03
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田急3100形NSE車の展示・・・私の「屑写真」から(笑)


183系の「踊り子20周年記念号」(2001年10月7日運転)が伊豆急下田から折り返してくる間、
>「時間つぶし」に行った、JRではない鉄道会社主催による「別のイベント」の方が、よっぽど面白かったんですが、これは別の機会に。
と書いて「出し惜しみ」しちゃいましたが(4月29日付ブログ参照)、このブログ自体の更新頻度が以前ほど高くないので、今書いておかないとわからなくなっちゃうよね。。。。
m(-_-)mスマヌ
西横浜から相鉄で海老名へ行き、小田急海老名検車区でやっていた「ファミリー鉄道展」を見てきたのでした。

展示車両の目玉は3100形NSE車(3221編成)で、これは通常、喜多見検車区に保管されていますが(非公開)、
この時、わざわざ海老名まで運んできて展示されたものです。

この展示会、撮影は一回30人ずつ区切って入場させており、入場すると撮影タイムは10分間。
そのうち、5分間は「車両そのものを撮影する時間」としていて、車両に近寄ることは禁止。
残り5分間は「記念撮影タイム」で、近寄って車両をバックに記念写真を撮るも良し、台車など、細部のディテールを撮影するも良し・・・とされていました。
そして、10分経過後は、タラップから乗車して車内を見学したり、座り心地を試しながら、最後部車両から退出・・・という流れでした。
係の人たちは鉄道会社お得意の無線機を使って、巧みに来場者を誘導しており、混乱は全く起きていませんでした。
実にスマートなやり方で、感心いたしましたねぇ。。。。
( ゜д゜ )bフムフム?


このNSE車は1963?68(昭和38~43)年に11連7本が作られ、とにかく小田急ロマンスカーといえばコレ、まさに小田急の「顔」として大活躍しましたが、
1996(平成8)年から徐々に廃車が始まり、2000(平成12)年4月23日限りで全車引退。この時は一般の週刊誌(確か『週刊文春』)でも取り上げられました。
当時、私は病院に勤めていましたが、その頃、あるドクターが
「小田急のロマンスカー、NSEが引退だってね。寂しいよ。僕は子供の頃、座間に住んでたからね」と話しかけてきましたが、
特にその先生が「鉄道好き」という話は聞いたことがなかったので、驚きました。
(沿線の少年は、誰でもロマンスカーに憧れていたそうです。御殿場出身の勝俣州和さんも、そんなことをテレビでしゃべっていたなぁ・・・。)

車体には「The lastrunning Odakyu Romance Car 3100形」のロゴが残されていました。


車内は、こんな感じ。今となっては、ちょっとレトロな内装です。


「走る喫茶室」のカウンターも、そのまま残されていました。ここで飲物を作ったり、お弁当を準備して客席へ届けるわけです。


壁には、「さよなら列車」に乗務したアテンダントさんたちの寄せ書きが残されていて、泣かされました。。。。
(ノд-。)

ところで、海老名検車区には、もう1編成「なつかしの特急ロマンスカー」が保存されています。3000形SE(SSE)車(3021編成)です。
こちらは1957(昭和32)年に登場し、技術的にもデザイン的にも、小田急・・・というより「昭和の鉄道史」に残る名車です。
(交通新聞社から『ゼロ戦から夢の超特急 小田急SE車世界新記録誕生秘話』[青田孝・著]という本が出ているそうですが、私は未読。)
もともとは8連でしたが、1968(昭和43)年に改造されて5連になり、国鉄御殿場線乗り入れの「あさぎり」号に使われましたが、
1991(平成3)年3月に「あさぎり」が特急に格上げされると、後進の20000系RSE車に道を譲って引退しました。
(注:それまで「あさぎり」は「連絡急行」という列車種別で、小田急線内は特急と同格、国鉄線内は急行扱いで、座席は「定員制」だった。)

新宿方の先頭車は、デビュー当時のイメージに復元されています。ヘッドマークは、かつて存在した特急「乙女」。箱根の乙女峠にちなんだものです。


小田原方の先頭車は引退時のままで、ヘッドマークは「あさぎり」。両方楽しめるのがミソで、車内に立ち入ることもできました。


この「ファミリー鉄道展」は、例年10月に開催されますが、海老名常駐のSE車以外は毎年展示車両が変わり、
(他にも保存車はあるんですが、SE車以外は喜多見検車区に保管されており、毎回、回送されてくる)
2008年(平成20年)に行った時のメインは、喜多見の保存車ではなく10000系HiSE車と、7000系LSE車、それに当時出たばかりの4000形(2代目)でした。
もっとも、この時は「見終わったらステーキを食べに行こう♪」という、次のお楽しみに気を取られてですね。。。。。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
================================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

#みゅーりゃー様

こんにちは♪
お気になさらず、いつでも好きな時にお越しくださいませ♪
(私も最近は時間がないのと、帰宅するとドッと疲れちゃって、更新頻度が鈍ってますし[笑]。
コメントのUPとお返事だけは、職場でも休み時間や待機時間に、ウィルコムの端末で出来るだけやるようにしています。
なお、勤務中に私物の携帯を持つことは禁止。ストラップに「業務用」って書いてあるdocomoの「らくらくホン」を持たされますが。)

「どっかの鉄道会社」って、どこでしょうね?
東日本ではなさそうですし(大宮に、あれだけの施設を作ったくらいですから)、
在京各社で自前の博物館を持っているのは、他に3社・・・。

ただ、小田急さんも、以前、同社幹部だったU氏(鉄道雑誌でお馴染みの方)がお書きになっていたところでは、
「動態保存は究極の夢だが、そうなると法定検査の回数や保安設備の取付について、国交省は保存車にも営業車と全く同じレベルを要求するし、税金も同じだけ課税されてしまう。これは、小田急の実情ではかなり厳しい」
とのことです。それでも、静態保存だけでもやっていて、不定期ですが折りをみて一般公開しているだけでも「良し」とすべきでしょうか。

SE車を国鉄に貸与して行った走行試験は1957(昭和32)年秋のことで、藤沢?沼津間を走り、当時、狭軌鉄道では世界最高速度の145km/hを出したそうです。
この結果が151系「こだま」、さらに0系新幹線に発展する基礎になるわけです。

勝俣さんは、「あさぎり」を見て「シャーッ!!!!すげ?!!!!」とでも叫んでいたんでしょうかね(笑)。
で、「あさぎり」で上京して、「一世風靡セピア」から「欽ちゃんファミリー」入りなんでしょうか?。。。。。

#びゅんびゅん丸 さま

小田急ロマンスカーには、さまざまなタイプがあります。
前面展望室は、いったん30000系「EXE」(1995年)で捨てたんですが、「小田急ロマンスカー=前面展望室」というイメージが浸透しており、50000系「VSE」(2004年)で復活しました。
もっとも、これは不景気で箱根観光客の落ち込みが激しいため、小田急側に「何か、インパクトの強い目玉商品を出さなくては」という思いもあったようです。

テレビのお話は「ケンちゃんシリーズ」(子供向けの実写ドラマ)ですね。主人公・ケンちゃんの家が必ずお店をやっていたので、「おそば屋ケンちゃん」とか「ケーキ屋ケンちゃん」のように、そのお店の名が冠してありました。
(「洗濯屋ケンちゃん」っていうのは・・・違います。アレはAVです。私も見たことあるけど[笑]。
知り合いがハワイで買ってきた「逆輸入版」とかいうやつで、登場人物は日本語を喋っているのに、英語の字幕スーパーが出ていた。)

その(子供向けの)「ケンちゃんシリーズ」は、国際放映という映像制作会社の作品で、同社のスタジオが祖師ヶ谷大蔵にあったため、
小田急線が出てくる場面が多かったんだと思います。

このシリーズが再放送される機会は、今ではほとんどないようですね(CSの「ファミリー劇場」で見たような気もするけど)。
主演の宮脇康之さん(後に芸名を「宮脇健」と改名)も、成人してからは三原じゅんこさんと噂になったり、ポルノ映画に出たと思ったら沖縄で地上げ屋やってたり、かと思えば東京でガスの検針の仕事をやりつつ「芸能界暴露本」を書いたり、よくわかんない人です。。。。

「ステーキけん」って、私は知らんよ・・・と思って同社のホームページ見たら、
どうも、駅から近いお店は少なく、どこも国道沿いなんかにあるようですね(私、ペーパードライバーなので)。
私が知ってるのは「フォルクス」「ステーキのどん」と、これはたぶん神奈川県にしかない「ハングリータイガー」とかですね。
(村上春樹さんが藤沢に住んでいた頃、よく「ハングリータイガー」で食事していたらしく、『ダンスダンスダンス』に出てきます。)

鉄道は文化財

お久しぶりです!
なんかちょこちょこ忙しくて訪問サボってました(^^ゞ

SE懐かしいですね!それもデビュー当時のものを復元までして保存してあるなんて、どっかの鉄道会社みたく経費節減のために貴重な車両バンバン潰していって絶滅させてしまってるのとは違いますね(笑)

確かこの車両、東海道本線上を高速走行試験してた記憶があるのだが・・勝俣じゃないが私も小田急のロマンスカーは憧れでしたね!アテンダントさんが座席までコーヒーを運んでくる映像など食い入るように見ていました。

けん!

ロマンスカーっていろいろなタイプがあるんですね。大昔に、テレビドラマでけんちゃんという番組で小田急のロマンスカーがよく出てきたそうです。見たことはありませんけど、番組の中でよくロマンスカーの音が聞こえていたそうです。
東京や千葉にステーキハウスけんが人気ですね
サラダバーが食べ放題で野菜が高騰しているときには強い見方ですね
 残念ながら、道内には店舗がありません
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。