06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秩父鉄道7000系(旧・東急8500形)の細部を見よう!ヽ(゜∀゜ )ノ


(前回からの続き)
ひろせ野鳥の森駅から河原道を15分ほど歩き、広瀬河原車両基地に到着。
お約束の「車両並び」は左から7001編成(元・東急8500形)、1002編成(旧・国鉄101系)、1007編成(左に同じ)でした。


1002編成は、1980年代後半までの秩父鉄道標準色に塗られており、この1000系が旧・標準色を纏ったのは今回が初めてです。
1007編成は、1980年代後半の秩父鉄道標準色で、レモンイエローに濃い茶色の帯を巻いています。初期の1000系は、この色でした。

私は一昨年(2008年5月17日)の「わくわく鉄道フェスタ」にも来ていますが、この時は、「旧・国鉄カラー」勢ぞろいでした。


左からカナリア色(1012編成)、水色(1001編成)、オレンジ(1011編成)でしたが、国鉄中央線の「特別快速」を模したヘッドマークを付けた1011編成は、7500系(旧・東急8090形)入線に伴い、今年3月で引退したそうです。

さて、今回は「旧・東急車を見る」のが目的ですが、7001編成を単体で撮影しにくいのが残念。
これは、何かの折に旅客営業列車を追いかけて撮るしかないですね。
ただ、秩父鉄道の車両運用はJRのように固定されてないので、事前に運用を調べて「張り込む」ことは不可能ですし、
公式サイトにも「問い合わせには一切応じない」とあるので、これは、なかなか難物です。
「全線一日フリーきっぷ」を買い、朝からどこかの駅(例えば熊谷)で張っていて、「見かけたらすぐ乗る・撮る」みたいな感じでやるしかなさそうです。

7000系は2009年3月から走っていますが、現在2編成あります。
これは元・東急電鉄8500形電車で、1975(昭和50)年にデビュー。田園都市線から、営団地下鉄(現・東京メトロ)半蔵門線への直通運転を前提に作られた電車で、
現在は半蔵門線経由で東武伊勢崎線久喜・日光線南栗橋まで乗り入れています。

東急の車両は徐々に入れ替わっており、この8500形も、新しい5000系(2代目)などに道を譲りつつあります。
そのため、地方私鉄への譲渡が行われるようになり、私も以前、長野電鉄へ行った8500形を訪ねています(1月22日付参照)。
あと、ODA(政府開発援助)の一環でジャカルタへ行ったグループがあるんですが、それはまだ、私は訪ねていません。
長野や秩父ならともかく、「いつ行けるんだよジャカルタ?」とは思ってますけど(お休みちょーだいな、1週間!)。
お友達が二人、別々に行ったんだよね。まあ、どっちも男性。しかも独身貴族だぜ・・・(笑)。
一人は「私は日本の鉄道員(注:某大手私鉄勤務)である」と言い、一人は「東京からこの電車を見に来た。私は昔、これで学校へ行っていたんだ(注:青山学院大学卒です)」言ったら、どちらも運転席に乗せてくれたそうですよ!
鷹揚な国だなぁ、インドネシア。。。。
(・∀・)

話を戻しますが、秩父鉄道7000系の編成は
←羽生/三峰口→
第1編成:デハ7001+サハ7101+デハ7201
(デハ8509+サハ8950+デハ8609)
第2編成:デハ7002+サハ7102+デハ7202
(デハ8709+サハ8926+デハ8809)
です(カッコ内は東急時代の車両番号)。
第2編成の先頭車は、両方とも中間車を先頭車化改造した物なので、前面上部右側の「運行番号表示窓」がありません。
これは、秩父鉄道では不要な装備なので、省略したんですね(長野電鉄8500系第6編成も同じ)。

【画像追加】(2012-10-02)
7000系第2編成、ようやく撮れたので貼っておきます。
(2012年9月30日・熊谷駅にて。)
秩父鉄道デハ7000系第2編成(2012年9月30日・熊谷駅)

8500形(系)自体は、まだ本家の東急でもガンガンに走っていますよ!・・・と言いたいところなんですが、5000系(2代目)に押され気味で、もはや「ガンガンに」とは言えない様子。
平日の朝ラッシュ時ならともかく、それ以外の時間帯に撮るのは、結構大変になってきました。
(*´​Д`)​=з




これは5月12日の夕方、ちょっと時間があったので、今回のテーマで使うだろうと思い、田園都市線溝の口駅で撮ったんですが、
30分待って「青帯車」8637Fが来て、さらに30分待ったらオリジナルの「赤帯車」8636Fが来た・・・という調子。
(注:「青帯車」は「TOQ-BOX号」と呼ばれる広告電車。)
列車は5~6分に1本来るんですが、東急車運用は5000系が多く、さらに東京メトロ車と東武車がありますから、8500形だけを狙うのは、なかなか骨が折れました。

7000系は「休憩所」として車内が開放されていたので、車両自体の撮影は諦め、車内の細部を観察することにしました。
まず、デハ7201の車内には「1976年ローレル賞 鉄道友の会」のエンブレムが残っていました。
これは「東急時代の車号が8601F~8630Fの先頭車車内」に取り付けられた物なので、中間車を先頭車化改造した第2編成には無いと思います。


運転室は、たぶん東急時代とそんなに変わってないんじゃないかと思いますね。


ただし、ワンマン運転仕様になったため、運転士さんが客室内の様子を見る必要があり、そのため、運転室と客室の仕切り壁に、東急時代にはなかった窓が設けてありました。
(注:車内での運賃収受はやらないので、運賃箱と運賃表示器は、ありません。長野電鉄と同じ。)
客室内ですが、ドア横にJR211系と同じタイプの「ドア開閉スイッチ」が設置されたことと、戸袋部分にあった広告用の額が撤去された以外は、あんまり変わっていません。
ただ、面白いのは・・・。
まずサハ7101(旧・サハ8950)の車内ね。これは、ドア横の仕切りが曲げたパイプ。しかも、座席を1列「4人対3人」に分けるパイプは無い。


ところが、デハ7001(旧・デハ8509)の車内は、ドア横の仕切りが白い樹脂板で、座席を「4人対3人」に分けるパイプが真ん中に見えます。


これは、東急時代に改造されたか、されなかったかの問題ですが、そういうのが「名残」として残っちゃうところが面白いよね。
だけど、「これはもう、東急時代の名残以外の何者でもない」といえるのが、このステッカーです!


「ひらくドアにごちゅういください」はいいとして、このクマちゃんの絵、原田治さんですか?「オサムグッズ」の・・・。
(ご本人のブログがとても面白くて、さっき1時間ぐらい読みふけっちゃいましたけど。)
そんな著名人に、高い(であろう)ギャラをポンと払って依頼しちゃうところが「さすが東急!お金持ち!」って思いますけど、
せっかくのステッカーを、秩父鉄道が剥がしたりするわけないじゃありませんか・・・。
悪いけど秩父鉄道さんには、この方にイラストを頼む予算は無いでしょうから、これが貼ってあるのは元・東急車だけで、旧・国鉄車に「オサムスペシャル」はありませんからね。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
(余談ですが、うちの会社の社員教育用DVDに、なぜか○川クリ○テル嬢が出演してるのはナイショだ・・・。彼女に格安のギャラで出てもらえたコネがあるのかなぁ、弊社の上層部には。。。。)
でも「東急の名残」といえば、青森県は弘南鉄道の元・東急7000形なんかもっとすごくて、吊り革に「SHIBUYA 109」なんて広告が残っており、大いに笑わせてもらいましたが、秩父鉄道ではさすがに、それは全部撤去されていましたけどね。

で・・・車両基地の奥に、こんなのが!ヽ(゜∀゜ )ノ


デハ8745とデハ8830です。これは「部品確保用」として購入された物で、「車両」としては登録していませんから、絶対に走ることはないんですが、
こんなのを見つけちゃうのも、車両基地や工場公開の「醍醐味」です。さらに奥には、国鉄プルトレ色そのままのオハ12形客車も「隠匿」されてましたが。
子供の頃、木の陰で昆虫のオスとメスがエッチしてるのを発見した時、ものすごく嬉しかったのを憶えていますが(どういう例えだよ!)、
「隠匿車両」を発見すると、「見てはいけない物を見ちゃったヨロコビ」というか・・・いつもその時の「感動」が甦ります。。。。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!

そういえば秩父鉄道っていやぁ、蒸気機関車C58 363ですよね。
今年は「戦後タイプのナンバープレート」、それに「門鉄デフ板装着」で展示されてました。


一昨年は、「戦前タイプ」の大きなナンバーで、デフ板も標準仕様でした。それも貼っておきましょう。


「門鉄デフ板」・・・略して「門デフ」っていうのも、かっちょええなーと思いましたが、
(注:「門鉄」とは旧・国鉄門司鉄道管理局のことね。「デフ板」は「除煙板」ともいいます。知らない方はググってくだされ!)
私は、蒸気機関車にはそんなに興味がなく・・・というか、アレに群がる人たちが嫌いなので、ほとんど撮りに行く機会はありませんけど。
【注:追記を参照】
(要するに「人嫌い」なんですよ。だから蒸機に限らず、電車でも「もうじき廃止だね」っていう時期には行くけど、本当の最終日には絶対に行かないし。)

【追記】(2012-08-04)
その後「宗主変え」して蒸気機関車のダイナミズムに魅せられ、
上越線へ、しつっこく何度も通うようになるのですが。。。。。

あと、「お約束」のユルイ方々も登場!


カワイイけど、相変わらずユルイなぁ・・・秩父鉄道のゆるキャラ、「パレナちゃん」と「パレオくん」。
パレナちゃんにお名前が付いたのは一昨年のことで、「パレコ」「パレミ」「パレナ」から選べ・・・というアンケートがあり、
私は「パレミ」に投票したんですが、結果は「パレナ」になっちゃいましたね。
ユルイ方といえば、埼玉県のスーパースター「コバトン」様もゲストとして来場していたらしいよ。
ですが、やはりスターですから、もったいぶって、なかなか出てこないんだよね・・・。
場内放送では「コバトンは13時頃出てきます」と言ってましたが、それが「13時10分」になり、「15分」になり・・・。
「この後すぐ!」とか言って煽る民放テレビじゃあるまいし、結局、私は会えずに帰りました。
たぶん、コバトンは後ろのファスナーが閉まらなかったんだろうと思いますけどね。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!

ユルイ、ユルイって・・・「山かけマグロ丼」に当たったアタシのお腹もユルイことだし(笑えん!)、
14時00分に、この車両基地から熊谷行の直行臨時列車が出るのはわかってるんですが、それまで待てず、
またひろせ野鳥の森駅まで歩きましたが、列車は30分待ち。。。。
人が多過ぎて座る所もなく、ホームで「日焼け、ヤバいなぁー」と思いつつ『ホッピーでHAPPY!ヤンチャ娘が跡取り社長になるまで』(石渡美奈・著、文春文庫)という本を読みながら列車待ち・・・。
(この「ホッピー」なる関東特有の「ビール擬似飲料」は、昔飲んで「マズー」と思って以来、一度も飲んでいませんでしたが、
これを読んで「また飲んでみよう」と思いました。「なぜ、昔のはマズかったのか」という答えも、この本に書いてあります。)
\(^o^)/
ところが、熊谷まで出たものの、湘南新宿ラインは例の錦糸町駅構内ポイント故障(前回参照)の影響で運休しちゃったのか、全然走っている様子が無く、上越新幹線も当分、熊谷停車のは無い。。。。
仕方ないので、手打ちうどん食べて(埼玉北部・群馬はうどんが特産です)、上野行の混み混み普通列車で帰りました。。。。
(*'-'*)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。