05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ららぽーと新三郷」の「夢空間」

(昨日からの続き)
お昼ご飯を食べられなくてリエちゃん夫妻には本当に申し訳ないんだけど、
水海道から守谷へ関鉄→守谷から南流山へつくばエクスプレス→南流山から新三郷(しんみさと)へJR武蔵野線・・・・と乗り継ぎ、「ららぽーと新三郷」へやってきました。

♪カ~ウ~ぞ~、買うぞ ウシシッシ、ボク買うぞ・・・・
っていうCM(かわいい牛のバルーンが空を飛んでる。関東限定かも?)でおなじみの巨大ショッピング・モール「ららぽーと」。
これは三井不動産が作った商業施設ですが、この場所は旧・国鉄武蔵野操車場の跡地です。
(千葉県船橋が第1号店[旧・船橋ヘルスセンター跡]で、今はあっちこっちにあるんですけど、どこも工場跡地などを利用した、巨大な売り場と巨大駐車場が「売り」の、アメリカン・スタイルのショッピングセンターです。関西には「ららぽーと甲子園」というのがあるようですね。)

もちろん、「操車場跡」という理由だけでここへやってくるはずはありません。「面白い物」があるのです。それは・・・・
「次世代豪華客車」としてJR東日本が発足直後の1989(平成元)年に試作した「夢空間」のうち、ラウンジカー・オハフ25 901とダイニングカー・オシ25 901です。
(2008年3月限りで引退、廃車。)

まず、ラウンジカー・オハフ25 901は、駅からつながるペデストリアン・デッキのすぐ下、「ステーションキッチン」にあります。外から丸見えなので、すぐわかります。


これは、乗れます。すぐお隣にフードコートがあり、そこで買った飲食物を持ち込むこともできます。車内は現役時代のままで、バー・カウンターやピアノも残っていますが、使われていません。
ただ、常時見ている係員もいない現状では、そのうち車内が荒れますね。本当は、昼間はカフェ・夜はパブみたいな営業ができるといいと思うんですが。。。。


さて、ダイニングカー・オシ25 901は・・・・と思い、警備員のおじさんに聞いたら「ぐる~っと回って、ちょうどこの反対側です」と。
言われたとおり、「ららぽーと」の外周をぐる~っと回って5分ぐらい歩いた「エコガーデン」にありました。


9月17日に公開された当時、あちこちのブログで「レストランとして営業されるそうです」などと書かれていましたが、当て推量もいいところ。
営業などしていないどころか、こちらは車内に入ることもできません。

「ららぽーと新三郷」の公式サイトでは、「夢空間」は「アミューズメント」という位置づけで、
『夢空間車両展示 CO2(二酸化炭素)排出量の少ない乗り物である鉄道。その役割を終えた車両を再活用し、エコガーデンのシンボルとして車両展示をおこなっています。』
とあります。

へぇ、「シンボル」ね?。。。。
つまり、活用法など、具体的には何も決まっていないということですね。わかります(笑)。

「夢空間」は、実際には3両セットで「デラックス・スリーパー」(個室寝台車)オロネ25 901もあったのですが、ここには来ていません。
女性陣がお手洗いへ行っている間、リエちゃんのダァさんがオシ25の近くで一服していたら、通りすがりの人に「もう1両あったでしょう。寝台車が。あれは、どこにあるんですか?」と聞かれて弱ったとか。

確かに、寝台車など引き取ってもしょうがないでしょうね。ショッピング・モールに宿泊施設を設置しても仕方ありませんし、だいたい、特別室1室・ツインルーム2室(定員6名)などという車両ですから、豪華すぎて逆に警備員の仮眠室などには使えませんね。
このオロネ25 901の行方は、わかりません。解体されてしまったのでしょうか?

《追記》(2010-03-14)
まだ解体はされておらず、尾久車両センター構内に留置中。
ただし、「車両」としての籍は抹消されているのかもしれず、だとすれば構外(本線上)を、旅客を乗せて運行することは出来ません。

《画像追加》(2010-11-22)
尾久車両センター構内に留置中のオロネ25 901(2010-11-20撮影)。


さて・・・・オロネの行方はともかく、私たちのお昼ご飯の行方は????
守谷駅の高架下に「フードコート」があり、「ラーメンなんてどう?」という話になったのですが、「20分か30分かかる」と言われて逃げ出し(札幌「ラーメン横丁」あたりの有名店じゃないんだから)、
「じゃあ、ららぽーとで」ってことになったんですが、ここは「1時間、2時間待ちは当たり前!」みたいで、昼食のつもりが、待ってるうちに夕食時になっちゃいそうでした。ホントに。

結局、南越谷へ向かい、駅ビルのうどん屋さんに入りましたが、「カツ丼&ざるうどん」セットは注文して5分で出てきました。
o(^▽^)oキャハハハ

お茶を飲んで、リエちゃん夫妻は東武~半蔵門線~東急田園都市線直通電車で帰宅。私は武蔵野線で府中本町方面へ・・・・ってことで、南越谷駅前で別れましたが、
一日引っ張り回してしまい、すみません(特にダァさん)。ありがとうございました。
(この項:了)

【写真追加】(2010-01-07)
現役時代の「夢空間」の写真が出てきたので、追加しておきましょう。
列車は臨時特急「夢空間東京号」(大阪発・日本海経由上野行)。
2003年1月、北上尾~桶川間にて。 写真:Mippyon


まだあったよ・・・


↑その「夢空間東京号」通過をホーム上で撮ったもの。2002年12月、高崎線宮原駅。



「夢空間」返却回送(2006年10月30日・相模湖~藤野間)
↑2006年10月28・29日、甲府駅で「秋のふれあい鉄道フェア」が開催され、「夢空間」を含む模擬のブルートレイン編成が展示され、山梨県には通常、寝台特急が運行されていないため大賑わいでした。
そして、10月30日の朝、甲府から尾久車両センターへの返却回送列車をキャッチ。中央本線相模湖~藤野にて。
編成はEF64 39[高]+オシ25 901+オハフ25 901+オロネ25 901+オハネ25 5+カニ24 505(客車は全車「東オク」)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。