08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい「スカイライナー」に乗った!ヽ(゜∀゜ )ノ


お待ちかねの、京成電鉄「成田スカイアクセス」が7月17日に開業し、3代目「スカイライナー」がデビューしました。


でも、「お待ちかね」なんてもんじゃないですよね。
なにしろ、成田空港開港と同時に走るはずだった「成田新幹線」の予定線をほぼトレースして走るわけですから。。。。
30年ぶりに目覚めた・・・ヽ(´​Д`)​ノアゥァ って感じですが、
政府筋にも世間一般にも、「首都圏を代表し、”日本の表玄関”と呼べる空港は、やっぱり羽田」という空気が濃厚で、あちらは10月に新・国際線ターミナルもオープンしますよね。
​民営化された成田空港の「必死さ」が伝わってくる感じです。

成田スカイアクセスについては、『鉄道ダイヤ情報』8月号が特集しており、他誌も追随するでしょうから、詳細はそちらを参照していただくとして、要旨だけ書いておきます。

まず、運賃制度が「成田スカイアクセス経由」と、従来からの「船橋経由」の二本立てになりました。
京成上野?成田空港間では、スカイアクセス経由が1200円、船橋経由が1000円です。
空港第2ビル駅と成田空港駅のコンコースと、ホームの停車位置は、スカイアクセス経由と船橋経由では別で、両者の間には中間改札があるため「ごまかし」は不可能だと思います。

今回、スカイアクセス開業と同時に、京成電鉄では「ライナー料金」不要の列車(AE形・AE100形以外を充当する列車)を「一般電車」と呼ぶことにしたようです。


しかし、船橋経由の「一般電車」である特急成田空港行に「船橋経由」の表示はありませんでした。間に合わなかったのかもしれませんが。
一瞬、「アクセス特急(スカイアクセス経由の”一般電車”)は、羽田空港~成田空港の直通だけで、上野には来ないのかしら?」と思いましたが、
それは、もっぱら昼間の話で、夕方?夜間は上野発着の「アクセス特急」もありますから、表示に注意しなきゃいけませんね。

さて、今回お目見えした3代目「スカイライナー」AE形は、既に広く知られるように山本寛斎氏デザインの「デザイナーズ電車」(と呼ぶのか?)です。
(ちなみに、京成電鉄の制服も、7月17日からこの方がデザインした新しい物になりました。)


コンセプトは、車体が「風」(疾風)、車内が「凛」だそうです(「日経」に何か載ってたけど)。
色の候補は7種類あり、「全て実車に塗ってみて決めた」とかいう話です。
それは、相当な手間も費用もかかったはずで、なかなか太っ腹ですね京成さんも。。。。

で、乗ってみれば。。。。


確かに「凛」というか、「余分な物が何もないな」という感じです。

上野?成田空港間は44?49分ですから、なるほど、余分な物は何も必要ありませんね。
ただ、各座席にあるAC100Vのコンセントと、冷風の吹き出し口について、何の説明もありませんでした。
まあACコンセントは「見りゃわかる」けど、「電圧低下時の免責事項」を表示しないと、トラブル発生時に揉めますよ(JRの新幹線には書いてある)。
冷風に関しては、『鉄道ダイヤ情報』の記事を読むまで(それも下車後)、その存在自体に気づきませんでした。。。。

座席の座り心地は、今「やや固め」が流行りなのか、東京メトロ10000系に似た感じがしました。
もっとも、乗車時間が短いので、こんなもんでいいんでしょうね。


不満だったのは、デッキと車内の仕切り上にあるモニターです。


これ、運転台にカメラがあり、「運転台展望映像」を生で流せるようになっているんですよ。
ところが、実際には各種のご案内や「読売新聞ニュース」、CMなどが延々続き、「展望映像」はその切れ目にしか流れないので、
時間にして約2~3分、高砂駅通過中と、成田湯川駅通過直後の2回だけでした。
カメラのスイッチはずっとONで、自動的に放送内容を切り替えるんでしょうけど。。。。
┐('~`;)┌

ともかく成田空港まで乗りまして、セキュリティ・エリアを通って空港内に入りましたが、展望デッキは猛暑で、3分で撤退(笑)。
遠くに真っ白なB-747-400(たぶん)が置いてありました。どこかに売却するため、ロゴを全部消去したんでしょうけど、元・JAL機かな?
なんでも高いのは承知で「成田空港でお昼食べよう」と思って来たものの、高いも何も、どのお店も混んでます。
スカイアクセス唯一の新駅・成田湯川駅へ行きたいんですが、停車する列車が限られているので、あまり食事に時間はかけられません。
結局、「ローソン」でおむすびとお茶を買うことに。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

最後に、「スカイライナー」の運賃・料金についてですが、これはスカイアクセス経由になって若干値上がりし、
運賃1200円+ライナー料金1200円の計2400円になりました。
従来のAE100形も、船橋経由の「シティライナー」として走っており、これは従来どおりで、
上野?成田空港間は運賃1000円+ライナー料金920円の計1920円です。
ただし、「シティライナー」は1時間14~16分かかり、「スカイライナー」のスピードとは比較になりませんけどね。

JR東日本も、7月17日から「N'EXクーポン」を発売しました。
これは東京都区内~空港第2ビル・成田空港間の2枚組4800円(普通車)で、JR九州の「2枚きっぷ」同様、「一人で往復しても良し、二人で片道使って良し」という物です。
(3人用、子供用もあります。)
結果的に「片道2400円」は「スカイライナー」と同じですが、「成田エクスプレス」は新宿・池袋・渋谷・品川・東京の各駅からも乗れますね。
一方、「スカイライナー」は上野と日暮里だけですから、「甲乙つけがたい」と思います。

あと、面白い話を一つ。
「新しいAE形電車に乗ってみたいけど、”スカイライナー”は高い」と思っている方。
朝夕の「モーニングライナー」「イブニングライナー」(船橋経由)に、間合い運用で新・AE形車両が入っていますよ(全列車)。
これは上野?成田空港間の運賃1000円+ライナー料金400円、計1400円で乗れます。
ぜひお試しください。。。。
(^-^*)/
(次回、成田湯川駅などについて書きます。)
=============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

寝過ごす心配

#びゅんびゅん丸様
いや、寝過ごす心配は・・・。
「空港第2ビル駅」と「成田空港駅」(第1ターミナルビル)ですね。
航空会社によって、ターミナルが異なりますから。
両者の間は、鉄道(JR・京成)か無料バスで移動できますが、いずれも本数が限られていますから、時間がギリギリの場合は要注意です。

一応、列車内にも(JR・京成とも)「どちらで下車するか」の一覧表が掲示されており、航空会社別にまとめてありますが、これは、しばしば変更されます。
出発前に航空会社の公式サイトか、成田国際空港会社の公式サイトで確認しておくのが良いと思います。

空港特急

新しいスカイライナーいいですね。
終点が成田空港だから寝過ごす心配はないし
以前、成田へ行くと思って、あわてて飛び乗った高速バスが成田ゆきではなくって成東ゆきだったっていう話を聞いたことがありますけど、
スカイライナーだと乗り間違えとかないですね

コメントありがとう♪

#aki様
千葉テレビとか「千葉日報」は報じていただろうと思いますが、全国紙・全国放送で取り上げられていたのは「スカイライナー」だけで、「アクセス特急」(京成流に呼べば「一般電車」)については完全に無視されてましたね。

このブログは、そういうことは致しません。ちゃんと取り上げます(まだUPしてませんけど。後でね。フフフ。。。。)。

#齋藤電鉄ryu様
いらっしゃいませ♪

「ミッピョン」というのも、実は、ある読者の方が書いてこられたのを「なんとなく、かわいいから使っちゃえ!」(笑)と思って以来、使っているんですけど、
この「鉄ネエ」っていうのも、使わせていただこうかしら(笑)。。。。

ところで、記事をわかりやすく書くのって、難しいですよ。私、いつも悩んでます。
(一本書くのに3時間ぐらいかかることもある。)

そんな時、参考になるのは・・・池上 彰さん(元・NHK)の本ですね。『そうだったのか!』シリーズとか(集英社文庫の)。
さすが、小中学生向けのニュース番組が長かったお方だけあって、実にわかりやすく書かれています。
(古舘さんと交代して「報ステ」のキャスターに・・・って噂があるけど、本当でしょうかね?)
先日の選挙速報でも「”ヤワラちゃん”と書いて投票した場合は有効か?」なんて話題をやってましたが(正解は「有効」だそうです)、
職場でも翌日「池上さんに、いいことを教えてもらったなぁ」と好評でした。

これからも、ご愛読よろしくお願い申し上げます。

#diamond next様
はじめまして!

ブログも拝見させていただきましたが、ずっと京成を追っかけておられるようですね。
それに比べて、私は特定の会社にこだわっていないので、
良く言えば「中立」かもしれないけど、悪く言えば「いい加減」極まりない話で、お恥ずかしい。。。。
(ちなみに、このブログのアクセス数が多かった記録は、3月14日に「横須賀線武蔵小杉駅」の速報をやった時で、一日約2900ぐらいでした。
「連絡通路が殺風景で、わかりにくい」というような情報を書いていたブログが他にあまりなく、「武蔵小杉駅 通路」とかで検索すると、このブログがヒットしていた模様です。)

京成さんは、従来、どちらかといえば「地味」「保守的」なイメージが強かったので、新・AE形には、ちょっと驚きました。
しかし、関西では南海さんも「ラピ?ト」でイメージが変わりましたし、あちらに「良い意味でのライバル意識」を持ったのだとすれば、とてもよいことだと思います。

「エンターテイメント性」といえば、なんと言っても京成さんは「TDRの親会社」ですから、そちらに学んだのかもしれませんね。

一方、JR東日本も「N'EX」を短期間で全部新型車両に置き換えましたし、割引切符の新商品も出して「やる気満々」なところを見せてます。面白くなってきましたね。

あの「真っ白なB747」は、やはり元・JAL機でしたか。ご教示有難うございます。
確かに「B747の持ちすぎ」もJALの経営悪化の一因と言われているので、売却もやむを得ないでしょうが、
「民間機の歴史に残る名機」であることは確かなので、残念な気もいたします。

また遊びに来てくださいね♪

初めまして。

私は記念すべきスカイライナー1番列車であるスカイライナー1号に乗車したのですが、ドア上の液晶モニタは北総線に入るまではずっと真っ白なままでした。北総線に入ると前のは前展望、後のは後展望のを両方映し出していたので凄く驚きました。スピードやデザインだけでなくエンターテイメント性も高い車両ですね。

あと成田でご覧になられた白いB747は元JAL機ですね。来年度までに全機売却するという信じられないニュースが入っています。B747は一番好きな飛行機だけに残念です。

早速のレポート有難うございます。

非常にわかり易くまとめておられ
スゴクよくわかりました。
「鉄ネエ」恐るべし です。

こんにちは

スカイライナー乗られたのですね!
やっと出来た感の路線ですよね
スカイライナーばかり注目されてましたが経由路線のことや一般特急や成田湯川も報道してもらいたかったですね
私も用あって開通当日に京急からアクセス特急に乗りましたよ!
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。