでした。)

びゅんびゅん丸様

こんばんこ~♪

鶴見線、「たまに行くと」面白いです(笑)。
しかし、国道駅とか鶴見小野駅あたりは人家も多いけど、それ以外の駅は、なにしろ住宅がほとんどないエリアですから、お店が少ない。
弁天橋駅前に「みずほ銀行」のATMがあるんだけど(旭硝子の社員さんのための物らしい)、お金下ろしたって、お店が無いから買う物も無いよ!(笑)
「鶴見線のうた」って何でしょうね? 聴いてみたいですね!
(真面目な歌なのか、それともコミックソングなのか。。。。)

札幌駅・・・今は暗いのかも。どこで練習したらいいだろう?札沼線あたりかなぁ?
あの線も、医療大学あたりまでは電化するみたいですね!

酒屋

話はかなり鉄からはなれるが
中で飲める酒屋、昔は結構ありましたね~
当時、各地の地酒が豊富にある行きつけの酒屋で
つまみ持ち込んで飲んでたよ(笑)
今でも乗り鉄と飲み鉄は欠かせません!

みゅーりゃー様

西武池袋線の秋津駅前にも「立ち飲み」がありますよ。
府中で競馬があった日などは、ものすごく混んでます。
しかし、一見の、しかも女が気軽に入れる雰囲気では無い。。。。
常連の男の人にでも連れて行ってもらうしかなさそうです。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。