11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

解説!尾久の「謎」客車編成


最近、土曜日の朝、泊まり勤務(第1日目)が終わってもまっすぐ帰宅することはほとんどないんだけど(笑)、11月20日は尾久車両センターで「ふれあい鉄道フェスティバル」が開催されたので、うろついてきました。
と言っても、このイベントは北尾トロさんのルポタージュ集『テッカ場』(講談社文庫)にも紹介されていたように「ファミリー向け、ビギナー向け」のイメージが強く、私の好みとはちょっと違う。。。。
┐('~`;)┌
ところがね・・・開催数日前から、ホームから車両センター構内が見える位置に、さまざまな客車が置いてあったらしい(謎)。。。。

これは、多くの方々がブログに書いていましたが、「車両展示の一環」というわけでもないようです。
昔は、尾久でも品川でも、客車区の構内が車両で一杯になると、予備の留置車両は、形式がバラバラでも一本の「メチャメチャ編成」に仕立てて「そこら辺に置いておくか」っていうのがよく見られました。
(で、その場所もなくなると、品川から川崎駅や寒川駅へ「疎開留置」。)
ですが、客車列車がめっきり少なくなった今、こんな「メチャメチャ編成」の留置車は珍しいよ。。。。

この留置車について、写真を載せているブログは多いんですが、1両ずつの説明をしているのは、あんまりないようです。
(特に、女子の鉄道ブログに於いては。)
そこで私が、まさに「老婆心(笑)」で書いておきましょう。。。。

なお、「メチャメチャ編成」は
←大宮 スハネフ14 35+スハネ14 756+スハネ14 759+スハネフ14 31+スハネ14 701+スハネ14 702+スロフ14 701+スロフ14 702+オロネ25 901+オシ24 701+オロネ25 7+マヤ34 2004 上野→
という「あり得ねぇ」編成でした。

●スハネフ14形


1972(昭和47)年から量産が始まった14系特急用客車のB寝台車。
寝台の構造は、カーテン一枚で区切られた開放式で、当初は3段式寝台(=1ボックス6人)だったが、後に2段式(=1ボックス4人)に改造された。
スハネフ14形には車掌室があり、また、床下にディーゼルエンジンと発電機を持ち、「電源車」の役割を兼ねている。
東京?長崎・佐世保間の特急「さくら」などが代表的な充当列車だったが、現在は青森?札幌間の急行「はまなす」だけが定期運用される列車となった。

なお、写真のスハネフ14 35はナンバーの前に○印を付けているが、これは信越本線の碓氷峠(横川?軽井沢間)を通過可能であることを示すマークだった。
(このマークは電車・気動車・客車共通。)


●スハネ14形750番代車


かつて特急「北陸」(上野?金沢間)に使われた、1人用B寝台個室「ソロ」で、オハネ14形から改造された物。
750番代車には、個室が20室設けられていた。

●スハネ14形700番代車


これも「北陸」用「ソロ」車だが、シャワー室(有料)があったため、個室が14室しかなかったのが750番代車との違い。

●スロフ14形700番代車


14系特急用座席客車(1972[昭和47]年登場)を改造したジョイフルトレイン。
写真のスロフ14 701は、1983(昭和58)年に東京南鉄道管理局の欧風客車「サロンエクスプレス東京」に改造されたもので、
1997(平成9)年、お座敷列車「ゆとり」に再改造されたが、2008(平成20)年3月で引退。

●オロネ25 901


今後の夜行列車の方向性を検討するため、JR東日本が1989(平成元)年に試作した「夢空間」客車の1両。
このオロネ25 901は「デラックス・スリーパー」と呼ばれたA寝台個室車で、特別室(1室)とツインルーム(2室)で構成されている。
なお、後述するオロネ25形(0番代車)とは、何の関連性もない(連結運転は可能だが、寝台の構造や、営業上の料金体系は全く異なる)。

当初、根岸線桜木町駅前や京葉線海浜幕張駅前で展示され、その後、もっぱら首都圏?北海道間の臨時特急に使われた。
(上野?大阪間の「夢空間大阪号」というのもあったが、長岡・日本海縦貫線経由で走り、東海道本線経由ではなかった。そのため、「夢空間」はJR東海管内を旅客営業列車として走ったことが一度もない。)
結果的に、この車両は「カシオペア」へ発展し、役目を終えて2008(平成20)年3月に引退した。

「夢空間」にはオシ25 901(ダイニング・カー)とオハフ25 901(ラウンジカー)も存在したが、この2両は現在、武蔵野線新三郷駅近くのショッピングセンター「ららぽーと新三郷」で保存・展示されている。
(注:2009年11月5日付ブログに、ららぽーと新三郷の「訪問記」があります。よかったらご参照くださいませ。)

●オシ24 701


1973(昭和48)年に製造された、24系特急用客車の食堂車で、主に東京?九州・山陰間の寝台特急列車に連結された。
国鉄末期の1986?87(昭和61?62)年に5両がリニューアル改造され、オシ24 701?703は「星空」をイメージした内装に、704・705は「オリエント急行」風の内装になった。

2006(平成18)年3月に特急「出雲」(東京?出雲市間)が廃止されて以来、このオシ24 701は定期運用を失った。

●オロネ25形0番代車


1人用A寝台個室「シングルデラックス」の1形式で、24系(25形)特急用客車に属する。1976(昭和51)年に登場し、もっぱら東京?九州・山陰間の寝台特急列車に連結され、当時としては、日本の鉄道には珍しい個室車両であった。
0番代車には1人用個室が14室設けられており、車掌室やトイレはあるが、シャワー室などは無かった。
一部は、国鉄末期にオーディオ装置の取付けなどが行なわれ、オロネ25 701?703となった。
写真のオロネ25 7も、2006(平成18)年3月に特急「出雲」が廃止されて以来、定期列車に充当される機会が無い。

●マヤ34 2004


高速軌道試験車。走行しながら軌道の軌間・水準・通り・高低・平面性・動揺について、狂いが生じていないかチェックすることができる。
これを、線区ごとに年に2?6回走行させ、軌道の状態を調べるのである。
このマヤ34 2004は1966(昭和41)年・日立製作所製で、主に東日本一円での検測に使われたが、現在は「East-i」のような新型検測車と交代し、使用されていない。

・・ということね。ふ~(*´​Д`)​=з
(参考文献・・・岡田誠一著『国鉄鋼製客車II』[JTBキャンブックス]ほか)

で、この「ふれあい鉄道フェイスティバル」自体は、あたしゃ見てないわよ。。。。
なぜなら、尾久駅前から長蛇の列でしたから。いったん帰宅して、また夕方出勤するというのに、さすがにお付き合いは出来ん。。。。
それでも、なぜかオハニ36形の横に113系(幕張のでしょうねぇ)が展示されているのを発見。
(トップの写真)

あと、「能登」で来た新ニイの485系(K2編成)が「いい感じ」で構内を移動しているのも見たし。


そして帰宅したら、このところ毎週そうなんですけど、笑福亭仁鶴師匠の「生活笑百科」が始まるところでした。
17時には、うちを出るわけですから、早くお風呂入ってお昼寝しないとね。。。。
(ё_ё)
================================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

みほちん様

いらっしゃいませ?♪
いつの間にか、ブログが更新されていたのでチラッと拝見させていただきました。
(まだコメントは書いてないけど。)


ところで、この寝台車は何のために取ってあるのか???
旧・大船工場構内に「隠匿」(笑)してあったナハネフ22 1(今は鉄博にいますね)みたいな、「保存前提の保管」なんでしょうかね?

北綾瀬・・・私のお目当ては、グッズ買いと3000系「まっこうくじら」なんですが、
「ブルーマン」のショーも観たいなぁ(笑)。。。。
(あの怪しさが何とも言えません・・・。)

お気をつけていらしてね♪

Unknown

尾久駅ホーム脇の車両群の解説ありがとうございます。
わたくし夢空間の寝台車両をすっかり見落としておりました(写真撮ってるにもかかわらず)。
この車両だけどうしてここに残ってるんでしょうかねぇ?
これからも廃車にならず大事に保管してくれればいいけど。

このような形でヲタ心を充足させてくれる粋な計らいに頭の下がる思いです。

あ、メトロの北綾瀬行きまーす!
スタンプラリーとブルーマン目当てという、テツにあるまじき魂胆ですがw

コメントありがとうございます♪

#めぐみ様
いらっしゃいませ♪

D51は来たらしいですが、火が入ってなかったようで、煙は吐いてなかったみたいです。。。。
私も、113系は大いに気になったし、オハニ36とかスハフ42は見たかったけど、なにせ混雑していたのでね。。。。

東京メトロのイベントは私も行ってみるつもりなので、めぐみさんもお楽しみになってね♪

(もっとも、私のカメラはSDカード使っても540枚までしか撮れないので、「900枚撮る」とかいうのは、あり得ん[笑]。。。。)

#ねこっちD3様
いわゆる「ゆうマニ」(マニ50 2186)ですが、
私も、何かの甲種回送の控車として使われているのは見たことあるけど(E231系新造車の回送だったか?)、
「リゾートゆう」の電源車として使われているのを一度も見たことが無い!

実際の話、電源車として使われた機会って、あんまりないんでしょうね。首都圏は非電化区間自体少ないし、
東北は東北で、いろいろなリゾート気動車を持ってるから、水戸支社の「ゆう」が応援に行くほどの必要性が無いし。。。。

今、鉄道車両の法定償却年数は確か12年になっており、だから東京メトロが惜しげも無く05系の初期車を捨てちゃったんですが(注:実際は新興国へ譲渡)、
オロネ25 901などは、法定期限を過ぎているものの、「何らかの意図」があって保管しているようですね。
なんだろう? 保存? 宿泊施設(九州みたいなライダーハウスとか)に転用?
それとも、こいつも某地方私鉄へ売り飛ばす?(笑)。。。。

Unknown

「ああ、イベントで線路空けるために押し込まれたな。」と、余り気にしていませんでした。先日はEF641001+12系を横目に、通りすぎてしまったし。

今日は、いつもの群線に戻っていましたが、203系の介添人、ゆうマニも真ん中に押し込められていました。よく使いそうなものですが。

夢空間とかは、法定償却期間に達していないので廃棄できないんでしょうけど、なんか可哀想ですね。

Unknown

こんばんは♪
今回私「ふれあい鉄道フェスティバル」に参加が出来ませんでした。
D51が来たので行きたかったんですけど。
尾久駅に置かれていた客車の解説ありがとうございました。

びゅんびゅん丸様

こんばんみ?(笑)。

日本の個室寝台車は、ほとんどが改造車なので、充当列車や、改造を担当した工場のやり方で、構造がずいぶん違うんですよね。。。。

例えば「ソロ」といっても、私は「北陸」のと「あけぼの」には乗ったことあるけど、旧「はやぶさ」のは、同じ「ソロ」でも造りが全然違っており、
「はやぶさ」の車掌さん(JR九州所属)は、「ほほう。東日本さんのソロ、乗り心地はどうでしたか?」と興味津々でした。


尾久の209系(京浜東北線電車)、まだありますよ。最近、常磐?千代田線の203系も加わりましたが、廃車なのか転用されるのかは不明。

あと、毒蝮三太夫氏を見たんですね?!
それは運が良いこと(笑)。
なにしろ、あの方には「マムラー」なる「追っかけ」までいるらしいので。。。。
うちの近所のドラッグストアにも来たんですが(あの番組、スポンサーが確かエーザイなので)、
その日、私は仕事があって見られませんでした。。。。

aki様

「この程度は知っていて当たり前」とおっしゃる方もいるんでしょうけど、
「知っていれば、なお楽しい」と思い、「老婆心(笑)」ながら解説した次第です。

それにしても、なぜ「ゆとり」や「夢空間」の一部とか、運用外の寝台車などがまだ残留しているのか・・・?
保存前提の「保管」なんですかね?

11月28日は東京メトロ(北綾瀬)のイベントです。
たいした展示物は無いらしいけど、この会社も、ようやくグッズ販売に力を入れるそうなので(当面はweb通販中心)、何かあれば買いたいと思います。

12月5日は東武のイベント(南栗橋)がありますね。
ポスターによれば、あの8111F(東上線唯一の原型8000系)が「来る”かも”」とのことですが、「かも」って何よ、「かも」って?!
(行って、8111Fが来てなかったら無駄足じゃん。。。。)
もっとも、私はイベントそのものより、秩父鉄道経由で森林公園から南栗橋までの、8111F回送列車が気になるところですけどね(笑)。

寝台車

こんばんみ?!!
寝台車っていろいろな形があるんですね。はまなすと北斗星とあけぼのは基本的に同じ車両と思っていたんですけど、寝台は別としても、個室はさまざまなバリエーションがありますね。
 以前,尾久に行ったとき、京浜東北線の電車がいっぱい置いてありました。あとどくまむしを見ました。マムシじゃなくって、口の悪いおじさんです。そのへんでラジオの中継の終わったあとで、サングラスをかけていました。以外と背が高かったです。

おはようございます

尾久の留置車両解説は詳しくない私にはウンウンと関心しました
サロンエキスプレス・夢空間はまだいるのですね
特徴ある車両が残されているのですかね
やはりフェスティバルは長蛇の列だったのですね
私は江ノ電見に行こうかと思いましたがゴロゴロ寝てました…
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。