05
1
3
5
7
9
12
13
14
17
19
21
22
23
24
25
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川臨海鉄道のイベントへ行ったよ!

神奈川臨海鉄道DD602(手前)とDD5518(奥)(横浜本牧駅・2013年5月26日)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2013年)5月26日、神奈川臨海鉄道の「創立50周年記念イベント」が、同社の横浜本牧駅構内で開催されました。

この記事ですが、行ってからすぐUPするつもりだったものの、こちらの都合で原稿を書く時間がなく、UPできませんでした。
遅ればせながら書いておきますね。

神奈川臨海鉄道は、川崎貨物駅(旧・塩浜操駅。訪れる場合の最寄り駅は京急大師線の小島新田駅)を中心とする川崎サイドと、
根岸~横浜本牧~本牧埠頭間の横浜サイドに分かれていますが、今回公開されたのは「横浜サイド」です。
神奈川臨海鉄道「創立50周年記念イベント」告知ポスター(横浜本牧駅・2013年5月26日)

川崎サイド(浮島線・千鳥線・水江線)は1964(昭和39)年3月25日の開業ですが、横浜サイド(本牧線)は1969(昭和44)年10月1日に開業しました。
まずは本牧線と、横浜本牧駅のご紹介から。

本牧線「思い出の貨物輸送」といえば、
●国際埠頭から上越線渋川駅まで工業用塩を運んでいたトキ25000形やトラ70000形(通称「塩トキ」「塩トラ」)。
(関東電化工業[株]渋川工場のソーダ電解事業が岡山県水島工場に一本化され、2005年8月に運行終了。これに伴い、横浜本牧~国際埠頭間の専用線は休止。)

●穀物輸送のホキ2200形ホッパ貨車。
(国際埠頭線の途中にあった日本農産工業[株]の専用線が廃止され、1991年5月に運行終了。)

●麦芽輸送のホキ9800形。麒麟麦酒の私有車だった。
(国鉄の山下埠頭駅からシフトしたもので、1987年3月から運行。1997年に運行終了したらしい。)

●宇都宮貨物ターミナル発の自動車輸送列車「ニッサン号」。
これはク5000形による専用列車で、1980年代には日産自動車の「パルサー」(海外での販売名は「チェリー」)が運ばれ、本牧の日産専用埠頭から自動車運搬船で欧米へ輸出されていた。
「日米貿易摩擦」時代の象徴みたいな貨物輸送で、1970年~1985年に運行され、いったん中止されたが1986年~1996年に再度運行された。
・・・といったところですかね。

意外なことに、JRの根岸駅にはタキがゴロゴロしているのに、本牧線は石油コンビナートとは接続していないため、通常はタキが入線することはありません。
なお、開業当初は「本牧操駅」と名乗っていた駅名が「横浜本牧」に改称されたのは1990(平成2)年3月10日でした。
それまで、この地区のコンテナ取扱駅はJR貨物の横浜羽沢駅でしたが、車扱貨物の衰退に伴い、コンテナ基地として再出発するにあたり、「この駅は横浜にある」ことをアピールするために改称したそうです。

構内は広く、首都高速湾岸線が上を通過しています。
神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅(2013年5月26日)1

この構内で、かつては刑事ドラマのロケがよく行なわれていましたが、最近は拳銃をバンバン撃ち合い、派手なアクションシーンが展開される刑事物が減ってしまい、あんまり見ませんね。
やっぱり、「アベノミクス」の恩恵を受けているのは一部の投資家だけで、まだ景気が悪いんだなぁ。火薬を大量に使ったり、廃屋を爆破したり、列車をチャーターしてロケを行なったり、カーチェイスで車が激突するようなドラマはお金がかかるから、スポンサーがいい顔をしないんでしょうね。。。。
┐('~`;)┌
横浜本牧駅の駅舎は、ここが入口です。
神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅(2013年5月26日)3

「何でもご相談ください」というわりには、無愛想なのが貨物駅の特徴です(笑)。
今は車扱貨物を取り扱わなくなったので、「車扱」の文字は消されています。

構内はとにかく広大ですから、ここで撮影すると、どんな写真でも「大空と大地の中で」というか(笑)、横浜市内とは思えない妙に「大陸的」な写真になってしまいます。
神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅(2013年5月26日)2

前置きが長くなりましたが、ここからイベント訪問記です。
前日(5月25日)の大宮(JR大宮総合車両センター)イベントで疲れてしまい、正午近くに出発。
ありがたく、3月から走り始めた西武池袋線から直通の「快速急行/元町・中華街」行きに乗って横浜まで。
「今後は、JRの湘南新宿ラインに乗る機会は減るかもしれないなぁ」と思いつつ、根岸線に乗り換えて根岸駅へ。

実は、専門学校時代の3年間は、学校最寄りの根岸駅を利用していて(最後の1年間は実習先へ行っていたので、毎日ではなかったけど)、懐かしく思いました。
どうも私の「貨車好き」は、子供のころよく自転車で見に行った新鶴見操車場と、高校時代に毎日乗降していた鶴見駅、それに専門学校時代の根岸駅で形成されたようです(笑)。
(*'-'*)
根岸駅前は、ン十年前に比べて「東京資本の飲食店がずいぶん増えたなぁ」と思いましたが、ここから横浜本牧駅までの無料バスが出ていました。
これは横浜市営バスのチャーター便で、乗ろうと思ったら、ものすごい混雑。。。。
しかし、空車のバスが3~4台、横浜本牧駅から戻ってきたところでした。空車をいつまでも停めておけず、管理職らしい人が「その車はもう出しちゃえ」と指示し、超満員バスは発車。
おかげで、ガラ空きのバスに乗れました。1台に15人ぐらいで、当然、全員着席です。

根岸の町は懐かしく思うものの、本牧線には旅客列車が走っていませんし、貨物列車の本数も少ないですから、それほど馴染みはありません。

14時頃到着すると、ちょうどC56 139号機のデモ走行が始まったところでした。
C56 139(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)1

考えてみたら「貨車を牽引する蒸気機関車」っていうのは、いまどきあんまり見る機会もないですよね。
往年の小海線あたりは、こんな感じだったんでしょうか。
C56 139(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)2

とにかく、ものすごい人出なんですよ。後日(5月28日付)、神奈川臨海鉄道の公式発表によれば2万5000人が来場したそうです。
でもまあ、私はC56形といえば「また、大井川鐵道に行けば見られるし」とか、「まだ行ったことのない”SL北びわこ号”も見たいなぁ」と思い、それほど「ガツガツ撮る」のはやめました。
今回は、自走ではなくDLの後押しによる「模擬走行」でもあるし。。。。
C56 139(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)3

ただ、このC56 139号機は「横浜ゆかりの機関車」です。
C56 139(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)4

1938(昭和13)年3月26日付で、山口県の日立製作所笠戸工場で製造され(製番:982)、当初は仙台鉄道局に配置されたようです。
その後、北海道の幌延へ転じ、さらに、生れ故郷からそう遠くない広島県の備後十日市(現:三次)へ移ったそうです。
備後十日市、昔の芸備線、木次線・・・と聞くと、私は松本清張の『砂の器』とか『父系の指』といった名作を思い出します。
C56 139(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)5

広島から鹿児島へ転じて、昭和30年代には横浜機関区に所属し、臨港貨物線の入換に使われました。
以前も書きましたが、横浜港の入換作業は列車ダイヤと、船の出入港時刻の関係で、いったん機関区を出た機関車が給水や燃料補給に戻る時間がなかなか取れなくて、小ぶりとはいえ、ある程度は水や石炭を積めるテンダー機のC56形が好まれたのです。
浜川崎や鶴見線では、タンク機のC11形が多く使われましたが、これは車両運用やダイヤが全く異なり、給水や燃料補給に戻る余裕があったからだと思います。
しかし、DD13形ディーゼル機関車が登場すると、補給の問題は一発で解決しました。ディーゼル機関車は一度、軽油を満タンにすれば2~3日ぐらいは補給の必要がないからです。
御用済みになったC56 139号機は1965(昭和40)年に廃車され、中央鉄道学園(東京都国分寺市)の教材になりました。

神奈川臨海鉄道に来たのは、国鉄分割・民営化で学園の廃校が決まった1986(昭和61)年12月のことで、「横浜観光の目玉」として復活の話は何度も出ているものの、具体化はしていません。
現在は、臨鉄社員と外部の有志が定期的に整備しており、2012年3月に再塗装され、状態は非常に良好です。

今回2万5000人も押しかけたのは「SLが出るから」だと思うんだけど、DLや貨車も間近で見られるチャンスは少ないので、これを見ずに帰るのはもったいない話です。
神奈川臨海鉄道の機関車は現在7両。川崎サイド5両、横浜サイド2両です。
今、横浜サイドにいるのは、1992年・富士重工製のDD5518。
神奈川臨海鉄道DD5518(横浜本牧駅・2013年5月26日)2

神奈川臨海鉄道DD5518(横浜本牧駅・2013年5月26日)1

そして、2006年・日本車輌製のDD602。これは現在、神奈川臨海鉄道の最新車両です。
神奈川臨海鉄道DD602(横浜本牧駅・2013年5月26日)

どちらも国鉄DD13形に代表される軸配置「B-B」の機関車ですが、この会社は開業以来、国鉄・JR払い下げの機関車を導入したことがなく、全て自社発注の新造車です。

貨車を見ずして、何のために貨物駅へ来たのか・・・ってことで、貨車はじっくり観察しました。
まず、昨年11月18日の京葉臨海鉄道・千葉貨物駅の一般公開でも展示されたタキ1000-1。
タキ1000-1(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

常備駅が郡山貨物ターミナルから、根岸駅に変わりました。ただし、今のところ「(京葉臨海鉄道)浜五井駅仮常備」になっており、展示以外で横浜へ来る機会があるのかどうなのか。

「1番じゃなきゃダメですか? 2番じゃダメなんですか?」ってことで、仙台北港駅(仙台臨海鉄道)からタキ1000-2も参加。
仙台臨海鉄道は、東日本大震災による津波で壊滅的な被害を受けましたが、徐々に復旧しつつあるようです。
ガンバロー!(*'-'*)/
タキ1000-2(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

そして・・・千葉貨物駅でも展示されましたが、「噂の”銀タキ”」タキ143645が登場!
ヽ(゜∀゜ )ノ
タキ143645(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

千葉での展示は大々的なPRがなかったので、知らなかった方も多いだろうと思います。千葉で見られなかった方は、今回の展示を待ち望んでいたことでしょう。
また、千葉では見学通路から遠い位置に留置されていたので、すぐそばで見たのは私も初めてでした。

こちらは、トラ45000形のコトラ150768です。
コトラ150768(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

トラ45000形は、1960~63年に8184両が作られたそうで、昔は全国どこでも見られ、ちっとも珍しくありませんでしたが、現在は事業用として30両程度が残っているだけで、なかなか見る機会はありません。
私も久しぶりに見ましたね。「東 川崎貨物駅常備」と書いてありますが、JR貨物部内の器材や部品の配給用車両として使われているようです。でも、本線上を走っているのを見たことはないなぁ。。。。

コンテナ車もいるよ。
最近は少なくなってきたコキ50000形です。コキ51376に、JOT(日本石油輸送株式会社)のUR18A・19A形冷蔵コンテナを積んで展示中。白い色がさわやかです。
コキ51376(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

コキ50231と50403には、「鉄道コンテナ輸送50周年」記念のグリーンコンテナ(19D形)が積まれています。
この「エコレールマーク」のニコニコちゃんは、いつ見てもかわいいですね!
(*'-'*)
それにしても、全国に50個しかない記念コンテナを10個も集結させるのは大変だったんじゃないかと思います。
コキ50231(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

コキ106-648もいるよ。川崎汽船の40ftコンテナを積んでいる姿、すぐ近くで見ると迫力がありますね。
コキ106-648(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

これは先日(5月5日)の東京貨物ターミナルのイベントでも展示されていたヨ8404(東ウタ)。
ヨ8404(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)2

今回は、トイレのある反対側も見ることができました。
旧・国鉄の車掌さんだった方のブログで、30年ぐらい前、このヨ8404のトイレの放流管を詰まらせてしまった失敗談(!)を読みましたが、「たくさんあったヨ8000形の中でも、このナンバーが健在で、今でもしばしば見られることに驚いている」とのことです。
ヨ8404(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)1

そして、「大物車」シキ1000D1です。これは、1975(昭和50)年の新造当時は日本通運の所有で、「マル通」マークを付けていましたが、現在はJR貨物所有だそうで、社名標記はありません。
シキ1000D1(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)1

福島第一原発事故以後、日本では関西電力大飯原発の2基を除き、原発の原子炉は稼動していませんが(2013年5月現在)、
その影響なのか、全国的に既存変電所の増圧をやっているらしく、最近、やたらに「シキ」による新造の変圧器輸送が増えている感じがしますね。
富士電機と日立製作所の合弁で設立されたものの、業績の低迷で解散が決まっていた変圧器メーカーの「日本AEパワーズ株式会社」も、解散が延期されたようですし。
そのため、「シキ」も数年前に比べて運転される機会が増えていますが、首都圏通過は夜間が多く、なかなか見ることができません。

静岡や名古屋あたりは昼間、場合によっては土日に通過することもあり、実にうらやましい。。。。
もっとも、「静岡は今、タンク車の定期運行がないんだ。愛知も三河地域にはないし、石油列車を毎日見られる首都圏の人がうらやましいよ」と言われそうですけどね。

「連結位置機関車次位(積車時) 次の編成とする場合は除く キ+ヨ+シキ+ヨ」という、面白い注意書きがありました。
この「伴走車」として、今でもヨ8000形が残されているわけです。
シキ1000D1(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)2

今回、コンテナの展示はグリーンの19D以外、そんなに珍しい物はなかったんですが、展示エリア外に、こんなのを発見。。。。
UT4C形コンテナの「UT4C-91」がポツンと置いてありました。
コンテナ・UT4C-91(日本石油輸送所有)(神奈川臨海鉄道横浜本牧駅・2013年5月26日)

UT4C形自体は汎用のタンクコンテナで、それほど珍しくはない12ftコンテナの一種です。とは言っても、全部で164個しか存在しないようですけどね。
私有タンク貨車に比べて、コンテナはコストが安いためか、有名大企業だけでなく、中小企業が所有・借受している例が多いのも特色です。
汎用ですから、油や薬品だけでなく、印刷用インクや液化フロンの輸送にも使われています。
この「91」は日本石油輸送が所有し、新日本石油が潤滑油の輸送に使っていましたが、最近のタキ1000形同様「ENEOS」マークはあるものの、「JX日鉱日石エネルギー」の新社名には書き換えられておらず、「新日本石油」の文字を消した跡が残っていました。

今回もまた、楽しいイベントでしたが、根岸駅へ行く無料バスは長蛇の列。。。。

でも「無料」に固執しないなら、本牧市民公園方面から横浜駅へ行く市営バスは、いくらでも走っています。
冒頭に載せたヤードや駅舎の写真を撮りながら15分ほど歩き、国道357号線上の「横浜本牧駅」バス停から、横浜駅東口行きのバスに乗車。
これは210円払わなければならないものの、2~3人しか乗っていませんでした。
横浜市営バス「横浜本牧駅」バス停(2013年5月26日)

多少は土地勘がある強みで、空いているバスに乗れましたが、このバスが「和田山口」停留所に着くと、ドッと乗ってきました。
和田山口は「サティ・マイカル本牧」(ショッピングモール)の前にあり、もともと乗降客は多いんですが、イベントの告知では「無料バスを利用しない場合は”和田山口”から徒歩10分」と案内されており、無料バスを諦めた人たちがここまで歩いてきたようでした。
座ったまま横浜駅東口まで乗り、駅ビルの新築(地上33階・地下3階建て)が決まった西口を少しぶらついた後、また「ありがたい特急小手指行き」で、乗り換えることなく帰宅。
(*'​-')​ノ
============================
■「貨物列車」関連の主な過去記事
もし興味がおありでしたら、クリックしてご覧になってみてください。
(*'-'*)
四日市・・・港の鉄道可動橋ヽ(゜∀゜ )ノ(2011年2月6日付)
怪しすぎる(笑)・・・三岐鉄道(*゜ー゜)(2011年2月14日付)
また行きたいな!三岐鉄道(^​0_0​^)(2011年2月15日付)
岳南鉄道の貨物列車を見てきた!(*'-'*)(2011年9月10日付)
岳南鉄道の貨物列車 再訪(*'-'*) (2012年1月1日付)
「ELパレオエクスプレス」で武州原谷駅を見てきたよ!(2012年10月3日付)
京葉臨海鉄道50周年イベントを見てきたよ!(2012年11月19日付)
「全農」所有の貨車・ホキ8300形を描く(2013年3月20日付)
「日清製粉」所有の貨車・タキ24700形を描く(2011年4月11日付)
東京貨物ターミナルのイベントへ行ったよ!(2013年5月6日付)
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」へ行ったよ!

EF60 510・EF65 1115・EF81 133(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2013年)5月25日、JR東日本大宮総合車両センター・JR貨物大宮車両所で「JRおおみや鉄道ふれあいフェア」が開催されました。

このイベント、私は「まあ、初心者向け・ファミリー向けなんだろうなぁ」と敬遠していましたが、
10日ほど前に、展示車両の一部が大宮駅構内から見える位置に留置してあるのを目撃したことでもあり、ちょっと覗いてみることにしました。
もっとも、夜勤明けだったので眠くてたまらず、上野から大宮までは東北本線(宇都宮線)のグリーン車を奮発しましたけどね。
(つ_-)
入場には長い行列ができており、「最後部」は、なんと大宮駅西口の「DOM」(ダイエー)の前。500m以上続いていたんじゃないでしょうか。
これは、会場までの途中にある「大栄橋」の信号が青になっている時間が短すぎて、いつまでも横断できないからです。
(埼玉県警もこのイベントに協賛し、パトカーや白バイの展示も行なわれていたけど、信号の件や交通整理などでは全く協力する気がないらしい。。。。)
結局、入場するまで30分近くかかりました。まあ、入ってしまえば1万人や2万人訪れても問題ないくらいに、構内は広いんですけどね。

ゲートの手前では、1938(昭和13)年に、当時は鉄道省大宮工場だったこの場所で製造されたD51 187号機がお出迎えです。
交通新聞社(旧・弘済出版社)の全国版『時刻表』創刊50周年を記念したヘッドマークを付けていました。
D51 187(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

正直なところ、このイベントにはさほどの期待もしておらず、「まあ、EF58 93を見られればいいや」ぐらいの気持ちで来たので、まずはEF58から。
EF58 93(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

93号機が現役時代に「青大将」塗装だったことはありませんし、停止位置が悪くて先台車がカーブにかかっている、パンタグラフが下がっている、欲を言えば区名札や、「つばめ」か「はと」のヘッドマークを付けてほしかった・・・と、言い出せばキリがないんですが、しかし、僚友の89号機はここのお隣、鉄道博物館の屋内展示ですし、野外でEF58形機を見るのは何年ぶりでしょう。
それを考えると「まあ、いいか」って思いましたね。

その隣には、3月で205系と交代して退役した107系の「日光線仕様」車(宮ヤマ「N4」編成)が。
これ、現役時代に何回か撮ってるんですが、JR日光線にはあまり縁がなく、鶴田駅にある「鉄道院」の刻印入り跨線橋を見に行ったときに、一回乗っただけでした。
同じ107系でも、高タカ車は上越線の「SLみなかみ」撮影時の足として、何度もお世話になっているんですけどね。
宮ヤマ107系「N4」編成(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

初夏はバラの季節・・・と、この前書きましたが、ローズレッドのEF80 36号機もいます。
これは中学生ぐらいの頃、常磐線で見かける機会があり、昼下がりの上野駅を出る仙台行き普通223列車(スハ43系が多かった)なんていうのにも乗ったことがあるので、懐かしいです。
EF80 36(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

223列車には水戸まで乗りましたが、タイムマシンで30年前に戻れるなら当然、仙台まで乗り、降りたら牛タンで一杯やるね(笑)。。。。
それより、現在は原発事故の影響で立入が規制されている福島県の双葉とか大野あたりでは、30年前には平和な暮らしが営まれており、私も10年ぐらい前、桜で有名な夜ノ森へ行ったことがあるんですが、それを思うと胸が痛みます。

ここで機関車撮影は一時中断。
185系の「試乗車」が動き出しましたので、これを見ましょう。宮オオ(元・東チタ)の185系「C1」編成でした。
通常は「踊り子」の修善寺編成に使われていますが、「C1」(5連)と「A8」(10連)は、2011年に「踊り子」号登場30周年を記念し、デビュー当時の塗装に戻した編成です。
ただ、ヘッドマークは「湘南新宿ライナー」でした。
宮オオ185系「C1」編成(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

「湘南新宿ライナー」とは現在の「ホームライナー小田原」「おはようライナー新宿」ですが、2001年12月1日に「湘南新宿ライン」が走り始めてもしばらくは改名されず、
藤沢市議会(だったか)から「紛らわしい」とのクレームがあって、1年後の2002年12月1日から現行の名称に改名されました。従って、このヘッドマークは現在では見られません。
「湘南新宿ライナー」については、定期券の取扱(本来は、湘南方面から「新橋駅・東京駅経由 新宿まで」の定期券では乗れない)も当初はなんだかおかしく、
JR部内の勉強会で指摘があって、慌てて「湘南新宿ライナーに限り、東京駅経由の定期券でも、目黒駅・渋谷駅を経由するルートで乗車可」という通達を出すまで、10年近く部内でも「”規則違反”の常態化」に気づかなかったり、とにかく妙な列車でした。

それはともかくとして、「試乗車」は鉄道博物館横まで約500mぐらい走って折返してきました。
折返しは、ヘッドマークが「踊り子」になっていました。
宮オオ185系「C1」編成(JR大宮総車セ、2013年5月25日)2

機関車撮影に戻ります。
まずはEF60 510から。「富士」のヘッドマーク付き。
EF60 510(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

裏側は「はやぶさ」でした。
EF65 510(JR大宮総車セ、2013年5月25日)2

私などは、「はやぶさ」といったら東京~熊本~西鹿児島間のブルートレインという思い込みが今もあり、東北新幹線で「はやぶさ」といわれても、いまだにピンとこないなぁ。
東京~新青森間のE5系新幹線「はやぶさ」に乗ったこともあるのに、どうも頭の切り替えができんのよ。
「BBA43」だから、それこそ「AKB」の女の子たちみたいな青春時代に憶えたことを、いまだ書き換えできないわけね。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

次に、EF65 1115。これは現役機で、田端運転所の所属。今でもたまに走っていますが、今日はヘッドマークを付けて、久しぶりにお化粧です。
もっとも、この「富士/はやぶさ」のヘッドマークを付けて実際に走ったことは、おそらくないでしょうね。
「富士」と「はやぶさ」が併結運転していたのは2005年3月1日~2009年3月13日の4年間ですが、その頃、牽引機はEF66形になっていましたから。
(注:EF66形の故障時などに、EF65形牽引の”富士/はやぶさ”も何回か走ったようです。)
EF65 1115(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

裏側は・・・なんと、「ORIENT EXPRESS '88」でした!
( ゜。゜)ウヒョー
EF65 1115「ORIENT EXPRESS 88」ヘッドマーク(JR大宮総車セ、2013年5月25日)2

いやぁ・・・あったね、そういうバブリーなイベントが。
1988年、パリからユーラシア大陸を横断して香港へ至り、海を渡って日本に上陸した「ノスタルジー・イスタンブール・オリエント急行」(NIOE)が、10月16日の広島発東京行きを皮切りに、12月25日まで日本列島を周遊したのでした。
お台場のテレビ局(その頃は市ヶ谷河田町にあった)の開局30周年記念行事で、当時、そのテレビ局にチャンネルを合わせると、松田聖子さんが唄うテーマ曲『旅立ちはフリージア』が一日中流れていたものです。
(これはその後、彼女のベストアルバムにも収録されましたから、今でも聴けます。)
下の写真は、当時ちょっとしたコネを使って品川運転所構内で撮ったもの。
「オリエント急行」来日時(1988年10月・品川運転所)

まあ、こんなのが日本を走る機会は二度とないでしょうけど、当時、日本の鉄道関係者に与えた影響は大きく、その後「トワイライトエクスプレス」や「カシオペア」登場のきっかけを作ったことは間違いないでしょうし、
間もなくデビューするJR九州の「ななつ星in九州」も「日本版オリエント急行を目指す」と言ってますよね。
また、上越線などでおなじみD51 498号機の再デビューは、1988年12月23日、上野~大宮間で「オリエント急行」を牽引したときでした。
D51のエスコート役はEF58 61号機で、今思えば「いい時代」だったなぁ。。。。
(´-`).。oO
「オリエント急行」に意表を突かれましたが、EF81 133のヘッドマークは「北斗星」。
EF81 133(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

裏側は「エルム」でした。
この「エルム」という列車、最近は走る機会もないし、運行されていた当時もB寝台だけの「万年臨時列車」で、ついに定期化されませんでしたが、
「エルム」(楡)っていうのが北海道の豊かな森を思わせ、好きな列車名のひとつでしたね。
(*'-'*)
EF65 1115(JR大宮総車セ、2013年5月25日)2

建物に入れば、真岡鐵道のC11 325号機が検査入場中でした。
C11 325(真岡鐵道)(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

真岡といえば、4月に「キュウロク館」がオープンしたそうで、「以前取り上げたニュースの事後報告」を標榜している以上 、近日中に行かないといかん。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛
ただ、今は仕事が忙しく、しなの鉄道の坂城駅(169系S51編成の静態保存)も行ってリポートしなきゃいけないんですが、時間と費用(全部「自腹」だからね、このブログは!)の捻出方法は思案のしどころです。
(・へ・)
蒸気機関車といえば、岩手県を中心とした東北エリアを走る予定のC58 239号機をレストア中で、それらしきシリンダ部分がありました。
C58 239シリンダ部分(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

しかし、一般の人には「鉄の塊」にしか見えないんだろうなぁ。
これを熱心に見たり、撮影している人は、ほとんどいませんでしたね。

同じ構内にあるJR貨物大宮車両所の建物に入ってみましょう。

DE10 1539号機(東新潟機関区)に「あけぼの」のヘッドマークが付けられていました。
DE10 1539[東新](JR貨物大宮車両所、2013年5月25日)

この機関車が使われたわけではありませんでしたが、一時期、特急「あけぼの」が陸羽東線経由(DE10形牽引)で走っていた頃を思い出します。
残念ながら、実物を見る機会はありませんでしたが。。。。

これも「おもしろヘッドマーク」というか、EF64 1049号機(愛知機関区)に「北陸」のヘッドマークを付けた「実際にはなかった」姿。
EF64 1049[愛](JR貨物大宮車両所、2013年5月25日)

DE10形機は、1586号機が入場中でした。
DE10 1586[新](JR貨物大宮車両所、2013年5月25日)

私、これを最近八王子駅で見てるんですよね。
DE10 1586[新](八王子駅・2013年4月14日)

全検なのか要検なのか、とにかくオーバーホール中ってことは、まだ当分は活躍を見られそうです。

EF64 1035号機には、「福山通運」のヘッドマークも。
EF64 1035[愛]「福山通運」ヘッドマーク(JR貨物大宮車両所、2013年5月25日)

ところで、車両工場の一般公開で面白いのは、「得体の知れない物が転がっている」のを見ることです(笑)。
この装置はどうやら「汚物処理装置」のようです。ただ、「自動給水弁」が付いているので「水タンク一体型」なのでしょう。
こんな物の「未使用新品」状態を見る機会など、まずないでしょうね。
鉄道車両用汚物タンク(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

タンクの容積は小ぶりですから、近距離用車両向けだと思いますが、何系に使われているものなんでしょうか。

これはJR貨物の構内にあった装置ですが、「車両牽引車」だそうです。
電動駆動式鉄道車両牽引車(JR貨物大宮車両所、2013年5月25日)

メーカーはドイツのザクロ社。バッテリーで動きます。
牽引力は最大200トンだそうですから、EH200だろうが500だろうが楽に動かせますね。
無線操縦も可能で、不思議なことに「軌道上でも、コンクリートやアスファルトの上でも走る」といいます。
JR貨物では2013年度から順次導入・・・とのことですが、ドイツ製ですから、ヨーロッパで使われてる「標準仕様」は1435ミリゲージなんでしょうね。
日本のJR在来線に合わせた1067ミリゲージ用のは「特注品」なんだと思います。

菱形のPS16型パンタグラフなんていうのも、今のうちに見ておきたいもののひとつ。
PS16型パンタグラフ(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

なにしろ「架線作業車・マジックボーイ」の接地用パンタグラフですら、今はシングルアームになっちゃってますから。。。。
架線作業車「マジックボーイ」(JR大宮総車セ、2013年5月25日)

ざっと1時間半ぐらいかけて会場内を一巡し、訪れる前に考えていたより楽しかったのは何よりでしたが、疲れました。
帰って午後はお昼寝だね。。。。
(ё_ё)
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

「金太郎」になった「安中貨物」を撮ったよ!

EH500-20[仙](2013年5月15日・北上尾駅)

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
福島臨海鉄道の宮下駅(福島県いわき市)と、信越本線の安中駅(群馬県安中市)を結ぶ東邦亜鉛株式会社の専用貨物列車、通称「安中貨物」「東邦亜鉛号」は、
従来、JR東日本(田端運転所)所属のEF510形が牽引していましたが、
2013年3月16日のダイヤ改正から、どういう取り決めなのか知らないけど、JR貨物(仙台総合鉄道部)のEH500形「金太郎」の牽引になりました。

遅ればせながら・・・というか、私はEF510形牽引時代、さらにその前のEF81形牽引時代も含めて、「安中貨物」を一回も撮ったことがなかったんですよ。。。。
この列車は、東京都内~埼玉県内通過が夕方の15~17時台で、私の仕事や生活のリズムからすると実に撮りにくい時間帯なので、撮ったことがなかったんですが、
高崎線と信越本線(高崎口)を「金太郎」が定期運行するのは初めてのことで、「”食わず嫌い”じゃイカンな」と思い、(2013年)5月15日に、高崎線の北上尾駅で撮ってきました。
(*'-'*)
(栃木県小学校修学旅行臨時列車[183系]撮影のついで[2013年5月15日付記事参照]。ニュース性の高い記事を優先してUPしているため、時系列的に見るとバラバラですが、ご容赦くださいませ。)

「金太郎」自体は結構好きで、北海道の五稜郭駅から東上し、正午前に都心部の池袋・新宿・渋谷を通過して、新鶴見まで「金太郎」が牽引する3086列車などは、折に触れて撮っているんですけどね。
3086列車は札幌貨物ターミナルが始発駅で、新鶴見から先は列車番号が3075列車に変わって名古屋貨物ターミナル駅まで行きますが、
静岡県の皆様は「こっちまで来てくれよ、”金太郎”!」と思っているだろうなぁ。。。。
m(-_-)mスマヌ
EH500-12[仙](2002年6月・東十条~赤羽間)

今、調べたら3075列車は沼津発15時27分、静岡貨物発16時32分と良い時間帯ですが、牽引機は、あんまり珍しくもない新鶴見機関区のEF210形らしいですね。

2009年11月22日、隅田川駅のイベントで「おかげさまで鉄道コンテナ輸送50年」の記念ヘッドマークを付けたEH500-24も撮ってますが、
EH500-24[仙](2009年11月22日・隅田川駅)

偶然、黒磯駅で見かけた試作機・EH500-901も撮っていた。。。。
車体形状が、量産機とずいぶん異なることに注意してご覧ください。
EH500-901[仙](2005年7月23日・黒磯駅)

貨車は東邦亜鉛私有のタキ1200形タンク車。
タキ1200形(東邦亜鉛)(2013年5月15日・北上尾駅)

そして、これも私有のトキ25000形無蓋車。
トキ25000形(東邦亜鉛)(2013年5月15日・北上尾駅)1

トキ25000形など、昔は国鉄所有のがいくらでもゴロゴロしてましたから、荷主さんの私有車など考えられませんでしたが、
いつの間にか国鉄(JR)所有車は姿を消してしまい、「今後も使いたいなら、東邦亜鉛さんで作ってください」ということで、1999(平成11)年に12両が日本車輌で作られました。

安中精錬所での荷下ろしには「カーダンパー」が使われます。まあ、工場内の設備ですから、私たちが見ることはできませんけど。
これは、無蓋貨車をレールに乗ったまま固定して車体を傾け、荷台の積荷を「ザザッ」と下ろす装置で、鉱石輸送では、世界的に広く使われています。
そのため、車体側面の「あおり戸」は原則として開かれることはない・・・とのことです。
(カーダンパーは、今は廃止された同和鉱業片上鉄道[岡山県]にもありました。)
トキ25000形(東邦亜鉛)(2013年5月15日・北上尾駅)2

「安中貨物」5781列車は、田端信号場発15時33分・高崎操車場発17時17分・安中着17時37分です。
私などは、信越本線の貨物列車といえばEF62形の印象が強く、「金太郎」には違和感をおぼえますが、
この時刻ならば、上越線で上りの「SLみなかみ」を撮った後、大急ぎで群馬八幡か安中へ回れば、日が長くなるこれからの季節は撮れるなぁ・・・と思っています。
(*'-'*)
5781列車には、特に「曜日指定運休」などはありません。
ただし、福島第一原発事故以後、東京電力が企業向けの電気料金を大幅に値上げしたため、東邦亜鉛では、例年7月上旬~9月上旬は安中精錬所の操業を停止しており、その間は「安中貨物」も運休しますからご注意ください。

本当は「安中貨物」の後、隅田川発金沢ターミナル行き高速貨物2073列車(EF65[新]牽引)があり、旅客列車も、今や稀少な211系充当の925M(上野発16:14→前橋着18:27[平日運用])があるんですが、
183系の修学旅行列車は東北本線の雀宮行きだったので、いつまでも高崎線でうろうろしていられず、この日はあきらめて大宮へ。
またね!(*'-'*)ノ

でも、大宮駅ではEF65 1106[田]牽引の「工臨」を見たよ。たぶん、宇都宮ターミナル行きだと思いますが。
ひと昔前だったら「どノーマル」のPFなど、「フィルムの無駄」とか言って撮らなかったかもしれないけど、今や「絶滅危惧種」ですね。
EF65 1106[田](2013年5月15日・大宮駅)

もっとも、ホキ800形3両なんて列車は模型みたいで、ちょっと物足りない気もするけどね。。。。
EF65 1106[田]+ホキ800形工臨(2013年5月15日・大宮駅)

ホームの自販機で飲物を買っているJKは、この列車には何の興味も示していません(写真右端)。
私は・・・「物足りない」と言いつつも、こんなのが通ったら
キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!
って大喜びしてたね(笑)。
まあ、私がJKだった当時は「鉄子」なんていないので、「鉄道が好きなんて、男の子みたいじゃん」と言われてましたが。

まあPF工臨もいいんですが、「E233系とE231系の並び」も撮っておきたいよね。
高タカE233系L03編成(左)・横コツE231系S-24編成(右)(2013年5月15日・大宮駅)

これも大して珍しくはないんですが、京葉線の海浜幕張から、武蔵野線経由でやってきた205系の「しもうさ号」。
千ケヨ205系M24編成・クハ205-33(2013年5月15日・大宮駅)

これらが・・・たぶん20年後ぐらいには「貴重な画像」になるのは確実ですから。。。。

ああそうだ。
「安中貨物」で思い出したんですが、京浜東北線東十条駅前にあるウィークリーマンションの広告に、そのマンションから「安中貨物」を撮った写真が使われていたよ。
(2012年9月)
東十条駅前のウィークリーマンション広告(2012年9月8日撮影)

『鉄道写真撮影のメッカ、通称”ヒガジュウ”をご存知ですか?』だってさ。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
よりによって「安中貨物」、しかもEF81 95が牽引している写真を使うところなど、どう考えても「確信犯」だよねぇ(笑)。。。。

では~♪(*'​-')​ノ

【画像追加】(2013-05-21)
ご要望(コメント欄参照)のあった、
「武蔵野線205系が大宮到着後、東大宮操まで回送で引き上げるシーン」。
千ケヨ205系「M25」編成。2010年12月18日撮影。
千ケヨ205系M25編成・クハ204-34(2010年12月18日・大宮~土呂間)

============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

復活するよ!115系の「ホリデー快速鎌倉」

2011年秋季「ホリデー快速鎌倉」・横浜駅

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
首都圏の115系電車ファンの皆様に吉報です。

しばらく183系電車(宮オオ)で運転されていた「ホリデー快速鎌倉」が、
この夏(2013年夏季)、115系横須賀線色車に戻ります!

(八トタ[豊田車両センター]・115系「M40」編成充当。)
ヽ(゜∀゜ )ノ
2011年秋季「ホリデー快速鎌倉」・逗子1

「ガセネタ」じゃない証拠に、JR東日本・八王子支社の公式発表(2013年5月17日付)をどうぞ。
(*'-'*)つ
http://www.jreast.co.jp/hachioji/rinji/rinji_summer2013.pdf
(PDF形式)

時刻は、従来とほとんど同じで
・南越谷発8:00→鎌倉着9:52
・鎌倉発17:18→南越谷着19:07
ですが、この夏は運転日数がものすごく多くて、
・7月13~15・20・21・27・28日
・8月3・4・10・11・17・18・24・25日
・9月14~16・21~23日
の予定です。
(・.・)ほぅ
一時期、「ホリデー鎌倉」は夏季の運行が全くなかったので、夏季運行の再開と、115系復活には驚きましたね。
2011年秋季「ホリデー快速鎌倉」・北鎌倉1

なお、2012年夏季・秋季、2013年春季に115系で運行された、大宮~奥多摩間の快速「むさしの奥多摩号」は、2013年夏季には運行されません。

この夏は、青梅線の臨時列車は「不作」でして、定例の「ホリデー快速みたけ・おくたま」シリーズの増発列車として、
7月27・28日、8月3・4日に「ホリデー快速おくたま91号」(新宿発6:33→奥多摩着8:08)がE233系で走り、
8月17・18・24・25日に485系お座敷列車「華」充当の快速「お座敷みたけ清流号」
(川崎発8:47→奥多摩着11:07/奥多摩発17:35→川崎着19:49)
が走る程度で、他は予定されていません。

ところで、長年親しまれた富士急線乗り入れの「ホリデー快速河口湖」は、富士山の「世界遺産登録ほぼ確定」を受けて、
7月6日以降は、新宿発着・小山発着とも「ホリデー快速富士山」に改称されます。
(同時に、上りの河口湖発小山行きが「6号」から「4号」になり、4号が欠番だったイレギュラー状態が解消されます。時刻は、春季とほぼ同じ。)

このヘッドマーク、撮っといてよかったなぁ。。。。
「河口湖」の文字を「富士山」にするのか。それとも、全く新しいデザインになるのか。
いずれにせよ変更されることは間違いなく、やはり「デジカメは、SDカードを1枚入れときゃフィルム時代の何十倍も撮れるんだから、何でも撮っておけ」ってことですよ。
(´-`).。oO
八トタ183系M50編成「ホリデー快速河口湖」(2012年12月29日・八王子駅)

八トタ183系M50編成(8571M「ホリデー快速河口湖1号」)(2013年5月3日・鳥沢駅)

ついでに、「3・4号」充当の宮オオ(元・東チタ)「H61」編成にも、この機会にただの「快速」じゃなくて正式なヘッドマークが欲しいよね。。。。
宮オオ183系H61編成(9473M「ホリデー快速河口湖3号」)(2013年5月3日・鳥沢駅)

東チタ183系「H61」編成「ホリデー快速河口湖4号」(2010年10月24日・富士吉田[現・富士山]駅)

また、7月6日~9月29日の土曜・休日、新宿~河口湖間に快速「山梨富士号」が運行されることになりましたが、
(新宿発7:39→河口湖着10:23/河口湖発16:16→新宿着18:28)
7・8月の運転日はE233系です。しかし、9月の運転日はE257系5両編成(指定席2両・自由席3両)とのこと。
ということは、500番代の千マリ(幕張車両センター)車なんでしょうね。
千マリE257系500番代・特急「あやめ」(2012年8月25日・平井駅)

富士急線にE257系が入線するのは、おそらく初めてだと思います。
でも、7・8月のE233系も捨てがたいよ。
なぜなら、E233系は毎日、富士急線に2往復入線していますが、これが早朝・深夜で非常に撮りにくい。
今回の「山梨富士号」は昼間ですから、無理のない時間帯に撮影可能です。
八トタE233系H45編成(2013年5月3日・梁川~鳥沢間)

もっとも、「山梨富士号」に千マリのE257系が使われる代わりに、昨年まで9月に千葉~甲府間をE257系で走っていた快速「山梨ぶどう狩り号」は運行されません。
今年も千葉~甲府間の臨時快速列車は運行されるんですが、7月は「お座敷山梨もも狩り号」、9月は「お座敷山梨ぶどう狩り号」として485系「ニューなのはな」での運行です。
(全車グリーン車指定席ですので、「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」での乗車はできません。)

「ホリデー快速鎌倉」ともども、夏の中央本線も面白くなりそうです!
(*'-'*)
なお、現時点では「あずさ」「かいじ」「ムーンライト信州」の臨時運行予定がほとんど発表されていませんが、
これについては「後日、追加発表」が通例ですので、もう少し待ちましょう。
(「ムーンライト信州81号」については、JR東日本本社のプレス資料で発表済み。新宿発7月12日~9月27日の金・土曜[8月31日・9月7日を除く]と、8月1~10日の毎日です。)
(*'​-')​ノ

【追記】(2013-06-01)
富士急行では、6月30日(日)に、河口湖駅で「ありがとうホリデー快速河口湖号」車両撮影会を開催します。
八トタ183系「M50」編成「ホリデー快速河口湖2号」(2011年7月2日・富士急行寿~葭池温泉前間)

参加は無料ですが、駅構内で開催されるため
・電車でお越しの方は、河口湖駅までの乗車券(フリーきっぷ等を含む)、または河口湖駅からの乗車券
・バスやマイカー等でお越しの場合は、河口湖駅の入場券(大人160円)
が必要です。
詳しくは、こちらをご覧ください。
http://www.fujikyu-railway.jp/forms/info/info.aspx?info_id=15645
【リンク切れ】
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

「鉄道ちゃんとバラの日々」(笑)

都電大塚駅前のバラ(2013年5月15日)3

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
名画『酒とバラの日々』(1963年・アメリカ)っていうのは、タイトルは思わせぶりなんだけど、要するにアルコール依存症の男が植物園でバラを栽培しながら更正する・・・って内容でした。
それはともかく、今、バラの花が咲く季節になりましたね!
東京だと、新宿2丁目に行ったら一年中咲いてるかも知れませんけど。。。。
(↑意味不明)o(^▽^)oキャハハハ

冗談はともかく、都電荒川線の大塚駅前停留所付近に、真っ赤なバラが咲いてますよ!
(2013年5月15日撮影。)
都電大塚駅前のバラ(2013年5月15日)1

都電荒川線の沿線には結構花が咲いているんですが、向原停留所の近くには白や黄色のバラも咲いていましたよ。
この路線に乗る機会は年に1回か2回ある程度なんですが、久しぶりに大塚から東池袋4丁目まで乗ってみたら、「こんな面白い電車が、そう遠くない所に走っているんだなぁ」と思いましたね。
ヽ(゜∀゜ )ノ
起終点の早稲田駅と三ノ輪橋駅が非常に不便ですが、大塚と王子でJR線、町屋で京成線、町屋と新庚申塚、東池袋4丁目、鬼子母神前で地下鉄と接続してますから。。。。
都電大塚駅前のバラ(2013年5月15日)2

バラといえば、所沢の西武ドームで5月11日から16日まで「第15回国際バラとガーデニングショウ」が開催されていました。
これが終わると野球の「セ・パ交流戦」が始まる・・・というのが、初夏の西武沿線です。
第15回「国際バラとガーデニングショウ」告知ポスター(2013年5月)

これに伴う臨時列車として、池袋~西武球場前間に臨時特急「ドーム」が運行されました。
西武・臨時特急「ドーム98号」練馬駅臨時停車(2013年5月11日)

西武・臨時特急「ドーム」練馬駅臨時停車告知(2013年5月15日)

以前は「ローズエクスプレス」という列車名で、シール式ですがヘッドマークも掲出されていましたが、
現在は、野球でもコンサートでもそれ以外のイベントでも、西武球場前へ行く特急の列車名は全部「ドーム」で統一されてしまい、ヘッドマークも「臨時」です。
(注:野球開催日の臨時特急を「スタジアムエクスプレス」という名でPRしている駅構内の掲示物も見かけますが、この列車名は、公式のものではありません。)

これは、通常は特急が停まらない練馬駅にも停車するというのが変わっている程度で、毎年やっていることでもあり、大したテーマではないんですが、
一応、2013年度の時刻を記録しておきますね。
(*'-'*)
■「第15回国際バラとガーデニングショウ」開催に伴う特急「ドーム」運転時刻
※途中停車駅は、練馬と所沢です。
●平日(2013年5月13~16日)
【下り】
・「ドーム91号」池袋発8:58→西武球場前着9:39
・「ドーム93号」池袋発10:01→西武球場前着10:44
・「ドーム95号」池袋発11:01→西武球場前着11:44
【上り】
・「ドーム90号」西武球場前発14:20→池袋着15:02
・「ドーム92号」西武球場前発15:20→池袋着16:02
・「ドーム94号」西武球場前発16:20→池袋着17:02

●土曜・休日(2013年5月11・12日)
【下り】
・「ドーム91号」池袋発9:22→西武球場前着9:57
・「ドーム93号」池袋発9:55→西武球場前着10:32
・「ドーム95号」池袋発10:22→西武球場前着10:58
・「ドーム97号」池袋発11:02→西武球場前着11:44

【上り】
・「ドーム90号」西武球場前発12:55→池袋着13:32
・「ドーム92号」西武球場前発13:55→池袋着14:32
・「ドーム94号」西武球場前発14:55→池袋着15:32
・「ドーム96号」西武球場前発15:55→池袋着16:32
・「ドーム98号」西武球場前発17:26→池袋着18:02

特急料金は大人350円で、4月26日の朝10時から前売り発売されていました。
当日発売については、練馬駅は通常、特急が停車しないのでホーム上に「特急券発売機」はなく、「発車10分前から係員が立ち売り」していました。
これは別に面白い券ではなく、直前に機械から大量に打ち出した券を売っているだけだったので、私も「試し買い」はしてみませんでしたけどね。
西武・臨時特急「ドーム91号」練馬駅臨時停車(2013年5月15日)1

今回から「横浜方面からお越しのお客様は、練馬駅からご乗車ください」というのが西武の「売り文句」みたいでした。
西武・臨時特急「ドーム91号」練馬駅臨時停車(2013年5月15日)2

この行事は、その内容からして観客はおばさま方が多いようでした。
なにしろ入場料が大人2000円もするので、興味のあるイベントだったら2000円でも5000円でもポンと払うけど、
それほど興味もないのに「2000円は高いな~」と思い、夜勤明けで眠かったこともあって、5月15日の朝、「ドーム91号」を練馬駅で撮るにとどめました。

いつもは通過線(下の写真のいちばん左側)を通り過ぎてしまう10000系レッドアローが、練馬駅のホームから渡り線を通って下り急行線に乗り出してゆくシーンが「まあ面白いかな」って程度ですね。
西武・臨時特急「ドーム91号」練馬駅臨時停車(2013年5月15日)3

でも、私は「薔薇」っていう字を手書きじゃ書けないなぁ。辞書を見なけりゃ。
「魑魅魍魎」とかもね。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

183系「栃木県修学旅行臨」も走り始めたね!

宮オオ183系「OM 101」編成(2013年5月15日・大宮駅)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
前回は、神奈川県公立小学校連合の修学旅行列車(神奈川県内各地~日光間)について取り上げましたが、
栃木県の公立小学校の子供たちが修学旅行に出かける専用列車の運行も、(2013年)5月14日からスタートしています。

栃木県の小学生は、神奈川県の箱根と湘南・鎌倉を訪れます(1泊2日)。
専用列車の運転区間は、往路が栃木県内→鎌倉間、復路が小田原→栃木県内間です。

前回取り上げた神奈川県の修学旅行列車は、一日のうちに神奈川県内~日光間を往復するため、原則として所要編成数も1本だけですが、
栃木県の場合は、往路が鎌倉着・復路が小田原発なので、編成は1日2本を使用します。
今季は、原則として宮オオ(大宮総車セ)の183系旧・国鉄特急色車「OM101~103」編成のようです。
5月15日の小田原発雀宮行き9886M~9586Mは、宮オオの183系「OM101」編成でした。

国鉄特急車の象徴、「羽根」のエンブレムが残っているクハ183-1529、いい雰囲気です。
(*'-'*)
宮オオ183系「OM 101」編成・クハ183-1529(2013年5月15日・大宮駅)

ヘッドマークは絵入りです。
どこの社寺をモデルにしているのか不明ですが、山門と杉の木の絵ですね。
宮オオ183系「OM 101」編成・クハ183-1529「修学旅行」ヘッドマーク(2013年5月15日・大宮駅)

宮オオ車でも、東チタ(田町車セ)から転属した183系「H編成」は「修学旅行」の文字だけですが、「OM編成」にはこのような絵が入っています。
ただし、「OM編成」が修学旅行列車に充当される機会は「H編成」に比べて非常に少ないため、絵柄を見るチャンスはあまりないだろうと思います。
実は、私も見たことはあるんですが、撮ったのは初めてでした。

ところで大宮駅の構内に、宮オオの185系グリーン車・サロ185-205(「B3」編成)とサロ185-206(「OM 03」編成)が編成を外れて留置されていました。
サロ185-206・205(2013年5月15日・大宮駅)

「OM 03」編成は最近まで「湘南色」でしたが、普通車はノーマル塗装に戻されてしまいました。
しかし、「サロだけは湘南色のままらしい」との情報も聞いており、「なんでだろう?」と思ったんですが、編成から外されちゃったんですね。。。。
ウゥゥ(;_;)
(下の写真は、「OM 03」編成に組み込まれていた当時のサロ185-206。2012年4月29日・赤羽駅で撮影。)
サロ185-206(宮オオ185系「OM 03」編成)(2012年4月29日・赤羽駅)

普通車のみになった「OM 03」「B3」編成を何に使うのか?
(・.・)?
まあ、おおよその想像はつくんですが(ヒント:今、残っている183系にはグリーン車がないよね・・・)、今後の動きから目が離せませんね。

【お詫びと訂正】(2013-05-25)
5月25日、あらためて大宮駅で確認したところ、留置車はサロ185-205(「B3」編成)とサロ185-206(「OM 03」編成)の2両が正当でした。
(当初、勘違いして「サロ185-208」[OM 04編成]と書いていましたが、「サロ185-205[「B3」編成]」が正当です。)
お詫びの上、訂正いたします。

最後に、もうひとつ。
大宮総車セの構内、「大栄橋」の下にEF58 93(「つばめ・はと」の「青大将」塗装)・EF60 510・EF80 36の3両が留置されていました。
(・。・)
EF58 93・EF60 510・EF80 36(2013年5月15日・大宮総合車両センター本所)

この電気機関車3両と107系電車が、5月25日(土曜)に開催される大宮総車セのイベントで展示されるようです。
また、185系「B7」編成らしき車両(モハ184-214ほか)がバラして置いてありましたが、これは「試乗会」で使われる模様です。
DE10 1099・107系・185系(2013年5月15日・大宮総合車両センター本所)

詳しくは、こちらを。
http://www.jreast.co.jp/tabidoki/tabitetsu/common/pdf/201305/130509_01.pdf
【リンク切れ】
(*'​-')​ノ

【追記】(2013-05-18)
(2013年)8月12~16日運転の特急「草津93・94号」が「185系6両」と告知されているので、これは「グリーン車なし」で運転します。
同様に、「はまかいじ号」も7月6日以降は「185系6両」と告知されており、これもグリーン車は連結しません。
JR東日本(本社)「夏の増発列車のお知らせ」(2013年5月17日付)
http://www.jreast.co.jp/press/2013/20130508.pdf
(PDF形式:284.7KB)
『JR時刻表』6月号では、「草津93・94号」は普通車のみ、「はまかいじ号」は「7月6日からはグリーン車なし」と記載されています。
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

183系「日光集約臨」が始まったね!

宮オオ183系H81編成(横浜線中山駅・2013年5月11日)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
今年(2013年)も5月8日から、神奈川県公立小学校連合の修学旅行専用列車、いわゆる「日光集約臨」がスタートしました。
今年度は横浜市緑区所在の市立小学校からで、5月8日から12日の間、連日横浜線に183系が入線しています(上りのみ5月13日も運転)。

私は今日、5月11日(土曜)に撮りに行きましたが、宮オオ(大宮総車セ、元:東チタ[田町車セ])の183系「H81」編成(8連)でした。
横浜線に入線するのは8両編成である場合が多いんですが、5月14日以降、東海道沿線の学校については10両編成で運行する日もあるようです。

しかしまあ、「H81」編成の老朽化は相当なもので、モハ182-1018(1975年・東急車輌製)など、外板に錆が浮き出ていました。
(ノ_<。)
新潟運転所に新製配置されて、在来線特急「とき」で活躍し、上越新幹線が開通した1982年11月からは、幕張電車区へ転じて房総を走ったこの車両も、そろそろ引退が近づいているようです。
モハ182-1018(宮オオ・H81編成)(横浜線中山駅・2013年5月11日)

引退といえば、修学旅行列車に限らず、まもなく横浜線は全ての車両が更新期を迎えますね。
定期旅客列車も、2014年春からE233系投入が決まっており、205系も見納めです。
横クラ205系H15編成(横浜線中山~十日市場間・2013年5月11日)

特に、E233系では「定員が10%増加するため、6ドア車は作らない」とのこと。
6ドア車・サハ204形が走っているのは、現在、横浜線と埼京線だけですので、これを撮ったり、乗ったりするなら今のうちですね。
サハ204形100番代(横クラ)(横浜線中山~十日市場間・2013年5月11日)

ただし、「定員が10%増加する」といっても、あくまで「理論値」に過ぎず、町田駅に掲示してあった「お客様の声」には「6ドア車を廃止するな」との意見もあったことを書いておきます。
(下の写真は山手線を走っていたE231系の6ドア車・サハE230-503[東トウ]。2011年8月26日、有楽町駅で撮影。E233系では、このタイプは作らないそうです。)
サハE230-503(東トウ)(2011年8月26日・有楽町駅)

横浜線は、かつて私が「かわいいJK(笑)」だった頃には毎日乗っており、沿線に土地勘もあるんですが、道路の変貌が著しく、びっくりしました。
この横浜市営バス「23系統」(中山駅~長津田駅~奈良北団地間)も懐かしく思いましたが、道路は全く変わっており、当時はバスがすれ違うのもやっとの細い道だったのに、今は4車線になっていました。。。。
(((​゚д゚​;ノノ​ぇぇぇ!
横浜市営バス23系統(横浜市緑区台村町付近・2011年5月11日)

そのわりに、昔からあった建物が道路拡幅を機に建て替えられたとは限らず、神奈川県警緑警察署とか県農業合同庁舎、横浜中山郵便局などの公共施設は全く変わっておらず、駅前のスーパー「ユニー」も昔と同じ建物でした。
ただ、店名は「ピアゴ 中山店」になってましたけどね。日吉と綱島の間にある「ユニー サンテラス日吉」も「アピタ 日吉店」になっちゃったし。
文化放送を聞いていると、時報のCMで「アピタ、ピアゴ、サークルK&サンクスが*時をお知らせします」と言うんだけど、私も西武沿線に住んで久しく、この沿線にはアピタやピアゴが1店舗もないため、
「アピタとかピアゴって何じゃい?!」と思いましたが、つまり昔の「ユニー」だったわけですね。。。。
(今、公式サイトを調べたら、会社名自体は現在も「ユニー株式会社」のようです。)

それはともかく、日光行きの修学旅行専用列車9381Mは、NHKの朝ドラ「あまちゃん」(さすが、「クドカン」の脚本は面白いね!)も終わった8時18分に中山を出発するはずだったんですが、
矢部駅で人身事故が発生したとかで、遠くに前照灯が光っているのは見えてるのに、いつまで経っても発車しない。。。。
┐('~`;)┌
この情報は、少し離れた場所で撮っていた青年が走ってきて教えてくれました。
今日は、横浜~伊豆高原間に伊豆急「リゾート21」の団体専用列車が走るらしく、それも撮りたい彼は「あんまり運転見合わせが長引くと困るなぁ」と嘆いていましたが、
そこへまた、どこで構えていたのかおじさまが現れ、「横浜駅へ行くなら中山から地下鉄に乗って、センター北で乗り換えたらいいじゃん。でも、リゾートって10時過ぎでしょ? 35分だっけ?」と。

ここ、中山~十日市場間は「どこに立っても結構撮れる」ので、一箇所に固まらず、みんなが適当に散らばっているのも良いし、逆に、いざという場合にすぐ情報交換できたのもよかったです。
ハマの鉄道ファンって、(全員がそうではないかもしれないけど)今でも20年ぐらい前の、「良き時代」の雰囲気で撮影を楽しんでいるんですね。
楽しいね♪(*'-'*) /

問題の9381Mは、8時35分頃にようやく発車。
宮オオ183系H81編成(横浜線中山~十日市場間・2013年5月11日)

本来なら9381Mより前に走るはずの、松本行き特急9061M「はまかいじ号」は、大幅に遅れて8時44分頃に中山を通過しました。
(所定時刻なら8時03分頃。)
宮オオ185系B5編成・特急「はまかいじ号」(横浜線中山~十日市場間・2013年5月11日)

編成は宮オオ(元・東チタ)の185系「B5」編成。「はまかいじ号」はB3~B5編成限定運用ですが、このところ「B5」編成が充当されることが多いようです。

遅れているものの、普通電車の運転も再開され、青年は横浜駅へ。「俺、午後から仕事なんで、早くしてほしいよね」と言ってたおじさまも去り、私は十日市場駅まで歩いて電車で町田へ。
小田急で帰るつもりだったんですが、私も夜は仕事があるので、早く帰りたくて9時38分発の新宿行き特急「はこね2号」に乗りました。

「はこね2号」はLSE7000形。前面展望室周りの窓は、旧塗装復活時点では黒の縁取りになっており、「それじゃ往時と違うだろ」と言われていましたが、1981(昭和56)年デビュー当時と同じ灰色に改められていました。
(下の写真は新宿駅到着後に撮影。)
小田急7000形(2013年5月11日・新宿駅)

指定席は、たまたま新宿方先頭車の11号車でした。
展望席など座れるはずもないんですが、後ろ寄りに座っていても前が見えます。
ヽ(゜∀゜ )ノ
小田急7000形車内(2013年5月11日)

こんなときに本など読んでいてはもったいなく、新宿までの約30分間ずっと前方を見ており、新しい下北沢駅前後の地下区間もじっくり観察できました。
しかし、実際に展望席に座っている人って、ちっとも有難そうじゃないのね。。。。
新聞を読んだり、スマホをいじっている人もいて、「それだったら、私と席を替わってよ!」と言いたくなりましたよ。

では~♪(*'​-')​ノ
===========================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

山手線駒込駅のつつじ!

山手線駒込駅・つつじ(2013年5月10日)1

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
皆様が「結構気にしている」らしい(笑)山手線駒込駅のつつじ、
(2013年)5月10日朝の時点では、こんな咲き具合でした。
山手線駒込駅・つつじ(2013年5月10日)2

見ごろは、もうちょっと過ぎてしまったのかもしれないけど、まだ楽しめますよ。
山手線や湘南新宿ラインをご利用の皆様、ぜひ「目の保養」をなさってくださいね~♪

では~♪(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

「水上」「Fひたち」「むさしの奥多摩号」・・・連休中の臨時列車

宮オオ185系OM 02編成・特急「水上91号」(2013年5月4日・東十条駅)1

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2013年)5月の大型連休中に首都圏を走った臨時列車のうち、以前の記事で「今季は走るよ」などと予告した列車について、確認したリポートを載せておきますね。

■特急「水上91号・90号」
昨年末、12月29~31日に運行されましたが、緑豊かな上州へ向けて、この5月の連休にも走りました。

ただ、運転日が変わっているんだよねぇ。。。。
( ・_・)
●9091M「水上91号」
上野発13:10→水上着15:27(5月3・4日運転)
●9090M「水上90号」
水上発10:05→上野着12:23(5月4・5日運転)

上下とも走ったのは5月4日だけなんですが、休みの中日では利用者があろうはずもなく、私が見た限り、上下とも回送列車みたいにガラ空きでした。
昨年の大晦日、9091Mは自由席がほぼ満席、指定席は7割ぐらいの乗車率(赤羽駅での実見)だったのを思い出すと、ちょっと残念でしたね。
もっとも、3日の下り9091Mと、5日の上り9090Mは利用者があったんじゃないかと思われます。

5月4日の充当車両は、宮オオ(大宮総合車両センター)の185系「OM 02」編成(7連)でした。
宮オオ185系OM 02編成・特急「水上90号」(2013年5月4日・東十条~赤羽間)

今、宮オオ車(元・高タカ車)「OM編成」のグリーン車が、東チタ(田町車両センター)から転属した「B編成」と同じ4号車に揃えられ、「OM」編成と「B編成」の違いといえば「塗装ぐらい」・・・ということになっちゃいましたね。
もともと「B編成」は、1985(昭和60)年3月に東北・上越新幹線上野~大宮間が開業し、「新幹線リレー号」が廃止されて余剰になった高シマ(旧・新前橋電車区)の185系が押し出されて湘南・伊豆へ転じた・・・というもので、全部185系の「200番代車」(耐寒耐雪仕様)ですから、差異なんてありゃしないんです。
ただし、「B3~5編成」だけは横浜~松本間の「はまかいじ号」に充当するため、京浜東北線対応のATC装置が搭載されており、同列車はこの編成が限定的に充当されることになっていますが。

「じゃあ、OM編成が”踊り子”に入ったりするのかなぁ?」と思えば、これが入ってるらしく、「俺は見たぞ!」というのを「と~ちゃん50才」氏のブログ『昭和の鉄道写真&平成の再出撃』で拝見しました。
(4月29日付)
また、3730M「湘南ライナー10号」(小田原発7:28→品川着8:30、土曜・休日運休)は定期的に「OM編成」充当となっており、この編成が品川→新鶴見→武蔵野線→東大宮操・・・のルートで回送されるのを見た・・・と、「641/2」氏のブログ『新・クルマ批評 2013』で拝見しました。
(4月24日付・・・ところで、「641/2」さんには何の罪もないけど、このブログ、サイトの仕様変更で5月30日から「GAZOOブログ」会員以外はコメントできなくなっちゃうらしい。
(((​゚д゚​;ノノ​ぇぇぇ!
自動車の技術に関しては世界トップレベルのトヨタも、webサイト運営のノウハウは「三流もいいとこ」だなぁ・・・。NECビッグローブがやってる「ウエブリブログ」みたいに、コメント入力ボタンを「会員」と「会員外」に分けりゃいいじゃんか。
あらためて告知を読んでみたら、秋頃から「GAZOO SNS」(仮称)という新サービスが始まるらしく、「コミュニケーションはコメントの交換じゃなくてSNSでやれ」ってことらしいけど、いまやSNSは「フェイスブック」の一人勝ちで、あれだけ人気のあった「ミクシィ」ですら、もはや下火・・・ってことを知っているのかい?トヨタさん。。。。)
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ​

なお、その日は運良く「なんちゃって157系」OM 08編成だったそうですが、平日とあって、他に撮影している人もいなかった・・・とのことです。
いいな~!(*'-'*)

本当は、この連休には「SLみなかみ」もC61 20号機牽引で走っていたことだし、上越線の敷島とか岩本あたりまで遠征したかったんですが、都合により遠出は不可能で、「いつもの東十条」で手ぇ打っときました。
(*゚ー゚)ゞ
宮オオ185系OM 02編成・特急「水上91号」(2013年5月4日・東十条駅)2

まず9090Mを撮り、9091Mとして戻ってくる約1時間に駅前(北口)の商店街をひやかしつつ、昼食。
さらに、100円ショップで「電子レンジでカツ丼が作れる鍋」「電子レンジでラーメンを茹でられる鍋」(どちらも合成樹脂製)という面白い物を見つけ、すぐ買っちゃいましたけどね(笑)。

ところで、宮オオ車の「名物」だった「湘南色」のOM 03編成が、最近、ノーマル塗装に戻されちゃったみたいですね。
(ノ_<。)
宮オオ185系OM 03編成(湘南色当時)・特急「草津51号」(2010年10月10日・池袋駅)

■特急「フレッシュひたち92号」
2013年3月16日のダイヤ改正で、E653系は定期の「フレッシュひたち」から撤退したんですが、臨時列車として、すぐに帰って来ました。
●9092M 高萩発14:52→上野発16:55(5月5・6日運転)

これは上りだけの運転で、そのすぐ前を走る「スーパーひたち46号」(いわき発14:16→上野着16:36)の混雑緩和が目的のようでした。
5月5日の充当車両は、水カツ(勝田車両センター)のE653系「K307」編成(7連)で、これは4月19日にいわき~上野間を走った団体専用列車と同じ。
水カツE653系K307編成・特急「フレッシュひたち92号」(2013年5月5日・藤代駅)1

特筆すべきは、この列車が「全車指定席」だったことです。「フレッシュひたち」には本来、自由席があるんですけどね。

この写真は、前回書いた東京貨物ターミナルのイベントを見た後、大森から京浜東北線で上野へ出て、常磐線の藤代駅まで行って撮りました。
毎度、亀有じゃ芸がないからね。。。。
でも、本当は取手方のデッドセクション(直流/交流切り替え地点)あたりで・・・と思っていたんですが、迂闊なことに、そこは午後、逆光になるんだった。。。。
┐(-_-)┌
「じゃあ、土浦方はどうよ?」と思って、改札を出てそちらへ向かいましたが、すぐ築堤になってしまい足場がありませんでした。
結局、駅の下りホーム先端に立つのがベストか・・・と思い、大急ぎで戻って再入場し、練習カットも撮れずに「ぶっつけ本番」でした。
水カツE653系K307編成・特急「フレッシュひたち92号」(2013年5月5日・藤代駅)2

でも、茨城県最南部に位置する藤代の町(取手市。旧・北相馬郡藤代町。2005年3月28日合併)は、風もさわやか。
浜田省吾さんのソロ活動における初期ヒット曲(1979年)ではないけど、『風を感じて』過ごした夕暮れでした。
(*'-'*)

■快速「むさしの奥多摩号」
新緑の季節を迎え、八トタ(豊田車両センター)の115系「M40」編成6連で帰ってきました。
●9576M~タチ9277M
大宮発10:14→立川着10:57/発11:02→奥多摩着12:09
●9276M~タチ9577M
奥多摩発17:34→立川着18:32/発18:36→大宮着19:21

今回は、腰を据えて青梅線で撮ってる時間もなく、藤代から武蔵野線経由で立川へ駆けつけて「確認」だけしました。
ε=ε=┏( ・_・)┛
お昼過ぎ、浜松町駅で買った「休日おでかけパス」のありがたいことよ。だいいち、東京貨物ターミナルへ行くために流通センター駅まで乗ったモノレールも、「休日おでかけパス」で利用できたんですから。
(注:練馬から浜松町[大門]までは、都営大江戸線で来た。)

「確認」したところ・・・今回はヘッドマークなし。行先札もなく、側面の表示幕は「快速」でした。
八トタ115系M40編成・快速「むさしの奥多摩号」(2013年5月5日・立川駅)

5月5日の大宮行きは、青梅線内では定刻運転でしたが、中央線が若干遅れていましたね。
足を引っ張っていたのは215系の「ホリデー快速ビューやまなし号」で、やはりデッキが狭くて階段のある2階建て車両は、全車指定席にするか、ライナー料金を徴収して利用者を限定しないと、乗降に時間がかかって遅れの原因になるようでした。
そんなの、東海道線の快速「アクティ」や湘南新宿ラインに、この車両を使ってみて懲りたはずなんだけどなぁ。。。。

遅れているため、あくまで中央線の運行が優先され、国立までの短区間だけ走って武蔵野線に入る「むさしの奥多摩号」は、しばし待機。
そうこうするうちに、とっくに行ったはずの8080M特急「かいじ180号」新宿行きが到着。
長ナノ189系N102編成・特急「かいじ180号」(2013年5月5日・立川駅)

長ナノ(長野総合車両センター)の旧「あさま色」189系「N102」編成でした。
これは、3日に回送列車として走っているところを鳥沢駅で撮った編成ですが、連休期間中、「ムーンライト信州81号」と臨時の「あずさ」「かいじ」に入って、繰り返し新宿~白馬間を往復していました。
6日の回9479M(新宿発19:09→長野着[翌日]1:07)で、長野へ戻ったようですが、お疲れ様でした。
(*'-'*)
「かいじ180号」発車後も、快速東京行きを通すためにしばらく停車していたので、私も新秋津まで「むさしの奥多摩号」に乗っちゃいました。
結局、5分以上遅れて18時40分過ぎに発車しましたが、なんと新秋津到着は、ほぼ定刻。どういうダイヤなんでしょうかね???
(*'​-')​ノ

【追記】(2013-06-10)
「641/2」こと前田恵祐さん(自動車ジャーナリスト)のブログ『新・クルマ批評 2013』は、6月9日の19時以降、「忍者ブログ」へ全面的に移転しました。
(過去の記事も全て移転しています。)
それに伴い、当ブログに貼ってあるリンクも「忍者ブログ」のURLに修正しました。
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

東京貨物ターミナルのイベントへ行ったよ!

東京貨物ターミナル駅(2013年5月5日)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2013年)5月5日、JR貨物・東京貨物ターミナル駅の「40周年記念フェスティバル」が開催されました。
東京都品川区八潮、大井埠頭の埋立地にあるこの駅は、1973(昭和48)年10月1日、ちょうど第1次石油ショックで、人々が「石油が来なくなると品薄になる」といって、トイレットペーパーとか、洗剤なんかを買おうと長蛇の列を作っていた頃に開業したんですね。
(私も子供ながら記憶にあります。「品薄になる」なんていうのは、全くのデマだったんですけどね。)
フェスティバルを10月1日の開業記念日に合わせず、5月に実施したのは、10月14日の「鉄道ちゃんの日」前後、JR貨物は大阪の吹田や広島でイベントを開催するのが通例になっており、その時期には、面白い機関車やコンテナを東京へ集結させられないのかもしれません。
「東京貨物ターミナル駅40周年記念フェスティバル」告知ポスター(2013年5月5日)

駅の構内本部屋上には、鯉のぼりが泳いでいました(トップの写真)。

この駅が一般に公開されるのは初めてですが、実は一回だけ「荷主関係者」として来たことがあるんですよ。4トントラックで搬入した貨物を、JRのコンテナに移し変える作業の立会いだったんですが。
ただ、そのときは構内本部前の作業スペースでそれを行なっただけで、構内の奥までは入っていないし、1カットの写真も撮っていません。

そのときは京急の平和島駅からタクシーで行ったと記憶しますが、今回、JR貨物の公式サイトでは「東京モノレール・流通センター駅から徒歩15分」と案内されていたので、その方法で行きました。
流通センター駅から会場まで、JR貨物がチャーターした無料バス(この付近の企業の「送迎車」でおなじみ、中日臨海バスだった)もありましたが「ご乗車まで40分待ち」とかいう長い列で、歩く体力があるなら15分歩いたほうが正解だな・・・と思いましたね。
幸い、お天気は良く、暑くも寒くもないので、快適に歩けました。
(*'-'*)
「行けば、必ず”何か”がある」・・・と思って訪れましたが。。。。
| |д・) ソォーッ…
まずは、機関車の展示を見ましょう。架線のない場所に留置されており、パンタグラフが全部下がっているのは残念ですが、我慢我慢。
入口に最も近い位置にいたのはEF65 1001です。これは現在、JR貨物中央研修センター(このターミナルの構内にある)の教材扱いだそうですが、現役時代は宇都宮運転所所属でしたね。
EF65 1001(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)1

貨物列車を牽引して新鶴見操車場まで来て、折り返し時間に新鶴見機関区構内で待機しているのをたまに見かけました。
上野~黒磯間で寝台特急「あけぼの」を牽引していた時期もあるようですが、残念ながら、それは見る機会がありませんでした。

ヘッドマークは「JRF 試運転」。
この「試運転」なるヘッドマークを付けて走っている姿を、私は見たことがありません。
国鉄時代にこんな物はなく、試運転も、ただの「単機」も同じでしたし、今は、試運転の日程や時刻を知る方法がありませんので。
「JRF 試運転」ヘッドマーク(EF65 1001)(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

反対側の、ヘッドマークが無い姿もイイネ!
EF65 1001(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)2

次はEF66 27[吹]。最近「延命工事」を受けたEF66形は、前面の腰の部分にあったステンレスの飾り帯を撤去していますが、この27号機には付いてました。
EF66 27[吹](東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)1

その昔、長崎から大阪市場までだったか、「鮮魚特急”ぎんりん”」という高速貨物列車があり、下関以東はEF66形が牽引していたようですね。
魚の「銀鱗(ぎんりん)」を思わせる飾り帯撤去は残念だなぁ・・・と思っていましたが、健在なのもあると知って嬉しく思いました。

ヘッドマークは「スーパーライナー」。
この列車、JR発足直後に走っていましたが、もともと運転時間帯が早朝・深夜で撮りにくく、その頃は私自身「鉄道離れ」していたこともあって、全く撮る機会がありませんでしたね。
高速貨物列車「スーパーライナー」ヘッドマーク(EF66 27)(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

反対側のヘッドマークは「東京貨物ターミナル駅開業40周年」でした。
EF66 27[吹](東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)2

「東京貨物ターミナル40周年」ヘッドマーク(EF66 27)(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

ズラリと並んだ電気機関車の群れ。
左からEF66 110・EF66 104・EF210-102・EF210-6。
左からEF66 110・EF66 104・EF210-102・EF210-4(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

よく見ると、EF66 110の前照灯は四角。104は丸。EF210-102は、前面の手すりが灰色。6は青です。
(つω・)よく見ないと…

首都圏では比較的よく見かけるEF65 2057[新]。
EF65 2057[新](東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

ヘッドマークは「新鶴見機関区 試運転」。下に、銀色の鶴が飛び立つ場面が描かれています。
「新鶴見機関区 試運転」ヘッドマーク(EF65 2057)(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

反対側にヘッドマークはなかったので、以前撮った、2057号機が高速貨物列車を牽くシーンでも見ていただきましょう。
(2012年7月7日・東北本線新白岡駅で。)
EF65 2057[新](2012年7月7日・新白岡駅)

そして、「噂のハイブリッド機関車」HD300-901。
Hは「ハイブリッド」の意で、ディーゼル機関車ではなく「ハイブリッド機関車」という新しいカテゴリなんだそうです。
(「D」は動軸配置「4軸」を示すもので、これは従来どおり。)
HD300-901(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)1

この901号機は試作機ですが、もう量産機が登場しており、東京貨物ターミナル・越谷貨物ターミナル・新座貨物ターミナルでは使われています。
私も越谷と新座のは、武蔵野線の車窓から見かけましたが、ターミナルに立ち入るのは不可能ですし、給油や検査のため新鶴見機関区まで行く回送列車の時刻もわからないので、じっくり見たのは初めてです。
側面に大きな「Hybrid」のロゴを付けていますね。これは、日野自動車のトラック「デュトロ」なんかにも書いてありますけど。
HD300-901(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)2

ただし、まだイニシャルコストが高く、「今後、入換用機関車が全部これになるかどうか」は未定だそうですが、長年活躍したDE10形も見納めになるんでしょうか。。。。
DE10 1586[新](八王子駅・2013年4月14日)

これも、私が見たくてたまらなかった「スーパーレールカーゴ」E250系電車です。
M250系(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

E250系は佐川急便の専用列車として、2013年3月16日改正の現行ダイヤでは、
・51列車 東京ターミナル発23:14→安治川口(大阪)着5:26
・50列車 安治川口発23:09→東京ターミナル着5:20
の時刻で、日曜を除く毎日運行されていますが、なにしろ時間帯が時間帯ですので、見たり撮ったりする機会がないんですよ。
(ノ_<。)
コンテナは、専用のU54A形(佐川急便所有)です。
U45A形コンテナ(佐川急便)(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

でも、E250系だけでなく、このコンテナを町で見る機会も、あまりないですよね。
大阪はわかりませんが、東京は、江東区新砂にある佐川急便の物流センターで扱っているようです。
ただ、このコンテナがトレーラーに搭載されて一般道を走るのは、東京貨物ターミナルと物流センターの間だけで、センターから市中の営業所までは4トンとか2トントラックで運び、このコンテナは行かないらしい。
たまたま先日、その新砂にあるセンターの近く(明治通り)で見かけて、急いで撮った写真を貼っておきますね。
(2013年4月17日撮影。)
U45A形コンテナ(佐川急便)輸送中(2013年4月17日・東京都江東区新砂)

なお、JR貨物もE250系用のコンテナを持っています。Z54A形といい、今回、これも展示されていました。
もっとも、「事業用」を示す「Z」という記号が表すように、あくまで試験輸送や、訓練運転の際に死重として使われただけで、実際の貨物輸送には使われていません。
Z54A形コンテナ(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

ヘッドマーク付きの機関車は他にもありました。
これはEF210-170に取り付けられた、昭和30年代のコンテナ特急「たから」号。
コンテナ特急「たから」ヘッドマーク(EF210-170)(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

EF210-146に取り付けられた、記念撮影用のダミーのヘッドマーク。
「東京貨物ターミナル40周年」模擬ヘッドマーク(EF210-146)(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

今回、機関車に近寄ることは一切禁止され、その代わり、記念撮影用にEF210-146が用意されていました。
ただ単に、子供連れが前面で記念写真を撮るだけだったら、どんな車両でもいいんだし、「レアもの」機の前には立たせないことにして、トラブルを回避したJR貨物のやり方は「実にスマートだな」と思いましたね。
この辺の配慮が全くない鉄道会社も多く、だから「イベントは罵声が飛び交っていて嫌だ」と思う人が、私も含めて少なからずいるわけですが。。。。

貨車やコンテナも面白いのがいたよ。。。。
(´∀`*)ウフフ
「からし色」のコンテナ車、コキ110形。
これは「コキ100系」一族に属しますが、15ftコンテナを3個搭載できるよう、緊定具の位置が通常のコキと少し変えてあります。
(通常のJR規格5トンコンテナも搭載できます。)
その識別のために、他にはない色になっているんだそうです。
コキ110-2(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

ただ、実際に15ftコンテナを輸送する機会はなかったらしく、もっぱらJRコンテナを運んでいましたが、たったの5両しか作られませんでした。
しかも、運用区間は紀勢本線が多かった模様で、上京することはほとんどなく、私は初めて見ました。
今回は、川崎汽船「K-LINE」、香港の「OOCL」(オリエント・オーバーシーズ・コンテナ・ライン)、ワニさんマークの「商船三井MOL」の15ftコンテナを搭載していました。

昔は全国どこでも見られましたが、今や稀少車種になってしまった車掌車、「与太郎」ことヨ8000形の8404も来ていました。
ヨ8404(東ウタ)(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

所属は「東ウタ」とあり、宇都宮貨物ターミナル駅です。
同駅には大物車・シキ810形の配属があり、シキが動く際、係員を乗せてお供するのが今の仕事です。
4月22日だったか、西浜(兵庫県赤穂市、赤穂線)の三菱電機から宇都宮ターミナルまでシキ810が回送されたんですよね。
ぜひとも見たかったんですが、仕事の都合で時間が作れず、断念しました。
ウゥゥ(;_;)
まあ、また見る機会もあるでしょうし、そのときは「与太郎」ちゃんにも会えると思います。

珍しいコンテナですが、まず、このZX19A形。
まるで「檻」みたいな構造で、動物でも運ぶのかと思いましたが、本当の用途はわかりますか?
(゚.゚*) なになに?
ZX19A形コンテナ(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)1

これは、フォークリフト操作の試験用だそうです。
荷崩れしないように操作しなければなりませんが、中の貨物が荷崩れしていないか見えるように、スケルトン構造になっているんですよ。
!!!(・∀・)つ

まるで、工事現場によくある「スーパーハウス」みたいなZGZ-101。
ZGZ-101コンテナ(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

これは、機関車の性能試験などを行なう際、測定機器を積み込み、係員が乗って測定しながら走るためのもの。
JR貨物は、旅客会社と違って「マヤ」などの試験用車両を持っていないため、こういうコンテナがあるんですが、キャンピング・カーみたいにも見えるね。
ただし、トイレは無いようで、それは長時間停車する駅で済ませるんだと思います(笑)。

ピンクのコンテナ、20A形。
これは全国に1個しかない物らしく、私は存在すら知りませんでした。
20A形コンテナ(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

その特徴は、船舶に搭載できるように、クレーンで吊るためのフックがあること、天井部分も開くこと、簡易通風器があること・・・などです。
20系コンテナは、B形(側妻三方開き)、C形(両側開き)、D形(両側開き・簡易通風器付き)は量産されましたが、色はおなじみのJRFブラウンで、ピンク色ではありません。
また、量産型は天井が開きません。結局、そういうタイプは需要がなかったんでしょうか。

【参考】(2013-05-29画像追加)
量産された20B形コンテナ(側妻三方開き)。
2013年5月26日、神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅で撮影。
JR貨物20B形コンテナ(神奈川臨海鉄道・横浜本牧駅、2013年5月26日)

水色の48A形。側面がウイング式に開きます。トラックでは珍しくない構造ですが、JRコンテナとしては今のところ少数派です。
48A形コンテナ(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

「心をひとつに がんばろう!東北」のスローガンが貼られた、UM8A形コンテナの「震災がれき輸送用」タイプ(日本通運所有)。
UM8A-326(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

これは今、しかるべき路線では定期的に見ることができますが、震災がれきの処理に関しては、「プロ市民」とか呼ばれる心無い輩(やから)も多くいることですし、下の写真の撮影データは割愛します。ご了承ください。
(日付や時刻がわからないよう、ixjfデータも消去してあります。)
なお、私も「原発は段階的に廃止し、再生可能エネルギーに転換すべき」と考えていますが、「プロ市民」っていうのはそういうのじゃなくて「反対運動で飯を食ってる連中」のことね。
UM8A形コンテナB

そして「トリ」は、鉄道コンテナ輸送50周年の2009(平成21)年秋に50個だけ作られた、緑色の19D形コンテナです。
大きな「エコレールマーク」のニコニコちゃんが印象的ですね。
(*'-'*)
19D-33661・33692コンテナ(鉄道コンテナ輸送50周年記念カラー)(東京貨物ターミナル駅・2013年5月5日)

「エコレールマーク」対象商品も、ずいぶん増えてきましたね。私のよく使う商品では、花王の「ビオレu」がそうなんですが。
実は、珍しい私有コンテナの写真もたくさん撮りましたが、これらは実際に搭載されている写真などと一緒に、追々ご紹介できればと思います。

とにかく、大収穫の楽しいイベントでした!
ヽ(^▽^)ノ
帰りは「大井野鳥公園」停留所発、JR大森駅行きの京急バス(臨時便。通常、この路線は日曜・祝日には夕方の一部を除き、運行がない)に、ほとんど待たずに乗れました。
これは流通センター駅行きのチャーター便と違い、有料(210円)でした。1時間に4本程度走っていた模様です。

では~♪(*'​-')​ノ
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。