08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰って来る両国発113系の快速「白い砂」!


『鉄道ダイヤ情報』(交通新聞社)の7月号が出たね!
ヽ( ・∀・)ノ
夏の臨時列車については、既に6月号の『時刻表』で発表されていますが、充当車両の全貌がようやくわかりました。


しかし・・・最近、この種の情報に興味が持てなくなりつつある感じなんですよ。。。。
「おお、来たぞ”鉄道離れ”!」って気もするんですが(笑)、さすがに、これだけは気になって気になって仕方なかった列車。
それは、快速「白い砂」!
手元にある『コンパス時刻表』で、時刻と運転日だけはわかっていたんです。
・9221M~9122M・・・両国発7:53→館山着10:50/9123M~9222M・・・館山発15:39→両国着19:10(いずれも外房線茂原経由)
運転日・・・7月17~19・24・25・31日・8月1・7・8日(ただし、8月7・8日は下り・上りとも両国~勝浦間のみ運転。)

なに?両国発着?( ゜д゜ )bフムフム?
っていうのが驚きだったんですが、充当車両が不明でした。しかし、往時の「白い砂」って言やぁ、113系か165系でしたし、165系亡き今となっては・・・と思ったら、
113系、キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!


・・・だそうですよ。
編成は普通車6両で、うち4両は指定席、2両は自由席です。ただ、ドア横のロングシート(と呼べるのか?)も指定席として売るんでしょうか?
これは運転日が多く、延べ9日間走りますので、一日ぐらい出没しようかと思っています。

あと、他に気になる列車。それは「五能線海彦山彦号」。。。。
これは、今まさに(6月14~20日)走っているらしいんですが、9月5~12日にも走るのね。
その車両が、何の改造もされていない「どノーマル」(笑)のキハ40形2連らしい。乗りたいなぁ。。。。
(*'-'*)
しかし、9月のこの時期といったら、国家試験の2ヶ月前ですから、いくらなんでも秋田や青森まで行くわけにいきません・・・。
(ノд-。)クスン
あとは・・・特に乗りたかったり、撮りたい列車も無し。
大糸線のキハ52形は、騒がれすぎてしまったので今さら行く気はないし、
恒例になった583系の快速「夏休み東北縦貫号」(郡山→盛岡間/仙台→黒磯間)は、正直、停車駅が多すぎ、
「こんなのに乗ったからと言って、昔の”はつかり”とか”ひばり”を偲ぶ気分にはなれないね」って思いますね。
(゜?゜)イラネ

ああ、そうだ。
上野発6月25日から、「カシオペア」の牽引機がEF510形(500番代)になる・・・って話は全然興味ないので、EF510にせよ、消えるEF81にせよ、撮りに行く気はないんですが、
6月30日限りで、いよいよ「成田エクスプレス」から253系引退ですって。


「5月に乗っておいてよかったなぁ」ホッ(^_^;)ゞ・・・って思ってます。
「さよなら運転」は7月17日に大船~成田空港間で実施するそうですが、これは私、乗る気も撮る気もありませんので。
それより、かねて噂になっていた253系3連が2編成、長野電鉄で来年春から走り始めるそうで、こっちは楽しみです♪
今のところ「ワンマン化改造が実施される」ということ以外は不明で、「グリーン席や個室どーすんだろ?」とか、
「愛称名は、やっぱり”長野エクスプレス”とか”長電エクスプレス”に読み替えて”N'EX”のまま?」とか、いろいろと興味津々ですけどね。

ただ、ひとつだけ不明を恥じねばならぬ・・・。
この『鉄道ダイヤ情報』で、京成電鉄「成田スカイアクセス」の特急列車時刻が公表されましたね。
北総線経由の特急は「スカイライナー」として(新)AE形車両で運転されるんですが、現行のAE100形車両も青砥・船橋停車の特急「シティライナー」として残るそうです。
それは知らなかったな・・・(・_・;)
「シティライナー」は昼間だけで、朝夕は現行の「モーニングライナー」・「イブニングライナー」として走るのか何なのか、よくわかりませんが(書いてないので)、
まだAE100形と、「船橋経由」の特急列車が残る・・・というのが面白く、それと同時に「よかったわね、船橋の皆様♪」と思いました。
ヽ( ´ー`)ノ!!
(しかし「青砥停車」とは何であろう?「東京スカイツリー」完成を控え、「これからは押上が熱い!」ってことで、押上線連絡のためかしら?)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

#スーパーやまびこ1号の男さま

富士急さんは国鉄・JR車の入線実績が多く、それに商売が上手いので(笑)、確かにそういう記念切符が出てもおかしくないですね。
今、一日1往復だけ、定期列車で横須賀線色の115系が河口湖まで乗り入れてますけど、アレもいつまで続くのでしょうかね?

2002年に165系の「復活・急行内房号」・・・あった気がする。新潟か新前橋の165系でしょう?
あいにく、私は撮ってませんが(笑)。

「165系特集」をやろう!と思いつつ、まだやってないですね。近いうちにやります。
また、遊びに来てね♪

宜しくお願い致します。

>mippyonさん

>富士急201系記念切符
私も全く知りませんでした。
よくオークションを覗いているのでそこで知りました。
私鉄が発売する国電・JRの記念切符はあまりないですからね。

>快速「白い砂号」
確かに「国鉄型車両」っていうのが良いんですよね?♪
私が最近乗った両国始発の列車は2002年に運転された
165系急行「内房号」でした。

これからも書き込みに来ますので宜しくお願い致します。

#lineさま&スーパーやまびこ1号の男さま

#lineさま
こちらこそ、はじめまして♪
ブログ、最初の方だけですが拝読させていただきました。
琵琶湖の朝焼けと「ク5000」に目を奪われ・・・。
(ク5000といえば岡多線だったんでしょうけど、日産座間工場があった頃は、相武台下駅を拠点に相模線でも走っていましたね。)

本題の「白い砂」ですが、せっかくですからヘッドマークが欲しいところですよね♪
でも「復活希望」が北ヤマの応援115系(湘南色)の急行「うち房」「そと房」とはまた、好みが渋いですなぁ。。。。
(湘南色の115系は、1000番代だけど高タカ車なら、まだ残っているから、一日だけでもやったら面白そう・・・。)

無知な女が好き勝手なこと書いてるブログですが、よろしかったらまた遊びに来てくださいね♪

#スーパーやまびこ1号の男さま
はじめまして♪
(ブログ拝見しましたが、「201系さよなら記念切符」って、富士急も出したんですか?それは気づかなかった・・・。
実は、1981年に伊豆箱根鉄道が発行した「185系踊り子デビュー記念切符」が手元にあるんですが、国鉄・JRの車両をテーマにした「私鉄の記念切符」も要注意ですね。。。。)

本題ですが、総武快速線を旅客営業する113系列車は久しぶりですね!
両国発着列車は、最近では「お座敷東金号」とか快速「すいごう」の例がありましたが、今回の「白い砂」は「国鉄型車両」っていうのが嬉しいところです。

ところで・・・「快速白い砂」で検索すると、このブログが出るの?と思って、自分でググってみたら・・・あら、出る出る(笑)。

よろしかったら、また遊びに来てくださいね♪

初めまして。

mippyonさん初めまして。

快速「白い砂号」の検索で来ました。
今度走る113系快速「白い砂号」は嬉しいですね。
私は元々内房線に住んでいますのでどちらかと言いますと
快速「青い海号」の方が馴染みがありますが。
快速「白い砂号」の指定券はちゃんと取りました。^^
総武快速線を営業列車として走る113系に乗車したいので。

Unknown

はじめまして。
この快速「白い砂」は興味深々です。昭和47年の東京開業から走り始めた列車ですよね。開業日に撮りに行ってました。
当然、運行2年目からのヘッドマークを期待してますが、如何なんでしょう。
東京開業前は113系や夏の出稼ぎ、北ヤマの115系などが平然と指定席付きの「うち房」「そと房」として両国発着で運転されてたので、本来ならばこれを復活させて欲しいところです。

大変失礼致しました

そうでしたか、それは大変失礼致しました。
房総の夏臨というと青い海と白い砂の
イメージが強く153系時代もその名前を
使っていたものだと思い込んでいました。
記憶違いも甚だしいですね。
ご指摘ありがとうございました。

それは「汐風」と「白浜」

#JZX81さま
はじめまして♪

「青い海」と「白い砂」ですが、これは1972(昭和47)年7月15日登場の列車で、113系・165系の電車でした。
これは、房総半島一周電化完成(同時に線名も「内房線」「外房線」に改称)の際に登場した列車ですから、機関車牽引だったことはありません。

国鉄民営化前後、一時期「内房ビーチ」「外房ビーチ」という列車名だったこともあったようですが、
再度「青い海」「白い砂」に戻って1998(平成10)年まで走りました。末期は113系11連で、グリーン車1両が指定席、残りのグリーン車1両と、普通車(全車)が自由席でした。

ご指摘の機関車牽引列車ですが、これは1963(昭和38)年夏に中野?千葉?館山間を走った準急「汐風」ですね。
これは田町電車区の153系6連で、千葉?館山間はDD13形重連+クハ16形+153系の編成でした。
クハ16形は、DD13とクハ153では連結器が異なるので「控車」の意味があり、
また、車内にはバッテリーがたくさん積まれていて、非電化区間内における153系の照明・ドア・扇風機・放送などの電源を賄う目的もありました。

翌1964年も、準急「白浜」が同じ区間に、同じ方式で走りましたが、この年は80系電車(新前橋電車区所属)に変わりました。

ですが、こんなのは面倒に決まっており、1965年度からは、全国の気動車を千葉局へ集結させる目途がついたので、珍列車は姿を消しました。
もっとも、気動車にしても北海道や新潟、あるいは四国からの応援車があり、それはそれで珍しかったようです。
(参考『国鉄・JR臨時列車ハンドブック』三宅俊彦・寺本光照共著・新人物往来社刊)

私も「汐風」「白浜」は生まれる前なので、実物は見ておりません。

勘違いは、お気になさらずドンマイです♪
私も、しょっちゅうやってることですから。。。。
(ただし、判明次第すぐ訂正するように心がけています。)
また、お気軽に遊びに来てくださいね♪

青い海、白い砂

その昔は153系で運転され、非電化区間は
DD13が牽引したという伝統の臨時列車ですね。
両国発と言うのが昔を知るものとしては
懐かしく感じます。
房総東線とか房総西線とか言ってた時代の話です。

#びゅんびゅん丸 さま

この「白い砂」という列車は、海水浴列車というより、「ファン向けのイベント列車」としての性格が強いんだと思いますね。「両国発着の113系」は、3月に廃止された新聞輸送列車が多いに注目されましたが、「旅客列車に乗ってみたかった」という人も多かったのでしょう。

だとすれば、指定席は座席の質うんぬんよりも、「徒(いたずら)な混雑を防止するため」という目的だと思われます。
この夏、大糸線を走るキハ52形の「ジオパーク号」もファン向け列車ですが、全車両指定席(2両編成)です。

なお、「白い砂」は1972年以来、外房線経由の海水浴列車(快速)に使われていた伝統的な列車名で、
今回は走りませんが、内房線経由は「青い海」という列車名でした。

通勤電車の指定席

この通勤電車が4両も指定席なんですね。
っていうことは、乗車券と別に500円取るんですね
お客さんからクレーム来ないのかしら。それともこの指定席だけ、特急用の座席に交換するとか、グリーン車を連結するとか・・わけないですね。白い砂っていうネーミングはいいですよね。房総の海岸の砂は白いかどうか別として
両国は知り合いが住んでいたので行ったことありますけど、レトロな駅ですね
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。