10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喜多方からの帰り道


(前回からの続き)
「あたし、何杯でもいけるよ!」と大喜びしながら、喜多方の街を「AIZUマウントエクスプレス」から降りた女の子たちがレンタサイクルで有名ラーメン店をめざして走り抜けて行きましたが、
あの子たちが行ったのは、市役所のそばにある超有名店「B」だろうな・・・。
そう思いながら、しばらく街を歩きました。雨が降ってましたけどね。。。。
まだ3月ですから、観光客向けの施設やイベントはほとんどやってないんですが、こういう街を歩くだけで「至福の時間」と言っていいかもしれません。
亡くなった宮脇俊三先生調ですけど。。。。
(私は先生の生前、5分間だけご挨拶申し上げたことがありますよ。でも、それが「一期一会」で、「もっといろいろなことをお話するんだった」と悔やまれます。)

昔・・・国鉄の駅から街の中心がちょっと離れている所は、どこでもこんな感じだったなぁ。
三重県の紀伊長島、山口県の徳山、千葉県の茂原、新潟県の三条、群馬県の中之条・・・。
その国鉄の駅前に、日本通運の支店とタクシーの営業所が・・・っていうのも、お定まりの風景でしたね。

で、超有名店「B」のラーメンもおいしいですよ。私は一時間ぐらい並んだことあるけどね。ただ、「B」の隣にある「M」も、負けず劣らずおいしいわね。
もしかすると、ラーメンっていうのは、日本そばほどの当たり外れがない食べ物なのかもしれませんけどね。。。。

しばらく前に来た時は、駅前通りの「M」(「Bの隣りにあるM」とは別のお店)に入ったので、今日は・・・と思っていたら、「S食堂」のご主人が岡持ちを提げて出前に行くのを発見!
地元の人がお昼に出前を頼むくらいだから、おいしいんだろう・・・と判断し、「S」に入りました。


私は、もう「何杯でもいけるよ!」なんて食欲はなく(だいたい、睡眠欲が著しく減退して「ババァ化」を感ずる昨今だけど)、迷いましたが、それでもチャーシュー麺大盛りを注文(800円)。
この前、千葉駅構内にある「いっつも」のラーメンを食べ損なったからね。。。。
(o^-')b
この「S」のラーメンは「当たり」。
ただ、喜多方は日本そばもおいしいようで、「よもぎそば」なんていうのが名物みたいですよ。

会津若松へ戻るために喜多方発13時49分の普通列車230Dに乗ろうとしたら、車両が入ってくるのを見た高校生の男の子たちが「お、新津のだぜ」とニヤニヤしています。
「お、新津のだぜ」って、君たちはマニアくんなのかい?と、おねえさんは思いましたが(笑)、確かに新津運輸区の車両。


←会津若松 キハ40 502+キハ47 1520(新ニツ)の2両編成でしたが、西日本では比較的ポピュラーなキハ47って形式、東日本では意外にも少数派です。
(キハ47形にはデッキがなくて寒いからかな? デッキ式のキハ40と48は、よく見かけますけどね。)
だけど・・・あたしは「おまい」に、弥彦線で乗ったことがあると思うのよ。。。。
その頃(1980年代前半)の弥彦線はキハ30形が多かったと思いますが、キハ47も入っていたんだなぁ。
もっとも、「新車」のキハ47は、めったに弥彦線へは回ってこず、「いちご線」(越後線)か、でなければ、思いっきりロングランの羽越本線酒田方面行が多かったように思うけど、気動車の運用はアバウトだったからね。。。。

そういえば中学生の時に北三条駅へ、横浜へ帰る切符を買いに行ったら学割証がクシャクシャで、学校の先生みたいな駅員さんに
「美津香さん、これをこんなふうに粗末にしてはいけないよ。割引が受けられなくなってしまうからね」と注意されたことも思い出しました。。。。
(学割証には学校名、学年、氏名、年齢が書いてあるので、どこの子かバレバレなのです。)

懐かしいキハ47に乗れたのは、ほんの少しで、14時06分に会津若松へ到着。郡山行快速「あいづライナー4号」(1214M)が入ってくるところでした。


「あかべぇ」塗装も面白いけど、485系だったら、やっぱり国鉄特急色に限るよねぇ。。。。
そう思いつつ、本屋さんや「食品館ピポット」のミスタードーナツで時間をつぶし、15時00分発の鬼怒川温泉行「AIZU尾瀬エクスプレス」(3121D)に乗りました。

「会津鉄道は、鉄道専門誌に登場する機会が少ない」と前回書きましたが、そのため、私はこのAT-600・650形という車両を知らず、
「”AIZU尾瀬エクスプレス”って、車両は何を使っているの?」と思っていました。
前回のラストで触れた、「新潟で生まれた(注:メーカーが新潟トランシス[株])、越後美人の若い娘」とは、これのことです。


車内は2人掛けのロマンスシート(転換クロスシート)です。リクライニングはしませんが、私が偶然乗ったAT-652は財団法人日本宝くじ協会寄贈の「宝くじ号」ということもあって、
テーブルがあり、壁にインテリア照明が付けられているのが、他のAT-600・650形との違いだとか。
私は、1年間ほど毎週「ロト6」を買い続け、中居くんの「あいつは1億円持っている・・・」どころか、1年間で総額1500円しか当てられずに敗退したバカな女ですが、
私が注ぎ込んだお金で買ったのかもしれないね、あのインテリア照明。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚


そう思うとおかしいんだけど、スペックを調べると、この「尾瀬嬢」も最高速度100km/hまで出るそうですし、AT-650形にはトイレもあり、通路も広いし、ワンマン運転も可能。
しょせんは、特急料金不要の「快速」用車両ですから、これで十分なんですよ。
あの「マウント姉さん」キハ8500形の設備が、ソフト・ハードとも、会津鉄道にはいささか過剰だったんです。

まあ、「マウント姉さん」は愛知県の名門・・・というか、日本有数の名古屋鉄道という大私鉄から来た花嫁さんで、
なんといっても、彼女の「おばあちゃん」は日本の鉄道史に残る名車・7000系パノラマカーなのですから、お育ちもいいし、スタイルも優美です。
カミンズ社のエンジンを積んで「アメリカの血」も入った車両でしたが、高山本線を毎日往復して山道にも強く、タフでした。なにしろ、旧名「北アルプス」ですから。

しかし、飛騨川の水には馴染んでも、会津の大川の水には馴染めなかった感じですし、一度、踏切事故で大怪我をしてから、急激に元気を失ってしまったようです・・・。
「マウント姉さん」は、本気で走れば若い「尾瀬嬢」が及ばぬ120km/hは出るスプリンターなのですが、
会津鉄道には、高山本線みたいに「本則+15km/h」で通過できる「1線スルー分岐器」がある駅などありません。
それどころか、列車交換が出来るほどの規模がある駅は、すべて「快速停車駅」なのです・・・。
そう思うと、嫁ぎ先では本領を発揮しかねた「マウント姉さん」キハ8500形は、気の毒でしたねぇ。。。。
(ё_ё)
あれこれ調べてみると、AT-650形が4月頃、新規に3両入線する予定で、それが例の「キハ8500形4月引退説」の根拠らしいのですが、
AT-650形は磐越西線喜多方への入線実績がないので、JR側乗務員(会津若松運輸区)の訓練も必要でしょうし、それに少し時間がかかるとすれば、「新車入線=即、キハ8500形引退」となるのかどうか。 
ただ、会津鉄道だって、福島銀行だか東邦銀行だか大東銀行だかへ、購入費の返済だけするのもバカバカしいから、一日も早く使いたいでしょうし、「マウント姉さん」が消え去る日も近いことは確実でしょうね・・・。
(​_ _​。)・​・・シ​ュン

飾り気はないけど、若くて元気な山の子「尾瀬嬢」は、会津高原尾瀬口から満員になり、17時12分に鬼怒川温泉へ到着。
でも、また近いうちに来るような気がしますね。。。。
(θωθ)/~

1分で接続する浅草行特急「きぬ136」号が出てしまうと・・・雨も降ってるし、寒い!
((((((;゜Д゜))))))ガクガクブルブル
この「きぬ」で帰ってもよかったんですが、なんとなく特急料金をケチってしまいました(結局「きぬ」は満席でしたが)。
次の浅草行は17時59分発の快速(168列車)ですが、17時31分発の下今市経由東武日光行各停に乗れば・・・これは、快速と同じ6050系電車。しかもガラ空き。


さっき、鬼怒川温泉駅前の「レインボー」という、私は初めてお目にかかったコンビニで、こんなの買ってきました。


このお嬢ちゃんの缶コーヒーは初めて見ましたが、推定年齢5歳ぐらいの幼児のくせに、大人ぶって「炭焼よ!」などと申しております。。。。
お子ちゃまの分際で、ポコという「カレシ」もいることだし、生意気です(笑)。
でも、しょせんペコは大人ぶったって、お子ちゃまですよ。一口飲んでみたら、やっぱりミルキーな甘口、ママの味。。。。
まあいいや。どうせペコがおばさんになり、メガネをかけると「私の顔」になるので・・・。
(​ノ∀≦。​)ノプフ​゚ーッ​

下今市で乗り換えた新栃木行各停(916列車)も6050系でした。東武さんって、この2ドア・ボックスシート車をずいぶん持ってるんですね。
(今調べたら、野岩鉄道と会津鉄道所属の同形車両も含めて、33編成[66両]あるそうです。)
新栃木から乗った各停南栗橋行(246列車)はロングシートの10030系で、「東京の通勤圏に入ったな」という感じ。
だけど、ドアの「半自動回路」がないので、誰も乗りもしないドアも「全開バリバリ」(←死語)なのよ・・・。
「♪自動ドアじゃない/面倒でも人生の扉は自分の手で開けて・・・」って辛島美登里さんは唄ったけど、アレはアレで「すぐれ物」なんだなぁと思いました(笑)・・・。
(『チャンスの卵』って曲だけど、知ってる人いないよね。。。。)

そして、南栗橋からの急行は、手元の『東武時刻表』(2009年6月6日発行)によれば、列車番号が「1974T」とわかっていたから「東武車だな」と思いましたが、50050系でした。
(列車番号の末尾が「T」は東武車、「S」は東京メトロ車、「K」が東急車。)
この電車の行先は「中央林間」(東急田園都市線。神奈川県大和市)です。以前も書きましたが、私は学校が横浜市青葉区にあったので、なんとまあ懐かしいことよ(泣)。。。。
だけど、どうせなら東急車に乗りたかったなぁ(座席は東武車の方が、座り心地がいいんですけどね)。。。。

で、また『東武時刻表』を見て、一瞬で決断。
トブコ(注:東武動物公園駅の部内略称)で、この電車の後を特急「りょうもう44号」が追いかけてきます。
いい加減、食傷気味になっていたこともあり(会津若松で買ってきた本も読み終えてしまったし)、「りょうもう」に乗り換えることにしました。


「そうか、今は”りょうもう”ってトブコ停まるんだ?」と思いつつ、夜間割引300円(所定500円)の特急券を買って乗れば、ガラ空き。
昔むかし、桐生や足利あたりの織物産業が活況を呈し、高速道路もなかった時代には、年中いつでも満席のモンスターみたいな存在で、
「りょうもう」は誰が名づけたか「お化け列車」とも呼ばれた・・・と前に書いたけど、それも夢のようです。なにせ、トブコから乗ったのも、私以外には中年の女の人が一人だけでしたし・・・。
それでも特急は速く、どこかで1974Tを追い抜いたらしく、たった6分ですが早く北千住(20時12分)に到着。

楽しくもあり、去り行く「マウント姉さん」キハ8500形が気の毒にもなった会津の旅もおしまいです。。。。
(^-^*)/
【追記】(2010-05-24)
「マウントおねえさん」5月30日でラストと決まりました。

==================================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

東武6050系

#みゅーりゃー様
野岩鉄道が開通したのは1985年ですから、だいぶ経ちますね。
その頃は、まだ会津高原(現・会津高原尾瀬口)から先は国鉄会津線でしたが、あんまりやる気がなさそうっていうか、「乗っていてもつまんない鉄道」でした。
でも、会津鉄道になってからは、「少しでも楽しんでもらおう」という意欲が感じられますね。

東武6050系の評価は・・・状況によって変わりますね。

私、新大平下からの帰りに区間快速を利用することが度々あったんですけど、
途中駅から乗ると、会津田島や鬼怒川温泉の方から乗ってきて、お酒飲んで盛り上がっちゃったりしている人たちも結構いるので、
そこへ割り込んで座らせてもらうのは、少々度胸が必要です(笑)。

まあ、「区間快速」と称して快速を各駅に停車させ、新栃木?下今市間などの各停を削減した・・・ってやり方自体、旧・国鉄の長距離普通列車みたいで、びっくりしましたけど。
(昔は昼間の常磐線に「上野?仙台」なんて客車列車があり、日暮里から我孫子あたりまで行くのに、それに乗ったこともありますよ。それを思い出しました。)

すべての利用者を満足させるのは、本当に難しいですね。

Unknown

26年ぶりの大雪だった2月6日に乗り鉄してきたときとは、こんなに雪がなくなってしまってるのかとびっくりしてます。

6050系はこの時久しぶりに乗りました。てか、前回は野岩鉄道が開通したときに乗ったっきりでしたが(笑)私はボックスシートが好きなのでこの手の車両に乗るとホッとします。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。