10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが参院選候補者用「鉄道・航空無料券」だってよ┐('~`;)┌


『週刊新潮』(2010年)7月8日号のグラビア「参院選候補者が”使い放題” 鉄道航空無料チケットは税金”2億6000万円”」、ご覧になりましたか?
この話、ちょっと面白いので、取り上げたいと思います。

まず、この「無料チケット」の法的な根拠は、公職選挙法第176条に定められております。
(交通機関の利用)
第176条
衆議院(小選挙区選出)議員、参議院議員又は都道府県知事の選挙においては、
公職の候補者、推薦届出者その他選挙運動に従事する者が選挙運動の期間中関係区域内において
鉄道事業、軌道事業及び一般乗合旅客自動車運送事業に係わる交通機関(中略)を利用するため、
公職の候補者は、国土交通大臣の定めるところにより、無料で、通じて十五枚の特殊乗車券
(参議院比例代表選出の選挙にあっては六枚の特殊乗車券[運賃及び国土交通大臣が定める急行料金を支払うことなく利用することができる特殊乗車券をいう。]または特殊航空券)
の交付を受けることができる。

これですけど、参議院比例代表選出の候補者は「6枚」、それ以外は「15枚」とあるけど、厳密には
「50枚綴りの乗車券が6冊(または15冊)」貰える・・・という物だそうです。
候補者本人だけでなく、運動員も利用できます。

乗車券綴り(冊子)には、表紙に「JR」「航空」と書いてあり、使用開始前に○印を付けます。
「JR」に○をした冊子は、使い切るまでJR線にしか使えず、逆に「航空」に○をした冊子は、使い切るまで飛行機にしか使えないことになりますが、
でも、仮に参議院比例区なら6冊貰えるからなぁ。
それを3冊ずつ「JR用」と「航空用」にするとか、その辺は候補者自身の裁量に任されているようです。

具体的に見てみましょう。
まず、「旅客会社全線乗車証(普通列車)」から。


「参議院←→JR全線」とあり、券面記載事項は次のとおりです。
●本証では、普通列車の普通車に限り利用できます。
●特急・急行列車をご利用になる場合は、旅客会社特急・急行列車乗車用引換証に必要事項を記入の上、
本証とともにJRの駅窓口に提出し、乗車券・特急券等に引換えの上、必ず本証を携帯してご乗車ください(本証のみでは乗車できません)。
●普通列車の指定券、グリーン券、ライナー券、乗車整理券等が必要な列車をご利用の際は、
別に座席指定料金、グリーン料金、ライナー料金、乗車整理料金等をお支払いください。
●JR係員から請求の際には、必ず本証をご提示ください。

つまりこれは、立候補者用「青春18きっぷ」みたいな物ですね(笑)。
ただ、これには「17290円」の金額表示があるんですよ。
これを候補者本人が支払うわけではありません。国が税金から支払います。
しかし、仮に130円区間で使っても、国からJRには17290円が支払われるんです。不思議でしょう。。。。
┐('~`;)┌
なんでも、堀内恒夫氏(自民党・比例区)は6月26日、市川駅から総武線の電車に乗る「パフォーマンス」をなさったらしいけど(『週刊新潮』本文の報道による)、まさか、この「旅客会社全線乗車証(普通列車)」使ってないでしょうね。。。。。

特急列車に乗る場合には「旅客会社特急・急行列車乗車用引換証(後払)」を使います。


これは乗車券・特急券(指定席・自由席・立席)・急行券・指定席券に引き換えることができます。
(特急・急行に乗る場合、実際の乗車区間に対する乗車券が必要で、前述の「旅客会社全線乗車証」を見せるだけでは乗れません。
例えば、東京から大阪まで新幹線に乗る場合は、東京(都区内)→大阪(市内)間の「無料乗車券」「無料特急券」の交付を受ける必要があります。)
グリーン券や寝台券は、候補者側の負担です。
以前、「小泉チルドレン」の一員として公募で候補者になった杉村太蔵という青年(当時・自民党、その後、たちあがれ日本を経て無所属)がいましたね。
彼、「議員になるとグリーン車乗れるっすよ! 俺、グリーン車なんて乗ったことないっすよ!」と興奮気味にまくし立てていましたが、
「グリーン車乗れるっすよ!」は当選してからの特権で、候補者のうちはダメなんです。
(注:グリーン料金・寝台料金を自己負担すれば乗れますから、一応「特急券・グリーン券」のような記入欄はあります。)
もっとも、タイゾーくんも今は、昨年(2009年)の衆議院総選挙出馬断念以後、世界を放浪して各国の若者たちと語らい、さらに万巻の書を読んで「大人になった」そうですから。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
ですが、「現金のみお取扱します。(クレジットカード不可)」なんて書いてあるけど、これだって結局は国費から「後払」されます。
しかも、「フルムーンパス」じゃあるまいし、例の悪名高き「”のぞみ”は乗車不可」なんていう制約もありません(笑)。

最後に「航空搭乗券引換証」を見てみましょう。


これは「同一便 複数名利用禁止」だそうです。
だけど、日本の国内線全路線が利用可能なようですし、羽田・中部・北九州空港の「空港施設利用料」も含まれています。
あと、「・特別席のご利用」って欄が気になります。
「特別席につきましては、設定の有無や利用方法が会社により異なりますので、ご利用の際は航空会社にご確認ください(特別席のある航空会社に限ります)」
だってさ。ふーん・・・じゃあ、JALとかANAの幹線なら乗れるんでしょうねぇ、「クラスJ」とか「プレミアムクラス」に。
これも運賃は国費負担です。もちろん、ノーマル運賃ですよ。

しかしね・・・JR線にせよ、航空にせよ、有効期間が「平成22年6月24日から 平成22年7月16日まで」っていうのは、どうしてなのさ?!
投票日は7月11日でしょう? 12日から16日までの5日間は何ですか?
( ゜Д゜)ゴルァ!
当選にせよ落選にせよ、「お礼行脚」を想定したのかもしれませんが、そんなのまで税金で負担する必要が?????

なお、このチケットのために2億6000万円の予算が組まれているそうです。
立候補するためには、選挙区300万円、比例区600万円の供託金が必要とはいえ、それだって「絶望的な票数」で落選しなければ返ってきますしね。。。。
私は、「敢えて」これに関する論評を控えます。。。。
(ё_ё)
(本当は『週刊東洋経済』が再度出した鉄道特集号の話題とか、ネタはあるんですが、次回以降に。)

【追記】(2013-07-09)
この記事は、ずいぶん前に書いたんですが、参院選の時期になると、ものすごいアクセス数になる「ロングセラー記事」(笑)ですので、若干補足しておきます。
まず、衆議院の比例代表候補者には、この無料乗車券類は交付されません。
また、衆参両院とも、小選挙区の候補者に「旅客会社全線乗車証」は交付されるんですが、「旅客会社特急・急行列車乗車用引換証(後払)」は交付されませんので、小選挙区の候補者は「特急料金は自己負担」です。

つまり、「乗車券」「特急券」「航空券」の3点セットの恩恵を受けられるのは、参議院比例代表候補者だけということです。
なぜ、それだけが優遇されているのか、その経緯は存じませんが。。。。

もっとも、小選挙区内の移動距離は、そんなに長いはずもなく、「特急券は自腹だよ」といわれても、それほどの負担額にはならないでしょうけど、比例代表は昔の「全国区」と実質的に同じですから、移動も広域になり、結果的に税金から支出される額も、選挙1回あたり数億円になっちゃうんですよね。。。。
(以上、『週刊ポスト』2013年7月19・26日合併号の記事「”自民圧勝”選挙の今こそ本気で”参院不要論”を考えよう」による。)

なお、本文中に記した杉村太蔵氏の肩書きは、2013年7月現在「タレント(元・衆議院議員)」であり、「ウィキペディア」には「タレントが政治家になるのはめずらしくないが、政治家がタレントになった稀なケースである」と記されていますね(笑)。

==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

コメントありがとうございます♪

お読みいただいた方々、コメントをくださった方々、ありがとうございます。
いつもは、個々にコメントへお返事するんですが、
「本件に関する論評は控える」と本文の最後に書きましたので、今回に限り、それぞれのコメントに対するお返事も控えさせていただきます。
申し訳ありません。

では、なぜこれを取り上げたかというと、『週刊新潮』自体は約43万部売れている雑誌であり(日本ABC協会調べ。『週刊東洋経済』7月3日号・特集「メディア覇権戦争」より)、
43万人がこの記事を見た・・・ってことなんでしょうけど、見てない方もいるでしょうし、記事中にも法的根拠や、鉄道の制度的なことを詳しく書いてなかったので、補足の上、掲載した次第です。

なお、さらに補足しておきましょう。
・この「無料券」は、1950(昭和25)に現行の公選法が制定された当時からあり、
麻生太郎氏(自民党)の国会答弁によれば「無料券自体は昭和23年頃から存在したが、公選法制定時に法制化された。なお、立候補者に配布される”無料ハガキ”の制度は、大正時代からある」とのことです。

・『週刊新潮』の記者に無料券の現物を見せたのが誰だかは存じません(ただ、冊子に「NO.024-1?6」とあるから、総務省が調べたらモロバレでしょうけど)。
ちなみに、記事中でコメントしているのは若林亜紀候補(みんなの党・比例区)です。
(この方、肩書きが「44歳・ジャーナリスト」となっているけど、ジャーナリストとしての経歴は、悪いけど大した事ないですね。著書も少ないし、話題になってないし・・・。)

・これは、あくまで「候補者用」の無料券であって、当選後の「議員パス」とは別物です。
あちらは、グリーン車にも有効です。

・この無料券には、私鉄・バス用もあって、なにせ法制化されちゃってる物ですから、当「ミネルヴァのふくろう鉄道(株)」でも使えます。
ただし、「本物」を見たことのある人は、ほとんどいません(私も通達に載ってた様式見本しか見ていません)。
利用者、いないんですよ今は。JRさんの新幹線とか特急だけでしょう。

そもそも、私は職場で国会議員バッジを付けた人を見かけたことがないです。
地方議会の議員さんだと、「電車は時間が読めるから」と言って、ご利用になる方もいらっしゃいますし、弁護士の先生方も同様ですけどね。

永田町の人

こういう制度があったんですね。
ま、議員サンもわずか30分しか仕事しないのに、わざわざ札幌から飛行機で東京へやってきます。
某公務員だって、わずか10分の会議での発表をやるのに札幌から飛行機でやってくるんですから。
金曜日に会議して土曜日遊んで日曜日に帰るってゆうのがステータスです。
以前はマイレージをためて海外旅行に行く人もいたようですけど、さすがにお達しが出て、AIRDOかスカイマークを利用するように言われているらしいですけどネ

Unknown

いつもコメントのお返事ありがとうございます
参院選候補者の鉄道航空無料チケットにはビックリですね
詳しく書いていただいたので良く分かりました
法律で決まっているのでは仕方ないですね
くれぐれも温泉旅行で使ってもらいたくないですね
次は東洋経済鉄道新世紀の話題ですか?楽しみにしてます

ああ、これね・・

国鉄改革とかJAL救済とか言ってる連中が、この件については全くひた隠しでしたからね。

そもそも、そういう連中が国鉄もJALも食い物にしてきてそうなったんじゃないの?って思うわけで。。

新潮が書いてるって事は、自民党関連議員はほとんど鉄道を使わなくなって、飛行機と車なんでしょうね。飛行機もこれじゃマイルもポイントも貯まらないから、上位クラス(ANAで言えばダイアモンドクラス)維持も出来ないしね。。適当な名義(税金)で航空券買ってるんだと思うわ。

だからこんな鉄道パスおかしいって、今頃隠れ蓑的にマスコミに報じさせたんだろうな。。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。