08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに乗った伊豆急ヽ( ´ー`)ノ


(前回からの続き・・・5月30日[日曜])
お墓参りへ行くため、一時JR東日本線から離脱した私は、小田原発13時44分の快速「アクティー」(3759M)から、再び「ウィークエンドパス」の旅を再開しました。
「アクティー」って、「快速」といっても小田原以西は各駅停車なんだけどね(笑)。
(注:以前は、早川と根府川通過でした。)
そして、熱海からは14時13分発の伊豆急下田行(5649M)に乗りました。
5649Mは伊豆急8000系の6連で、編成は
←伊豆急下田 クハ8003+モハ8103+クモハ8253(TB3編成)+クモハ8154+モハ8204+クハ8014(TA4編成)でした。
だけど、この「TA」編成と「TB」編成で、クハの向きがひっくり返っている・・・というのが、なんとも謎。。。。
ぁゃιぃ (*゜ー゜)
これは、もともとクモハ8150+クモハ8250の2連と、クハ8000+モハ8100+モハ8200+クハ8000(8010番代車)の4連だったところを、輸送計画の見直しによって、無理無理にオール3連へ組み替えてしまったからです。

このブログでは、長野電鉄と秩父鉄道の元・東急8500形について「車両解説」の特集をやりましたので、できれば次回あたり、伊豆急8000系についても紹介する予定です。
(というか、あまりに複雑なので分けて書かないと、読者の皆様が混乱します、絶対。実は、私の頭も・・・。)
(​ノω`​)プ​プフ​゚
そういうわけで車両の詳細は別の機会に譲りますが、JR伊東線(熱海~伊東間)というのは不思議な路線でして、普通列車については、東京方面直通の列車(列車番号:500番代)はJR東日本の車両です。
しかし、熱海~伊豆急下田間(列車番号:5600番代)と、熱海~伊東間(列車番号:1600番代)の普通列車は伊豆急車です。
特に1600番代の列車、これが奇妙で、「伊豆急線内を走らない伊豆急車」なんですよね(現行の車両運用では、これにJR車が入ることはありません)。
( ゜д゜ )bフムフム?
ところで、伊豆急といえば2100系「リゾート21」なんでしょうけど、これの充当列車は市販の『時刻表』に載っています。
特に注意書きのない列車は8000系ですが、今回、私のお目当ては8000系なので、敢えて「リゾート21」を外しました。

いや・・・先日の秩父鉄道以来、「伊豆急へ行った8000系って、まだ見てないじゃん」って、気になってたの。
伊豆急への譲渡は2005(平成17)年開始なので、もう5年も前から走っていますが、なぜ乗ってなかったかというと・・・
伊豆急さん、運賃高いんだもん!!!!
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!
2004年の夏、お友達が「”青春18きっぷ”買ったから、これ使って一緒に伊豆へ行かん?」というので、1日分の2300円払って出かけましたが、伊豆急線の伊東~伊豆急下田間(45.7キロ)は「青春18きっぷ」が使えません。
この区間の往復運賃を別払いしたら・・・片道1570円、往復で3140円だよ!
ちなみに、東京から湯河原まで(99.1キロ)の普通運賃が片道1620円です。距離だけ単純に考えると、伊豆急の運賃はJR東日本(幹線)の約2倍。。。。
JR東日本が発売している伊豆急がらみの企画乗車券は、いろいろあるんですが、「特急料金込み」とか、「(乗りもしない)バス運賃込み」のは結構高く、「踊り子南伊豆フリーきっぷ」なんて、東京都区内発が1万1400円もするんです。(注)
そこで、伊豆急全線(と北越急行全線・会津鉄道の一部区間)もフリー区間になっている「ウィークエンドパス」を持っているからには、「乗らなきゃ損」ってことですね。
\(^o^)/

残念ながら、お天気があんまり良くなくて、沿線の景色はこんな感じでした(伊豆稲取付近)。


今回は祖父母のお墓参りのついでに来てしまいましたが、祖父は寒い越後出身の人ですから、温暖な伊豆への「憧れ」があったらしく、晩年、父に仕事を譲ってからは、しゅっちゅう「踊り子」に乗って伊豆熱川の定宿へ行ってましたね。
(注:その旅館は現在、日帰り入浴と食事だけになってしまい、宿泊は受け入れていないようです。)
おじいちゃんとおばあちゃんは、あの世からこっちを見て「また美津香は”鉄道ちゃん”と遊んでいるよ(プププ)」と思っているでしょうけど、今日、伊豆急に乗ったのも何かの巡り合わせでしょうね。
(*'-'*)
さて、8000系の車内ですが、これは長電や秩父とは全く異なり、こうなってます。


海側がクロスシートで、山側がロングシートなの。
ロングシートは東急時代のままですが、クロスシートは、なんと西武10000系「ニュー・レッドアロー」の座席交換で発生した廃物利用なのよね・・・。
(注:リクライニング機能は、使用できないよう固定されています。)
小田急とか京急のように、東急とは「遠縁」にあたる会社の廃物ならともかく、西武っていうのが驚きですよね。
「”箱根山戦争”遠くなりにけり」ってことでしょうか。。。。
(*-_-*)しみじみ・・・
しかし、これは考えたね。通勤・通学輸送と観光輸送の両方を満足させる内装です。
1月2日付ブログで取り上げた、JR田沢湖線の701系5000番代車もクロスシートとロングシートが相対していましたが、アレのクロスシートは、そんなにゆったりした感じではありませんでしたしね。

伊豆急線は単線ですが、列車ダイヤの組み方が「絶妙」で、あまり長時間停車する駅が無く、途中駅停車中には写真をあまり撮れませんでしたが、終点の伊豆急下田に着いてから、TA編成とTB編成1両ずつの写真を撮りました。
ただ、長野電鉄でもそうだったけど、乗客が全員ホームから出ないと、改札係は出口を離れられないのよね・・・。
つい「都会の感覚」で、いつまでもホームにいてしまい、伊豆急下田駅の方にはご迷惑をおかけしてしまいました。
m(-_-)mスマヌ
しかし、15時39分着では、もう「観光する」には遅すぎます。明日は休みじゃないので、泊まるわけにいかないしね。
ともかく駅を出て、公道から撮れる位置に停車していたJR185系を1両ずつ撮ったり(前回参照)、またホームに入って「アルファリゾート21」を撮ったり。


最近は東京直通の「リゾート踊り子」号以外は出番の無いサロ2191号車「ロイヤルボックス」撮ったし、まあ、また来ますかね。。。。


折返し16時08分発の5662Mで伊東へ戻れば、こんなのがいた!


しばらく前から、ネット上で話題になっている「鎌倉車両センター[横クラ]所属・E217系の疎開車留置」です。
帯の色(妙に明るい)を見る限り、機器更新車だなぁ・・・と思って見れば、Y38編成でした。
この疎開車は、4月以降、何度か編成が入れ替わっているらしく、ずっとY38編成がいるわけではないようなので、念のため。

伊東発17時42分の東京行普通528Mのグリーン車で帰ることにして、駅弁を買いましたが、この528Mって列車、昔(20年ぐらい前、JR発足直後)は185系でした。
やはり「特急用車両の普通列車」には人気が集まるのか、やたら混んでおり、その時もグリーン車に乗ったんですが、今はE231系です。
で・・・名物の「いなり寿司」も「ぼんかま」(高級ちらし寿司)も売り切れで、730円の幕の内を買って開けば。。。。


「幕の内弁当・三種の神器」と呼ばれるおかずのうち、かまぼこと玉子焼きは入っているんだけど、焼き魚は無し。
その代わり、サワラの天ぷらが入っており、メインは大きな鶏の竜田揚げでした。
包装紙に描かれた「伊豆の踊子」が「いい味」出してますが、実際食べてみたら、中身もなかなかおいしー♪お弁当でした。

ただ、「コンビニ限定・サッポロビール園の生ビール」が見つからなかったのが悔しい。。。。
それね、朝、小田原で見つけて買ったんですよ。うちの祖父は、ビールといえば「サッポロ派」で、キリンやアサヒやサントリーを好まなかったので、
「これ、おじいちゃんに飲ませてあげよう♪」と思って買い、一口だけ飲んで、後は墓石に掛けちゃったので。。。。
祖父は、50歳ぐらいの頃、業界団体の全国会議が札幌で開催された際、一回だけ北海道へ行ったことがあるらしいんだけど(当然、青函連絡船の時代です)、
観光で行ったことはなかったようだし、飲ませてあげようと思ったのね。
しかし、今度は私が「味わおう」と思ったら・・・伊東の「キオスク・ニューデイズ」には無かったぜ!
┐('~`;)┌
東伊豆はワインの産地ではないし、結局、いつもの「キリン・のどごし生」を買いましたけどね。

往きも帰りもグリーン車で楽ちんちん♪ってことで、また戸塚で湘南新宿ラインに乗り換え、池袋へ戻りましたが、保土ヶ谷のあたりで「踊り子118号」(6038M)に抜かれました。
あちらは特急券を買わないと乗れないので敬遠しましたが、普通列車のグリーン車も快適ですから、特急にこだわる必要もないでしょう。
でも、特急料金込みの企画乗車券を持っていたら、ガツガツと「踊り子」へ乗ったに決まっており、
そう考えると、私のように気まぐれで、わがままな人間には、むしろ普通運賃だけの「ウィークエンドパス」の方が向いていると思いました。
ただ、チケット本体は1枚なのに、「ご案内」などの紙片が4枚も付いているっていうのは・・・。


私は指定席券売機で買いましたが、「5枚発券されます」ってメッセージが出た時には、
5枚????(((​゚д゚​;ノノ​ぇぇぇ!
って思いましたよ。。。。
この商品がいつまで発売されるかは、現在発表されている9月25日以降は不明で、再び使う機会があるかどうかわかりませんけどね。。。。
(気に入らなかったわけじゃなくて、時間がないので。)
なお、3月で発売中止になった「三連休パス」が正式に廃止され、「スリーデーパス」に移行するらしいけど、前職・現職とも「三連休」など不可能だから使ったこともなかったし、今後も無理でしょうね。よって、私には無縁のお話です。
無職の「ブラブラねーちゃん」だった当時は、2万6000円もする「三連休パス」なんて高嶺の花で、手が出ませんでしたし(笑)、その値段で三日間だったら、「ホテル付きフリープラン」でソウルでも行くよね、さすがのアタシでも・・・。

【追記】(2012-09-07)
「踊り子南伊豆フリーきっぷ」は2011年6月30日限りで廃止され、特急料金を含まない「南伊豆フリー乗車券」に移行しました。
東京都区内発着で6000円(2日間有効)と、従来の「踊り子南伊豆フリーきっぷ」(東京都区内発着で1万1400円)に比べて大幅に値下げされましたが、「南伊豆フリー乗車券」は特急料金が含まれていないので、特急券は別に購入する必要があります。
ただ、伊豆方面は列車の本数が比較的多く、普通列車や快速列車を上手く利用することも可能ですから、最初から「特急には乗らない」という方にとっては、この値下げは「福音」でした。
なお、「南伊豆フリー乗車券」で乗れる私鉄やバスについては、旧「踊り子南伊豆フリーきっぷ」時代と同じです。

もっとも、「踊り子南伊豆フリーきっぷ」廃止当時は、東日本大震災による東電福島第一原発事故の影響で、首都圏の鉄道はどこでも、節電のための本数削減を実施しており、
この影響で特急「踊り子」も1日3往復のみ運転、臨時列車は全て「設定なし」(つまり運休)になっていたため、ほとんど話題にもなりませんでした。
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

《お詫び》
さすがの私も疲れが溜まっていて、更新頻度が低くなってます。スマヌ。。。。
(熱を出して、一日、会社休みました。)
m(-_-)m
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

#びゅんびゅん丸 さま

ご指摘のとおり「無理やり押し込んだ感じ」で、座席の感覚はそれほど広くはありません。
(今度「車両詳説」をやるので、クロスシート部分をクローズアップした写真を載せますけど。)
ですから、好みによっては「空いていればロングシートの方が、のんびりできる」という人もいるでしょうね。地元の高校生たちは、そう思っている様子でした。

JR九州には「旅名人の九州満喫きっぷ」というのがあり、JR九州&15社局の鉄道全線に乗れます。
(来年3月末日まで。使い方は「青春18きっぷ」に似ており、有効期間内に3回、普通・快速列車に乗り放題。1枚を2人とか、3人での使用も可能。1枚10500円。)
東日本エリアは広すぎて「全鉄道に有効」っていうのは無理でしょうけど、東北地区(福島以北)のJR・私鉄全線有効のフリーきっぷならあるようですよ。

ボックスシート

写真で見ると、特急の座席を通勤電車に無理矢理押し込んだ感じがするんですけど、座席はゆったりしているんでしょうか。座席中央に肘掛があるのもいいですね。
道内のローカル線にも特急の古い座席を設置した車両がありますけど、窓と座席の位置があっていないですね
3連休パス。あっちこっち乗れるのはいいですけど、26000円は高いですね
ウイークエンドバラエテイーパス(ラジオ番組
みたい)みたいなJRと私鉄全線が乗れるようなフリーキップがあると楽しいですよね
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。