05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋田の583系「わくわくドリーム号」上京ヽ(゜∀゜ )ノ


朝、清掃車(か何か。とにかくトラック)の音で目が覚めまして。。。。
「あ?、そうだ。今日(6月26日・土曜)は、秋田の583系が上京するんでなかったかい?」と思い、出勤前に撮って来ました。

しかし・・・私、前日は22時過ぎまで仕事してたのよね。
夕食を食べておらず、読んでいた黒川博行さんの小説『暗礁』に、登場人物たちがステーキを食べるシーンがあり、私も食べたくなって、帰宅途中の乗り換え駅で途中下車。
もっとも、この本に出てくるお店は、大阪でも有数の高級店らしいんですが、私が入ったのはファミレス「ガ○ト」ですよ。食べたのも790円だかのステーキ(笑)。。。。
ちなみに、勤務中に食事休憩はちゃんとあるんですが、休憩室に入ったら話し好きの上司につかまり、「小田急車両の魅力」という話題で盛り上がり、時間切れになってしまったのです・・・。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
で、0時ごろ帰宅して、ぬるめのお風呂に入って例の「サロンパスEX」貼って寝たけど、6時頃起きたんだから、我ながらタフだわね。。。。

今回上京した秋田総合車両センター(秋アキ)の583系6連は、例によって青森発、奥羽・羽越・上越・武蔵野線経由の東京行ネズミーランド臨です。
一応「わくわくドリーム号」なる列車名が付いているんですが、団体臨時列車扱いですので、市販の『時刻表』には載っていません。
なにが「わくわく」だかは存じませんが、なにしろ「ネズミー」関連の名称は、一切使えませんので。。。。

この列車、かなり前(2002年夏頃)に市川大野駅かどこかで撮ってるんですが、このブログで583系を取り上げたことはないはずで、
「まあええわ。おねえさん(笑)が全国のキッズたちのために撮ったる」(注:『暗礁』のせいで、妙な関西訛りになっている)と思い、起き出して撮って来たわけです。
(このブログは、あくまで「アタシの遊び場」なので、自分が興味ないネタは取り上げないんだけど、最近は「キッズ向け」という需要があるようですから・・・。
本当は「キッズページ」「ビギナーズ・ページ」なんかも作りたいんですが、なかなか時間がなくてね・・・。)

この列車、大宮から武蔵野・京葉線経由で舞浜へ行って、ネズミーへ行く人たちを降ろし、東京駅まで回送。折り返し、東大宮へ回送されて夜まで待機しますが、
回送列車(回9748M)の時刻は、5月3日付けで取り上げた「ボンちゃん」489系の時と似ており、南流山駅で8分停車します(8時59分着・9時07分発)。
今日は舞浜へ寄らず、新秋津から南流山へ直行しましたが、時刻変更があったのか『鉄道ダイヤ情報』記載の時刻より2分ぐらい早く
583系、キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!


編成は←大宮 クハネ583-5+モハネ583-6+モハネ582-6+モハネ583-12+モハネ582-12+クハネ583-20です。
サロやサシも無い、たった6連では貫禄や迫力には欠け、まるで鉄道模型の「初心者向けセット」みたいですね。
これでは往時の特急「はつかり」などを偲ぶべくもありませんが、もはや「40年以上前(1968年デビュー)の車両が現役で、しかも結構きれいな状態で残っている」というだけでも喜ぶべきかもしれません。

しかし、相変わらず南流山駅の停止位置は変で、どうしても先頭部分がホームから外れてしまうのね(上の2点は「最後部車両」です)。
そのためなのか、あるいは、今のところ583系は月1~2回は上京しており、「ボンちゃん」ほどの希少価値がないためなのか、ギャラリーは少な目でした。
先頭部分がホームから外れていたため、ものすごく怖い顔をしてホームをうろついていた鉄ヲタが何人かいたなぁ・・・。
でも、はっきり言うけどそれは勉強不足でした。「この駅は、そういう場所なんだ」と心得てもらうしかないわね。それが嫌なら、別の駅でどうぞ。


こんなふうにサイドを撮ったり、あるいは1両ずつ撮るなら、むしろこの駅は好都合です。

「わくわくドリーム号」は、秋田支社管内でしか販売されていない企画商品なので、詳細は全くわかりませんが、車内を見ると寝台がセットされているのがわかります。
もしかすると、正式な「寝台車」ではなく「ゴロんとシート」扱いなのかもしれませんけどね。

よく見ると・・・デッキ付近には「★★」の表示が残っていました。
(「団体」表示の左横。)


これね・・・お若い方々はご存知ないかもね。
1974(昭和49)年から、旧・国鉄はB寝台車のランク付けをしまして、
「★」・・・3段式B寝台客車(20系・14系など)
「★★」・・・3段式B寝台電車(581・583系)
「★★★」・・・2段式B寝台客車(24系25形)
ということになり、車体や時刻表などに表示したんですが、これは、あんまり定着しませんでしたね。
考えてみたら、ホテルやレストランのランクを星の数で表す・・・なんてことを、1974年当時、日本人でどれだけの人が知っていたことか。
あの「フランスのタイヤメーカーが作ったガイドブック」(今は「東京篇」と「京都篇」すらある)を知っていた人は、少数派でしょうね。
土曜の夜、テレビでマチャアキ氏が「星、みっつでぇ~す!!」などと絶叫している今とは、違います。
それで、いつの間にかこの表示は廃止されちゃいましたが、これが残っていたんだなぁ。。。。
(*-_-*)しみじみ。。。。

もっとも、この583系という車両自体は、昼間は4人掛けボックス席ですし、寝台車としては3段式で、いずれにせよ「時代遅れ」ですから、「もう一度乗ってみたい」とは思いませんけどね。。。。
┐(´~`)┌
なお、「わくわくドリーム号」自体は当分の間運転される模様ですが、7月から回送列車の時刻は変わります。南流山駅は通過になり・・・というか、長時間停車駅そのものが無くなります。
だから、撮りにくくてイライラしようが何しようが、工夫して「撮れる時に撮っておくべき」なんですよ。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

【おまけ】
つくばエクスプレスの南流山駅構内にあった標示(手作り)。


「武蔵野線」が101系電車です(どう考えても「確信犯」)・・・。
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

#くらやみのまろ様

お元気でしたか?

南流山の中線ですが、確かに停止位置はわかりにくいですね。
これは、おっしゃるとおり入線時に撮るか(かなり低速です)、「ぶっつけ本番」ではなく、定期の貨物列車なり、「どうでもいい臨時列車」で下見しておくのが良いと思いますね。

583系の星マークは、「わざわざ残してある」のかもしれません。なにしろ「動態保存車」ですから(笑)。

つくばエクスプレスの駅構内にある「武蔵野線」の絵看板・・・これは確信犯ですよね。
かなり高度なマニア。しかも101系を選ぶあたり、若いビギナーではなく、鉄道趣味歴の長いベテランのしわざとしか思えません(笑)。。。。

583系と、地下鉄乗り入れ101系(?)

お久しぶりです。
583系、個人的には特急形電車として最も好きな車両ですが、6連では確かに『鉄道模型の「初心者向けセット」みたい』に思えます(笑)
欲を言えば、最低9連でないと物足りない気もしますが、個人的にはJR東の583系は限りなく動態保存に近いと思っていますので、走れる状態で残っているだけありがたいと思います。

撮影については、先頭部分がホームから外れるなら、入線時に撮るなり、側面を撮るなりすればいいと思いますし、そもそも、そんなに撮りたいなら、もっと情報収集に励んでから来ればいいのに…なんて思ってしまいますね(笑)
また、『工夫して「撮れる時に撮っておくべき」』とのお言葉も、ごもっともです。

「★★★」マークは、JR西の583系では抹消されてるようですが、「北斗星」などの24系開放B寝台車では残っています。
(「北陸」のスハネフ14では、消えてる車両もありました)
ただ、近年はこのマークを意識することは全くと言っていいほどなくなりましたので、記事に書いていただいたおかげで、その存在を思い出しました(笑)
確か、オハネ14 700番台「カルテット」は「★★★★」マークでしたが、JR化後に「デュエット」「ソロ」などのB個室寝台が急増した時点で破綻してしまったような気がします。
それらの個室寝台車では、星マークの代わりに、単に「ソロ」などの寝台種別が書かれるようになりましたが、もしも、星マークを継続していたら、高額なB個室「シングル」あたりでは「★★★★★★」くらいになってたかもしれません(笑)
それにしても、583系の「★★」マークは、三段式B寝台車が当たり前で、二段式B寝台車がハイグレードと目されていた時代の名残を感じさせてくれて、貴重に思えます。
583系の「きたぐに」には、昨年秋にあえて上段寝台に乗って、「時代遅れ」の狭さを味わってきましたが、一度あれに乗ってしまうと、二段式B寝台ですら「格別に広い」と思えてしまいます(笑)

それと…まるで地下鉄乗り入れ車みたいな配色の武蔵野線101系、面白いですし、これはこれでかっこいいです♪
これは、かなり濃い鉄道好きな人が、確信犯で作ったような気がします(笑)

コメントど?も♪

#びゅんびゅん丸 さま
3段式B寝台車の上段は高いですよ?。2m以上はあるんじゃないでしょうかね。
上野?青森間ということは「はくつる」か「ゆうづる」ですね。

ところで、その「長崎県(伊王島)の炭鉱が閉山になったため、北海道(中標津町)へ移住する一家の映画」ですが、
これは、山田洋次監督の作品『家族』です(松竹・1970年)。
これは第一作で、『故郷』『遥かなる山の呼び声』と合わせて「三部作」とされています。

実はこれ、私も観てはいないんですよ。。。。
(『遥かなる・・・』だけ、高校生ぐらいの頃観てますが。)
しかし、しばらく前の「鉄道ピクトリアル」(月刊ではなく、別冊の「アーカイブス・セレクション」かもしれない)で、
「鉄道全盛時代の雰囲気を伝える映画」として、あらすじが紹介されていたのを読んだ記憶があります。

#レッドサンダー さま
いらっしゃいませ♪

583(581)系の「有明」って、おそらく「明星」で西鹿児島に到着した車両を、間合いで使っていたんじゃないかと思いますね。
東北本線でも、「はくつる」だか「ゆうづる」間合いの583系「ひばり」があったそうです(1978年10月ダイヤ改正まで)。

「金星」は、「みずほ」の後を走っていたようですが、
そもそも「みずほ」は、「さくら」や「はやぶさ」の混雑緩和を目的とした列車で、
さらに、その「みずほ」の妹みたいな感じで、名古屋ベースの「金星」が存在したわけですが、
今にして思うと、「それほどまでに、昔は寝台特急の利用者が多かったの?」って思いますね。
まさに隔世の感があります。。。。

なお、「金星」の車両も昼間、名古屋で遊んでいたわけではなく、
博多から名古屋へ着き、神領電車区で清掃後、「しらさぎ」として富山まで往復していたそうです。大変な働き者ですね!

ここでははじめまして

ここでははじめまして。
583系、大好きです。私の鉄へのきっかけとなった車両のひとつでして。
小学生の頃、修学旅行で「有明」に乗りました。あの頃の有明は583系(というより581系)も使われていました。
好きな車両だけにわくわくしてましたが、乗ってみるとかなりガタがきてましたね。今思うと昼夜休まず使ったためにくたびれたのでしょう。
広島だと、夏休みによく「金星」を見ることが出来ました。

映画

びゅんびゅん丸のあやふやな記憶で間違っていたらごめんなさいね。この寝台電車、上野から
青森まで小学生のころ乗ったことがあります。
上段寝台はすっごく高いところにあって、はしご上るのめちゃ怖かったです。
少し前に深夜のテレビで長崎の炭鉱から北海道の開拓地に移動する家族を描いた映画をやっていました。上野から青森まで、せっかく寝台車のキップを取ったのに、子供が具合が悪くなり
寝台券をキャンセルしてしまって怒っているだんなさんの姿が印象的でした。もうすうごく前の映画でしたが、そのころから走っているんですね

そうです、「月光形」です♪

#akiさま
そうです。
かつて新大阪?博多間を走った寝台特急「月光」に使われたので、その名があるんですが、
その列車も1975年に新幹線が博多まで開業した際、廃止されましたので、私も「月光」そのものは見てませんけどね。

「星」標記って、「時期尚早」だったんでしょうね。今なら定着すると思うんですけど。

583系充当の定期列車は、今では「きたぐに」だけになってしまいましたが、
このような臨時列車で上京する機会も多いので、チャンスがあったらご覧になってくださいね♪

京急1000系(初代)、今日で営業運転はおしまいみたいですね。
(「くにさん雑文帳」に書いてあった。もっとも、「アメブロ」サーバの調子が悪いらしく、読んでる途中で消えちゃいましたが。。。。)

Unknown

月光形という寝台車ですよね
私は見たことないです
星の標記がいいですね!
今日は京急さよなら運転あるようで大騒ぎでしょうね
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。