05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都立小金井公園のスハフ32 2146を見に行ったヽ( ´ー`)ノ


今回は久しぶりに「保存車両」を訪ねてみました。都立小金井公園にある旧・国鉄の客車、スハフ32 2146です。

以前、川崎市立青少年科学館(多摩区東生田)のスハ42 2047を取り上げましたが(2009年12月13日付ブログ参照)、
その時、小金井公園のスハフ32も思い浮かべたんですよ。以前、見たことがありましたし。
ただ、小金井公園といえば桜の名所ですし、保存車両の公開期間が3月~11月なので、紹介を見送っていました。

この公園、園内に「江戸東京たてもの園」という施設があることでも知られていますが、日比谷公園の4倍以上の面積があり、とにかく広いんです。
保存車両があるのは公園の西側で、小金井街道から「西口」を入ると、もう見えています。
公共交通利用の場合は、JR武蔵小金井駅~西武新宿線花小金井駅~西武池袋線清瀬駅を結ぶ路線バス(西武バス)の「公園西口」停留所で降りるとすぐですよ。

川崎市立青少年科学館では、スペースの関係で客車と機関車(D51 408)が離れて置かれていましたが、ここではC57 186+スハフ32 2146が連結されて置かれています。
まあ、こんな感じ。


桜見物の時期なので「子供たちがいっぱい」ですが、人が入っていない写真を撮りたければ、桜の開花時期を外してお出かけください。誰も車両など見てませんから(笑)。
逆に言うと、桜の時期には朝から夕方まで、人が途切れる時間は、まずありません。どこかの撮影地みたいに「どけ!バカヤロー!」などと叫んだりしないように。。。。
(たぶん子供の親たちに逆襲され、ぶん殴られると思います。狭い世界における「鉄ヲタのルール」など一切通用しませんし、多摩の土地柄って結構荒いからね。)

蒸気機関車C57 186の来歴はハッキリしており、1946(昭和21)年に三菱神戸造船所で作られ、山形機関区に配置。そして新津→人吉→宮崎と転じ、最後は旭川機関区で1975(昭和50)年2月に廃車だそうです。
北から南まで流転した生涯でしたが、当地を走る中央本線には全く縁がありませんでした。

一方、スハフ32 2146は1935(昭和10)年に大阪の梅鉢鉄工所で製造されましたが、その履歴があまりよくわかっていません。
「来歴:不明」などと恥ずかしげもなく書いているサイトもあるんですが、国鉄制式客車の履歴が全く不明なはずはなく、「わかることぐらい調べろよ。頭を使えよ」って思います。
(〃▽〃)ああ、恥ずかしい。。。。
とりあえず、手元にあった資料(1964[昭和39]年4月1日現在「国鉄客車配置表」・・・「鉄道ピクトリアル」アーカイブスセレクション16『国鉄の客車1950~60』巻末付録)を見たら、
その時点では宇都宮運転所(東ミヤ)所属だったとわかります。ということは、もっぱら東北本線で使われていたのでしょう。
「原番号+2000」の車号でわかるように、電気暖房装置が取り付けられていますが、これも東北本線で使われる物でしたから、その当時の改造と思います。
ただ、碓氷峠通過可能車を示す「○」印が付いていますが、定期的に信越本線を走る機会があったかどうか。
関東や上信越、北陸地区の客車は、定期運用がなくても臨時の貸与に備え、結構、碓氷峠通過可能に改造した客車がありましたからね。それに該当するかもしれません。

その後、1972(昭和47)年に飯田町客貨車区(西イヒ)へ転じ、中央本線・篠ノ井線の普通列車(新宿~長野間)に使われました。現車の区所名標記も「西イヒ」になっています。
ですから、この地に多少はご縁のある車両です。もっとも、長距離普通列車は新宿~立川間ノンストップだったので、武蔵小金井駅には停車しませんでしたが。
なお、飯田町客貨車区は、1975(昭和50)年3月に中央本線の定期列車がすべて電車化されると同時に廃止されました。
飯田橋駅の近くに「飯田町」という貨物駅があり、そこにあったんですけどね。

この2両が展示されたのは、1975年4月からとのこと。当初は常時公開だったそうですが、部品の盗難が多く、
現在は3~11月の土曜・日曜・祝日および「都民の日」(10月1日)だけで、それ以外はゲートが閉ざされ、近寄ることは出来ません。
また、客車の車内に立ち入ることは出来ません(以前『鉄道ピクトリアル』誌に載った写真は、許可を受けて撮影)。

客車内に入れないこと、客車の妻面にある貫通路が塞がれていること、車体標記の文字が「ナール」調の書体で、旧・国鉄標準書体ではないことなどが残念ですが、
スハフ32形の保存自体が貴重ですし、また、「機関車と連結されている」ところが嬉しいじゃないですか。
(*^_^*)
こんな駅名標がある、短いホームも設置されていますが、


こうして見ると、どこかの田舎駅に停車している往時の鈍行列車みたいに見えます。
ベンチでお弁当を食べているおばあちゃんが、絵になってました!
(^-^*)
img219-2img219-2 posted by (C)Mippyon

前に入ったことがあるので、今回は覗かなかったけど、「江戸東京たてもの園」っていうのも面白い施設ですし、興味のある方はぜひ一度訪ねてみてはいかがでしょうか。
(なお、公園の入園は無料ですが、「たてもの園」は大人400円、中高生と65歳以上のシニアは200円、大学生320円の入園料が必要です。小学生以下と都内の中学生は無料。
「たてもの園」は原則として月曜と年末年始は休園。入園時間は9時30分?17時[10月?3月は16時]。)
江戸東京たてもの園公式サイト http://tatemonoen.jp/raien/holiday.html

《追記》
月曜から金曜までは、ずーーーっとローファー履きっぱなし、しかも立ちっぱなしだったので、
こんなの買っちまいました。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

レトロな客車♪

#びゅんびゅん丸さま
生田緑地の客車、乗ったことありますか!
あれは、とても状態がいいですよ。
ただ、「もう修理するにも部品がなく、職人もいないので大切に扱ってください」と書いてありますから、可愛がってあげましょうね♪

小樽は、今の「小樽市総合博物館」になってからは訪れたことがなく、「北海道鉄道記念館」と呼ばれていた頃に行きましたが(1997年の夏)、
しばらく閉館していた時期があったので、その頃、荒れてしまったのかもしれませんね。

生田緑地は、小田急電鉄の公式サイトによると、旧・向ヶ丘遊園跡地の再開発計画が決まったそうですが、
一部(比較的、駅に近い位置)は低層の高級集合住宅になるものの、全体的には緑地をかなり残す模様です。

レトロ客車

なかなかレトロな客車ですね。昔は全国各地にこんな客車が走っていたんですね。
なんか木の香りがしてよかったです。
生田緑地の客車には乗ったことがあります
水戸で走っていた車両なんですね。車内に入ることも出来て、お弁当とか食べたら最高ですね。道内にも網走とか、各地に客車が保存されていますけど、小樽の科学館とかは状態が悪くって車内が臭くってとても車内に入る気になれません。生田緑地はきれいに整備されていますね。プラネタリュウムとか岡本太郎美術館とか
いいですね。日本民家園見て、枡形山の展望台からの景色もいいですね。夜間は閉鎖されていますけど、開放すれば、めちゃいい夜景スポットになりそうですね

はじめまして

初めてお邪魔させていただきました。
スハフ32でいろいろ情報検索していたところ、拝見しました。

高校生の頃はまだ現役で磐越西線を走っており、この車両がきっかけで晩年の旧型客車に興味を持ち続けてきました。

今でこそ「保存」でしか無いのですが、都内にあるとは知りませんでした。ぜひこの春に行ってみたいと思います。

まだ一部しか拝見していませんが、懐かしい写真が沢山ありますね!
これからも鉄道の楽しい話題を伝えてください。
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。