09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湘南色169系「リバイバル信州号」に乗る!ヽ( ´ー`)ノ


(前回からの続き)
踏切から屋代駅へ戻り、12時45分発の9644M快速「リバイバル信州号」軽井沢行に乗りました♪
編成は←軽井沢 クモハ169-6+モハ168-6+クハ169-19 篠ノ井→(S52編成)です。


乗ってみれば若干空席があり、同行者と並んで座れました(全車自由席)。
客層は、別に鉄道ファンだけではなく、「たまたま駅へ来たら”軽井沢行の臨時列車がある”というから乗った」感じの人も多く、ホッとしましたね。
(だって「鉄ヲタだけの列車」なんて、気持ち悪いからね。9月18~20日に立川~横須賀間を走った「はまみらい号」を敬遠したのは、そのためです。)
┐(>_<)┌
それはともかく、車内はこんなふうに改造されています。


これは旧・国鉄時代末期、長野~飯田間の急行「かもしか」(後の快速「みすず」)に充当するために施工された「グレードアップ改造」で、新幹線0系から転用された座席です。
(注:座席裏側にある「ライナー券入れ」ポケットは、しなの鉄道移籍後に取り付けた物で、布張り自体が張り替えられている。以前は「ナッツ色」だった。)

このグレードアップ改造車って、あたしゃ「情けない」乗り方しかしてないんだよね。。。。
あれはいつだったのか。1990年代、真冬のお話。
名古屋から東京へ帰るのに、暇だったから「中央線経由」の乗車券を買いました。
中津川~松本間の普通列車は当時、原則として神領電車区(海シン)の165系電車だったんですよ。
中津川駅前の(確か)イトーヨーカドーでお酒とお惣菜を買い込み、大好きな大好きな♪165系に乗って雪見酒・・・と洒落込みました。
ヽ( ´ー`)ノ
ところが・・・酔って爆睡。塩尻で降りるはずが、気がついたら「まつもとぉ~、まつもとぉ~」の声が・・・。
(これは沢田敏子さん[声優]の声ですね。私が中学生の頃から現在まで、ずっと続いております。)
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ
急いで戻ろうとして飛び乗ったのが「みすず」。これが169系のグレードアップ改造車だったんです。
​運良く・・・というか運悪くというか、たまたま座れちゃったので、また寝ちゃったのよね・・・。
岡谷に着くと、どこかのおばさんに「あなた、甲府の方へ行くんじゃないの?これ、飯田行よ!」と起こされ、また慌てて飛び起きて降りる始末。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
なぜ、そのおばさんに、私が「甲府(東京)方面へ行く」とわかったのかは謎ですが、いずれにしろ飯田へ行ってしまったら、その日のうちには帰れませんでした。。。。
その後、このグレードアップ改造車に乗る機会はありませんでしたが・・・。
(^_^;)ゞ
これを同行者に話したら、笑うこと笑うこと。。。。
(゜o゜)\(-_-)

それはいいとして、この列車、きちんと「列車名札」を付けています。


さらに・・・これは嬉しい!
「碓氷峠通過可能車」を示す「○印」がナンバーの前に描かれていました!


乗っていると、懐かしいモーター音が響きます。これぞ、「国鉄急行用電車」の音が♪
ヽ(゜∀゜ )ノ
もっとも、座席は往時の4人掛けボックス席ではありません。音は急行、座席は在来線時代の特急「あさま」・・・という感じですね。
車窓には、浅間山が・・・。


一時期、また噴火していましたが、これを書くために見た日本気象協会の「火山情報」(2010年9月27日16時現在)では「レベル1(平常)」でしたね。

13時53分、終点・軽井沢に到着。


駅の構内は、ほとんど新幹線に取られてしまい、あまりの変貌にびっくり。。。。
この列車は2番線に着きましたが、できれば1番線に着けてほしかったな・・・。
なぜなら、1番線側にはEF63 2号機が保存されており、碓氷峠の在来線が健在だった当時の「僚友」が並ぶ場面が見たかったの。。。。


かつての急行「信州」は上野~長野間の列車でしたから、「軽井沢止まりでは物足りない」という方もいるでしょうけど、この先、在来線のレールはありませんから、仕方ないですね。
「快速」という列車種別が不満な方もいるでしょう。
でも、「信州」は1982(昭和57)年11月15日のダイヤ改正で、5往復中4往復が軽井沢~長野間普通(または快速)扱いになり、これは1985(昭和60)年3月14日に列車が廃止されるまで続きました。
今回のイベント列車は、その「快速」時代を偲ぶ・・・という感じですかね。

なお、快速になった背景ですが、1982年当時、信越本線の普通列車は極端に少なく、
列車が来ないので→通学の高校生が、暇つぶしに喫茶店などでタムロする→そこでタバコを吹かし、非行に走る・・・といった問題があり、
「信州」の軽井沢以北を普通・快速化したのは「教育上の配慮」だった模様です。いかにも「教育県・長野」らしい話ですね。。。。
このお話は『高原に列車が走った』というタイトルで、1984年に美保 純さんの主演で映画化されています。詳細は、こちらを・・・。
http://movie.walkerplus.com/mv17320/
たまたま、手元の『週刊新潮』9月30日号「私の週間食卓日記」がこの方だったので思い出したんだけど、この作品あたりから、「脱がない美保 純」になっていくんですなぁ・・・。

さて、駅前からは14時11分発の横川行JRバスが出て行きました。「リバイバル信州」から乗り継いだ人も多かったようです。
私たちは14時21分発の小諸行(8767M・「増発効果社会実験」の臨時普通列車)で折り返します。。。。
(以下、次回に続く)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

ビュッフェ車

0系のは中学の頃の修学旅行でその車両に当たりました。一クラス入った記憶があるんで6?8列くらいあったと思います。新幹線の食堂車と言えば100系。昔、新大阪から友人とわざわざグリーンを取ったのに新大阪から沼津付近まで飲んだくれてました、何のためにグリーンだよって感じ(笑)

当時のビュッフェ蕎麦は食べた事なかったですが、今みたいに完全オートメーションや安い輸入物で作る蕎麦なんてあまりなかったんで、それなりの美味しさはあったと思います。

さすがにその寿司ビュッフェの頃は小学生くらいかな?。ですから写真でしか見たことないですね。寿司ビュッフェに限らず、気軽に入れる食堂車みたいなものがあっても良いですが、ただでさえ狭い日本で鉄道会社を細切れにしてしまったから長距離や長時間運転列車が運転しにくくなってる上に、長距離は飛行機のが格安ですから絶滅種指定でしょうね。。。そんなことから海外の乗り鉄はマジに楽しいですよ!

はい!釧網本線経由で行きました。でも、当時は混合列車が走っていて、旧客でノロノロと川湯?緑の峠越えでした(^_^)v

#みゅーりゃー様

残念ながら私は、サハシ(165・169)の実車を見る機会は、ありませんでしたね・・・。
(写真で見ると「ハ」室は狭そうですね。
0系新幹線「37形ビュフェ車」の「ハ」室なら乗ったことあるけど狭かった。
「個室感覚」というか、今のE231系などの2階建てグリーン車にある、両端の「平屋部分」の室内みたいな感じでしたね。)

信越本線の列車で供食されていたのは「そば・うどん」らしいけど、信州は、さすが本場だけあって「駅そば」も結構おいしいから、わざわざビュフェのおそば食べたいと思う人は少なかったのでは。。。。

東海道本線の急行「なにわ」があった当時の「寿司ビュフェ」は、コストの面で折り合いが付かず、早い時期に消滅したようですが、
今は魚価も当時と異なるようですから(だって、あれだけ全国に回転寿司があるわけでしょう)、
「寿司ビュフェ」がどこかで復活してくれたら・・・って気もしますね。


「大雪」に乗り遅れて「からまつ」ってことは・・・釧路から釧網本線経由で網走ということですか?大変でしたね。。。。

座席

ちわ?!
169ですか!自分の好きな車両No3に入る165系の亜種ですね!この手の車両はもちろん信州でも乗ったがアルプスに連結されていたサハシも客室は個室感覚(ボックス3列くらいだったかな)で好きだった。でも台車が他車と違ってたのか軽かったのか揺れが酷かった記憶が。。

せっかくのリバイバルだけど座席改良だったんですね!ボックス席ファンとしてはちょっと残念です。

俺の乗り越しの記憶は遠い昔に旭川から札幌行き最終に乗って美唄で降りて対向して来る夜行「大雪」に乗ろうとしてたのが寝てしまって起きたきっかけが美唄でドアの閉まる音・・旧客なら飛び降りただろうけど。。
仕方なく岩見沢まで行って釧路行き「からまつ」に乗りほぼ12時間遅れで網走に・・みたいな経験かな。

#aki様

169系の座席はグレードアップされており、朝夕の「しなのサンライズ号」「しなのサンセット号」という、「ホームライナー」的な列車に使われています。
(座席に「ライナー券入れ」ポケットがあるのは、そのため。)

5月に新潟からの帰り、この「しなのサンセット号」に乗ろうかどうしようか迷い、疲れていたのでやめましたが、
今回、別の列車ですが169系に乗る機会を得たわけです。


音は昔のままで、急行「佐渡」や「東海」などを懐かしく思い出しました。

次回は、これも私にとっては「懐かしい電車」(国鉄・JRではない)に乗ったお話です。
お楽しみに♪ 

Unknown

前回からの続きのレポートですね
客室はグレードアップされているのですね
ウィーンとモーター頑張ってる音が聞けたのですね!
晴天で浅間山は綺麗に撮影できましたね!
次回も楽しみにしてます
「歴史で見る鉄道の・・・」朝日新聞社のです
私は地元京急は欲しいです
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。