08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出・・・・寝台特急「富士・はやぶさ」のこと

特急2列車「富士・はやぶさ」EF66 51[関](2006年10月15日・真鶴~湯河原間)

私は、当たり前だけど体は「おにゃにょこ」(笑)なので、月に1回、小林薬品工業の鎮痛剤「ユニー錠」が手放せなかったりしますけど(笑いごとじゃないんだぜこれが・・・・)、
精神はかなり「男に近い」。それも「オヤジ」。
なので鉄道の写真を撮ったりするのが大好きなんですね。。。。

2006年10月某日、私は東京発5時46分の普通電車沼津行に乗ってました。グリーン車です。目的地は東海道本線湯河原(神奈川県足柄下郡湯河原町)。
駅から徒歩25分ぐらい、小田原方へ戻った丘の上から、大分・熊本発の寝台特急2列車「富士・はやぶさ」をかっちょっく撮ろうではないの・・・・ということです。
この場所を何で知ったのかな・・・・?
誰かが先に行って、ここで撮った写真を見せびらかして自慢したんじゃなかったか・・・・って気がします。
そこで「よっしゃー!」なんて燃えてしまうところが、あたしゃ「女のおやじ」なのよ。。。。

湯河原駅で降りて、まあタクシーで行ってもいいんですけど、とぼとぼ歩き、坂を上がって構える。
私、三脚ってあんまり好きじゃなくて、一脚をよく使うんですよ。なぜなら、場所を取る三脚は禁止ってところも多いですけど(ホーム上などは、まずそうですよね)、一脚禁止っていうのはあんまり(たまにありますけど)・・・。
で、連写モードもあんまり使わない。一発勝負でキメなきゃ・・・・と、心の師である「不肖」こと宮嶋茂樹さんみたいなことを言ってますけど(なんて生意気な女なの?アタシって)、この時は連写を使ったようです。

ぼーっつと待ってたら、ミニクーパーで現れたお兄さんが一言。
「2列車でしょ?40分ぐらい遅れてるよ」
ですって。
それはありがたい情報。じゃあ、8時40分頃か・・・・と思ったけど、なんでわかるの?ねえ?
(まあ、「公然の秘密」みたいな方法があるんですけどね・・・・ただ、私はそのために必要な「ハード」すら持ってないので。)

だけど、この40分が長いんだね。。。。でも、他に行くところもありませんし、待ちましたよ。そして・・・・・・
2列車 キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!!
私としては、かなり見事にキマった方でしたね、この日は。
「ワンダホーでビューテホー」ってやつ(原田宗典調)[笑]。
(突然ですけど、こんなところで聴くのにいい曲は・・・そうね、山下達郎さんの「SOUTHBOUND#9」でも)

だけど、これを撮っちゃうと、もうこの後はダイヤ上、「華のある列車」は少ないんですよ。
「踊り子」とか「スーパービュー踊り子」の上りは、午後からですしね。
以前なら「出雲」「あさかぜ」「富士」「はやぶさ」「みずほ」「さくら」・・・・というふうに、湯河原基準だと10時頃まで東京行寝台特急が通過したので、何本も撮れたんです。
でも、この時点でブルートレインは大阪発の急行「銀河」(湯河原5時10分頃通過)と、この特急「富士・はやぶさ」だけになっていました。

だいたい、大分発の「富士」と熊本発の「はやぶさ」は、それぞれ独立した別の列車だったんですけどね。利用者が少ないので、門司~東京間は併結運転になってしまったのです。
この時点では、食堂車も廃止されていました。
ですから、「乗る楽しみ」というより、「撮る楽しみ」を満たしてくれる列車という感じでしたね。
見ているぶんには、EF66形電気機関車が12両の客車を颯爽と牽引する姿は、壮観でした。
私は「富士」が2回、「はやぶさ」には4回乗ってます。

2008年3月のダイヤ改正で急行「銀河」が廃止になりました。
その前年の11月、まだ新聞で「廃止か?」という未確定情報が流れていた頃、東京から米原まで乗ったんですけど、B寝台の旅は、2段ベッドの下段だったのにもかかわらず、妙に疲れました。
私が歳をとったんでしょうか?それとも、もはやこういうタイプの寝台車が時代遅れなんでしょうか?

そして、2009年3月14日のダイヤ改正で「富士・はやぶさ」の廃止が決まりました。
沿線にカメラを持って立つ人の姿が増え、満席になることが多くなってきたらしいです。
「らしい」というのは、もはや、そうなってしまうと追いかける気になれなかったので。。。。

最終日の寝台券など、某ネットオークション(誰も「ヤ」とか「フー」とは言ってません)で30万円!で落札されたとか。
ちなみに東京~大分間でも東京~熊本間でも、特急料金+B寝台料金の定価は9450円(さらに、それと別に乗車券が必要)で、30倍強のボッタクリ。。。。。。。。

もう、私なんかが近寄れる世界ではありません。最終日、東京駅へ見に行ったりもせず、家でNHKの特別番組を観ただけです。
ただ、この番組(山口放送局制作)がかなり手間とお金をかけた作品で、気軽にヘリで空撮はするわ、
名古屋・静岡・横浜・東京の各局リレーで夜明けから東京到着まで、ばっちり見せてくれるわ・・・・さすが「お金持ち国営放送」らしい物でした(笑)。

でも、前にも書きましたけど(注:旧・「はてなダイアリー」当時)、私の携帯着メロは、ブルートレイン客車の車内放送で使われていたチャイムの曲、「ハイケンスのセレナーデ」(ただしオルゴールではなく電子音)です。
電話が、あるいはメールがあるたびに、ブルートレインを思い出しています。
♪ラドファラソミド ミソレソド ド~。。。。
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。