10
1
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
15
17
18
20
21
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「あさぎり」といったら小田急SE車でしょう!

小田急3000形SE車3021編成(2001年10月・海老名検車区)


こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)

JR東海の371系電車が、(2014年)11月22~24・29・30日に浜松~松田間を走る臨時急行「御殿場線80周年371」を最後に引退するそうです。
・JR東海公式サイト「御殿場線80周年キャンペーン」
http://jr-central.co.jp/news/release/_pdf/000024314.pdf
(PDF形式:247kb)
JR東海静岡車両区(2014年3月9日)

この「御殿場線80周年キャンペーン」(注:「開業80周年」ではなく、「東海道本線から、御殿場線に格下げされてから80年」の意)の告知は、いったん8月20日付で発表されましたが、
そのとき「御殿場線80周年371」運転についても告知されたものの、その時点では「これがラスト」とは言っておらず、
10月20日付であらためて出された告知で初めて「ラスト」と言い出したので、この2ヶ月の間にJR東海社内でどういう話があったのか、よくわかりません。

いずれにしろ、あいにく、この車両には全然馴染みがないんだなぁ、私は。
┐('~`;)┌
JR東海371系「あさぎり」(2011年11月26日・小田急線向ヶ丘遊園~生田間)

御殿場線には年に2~3回、お墓参りに行くときに乗りますが、
(最近では2014年9月27日)
「あさぎり」って列車は、小田急線とJR線に跨って乗ると、特急料金がべらぼうに高くなるんだよね。。。。
静シス371系「富士山トレイン371」(富士岡~岩波間・2013年8月4日)1

現行の運賃・料金(2014年10月現在)でいうと、
「あさぎり」を新宿~松田間で利用した場合は、片道1470円なんですが、
新宿~駿河小山間だと片道2550円、新宿~御殿場間だと片道2810円もするんだよ。。。。
( ゜。゜)ウヒョー
これは、JR線内の特急料金が、わずかな距離なのに840円もするためですが、
年に3回お墓参りに行くとすれば、840×6回(3往復)=5040円ですから結構な負担になってしまい、まず「あさぎり」に乗ることはありませんね。
ほとんどの場合、新宿か代々木上原から小田原行きの急行電車で新松田へ行き、御殿場線の普通列車で駿河小山か御殿場へ行って、富士急の路線バスに乗ります。
(この9月は、帰りに御殿場駅前から小田急の高速バスに乗りましたが。このバスは、新宿西口~御殿場駅間片道1680円です。)

そういう次第で、特急料金分で「おじいちゃんに、ちょっとマシなお酒をお供えしてあげよう」と思うので、
私にとっての特急「あさぎり」とは「見るもの」「撮るもの」であって、「乗るもの」ではありません。
「Suica」や「PASMO」も使えんしね。、

JRの371系に馴染みがないんですから、この車両が「あさぎり」として運行していた当時の僚友、小田急20000形「RSE」車も、あんまり乗る機会はありませんでした。
小田急20000形RSE「あさぎり」(2012年2月22日・沼津駅)

現行の60000形「MSE」車による「あさぎり」も「見るもの」で、乗る機会はないなぁ。
小田急線内だけなら、しばしば乗ることもあるんですが。。。。
小田急60000形MSE「あさぎり1号」(2014年4月25日・御殿場線松田駅)

しかしまあ、「あさぎり」といったら、私にとっては懐かしの小田急3000形(初代)、通称「SE」車ですよ!
(*'-'*)つ
小田急3000形SE車「あさぎり」(1990年10月・代々木八幡駅)2

この車両が連絡急行「あさぎり」から撤退したのは1991(平成3)年3月16日のダイヤ改正のことで、
これを機に「SE車」から、371系・20000形の特急「あさぎり」になったんですが、
前年の10月ごろ、『朝日新聞』の都内版に「小田急SE車引退」の記事が載り、その記事に添えられていた写真を真似て撮ったのが、上の写真。

この日は、代々木八幡とか上原近辺をうろついて撮っていたようです。
小田急3000形SE車「あさぎり」(1990年10月・代々木八幡~代々木上原間)

カメラはリコー製のコンパクトカメラで、夢の中で「写真を撮っている」のを見て、翌日、量販店へ行って「安くて使いやすいカメラをください」と言って買ったのがそれでした。
(1995年ごろに一眼レフ機を買ってからは予備用になっていましたが、約10年間の活躍の後、ある日突然、内部の電子機器がダメになって、天国に召されました。。。。)

「写真を撮っている夢を見た」とは、なんだか谷山浩子さんみたいな話だけどさ(笑)。
(この方も、やはり「”写真家になっている夢”を見て、すぐにカメラを買った」そうですよ。)

ただまあ、あるとき占い師の方に見てもらったところ、私の前世は写真家ではなく「江戸時代初期(1650年ごろ)の学者」で、「中年期以降は、学問に見切りをつけて諸国を放浪した」そうだけど(笑)、
それはともかく、代々木八幡あたりで撮っているだけで満足できるはずもなく、
当時は宮脇俊三先生の影響で「乗り鉄」だったので、SE車の「あさぎり」に御殿場まで乗り、御殿場駅構内に留置中のところを撮りました。
小田急3000形SE車「あさぎり」(1990年10月・御殿場駅)

五能線を最後に、JR東日本線を全線完乗した(2011年6月)後、乗ることには全く興味がなくなり、今では、鉄道ちゃんは「被写体」になってしまいました。
(免許は持ってるけどマイカーを持ってないから、「足」としては乗りますけどね。)
今回の「御殿場線80周年371」号も、まだ11月下旬の予定が確定しませんが、時間があったら撮りに行くかもしれません。
でも、乗ることは、まずないでしょうねぇ。。。。

では~♪(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフィフ女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

東武1800系の臨時快速を撮ったよ♪

東武鉄道1800系急行「りょうもう」(1988年9月23日・赤城駅)1

こんにちは、みっぴょんです。

こんな懐かしい切符が出てきました。
(*'-'*)つ
東武鉄道・急行「りょうもう26号」急行券(1982年4月29日・館林駅発行)

東武鉄道館林駅・1982(昭和57)年4月29日発行の「りょうもう26号」急行券です。

硬券ですね。もっとも、その前年に同じ館林駅で買った急行券はコンピュータ発券でしたので、翌年に硬券で売っていた理由はわかりません。
そもそも、この日に館林へ行った理由が、どうしても思い出せません。
この時期、館林市の群馬県立つつじが丘公園では、例年ツツジの花が満開になりますが、それを見に行ったのかなぁ?
(・.・)?
いずれにせよ、当時の「りょうもう」は特急ではなく「急行」で、車両も1800系電車でした。
東武鉄道1800系急行「りょうもう」(1988年9月23日・赤城駅)2

1800系のデビューは1969(昭和44)年9月20日で、それまで、伊勢崎線の急行列車はモハ5310形や5700系などの旧型電車で運行されていましたが、
冷房もなく、相当に陳腐化していたため、新型車両に置き換えられました。

とは言うものの、日光線・鬼怒川線の特急に使われていた1720系と違い、1800系は仕事で東京~北関東間を往来する人々の利用を意識したのか、車内設備は簡素で、
座席は回転式クロスシートですが、リクライニングはしない構造でした。映画館の椅子みたいなもんですね。
(注:下の写真は1800系を改造した350系のものですが、基本的には1800系時代と同じです。)
東武鉄道350系車内(2009年12月27日)

車内販売もなく、その代わり、車内にコカコーラの自販機が設置されていました。これは、日本の鉄道車両に自販機が設置された最初の事例だそうです。
トイレはありますが、独立した洗面所はなく、トイレ内に手洗い器があるだけで、あらゆる面で「これは”特急”ではない。”急行”なんだ」と差別化されている感じでした。

しかし、東北自動車道開通以前の「りょうもう」は常に満席で、「お化け列車」の異名もあったんです。
常に視聴率上位の番組を、テレビ業界では「モンスターのようだ」という意味で「お化け番組」と呼びますが、「りょうもう」も「怪物的な利用率の高さ」を誇っていたので、そう呼ばれていたのでしょう。
日光線・鬼怒川線の特急「けごん」「きぬ」は、季節や時間帯によって利用率に波がありますから、「いつでも満席」とは、東武鉄道にとっては実にありがたい「ドル箱列車」だったわけです。

それもあって、1979(昭和54)年には中間車が増備され、4連→6連に増結されましたが、伊勢崎線北部の駅はホームが短いため、それ以上は長くなりませんでした。

下の写真は「ビジネスライナーりょうもう」というヘッドマークを付けていますが、
これは1990(平成2)年9月25日から、「りょうもう」の上り(朝)1本・下り(夜間)1本が定期券+急行券での乗車ができるようになり、特にその1往復を「ビジネスライナー」と呼んでいた当時のもの。
この呼称は1997(平成9)年3月25日から、すべての「りょうもう」が定期券乗車可能になった際、廃止されましたが、逆に言えば、1990年まで東武の優等列車は厳格に「原則として定期券乗車お断り」だったわけで、今となっては驚きです
東武鉄道1800系・1819F(右・「ビジネスライナーりょうもう」)と350系353F(左)(2010年12月5日・南栗橋車両管理区)

1987(昭和62)年12月に、マイナーチェンジした1819Fが登場しましたが、「りょうもう」全体をさらなる新型車両に置き換えることになり、
1991(平成3)年3月1日から200系・250系への置き換えが始まり、1998(平成10)年3月31日に置き換えが完了しました。

そして1999(平成11)年3月16日、「りょうもう」は特急に昇格しましたが、これはまあ「時代の流れ」でしょうね。

「りょうもう」の戦列から離れた1800系は、300系・350系に改造されました。
どちらも基本仕様は同じですが、300系は6連、350系は4連です。

現在、300系は夜間の特急「きりふり」(平日運転)が唯一の定期運用ですが、東武名物の夜行列車「尾瀬夜行」「スノーパル」にも充当されます。
平日の夜間に浅草→春日部・南栗橋間を走る「きりふり」は、JRの「ホームライナー」に似たイメージで、
・列車名は、日光の「霧降高原」にちなんだものなのに、日光まで行かない(笑)。
・南栗橋行きの「きりふり285号」は、末端の春日部→南栗橋間だけ乗る場合、特急料金不要。
という面白い列車です。
「尾瀬夜行」「スノーパル」は、私鉄では非常に珍しい「夜行列車」で、私も一度乗ってみたいんですが、まだその機会がありません。
(*'-'*)

350系は、浅草~東武宇都宮間の特急「しもつけ」として毎日走っていますが、
東武鉄道350系・特急「しもつけ」(2014年10月18日・杉戸高野台駅)

旅行シーズンには浅草~東武日光間の臨時特急「きりふり」、浅草~鬼怒川温泉間の臨時特急「ゆのさと」にも充当されます。
東武鉄道350系・特急「きりふり」(2014年10月18日・杉戸高野台駅)

なお、1800系のうち3編成は、4連に短縮のうえ、車内を通勤車仕様(デッキと自販機、トイレの撤去・一部の座席撤去・吊り革の設置など)に改造され、2001(平成13)年4月から佐野線・小泉線などの普通列車に充当されていましたが、
これは短命で、2006(平成18)年7月に8000系電車と交代して引退。翌年に廃車・解体されました。
私も、佐野駅に停車しているのをJR両毛線の車内から一度見ただけで、乗車も撮影もする機会はありませんでした。
============================
・・・と、一枚の古い切符をキーに、ここまで書いて「記事をUPしちゃえ!」と思ったんですが、
過去の写真で構成しただけの記事じゃ、面白くないよね。。。。
( ・_・)
東武鉄道1800系・1819F(右・「りょうもう」)と350系353F(左)(2010年12月5日・南栗橋車両管理区)

1800系で唯一、原型の赤いカラーのまま残っている1819Fは「今、どうしているんだい? 元気かい?」と思ったら、
2014年10月10日付で、東武鉄道公式サイトに「10月11日から11月16日までの土曜・休日、東武動物公園~東武日光間の臨時快速列車に充当」と発表されました。
http://www.tobu.co.jp/file/pdf/8cbf2c167d5d2e4ff0a936180fa704c9/1410aki_rinji.pdf?date=20141010171146
(PDF形式:1.61MB)

10月11日からの臨時列車について、前日の10月10日に発表するとは「むむっ、いきなり来たか!」って感じですが、
東武の臨時列車は、このように「突然発表」が多いので、気をつけなければ。。。。
それでも、webで発表されるようになって、情報入手がずいぶん楽になりました。昔は駅貼りポスターだけでしたから、沿線以外で知る方法はなかったのです。

そうと分かれば、その写真を載せたうえでUPしたいのが人情というもので、10月18日の朝、日光線の杉戸高野台駅で撮ってきました。
(*'-'*)
東武鉄道1800系・1819F臨時快速(東武動物公園~東武日光間)(2014年10月18日・杉戸高野台駅)1

この臨時列車は、浅草発8時10分の快速17列車東武日光・会津田島行き(下の写真)の混雑緩和を目的に運行しているようですが、
東武鉄道6050系快速(浅草~東武日光・会津田島間)(2014年10月18日・杉戸高野台駅)

それならそれで、浅草駅はダイヤ上、ホームの空きに余裕がないので無理だけど、「せめて北千住始発にしていただきたいなぁ」と思いますね。
東武鉄道1800系・1819F臨時快速(東武動物公園~東武日光間)(2014年10月18日・杉戸高野台駅)2b

なお、昨年(2013年)秋は、この東武動物公園~東武日光間の臨時快速列車には1800系と、例の旧カラーに復元された8000系の8111Fが充当されたようですが、
今年は8000系の充当はなく、全日1800系で運行されます。
8111Fは、ファンには大変な人気で、私も懐かしく思うけど、一般のお客さんには「トイレがない」「ロングシートでは旅の気分が盛り上がらない」と不評なのかもしれませんね。
東武8111F「東京スカイツリー開業100日」記念列車(2012年9月1日・野田線北大宮~大宮公園間)

1800系は、もっと撮りたい気がするので「期間中に、もう一回ぐらい行かれればなぁ・・・」と思っています。
では~♪(*'​-')​ノ
============================
■みっぴょんからのお知らせ(2014-10-19)
・RSSリーダーの件

いつも、当ブログをお読みいただき、ありがとうございます。

このブログをご愛読いただいている皆様の中には、「RSS」(Rich Site Summary:リッチ・サイト・サマリー)の登録をしてくださっている方もいらっしゃると思います。
ところが、「FC2ブログ」のRSS機能が最近、「ダメよダメダメ」でして(日本エレキテル連合みたいだけど)、
動作が非常に不安定で、ご迷惑をおかけしております。

このRSSの機能は、「ping送信」とも連動しています。
ping送信とは、「にほんブログ村」のようなランキングサイトに「新しい記事をUPした」ことを伝える機能で、
これがあるから、皆様に「新しい記事がUPされたんだな」とお知らせすることが出来ているんですが、
RSSが異常なので、ping送信もうまくいっておりません。
ランキングも、毎日ではないんですが、しばしば「圏外」になっております。
(実際には、「日本全国の鉄道」ランキングでは連日6位~15位なんですが。)

「にほんブログ村」運営本部では、「これは”FC2ブログ”側の問題ですので、FC2様への要請をお願いします」としており、
クレームも相当に寄せられている模様ですが、
FC2っていう業者は、10万件ぐらい苦情がないと、一歩も動かない会社ですし、
新聞等でご承知のとおり「京都府警のガサ入れ」以来、相当に社内がガタガタしている様子で、RSSリーダーの調整どころではなさそうです。
本格的にアフィリエイトをやって、1ヶ月に何十万円も稼いでいる人とか、
企業や商店が「商品情報」「お買い得情報」を発信する目的で「FC2ブログ」を利用している場合、さぞかしお困りだと思うんですけどね。。。。
(「警察による家宅捜索」でイメージも悪化したでしょうから、相当数が他社ブログに乗り換えるだろうと考えられます。)

RSSについては、こちらでは「対策」のしようもない話ですが、
「時間のある時に、週1回ぐらい、このブログを覗いてみる」と、
新しい記事がUPされているんじゃないかと思いますので、
どうか、よろしくお願い申し上げます。

ping送信については、自動送信が当てにならないので、
私が「にほんブログ村」の「ユーザー専用画面」から手動で送信していますが、
10月19日の朝8時以降、正常に作動していない模様です。
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフィフ女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

東海道本線由比~興津間運行再開

東海道本線・洞(ほら)踏切(由比~興津間)を行く313系+211系SS 9編成(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)

東海道本線の由比~興津間(静岡市清水区)は、
(2014年)10月6日の台風18号による土砂崩れのため不通になっていましたが、
10月16日の始発列車から、旅客列車・貨物列車とも運行を再開しました。
(*'-'*)/
JR東海公式サイト・トップページ
http://jr-central.co.jp/

以下、『静岡新聞 アットエス』から。
http://www.at-s.com/news/detail/1174132992.html
『JR東海道線、11日ぶりダイヤ正常化 由比―興津運転再開
(2014/10/16 12:36)

 JR東海は16日、台風18号による土砂崩れで6日から不通になっていた東海道線由比―興津間の運転を再開した。
 仮復旧工事を終え、JR貨物分を含む全列車が11日ぶりに通常ダイヤに戻った。

 16日午前5時20分ごろ、始発の上り普通電車が現場を通過した。
 同日朝の興津駅は通勤通学の乗客が上り線のホームにも見受けられ、被災前の姿を取り戻した。
 富士市に通勤する会社員の男性(60)は不通の期間、清水区の自宅からマイカー通勤した。「渋滞がひどく大変だった。やっと普段の生活に戻れる」と安堵(あんど)の表情を浮かべた。
 土砂崩れは6日午前、静岡市清水区興津東町の洞トンネル近くで起きた。線路脇の山肌が約60メートルの高さから崩れ、土砂がコンクリート擁壁を壊して線路上に流入した。
 JRは土砂の搬出、線路や架線の取り替え、電柱の設置などの処置を終え、運行上の安全が確保されたことから運転を再開した。
 JR東海は崩壊した斜面の下に高さ5メートル、幅50メートルの鉄製の擁壁を仮設置した。これまでに搬出した土砂は約4千立方メートル。
 今後、電車を運行させながら完全復旧への工事を行う。数カ月以上はかかる見込みだという。
 同支社工務部の川越正啓担当部長は「電車や国道1号の利用者の皆さんには不便をおかけした。今後は完全復旧に向け安全に作業を進める」と話した。』
(引用終わり)

当初、JR東海では「10月20日に運行再開見込み」と告知していましたが、見込みより早く仮復旧作業が完了し、15日に試運転を実施した結果、
「問題なし」とのことで、16日から運行を再開しました。

復旧作業にご尽力されたJR東海静岡支社、および関連企業の皆様に、
「お疲れ様でした」と申し上げます。

これに伴い、石破茂代議士(自民党)が大好きな(笑)、寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」も、10月16日の東京発・高松発・出雲市発から運行を再開します。
285系特急「サンライズ瀬戸」「サンライズ出雲」(2012年5月12日・有楽町駅)

ちなみに、下り「サンライズ瀬戸」は、東京発11月29日までの金曜・土曜の列車が、高松から琴平まで延長運転されています。

静岡~甲府間の特急「(ワイドビュー)ふじかわ」も、10月16日から全列車の運行を再開しました。
静シス373系特急「(ワイドビュー)ふじかわ」(2014年3月16日・静岡駅)

運行再開に伴い、
●定期券・回数券での東海道新幹線・新富士~静岡間振替輸送(10月8日から実施)
●新富士駅~富士駅間のシャトルバス運行(10月8日から実施)
●蒲原駅~興津駅間の列車代行バス運行(10月11日から実施)
は、10月15日の最終便限りで廃止されました。
(注:蒲原駅~興津駅間の列車代行バスは、由比駅前の道路が狭いため、同駅には立ち寄らず、ノンストップで運行されていた。
富士~由比間には10月10日から、折り返し運転の臨時列車が40分に1本程度運行されており、
10月11~15日の間、由比から興津・静岡方面へ行く場合は、いったん富士行きの臨時列車に乗って蒲原駅で下車し、興津行きの代行バスに乗り継ぐことになっていた。)

また、10月8~10・14・15日(つまり平日)に、三島→静岡間の新幹線回送列車を臨時「こだま719号」(三島発7:05・新富士発7:15・静岡着7:26。[注])として客扱いしましたが、
これも10月15日限りで終了し、元の回送列車に戻りました。
(注:700系で運転。本来は、静岡→東京間の「こだま708号」の送り込み回送列車。「こだま719号」としては普通車全車自由席・全席禁煙で運行。グリーン車には乗車できなかった。)

ところで、なぜ私がこの情報を当ブログに書いて告知し、同時に「記録として残そう」と思ったかというと・・・
今回の土砂崩れ現場の上、薩埵(さった)峠の「中道」を2014年3月9日に歩いているから。。。。
薩埵峠から見た展望(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)1

ちょうど、この写真に見えている線路、洞(ほら)トンネルの入口付近が崩れたようですね。
薩埵峠から見た展望(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)2

東海道本線復旧は嬉しいニュースですし、周辺の集落も、一時は道路が通行不可能になって孤立した模様ですが、幸い、人的被害はありませんでした。
しかし、木曽の御嶽山噴火については、10月16日付で長野県知事が「今年の行方不明者捜索を中止し、来春の雪解けを待って再開」と公式に宣言しました。

また、伊豆大島の土石流災害から満1年経ち、慰霊祭が挙行されました。
陸上自衛隊練馬駐屯地から、災害現場を往復するヘリコプターが、私の住まいの上空を早朝5時頃から、深夜23時頃まで頻繁に飛行していたのを思い出します。

あらためて、犠牲者の方々に哀悼の意を表すと同時に、まだ行方不明になっている方々の一日も早い発見を心から祈ります。
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフィフ女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

作ろう!食堂車メニュー『スパゲッティー・ベロネーズ』

特急4列車「さくら・はやぶさ」EF66 46[関](2003年12月7日・辻堂~茅ヶ崎間)

こんにちは、みっぴょんです。

今日、10月14日は
「鉄道ちゃんの日」ですね。
(*'-'*)


そこで、
作ってみよう!
「鉄道ちゃんの日」にちなんだお食事、
往年のブルートレイン食堂車の人気メニューだった
『スパゲッティー・ベロネーズ』を!

オシ24 701(東オク)(2010年11月20日・尾久車両センター)

「ベロネーズ」は「ボロネーズ」ともいうようですが、
要するに「ボローニャ(Bologna)ふう」ってことなんですかね。まあ、「イタリアン」なんでしょう。

作り方は、そんなに難しくありません。

1.まず、懐かしの「スパゲッティー・ナポリタン」を作ってください。

面倒くさかったら、「マ・マー」ブランド(日清フーズ株式会社)などの冷凍食品でも可。

2.次に、ロースかつを揚げてください。

面倒くさかったら、お近くのお肉屋さんや、スーパーのお惣菜売り場でどうぞ。

3.ロースかつをスパゲッティーの上に載せ、
デミグラスソースをかける。


ソースは、自分で作ろうとすると本当に面倒くさいので、
スーパーで「ハインツ」(ハインツ日本株式会社)のデミグラスソースを買ってくればいいんですが、
缶入りだと量が多いので、私は同社の「ちょっとだけデミグラスソース」というのを愛用しています。
これは、箱の中に70gの小袋が3袋入っていて、一回で使い切る場合に便利です。

出来上がりは・・・こんな感じだよ!
,​,,,​,((​((*​゚▽゚​)o旦~~ ​オマタ​セー♪

スパゲッティ・ベロネーズ

これは、食堂車のメニューではありませんでしたが、
とんかつ&デミグラスソースってことで、北海道根室市の「ご当地料理」(?)として、
近年人気の「エスカロップ」(バターライスの上にとんかつを載せ、デミグラスソースをかけた物)を作ってみるのもいいと思いますよ。
エスカロップ(「ウィキペディア」より)

おいしいね♪(*'-'*)/

ただ、往時の国鉄の食堂車って、こんな「無味乾燥」な車内だったんだなぁ。。。。
オシ24形(熊クマ)車内(1999年1月24日・東京駅)

こんな内装の食堂は、最近ではあんまり見かけませんね。
社員食堂の内装も、気の利いた会社ではもうちょっと洒落てますし、
高速道路のSAにあるレストランも、道路公団が民営化されてからは、イメージが全く変わりました。

そしてJRは・・・
一時期は、こんなふうにリニューアルもしていたんだけど、
オシ24 701~703のいずれか(東オク)車内(1999年1月24日・東京駅)

食堂車はほとんど廃止され、さらに、ブルートレイン自体が東京~西日本間では全滅。
残る「北斗星」も風前の灯ですから。。。。
「北斗星」トレインマーク(尾久車両センター・2013年9月29日)

でもまあ、それはそれとして、
鉄道好きのお子様をお持ちの「ママ鉄」さんは
こんなのを作ってみると、お子様が大喜びすると思いますよ!
・・・たぶん(笑)。

では~♪(*'​-')​ノ
===========================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフィフ女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

当ブログ、600回目です!

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
今回の記事で、当ブログ『mitsuka115JNRが語るひととき』、
600回目を迎えることができました!
\(*'-'*)/


皆様のおかげです。
今後とも、よろしくお願い申し上げます。
m(*'-'*)m


そこで、京浜急行電鉄600形電車(3代目)の写真を貼っておきましょう。
京急電鉄600系「655」編成(2014年9月3日・京急蒲田駅)

1994~96(平成6~8)年に全88両(8連8本・4連6本)が製造され、今のところ廃車は発生しておらず、全車健在です。
現在は、京急全線(大師線を除く)の他、都営地下鉄浅草線、京成電鉄、北総鉄道(成田スカイアクセス線)経由で成田空港駅まで、広範囲に運用されています。

3ドア車ですが、登場時は全席クロスシートでした。
これは「関東の私鉄における、特別料金不要で乗れる車両」としても、
あるいは「日本の地下鉄乗り入れ対応車両」というカテゴリで括っても、ちょっと珍しい構造でしたが、
やはり関東で、しかも地下鉄直通車両にこの構造は馴染まず、2004(平成16)年以降、ロングシートに改造されました。

ただし、下の写真のように、車端部にだけクロスシートが残されています。
京急電鉄600系「605」編成車内(2009年12月17日)

下の写真は、車体更新工事(2009年夏から実施)前の姿で、トップの写真に見られる大きな「600」のロゴがありません。
(注:車体更新工事の施工と、「600」のロゴ貼付は、必ずしも同時ではない。最後[2013年度]に更新された655編成[トップの写真]などは、同時にやったらしいんですが、早い時期に更新された車両は、後日ロゴを貼付したようです。)
京急電鉄600系「605」編成(2009年12月17日・品川駅)

606編成だけは、「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」として青く塗られています。
京急電鉄600系「606」編成(2010年8月21日・空港第2ビル駅)

なお、話題の「黄色い京急」(新1000形・1057編成)を、まだ私は見る機会がありません。

しかしまあ、「600形」といったら、私には「2代目」の印象が強いですね。
(「初代」は、1953[昭和28]年に登場した3ドア・ロングシート車。1965[昭和40]年、400形に編入されて改番。1986[昭和61]年廃車。
私は、これが「600形」を名乗っていた頃、まだ生れていなかった。400形になってからは、空港線などで乗ったことがありましたが。)

でも、2代目600形の写真が手元にないんだなぁ。。。。
web上に漂っている他人様の写真をパクったりするのは嫌なので、神奈川県逗子市の市立第一運動公園に保存されているデハ601号車を撮ってきました。
(2014年10月9日)
(*'-'*)
京急電鉄旧・600系「デハ601」(2014年10月9日・逗子市立第一運動公園)

「第一運動公園」といっても、「第二」とか「第三」はないんですが(笑)、
この公園は京急の新逗子駅や神武寺駅からは遠く、最も近い駅はJR横須賀線の東逗子駅ではないかと思います。
横須賀線の車窓(横須賀に向かって左側)から、保存されているデハ601号車が見えます。

逗子市公式サイト「第一運動公園」
(地図は、下記の公式サイト内に「Google map」が貼付されています。)
http://www.city.zushi.kanagawa.jp/syokan/ryokusei/kouenn/01daiichi.html

路線バスで行く場合は、逗子駅・新逗子駅~田浦駅間の京急バスに乗り、「逗子警察署前」で降りて5分ほど歩きます。
(私は、往きは新逗子駅から20分ほど歩きましたが、帰りはバスに乗りました。運賃はICカード175円、現金180円[2014年10月現在]。)

この車両は1956(昭和31)年、京急最初の新性能車両「700形」としてデビューしましたが、2ドア・クロスシートの看板車両として、もっぱら座席指定特急に充当されました。
昭和20年代後半~40年代の京急には、海水浴やハイキング、あるいは浦賀港からの伊豆大島・南房総行きの汽船連絡を目的とした座席指定特急が多かったようです。

1966(昭和41)年に「600形」(2代目)へ改番、
1966~68(昭和43)年には先頭車の中間車改造を実施し、2連→4連の固定編成に変更。
さらに、1971~72(昭和46~47)年に冷房装置が取り付けられました。

前面は、最後まで非貫通タイプでしたので、都営地下鉄には乗り入れませんでした。
(注:旧・1000形も初期車は非貫通タイプだったが、地下鉄乗り入れが本決まりになった時点で貫通路を設け、非常口とした。)
1984(昭和59)年から段階的に廃車が始まり、1986(昭和61)年3月28日、定期列車としての最終運行を実施。同月30日の「さよなら運転」(イベント列車)を最後に全車が廃車されました。

四国の高松琴平電鉄に6両が譲渡され、「1070形」として現在も走っているようですが、ロングシート・貫通路付きに改造され、京急時代の面影はあまり感じられません。
高松琴平電気鉄道1070形(1996年6月・高松築港~片原町間)

さて、第一運動公園のデハ601は、残念ながらだいぶ荒れているんですが、9時~16時の間は車内に入れます。

これね・・・懐かしいです。ちょっと古くさいボックス席が。。。。
(*'-'*)
京急電鉄旧・600系「デハ601」車内(2014年10月9日・逗子市立第一運動公園)

では、601回目以降も、
どうかご愛読よろしくお願い申し上げます。
♪~(*'​-')​ノ

============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフィフ女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフィフ女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

東海道新幹線50周年に寄せて

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
昨日、2014年10月1日は、東海道新幹線が満50歳になったお誕生日でした。
\(^o^)/
東海道新幹線開業50周年記念ロゴ(N700系A車内。2014年7月9日撮影)

東海道新幹線といったら・・・やはり、0系電車でしょう。
0系新幹線(21-86)(リニア・鉄道館、2011年4月17日)

私が生れた頃には、もう東海道新幹線は開業していましたが、
地元の新横浜駅は「こだま」しか停車しませんでした。
その頃の新横浜駅前は市街化調整区域だったのか、田んぼばかりで、ほとんど建物はありませんでしたね。

朝の下り1本と、夜の上り1本、「ひかり」が停車するようになったのは、いつだったんだろう・・・と思って調べたら、
1976(昭和51)年7月1日の時刻修正からだったそうです。
(注:この列車は静岡駅にも停車。)

私が初めて新幹線に乗せてもらったのがいつなのか、はっきりした記憶はありませんが、
おそらく4歳か5歳、幼稚園の頃ではないかと思います。
当時の0系普通車は、こんな座席でしたね。
0系新幹線車内(2009年11月5日・鉄道博物館)

「こだま」には食堂車がなく、ビュフェだけ営業していましたが、
「こだま」に乗ると、いつでも「温かいうなぎ弁当」を車内販売で売っていたのを思い出します。
ビュフェの大釜で炊いたご飯に、レトルトのうなぎを載せて、奈良漬を添えたものでしたが、
格別おいしくもなく、さりとて、まずいわけでもなかったお弁当でした。
しかし、そうやってうなぎを大量消費したためなのか、それから三十数年後の今、うなぎは「絶滅危惧種」として「超高級食材」になりつつあります。。。。

1984(昭和59)年の6月だったと思いますが、当時の国鉄総裁(高木文雄氏)が神奈川県庁と横浜市役所を訪問し、
「手土産」として「新横浜駅に停車する”ひかり”を大幅に増やす」と約束して、
これは1985(昭和60)年3月14日から実現しました。
同時に横浜線の電車も大幅に増発され、横浜市営地下鉄(ブルーライン)も横浜~新横浜間が開業しました。
新横浜駅前にいろいろな建物が建ち、賑やかになってきたのも同じ頃だったと思います。

新横浜駅に停車する「ひかり」が大幅に増えることを宣伝する広告は、東急東横線の車内にも掲出されていたのを憶えていますが、
その代わり、「3人分の料金で、”こだま”の自由席に4人乗れる」として好評だった、『こだま4人きっぷ』という企画商品は廃止されてしまいましたね。

それと、これは国鉄の行事ではなく、横浜市営地下鉄の延長を祝う市交通局のイベントでしたが、
交通局有志のジャズバンドが、駅構内でモダンジャズふうにアレンジした「横浜市歌」を演奏していたのを思い出します。
♪我が日の本は島国よ/朝日輝よう海に/連なりそばだつ島々なれば/あらゆる国より舟こそ通え・・・という、森鴎外が作詞したアレ。
市立の小学校では必ず習いますから、私は今でもフルコーラス唄えます。
横浜市立の学校や、市の公式行事ではよく演奏・斉唱される曲ですが、それは、『君が代』には抵抗感のある人もいるからだと思います。

話を新幹線に戻します。
中学の修学旅行は京都・奈良、高校の修学旅行は広島・山口でしたが、0系新幹線での往復でした。
0系新幹線(小郡駅・2001年7月)

「0系一本勝負」だった東海道・山陽新幹線に100系が登場したのは1985(昭和60)年10月1日からで、
当初は「X編成」だけでしたが、その後、カフェテリア車を連結した(食堂車はない)G編成、JR西日本所属のV編成「グランドひかり」が登場しました。
100系新幹線(123-1、「X2」編成)(リニア・鉄道館、2011年4月17日)

X編成は東京~博多間直通の「ひかり」に充当されることが多く、これは混むので、あんまり乗る機会もなく、2階建て食堂車で食事したのも一回だけでした。
東海道・山陽新幹線100系V編成(JR西日本所属)(2004年7月・東京駅)

V編成の7・9・10号車は2階がグリーン席、1階が普通車の指定席でしたが、この普通席が横4列の「2&2シート」でした。
これを好む人は多かった・・・らしいんですが、私は気に入らず、東京~新大阪間で一回乗っただけで以後、乗りませんでした。

なぜなら、これはヨーロッパを訪れて実感したんですが、新幹線は欧米並みに「天井が高い」「空間が広い」ことが魅力なのです。
ところが、この1階の普通席は天井が低く、圧迫感が強かったんですよ。
(*゚∀゚)=3
これが、たまらなく嫌だったなぁ。。。。
東海道・山陽新幹線100系V編成グリーン車178形3000番代(JR西日本所属)(2004年7月・東京駅)

同じ「2&2シート」でも、一時期、東海道区間の0系「こだま」普通車指定席にあったのは好きで、
「こだま」は比較的空いていたこともあって、しばしば利用しました。

もっとも、ある年のお正月、鹿児島県の志布志から大阪南港までフェリー「さんふらわあ きりしま」に乗り、
新大阪から新幹線で帰京しようと思ったら「ひかり」は混んでいたので、
空席が多く残っていた東京行き「こだま」に乗り、米原駅で6~7分停車している間にホームの売店で、出来立て・あつあつの「近江牛ステーキ弁当」を買ったら、
焼きたてステーキのおいしそうな匂いが車内に漂ってしまい、みんなにジロジロ見られて恥ずかしかったのを思い出します。
(*゚ー゚)ゞ
100系に話を戻すと、いちばん乗る機会が多かったのは100系のG編成でした。
東海道・山陽新幹線100系G編成(JR東海所属・右。左側はJR西日本500系)(2004年7月・東京駅)

よく行ったのは名古屋でした。社会人になって、新幹線の普通車ぐらいならお気軽に乗れるようになりましたが、
その後、日本も格差社会になり、私自身も「どん底貧乏生活」を余儀なくされる羽目になって、新幹線が「高嶺の花」になろうとは。。。。
このときは、夢にも思っておりませんでした。
ウゥゥ(;_;)

300系は営業運転初列車、1992(平成4)年3月14日の東京発新大阪行き「のぞみ301号」に乗っており、東海道・山陽新幹線の中でも特に印象深い車両です。
新幹線300系(2010年7月25日・浜松駅)

この「のぞみ301号」は当初、名古屋駅と京都駅を通過していました。
京都市では、これを特に問題視している様子はありませんでしたが、名古屋市では「名古屋飛ばし」として大問題になり、全国的な話題になりました。

「名古屋飛ばし」とは、もともとは外国の大物歌手が来日しても、「名古屋公演」を行なわずに素通りしてしまう・・・という意味らしいんですが、
私たち「のぞみ301号」に乗っている側では、この「名古屋飛ばし」シーンを取材するためにホームへ集まった報道陣の多さにびっくりしたのでした。
100人近い記者やカメラマンが集結しているように見えましたね。
( ゜。゜)ウヒョー
結局、「のぞみ301号」(新大阪行き)という列車自体が、1997(平成9)年11月29日のダイヤ改正で後続の「のぞみ1号」(博多行き。500系)と統合されて、名古屋・京都停車になり、
現在は、名古屋と京都を通過する新幹線列車は存在しません。
新幹線300系「J55」編成(2011年8月26日・有楽町駅)

1999(平成11)年3月13日のダイヤ改正から、700系が登場しました。これも、よく乗りました。
新幹線N700系(左)・700系(右)(東京駅・2010年3月11日)

ところが、2007(平成19)年7月1日にN700系がデビューした頃は、前述した「どん底貧乏生活」の時期で、
お恥ずかしい話ですが、年収140万円ぐらいで生活していましたから、新幹線どころか、旅に出るのもままならず、さっぱりご縁がありませんでした。
┐('~`;)┌
新幹線N700系ロゴ(東京駅・2010年3月11日)

最近になって、ようやく暮らし向きに若干の余裕が出てきて、また新幹線に乗る機会が増えましたが、
300系は2012(平成24)年3月16日の最終運行をもって引退、700系も既に二線級へ格下げされ「主役」とはいえなくなりました。
いつの間にかN700系が増えており、2013(平成25)年2月8日にはN700系Aが営業運転を開始しました。
(「A」は「Advanced」[進化]の意。)
新幹線N700系A「G5」編成(2014年9月5日・有楽町駅)1

「どん底生活」を脱したとはいえ、新幹線の特急料金は、安いとはいえません。
しかし、東海道五十三次を東京から京都まで歩いた身からすれば、「歩くことのつらさに比べたら、安いんだろうなぁ」と思いますね。
( ・_・)
新幹線特急券(東京→米原間。2014年7月9日)

「いつの間にか」といえば、「こだま」の車内販売が廃止されてしまい、「温かいうなぎ弁当」など、今は昔。
先日、静岡まで「こだま」に乗った際、「ああそうか。車内販売はなくなったんだ」と思い出しましたね。
「スジャータのアイスクリーム」を買おうと思って、楽しみにしていたのにさ(笑)。

現在は、N700系Aが、大きな「A」のロゴをアピールしながら疾駆していますが、
新幹線N700系A「G5」編成(2014年9月5日・有楽町駅)2

先行試作車「C1」編成が保存され、「博物館もの」になりつつある700系も、今のところはかなり頻繁に走っていますから、
撮影や乗車を楽しむなら今のうち・・・という感じですね。
新幹線700系「C26」編成(2014年9月5日・有楽町駅)

しかしまあ、東北・上越新幹線のE2系にも廃車が出始めており、新幹線電車の変わり身の早さには驚かされますが、
今でも「新幹線」と聞けば「0系」を連想する人は多く、「やはり、アレは”名車”だったんだな」と思いますね。
0系新幹線(22-75)(青梅鉄道公園・2009年11月7日)

では~♪(*'​-')​ノ

【追記】(2014-10-18)
100系V編成・G編成の画像を、3点追加いたしました。
(明日は公休日。ちょっと時間があったので探し出しました。)
ただし、銀塩(フィルム)からデジタルに起こした写真なので、画質は劣るかもしれませんが、ご了承くださいませ。

===========================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。