10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い小田急1000形(・∀・)


先週(4月4日)のお話ですが、「赤い小田急」1000形を初めて見ました!
ヽ( ・∀・)ノ
一度見たいとは思ってたんですが、機会がなかったんですよ。。。。

この「赤い1000形」は、2009(平成21)年3月14日のダイヤ改正に合わせてデビューしたもので、登場から1年経ちました。
現在、このカラーは3本あります(1059編成・1060編成・1061編成。全て4両編成)。

「これはいったい何者か?」っていうと、新松田~小田原~箱根湯本間を走る、箱根登山鉄道直通列車の限定車両です。

小田原?箱根湯本?強羅間を走る箱根登山鉄道には、1950(昭和25)年8月1日から、途中の箱根湯本まで小田急車が乗り入れています。
そのため小田原~箱根湯本間は、線路が小田急の狭軌(1067ミリ幅)と、箱根登山鉄道の標準軌(1435ミリ幅)の「3線軌条」になっていることで有名でした。
なぜ、登山鉄道が国際標準軌なのかは存じませんが、大正時代に、スイスの技術指導で作られたことと関係あるかもしれませんね。
亡くなった斉藤茂太先生の随筆で、「戦前の箱根登山鉄道は機器類がスイス製で、ハンドルの位置が大柄なヨーロッパ人に合わせて作られていたので、日本人には高く、
運転士は踏み台に乗って運転していた」という記述を読んだ記憶があります。
いわゆる「セッシュー」ってやつですね。ハリウッドでは、背の低い俳優のために作られた踏み台を「セッシュー」と呼ぶそうですが、
これは、日本人初のハリウッド・スターだった早川雪洲(1886~1973)に因んだものだとか。

・・・「赤い小田急」のお話から、だいぶ外れましたね。。。。
(ё_ё)スマヌ

小田原~箱根湯本間は、長年
1.小田急の特急ロマンスカー(途中駅通過。この区間だけでも、特急料金[200円]を払えば乗れる。)
2.箱根登山鉄道車の強羅行き電車(各駅停車)
3.小田急車の箱根湯本止まり電車(新宿~小田原間は原則として急行。小田原から各駅停車。)
の三本立てでしたが、小田急側の車両や輸送事情の変化によって見直しが行われ、
2006(平成18)年3月18日のダイヤ改正を機に、2は小田原駅に発着しなくなり、小田原~箱根湯本間の各駅停車はすべて、小田急車になりました。
この時点での小田急車の運転区間は、3の新宿直通のほか、小田原?箱根湯本間の折返し運転でしたが、「自社の車両が全然走らない区間」というのも非常に珍しいことです。
なお、それまで小田急車は、小田急の乗務員がそのまま箱根湯本まで担当していましたが、この時から箱根登山鉄道の乗務員が小田急車に乗務するようになりました。
(特急を除く。また、一部の各停は小田急側乗務員の担当。)

小田原?箱根湯本間の3線軌条も、1435ミリ幅のレールは不要になったので、現在は撤去されていますが、入生田(いりうだ)?箱根湯本の1駅間だけは残されています。
これは、登山鉄道の車庫が入生田にあり、この区間だけは、登山鉄道車が回送列車として走るためです。

その後、新宿から直通の箱根湯本行き急行は原則として廃止され(2008年3月15日から)、小田急線からの直通列車は、特急と新松田~小田原~箱根湯本間の各停がメインになりましたが、
この各停は「普通の通勤用電車」に過ぎず、「つまらん」という意見があったのか、箱根登山車に合わせた「赤」になったわけです。
もともと、この色は箱根登山鉄道と姉妹関係にある、スイスのレーティッシュ鉄道ベルニナ線の色なんですが、小田急車はベルニナ線の1等車に引いてある「黄色いライン」を車体上部に引いています。
もちろん、こんなのは「お遊び」に決まっており、車内は、あくまで「ごく普通の通勤用電車」ですけどね・・・。
【画像追加】(2010-05-30)
これが問題の「黄色い線」↓。


この「赤電車」が新松田以東へ来ることはあんまりないですが、車両基地は海老名検車区ですから、出庫・入庫の関係で、本厚木~新松田間を旅客営業列車として走るものが夜間にあります。
また、回送列車としては朝、新松田から秦野まで来るものがあるようです。
ただし、「赤電車」は3本しかないため、車両運用の都合で、銀色に水色帯を巻いた「普通の1000形」が箱根湯本直通列車に入ることもあります(私も見たけど)。
【画像追加】(2010-05-30)
「普通の1000形」。これが箱根湯本直通列車に入ることもあります。


今回は写真が一点しかなくてすみませんね。。。。【注】
もっと撮ろうと思ったら、運悪く携帯が鳴ってしまい、しかも相手のお話が長い。。。。
┐('~`;)┌
だけど切るわけにもいかないし・・・と思ったら、「赤電車」はホームを離れて留置線へ入ってしまい、しばらく出てきそうもない。。。。
(ノд-。)シクシク。。。。
もっとも、「特別カラー」といっても、これは一時的なイベント車や広告電車ではないので、また撮ったり、乗る機会もあると思います。
(o^-')b 
【注】(2010-05-30)
「また撮ったり、乗る機会もあると思います」と書きましたが、思ったとおり、再度新松田へ行く機会に恵まれましたので、追加写真を掲載しました(上の追加2点も同じ)。
ただし、これは新松田発小田原行の各停です。
ということは、「箱根湯本へ行かない”赤電車”」も、車両運用の都合で走る場合がある・・・ってことですね。
(追加写真は全て2010年5月30日、朝9時50分頃撮影。)



【くどいようだが、さらなる追加】
箱根登山鉄道線内を走る「赤い小田急」1000形
(2012年1月8日・入生田~箱根湯本間)
赤い小田急1000形(2012年1月8日・入生田~箱根湯本間)

==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

姉妹提携

そう言えば箱根登山鉄道、スイスのレイティッシュ鉄道と姉妹提携してますね。サンモリッツの駅に「サン・モリッツ」と駅名版が飾られてました。

まあ、ランドバッサー橋に3段ループ、粘着運転急勾配世界記録と箱根登山鉄道とはレベルが全く乖離してますが(^^ゞ

小田急の「フラワー号」

#びゅんびゅん丸 さま「
フラワー号」は何回か走っており、第一回は1966年11月?68年5月だそうですが、これは私も存じません(笑)。
(これは「お買物電車」とも称した。)
写真やイラストを見る限り、上半分が白、下半分が赤で、間に金の線が入っていたようです。

第二回は1982年春で、これは通常の小田急カラーの車体に、チューリップなどの大きな絵を描いたもの。

第三回は1983年春で、上半分はアイボリー、下半分が紫色っぽいピンクでした。

第二回と第三回は見たことあるんですが、沿線に住んでいたわけではないので、残念ながら各1回ずつぐらいで、写真も私の手元にはありません。
(車両は第一回?第三回とも2600形。)

今の「赤電車」もいい雰囲気です♪
ただ、箱根登山鉄道の小田原?箱根湯本間は、朝夕は完全に通勤・通学区間で、結構混むようですから、ボックスシートにするのはちょっと難しいかもしれませんね。。。。

Unknown

赤い電車なかなかいいですね。どうせなら車内をボックスシートにするとか工夫がほしいですね。小田急沿線に住んでいる、以前の会社の先輩はひとまわり以上も上の方ですけど、以前にも赤い電車はあったそうです。フラワー号といっていたそうです。詳しいことはわかりませんけど。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。