06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母と常磐線103系とコーヒーゼリー・・・┐(-_-)┌


私が幼少のみぎり(笑)、身近な電車といえば京浜東北線や横浜線の103系電車でした。
京浜東北線の103系は水色、横浜線は、基本的にはウグイス色なんですが、水色のもある混ぜこぜ編成でした。
南武線にはカナリア色の101系が走っており、母が作ってくれた手提げ袋には、水色とカナリア色の電車のアップリケが縫い付けてありました。
「これは川崎駅よ」と母は言うんですが、なんか男の子の持ち物みたいですよね。。。。
o(^▽^)o
しかし「母のお手製」っていうのが、「時代」を感じさせます。
今なら「ユザワヤ」(注:手芸用品・布地などのお店。本店は東京・蒲田)あたりへ行けば、サンリオの「SHINKANSEN」柄の布地を売ってますね。
(「ユザワヤ」は盛業中ですが、似たようなお店だった池袋東口「キンカ堂」の閉店が残念・・・。)

で・・・ある日、小学校から帰ると母が「柏へ行くわよ」といいます。千葉県の柏ですよ。常磐線の。
まず間違いなく、父に頼まれた用事だったんだと思います。
鶴見から京浜東北線に乗って上野。そして常磐線の快速電車に乗り換えたんですが、
(・_・)この色、な~に?
エメラルドグリーンですよ。こんなのは、初めて見ましたね・・・。

常磐線の上野~取手間に103系が投入されたのは、1967(昭和42)年のことだそうです。
その時、首都圏の101・103系のカラーには、既にウグイス・オレンジ・カナリア・水色がありましたが、五番目の色としてこのエメラルドグリーンが選ばれました。
1973(昭和48)年には成田線の成田~我孫子間・通称「我孫子線」が電化され、それまで客車で運行されていた成田~上野間の直通列車も103系電車になりました。
しかし、このエメラルドグリーンは、松戸電車区(北マト)の103系以外に塗られることはなく、車両の転配や一時的な貸し出しを除き、常磐線・成田線以外の路線を走ったことはありませんでした。
(一時的な貸与などでは、川越線・武蔵野線などを走った例があるそうです。)

電車の色にもびっくりしましたが、用事が済んで柏のデパート「そごう」にあった喫茶店で食べさせてもらった食べ物にもびっくり!
コーヒーゼリーですよ。それも、バニラアイスが載っているのね!
ヽ(゜∀゜ )ノ
イメージは、こんな感じ。これは、撮影用に買ってきた「ファミリーマート」のコーヒーゼリーに、ロッテのアイス「爽」を載せただけの代物ですが(笑)。


だけど、撮影後に食べてみたら「こんな感じだったんだろうなぁ」という味がしましたね。
当時(1970年代後半)、「アイスが載ったコーヒーゼリー」なんていうのは、相当におしゃれな食べ物だったような気がするんだけど、どうなんでしょう。
その頃、何と呼ばれていたかは存じませんが、今、柏は「千葉県の渋谷」などと呼ばれているようですね。当時から「おっしゃれ?」な街だったんでしょうか?。。。。
今でも、こういうコーヒーゼリーを食べると、この時のことと、エメラルドグリーンの103系を思い出します。
(あと、福島県の東邦銀行って聞くと、パイナップルジュースを思い出しますね。
当時、日本橋にあった同行の東京支店へ、やっぱり父のお使いで母と行ったら応接室へ通され、私は子供だからお茶じゃなくてパイナップルジュースを出されたのよ・・・。
なお、今、東邦銀行東京支店は、京橋の「三井住友海上テプコビル」内にあるそうですが、これは当時とは違う場所のようです。)

ですが・・・実は成人後、この常磐線103系に数百回は乗る機会があり、ちっとも珍しくなくなってしまいました。
(沿線に住んでたわけじゃないんだけど、いろいろな事情で。)
トップの写真は、私が子供の頃乗ったのと同じ運転台の低いタイプですが、1990年代には、この高運転台タイプのがあり(205系導入で追われた「山手線崩れ」か?)、


また、千代田線直通電車の座を203系に奪われた1000番代車も、快速に転用されていました。
これは地下鉄直通仕様車なので、前面に非常扉があり、外装・内装材や座席の布地などに不燃化対策が施されていました。


「東京23区内を走る最後の103系」としてファンの熱い視線を浴び、地元の通勤・通学客からは「いい加減に新車入れろよな、JR東日本(笑)」と言われていたこの電車も、
2006年(平成18)年3月18日のダイヤ改正でE231系と交代しました。

私を連れて柏へ行った頃、もしかすると今の私よりも若かったかもしれない母は、健在です。
(・∀・)
ところが、やっぱり「昔の人」の感覚丸出しなの・・・。
数年前、石岡で遠縁に当たる人のお葬式があり、母と出かけたんですが、電話で「上野駅の11番線で待ち合わせね。いちばん前の車両ね」と言うから、行ってみりゃ・・・。
なんだか知らんけど、キオスクの袋にUCCのミルク缶コーヒーとか、お菓子とか、みかんに茹で卵まで買って持ってるんだ、母は!
o(^▽^)oキャハハハ、遠足か?!
「これ、どーすんの?!」
「食べるに決まってるじゃん」
「石岡なんて、1時間20分ぐらいしかかからんよ」
「そうだっけ? 昔、ドアを手で開ける汽車は、もっとかかったよ。」
いつの時代だよ、母ちゃん。。。。
?(´∀`;)
さすがに蒸気機関車じゃないだろうけど、EF80形がスハフ42とかオハ47の客車を牽いてたやつだよね、きっと。
(そのEF80形電気機関車、つい先日開催された大宮総合車両センターのイベントで展示されたそうですが、
たぶんそれ、若かった頃の母が乗った、上野発12時36分の仙台行普通223列車とか牽引したやつですよ・・・。)

【画像追加】(2012-08-31)
知り合いから「商用利用でないなら、自由に使って」とお預かりした写真より。
EF80形が牽引する常磐線の客車列車(1975年頃?上野~鶯谷間)。
走行中の線路を見る限り、尾久客車区への回送列車と思われます。
機関車からして、常磐線なのは確実ですが、普通列車なのか急行「十和田」なのかは不明です。
(スハフ42形客車が連結されているが、これは急行にも普通列車にも使われていた。グリーン車でも見えれば急行でしょうけれど、見える範囲には写っていません。)
EF80形牽引の常磐線客車列車(1975年頃?上野~鶯谷間)

まあ、まず「”フレッシュひたち”で行こう」と行ったら「特急料金がもったいない」と叱られましたが、そこからして「昔の人」なのよ、オカンは・・・。
(まだ、母の頭の中では急行「ときわ」が走っているみたいなの。)


幸い、415系のセミクロスシート車(↑)が来てくれたので、ボックス席に座り、喪服姿のおばさん(もう、おばあちゃんに近い)と、ねーちゃん(実態はおばさん)は、
石岡まで黙々とみかんを食べ、茹で卵を食べ。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
ちなみに、その母が日本一好きな電車は「近鉄”アーバンライナー”のデラックスシート」だそうです。
はいはい、今度乗りましょうね。難波で「蓬莱」の豚まんでも買って、食べながらね。。。。
ヾ(*'-'*)
(今回の写真は全て2002年1月20日、亀有駅で撮影。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

コメントありがとうございます♪

#びゅんびゅん丸さま
南武線の快速電車は1978(昭和53)年10月のダイヤ改正で消滅したように記憶しますが、なにしろ中途半端な快速で
・昼間(10?15時)のみで、朝夕のラッシュ時は無し。
・運転区間が川崎?登戸間だけで、全線ではなかった。
・快速?各停の乗り継ぎが、上手く出来るダイヤではなかった。
(ホームの構造上の問題)
・当時、昼間の南武線は、おおむね10分間隔だったが、間に快速が入ると各停が20分間隔になっちゃうので、快速が停車しない駅を利用する人の評判は最悪だった。
・・・というような「失敗作」だったみたいですね。

「ボーニモリヤ」って何だろう?イタリア語みたい・・・って、一瞬思ったんですが(笑)、
「棒二森屋」ですよね。函館のデパート。
今は「中合」(福島県のデパート)の「函館店」みたいな扱いになってるようですね。
(ということは、「ダイエーグルメシティ」の孫会社ってことになるんでしょうけど。)

#なお様
お久しぶりですね♪
常磐線の103系は、細部をこだわって観察すると結構バラエティがありましたね。
最後は「さよなら運転」でフィナーレを飾ったことですし・・・。
我が故郷の鶴見線など、一応「さよなら運転」の計画はあったんですが、
最後まで残った1編成が、定期列車充当中に故障してしまい、そのまま復活せずに全部205系になっちゃいました(泣)。

ところで、この時亀有に行ったのには、たいした理由はありませんでした。
綾瀬駅はホームが狭くて危険。金町駅は各停ホームと快速線の間が開き過ぎ。馬橋とかは構内がゴチャゴチャしてるし・・・という理由だったと思います。
亀有駅は、上野方の見通しが良いので。
それに対し、取手方の見通しが比較的良いのは南柏駅などですね。

また遊びに来てくださいね♪

おっ!

常磐の103系は、全国唯一の色(エメラルドグリーン)でした。それに意外とバリエーション豊富な103系が走り、しかも15両編成運転も唯一でした。首都圏最後の103系運転線区でもありました。
☆画像は、私の地元亀有駅からの撮影のものばかりですね(^_^)

南武線

南武線沿線沿いに以前の職場の先輩が住んでいます。びゅんびゅん丸よりもかなり年上の方です。よく遊びに行きますよん。それで南武線の話題になって、昔は南武線にも快速電車が走っていたそうです。すごいなあ
 あとデパートの大衆食堂でお子様ランチを食べた思い出とか話たりします。
 びゅんびゅん丸は子供のころ、ボーニモリヤで父親と食べたお子様ランチ食べてめちゃおいしかったことが思い出です。

#ちーこ様

いらっしゃいませ♪
ちーこさんのブログも拝読いたしましたが、お寿司、ゴルフ・・・う?ん、最近私には縁が無いものをお楽しみのご様子。うらやましい。。。。
(あたしゃオトコにも縁がないぜ最近! もっとも、私は「鉄道と結婚しちゃった」感が・・・。)

うちの母は電車に乗るとムシャムシャ食べてばっかりのおばあさんなんですが、
まあ、近鉄で伊勢でも連れてってやろうかと思ってます。
(あ、「おばあさん」とか書くと怒るな。まだ働いてますし。)

ご両親は、お亡くなりになったとのことですが、ちーこさんには優しい旦那様と、天使みたいにかわいいお子様が二人いますから・・・。
そのうち、ボクは頼もしい青年に、ワタシは、かわいらしい乙女に成長して、
ママとお嬢ちゃんは一緒におしゃれしたり・・・楽しみですね♪

「電車の写真ベタベタ貼り」ですが、仕事と国家試験の勉強の合間に出来る限り継続します。
また遊びに来てね♪ ボクにもよろしく?!

Unknown

おはようございます。
遊びに来てくれてありがとうございます。
お母さんと旅の思い出を作るのもいいと思います。
私は若いときに父母を亡くしているので
両親との旅行やお出かけがうらやましいです。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。