06
1
3
4
6
7
8
9
10
12
13
14
15
16
17
18
19
20
22
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ぶらり鎌倉号」「鎌倉あじさい号」を撮りに横浜・平沼橋へ。。。。

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
神奈川県鎌倉市ではアジサイの花が見ごろらしいですが、
(「らしいですが」って・・・例年、とんでもなく混雑しているから、私は見に行かないけど)
JR東日本では、6月の土曜・休日を中心に、各地から鎌倉への臨時列車を運行していました。

(2014年)6月22日(日曜)、常磐線いわき発の「ぶらり鎌倉号」と、青梅線青梅発の「鎌倉あじさい号」をメインに、「気分転換撮影」に行ってきました。
(*'-'*)
このところ、お金と時間があれば「東海道五十三次を歩こ~♪」で東海地方へ行ってばかりで、「列車撮影」をほとんどやってないのでね。。。。

今回、撮影場所に選んだのは、横浜から相模鉄道に乗って一駅、平沼橋駅のホームです。
ここに来たのは何年ぶりでしょうか。約1km北を旧・東海道が通っており、そこは歩いているんですが、
ホームから撮影したのは、湘南新宿ラインに115系が入っていた頃ですから、2001~02年ごろでしょうね。もう10年以上も前です。

お目当ての9707M「ぶらり鎌倉号」は、水カツ(勝田車両センター)のE653系「K308」編成(7連)でした。
水カツE653系「K308」編成・急行「ぶらり鎌倉号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)1

E653系は「フレッシュひたち」からの撤退後、新潟へ転属して特急「いなほ」用になったグループと、勝田に残留して臨時列車に使われているグループに分かれましたが、
勝田残留組のうち7両編成のものは、いつまでこちらに残るんでしょうか。
当初の計画では、「7連は全部新潟へ転属」という話で、首都圏の臨時列車用に残るのは4両編成だけと聞いていましたが、
この夏の常磐線では、E653系7連や、7+4=11連の臨時列車も結構走るようですから、少なくとも来春ぐらいまではこのまま推移するのでしょう。
(「ぶらり鎌倉号」自体も、まだ6月24・26・28・29日、7月5・6日の運転が予定されています。)
ただし、来春、E657系車内の「空席表示灯」取付工事が完了し、今「フレッシュひたち」1往復に充当されている651系の「暫定運用」が終了すると、なんらかの変化があると思われます。

いずれにしろ、このE653系は「神奈川県には、たまにしか来ない車両」で、横浜市内を通過するシーンは、しょっちゅう見られるものではありません。
水カツE653系「K308」編成・急行「ぶらり鎌倉号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)2

ところで、この「ぶらり鎌倉号」って「急行」なんですね、急行
JRの急行列車は、今では非常に珍しくなりました。

珍しい列車だけ撮るんじゃなくて、定期列車にもカメラを向けましょう。
特急「踊り子107号」、宮オオ(大宮総合車セ)の185系「A5」編成。
宮オオ185系「A5」編成・特急「踊り子107号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)

伊豆もアジサイの季節。そして、金目鯛がおいしいんじゃないでしょうか。
私は撮らなかったけど、夕方には伊豆急下田~東京間に185系の団体専用列車「あじさい・下田きんめ祭り号」が走ったようですね。
(前日行った列車の折り返し。)

この日は「マリンエクスプレス踊り子」の運行はなく(7月19日から再開)、定期の「成田エクスプレス」でも撮っておきましょう。
これは「N'EX8号」(2008M)として横浜に到着したE259系を、大船まで回送する列車だったようです。
横クラE259系(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)

10時44分ごろ、185系4+6連の団体専用列車9721M(勝浦~鎌倉間。総武快速線・横須賀線経由)が通過しましたが・・・
宮オオ185系「B7+B4」編成(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)1

初期「踊り子」カラーになった「B7」編成+現行「踊り子」カラーの「B4」編成でした。
へぇ~、B7って初期「踊り子」カラーになったんだなぁ。。。。
( ゜。゜)
私が旧・東海道をベタベタ歩いている間に、4月下旬から初期「踊り子」カラーになったようですね。
宮オオ185系「B7+B4」編成(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)2

10時55分ごろ、8029M「踊り子109号」伊豆急下田・修善寺行きがやってきます。
この列車自体は、ほとんど毎週末に走っていて珍しくありませんが、編成は7+5=12連で、7連の下田行きに何が入るのかと思えば。。。。

この日は「157系調」の185系「OM 08」編成!
しかも、修善寺行きは初期「踊り子」カラーの「C1」編成!
ヽ(゜∀゜ )ノ
宮オオ185系「OM08+C1」編成・特急「踊り子109号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)1

この組み合わせ、めったに見られませんよ。
宮オオ185系「OM08+C1」編成・特急「踊り子109号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)2

以前「見られる確率は、宝くじで高額当選するようなもの」と書きましたが、南へ走り去るのを見送りながら、5億とか7億とまでは言わないけど、100万円ぐらい当たったような気分になってました(笑)。
o(^▽^)oキャハハハ
宮オオ185系「OM08+C1」編成・特急「踊り子109号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)3

「踊り子109号」で、すっかり「満ち足りた気分」になっちゃいましたが(笑)、
お目当てのラスト、11時05分ごろ通過した9771M快速「鎌倉あじさい号」。
この列車は八王子支社設定の列車ですが、車両は例年、長野支社の183・189系を借用しています。
この日は長ナノの183・189系「N101」編成。
長ナノ183系「N101」編成・快速「鎌倉あじさい号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)1

「N101」編成は京浜東北線仕様のATC装置を搭載していたので、かつては「はまかいじ81・82号」として横浜へ来る機会も多かったんですが、当時は旧・「あさま」色でした。
旧・国鉄特急色に戻って東海道線を行く姿、昔の183系特急「あまぎ」を思い出しますね。
長ナノ183系「N101」編成・快速「鎌倉あじさい号」(2014年6月22日・横浜~保土ヶ谷間)2

相鉄線の駅にいるんですから、もちろん、相鉄の電車も撮ってますよ。
(*'-'*)
この7000系赤塗装車は、昔は「相鉄といえば、これ」って感じでしたが、新型車両が増えて残り少なくなってきました。
相模鉄道7000系・7712F(2014年6月22日・平沼橋駅)

2014年4月27日のダイヤ改正から、相鉄にも「特急」が登場しました。
相模鉄道8000系・8711F(2014年6月22日・平沼橋駅)

本線の特急は横浜・二俣川・大和・海老名に、いずみ野線の特急は横浜・二俣川・いずみ野・湘南台に停車しますが、停車駅は「かなり厳選した」って感じですね。
相模鉄道停車駅案内(2014年6月22日・平沼橋駅)

ただし、各駅停車が若干減ったようで、以前は、いずみ野線の各停は横浜~湘南台間直通が基本でしたが、ダイヤ改正後は二俣川~湘南台間折り返しの各停が1時間に2本ぐらいあるようです。
(以前は、いずみ野線内折り返しの各停は早朝・深夜のみ運転していた。)

5月10日から、12月下旬までの予定で、相鉄のキャラ「そうにゃん」のラッピング車「そうにゃんトレイン」が運行されています。
「ぬこ」なのだ!(≡^∇^≡)
相模鉄道11000系・11003F(2014年6月22日・平沼橋駅)

相鉄のキャラは「そうにゃん」の他、「マナーアップキャンペーン」のキャラとして、「マナミー」という女の子もいますよ。

そして、これ。
相模鉄道10000系・10708F(2014年6月22日・平沼橋駅)

これはお似合い! テレビ東京とタイアップした「帰ってきたウルトラヒーロー号」。
4月30日から運行されており、8月下旬まで走る予定です。
では~♪(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

伊勢崎市華蔵寺公園のクハ183を見てきたよ!

クハ183-1529(群馬県伊勢崎市・華蔵寺公園遊園地)(2014年6月20日)1

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
群馬県伊勢崎市の華蔵寺(けぞうじ)公園遊園地に、
元・宮オオ(大宮総合車両センター)所属のクハ183-1529(「OM101」編成の上野方先頭車)が保存され、2014年3月16日から一般公開されています。

これ、気になって仕方がなかったんですが、(2014年)6月20日、ようやく見てきました。
(*'-'*)
しかしまあ、ご当地の方には申し訳ないけど、伊勢崎って町は東京から遠いね。。。。

今回は、たまたま入手した東武鉄道の株主優待乗車券(実勢価格:1枚900円)が2枚あったので、東武で行ったんですが、
「東武伊勢崎線」とはいうものの、浅草や北千住から伊勢崎まで直通する列車は、特急「りょうもう」が一日1往復あるだけ。
昔は、浅草から伊勢崎行きや太田行きの準急電車が1時間に1~2本あったと思いますが、
今は運転系統が変更され、東武動物公園と久喜、館林で乗り継ぎ、その度に無駄な待ち時間があって、北千住から伊勢崎まで2時間50分もかかったよ。。。。
┐('~`;)┌
本当は、新宿駅新南口~伊勢崎間のJR高速バス(関越道経由)に乗りたかったんですよ。我が「練馬区役所前」停留所(新目白通りにある。西武線練馬駅から徒歩5分)にも停車することですし。
しかし、残念ながら本数が少なくて時間帯が合わず、今回は利用しませんでした。

さて、伊勢崎駅前に客待ちタクシーはおらず、バスも時間が合わなくて利用できず、20分ほど歩いて華蔵寺公園へ。

公園は非常に広いんですが、お目当てのクハ183-1529ちゃんは、遊園地の中にいます。
ここは以前、C61 20号機が保存されていた場所で、C61の「現役復帰」後、「蒸気機関車に代わる、群馬県ゆかりの鉄道車両を」という要望に応えて、
かつて上野~新潟間の在来線特急「とき」に使われたクハ183-1529が選ばれ、当地にやってきました。
クハ183-1529(群馬県伊勢崎市・華蔵寺公園遊園地)(2014年6月20日)2

両毛線での定期運行はありませんでしたが、臨時列車としては、かなり頻繁に入線していたので、「両毛線にも縁の深かった車両」といえるでしょう。
下の写真は快速「足利藤まつり2号」(桐生~上野間)。2011年5月8日、小山駅で。
クハ183-1529(宮オオ・OM101編成)快速「足利藤まつり2号」(2011年5月8日・小山駅)

下の写真は修学旅行専用列車、2013年5月15日、大宮駅で撮影。
クハ183-1529(宮オオ・OM101編成)(2013年5月15日・大宮駅)

ヘッドマークは「L特急・とき」。
クハ183-1529(群馬県伊勢崎市・華蔵寺公園遊園地)(2014年6月20日)3

側面の方向幕は、現役時代のイメージですが、よく見るとローマ字が「For Niigata」になっています。
クハ183-1529(群馬県伊勢崎市・華蔵寺公園遊園地)(2014年6月20日)4

1982(昭和57)年の上越新幹線開通まで運行された在来線特急「とき」では、ローマ字は「FOR NIIGATA」と大文字表示になっていたはずで、
これはJR発足後、「イベント列車用」として新たに作成された幕のようでした。

車両の由来を解説した説明板がありましたが、この解説が簡潔にして正確で、好感が持てました。
クハ183-1529説明版(群馬県伊勢崎市・華蔵寺公園遊園地)(2014年6月20日)

車内は「ランチトレイン」として開放されています。食事はできますが、禁酒・禁煙です。
私が訪れたときは、他に親子連れが一組いただけでしたので、いくら長居しても何も言われなさそうでしたが、
混雑している場合は「30分程度で交替してください」との掲示がありました。
(客室内は冷暖房あり。)
クハ183-1529車内(群馬県伊勢崎市・華蔵寺公園遊園地)(2014年6月20日)1

食事しやすいように、座席は向かい合わせになり、大きなテーブルが設置されました。
クハ183-1529車内(群馬県伊勢崎市・華蔵寺公園遊園地)(2014年6月20日)2

ただし、公園の近くにコンビニなど、お弁当を買える場所はありません。強いて言えば、表通りにある「モスバーガー」でハンバーガーのテイクアウトが買えるくらいですから、ご注意の程。
(伊勢崎駅のコンコースに、コンビニ「ニューデイズ」がありますけどね。だいたい、伊勢崎市の繁華街は伊勢崎駅前ではなく、東武線の新伊勢崎駅周辺らしい・・・と、帰りに気がつきましたが。)

洗面所は使用可能ですから、お弁当の前には手を洗いましょう。
(*'-'*)
クハ183-1529洗面所(群馬県伊勢崎市・華蔵寺公園遊園地)(2014年6月20日)

トイレは閉鎖されています。公園内のトイレをご利用ください。

運転席にも入れます。
運転席見学も、土曜・休日には行列ができるらしいんですが、平日に訪れたので、じっくり観察できました。
(来訪者が少ない場合は、運転席の入口が閉鎖されていることもありますが、
そんなときは、係の方に一声かければ開けてもらえます。)
クハ183-1529運転席(群馬県伊勢崎市・華蔵寺公園遊園地)(2014年6月20日)

「列車番号設定装置」や、京葉線仕様の「停車駅選別装置」も残っていました。
しかしまあ、クハ183形の運転席の狭いこと! 昔の軽自動車(ホンダ・トゥディとか)ぐらいのスペースだと思われます。
おまけに、今は運転室内の冷房が使えないようになっており、蒸し暑い。。。。

かつて、『鉄道ジャーナル』で中央本線の運転士さんに同行し、183系の特急「あずさ」の運転をルポした記事を読みましたが、
その運転士さんは「E351系やE257系に比べて、183系の乗務はキツイですよ」と語っておられました。
ファンには人気のある183系も、乗務員さんにすれば「古くさい、ありがたくない車両」なのでしょう。

面白いのは、方向幕の「駅名対照表」が残っていたこと。
(ガラス板で塞がれており、手を触れることはできません。)
クハ183-1529方向幕「駅名対照表」(群馬県伊勢崎市・華蔵寺公園遊園地)(2014年6月20日)

イベント列車用とおぼしき「とき」「あさま」「そよかぜ」「白根」「新雪」などが入っています。
しかし、「四万草津」とか「嬬恋・草津スキー」という臨時特急がいつ走ったのか、私は存じません。

また、快速は「マリンブルーくじらなみ」「一村一山」「碓氷」「シーハイル上越」「足利藤まつり」など、私も撮ったり、乗ったりした列車もありましたが、列車名のない「【快速】上野」のような表示も用意されていたようです。
もっとも、私はこういう表示をあまり見たことはなく、上記の定番列車以外では、単に「臨時」と表示されていることが多かったように思います。

前頭部側面に「JNR」マークがあったら、さらに往時の「とき」らしい雰囲気なのに・・・と思いましたが、旧・国鉄特急色の183系電車が保存されたのは嬉しいことです。
平日ならば、細部のディティールを観察できることですし、ぜひ一度訪れてみていただきたいと思います。
(*'-'*)
(取材日:2014年6月20日[金曜])
============================
■伊勢崎市華蔵寺公園について
・行き方
JR両毛線・東武伊勢崎線の伊勢崎駅北口から、徒歩約20分。
正面に公園の大観覧車が見えるので、これを目標に直進。
(ものすごく殺風景でつまらない道ですけどね。)
車での行き方は、下記URLの公式サイトをご覧ください。

・バス
伊勢崎市シャトルバス「あおぞら」赤堀ルート
(運賃無料)
※伊勢崎駅北口発
8:28・10:28・12:43・14:43・16:43・18:43
※華蔵寺公園東 発
7:20・9:20・11:20・13:35・15:35・17:35・19:35
(赤字・・・休日運休。2014年6月現在の時刻です。)

・開園時間
※3月~11月 9時~17時
※12月~2月 9時30分~16時30分

休園日
毎週火曜日(祝日の場合は開園)、および12月29日~1月3日
4月・8月は無休で開園します。

・入園料
無料。
遊園地の乗り物は有料ですが、「70円から」と激安!(笑)

・伊勢崎市華蔵寺公園公式サイト
http://www8.wind.ne.jp/kezouji/
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

「成田エクスプレス」、河口湖へ臨時運行!

横クラE259系「成田エクスプレス」(2013年6月23日・東十条駅)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2014年)7月26日(土)~9月28日(日)の土曜・休日、
特急「成田エクスプレス10号」と「同41号」が
新宿~河口湖間を延長運転され、富士急行線に乗り入れます

( ゜。゜)ウヒョー
これは富士山の世界文化遺産登録から1年、外国人観光客を招致するのが目的で、
前から「N'EXを河口湖へ」という山梨県の要望があるのは聞いていたんだけど(確か県知事の談話。新聞で読んだ)、
この夏、とりあえず臨時列車として運行されます。

運行は、下記の要領で実施されます。
============================
●運行日
2014年7月26日()~9月28日()の土曜・休日。

【追記】(2014-08-28)
2014年10月4日~11月30日の土曜・休日にも運転されます。夏季と同じ時刻です。
(2014年8月27日付・JR東日本公式サイト「秋の臨時列車運転のお知らせ」による。)

●時刻
・「N'EX10号」(9210M)
成田空港発9:15→(略)→新宿着10:46/発10:47→立川発11:14→
八王子発11:23→大月発11:55→都留文科大学前発12:13→富士山発12:38→
富士急ハイランド発12:41→河口湖着12:45

・「N'EX41号」(9241M)
河口湖発14:13→富士急ハイランド発14:16→富士山発14:21→
(都留文科大学前通過)→大月発15:08→八王子発15:39→立川発15:47→
新宿着16:08/発16:10→(略)→成田空港着17:29

※これに伴い「フジサン特急7号」は運休、「フジサン特急4号」は一般車両での運行となります。

●車両・編成
E259系6両編成(横クラ)。
※成田空港~東京間は12両編成(大船発着の車両を併結)。

●運賃・料金について
・JR線内は所定の運賃・特急料金(A)・グリーン料金が必要です。
富士急線内の特急料金は不要です。
大月~河口湖間に限り、「N'EX41号」は7号車・「10号」は1号車が普通車自由席となります。
 この区間内のみをご乗車の場合は、自由席車にお乗りください。
・ただし、大月~河口湖間のみの指定席車・グリーン車のご利用はできません。
・特急券・グリーン券はJR駅の「みどりの窓口」、JR券を取扱う旅行会社のほか、
当該列車に限り都留文科大学前駅・富士山駅・河口湖駅でも発売します。
(富士急線内の駅では、「河口湖→成田空港間」のように、「JR線に跨って乗車する場合」に限り発売。)

富士急行線は、今のところSuica・PASMOが使えません。「紙の切符」をお求めください
(2015年春から、ICカード乗車券が使用可能になる予定です。)

富士急行株式会社(鉄道)公式サイト
http://www.fujikyu-railway.jp/forms/top/top.aspx
===========================
E259系の私鉄乗り入れは、現在も運行されている「マリンエクスプレス踊り子」(伊豆急行線)の前例がありますが、
富士急線への乗り入れは初めてですし、そもそも、E259系が中央本線の高尾以西を走る機会自体、非常に珍しいことです。

日によっては、新宿発着の「ホリデー快速富士山」、「山梨富士1・2号」、千葉発着の「山梨富士3・4号」(いずれも189系電車)、
レギュラーのE233系と115系普通列車に加えて、E259系の「N'EX」が走り、この夏の富士急線は「国鉄・JR車祭り」みたいですね(笑)。
まだ、具体的な日付は未発表ですが、この夏から「フジサン特急」に元・小田急の20000形RSE車も入りますし、
この夏は、「富士急線が面白い」って感じです。
【追記】(2014-06-22)
元・小田急RSE車は、「8000系」として2014年7月12日(土曜)から運行されます。

さて、「N'EX」の話題が出たところで、初代「N'EX」253系のことを思い出してみましょう。
(*'-'*)
(2014年)9月27・28日(土・日)、大宮~甲府間(武蔵野線経由)に特急「むさしのかいじ」という臨時列車が走るんですが、
これが、全然話題になってないけどJR東日本のプレス・リリースでは「253系6両」と告知されています。
・・・ということは、「日光・きぬがわ」用の253系1000番代車ですね。
宮オオ253系1000番代OM-N01編成(2013年4月19日・駒込駅)b

これも武蔵野線や、八王子以西への入線はめったにない車両です。
なぜ、話題にならんのだろう?。。。。
(・.・)?
===========================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

西武の「ウーマノミクストレイン」を見たよ!

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
埼玉県では「女性がいきいきと夢を持って活躍できるよう社会進出を進め、女性が得た収入を消費や投資に使い、地域経済の活性化につながるよう」として、
「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」を展開しています。
「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」車内広告(2014年6月1日・西武池袋線車内)

上記の文言からして「官僚の作文」ですし、
そもそも、わざわざ「ウーマノミクス」とか何とか言い立てなきゃならんところが、いまだ「男社会丸出し」なんだよなぁ・・・という苦言はさておき、
(だいたい、「女性が得た収入を消費や投資に使い」って何? それじゃ「ヒモ」みたいじゃん。。。。)
西武鉄道では、この「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」の実施に協賛して、20000系電車1編成(20151F:8連)を、(2014年)5月24日から「ウーマノミクストレイン」として運行しています。
2014年11月下旬までの予定で、運行区間は池袋線の池袋~飯能間と豊島線です。
西武鉄道20000系・20151F「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」広告電車(2014年6月5日・石神井公園駅)1

運行開始初日の5月24日のみ新宿線に入線し、本川越駅で県知事や西武鉄道社長などのお歴々が出席した出発式の後、
10時52分発の臨時列車・西武球場前行き(各停。キャンペーンの趣旨に合わせて運転士・車掌も女性)に充当されたそうですが、
その後は、原則として新宿線には入線しない模様です。

車体には、キャンペーンのイメージキャラクターであるアニメ『アタックNO.1』の主人公・鮎原こずえが、いろいろな職業に扮している絵柄がラッピングされているんですけど、
西武鉄道20000系・20151F「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」広告電車(2014年6月1日・練馬駅)

このアニメは1969~71年の放映で、さすがにアタシもリアルタイムでは観てないなぁ。。。。
(2005年に上戸 彩嬢が主演した「実写版」があったそうですが、これも観てない。)

とにかく「全車両”女性専用車”か?」って勘違いしそうなピンク色です。
(実際には、8連の20151Fに女性専用車は連結されていません。西武車の女性専用車は原則として10両編成のみ。メトロ車と東急車の8連には、例外的に女性専用車があります。)
西武鉄道20000系・20151F「埼玉版ウーマノミクスプロジェクト」広告電車(2014年6月5日・石神井公園駅)2

この編成は8両ですので、平日は各停運用が多く、埼玉県の広報電車にもかかわらず池袋~豊島園間や池袋~保谷間を走り、埼玉県内に足を踏み入れる機会は小手指入庫列車ぐらいで、意外に少ないようです。
ただし、土曜・休日は8両の急行・準急が多いので、この編成を飯能で見かけることもあると思います。

余談・・・ていうか、冗談ですが、
女装専用車」っていうのがあっても面白いかもしれないね。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
何かで読みましたが、「女装子」(女装する男性)に人気の趣味は
・車およびバイク
・鉄道
・ミリタリー
の順だそうですから(笑)。。。。

では~♪(*'​-')​ノ
============================
【画像追加】
大雨の中、頑張ってました!3ドア車。
3000系3009F、池袋線で健在です!
(*'-'*)
2014年6月6日、練馬駅。
西武鉄道3000系・3009F(2014年6月6日・練馬駅)

【もうひとつ情報追加】(2014-06-09)
再上場記念「マル得1日フリーきっぷ」発売
西武鉄道「マル得1日フリーきっぷ」発売告知(2014年6月8日・保谷駅)

西武鉄道では、2014年4月23日の東証一部再上場を記念し、
2014年6月9日(月曜)から、「マル得1日フリーきっぷ」を発売しています。

●値段・・・1セット1000円
※1セットの中に、大人用1枚・子供用1枚が入っています(磁気カード式券)。

●発売駅・・・池袋駅・高田馬場駅・所沢駅。
※3000セット限定発売。
※お一人様につき、5セットまで購入できます。

●発売期間
2014年6月9日(初電車の時刻)から、同年6月30日(終電車の時刻)まで。
※ただし、売り切れになり次第、6月30日以前であっても発売を終了します。
 お早めにどうぞ。
(実際には、6月8日の「西武電車フェスタ2014」会場内で先行発売した。)

●効力
2014年6月9日(先行発売分は6月8日)から、同年7月31日までの一日に限り、
西武鉄道線全線乗り放題(ただし、多摩川線を除く)。
※特急券は、別にお求めください。

●特典
1.台紙に記載されたQRコードで、携帯・スマホにオリジナルの「西武電車フォト壁紙」をダウンロードできます。
2.さらに抽選で120名様に「エプソン品川アクアスタジアム」ペアチケットや、西武電車グッズが当たる!

詳しくは、下記(西武鉄道公式サイト:PDF形式)をご覧ください。
http://www.seibu-group.co.jp/railways/news/news-release/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/04/20140604ticket.pdf

============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

東海道五十三次を歩こ~♪由比宿→興津宿

(取材:2014年3月9日[日曜])
前日は静岡駅南口の「静岡パークホテル」(税込み5300円:朝食なし)に泊まり、翌朝は6時に出発。
(3月上旬は、まだ日の出が遅く、あんまり早く出てもしょうがないんです。)
駅の北口まで歩き、国道1号線を渡った伝馬町の「吉野家」で朝食。この伝馬町には、夕方戻ってきます。
6時43分発の三島行き(724M)に乗り、由比に7時03分着。

由比といえば、やはり「さくらえび」。
駅前通りの名前も「桜えび通り」です。
由比駅前「桜えび通り」(静岡市清水区由比今宿)(2014年3月9日)

今日は、朝から薩埵峠(さったとうげ)を越えます。
箱根峠は別格として、この薩埵峠と、宇津ノ谷峠(丸子~岡部間)、小夜の中山越え(金谷~日坂間)が、静岡県内の旧東海道における「三大峠越え」といえるでしょう。
愛知県には「峠越え」と呼べるほど急峻な区間はなく、小夜の中山を越えたら、次は三重県の鈴鹿峠まで「峠」というほどの山はありません。
ただし、「**坂」と呼ばれる道は、白須賀宿手前の「潮見坂」、二川宿を出てすぐの「火打坂」などがあります。

薩埵峠にはいくつかのルートがあります。
これは由比側ではなく、興津側にある案内板ですが、何箇所かある案内板のうち、最もわかりやすいので写真を載せておきます。
薩埵峠西口の案内板(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)

そのルートとは、
・下道・・・峠の道が整備される以前は、海岸沿いに歩くしかなく、歩行者が波にさらわれることもあった。
危険なので、峠道が整備されるとわざわざ通る人も少なくなったが、1854(安政元)年の地震で海岸が隆起し、以後、再び道として通行されるようになった。
現在は、国道1号線が海岸沿いを通っている。

・中道・・・1601(慶長6)年に徳川家康が東海道を開いたときから約50年間、よく使われたルート。

・上道・・・1655(明暦元)年9月、朝鮮使節一行を迎えるにあたって開かれた道で、その後は幕末まで200年以上にわたって利用された。
朝鮮使節一行は、政治家、官僚、学者から音楽家、芸人、その付き人まで約500人に及ぶ一団で、それだけ大人数の国賓が通過するとなれば、新道を建設するぐらいのことを幕府もやったのでしょう。

・脇道・・・現在の東名高速道路に沿っており、これは太古の昔からあった。通称「地蔵道」とも呼ばれる。

薩埵峠にいくつかのルートがあることは、旅行記の類を読んで知っていましたが、どのルートを通るかは迷ってしまいますね。
そんなとき、2013年の夏でしたが、静岡市のふく爺氏がこの案内板の写真を送ってくださいました。
(夏至の頃には、上り東京行き「サンライズ瀬戸・出雲」が撮影可能で[興津通過4時55分ごろ]、それを撮りに行ったついで・・・とのこと。)
それを見て、「結局、どのルートを通っても正解」と判断し、最も楽そうな(笑)「上道」から「中道」を行くことにしました。

【静岡市清水区由比寺尾付近の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


「桜えび通り」を西に進むと「↑薩埵峠」の標識がいくつも立ち、「大歓迎」してくれます。
まあ、静岡県の人たちには「比較的お手軽なハイキングコース」として知られているのでしょう。
薩埵峠東口・寺尾(静岡市清水区由比寺尾)(2014年3月9日)1

寺尾橋の手前で、右の細い道へ。直進してしまうと国道1号線に出てしまい、峠の方には行かれません。
薩埵峠東口・寺尾(静岡市清水区由比寺尾)(2014年3月9日)2

なお、富士駅および蒲原病院から来る路線バス(富士急静岡バス)はここが終点で、寺尾橋~興津間にはバスがありません。
興津まで行くと、バスは富士急ではなく、しずてつジャストラインのエリアになります。

路地を標識に従って右折し、すぐ突き当たりを左折すると、寺尾の集落です。
薩埵峠東口・寺尾(静岡市清水区由比寺尾)(2014年3月9日)3

みかん畑の横を通り、
薩埵峠東口・寺尾(静岡市清水区由比寺尾)(2014年3月9日)4

眼下に海と道路、線路を見下ろす地点に出ました。
313系の普通列車が通過するのを待って撮影。
薩埵峠(東海道本線由比~興津間)(2014年3月9日)

橋を渡ると「間の宿」倉沢です。
薩埵峠東口・間の宿倉沢(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)

倉沢を過ぎると、いきなり急な坂道になります。
薩埵峠東口・間の宿倉沢から峠へ(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)1

結構きつい坂道が続き、
薩埵峠東口・間の宿倉沢から峠へ(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)2

由比駅から約1時間、倉沢からは約30分で薩埵峠の展望台(公衆トイレあり)。
ここまでは、興津側から「上道」を経由すれば車で来ることができ、駐車場があります。
由比側から車で来ることも不可能ではなさそうでしたが、道が狭いので、あまり大きな車だと無理でしょうね。
薩埵峠展望台(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)

ここから先の「中道」は、車では行かれません。
先にも展望台があり、ちょっと上ってみると、駿河湾の展望が広がっています。
薩埵峠から見た展望(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)1

しかしこれは、いつか見た風景だなぁ・・・と思いましたが、よく台風が来ると「静岡市清水区由比付近の今の様子」としてテレビで流れる場所ですね。
そう思って周囲を見渡したら、遠隔操作のテレビカメラがありました(笑)。
(これは国交省富士砂防事務所が管理しており、各テレビ局は国交省から映像の提供を受けているようです。)

ここは有名な景勝地ですが、この日は富士山は見えず。。。。
その場所にあった案内板に掲示されていた写真をお借りしておきましょう。
薩埵峠から見た展望の案内板(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)2

線路に列車が来ればなぁ・・・と思い、待つことしばし。
やってきたのは211系の3連。
薩埵峠から見た展望(静岡市清水区由比西倉沢)(2014年3月9日)2

正直、3両編成じゃ物足りないですね。長い貨物列車か、ふく爺氏がお撮りになった「サンライズ瀬戸・出雲」(14両編成)ならサマになるんでしょうけど。。。。

ここを過ぎると・・・意外にもあっけなく、薩埵峠はおしまい。
峠の標高は意外に低く、107mだそうですが、そりゃそうでしょう。「海抜0m」の海岸からすぐ近くなんですから(笑)。

墓地の中を通り抜け(どうしてこんな所にお墓があるんだろうね?)、公衆トイレがある休憩所に出ました。
前方に海と「駿河健康ランド」が見えていますが、そこはもう興津です。
由比駅からここまで1時間45分、上の駐車場からだと40分ぐらいで来てしまいました。
(「駿河健康ランド」は画像の左側、海沿いに建っている白いビル。画像の正面、オレンジ色のビルは「老健施設きよみの里」です。)
薩埵峠西口の休憩所(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)1

ところが、ここから下る坂が結構きつい。
薩埵峠西口の休憩所(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)2

私は下りだからいいけど、西の方から来たらしんどいでしょうね。。。。

坂を下ったところに十字路があり、右へ行っても左へ行っても興津駅には出られますが、私は左に行きました。
薩埵峠西口の十字路(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)1

薩埵峠西口の十字路(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)2

白髭神社前の集落を抜けると、東海道線の「洞(ほら)踏切」があります。
東海道本線・洞(ほら)踏切(由比~興津間)(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)

東海道本線・洞(ほら)踏切(由比~興津間)を行く313系+211系SS 9編成(静岡市清水区興津東町)(2014年3月9日)

踏切を渡って右へ進み、ほんの少しだけ国道1号線(歩道あり)を行くと、すぐに二股の分かれ道があるので、それを右へ。
すると、興津川の畔に出ます。
興津川橋梁(東海道本線由比~興津間)(2014年3月9日)

この興津川橋梁には、2001年頃だったか、撮影に来たことがあります。
そのときは、大垣→品川間の167系返却回送列車(「臨時大垣夜行」に使った車両を、昼間、品川へ回送するもの。興津通過13時ごろだった)がお目当てでしたが、
今ではそんな面白い列車が通ることもなくなり、旅客車は211系、313系、それに特急「ふじかわ」の373系と、前述した「サンライズ瀬戸・出雲」の285系が全てです。
昔(1980年代後半)は、ここを通過するEF58形牽引のお座敷列車の写真などを、よく鉄道雑誌で見かけましたが、最近、雑誌に紹介されることが少ないのは、通過する車両にバラエティがないからでしょう。
ただ、貨物列車は今でも面白いだろうと思いますけどね。

川を渡ると、甲府へ行く国道52号線の分岐点。
国道52号線起点(静岡市清水区興津中町)(2014年3月9日)

前述のように、このあたりから路線バスのエリアは「しずてつジャストライン」になります。
この色は新塗装のようで、この先も何十回となくしずてつバスを見かけることになりますが、古い塗装もまだ残っています。
しずてつバスとのお付き合いは、金谷駅前まで続きます。
(路線図を見ると袋井まで、しずてつのエリアらしいんですが、金谷以西は本数が少なく、見かける機会もあまりなくなる。)
しずてつジャストラインバス(静岡市清水区興津中町)(2014年3月9日)

まだ今日は、たいして歩いていないような気もするけど、やはりお腹は空いていて、この交差点のそばにあるローソンで揚げ物を買って食べちゃいました(笑)。

【静岡市清水区興津東町付近の地図】
※マウスをグリグリして、拡大、縮小してご覧ください。
※うまく表示されない場合は、ブラウザを「最新の情報に更新」してください。


2年間のブランクの間に、新東名高速が開通しちゃったんですね(笑)。新清水ICは国道52号線を左へ行くそうです。
静岡市清水区興津中町・新東名入口の標識(2014年3月9日)

しかし、昔の「身延道」への分岐点は国道52号線交差点ではなく、もう少し駅に近い「しずおか信用金庫」興津支店の前でした。
静岡市清水区興津中町・旧東海道と身延道の分岐点(2014年3月9日)

興津駅の姿をちょっと見ておこうと思い、駅前に立ち寄りました。
東海道本線興津駅(静岡市清水区興津中町)(2014年3月9日)

由比宿→興津宿間の距離は9.1Kmだそうですが、私は由比駅から歩いてきたので、ここまでの歩行距離は実質7Kmぐらいでしょう。
「峠越え」ということで、時間をたっぷり取りましたが、写真を撮ったりしながらブラブラ歩いても、所要時間は2時間50分程度でした。
(*'-'*)
============================
※由比宿→興津宿間のトイレ情報
・寺尾集落「東海道名主の館・小池邸」
・薩埵峠展望台駐車場
・薩埵峠西側(興津東町)の休憩所
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。