05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会津鉄道キハ8500形に乗った!ヽ(゜∀゜ )ノ


「ミッピョンは、また出かけているらしいよ」
(​ノω`​)プ​プフ​゚
と、お友達のリエポンや、さらにそのお友達は噂しているみたいですが、会津鉄道のキハ8500形「AIZUマウントエクスプレス」が廃止されるらしい・・・というので、行ってきましたよ。

このキハ8500形は元・名鉄の車両で、JR高山本線に直通する特急「北アルプス」(2001[平成13]年9月30日限り廃止)に使われていましたが、私は名鉄時代に一度、犬山遊園駅で撮ったことがあるだけで、乗ったことはありませんでした。
会津鉄道へ転じてから一度だけ乗ってるんですが、会津若松~西若松間だけという、非常にショボい乗り方でした。
(その時、本来の目的はJR只見線に乗ることだったので。)
憶えているのも「45歳ぐらいなのに、おっぱいの形と大きさが素晴らしい女の人が乗っていて、(貧乳の私は)すげ~羨ましかった」という、くだらないことだけです。。。。
((ヾ​(∀´​* )​ アヒ​ャヒャ​ヒャヒ​ャ
会津鉄道は、湯野上温泉駅・名誉駅長の猫「ばす」の人気もあって、テレビの旅番組での露出度は非常に高いんですが、鉄道専門誌には情報があまり載りません。
「キハ8500形引退」の情報は、鉄道専門誌『F』(仮名)の4月号に「2010年4月限り」と載ったんですが、会津鉄道の公式発表ではなく、あんまり信用できない。
(『F』誌情報のクオリティは近年、はっきり言って低くなってます。他誌では早くから「大宮支社の183系に置き換え」と発表されていた「3月ダイヤ改正後の”ムーンライトえちご”充当車両」を、いつまでも把握できてないしね。)
『JR時刻表』3月号では、「AIZUマウントエクスプレス」の喜多方延長運転日を「3月13日~6月27日の土曜・休日」としているので、「じゃあ、少なくとも6月27日まではキハ8500形で走るわけね?」と思いますが、
こんなことは考えていたって始まりません。北海道、九州ならともかく、東京から日帰りできて、往復1万円もかからない会津ですから、時間とお金があるなら「まずは実物を見る」に限ります。

・・・ってことで、ピョンピョン飛び跳ねるミッピョン(笑)は、北千住7時21分発の快速会津田島行(35列車)に乗りました(3月6日)。
今回、初めて「ゆったり会津東武フリーパス(喜多方)」(北千住から6710円。3日間有効)というのを使ってみました。


これは、下今市~野岩鉄道~会津鉄道~JR線西若松~会津若松~喜多方間がフリー区間で、「マウントエクスプレス」の運転区間(鬼怒川温泉~喜多方間)を全区間含んでいます。
JRの「ツーデーパス」(5500円)利用も考えたんですよ。会津鉄道にも乗れますし。
ただ、会津鉄道のフリー区間は西若松~会津田島間で、全区間ではないし、ダイヤを見ると「マウントエクスプレス」は東武線から乗り継ぐ人が主眼らしく、
郡山~会津若松経由での乗り継ぎは、「マウントエクスプレス」に長時間乗っていたいと思うなら、あんまり効率的な感じではありません。
それで、今回は「マウントエクスプレスに鬼怒川温泉から喜多方まで付き合う」と決め、東武線経由としたんです。

鬼怒川温泉駅で快速を降りると・・・キハ8504+キハ8501が停車しています(トップの写真)。
しかし、外板の塗装は剥げて色褪せ、一部は錆が露出していて、「これは確かに長くないのかもね・・・」と思わせます。
ですが、名鉄時代とほとんど変わらない姿ですし、車両のナンバーも名鉄名物の、独特の書体で書かれています。


車内も、ほとんど変わっていません。この車両は1991(平成3)年にデビューしましたが、座席などは名鉄1000系電車「パノラマSuper」に準じている・・・というより、「100系新幹線がこんな感じだったなぁ」と思いました。


9時50分に普通307列車(下今市で、JR新宿発の特急「日光1号」から接続)が、58分に浅草発の特急「きぬ103号」が到着し、満席になって10時01分に発車。
この列車、鬼怒川温泉~新藤原間は東武、新藤原~会津高原尾瀬口間は野岩鉄道、会津高原尾瀬口~西若松間は会津鉄道、西若松~会津若松~喜多方間はJR東日本の「4社直通運転」です。
ただし、乗務員は鬼怒川温泉から会津若松まで、会津鉄道が担当します。東武と野岩鉄道には気動車を運転できる人がいないためです。
(逆に、会津高原尾瀬口~会津田島間を走る電車は、野岩鉄道の乗務員が担当しています。以前は会津鉄道にも電車を運転できる人がいたんですが、現在、新規の「甲種電気車」乗務員養成はしていない模様。)

この車両、1991(平成3)年3月16日のダイヤ改正から、従来のキハ8000形気動車に代わって、新名古屋~高山間の特急「北アルプス」(JR高山本線乗り入れ)に使われましたが、名鉄時代は短く、2001年までの10年足らずでした。

「北アルプス」時代には乗ったことがないと書きましたが、企画乗車券では一切乗れませんでしたし、それどころか定期券・回数券での乗車も認めない、えらく敷居の高い列車だったんですよ。
また、新幹線との乗継割引特急券もありませんでした(JRの特急「ひだ」は割引になった)。
発車時刻も新名古屋(現・名鉄名古屋)発11時15分だったか、中途半端な時刻で、利用者のニーズに合っている感じではありませんでした。
東海北陸自動車道が延伸されると、当の名鉄自体が「北アルプス」に見切りを付けて、名古屋~高山間に高速バスの運行を始めたくらいで、「平均乗車率は30%」とかいう話でした。

もっとも、廃止直前に乗った人の話では「指定席は満席だったので、自由席の特急券を買ったが、座れなかった」といいます。
平均乗車率3割の列車に、廃止直前になったらマニアが殺到・・・っていうのは、寝台特急でも何でもそうですが、実に嫌な話ですね。

名鉄での引退後、まだ新しい車両なのでどうなるか・・・と思いましたが、会津鉄道が購入しました。
1両あたりの価格は・・・トヨタ「セルシオ」とかニッサン「シーマ」など、国産高級乗用車ぐらいだったそうですよ。
会津鉄道にはキハ8500形全5両、1両も欠けずにやって来ました。そして、2002(平成14)年3月23日から運転されています。
2003(平成15)年10月1日から土曜・休日を中心に喜多方までの延長運転が始まり、2005(平成17)年3月1日から、鬼怒川温泉への乗り入れが行われています。
現在はキハ8504+8501、キハ8502+8503の2両編成を組んでおり、一時使われた中間車キハ8555は廃車になりました。

この車両は、特急「ひだ」に使われているJR東海のキハ85形とほぼ同じ仕様で、エンジンも同じカミンズ社(アメリカ)製の「NTA855-R1」(JR東海では「C-DMF14HZ」と呼称)です。
実際に、「北アルプス」は1999(平成11)年12月4日から、美濃太田~高山間でJRのキハ85形特急「ひだ7号」「同18号」と併結運転していました。
ただ、名鉄線内の車両限界は狭く、キハ8500形はJRキハ85形より多少小ぶりでしたが、ミリ単位の話ですから、乗っている分にはほとんどわかりません。

さて、会津田島駅の構内には、僚車のキハ8502+8503が待機していましたが、この日は走らないようでした。いろんな車両がゴチャゴチャ停まっています。


このキハ8500形・・・というか、カミンズ社製「NTA855-R1」の魅力は、従来の国鉄標準型エンジンに比べ、加減速や高速性能が抜群に優れている点で、
同系列のエンジンを搭載するキハ85形の「ひだ」にせよ、キハ75形の快速「みえ」や名古屋~武豊間直通列車にせよ、惚れ惚れするほどの飛ばしっぷりです。
だけど・・・会津鉄道でその特性を生かせる区間はあまりなく、「飛ばしているな」と思ったのは、野岩鉄道線内の長大トンネル区間と、JRの会津若松~喜多方間(途中、塩川のみ停車)ぐらいでしたね。

私は、JR東日本の183系電車を取り上げた回(2月26日付)でも書きましたが、高速性能を持っている車両をダラダラ使うのには反対です。エネルギーの浪費が著しいし、だいいち、エンジンやモータに負荷が掛かって、むしろよくない。
正直、「この車両は、会津鉄道には過大・過剰な性能だったな・・・」という感じです。
車体構造も、デッキ式で詰め込みが効きませんし、ワンマン運転は不可能で、やはり「日本有数の大手私鉄が所有する、特急料金を要する特別な列車向けの車両だったんだな・・・」という感じ。
言ってみれば、愛知県屈指の名家に生まれた才色兼備のお嬢様が、東北の山中に嫁いできた・・・という印象です。
しかしまあ、乗ってみれば洗面所の水が出なかった以外は実に快適でしたよ。

鬼怒川温泉から乗った人たちは、だいたい湯野上温泉までに降りてしまい、東京から会津若松までこのルートで行こうって人は、今の時季には少ないようでした。
「とにかく安く」というなら、新宿~会津若松間の高速バス「夢街道会津号」ですと、乗り換えなしで往復7000円ですしね。
(これは池袋駅近くの明治通りでよく見かけるんですが、まだ乗ったことがありません。)

ところが、会津若松でJRの快速「あいづライナー」(485系電車「赤べえ」編成)から乗り換えの人たちがドドッと乗ってきて、下校する私立高校生も加わり、また満席になりました。
(会津若松~喜多方間は、JRの乗務員が担当します。)

磐越西線を快調に飛ばして12時21分、喜多方に到着。


喜多方っていえばラーメンですが、「あたし、何杯でもいけるよ!」と威勢のいいことを言って、私より一回り若いお嬢さん方が降りて行きました。
この女の子たち、街を歩いてたらレンタサイクルを連ねて某有名店の方角へ向かうのを偶然見たけど、自転車飛ばしてラーメン屋めぐりかぁ・・・。
もう、それだけで「若いって素晴らしい」と思いましたわ(泣)。。。。
(^_^;)ゝ
まあ、おねえさんも「地元受けする、玄人好み」の某店に入りましたけどね。

で・・・キハ8500形、結局なくなるのかどうなのか?

それは、わかりません。なぜなら、会津鉄道の車掌さんって、ものすごく忙しいのね。
東武線から「PASMO」などのICカード乗車券で入ってくる人(新藤原以北では使えない)をブロックするためか、必ず検札がありますし、
それが終わったら例の猫駅長「ばす」のテーマソングのCDを車内に流し(昔の『黒猫のタンゴ』みたいに、子供が唄ってるやつね)、
さらに、このCDを販売しながら、「ご希望の方には沿線名産の”アスパラ飴”を一粒さしあげます」(それもどこかで売っているらしい)とか・・・。
(会津田島で交替した車掌さんは、非番らしき私服の人に「あ、俺、飴持ってくるの忘れた。CDは持ってきたけどさ」と言ってたけどね[笑]。)
だから、余計なことを聞ける雰囲気ではありませんでした。

あんまり信憑性のない話を頭から信じたり、ネット上で「ああでもない、こうでもない」と議論しているくらいなら、行ける時間とお金と体力がある方は「まだ間に合うから、行ってみてください」と思いますよ。
だって、その「愛知県の名家出身のお嬢様」に乗ってみれば、それはそれで面白いですからね・・・♪
もっとも「4月で引退」という情報の正否はともかく、車体などを見る限り「あまり長くはないだろう」ということは、間違いありません。

なぜなら・・・今度、会津鉄道には新潟で生まれた、越後美人の若い娘がやってきたんだな。。。。
( ゜д゜ )bフムフム?
(続きは次回!)

【追記】(2012-07-07)
会津鉄道キハ8500形は、2010年5月30日が定期列車最終運行となりました。
(結果的に、「4月で引退」は誤報だったことになる。)
なお、2011年3月26・27日に会津田島駅構内で「さよならイベント」を実施する予定でしたが、これは震災の影響で中止されました。

現在、車両は「日本国内某所」に保存されている模様です。
なぜ、その場所を明記しないかといえば、『ウィキペディア』の「会津鉄道キハ8500形」の項に書いてある場所(寺院)は、
その寺院の公式サイトを見ても「そんなのがある」とは一言も書いておらず、私(みっぴょん)も現地を訪れていないため、確認できないからです。

一方、某運送会社の公式サイトに「弊社の最近における仕事」として、「会津鉄道キハ8500形をトレーラーで輸送、搬入した」と紹介されていますが、それは、上記の寺院とは全然別の場所(県も異なる)です。

要するに、あまり情報が伝わらないのは、現所有者が「やたらに人には見せたくない」ということですよ。
そういうのは「そっとしておくに限る」というのが、私(みっぴょん)の考えです。

なお、東武鉄道の企画乗車券「ゆったり会津東武フリーパス」の発売額は、記事の発表当時と同じですが、有効期間が当時の3日間から、現在は4日間に延長されています。
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

1時間40分遅れ・・・

#みゅーりゃー様
2月上旬は、そんなにすごい雪でしたか・・・。
喜多方駅で降りて、駅前へ出て驚いたのは
「そんなに寒くない。。。。」

いや、寒いことは寒いんですけど、「東京でも、この程度の寒さの日はある」と思って我慢できる気温だったんです。
降っていたのも「雨」でしたし。

道路などに雪は全然ありませんでしたよ!
会津にも少しずつ春が近づいているんですね♪

Unknown

またお邪魔します!

先月6日にこの区間を通り喜多方からこの列車(折り返し)に乗ろうと思ってたのですが、新潟からの列車が大雪と風規制で100分遅れてラーメン&キハ8500は消滅してしまいました。と言うかひと月違っただけであれだけあった雪が全く無くなってるんですね!ビックリ!
Secret

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。