12
2
5
6
7
8
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央本線に臨時特急「あずさ99号」運転!

千マリ183系32編成「あずさ99号」(2012年12月31日・新宿駅)1

こんばんは、みっぴょんです。
(*'-'*)
中央本線の「笹子トンネル関連」増発臨時列車の続報ですが、
(2012年)12月30・31日、新宿~松本間に9099M特急「あずさ99号」が運転されました。
(新宿発12:06→松本着15:29)
車両は「183系6両編成」としか公表されていませんでしたが、12月31日は千マリ(幕張車両センター)の183系「32」編成が充当されました。

途中停車駅は、三鷹・立川・八王子・大月・塩山・山梨市・石和温泉・甲府・竜王・韮崎・小淵沢・富士見・茅野・上諏訪・下諏訪・岡谷・塩尻でした。

三鷹に停車する定期の「あずさ」は、朝の下り「あずさ7号」と、夜の上り「あずさ34号」のみ。
(特急「かいじ」は停車しますが。「あずさ」が1往復だけ三鷹に停車するのは、この時間帯には「かいじ」が運行されていないからだと思います。「あずさ7号」の直後を「かいじ183号」が走る場合もあるけど、あくまで臨時列車ですし。)
竜王に停車する「あずさ」は、定期列車にはありません。
また、大月・塩山・山梨市・石和温泉は「かいじ」に任せて、昼間の「あずさ」は通過する列車が多いので、珍しい停車パターンです。
おそらく、この9099Mなるスジは本来「かいじ枠」で、竜王~松本間を今回、特別に延長運転したんだと思っていますが。。。。

字幕は前面・側面とも赤字で「特急」と表示してあるだけで、「あずさ 松本」などの文字はありませんでした。
この車両はかつて「あずさ」「かいじ」に使われていましたが、当時のヘッドマークや行先表示は全て撤去されてしまったようです。
千マリ183系32編成「あずさ99号」(2012年12月31日・新宿駅)2

『JR時刻表』などには一切掲載されていない特発臨時列車にもかかわらず、指定席は満席で、
ホームでは「自由席から指定席への変更には応じかねますので、あらかじめご了承願います」と、繰り返し放送されていました。
「あずさ99号」発車案内表示(2012年12月31日・新宿駅)

私は場所を大久保駅へ移し、走行写真を撮ることにしましたが、12月30・31日は
・新宿発12:00・・・15M「スーパーあずさ15号」(定期列車)
・ 〃 12:02・・・9029M「スーパーあずさ79号」(臨時列車)
・ 〃 12:04・・・1169T 快速高尾行(定期列車・時刻変更で2分繰り下げ)
・ 〃 12:06・・・9099M「あずさ99号」
・ 〃 12:08・・・1111T 中央特快高尾行(定期列車・時刻変更で1分繰り下げ) 
と列車・電車がものすごい勢いで続き、西へ向かって行きました。
( ゜。゜)ウヒョー
長モトE351系「スーパーあずさ79号」(2012年12月31日・大久保駅)

これらが、ほぼ定刻で走っているんですから、やはり鉄道は頼りになります。
(*'-'*)ゝ
もっとも、私は9029M、1169Tは撮れましたが、肝心の9099Mは千葉方面行の各駅停車に被られて後追いでしか撮れず、
15Mと1111Tも被られたので、ホームに停車中の各駅停車の向こうを通過するのしか見ていませんけどね。。。。
千マリ183系32編成「あずさ99号」(2012年12月31日・大久保駅)

もしかすると、9099Mの停車駅が多いのは、先行する1169Tや9029Mに追いついてしまうのを防ぐため、
適度に「減速」する必要があるのかもしれませんね。
============================
今日のところ、中央本線の話題はここまで。あとは「雑記」です。

12月29~31日には、上野~長野原草津口間に9083M特急「草津83号」も走りました。
これも、ほぼ満席でしたね。
(*'-'*)
宮オオ185系OM08編成「草津83号」(2012年12月31日・赤羽駅)1

年末の運転は例の185系・宮オオ(大宮総合車セ)「OM 08」編成(157系調)を充当・・・と予告されていましたが、
もうそんなに珍しくもなくなったのか、赤羽駅では撮っている人も数人でしたけどね。
確かに「OM 08」編成自体は、ほぼ毎日、なにかしらの列車に充当されて走っていますが、事前に「この日はOM 08だよ」と告知されるケースは意外に少ないので、事前情報は貴重です。
(車両運用表からの推定も不可能ではないけど、結構「編成差し替え」もあり、絶対的とはいえない。私も失敗したことがあります。)

ヘッドマークは定例の字幕式でしたが、9月8日に上野~横川間で運転された臨時特急「そよかぜ」は、往時の157系が使っていたヘッドマークをイメージした物が掲出されました。
宮オオ185系OM08編成「そよかぜ」(2012年9月8日・王子~東十条間)

この「157系調ヘッドマーク」には賛否があり、皆様のブログを読むと「好ましい」という人、「わざとらしい。やはり185系は185系なんだから、字幕式が良い」とする人、さまざまです。
私は、どちらかといえば後者でして、「模擬157系」といっても、185系オリジナルの字幕式のほうが見慣れており、良いかなと思いましたね。
宮オオ185系OM08編成「草津83号」(2012年12月31日・赤羽駅)2

なお、「草津83号」は(2013年)1月5日と、2月2・9・10・16・23日にも走りますが、車両は「185系」としか分からず、「OM 08」編成である保証はありません。念のため。

ところが、「草津83号」だけが話題じゃないんだなぁ。。。。
12月29~31日には、上野~水上間に9091M特急「水上91号」も走りました。
宮オオ185系OM01編成「水上91号」(2012年12月31日・赤羽駅)1

私にとっては、「草津」よりこっちの方が関心事でしたね。
「水上」は、2010年12月4日のダイヤ改正で臨時列車に格下げされた直後は、臨時とはいえ運転日数も結構多かったんですが、
震災後の節電ダイヤのドサクサ紛れに運転回数が減らされてしまい、2012年夏季には走りましたが、秋季は運転されませんでした。
これについて、東京・竹橋の某大新聞社が「特急”水上”廃止」などというフライング記事を載せてしまい、
「もともと臨時列車なんだし、”この秋は走らない”ってだけじゃないの? 温泉場は冬に行くものだし、年末は走るかもよ」
と思っていましたが、やはり私の思ったとおりでした。

実際には、自由席はほとんど満席。指定席も70%ぐらいは埋まっている感じでした。
大宮から乗る人も多いので、最終的には渋川とか沼田あたりまでは満席になっただろうと思います。
宮オオ185系OM01編成「水上91号」(2012年12月31日・赤羽駅)2

もっとも、運転回数が減っていることは確かなので、撮るチャンスがあったら、1カットでも多く撮っておくことをお勧めしますね。
12月31日の充当車両は「OM 01」編成で、これ自体には特徴もないためか、赤羽駅で撮っていたのは私だけでしたけどね。
でもこの、列車名も「水上」、行先も「水上」って表示、面白いと思わない?
(*'-'*)
自治体としての水上町(群馬県利根郡)は、2005年10月1日付で月夜野町、新治村と合併して「みなかみ町」になっちゃいましたけどね。。。。
宮オオ185系OM01編成「水上91号」(2012年12月31日・赤羽駅)3

ところで、「撮れるチャンスに撮っておけ」といえば、高崎線・東北本線(宇都宮線)の211系も同じです。
今のところ、東北本線にはE233系が入る運用は存在しないらしいんですが、高崎線はE233系が増えていますし、3月のダイヤ改正では東北本線にも入るでしょうね。
・・・と思ったら、「水上91号」の前を走る宇都宮行普通579Mは、先頭車両がダブルパンタのクモハ211-3036(高タカ・A36編成)でした。
ヽ(゜∀゜ )ノ
クモハ211-3036(高タカA36編成)(2012年12月31日・赤羽駅)

前のパンタグラフは「霜取り用」ですから、栃木県や群馬県ならともかく、ダブルパンタ装備の「A編成」(A31~37の6本)が上野まで来る機会は、多いように思えて、それほどないかもしれない。意外に撮り逃しています。

付属編成は「A36」でしたが、基本編成は「C8」。
ってことは、グリーン車はあまり特徴のないサロ211-1006と、
サロ211-1006(高タカC8編成)(2012年12月31日・赤羽駅)

サロ212-1006だなぁ。。。。
サロ212-1006(高タカC8編成)(2012年12月31日・赤羽駅)

本当は
・サロ212-1113(C13編成)
・サロ213-1112(C14編成)
・サロ212-1111(C17編成)
のどれかを撮りたかったんですよ。いや、銀塩(フィルム)では撮ってるはずなんだけど、デジタルで撮っていないらしく、ストックに見当たらないの。。。。
┐('~`;)┌
これらはサロ124形から改造され、211系に編入された珍車で、外観上の特徴は「湘南色」の帯が直線になっていることです。
(上の写真、サロ212-1006の帯は、端が斜めになっているでしょう。これが斜めじゃなくて直線なんですよ。)

サロ124・125形は、一時期横須賀・総武快速線の113系に1両だけ入っていたステンレス製・2階建てのグリーン車です。
これが投入されて、俗に「国電ひょうきん族」などと呼ばれた、訳のわからん特急車改造グリーン車(見た目は悪かったけど、乗り心地は元・特急車だけあって良かった)が一掃されたんでした。
その後、横須賀・総武快速線の113系廃止に伴い、これらは東海道線の運用に転じましたが、東海道線からも113系が姿を消し、
「まだそんなに古くないのに、まさか廃車しちゃうの?」と思ったら、211系化改造を施されて三度目のお勤めをしていました。
============================
【追記・画像追加】(2013-03-11)
はい、ようやく見つけました、「直線帯」のサロ124形の写真を!
(*゚∀゚)=3
車号は不明ですが、サロ124-9~14・25~29のうちのどれかです。
2004年8月14日、国府津駅で撮影。
サロ124形(車号不詳・横須賀線からの転用車)(2004年8月14日・国府津駅)

サロ124形(車掌室あり・トイレなし)は1988~90年に29両、
サロ125形(トイレあり・車掌室なし)は1990年に5両が製造されました。
上記した「帯が直線だった」のはサロ124-9~14・25~29で、これは当初、横須賀線に投入されたグループです。

一方、サロ124-1~8・15~24は最初から東海道線用で、帯は211系のサロ212・213形同様、斜めデザインです。
サロ125形は全車東海道線用だったので、直線デザインの車両はありませんでした。

こちらはサロ124形の「斜め帯」車。
サロ124-21(現:サロ212-1121)、2006年3月8日・東京駅にて。
サロ124-21(横コツ)(2006年3月8日・東京駅)
============================
それはともかく、高崎・東北線の211系もE233系に置き換えられることになりました。
211系自体は、地方へ転じてまだまだ活躍するようで、クモハ・クハ・モハについては、よほど状態の悪い車両以外は廃車にならないようです。
でも、地方では短い編成で足りるし、しかもグリーン車に乗る人などあまりいないので、サハとサロは余剰廃車が決まっており、実際にぼつぼつ廃車も発生しています。
(ノ_<。)
余談・・・っていうか「冗談」だけど、少し前の『鉄道ピクトリアル』で、
「JR東日本からフィリピン国鉄へ譲渡された203系電車は、マニラ近郊区間で、”客車”としてDL牽引で運行されているが、これが全然うまくいってない」
という記事を読みましたが、私は
「あら、203系なんかじゃなくて、サハ211のほうが余計な電装品も無くて”客車”っぽいから、それをあげちゃえばよかったじゃん!」
と思いましたけどね。。。。
(サハ211形っていえば、ちょうど1年前にこんなの撮ってた。( ・_・)つ↓)
サハ211-2011(東チタN22編成)(2011年12月31日・平塚駅)

まあ、いずれにしろ10両とか15両編成で、グリーン車の入った「堂々たる」211系編成を見る機会も長くなさそうですね。
高タカ211系C8編成(2012年12月31日・赤羽駅)

============================
全てを済ませないと昼食にはならず・・・
最近は、大晦日の昼食に「年越しそば」を食べることが多いんですが、今年は赤羽駅前の「百万石」という立ち食いそば屋さんで、ごく普通の「天ぷらそば」でした。
(350円)
私はおいしいと思うけど、関西の人が見たら「味が濃そうやね」とおっしゃると思いますね。実際、かなり濃いですよ。
2012年年越しそば(赤羽)

「あー、家に帰って自分で”シマダヤ”かどこかのおそばを茹でてもいいかなー」とも思いましたが、
帰宅したら15時過ぎになりそうだったので、外で食べちゃいました。
おいし~♪(*'-'*)/

今年も「mitsuka115JNRが語るひととき」をご愛読いただき、
ありがとうございました。
来年も、皆様にとって良い年でありますように。

また来年もね~♪(*'​-')​ノ


【追記】(2013-02-01)
2013年3月16日のダイヤ改正で、東北本線(宇都宮線)でもE233系の運行が開始されます。
これに伴い、3月15日限りで上野~黒磯間での211系運行は終了します。
なお、今回のダイヤ改正では、高崎線の211系運行は存続します。
(ただし、車両運用は変更され、211系充当列車の運行本数は1日4往復に減少します。)
==============================
【追記】(2013-01-09)
結果的に、2012年12月28日~2013年1月6日の間、中央本線の特急列車利用者は「対前年比24%増」だったそうです。
ちなみに、JR6社全体の新幹線・在来線特急は、対前年比3%増。
(2013年1月8日付「読売新聞」朝刊/東京本社発行版)
=============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

中央線「笹子トンネル関連」臨時列車、走り出す

中央本線臨時快速9892M(宮オオ183系OM102編成・2012年12月29日・大月駅)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
中央自動車道笹子トンネルの天井板崩落事故による交通規制を受けて、JR東日本が中央本線に年末年始の臨時列車を増発する・・・
と、前回記事(2012年12月15日付)でお伝えしました。

このうち、新宿・高尾~甲府間の臨時快速列車が、12月29日から走り始めました。
●【下り】
・9891M
 新宿発9:02→甲府着11:09

・9893M
 高尾発13:13→甲府着14:42

●【上り】
・9892M
 甲府発11:15→高尾着13:06

・9894M
 甲府発16:36→新宿着18:55

・いずれも12月29→31日・1月2・3日運転
・183系6両編成・全車自由席です(列車名無し)。
・快速といっても、「主な駅にしか停まらない」だけで、あまり速くないです。
(停車駅と時刻は、この記事の最後にあるリンク[JR八王子支社]をご参照ください。
あんまり積極的にPRしていないので、メモするか、プリントアウトなさることをお勧めします。)
・列車番号は、9892M以外については「駅から時刻表」で確認(2012-12-31閲覧)。
9892Mは乗った際、車掌さんに教えてもらいました。
(これらの列車は『JR時刻表』未掲載。しかもJR八王子支社の公式サイトには、時刻は載っているが、列車番号の記載が無い。)

私は、下り9891Mを鳥沢駅の東京方で撮ってきました。
車両は八王子支社公式サイトで「183系6両編成」と発表されていましたが、所属区所は不明でしたね。
答えは、12月29日の充当車両は宮オオ(大宮総合車両センター)の183系「OM102」編成でした。国鉄特急色です。
なお、字幕の表示は前面・側面とも赤字で「快速」でした。
中央本線臨時快速9891M(宮オオ183系OM102編成・2012年12月29日・鳥沢駅)

これがですね・・・メチャクチャに混んでました!!!!
( ゜。゜)ウヒョー

低速で通過していったので、線路際で見ていてもわかるんだけど、完全に満席
”ムーンライトながら”みたい」と思いましたね。。。。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
そんなわけで、甲府方面へ「本当に」行く理由のある方が乗るならともかく、
「単なる冷やかし乗車」はお勧めしかねます

中央道は、12月29日13時から大月~勝沼間も下り線を使った対面通行で暫定復旧しましたが、
下の写真はその直前、11時35分頃に撮影したものです。
中央道渋滞状況(2012年12月29日11時35分・山梨県大月市内)

大月駅の甲府方にある跨線橋から撮ったんだけど、もう、全然動かない。。。。
┐('~`;)┌
たまたま富士急バス・京王バス・信南交通の高速バスが3台並んでましたが、これは相当に遅れていたでしょうね。
しばらくの間、中央道の高速バスは「乗るなら、時間に余裕をもって」利用した方がよいでしょう。

さて、上りの甲府発高尾行9892M(トップの写真)に、大月から高尾まで座れないのを覚悟して乗ってみたんですが・・・
なんとガラ空き!!!!( ゜д゜)
中央本線臨時快速9892M・クハ183-1012[宮オオ・OM102編成]車内(2012年12月29日)

1両に3~4人しか乗ってませんでした。

ただ、これは「偶然」だと思います。1月2・3日は、おそらく混みますね
折返し高尾発甲府行の下り9893Mは、高尾駅ホーム(2番線)に到着前から待ち構えていた人たちが多く、すぐ満席になりました。

見かけた特急列車は、定期・臨時ともほとんど満席でしたし、普通列車も全体的に混んでおり、
時間帯にもよるでしょうが、この年末年始の中央本線新宿~甲府間は「例年以上に混んでいるもの」と認識した方がよさそうでした。

なお、これら臨時列車の停車駅や時刻は、下記のURL(JR八王子支社公式サイト)に掲載されていますので、ご利用の方はご参照ください。
(PDF形式・501KB)
( ・_・)つ↓
http://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20121214/20121214_info.pdf

※「あずさ77号」「あずさ54号」の1月分運転日に追加あり。
2012年12月28日付で発表(下記)。
http://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20121228/20121228_info.pdf
(PDF形式)
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

笹子トンネル事故で、JR中央線に急遽、臨時列車増発!

宮オオ183系「かいじ180号」(2012年8月12日・立川)

こんばんは。みっぴょんです。
(*'-'*)
(2012年)12月2日の朝、中央自動車道笹子トンネルで崩落事故が発生したのは、ご承知のとおりです。
亡くなられた方々のご冥福を心からお祈り申し上げます。
また、負傷された方々の一日も早いご快癒を祈念すると同時に、
点検作業や復旧工事に従事されている道路関係者の皆様、
迂回路(国道20号・137号線など)の誘導に当たっている警察関係者の皆様のご安全を祈念いたします。

中央道は、下り線が大月JCT~勝沼間、上り線は一宮御坂~大月間が一般道迂回となっていますが、
迂回路の渋滞が激しいため、これを嫌ってJR中央本線の列車へ転移する方が多い模様です。
「読売新聞」の報道(12月14日付)では、特急「あずさ」などの利用者は「対前年比60%増」とのこと。
============================
そこで、JR東日本(八王子支社)では、年末年始の臨時列車増発を発表しました。
(2012年12月14日付)
ところが、これが「年末年始期間の中央線特急列車指定席予約状況及び中央線臨時列車増発のお知らせ」という「もってまわった表題」で、実にわかりにくい。
┐('~`;)┌
「よそ(NEXCO中日本)の不幸に乗じて金儲けしやがって」とか、くだらない批判をおそれているのかもしれないけど、そんなのは無視してよろしい。
(どうせ、そういうのは「webの馬鹿とヒマ人」ですから。)
それより、東京と山梨県・長野県を結ぶ動脈の一つが絶たれているんですから、生きているルートを活用するのは当然です。
JRさんも、堂々と中央線に臨時列車を増発します!と言えばいいと思いますよ。
(*'-'*)きっぱりとね!

より多くの皆様が利用できるよう、概要をここに書いておきますね。

1.特急列車の増発
・「ご新規運転」決定列車と、運転日の追加があります。
・特記なき列車は、中央道事故よりも以前(11月20日)、既に発表されていた臨時列車ですが、便宜上掲載します。
「鎌倉あじさい号」(南武線矢川・2012年6月17日)1

●【下り】
・9061M「はまかいじ号」
 横浜発7:46→松本着11:22(横浜線経由)
 運転日・・・12月29日→1月3・5・6日
(185系7両編成・普通車自由席は2両)

・9055M「あずさ55号」NEW! 
 新宿発10:09→松本着13:00
 運転日・・・12月22日
(E257系9両編成・普通車自由席は3両)

・8055M「あずさ55号」
 新宿発10:09→白馬着14:02
 運転日・・・12月29→31日
(E257系9両編成・普通車自由席は3両)

・9077M「あずさ77号」
 新宿発11:02→松本着13:59
 運転日・・・12月29→31日・1月12日
※運転予定日に「12月29日」「1月12日」追加
(E257系9両編成・普通車自由席は3両)

・9029M「スーパーあずさ79号」
 新宿発12:02→松本着14:47
 運転日・・・12月29→31日
(E351系12両編成・普通車自由席は4両)

・9099M「あずさ99号」NEW!
 新宿発12:06→松本着15:29
 運転日・・・12月30・31日
(183系6両編成・普通車自由席は2両)

・9081M「あずさ81号」
 新宿発13:02→松本着16:16
 運転日・・・12月29→31日
(E257系9両編成・普通車自由席は3両)

・9083M「あずさ83号」
 新宿発14:02→松本着17:10
 運転日・・・12月29→31日
(E257系9両編成・普通車自由席は3両)

・9085M「あずさ85号」
 新宿発15:02→松本着17:54
 運転日・・・12月30・31日
(183系6両編成[宮オオ車]・普通車自由席は2両)

・9087M「あずさ87号」
 新宿発16:02→松本着19:01
 運転日・・・12月29→31日
(183系6両編成[長ナノ車]・普通車自由席は2両)

・9057M「かいじ187号」
 新宿発20:30→甲府着22:22
 運転日・・・2月22日までの金曜
(E257系9両編成・普通車自由席は4両)

E257系特急「かいじ」(2012年6月26日・四方津駅)

●【上り】
・9054M「かいじ100号」
 竜王発5:58→東京着8:09
 運転日・・・12月22・23・29・30日
(E257系9両編成・普通車自由席は4両)

・9056M「かいじ186号」
 甲府発8:43→新宿着10:20
 運転日・・・2月23日までの土曜
(E257系9両編成・普通車自由席は4両)

・9068M「かいじ188号」
 甲府発14:34→新宿着16:26
 運転日・・・1月2→4日
(E257系9両編成・普通車自由席は4両)

・9012M「スーパーあずさ52号」
 松本発13:56→新宿着16:47
 運転日・・・1月2→6日
(E351系12両編成・普通車自由席は4両)

・9076M「あずさ76号」
 松本発14:12→新宿着17:15
 運転日・・・1月2・3・5・6日
※運転予定日に「1月6日」追加
(E257系9両編成・普通車自由席は3両)

・9064M「はまかいじ号」
 松本発15:21→横浜着18:41(横浜線経由)
 運転日・・・12月29日→1月3・5・6日
(185系7両編成・普通車自由席は2両)

・8054M「あずさ54号」
 松本発15:21→新宿着18:30
 運転日・・・1月4・14日
※運転予定日に「1月14日」追加
(E257系9両編成・普通車自由席は3両)

・8080M「かいじ180号」
 甲府発17:08→新宿着18:58
 運転日・・・1月2・3・5・6日
(183系6両編成[長ナノ車]・普通車自由席は2両)

・8056M「あずさ56号」
 松本発16:30→新宿着19:21
 運転日・・・12月24日・1月2・3・5・6日
※運転予定日に「12月24日・1月5・6日」追加
(E257系9両編成・普通車自由席は3両)

・9080M「あずさ80号」NEW! 
 松本発17:20→新宿着20:17
 運転日・・・1月2日
(183系6両編成・普通車自由席は2両)

・9080M「あずさ80号」
 松本発17:20→新宿着20:17
 運転日・・・1月3日
(E257系9両編成・普通車自由席は3両)

※「あずさ99号」の車両は、12月30日分については見ていないのでわかりません。
12月31日は、千マリの183系「32」編成(旧「あずさ」色車)で、
字幕は前面・側面とも赤字で「特急」でした。
※1月2日の「あずさ80号」(183系)も、千マリの183系「32」編成だったそうです。

2.快速列車の増発
・いずれも12月29→31日・1月2・3日運転
183系6両編成・全車自由席です(列車名無し)。
・車両は・・・12月29日付の記事をご覧ください。
(下の写真は八トタ車ですが、「あくまでイメージ」です。)
八トタ183系「ホリデー快速河口湖」(2010年5月23日・大月駅)

●【下り】
・9891M
 新宿発9:02→甲府着11:09

・9893M
 高尾発13:13→甲府着14:42

●【上り】
・9892M
 甲府発11:15→高尾着13:06

・9894M
 甲府発16:36→新宿着18:55

※新宿~甲府間の列車は「ホリデー快速ビューやまなし号」の時刻に酷似。
※八トタの183系(M50編成)は、所定の「ホリデー快速河口湖1号・2号」と、この臨時快速の運転日が重なるので、実際には、臨時快速に充当されませんでした。
(2012年12月29日付記事参照。)

【追記】(2012-12-30)
八トタ183系M50編成には、長らく山梨県のゆるキャラ「ももずきん」の絵柄が貼付されていましたが、
現在は下の写真のように撤去されてしまいました。
(2012年12月29日・八王子駅で撮影。)
八トタ183系M50編成「ホリデー快速河口湖1号」(2012年12月29日・八王子駅)
撤去した正確な日付はわかりませんが、『鉄道ダイヤ情報』2013年1月号に「2012年11月3日撮影」というM50編成の写真が掲載されており、これには絵柄が見られるので「2012年11~12月の間に撤去した」ということでしょうね。

3.普通列車の増発
・なんと、そんなのまで走るんです!( ゜д゜)
・運転日はいずれも1月5・6日
115系6両編成・全車自由席です。
(ってことは、車両は八トタのM40編成しかないでしょ。。。。)
八トタ115系M40編成「立川ひまわり号」(2012年10月28日・辻堂~茅ヶ崎間)1

●【下り】
・9711M
 立川発9:02→甲府着10:53

・9713M
 高尾発13:50→甲府着15:37

●【上り】
・9712M
 甲府発11:15→高尾着13:05

・9714M
 甲府発15:46→高尾着17:36

「ガセネタ」ではない証拠に、八王子支社公式サイトのURLを貼っておきます。
(PDF形式・501KB:ご新規列車各停車駅の時刻あり。)
( ・_・)つ↓
http://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20121214/20121214_info.pdf

※「あずさ77号」「あずさ54号」の1月分運転日追加は、
2012年12月28日付で発表(下記)。
http://www.jreast.co.jp/hachioji/info/20121228/20121228_info.pdf
(PDF形式)

【お断り】
検索エンジンで引っかかりやすくするため、(2012年)12月18日19時に、記事のタイトルを変更しました。
============================
【参考資料】
●中央道・笹子トンネル関連の道路情報

中央自動車道大月JCT~勝沼IC間は、2013年2月8日16時に上下線が全面復旧し、開通しました。
このブログでは、「中央自動車道迂回・対面通行に伴う道路交通情報」(NEXCO中日本、国交省甲府河川国道事務所)のリンクバナーを設置し、また、随時情報を更新して情報提供に協力いたしましたが、
全面復旧に伴い、公的な情報提供が終了したため、2月9日にバナーを撤去いたしました。
下記は、迂回・対面通行実施当時の情報ですが、どのような措置が取られたのか、資料として残します
(時系列的に再編集しました。)

【暫定復旧の時点】(2012年12月29日夕刻)
●中央道大月JCT~勝沼間は、12月29日13時から開通し、
暫定的に下り線を使った対面通行で供用されております。
ただし、勝沼ICから大月・東京方面(上り線)には行かれません

・なお、通行量分散のため、中央道富士吉田線・大月~河口湖間
(2013年)1月1日午前0時から当分の間、無料となります。

対面通行区間では、激しい渋滞が予想されます
そのため、山梨県警では「できるだけ迂回路の利用を」と呼びかけています。
(勝沼以西[甲府・長野方面]では、タイヤチェーンや冬用タイヤなどの滑り止めが必要です。)
詳しくは、こちら(NEXCO中日本公式サイト)をご覧ください。
http://www.c-nexco.co.jp/

●中央道甲斐大和バス停は、当分の間、上下線とも休止となり、バスは全便通過します。
(12月2日から休止中だった中央道甲斐一宮・中央道釈迦堂・中央道笹子・
中央道真木の各バス停は、上下とも12月29日午後から停車を再開しました。)

・なお、甲府発「石和経由」新宿行の上り便につきましては、12月30日の始発便から
※甲府→「石和」バス停までは通常に乗車扱い→国道20号→一宮御坂IC→中央道各バス停→新宿
のルートで運行します。
(勝沼ICから東京方面へ進入できないため。)
そのため、一般道(国道20号勝沼バイパス)の「一宮」バス停、「勝沼」バス停に高速バスは停車しません。
一宮につきましては「中央道甲斐一宮」を、
勝沼につきましては「中央道釈迦堂」バス停をご利用ください。
(時刻・運賃は一般道と同じです。)
下り便は「通常運行」となります(勝沼ICにて一般道へ降りる)。

・甲府発「甲府南経由」新宿行上り便につきましては、「通常運行」となります。

・竜王・甲府~羽田空港間、竜王・甲府~成田空港間につきましては当分の間、
上り・下りとも勝沼~大月間を国道20号線経由で迂回運行します。
(大月ICで中央道に出入りします。)

・バス自体は全便運行されており、運休はしていません。
ただし、大幅な遅延が想定されますので、時間には余裕を持ってご利用ください。
(富士急行株式会社、山梨交通株式会社の公式サイトより。)

●中央道(大月JCT~勝沼IC間)の迂回路情報は、下記のリンクをご覧ください。
(迂回区間におけるトイレMAP、毎日の所要時間計測データ、ライブカメラなどがあります。)
http://www.ktr.mlit.go.jp/koufu/koufu00346.html
(右側サイドバーにも、赤いバナーを設置しました。当分の間設置しておきますので、ご利用ください。)

【全面復旧の告知】(2013年2月1日)
2月7日13時から、8日16時まで、対面通行時に使用された仮設の中央分離帯などを撤去するため、下り線の大月JCT~勝沼IC間、上り線の一宮御坂IC~大月JCT間を通行止めとします。
(国道20号線等へ迂回してください。)


【最終情報】(2013年2月9日)
●中央道大月JCT~勝沼間は、2月8日16時から上下線が全面的に開通しました
なお、使用中止になっていた甲斐大和バス停も再開いたしました。

大月IC~河口湖IC間無料措置の終了
2月11日24時をもって終了しました。

●料金調整の終了について
1.一般道を迂回した場合の乗継調整終了・・・2月8日、上下線全面開通時点で終了しました。
2.大月IC~河口湖IC間無料措置に伴う料金調整終了・・・2月11日24時で終了しました。
(本項の最終更新:2013年2月9日17時17分)

==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

上総中野から上総亀山まで歩いたぞ!( ・_・)

小湊鉄道・いすみ鉄道上総中野駅(2012年12月8日)

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
「いすみ鉄道の旅」のお話の続きです。
(2012年12月8日[土曜])

大多喜県民の森で開催されていた「人車軌道まつり」なるイベントには、正直なところあまり興味が持てず、
(実際「えっ、これだけ?!」という代物だったらしいけど)
風も強いし、大多喜発13時45分の大原行急行90D「急行3号」(キハ52 125)で帰っちゃおうかなぁ・・・とも思ったんですが、
13時31分発の上総中野行19Dに乗って、上総中野13時52分着。
いすみ鉄道上総中野駅(2012年12月8日)

ホームには、なにやら鉄道ファン諸氏・諸嬢が大勢おり、折返し14時00分発の大原行20Dに乗るようです。
このまま帰る人も、大多喜で降りて、まだやっているキハ28の展示を見る人もいるでしょうね。

なぜか背の低い出発信号機。人の背丈ぐらいですかね。
いすみ鉄道上総中野駅・出発信号機(2012年12月8日)

20D、行ってしまいました。。。。
ムーミン、またね~♪(*'​-')​ノ
いすみ鉄道・いすみ200形(2012年12月8日)

駅前に停車中の、粟又の滝行バス(小湊バス)も14時00分にアクセルを吹かして行ってしまいました。
(注)このバスは、紅葉狩りシーズンのみの臨時便なので要注意。ご利用の際は、必ず最新の時刻表をご確認ください。
臨時便につきましては、大多喜町役場の公式サイトをご覧ください。毎年変わります。
【上総中野駅バス時刻表】(2012年6月30日改正)
http://www.kominato-bus.com/pdf/20120730/00921_01.pdf

さて、ここから先は・・・
小湊鉄道の五井行は15時01分発(26A)で、しばらく待ちますが、小湊鉄道も私が大好きな大好きな路線です。
でも、何度も乗っていることでもあるし、今日は風が強いけど、晴天です。そこで・・・
久留里線の上総亀山駅まで歩こ~♪
オー!(*'-'*)/


いすみ鉄道の前身は国鉄木原線ですが、「木」とは木更津、「原」とは大原のことです。
つまり、「世が世なら」久留里線と木原線(いすみ鉄道)はつながっていたわけですね。

鉄道敷設法(大正11年法律第37号。いわゆる「改正鉄道敷設法」)別表第48号には、
建設予定線として「千葉縣木更津ヨリ久留里、大多喜ヲ經テ大原ニ至ル鐵道」が記載され、
木原線は1934(昭和9)年8月26日に上総中野まで開通しました。
一方、久留里線は1936(昭和11)年3月25日に上総亀山まで開通しましたが、それっきりです。

この間を、鉄道がないなら「歩こ~♪」と思いました。
道は国道465号線の一本道で、迷う恐れもありません(地図は持ってましたが)。
夏だったら嫌だけど、今は冬だし。

しかし・・・「歩いた」って話は、あんまり聞いたことないよね。。。。
「自転車で走った」と書いているサイクリストのブログは散見されるんですが、歩いて「どんな場所なのか?」、「本気で鉄道を建設する気だったのか?」確かめなきゃダメじゃん。。。。
鉄道愛好者とは、そんなに「柔」なのかい?!
( ゜д゜)<喝!

距離は14~15kmと思われます。
日没までに歩けるかどうかはわかりませんが、まあ15kmだからなぁ。。。。
これが20kmを超えると、さすがにキツイことは「東海道五十三次を歩こ~♪」の旅で経験済みです。

駅前広場から国道へ出て500mほど進み、左折します。
ここから先は、地図を見ながらどうぞ。
( ・_・)つ↓


交差点の標識では、直進する県道32号線は「↑久留里」となっていましたが、これは小湊鉄道に沿って月崎まで進み、山を越えて久留里へ出る・・・という意味で、
国道は「←天津 清澄」となっていますが、あくまで上総亀山は左の国道です。

しかしまあ、さっきの「粟又の滝」行バスを見送っちゃったのは失敗でしたね。
あのバスで途中の老川十字路という所まで行き、そこから歩けば3.7kmは距離が稼げたのでした。。。。
┐('~`;)┌
まあ、そんなこと言ってもしょうがないので、紅葉を見つつ歩きます。
国道465号線・紅葉(千葉県夷隅郡大多喜町老川・2012年12月8日)

老川十字路まで約1時間でした。
ε=ε=┏( ・_・)┛
国道465号線・千葉県夷隅郡大多喜町老川(2012年12月8日)

しばらく行くと、養老渓谷を渡ります。
国道465号線・養老渓谷(千葉県夷隅郡大多喜町老川・2012年12月8日)

「養老渓谷」という駅は、渓谷自体よりだいぶ手前にあって、実質的には「養老渓谷口」というのが本当のところでしょう。かつては「朝生原」(あそうばら)という駅名でした。
この辺りは「日本一、遅くまで紅葉が楽しめる」ようですが、ぼつぼつ終わりですね。
ここから先は、単調な山道です。

2kmほど進むと、筒森という集落があります。ここが、夷隅郡大多喜町で最も西の集落でしょう。
一応、小湊鉄道の路線バスがあるにはあるんですが、
・養老渓谷駅発・・・7時10分発(平日・土曜運転)、16時30分発(平日運転)
・上総中野駅発・・・16時25分発(土曜運転)
(2012年6月30日改正ダイヤ)
だけで、しかも日曜・祝日・お盆・年末年始は全便運休です。
それじゃ、話にならんだろう。。。。
┐(´~`)┌
実際に乗る人があるんだか、ないんだか。「今、通学に利用している子供たちが卒業したら廃止」かもしれません。
国道465号線・千葉県夷隅郡大多喜町筒森(2012年12月8日)

上の写真は筒森集落の外れで撮りました。
足の便は、ものすごく悪いけど、こういう景色を眺めるのも「歩く旅」ならではのことです。
ただし、全然眺望はきかず、東京湾の方角に何か見えるかと思ったんですが、何も見えませんでした。

なお、道標にある「麻綿原高原」とは、この先、黄和田畑から清澄山の方角へ向かった所にあり、亀山とは逆の方角です。

さらに進むと道は狭くなり、トンネルが。。。。
思わず「ワイルドだろう?」(2012年度「流行語大賞」第1位)とつぶやき、馬鹿笑いしちゃいましたが、他に誰一人いないからまあいいや(笑)。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
国道465号線・千葉県夷隅郡大多喜町と君津市境界のトンネル(2012年12月8日)

このトンネルは上総中野から7.8km、標高239mです。
国道のトンネルにしては1車線なんですが、まあ400・500番代の3桁国道なんて、竹下内閣時代の「ふるさと創生・思いやり国道」(たいがい県道・市道などの上げ底昇格)だからなぁ・・・と思ったら、
山の少し下に、2車線の立派なトンネルを建設中で、このトンネルは遠からず廃棄されるようでした。
先ごろ亡くなった、当地を地盤にしていた自民党の超有名国会議員(でも、ついに閣僚にはなれなかったけど)の「遺産」かもしれませんなぁ。。。。

トンネルを抜けると君津市に入ります。といっても、人家も無い山の中ですが。
国道465号線・千葉県夷隅郡大多喜町と君津市境界付近(2012年12月8日)

あの君津市のマスコット、かわいい「きみぴょん」が住んでいるのは「きみつの森の奥深く」だそうですから、この辺りかもしれないよ。。。。
ε('-'*)з
坂を下って、ようやく黄和田畑(きわだはた)の集落です。
この近くに「七里川温泉」というのがあり、「房総の秘湯」として結構人気があるようですね。
ここで、右折します。
国道465号線・千葉県君津市黄和田畑(2012年12月8日)

かつて、上総亀山駅からここまでは路線バスがあり、古くは日東交通の路線だったようですが、最近まで君津市のコミュニティバスとして運行されていました。
ところが、これは現在休止中で、代替手段として君津市のデマンドタクシー「きみぴょん号」が運行されています。
君津市デマンドタクシー「きみぴょん号」の案内(久留里線上総亀山駅・2012年12月8日)

「きみぴょん号」は、市民でなくても予約すれば乗ることができ、ポスター(上)の「主な乗降所」として「七里川温泉」が挙げられているので、
亀山からだと温泉より手前の黄和田畑までは、「バス代替交通」でもあるし、行ってくれると思います。
(追記)
ネットによる告知には、ポスターよりもっと詳しく乗降所が載っているんですが、再読したら
「亀山線(旧コミュニティバス)のバス停」は、全て「きみぴょん号乗降所」に指定されているとわかりました。
ですから、「黄和田車庫バス停」で下車[乗車]したい・・・と言えばよいと思います。
逆に「もうバスは走っていないのに、なぜバス停の標識が?」と思いましたが、これは「きみぴょん号乗降所」であることを示す物なのでした。

ただし、君津市域を外れる筒森とか老川、上総中野までは断られるでしょう。
いずれにせよ電話予約しないと乗れないので、ご利用の際はご確認ください。
【君津市公式サイト】
http://www.city.kimitsu.lg.jp/
(トップ→真ん中の「生活関連情報」→住宅・バス→コミュニティバス→
デマンドタクシーの実証実験について→パンフレット「観光のお客様用」[PDF形式:1.83MB]へ進む)

しかしまあ、私は駅まで歩き続けなければならん。。。。
(-_-)黙々と。。。。
蔵玉(くらだま)という集落のあたりで17時。いよいよ日没です。
国道465号線・千葉県君津市蔵玉(2012年12月8日)

そこから10分ほど進んだ折木沢という所で、自販機を発見!
ヽ( ゚∀゚)ノ
いや・・・ここまで自販機すらなかったんですよ。
甘ったるい千葉県名物の「MAXコーヒー」が、ことのほかおいしく感じられました。
MAXコーヒーを買う(国道465号線・千葉県君津市蔵玉・2012年12月8日)

そして、いよいよ亀山湖を渡ります。ここまで来れば上総亀山駅も近くなりました。
湖畔でイルミネーションをやってましたが、なんか心霊写真のようにしか写らなかった。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
亀山湖(国道465号線・千葉県君津市・2012年12月8日)

湖を渡りきって「上総亀山駅→」の標識を右折しましたが、そこから意外に距離があり、線路が見えて、ひと安心。
久留里線上総亀山駅レールの終端(2012年12月8日)

ようやく上総亀山駅です!
ヽ(^▽^)ノ
17時50分に到着。上総中野からの所要時間は3時間50分でした。
久留里線上総亀山駅(2012年12月8日)

18時09分発の946D木更津行に間に合いましたね。
キハE130-101(千マリ・久留里線上総亀山駅・2012年12月8日)

でも・・・今朝、木更津~東清川間だけ乗った久留里線に、上総亀山から乗るとはね。
切符は「休日おでかけパス」があるので、もう買う必要はありませんが・・・いやはや、さすがに疲れました。
(;゚∀゚)=3
これを読んで歩いてみようと思った方に申し上げますが、
日没後は危険です。冬場は、上総中野を正午までに出発し、上総亀山へ16時には着きたいところです。
どうしても暗くなってから歩く場合は、必ず懐中電灯を用意してください。
これは夜道を照らすだけでなく、車に向かって「歩いてるよ」と注意を促すためです。車は、結構通るんですよ。

それにしてもまあ、かなり深い山越えで、大正時代の有力者たちは、本気で木更津~大原間を鉄道で結ぶつもりだったのかなぁ・・・と思いましたよ。
当時のことですから蒸気機関車に決まっており、しかも、パワーは無いでしょう。。。。

参考までに、上総中野~上総亀山間の主要地点・距離・標高をまとめました。
(「マピオン」の「キョリ測」を使用。)
 地名/距離(km)/標高(m)
上総中野駅・・・0.0km・87m
老川十字路・・・3.7km・108m
筒森・・・5.7km・181m
大多喜・君津市境・・・7.8km・239m
黄和田畑・・・8.7km・145m
蔵玉・・・10.9km・94m
折木沢・・・12.0km・119m
亀山大橋・・・13.3km・99m
上総亀山駅・・・14.7km・97m

気が向いたら、だいたい何パーミルぐらいの勾配になるか、計算してみるのも一興かと思いますが、
とんでもない「山岳鉄道」になるだろう・・・と思いますね。。。。

房総の旅、おしまい。またね~♪(*'​-')​ノ

【追記】(2013-04-09)
上総中野~上総亀山間の路線バスは、1970(昭和45)年まで、1日3往復運行されていたそうです。
運行会社は、おそらく小湊鉄道バスだったと思われます。
(『鉄道ピクトリアル』1973年9月号[第283号]所収「ローカル線を探る 木原線」による・・・この記事は、『鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション』18巻「国鉄ローカル線1960~70」に再録されています。)
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

いすみ鉄道のキハ28を見てきたよ!

いすみ鉄道キハ28 2346(2012年12月8日・大多喜駅)1

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
全国の旧・国鉄車両ファンお待ちかねの、いすみ鉄道キハ28 2346が(2012年)12月8・9日、大多喜駅構内で一般公開されました!
ヽ(^▽^)ノ
金沢からの搬入後、いすみ鉄道サポーターズクラブ会員向け展示会などは実施されたようですが、今回は広く一般に公開され、車内にも立ち入りできました。
私も12月8日の早朝に久留里線を見た後、行って来ました。
ε=ε=┏( ・_・)┛

その前に・・・
11月19日付記事で、京葉臨海鉄道のイベントで展示された「銀タキ」ことタキ143645を取り上げました。
その中で「タキ43000形貨車は青色が多く、黒のもある。銀色は143645ただ1両のみ」と書きましたが、
標準である青と黒の写真を載せていませんでした(手元に良いのが見当たらなかったんです)。
ところが、木更津から蘇我を経由して大原へ向かう途中、うまいこと蘇我駅でタキ43266(青)とタキ43158(黒)を撮れたので、11月19日付記事に追加してあります。
興味ある方は、どうぞご覧になってください。

また、この記事は「京葉臨海鉄道」に関する情報があまり出回っていないのか、大変な反響で、「拍手」もたくさんいただきました。
厚く御礼申し上げます。
m(-_-)m

外房線は、鎌取と誉田の間にある踏切の緊急停止ボタンが押されたとかで遅れていましたが、なにしろ朝が早かったため209系のロングシートで、うとうとしながら大原へ。
(現場の踏切は中学校の脇だった。悪ガキのいたずらだな。。。。)
本当は、五井から小湊鉄道経由で上総中野へ行き、いすみ鉄道に入りたかったんですが、小湊鉄道の接続が悪く、いすみ鉄道のキハ52形急行を撮るチャンスが減ってしまうので、今回はJR線を経由しました。

JRの「休日おでかけパス」は、旧「ホリデーパス」より300円値上げされたのと引き換えに、内房線は、木更津~君津間の1駅だけですがフリー区間が拡がり、
久留里線全区間がフリー区間に追加されて大助かりですが、外房線は残念ながら従来どおりで、フリー区間も茂原まで。
茂原→大原間の乗り越し運賃400円を払って外に出れば、駅前にある「ガンバレ!いすみ鉄道」の自販機は、前からあった「キハ52形イメージ」のほかに「いすみ200形イメージ」のも設置されていました。
いすみ鉄道・自販機(2012年12月8日・大原駅)

横にいるムーミンちゃんも「買ってね」と言ってることだし、缶コーヒーを1本購入。

いすみ鉄道の「一日フリー乗車券」は券売機でも買えますが、売店では絵柄付きの硬券を売っています。
絵柄は何種類かあり、夏にAKB48の「わさみん」嬢が来てイベントが開催された際の券なども残っていますが、
10月に発売された「キハ28形 国鉄急行形車両導入記念」は、「もうあまり在庫がない」というので、これを買いました。
いすみ鉄道「キハ28形 国鉄急行形車両導入記念」乗車券・表面

これは、表面の絵(栗原大輔氏・作)が、流行のCGなどではなく、昔ながらの水彩画調なのがイイね!
(・∀・) 
私も、このくらい上手に描きたいと思っているんですが。。。。
(*゚ー゚)ゞ
また、表題の「キハ28形 国鉄急行形車両導入記念」の文字は、国鉄標準書体(例えば「55-10 大井工」のような、検査標記などに使われていた書体)を意識している感じです。

裏面の「能楽とオペラの協演in夷隅」は、既に終了した催事ですが、JR西日本金沢支社カラーのキハ58系の写真が入っているのがいいですね。
いすみ鉄道「キハ28形 国鉄急行形車両導入記念」乗車券・裏面

とりあえず、10時39分発の上総中野行15Dに乗り、次の西大原で下車しました。
ここと、次の上総東(かずさあづま)の間に広がる田園風景の中で、キハ52を撮ろうってことです。

上総東発10時48分の90D「急行2号」がやって来ました。
いすみ鉄道キハ52 125(2012年12月8日・西大原~上総東間)1

いすみ鉄道キハ52 125(2012年12月8日・西大原~上総東間)2

この写真に、くどい説明は不要ですよね。。。。
(*'-'*)
ヘッドマークの装着には賛否があると思いますが、必ずしも付けるわけではなく、「社長ブログ」で「何月何日はヘッドマーク無しで運転」のように予告していますから、
ノー・ヘッドマークがお好きな方は、いすみ鉄道「社長ブログ」をチェックしてください。

場所を変えて、折返し大原発11時12分の91D「急行2号」を撮影。
「陽光燦々」で、絞りや露出の調整がちょっと難しいかもしれませんが、まあ、それが南房総という土地柄です。
雪がほとんど降りませんから、年間を通じて撮影を楽しめるのが有難いところ。
いすみ鉄道キハ52 125(2012年12月8日・西大原~上総東間)3

上総中野方のヘッドマークは「県営人車軌道開業100周年」でしたが、大原方は定例の「急行 夷隅」でした。
いすみ鉄道キハ52 125(2012年12月8日・西大原~上総東間)4

この鉄道は、人家が密集している大原~西大原間を除き、どこでも好きな場所で撮れます。
どうも、最近は上総中川~城見ヶ丘間の田園地帯が人気らしいけど、これは某有名写真家が作例を発表したためで(大井川鐵道の抜里が急に人気ポイントになった理由と同じ。同一人物が紹介した)、
何もその場所にこだわらなくても、いくらでもベストポイントがあります。
列車の本数が比較的多いので、一日フリー乗車券を買い「駅から歩いて撮影」が容易なのも嬉しいことです。

(注)冬場は大丈夫ですが、夏場は全線にわたって「マムシ」が、
大多喜~上総中野間は「ヒル」が出没することがある・・・とのこと。
(社長ブログより。)
どうか、くれぐれもご注意ください。

「寒い」というほどではないんですが、北風が強く、田んぼの中にいつまでも立っているのはつらかったので、西大原発11時32分の14Dに、大原まで「暇つぶし乗車」しちゃいました。
この列車は、いすみ300形でしたが、私はこの車両に乗ったことがなく、いい機会でした。
いすみ鉄道いすみ300形(2012年12月8日・西大原駅)

これには4人掛けのボックス席があり、クリスマスの飾り付けがされていました。トイレもあります。
(大変立派なバリアフリートイレです。)
いすみ鉄道いすみ300形車内(2012年12月8日)

いすみ300形は新潟トランシス製の標準型気動車で、真岡鐵道モオカ14形なども同じタイプですが、モオカ14形にトイレは無く、単なるデッドスペースになっていましたね。
トイレ部分に窓はありませんが、このスペースも無駄にはされておらず、側面にはこんな絵が。。。。
いすみ鉄道いすみ300形・側面イラスト(2012年12月8日)

来年、いすみ350形という新型車両が登場するそうで、これはロングシート・トイレ無しですが、車体のデザインはキハ52形をイメージしたものになるようです。

折返し列車(17D)で12時13分、大多喜に到着。
キハ28 2346ちゃんは・・・側線にいました!
ヽ(゜∀゜ )ノ
いすみ鉄道キハ28 2346(2012年12月8日・大多喜駅)2

ヘッドマークは、「そと房」です。
いすみ鉄道キハ28 2346・「そと房」ヘッドマーク(2012年12月8日・大多喜駅)

今のところ、キハ28用のヘッドマークは、これだけのようです。
この貫通路に取り付けるタイプは、153系・165系の急行電車にも継承されましたが、キハ58系のヘッドマークとしては、全国的には珍しいタイプです。
一般的には、前面助手席側に円盤状のを付けていた事例が多かったですね。
この車両は金沢支社から来たことだし、七尾線・能登線の急行「能登路」とか「ゆのはな」のヘッドマークなんて、もう一度見たいなぁ。。。。
こういう絵柄だったのよ♪(*'-'*)つ↓
http://charitabi.com/hm/n/notoji.html

・・・と言うのはいいんですが、ヘッドマークを作るのには1枚何万円もかかるはずです。
新しいのを見たければ、いすみ鉄道の増収・増益に協力するのが筋で、撮影後、売店でお土産をいくつか買い込みました。
皆様もご来訪の折には、どうかご協力をお願いいたします。

方向幕は「臨時」になっていましたが、金沢支社時代に高山本線・氷見線・城端線の駅名表示に交換された際、肝心な「急行」は撤去されてしまい、今は「急行」というコマが無いそうです。
これは、遠からず装備されるんじゃないかと期待しています。
なお、所属区所名標記はキハ52 125同様「千カウ」(千葉鉄道管理局勝浦機関区)になっています。

エンジンは回しっぱなしで、運転席も見られるようになっていました。
いすみ鉄道キハ28 2346運転席(2012年12月8日・大多喜駅)

車内は、金沢支社時代にデッキ側がロングシートに改造されてしまっています。
これも、オリジナルの全席ボックスシート(定員84人)に復元したいんでしょうが、今は定員が「103人」だったかのままです。
ところが、この定員変更を国交省に認めてもらう手続きが意外に面倒らしく、当面はこのままで我慢するしかないようです。
いすみ鉄道キハ28 2346車内(2012年12月8日・大多喜駅)

洗面所は撤去されていますが、トイレは残されていました。ただ、タンク式に改造されておらず、おそらく営業運転でも「閉鎖」のままになるだろうと思われます
【追記】(2013-04-07)
トイレは、実際にはタンク式で、使用可能です。なお、洗面所はカーテンで区切られ「業務用」コーナーとして使われており、お客様の立入りはできません。
(営業運転開始後、2013年4月6日に乗車して確認済み。)

車内には、JR西日本金沢支社の中吊り広告や、氷見線・城端線の路線図がそのまま残っていましたが、これが今後、どのようになるかはわかりません。
キハ52 125車内の広告は、鳥塚社長個人のコレクションだという「1970年代のポスター」がぶら下がっていますけどね。

一応、車内は「休憩所」として開放されていましたが、今は整備途上ですから、シートに飲み物でもこぼしたらえらいことで、私は外のベンチでお弁当を食べました。
いずれにしろ、現時点では良いアングルでの撮影も困難でしたし、来年初頭に予定されている営業運転開始が待ち遠しいですね。
(*'-'*)
そのお弁当は、駅前で売られていました。一口炊き込みご飯が200円、さつま汁が100円という安さで驚きましたが、製造元は千葉市若葉区千城台のお米屋さん。
どうも、売っていたおじさんがそのお米屋さんのご主人らしく、「いすみ鉄道サポーターズクラブ」の会員のようでした。

駅前では「特別補充券」も発売していました。本来は、急行列車内で発売するのでしょうが、今日は特別です。
いすみ鉄道・特別補充券

これは、国鉄木原線時代に使われていた様式を模したそうで、字模様も「こくてつJNR」ですが、
国鉄時代との違いは、外房線、総武本線(千葉から東京山手線内まで)の駅名記載がなくなり、その代わり下の方が「急行券」になっています。
「事由」欄にも、国鉄の様式には考えられない「ホタル列車」とか「自転車手回り品」、「ホタルウォッチング許可証」などという項目があります。
しかし、「ホタル列車」「ホタルウォッチング許可証」とは、何であるのか?
(・.・)?
まあ、考えてもしょうがないので、夏場になったらそれに参加してみるのが早道かもしれません。
蛍見物は夜に決まってますから、「沿線で一泊して、お金を使ってください」ってことでしょうね。

駅前には、日産UDのボンネットバスが。これは有志の提供で、「人車軌道まつり」会場への無料バスとして使われていました。
さすがに、社名が「民生ディーゼル」だった時代のバスは、もう残ってないだろうなぁ。。。。
日産ディーゼル・ボンネットバス(2012年12月8日・いすみ鉄道大多喜駅前)

これも有志の提供だそうですが、マツダの三輪トラックもいました。
三輪トラックといえば、ダイハツの「ミゼット」が有名でしたが、実際は国内メーカー各社が作っており、このマツダ車は、私が子供の頃近所に持っている人がいたので、懐かしく思いました。
(その頃でも、もはや三輪トラックは珍しくなってましたけどね。)
日通ふうのオレンジ色に塗られていますが、社名は実在しない「駅前通運」になっています。
マツダ・三輪トラック(2012年12月8日・いすみ鉄道大多喜駅前)

これですが、日本通運は「黙認」らしいですね。「駅前通運」のように「実在しない社名であれば可」という見解である・・・と聞いたことがありますよ。
というのは、「マル通」マークを使っているのに、日本通運ではない会社があることと関係しています。

戦時中に日本の運送会社を全て日本通運株式会社に一元化しようという計画があったんですが、それが実現しないうちに、終戦になってしまいました。
「マル通」マークを使っていながら、日本通運と資本関係にない関係ない会社が現在も多く存在するのは、そのためです。
当地にある「南総通運株式会社」も、1942(昭和17)年に千葉県下11社の統合で生れた会社ですが、日本通運との資本関係にはありません。
今は「マル通」マークを捨てて独自のロゴになりましたが、以前は「マル通」マークを使っていました。

日通一元化については、清水義則さんの小説『みんな家族』(文春文庫)に、愛知県にあった鳴海運送という会社が日本通運に半ば強制的に合併させられ、同社の大高支店になった経緯が書かれています。
たぶん、「日通一元化」を題材にした文学作品はこれが唯一だと思われ、興味のある方はご一読いただきたいと思いますが、
いずれにしろ一元化が完成せず、日通系列ではないのに「マル通」を使っている会社も実在するため、「マル通」マークも商標登録されていないのでしょう。

商標登録されていない以上、「ニッポンツウウン」と発音が似ている「みっぴょん通運」などと書いても、お咎めは無い、ということのようです(笑)。
ただし「NIPPON EXPRESS」の標記やロゴ、あるいは、今は「ゆうパック」に統合された「ペリカン便」の名称やロゴは戦後のものですから、無断使用はできません。念のため。

「人車軌道まつり」には、「キネ」さんが家族連れで訪れたそうで(どこかですれ違ってたかもしれませんね)、
右側のリンク欄にある『房総から昭和を求めて』をお読みいただくと、それがどんな催事であったかわかりますが、
会場の「県民の森」は結構遠そうだし、無料バスの発車までは時間があったので、私は「他のこと」をやろうと思います。

さて・・・「他のこと」とは?

キハ52ちゃんは、「房総の小江戸」の大門をバックに待機中です。
まもなく、13時45分発の92D「急行3号」として大原に向かいます。
いすみ鉄道キハ52 125(2012年12月8日・大多喜駅)

昨年10月に乗ったときは本当に楽しく、また乗ってみたい気もするし、城見ヶ丘の陸橋(国道297号線)あたりで撮りたい気もするんですが、
どうせキハ28の営業運転が始まれば、早ければ数ヶ月以内に再訪しますから、今回は「もっとすごいこと」をやってみようと思います。
で、「もっとすごいこと」とは。。。。
(゚.゚*) なになに?
「近いうちに、スゲエことをやってやるからな! 新聞やテレビのニュースに気をつけてろ!」とは、まるで「弱虫くんの捨て台詞」みたいですが(笑)、
この原稿を書いている今、あたしゃ、それを「やっちまった」からなぁ。。。。
( ・_・)
まあ、次回に書く予定ですから、お楽しみに。。。。
(ヒント:いすみ鉄道は昔の国鉄「木原線」ですが、この路線名に関係あります。)
(*'​-')​ノ

いすみ鉄道株式会社公式サイト
http://www.isumirail.co.jp/
============================
【追記】(2012-12-28)
●いすみ鉄道「急行列車」の時刻が変わります
2013年1月2日から、いすみ鉄道のキハ52形「急行列車」の時刻が、下記に変更されます。
ご乗車、撮影なさる方はご注意ください。
(2012年12月28日付「社長ブログ」で発表。)

※おことわり
この時刻は2013年3月16日のダイヤ改正で変更されており、現在は無効ですが、「資料」として残します。

・90D「急行1号」
大多喜発10:36→国吉着10:47/発10:57→大原着11:13

・91D「急行2号」
大原発12:02→国吉着12:18/発12:28→大多喜着12:40

・92D「急行3号」
大多喜発13:47→国吉着13:58/発14:08→大原着14:24

・93D「急行4号」
大原発14:53→国吉着15:09/発15:21→大多喜着15:33

※急行列車、1月の運転日は
1月2・3・5・6・12→14・19・20・26・27日です。

※1月2・3日はキハ52形臨時列車61D・60Dが運転されます(普通列車)。
・61D
大多喜発9:28→上総中野着9:48

・60D
上総中野発9:54→大多喜着10:14

※キハ28形の運行は、まだ先のことみたいです。公式サイトをチェックしましょう。

============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

新型車両になった「その後」の久留里線

久留里線キハE130形(2012年12月8日・木更津駅構内)

こんにちは。みっぴょんです。
(*'-'*)
(2012年)12月1日限りで、JR久留里線から旧型気動車(キハ30・37・38形)が引退し、新型のキハE130形に置き換えられましたが、
「その後」どうなっているのか、1週間後の12月8日に確認してきました。

いつも言っていることですが、最終日に行って「書きっぱなし」のブログは「ダメダメブログ」で、「レポート」としての用を成さない。
可能な限り「その後」を報告するのが大原則です。そうでないと、単なる「葬式厨」に過ぎません。
松田聖子さんだって、かの大ヒット曲『赤いスイートピー』(1982年発表)から7年後に、『続・赤いスイートピー』っていうのを唄っているじゃないの。。。。
( ・_・)

早朝、東京発5時21分の君津行快速に乗りましたが、練馬の奥地からこれに乗ろうとすると、西武池袋線の始発→地下鉄丸ノ内線の始発(池袋発5:00)を乗り継ぎ、結構面倒です。
なお、東京駅で地下鉄から総武快速線に乗り継ぐ時間は4分しかないので、「Suica」ならピピするだけだからいいけど、
「休日おでかけパス」などの乗車券を使う場合、それは前日までに「前売り」で買っておいたほうが無難だと思います。
(1ヶ月前から買えます。)

まだ薄暗かった木更津駅に降りたら。。。。
キハ30 100がいた!
ヽ(゜∀゜ )ノ
キハ30 100(千マリ)(2012年12月8日・木更津駅)

ホームから見える位置ですよ。まるで「展示車」みたいだね。。。。

ホームの館山方、一般の人が立ち入りできるギリギリのところから見えますが、構内のはずれにキハ30 62とキハ30 98が留置されていました。
どっちが62で、どっちが98かはわからないけどね。
余談ですが、この構内に「転車台」があるのに初めて気がつきました。
キハ30 62と98(千マリ)(2012年12月8日・木更津駅)

この留置車は8日の昼間、1両を動かしたようで(ナンバーは建物の陰で見えなかった)、この日の夜19時過ぎには、キハ30 100と連結されてホーム近くに停車していました。

【追記】(2012-12-13)
後で考えると、これはキハ30 100+キハ30 98だったようですね。
(11日の、新津への発送に備えて連結した。)

また、撮影しにくい位置なんですが、←館山方 キハ38 4+キハ38 1002+キハ38 2の3両もホームから見えました。
キハ38 2(千マリ)(木更津駅・2012年12月1日)

いつ、どこへ、どういう手順で回送して解体するのか私は存じませんが、ともかく「12月8日時点では、まだ旧型車があった」ことをお伝えしておきますね。
('-'*)

ところで、キハE130形ですが、デビューから1週間を経て大きなトラブルもなく運用されているようです。
木更津に到着する3両編成の922D(上総亀山発5:59→木更津着7:02)を撮ってみました。
(トップの写真)

この場所は内房線と久留里線の分岐点ですが(駅から徒歩約5分)、
内房線の209系電車も、朝方は8両とか10両のカッチョイイ長大編成で走っており、京浜東北線時代を思い出させてくれます。
内房線209系(2012年12月8日・木更津駅構内)1

ただ、千葉支社に来てからは京浜東北線時代と違い、「10両固定編成」は無く、6両+4両の10両編成です。
8両編成にしても、「4両+4両」ですね。
でも、長い編成が必要ってところが、やはり「首都圏」だな。。。。
( ・_・)
内房線209系(2012年12月8日・木更津駅構内)2

到着した久留里線922Dの折返し、7時23分発923Dに乗ってみました。時間の都合で、3駅先の東清川まで。
車内には、整理券発行機は設置されていますが、使われていません。
今のところ運賃箱も無く、全列車に木更津運輸区の車掌さんが乗務しています。
(ただし、車内放送は原則として録音の物を流している。)
本来は運賃表を表示するらしい車内のモニター画面も、今のところは「次の停車駅」と「現在停車中の駅名」を表示する目的にしか使われていません。
おそらく、ワンマン運転実施を労組が承認していないんでしょうね。これは、しばらく先になるようです。
久留里線キハE130-103車内(2012年12月8日)

上の写真・・・朝乗ったときは結構お客さんが多くて撮影できず、夜の946D(上総亀山発18:09→木更津着19:13)車内で撮りましたが、
なぜ「夜、もう一度乗ったのか」というと、それには理由があって・・・後日、あらためて書きますね。
(*゚ー゚)ゞ

東清川という駅に降りたのは、「時間の関係」(次の横田駅で対向列車とすれ違うので、それに乗って折り返したかった)以外に意味はありませんが、
このように、待合室と男女別のトイレがあるだけの無人駅です。ホームは5両分の長さでした。
(ここは久留里駅の管理らしいけど、トイレに紙が無かったよ・・・まあ、ティッシュは持ち歩いてるので事なきを得たけど。)
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
久留里線東清川駅(2012年12月8日)

この駅は意外に歴史が浅く、1978(昭和53)年10月2日の開業です。
ところが、不思議なことに当初は正式な「駅」ではなく、「千葉鉄道管理局長設置の臨時乗降場」でした。

しかし、この近くに公園などは無く、通勤・通学客の乗降が目的ですから、年間を通じて営業しており、全列車が停車します。
常磐線の偕楽園乗降場(2月~3月、梅の開花時季のみ停車)のように、レジャーの時季やイベント開催時だけ停車するならともかく、実際には毎日、全列車が停車しているのに、この扱いは不可解でした。

昔、北海道には「仮乗降場」と称する停車場(実際には何十年もの間、毎日停車している)が多かったんですが、首都圏の国鉄では珍しい存在でした。
今となっては、東清川「臨時乗降場」として設置された経緯はわかりませんが、設置費用の問題とか、当時、何か政治的な理由があったんでしょうね。。。。。
晴れて正式な「駅」になったのはJR発足時、1987(昭和62)年4月1日付でした。

この駅の近くにある「目立つ施設」といえば、ニッポン放送(JOLF/1242MHz)の送信所の電波塔です。
ニッポン放送木更津送信所(千葉県木更津市椿・2012年12月8日)

送信所が房総の木更津にあるため、千葉県は言うまでもなく、神奈川県全域、さらに静岡県東部でもニッポン放送は良く聞こえます。
そのため、ローカルのCMも千葉・神奈川の企業やお店のが多いようですね。
ただ、東京都の中野区や練馬区、多摩地域では新宿の超高層ビル群が電波を遮り、あまり良く聞こえません。
東京西部・多摩で良く聞こえるのは、埼玉県川口市に送信所がある文化放送と、戸田市に送信所があるTBSです。

さて、久留里線最長の4両編成である924D(上総亀山発6:52→木更津着8:00)が近づいてきました。
平日は当然ですが、土曜日も、前日(金曜)夕方のラッシュ時に使った編成のまま、4両で走っています。
(金曜が祝日だった「3連休」の場合を除く。)
休日は、何かイベントでもなければ2両編成です。
久留里線キハE130形(2012年12月8日・東清川駅)

これに乗って木更津へ戻り、蘇我経由で、いすみ鉄道へ行きますね。。。。
(以下は次回に。)
(*'​-')​ノ

【続報】(2012-12-13)
キハ30 98とキハ30 100は、12月11日に木更津を離れたとのことです。
(「キネ」さんのブログによる。)
行先は郡山総合車両センターかと思ったら、各種の情報を総合すると、「郡山からさらに会津若松経由で新津」だそうです。
(ただし、解体ではなく「西日本の某私鉄へ譲渡のため整備」との噂。)
キハ30 62は木更津に残留している模様。
これは、いすみ鉄道への譲渡(当面は国吉駅構内で静態保存)が決定しており、既に地元紙『千葉日報』で報じられている・・・とのことです。
(*'-'*)

【さらに追記】(2013-01-19)
2013年1月17日、キハ30 62がいすみ鉄道国吉駅構内に搬入されました!
ヽ(^▽^)ノ


当面は静態保存ですが、当然「次の目標は動態保存。キハ52・28・30の3両編成での運行をめざす」と、鳥塚社長は公言しています。
(1月17日付「社長ブログ」より。)
そのためには、初期費用として2000万円必要だそうです。
皆様、どうか「房総名物だったキハの”凸凹編成”再現」のために、
いすみ鉄道を訪れてご乗車・お土産やグッズの購入などにご協力をお願い申し上げます。
(*'-'*)

【久留里線のワンマン運転実施】(2013-02-05追記)
2013年3月16日のダイヤ改正から、一部の列車がワンマン運転になります。
また、利用者の少ない一部の列車は、単行(1両)運転となります。
なお、横田駅と久留里駅は当面、有人駅として駅係員配置を継続します。
(無人化の噂もあったようですが、JR千葉支社・2012年12月21日付プレス・リリース「2013年3月ダイヤ改正について」に、木更津・横田・久留里の各駅は「駅改札口にて切符または運賃を収受いたします」とありますので、「有人駅として継続」ということです。)
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

いよいよ引退決まる!しなの鉄道169系電車

しなの鉄道169系S52編成(2010年9月25日・屋代駅)

こんばんは。みっぴょんです。
(*'-'*)
去就が注目されていた、しなの鉄道の169系電車が、いよいよ来春(2013年)のダイヤ改正で定期運行を終了することになりました。
(ノ_<。)
以下、しなの鉄道公式サイトより(2012年12月4日)。
「しなの鉄道をいつもご利用いただき、ありがとうございます。
 長きに渡り、国鉄・JR・しなの鉄道で活躍した169系電車3編成が大変残念ではございますが、車両の老朽化により引退することになりました。
 平成25年度は旧信越本線(軽井沢~関山間)が開業125周年の記念すべき年を迎えます。その年に引退するのは何かのめぐり合わせかと感慨深いものがあります。最後の花道を飾るべく、「ありがとう・さようなら169系」と題して、記念イベントを実施いたします。
 169系のトップナンバーS51編成・湘南色として復活し活躍したS52編成・しなの鉄道開業当初から活躍したS53編成、と思い出深い車両ばかりです。
 169系車両は引退いたしますが、いつまでも鉄道の歴史に刻まれ、皆様の記憶に残る電車であることを社員一同誇りに思います。今回のイベントを通じて、しなの鉄道で最も親しまれた169系電車に一人でも多くのお客様にご乗車いただきますよう、皆様のお越しを社員一同心よりお待ち申し上げます。」

しなの鉄道169系S52編成(2010年9月25日・軽井沢駅)

ファイナルイベントは、次の行事が予定されています。
●2012年12月22日(土曜)【終了
・169系しなの色&湘南色共演イベント
 (上田・しなの鉄道本社前[上田駅温泉口から徒歩5分])
 10時→13時。部品即売会あり。
・「ありがとう169系しなの色&湘南色」運転(団体専用列車)
 上田発13:43→軽井沢着14:18/軽井沢発15:00→上田着15:34
 参加費/大人1700円(子供860円) 当日、イベント会場で受付。

●2013年1月27日(日曜)・2月24日(日曜)
・「169系急行志賀」運転【終了
(軽井沢~屋代間。乗車券のほか急行券[大人300円]が必要。)
9632M「志賀2号」屋代発9:26→軽井沢着10:21
9637M「志賀1号」軽井沢発10:56→屋代着11:51
9646M「志賀4号」屋代発13:30→軽井沢着14:26
9659M「志賀3号」軽井沢発15:47→屋代着16:42

●2013年3月2日(日曜)・3月24日(日曜)・4月6日(土曜)・4月7日(日曜)
・「169系急行信州」運転【終了
(軽井沢~篠ノ井間。乗車券のほか急行券[大人300円]が必要。)
9602M「信州2号」篠ノ井発9:15→軽井沢着10:25
9601M「信州1号」軽井沢発12:58→篠ノ井着13:58

(3月24日・4月6・7日は下記の時刻で、2往復運転です。)
9602M「信州2号」篠ノ井発9:17→軽井沢着10:18
9601M「信州1号」軽井沢発10:56→篠ノ井着11:57
9604M「信州4号」篠ノ井発12:12→軽井沢着13:11
9603M「信州3号」軽井沢発15:49→篠ノ井着16:52

●2013年3月23日(土曜)
・急行「あの夏で待ってる」運転【終了
(軽井沢~上田間。乗車券のほか急行券[大人300円]が必要。)
上田発13:05→軽井沢着13:42
軽井沢発14:37→小諸着14:57/発15:20→上田着15:34
(湘南色車3連)
※当日は11時40分頃~12時30分頃、しなの鉄道本社前(上田駅下車)において、
169系S52(湘南色)編成と、115系S2(「あの夏で待ってる」ラッピング)編成の撮影会があります。
(どなたでも無料で入場できます。)

●2013年3月31日(日曜)
・カウントダウンフェスタ(屋代駅構内。長野電鉄と共催)
・「ありがとう急行志賀」運転(団体専用列車)
終了
屋代発14:38→軽井沢着15:31
軽井沢発16:25→屋代着17:31
(湘南色車+しなの鉄道色車の6連)

●2013年4月14日(日曜)
・「みんなの169系電車&バス大集合!」(上田・しなの鉄道本社前。)
※長野県内のバス大集合(10:00~12:30)
(長電バス、アルピコ交通、上田バス、千曲バス、草軽交通、JRバス関東)

※169系(S51編成、S52編成)を並べての撮影会(12:00~12:30)
(運転台、展示車内の開放及びヘッドマーク交換は致しません。)
S51編成も湘南色になりました!

・169系団体専用列車運転&バス試乗会開催
参加費:大人2000円・子供500円
申込方法:当日イベント会場内で乗車受付(10:30~12:00 先着240名)
上田13:00発→バス→横川→バス→軽井沢→169系特別列車→上田17:00頃着(解散)
※碓氷峠鉄道文化むらの入場料は含んでおりません。

●2013年4月20日(土曜)
・「169系電車でめぐる北国街道の旅」運転(団体専用列車)

●2013年4月27~29日(土~月曜[祝日])
・「ありがとう169系S51編成・S52編成・S53編成」運転
9602M 急行「志賀」屋代発9:26→軽井沢着10:21(湘南色6連)
9601M 急行「信州」軽井沢発10:56→篠ノ井着12:02(湘南色6連)
9604M急行「ありがとう・さようなら169系」篠ノ井発12:12→軽井沢着14:26
(篠ノ井→戸倉間は湘南色6連。戸倉→篠ノ井間は湘南色+しなの色の9連)
9663M「団体専用列車」軽井沢発16:20→屋代着17:32
(湘南色+しなの色の9連)

※「志賀」「信州」「ありがとう・さようなら169系」は、どなたもご乗車できます。
(乗車券のほか、急行券[300円]が必要です。)
「団体専用列車」のご乗車は、当日受け付けます
4月27・28日分は大人・子供とも参加費2000円。500席発売。
4月29日分は大人5000円・子供4500円。300席発売。
(値段が異なるのは、29日分の方が「お土産」が多いため。)
お一人様、1日分につき2枚まで購入できます。

参加の予約方法は、下記のとおりです。
1.しなの鉄道屋代駅コンコースにて、当日の朝7:30~9:00の間。
27・28日は250人分、29日は150人分まで受け付けます。

2.しなの鉄道軽井沢駅構内・旧1番線建物内にて、当日の14:30~16:00の間(ただし、完売した時点で終了)。
27・28日は250人分、29日は150人分まで受け付けます。

ただし「5月以降、状況によっては団体貸切列車等で運行できる場合があります」とも言ってるんですよね。。。。
(・.・)?

しなの鉄道169系S52編成(2011年6月14日・上田駅)
定期普通列車に充当する運用ですが、
2012年12月は
[1日(土曜)・4日(火曜)]・7日(金曜)・10日(月曜)・
16日(日曜)・20日(木曜)・24日(月曜・祝日)・
27日(木曜)・30日(日曜)
が予定されています。
これは、全日S52編成(湘南色)での運行を予定しています。
充当列車は下記のとおりです。

【運用番号:31】
・2734M 戸倉発9:42→軽井沢着10:44
・763M 軽井沢発11:38→小諸着12:02
・764M 小諸発12:12→軽井沢着12:36
・767M 軽井沢発13:05→小諸着13:28
・768M 小諸発13:40→軽井沢着14:04
・769M 軽井沢発14:21→小諸着14:45
・770M 小諸発14:52→軽井沢着15:16
・771M 軽井沢発15:41→小諸着16:05
・774M 小諸発16:18→軽井沢着16:42
・773M 軽井沢発16:58→小諸着17:22
・776M 小諸発17:29→軽井沢着17:54
・777M 軽井沢発18:04→小諸着18:28
・778M 小諸発18:33→軽井沢着18:57
・779M 軽井沢発19:03→小諸着19:27
・780M 小諸発19:33→軽井沢着19:57
・2783M 軽井沢発20:20→戸倉着21:27

いずれも急な変更・運休につきましては、ご容赦願います。
とりあえず概要だけ掲載しましたが、詳細が発表され次第、追って掲載したいと思います。
(*'-'*)
しなの鉄道株式会社公式サイト
http://www.shinanorailway.co.jp/
============================
【追記】(2013-01-27/03-01)
●2013年2月・3月の169系運用(予定)

・充当列車は全て「31」運用です。具体的な列車番号・時刻は上記をご参照ください。
(12月と同じです。)

・充当編成は
S51=湘南色、S52=湘南色、S53=しなの鉄道色
です。「115系」とある日は、169系ではなく115系が代走します。

・1月27日・2月24日(日曜)は、「169系急行志賀」に、
3月2日(土曜)は「165系急行信州」にS52編成が充当されます。
そのため、31運用は115系となります。

急な変更・運休等につきましてはご容赦願います
(当ブログ管理者は、一切責任を負いません。)

1月27日(日曜)=115系
1月28日(月曜)=S52
1月29日(火曜)=S51
1月30日(水曜)=S53
1月31日(木曜)=S52
2月1日(金曜)=S51
2月2日(土曜)=S53
2月3日(日曜)=S52
2月4日(月曜)=S51
2月5日(火曜)=S53
2月6日(水曜)=S52
2月7日(木曜)=S51
2月8日(金曜)=S52
2月9日(土曜)=S53
2月10日(日曜)=S51
2月11日(月曜/祝日)=S52
2月12日(火曜)=S53
2月13日(水曜)=S51
2月14日(木曜)=S52
2月15日(金曜)=S53
2月16日(土曜)=S51
2月17日(日曜)=S52
2月18日(月曜)=S53
2月19日(火曜)=S51
2月20日(水曜)=S52
2月21日(木曜)=S53
2月22日(金曜)=S51
2月23日(土曜)=S53
2月24日(日曜)=115系
2月25日(月曜)=S52
2月26日(火曜)=S53
2月27日(水曜)=S51
2月28日(木曜)=S52
3月1日(金曜)=S53
3月2日(土曜)=115系
3月3日(日曜)=S52
3月4日(月曜)=S51
3月5日(火曜)=S53
3月6日(水曜)=S52
3月7日(木曜)=S53
3月8日(金曜)=S52
3月9日(土曜)=S51
3月10日(日曜)=S52
3月11日(月曜)=S53
3月12日(火曜)=S51
3月13日(水曜)=S52
3月14日(木曜)=S53
3月15日(金曜)【変更!】=S51+S53(6連・ヘッドマーク装着)
※2783Mの戸倉駅到着後(21:27)、「乗車記念証」が配布されます。
3月15日限りで169系の定期運行は終了です。

【さらに追記】(2013-04-10)
臨時列車としての運行終了後(5月以降)ですが、
S51編成(湘南色に戻した)を、
坂城駅構内で静態保存する
と決定しました!
\(^o^)/


詳細は、下記(しなの鉄道公式サイト)をご覧ください。
http://www.shinanorailway.co.jp/news/docs/sakaki_hozon_s51_info.pdf
(PDF形式:112.5KB)

【さらに追記】(2013-05-23)
169系S51編成の、
坂城駅での保存・展示は
2013年5月25日(土曜)から
と決まりました。
(2013年12月1日、ようやく行って下の写真を撮影。)
しなの鉄道165系「S52」編成(2013年12月1日・坂城駅) 2

============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

ゆる~り久留里線・最終日の旧型車に乗ったよ!

キハ30 98(千マリ・左)とキハ37(右)(木更津駅・2012年12月1日)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
(2012年)12月1日限りで、JR東日本・久留里線のキハ30・37・38形気動車が引退し、キハE130形に置き換えられましたね。

有楽町駅を通過する「マリンエクスプレス踊り子」を撮った私は東京駅へ向かい、11時54分発の快速君津行に乗りました。
パンか何か買おうかと思ったんですが、なぜか買えずにコーヒーだけ購入。
乗車券は「休日おでかけパス」を持っていますが、これは旧「ホリデーパス」ではフリー区間外だった久留里線が全区間、フリー区間に入り、便利になりました。
ただ、久留里線は「東京近郊区間」なのに、烏山線や鹿島線同様、Suica・PASMOが使えないおかしな路線ですから、「観光客の方は、なるべく”休日おでかけパス”をご利用ください」ってことですかね。

しかしまあ、旧型車両最終日に行くとは、「葬式厨」とか「にわか」みたいで良くないんですが、
この夏は猛烈に暑かったので、せっかく格安の「パワフル&スマイルちばフリーパス」が発売されていたけれど、没。
いつの間にか旧型車両の終焉が迫り、11月23日に行くことにしましたが、この日は天気が最悪で没。
翌24日と25日は、ものすごく体調が悪くて没。爪先の芯から冷える感じで・・・。
(25日は、河口湖→立川間を八トタ115系M40編成で運行された「富士山マラソン」参加者輸送の臨時快速もパスした。)

平日は、以前のように時間が自由にならず、気がついたら最終日になってたわけですよ。。。。
┐('~`;)┌
それはともかく「この快速、千葉から先は、やたら停まるなぁ」と思ったら、快速停車駅が少しずつ増えた結果、今は巌根以外は全部停まるようになってました!
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
どうやら快速停車駅を増やした代わりに、千葉駅始発・終着の普通列車を削減したみたいですね。
東海道線の小田原~熱海間も、快速「アクティ」が全駅停車になった代わりに、普通列車が1時間当たり4本から、3本に減りましたが・・・。

さて、木更津駅に着くと、間もなく営業運転が始まるキハE130形が、ホームから見える位置に留置されていました。
数年前から水郡線で走っていますが、まだ私は乗る機会がありません。
キハE130-104他3連(千マリ)(木更津駅・2012年12月1日)

久留里線で、これの試運転をやっていたのかどうか。
聞いたところでは「10月頃から”検測車のスジ”でやってた」とか。
「検測車のスジ」とは、半年に1回ぐらいキヤE193系「East-i ダッシュD」が運行される際の時刻のことで、最近の実績(2012年8月21日)では
・9993D 木更津発10:11→上総亀山着11:20
・9994D 上総亀山発11:34→木更津着12:39
だったようです。
そうか、それはそれで見たかったなぁ。。。。
( ・_・)

久留里線の発車までは少し時間があったので、駅の外へ出て幕張車両センター木更津派出の構内を覗いてみることにしましょう。
(公道から見えます。)
まず、1983(昭和58)年に5両だけ作られ、加古川線と久留里線を走ったキハ37形(右)。
これは、ご縁がなかったなぁ。加古川線には電化前に乗ったことあるんですが、キハ20とか35でしたね。
正面のデザインが東武8000系電車・・・今、大人気の「8111F」(原型車)に似ています。
キハ37 1002(千マリ・右)(木更津駅・2012年12月1日)

次に、国鉄民営化直前、1986~87(昭和61~62)年に、キハ35形からの改造名義で7両だけ作られたキハ38形。
これも全然ご縁のない車両でした。当初は八高線で走っていたらしいけど、見た記憶すらあいまいです。
キハ38 1001(千マリ)(木更津駅・2012年12月1日)

キハ30形を見たいんですが・・・いました!
ヽ(゜∀゜ )ノ
キハ30 98ですね。
キハ30 98(千マリ)(木更津駅・2012年12月1日)2

久留里線に残った3両のキハ30形(キハ30 62・98・100)は全車、1966(昭和41)年・日本車輌製です。

1968(昭和43)年3月31日現在の配置区所は、62が勝浦機関区(千カウ)、98が高崎第一機関区(高タカ一)、100が亀山機関区(天カメ)[注]でした。
(『1968年版 国鉄車両配置表』[鉄道図書刊行会:発行]より。)
手元にあまり詳しい資料もないので恐縮ですが、キハ30 62は、ずっと千葉管内から離れなかったんでしょうかね。
[注]「上総亀山」じゃないですよ。三重県、関西本線の亀山。某社の液晶テレビ「亀山モデル」とか「カメヤマローソク」の方です。念のため。

このキハ30・35形にはご縁が深く、もしかすると「私が初めて見た国鉄気動車」かもしれません。
「寒冷地仕様」(といっても、大した対策も施されてなかった)の500番代車が新潟運転所(新ニイ)にいて、弥彦線を走っていたんですよ。
4歳頃の記憶ですが、排気管から煙を出しながら走っていたのが、なんとも不思議な感じでした。パンタグラフもないしね。。。。
(*'-'*) 変な「電車」だな~
考えてみたら、弥彦線の今は無き「長沢支線」(東三条~越後長沢間)にも乗ったことありますよ。何も憶えてないですけど(笑)。

八高線や相模線、川越線も昔はキハ35系の天下でしたし、八高線にいた珍車・ステンレスのキハ35形900番代車も記憶にあります。
これは、JR発足記念(1987年4月)で高崎運転所のお祭りがあった際に走った、妙な「トロッコ列車」(高崎駅~運転所間。キハ35+トラ3両ぐらい+キハ35)にも使われていたなぁ。
もともと、このステンレス車は千葉気動車区(千チハ)におり、房総の海岸を走るので、塩害対策でステンレス車体を試作した・・・といわれましたが、昔はステンレス車の製造コストが高く、普及しませんでした。
ただ、最終的に高崎管内で在籍したことが幸いし、今、キハ35 901が「碓氷峠鉄道文化むら」に保存されていますね。
キハ35 901(2005年6月・碓氷峠鉄道文化むら)

留置車両を眺めているうちに、13時46分発の935Dが入線しました。久留里方から、キハ38 1003+キハ38 1(千マリ)です。
キハ38 1+ キハ38 1003(千マリ)(木更津駅・2012年12月1日)

この列車は本来、久留里止まりですが、11月23日~12月9日の土曜・休日は「亀山湖オータムフェスティバル」開催に伴い、9935Dとして上総亀山まで延長運転されています。
ただし、12月2・8・9日はキハE130形で運行されるので、旧型車両での運行は、この日が最後です。

乗ってみると、意外にも空席が結構ありました。ホームで撮ってる人はものすごく多いんですが、乗らないのか。それとも、もう1往復してきたのか?
「鉄子」や「ママ鉄」が多いのも、最近の傾向です。

定刻に発車しましたが、久留里線自体は国鉄の末期か、JR発足直後か、とにかく「青春18きっぷ」の使い残しを消化するために乗ったのが最初です。
終点の上総亀山駅は集落から少し離れており、確か坂を上がったところにお寿司屋さんがありました。
お寿司屋さんなんだけど、なぜか「中華そば」の赤い提灯が下がっており、他に食事できるお店もなさそうだったので中華そばを食べました。
乗ったのは「たらこ色」のキハ35系で、当時すでにキハ37形もいたはずですが、見た記憶はありません。

その後、15年ぐらい前に何回か乗る機会があったので、今日のところは無理に終点まで乗る必要はありません。
まあ、「新型車両に置き換わる」というだけで、路線が廃止されるわけでもないし、気が楽です。
( ・_・)
横田駅で、木更津行936Dと行き違いましたが、これは木更津方からキハ30 62+キハ30 100でした。ものすごい混雑で、若干遅れてましたね。
この列車が、キハ30形の最終運行でした。
久留里線旧型車両最終日・キハ38とキハ30の交換(横田駅・2012年12月1日)

のんびり走る列車に乗り続け、終点のひとつ手前、上総松丘で下車。
久留里線上総松丘駅(2012年12月1日)1

久留里線上総松丘駅(2012年12月1日)2

おじさまたちが何人かカメラを構えていましたが、「夕方になったら天気が良くなってきて、悔しいねぇ」などと笑っており、「さよなら運転」によくある「殺伐とした雰囲気」は全くありませんでした。
皆さん鉄道趣味歴は長そうだし、久留里線にも何回も来ているのでしょう。今日あたりは「ガツガツ撮ってもしょうがないから、総仕上げ」って感じでしたね。
何と言うか、「構え」に余裕がありました。お子様方だと、こうはいかないよ。。。。

ここは東京~安房鴨川間と、千葉~安房鴨川間の高速バスが停車します。
かつては安房鴨川方面へ行くローカル便のバスもあったらしいですが、今は廃止され、代わりに千葉発着の高速バスにここから乗り、鴨川方面へ行けるようです。

ちなみに、東京発着のバスは小櫃(おびつ)、久留里なども駅前に停車しますが、亀山は通過です(千葉発着便は「亀山・藤林大橋」停留所に停車)。
今、亀山に発着する路線バスは千葉~安房鴨川間の高速バス「カピーナ号」ぐらいしかない模様で、小湊鉄道の養老渓谷駅とか上総中野駅へ行くバスはありません。
上総中野駅までは国道465号線で約14km、歩いたら3~4時間はかかるでしょうね。

上総亀山には君津市のデマンドタクシー、その名も「きみぴょん号」(笑)なる物があり、君津市役所の公式サイトを見たら、市民でなくても予約すれば「きみぴょん号」に乗れるようですが、
さすがに上総中野は君津市ではなく大多喜町だし、「きみぴょん号」の運行エリアを越えるので、行ってくれないだろうと思いますね。
なお、「きみぴょん」とは君津市のカワイイゆるキャラです。市役所のサイトで、どんな子かご覧ください。
きみぴょん、カワイイよ❤(*'-'*) ノ(∵​)
http://www.city.kimitsu.lg.jp/

ちょうど、前述の東京行高速バスが来ました。京成バス・日東交通・鴨川日東バスの共同運行ですが、これは京成車。
(Suica・PASMOは京成車に限り使えるそうです。各便の担当会社は、京成バスの公式サイトに載っている時刻表に記載されています。)
東京(八重洲口および浜松町)~松丘間は片道2000円で、今日はJRの「休日おでかけパス」があるから乗らないけど、また来る機会があったら乗りたいですね。
京成高速バス東京~安房鴨川線(上総松丘・2012年12月1日)

坂を下って、9940Dが上総亀山から戻ってきました。
キハ38 1+ キハ38 1003(千マリ)(上総松丘駅・2012年12月1日)

亀山湖のイベントから帰るお年寄りや、撮影を終えて帰る鉄道ファンで混雑しており、久留里から先は学校帰りの中高生や、木更津か千葉市へ遊びに行く人たちが各駅ごとに乗ってきて、えらく混みました。
ただ、新型車両になっても沿線風景は絵になりそうだし、来年、暖かくなった頃に再訪してみたいと思いましたね。
この辺りは小湊鉄道、いすみ鉄道も面白いので、目移りしますが。。。。

久留里と横田で行き違った列車はキハE130形で、もう「移り変わり運用」が始まっているようです。
この9940D~940Dが「旧型車両による最後の列車です」と車内放送があり、木更津到着直前には「長年のご愛用ありがとうございました。新しいキハE130形も、どうかよろしくお願いいたします」と放送されました。

木更津に着き、運用を終えた旧型車両を見に、もう一度駅裏の車庫へ行ってみると。。。。
キハ30 62+キハ30 100が留置されていました。
長年、お疲れ様でした。(*'​-')​ノ
キハ30 62+ キハ30 100(千マリ)(木更津駅・2012年12月1日)

さらに、キハ30 98が良い位置に留置されており、何カットか撮れました。
ヽ( ´ー`)ノ!!
キハ30 98(千マリ)(木更津駅・2012年12月1日)

たまたま運が良かったのかもしれませんが、「さよなら運行」といっても、全般的に「ゆる~り」と楽しめた感じの半日でしたね。
駅前で遅い昼食というより「早めの夕食」を食べ、帰りは蘇我まで209系の普通列車に乗り、お財布の中に500円玉があったので、蘇我から特急「わかしお24号」(東京までの特急料金500円)に乗ってしまいましたが、車両が何であれ、千葉の鉄道は楽しいなぁ。。。。
先日の京葉臨海鉄道も面白かったけど、もうじき、いすみ鉄道のキハ28も走ることですし、また来ますね!
(*'-'*)
============================
【追記】(2013-02-01)
高速バス「アクシー号」「カピーナ号」の運行経路変更について

■3月27日午前10時から、通行止め解除(片側交互通行)に伴い、高速バスも通常運行となりました
なお、房総スカイラインの無料開放も3月27日で終了しております。

2013年1月30日朝、国道410号線の大戸見トンネル(君津市大戸見)で、トンネル内の崩落事故が発生し、通行止めになっております。
このため、東京~安房鴨川間の高速バス「アクシー号」、千葉~安房鴨川間の高速バス「カピーナ号」は、房総スカイライン経由で迂回運行しています。
迂回運行中、下記の停留所には停車せずJR久留里線との乗り継ぎもできませんのでご注意ください


停車しない停留所
・東京~安房鴨川線「アクシー号」
富崎神社 ・小櫃駅前 ・俵田 ・久留里駅前 ・久留里城三の丸跡 ・平山 ・松丘 ・笹

・千葉~安房鴨川線「カピーナ号」
俵田 ・久留里駅前 ・久留里城三の丸跡 ・平山 ・松丘 ・亀山藤林大橋 ・笹

なお、小櫃については千葉線「カピーナ号」に限り、通常の「小櫃駅前」停留所ではなく、三田交差点近くの「みくに寿司」前に設けられた仮停留所に停車します。
(東京線「アクシー号」は停車しませんので、ご注意ください。)
詳しくは、下記のサイト(日東交通株式会社)をご覧ください。
http://nitto-kotsu.co.jp/kamogawa-ukai.htm

トンネルの復旧は、3月下旬の予定です。
2月14日から復旧までの間、代替道路として房総スカイラインが無料開放されています
詳しくは、下記のURL(千葉県君津土木事務所)をご覧ください。
https://www.pref.chiba.lg.jp/cs-kimitsu/douro/2012ootomi-tonneru.html
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

E259系「マリンエクスプレス踊り子」が走り出したね!

横クラE259系Ne008編成「マリンエクスプレス踊り子79号」(送り込み回送)(有楽町駅・2012年12月1日)

こんばんは。みっぴょんです。
(*'-'*)
JR東日本・首都圏エリア「冬の臨時列車」の目玉商品らしい(?)、東京~伊豆急下田間の特急「マリンエクスプレス踊り子」の運行が(2012年)12月1日から始まりました。

「マリンエクスプレス踊り子」は、運転日によって時刻・列車名が少しずつ異なりますが、初日に走ったのは9031M「マリンエクスプレス踊り子79号」と、その折返し9074M「同74号」でした。
・9031M 東京発11:30→伊豆急下田着14:16
・9074M 伊豆急下田発14:33→東京着17:16

車両は鎌倉車両センター(横クラ)のE259系「Ne008」編成でしたが、先頭車両に「Mrine Express ODORIKO E259」の文字と、船の碇(いかり)をデザインしたロゴが貼付されており、
このロゴはデッキと客室の仕切り扉にも貼付されているそうですから、この編成が原則として「マリン踊り子専従」になるものと思われます。
運転日・時刻など、詳しくはこちら(JR東日本公式サイト)をどうぞ。
( ・_・)つ↓
http://www.jrizu.jp/train/marine.html

なお、この列車はグリーン車・普通車とも全車指定席で、『東京時刻表』(交通新聞社)2012年12月号(35ページ)の欄外に
「《ご案内》
特急[マリンエクスプレス踊り子]をご利用になる場合の指定席特急料金・グリーン料金は特急[スーパービュー踊り子]と同額です。
また、伊豆急行線内のグリーン料金は750円(均一)です。」
と明記してあります。
つまり、「A特急料金適用」で、「定期券での乗車は不可」・・・ということですね。
(このことについて、なにが[要出典]だよ「ウィキペディア」。ちゃんと書いてあるじゃんか。。。。
┐('~`;)┌
もちろん、それを修正してやるほど私は親切じゃないので、書いた人が責任を持って直してください。)

【追記】(2012-12-28)
12月28日に閲覧したら、[要出典]は取られていました。
( ゜д゜)今ごろ、バカジャネーノ!!!!
(私はこの「フリー百科事典」が大嫌いなので、とことんバカにします。)

「なにが」って言やぁ、11月中旬から首都圏のJR線車内や駅に、「マリン踊り子」をPRするポスターが出てたけど、
綺麗なおねえさんが二人並んで座り(これは「女子の列車旅」というキャンペーンに連動したものか)、
「違いがわかるオトナたちへ。」
だってさ。。。。
JR東日本「マリンエクスプレス踊り子」ポスター(2012年11月10日・青梅線車内)

なるほど、確かに185系の「踊り子」とは違う。ましてや「ビュー踊り子」や「リゾート踊り子」とは全然違う。
でも、鉄道に詳しくない人も、見ただけで
( ゜д゜)「あ、これって”成田エクスプレス”じゃん!」
と大声で言いそうなんですけど。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

E259系が、過去に「成田エクスプレス」以外の列車(団体専用列車を除く)に使われた例は、たぶんないと思いますが、
せっかくなので、私も「”マリン踊り子”ならでは」の区間で撮りたいと思いました。
そりゃ、もちろん根府川とか、片瀬白田の海岸とかまで足を延ばせればそうしたかったけど、これを撮ったら久留里線へ行きたかったので、
有楽町で、まず送り込み回送列車(回9778M)を撮影(トップの写真)。
・回9778M 大船発10:20→東京着11:22(新鶴見経由)

そして東京交通会館をバックに、本番の9031Mを撮りました。
この区間は、「成田エクスプレス」では地下線を経由しますから、E259系が地上を走るのは珍しいですよ。
( ・_・)
横クラE259系Ne008編成「マリンエクスプレス踊り子79号」(有楽町駅・2012年12月1日)

E259系が「踊り子」シリーズに投入されるとは、ちょっと意外な感じもしますが、
要するにE259系は成田空港の滑走路増設を当て込んでちょっと作りすぎてしまい、しかも、例のゴタゴタで中国・韓国への渡航者も減っていることだし、
JR東日本としては「新たなるあり方」を模索しているんだろうなぁ・・・って思いますね。

これがそのまま「185系の置き換え」と連動しているかどうかは、なんとも言えず、今後の動向を見たいと思いますが、
いずれにしろ、東海道線(東京口)を走る定期旅客列車で、「国鉄継承車」「抵抗制御車」は、いつの間にか185系だけになってしまいましたから、
まあ、今後は出来る限り185系充当列車に乗ったり、撮ったりしたほうがいいでしょうね。
東京発7時24分の「お値打ち普通列車」伊東行521Mも含めて。。。。
(*'​-')​ノ
============================
●「マリンエクスプレス踊り子」について

●「マリンエクスプレス踊り子75号」(ダイヤ改正前)
12月22~24・29~31日・
1月1~3・5・6・12~14日・
2月9~11・16・17・23・24日・
3月2・3・9・10日運転
・回9774M 大船発8:41→東京着9:27
(出庫回送:川崎経由)
・9075M 東京発9:40→伊豆急下田着12:28

●「マリンエクスプレス踊り子75号」(ダイヤ改正後)
3月16・17・20・23・24・30・31日・
4月27~29日・
5月3~6日運転
・回9774M 大船発9:17→東京着10:03
(出庫回送:川崎経由)
・9075M 東京発10:10→伊豆急下田着12:59

●「マリンエクスプレス踊り子77号」
2月12~15・18~22・25~28日・
3月1・4~8・11日運転
・回9776M 大船発9:28→東京着10:10
(出庫回送:川崎経由)
・9077M 東京発10:30→伊豆急下田着13:16

●「マリンエクスプレス踊り子79号」
12月1・8・15日・
1月4・19・20・26・27日・
2月2・3日運転
・回9778M 大船発10:20→東京着11:22
(出庫回送:新鶴見経由)
・9079M 東京発11:30→伊豆急下田着14:16

●「マリンエクスプレス踊り子74号」
12月1・8・15日・
1月4・19・20・26・27日・
2月2・3日運転
・9074M 伊豆急下田発14:33→東京着17:16
・回9775M 東京発17:35→大船着19:28
(入庫回送:新鶴見経由)

●「マリンエクスプレス踊り子76号」(ダイヤ改正前)
12月22~24・29~31日・
1月1~3・5・6・12~14日・
2月9~11・16・17・23・24日・
3月2・3・9・10日運転
・9076M 伊豆急下田発15:17→東京着18:11
・回9777M 東京発18:30→大船着19:25
(入庫回送:新鶴見経由)

●「マリンエクスプレス踊り子76号」(ダイヤ改正後)
3月16・17・20・23・24・30・31日・
4月27~29日・
5月3~6日運転
・9076M 伊豆急下田発15:14→東京着18:11
・回9777M 東京発18:30→大船着19:26
(入庫回送:新鶴見経由)

●「マリンエクスプレス踊り子78号」
2月12~15・18~22・25~28日・
3月1・4~8・11日運転
・9078M 伊豆急下田発16:26→東京着19:19
・回9779M 東京発19:26→大船着20:23
(入庫回送:川崎経由)

============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。