09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一応チェックしておいた(笑)快速「白い砂」


6月16日付のブログで、両国~勝浦~安房鴨川~館山間を走る夏の臨時列車・快速「白い砂」運転について予告しましたが、
予告だけ書いて、自分が行かないっていうのもね。。。。
┐('~`;)┌
世の中には、そういう「無責任ブログ」も多いんですけど、うちは違います(きっぱり)。
しかし、この列車に館山までお付き合いし、「113系と遊ぼ~♪」してる時間は、たぶん運転最終日まで無く、千葉→両国間だけ乗ってみました(7月18日)。

この「両国行」の発車案内表示は、近年珍しいですね。


でも、これは撮っておいて正解でした。なぜなら車両の行先表示は「臨時」で、「両国」ではなかったからです。
トップの写真のように、往時の物を再現したヘッドマークを付けていましたが、行先も表示して欲しかったよねぇ。。。。

「白い砂」は下り(1号)・上り(2号)とも4両が指定席、2両が自由席でしたが、後部2両の自由席は結構混んでいました。
あくまで「快速」ですから、お気軽に乗る人が多いんですよ。座りたい方は、指定券の購入をお勧めします。私は、偶然空いていた自由席のロングシートに座っちゃいましたが。

編成は幕張車両センター(千マリ)の113系6連「S70編成」でした。
←千葉 クハ111-1501+モハ113-1258+モハ112-1258+モハ113-1259+モハ112-1259+クハ111-552 両国→

だけど・・・S70かぁ。むむう・・・。
(ё_ё)
この編成、色は「横須賀線色」ですから、昔の「白い砂」を再現する意味では合格です。
ですが・・・車内はこんな感じ(指定席車内)。


リニューアル更新車なんだよね。国鉄時代に、こんなのはありませんでしたから。。。。

指定席車のボックス席には、こんなステッカーが貼ってありました。


「快速白い砂1・2号として運転の時は 指定席車両です 普通列車として運転の時は自由席車です」と書いてあります。
運転初日の7月17日も「S70」が入ったようで、おそらく19日も「S70」だったと思いますが、
こんなステッカーを貼ってあるということは、ラストの8月8日まで、毎回「S70」が入る可能性がありますね。

だとすれば、このリニューアル更新車は私の好みに合わないので、時間があったらまた撮影はするかもしれんけど、乗車は以後、パスだわ。。。。
(θωθ)/~

面白かったのは、両国発着というだけでなく、通常の快速が停まる稲毛・市川・新小岩も通過だったってことですね。

でもまあ、昔ながらの横須賀線色113系が、ヘッドマークでお化粧している姿自体は、文句無く良い物でした。
両国駅に到着し、折り返し回送列車で入庫するため停車中のところを、しつこく何枚も。。。。




そういえば、両国駅3番線には、こんな琺瑯(ほうろう)引きの駅名標が。


これは1980年頃に設置されたタイプですが、現在ではほとんど残っていません。
代々木駅と荒川沖駅に残っていたのを確認しましたが(2002年頃。現在は不明)、
これのように、下に「リコー」の広告まで残っている物は、さすがに珍しいですよ。
(JR発足で広告の期限が切れた際、上から新規広告主であるアサヒビールの広告ステッカーを貼り付けた後、さらに期限が切れて、この広告部分ごと撤去したので。)
このホーム、通常は立入禁止ですから、「白い砂」撮影のついでにご覧になるといいでしょう。
(o・ェ・o)ノ
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

乗りましたか「白い砂」!

#スーパーやまびこ1号の男 様
乗りましたか!確か、事前に指定券をお買いになったんでしたね。

1999年11月28日のは、「さよなら運転」だったのか、定期列車だったのか、ちょっと記憶が薄れていますが
(横浜支社主催の、東京駅地上ホームへ入った「さよなら列車」は乗りました。
それと別に、千葉支社主催のがあったらしいですが、これは未見です。)
99年のは、グリーン車入りだったことは確かです。
私はサロに乗りましたから。。。。

今回は普通車のみ、しかも短い6連でしたが、ヘッドマークでお化粧してましたから、見ごたえがありましたね。

そういえば、かなり前ですが「潮干狩号」というのに木更津から乗ったことがありますよ(これも113系で、巖根にも停車しました。)
その時も両国発着でしたが、当時は、さほど騒がれていませんでしたね。。。。

快速「白い砂号」。

私もmitsuka115JNRさんが乗った日に
乗ってきましたよ。両国?館山間で。
総武快速線で113系を最後に乗ったのが
1999年11月28日だったと思いますので
約10年ぶりに113系の爆走を総武快速線
で聞けたのでとても嬉しかったです。  

コメントありがとう♪

#aki様
そうです、「白い砂」は以前「予告記事」を書きましたからね。
書くだけ書いて「後は知らね」じゃ無責任ですし、まあ、「ヘッドマーク付き」とわかっていましたから、ちょっと見たい気もしたので(笑)。

両国駅の3番線は、通常は立入禁止になっており、発着列車がある時だけ開きます。
昔、定期の特急・急行が発着していた頃も、当該列車の発着する時刻だけゲートを開放していました。

熱中症対策ですか・・・。「昼間は野外で行動しない」のが、いちばんかも知れません(笑)。

#びゅんびゅん丸様
ドア横の席は「補助席」扱いらしく、みどりの窓口などで事前購入した場合は、そこは指定されないようでした。
車内で「自由席から指定席へ変更したい」と申し出ると、ドア横になる可能性があります。

この列車は、「海水浴列車」なのか「鉄道ファン向けのイベント列車」なのか、いまいち判然としない感じでしたが、
全区間乗ると結構長いし、おっしゃるように来年は走らないかもしれないので、
もし乗るなら事前に指定席を予約するのが無難と思いますね。
(なお、現在までにいただいたコメントには、これで全てお返事したことになります。他の画面も参照してね♪)

おそるべし

座席指定なんですね。脇のロングシートも指定席だったら、ちょっとへこみますね
けっこう通路が広いみたいですけど、座席の幅は狭そうで4人座ったらつらそうです
おでぶの鉄男くんだったら、絶対その席に座りたくないです。ニノくんだったら別ですけどお
50キロ以内で休日だとあとたった50円足せばグリーン車に乗れるので、ちょっと複雑な気持ちですね
でも来年は走るかどうかわからないから、貴重な思い出になるかもしれませんネ

おはようございます

今回は白い砂の話題ですね
復活に合わせて横須賀線色の113系をあえて使用しているのですかね
うちは横浜なので房総へは久里浜からフェリーで馴染みが少ないです
両国3番線も普段は入れないんですね
また貴重な駅名標発見でしたね
また次を楽しみにしてます
猛暑の活動はくれぐれも熱中症注意して下さい
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。