06
1
4
6
7
9
11
12
14
16
18
20
22
24
25
27
28
29
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一部復旧した「ひたちなか海浜鉄道」に乗る(^.^)/

那珂湊機関区・2011年6月28日

毎日、暑いですね。熱中症に気をつけましょう。
(*´​Д`)​=з
さて、このブログでは東日本大震災直前の3月7日・10日付で、茨城県のひたちなか海浜鉄道湊線を取り上げました。

震災の被害を受け、湊線も長期間運休していましたが、6月25日(土曜)から中根~那珂湊の1駅間のみ復旧しました。
(*'-'*)
これはNHK関東ローカルのニュースで報じられましたが、具体的に「中根駅」と言わず、「今回復旧したのは1駅間」とだけしか流されなかったので、「いい加減な報道だなぁ、水戸放送局・・・」と思いました。
気になっていたものの、すぐには時間が作れず、6月28日(火曜)の夜勤明けに行ってきました。

上野8時42分発の普通列車勝田行1345Mで、勝田着11時04分。
特急に乗れば良かったんですが、ケチってしまいました。
大好きな大好きなグリーン車(笑)にも乗らず、E531系のロングシートで、佐野眞一氏の新刊『津波と原発』(講談社)を読みつつ。。。。
( ゜д゜ )bフムフム?
さて、湊線は復旧したといっても1駅だけですから、いまだ勝田~阿字ヶ浦間の列車代行バス(茨城交通)が運行されています。
その代行バス乗り場がわかりにくく、「東口1番乗り場」とわかった時には11時10分頃。
しかし、バスは11時05分発でした。。。。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
幸い、11時30分発の茨城交通路線バス・那珂湊駅行があり、これに乗車。
ただし、代行バスは鉄道と同じ運賃で350円、路線バスは410円ですけどね。

11時50分頃、那珂湊駅に着きましたが、中根~那珂湊間の列車は1日2往復!
●那珂湊発 13:40→中根着  13:47
●中根発  13:57→那珂湊着 14:04
●那珂湊発 15:40→中根着  15:47
●中根発  15:57→那珂湊着 16:04

また、中根駅前に代行バスは発着せず、少し歩いた「三反田小学校前」バス停に停車します。
列車とバスの接続も無いし、現行の列車は事実上、試運転に近い感じです。

列車が出るまで時間があるので10分ほど歩き、3月には訪れなかった「おさかな市場」へ。
ここは有名な観光コースですが、なるべく地味な食堂を探し、「四色丼」を♪
おいし~♪ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ
那珂湊・四色丼

これね、「おかわり」したかった! でも1700円もするのよね。。。。

女将さんの話では、市場は全部泥海になってしまい、エアコンの室外機が壊れたので買い換えようとしたが、業務用は高く、
やむなく家庭用のいちばん大きいのを買ったところ、今度は「節電要請」で使用を控えていること、
このお店も店内はメチャメチャになったが、地震の数日後に戻ったら厨房器具が盗まれていたこと、
しかし、レジは泥の底に沈んでおり、泥棒も気づかなかったのか無事だった・・・というお話です。
( ・_・)

駅に戻れば、旧・国鉄準急色のキハ2004が良い位置に留置中。許可を受けて撮りました。
ひたちなか・キハ2004

また、前回は見かけなかったキハ37100にカワイイ絵が!
ヾ(=^▽^=)ノ  おや、カワイイのがいるな(pェ・q)チラリンコ♪
ひたちなか・キハ37100

この「構内撮影」があったので、酔って構内へ入るわけにいかず、今回もビールを断念して食事だけでしたが。。。。
なにしろ暑いので、冷えたビールを「うぐうぐ・・・ウマ~!!!!」したかったんですけどね。
(ノд-。)しくしく

13時40分発の中根行は、ミキ300-103でした。
ひたちなか・暫定復旧列車(中根行)

わずか1駅の暫定運行ながら、立派な行先表示に「心意気」を感じます。
ひたちなか・臨時運行サボ

しかし、バスに接続しているわけではないので、乗ってもしょうがないのか、乗客は私だけで発車。
所定ダイヤなら5分のところ、徐行運転で7分かけて中根に到着。
ひたちなか・中根駅

列車には、運転士さんの他に「金上~那珂湊間指導者」の腕章を着けた人が乗っており、列車は一旦、金上(勝田)方に引き上げました。
これは「代用閉塞」という、信号扱いの便法で、この人物が「タブレットの代わり」です。
(私は、運転取扱の教科書でしか知らん。実際にやっているのは初めて見ました。)
信号扱い上、あくまで「フェイク」ですが「金上まで走った」ことにしなければならないようです。

結局、炎天下を三反田小学校まで歩くのもかったるいので、私も折り返し列車で那珂湊へ戻りました。
そして那珂湊14時17分発のバスで、勝田へ14時40分頃到着。

それはいいとして、お隣、鹿島臨海鉄道・大洗鹿島線の実情など、東京では全然わかりません。
考えていてもしょうがない話ですから、まだ日は高いし、行ってみましょう。
ε=ε=┏( ・_・)┛
(次回に続く)

【湊線・追記】
7月3日(日曜)の始発列車から、勝田~平磯間の列車運行が再開されております。
(平磯~阿字ヶ浦間は列車代行バス。)
運行時刻等は、下記の公式サイトをご覧ください。
http://www.hitachinaka-rail.co.jp/
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

湘南色169系「しなのサンセット」(*'-'*)

しなの鉄道169系「しなのサンセット」・1

(前回からの続き)
長野から乗る「面白い列車」といえば・・・
18時24分発、しなの鉄道の169系快速「しなのサンセット2号」上田行です。
(*'-'*)
『JR東日本パス』を持っているんだから、そのまま長野から東京行の新幹線「あさま」に乗ればいいものを、我ながらご苦労な話です。。。。
┐(´~`)┌
でも、沿線住民でもないのに「しなのサンセット」に乗る機会は、あんまりないでしょうね。
以前、二度ほど乗車を考えましたが、待ち時間その他の関係で断念してしまいましたし。。。。

本日(6月14日)の「しなのサンセット2号」(注:4号も)は、169系湘南色車(S52編成)でした!
キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!
湘南色169系は、2010年9月の復活時に乗っており(2010年9月26・28日付ブログ参照)、その時は、記念切符やグッズ類を景気良く買い込みました。
(後日、地元の方から「盛大なる”大人買い”有難うございます」とのメールが来て、笑いましたけど。旅費に食い込んでしまい、慌てて、どこかの駅前で信用金庫のATMコーナーに駆け込み、いくらか旅費を補充したんでしたね。。。。)

【写真再掲】
2010年9月25日に運転された「リバイバル信州」号(屋代駅にて)
しなの鉄道169系「リバイバル信州」(2010年9月25日)

ちなみに、当時同じ職場だった「鉄道むすめ・カメコ」嬢(23歳)が、7月1日付で我が職場(某駅)へ異動してくるそうで、また私は「グッズ買出し係」をやらされそうだよ。。。。
「買出しお願いしま~す!」(´∀`*) ( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!

ところでこの列車は、18時24分に長野を出ると、終点の上田(18時50分着)までノンストップ。
これは、すごいよ。。。。

国鉄時代にも、長野~上田間ノンストップの列車は特急「白山」ぐらいだったと思います。
(在来線時代の特急「あさま」は、温泉場を控えた戸倉にも停車する列車が多かったので。)
なお、しなの鉄道の列車は、JR区間の長野~篠ノ井間も、しなの鉄道社員が乗務しています。

車内は、ほぼ満席でした。ただし、高校生の姿はほとんどなし。
これは、乗車整理券(200円)が必要だからというより、途中駅に停まらないためかもしれません。長野~上田間をダイレクトに通う高校生は、あまりいないのかもね。
でも、私服で教科書を読む若者は何人か見かけたので、大学生は利用するようです。

私はアホだったので、昔、学校帰りの車内で教科書を読んだことがなかった。さすがは勉強好きな信州人だなぁ。。。。
( ・_・)
車掌さんが来たので、「しなのサンセット券」と、『JR東日本パス』では乗れない篠ノ井~上田間の乗車券(合計760円)を買いました。
しなの鉄道「しなのサンセット券」

日の長い夏場だったら、どこか沿線で169系を撮れるなぁ、どこが良いかなぁ・・・と考えるうち、18時50分、早くも上田に到着。
(注:この目論見は、断念せざるをえなくなるんですが・・・最後までお読みください。)

乗り継いで上田から先まで行く人も多く、18時52分発の軽井沢行普通2670Mが、「しなのサンセット2号」に接続して発車。
169系編成は、すぐ18時56分発の快速607M(特別料金不要)として長野へ戻っていきます。

前回乗った時はイベント列車「リバイバル信州号」だったので、国鉄調のヘッドマークを付けていましたが、
このようにノー・ヘッドマークの「普段着姿」もいいわね~。
またね~(*'​-')​ノ
しなの鉄道169系「しなのサンセット」・2

上田からは18時59分発の「あさま546号」で帰りましたが、これは『JR東日本パス』の特権「指定席無料」2回目の行使。
出張ビジネスマンが東京へ帰るには手頃な時間帯ですから、指定席もほぼ満席でした。

さて、しなの鉄道からのお知らせですが、
7月1日(金曜)から当分の間、「しなのサンライズ」および「しなのサンセット」には、169系を充当しないとのことです。
(本記事、最終行の公式サイトによる。)
(゚д゚;) !!
その理由は「この度、いつもお乗りいただいています車両(169系)が、設備的にJR 篠ノ井・長野間で運転できないこととなりました」というんだけど、
何かで読んだ記憶では、169系S51・53・54編成(赤色)の冷房用補助電源装置(SIV)が、JR線内で誘導障害を起こすらしいんです(おいおい・・・)。
湘南色のS52編成だけは、補助電源装置が昔ながらのMGで、これは問題ないため、昨夏はS52編成限定運用だったようですが、
ファンは大喜びでも(笑)、3両編成1本では苦しく、結局はJRから借りた189系を充当した日もあった模様です。

今年は、どうやら全面的に「借り暮らしの189系」へ車種変更・・・としたようですね。
なお、「どうしても169系が良い」方には、○武トラベルさんが「抜け目無く」こんなツアーを企画してますよ(笑)。
http://www.tobutravel.co.jp/fixed_page/shinano_nagaden
私の『JR東日本』パスの旅は、これで終わりですが、「7月発売分」(9日~18日)は、使えるかどうかわかりません。
残念ながら、16~18日の十和田観光電鉄のイベントへは行かれませんし。。。。
でもまあ、格安切符とは無関係に、また大好きな大好きな鉄道ちゃんと遊ぼ~♪
ただし、猛暑に注意! 皆様もお気をつけて。
(*'-'*)

【参考】
しなの鉄道公式サイト
http://www.shinanorailway.co.jp/
===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

快速「くびき野」、懐かしの越後路(*'-'*)

快速「くびき野」方向幕

(前回からの続き)
新潟から先は、往時の『鉄道ジャーナル』誌の目玉企画「列車追跡」みたいですけど(笑)、
私の「一度乗ってみたかった列車」、新井行の快速「くびき野」に乗ってみます。
せっかくの『JR東日本パス』ですから、「こんな時でなければ乗りにくい路線、乗る機会の少ない列車」を試さなくてはね。。。。
(*'-'*)
「くびき野」は、2002(平成14)年12月1日のダイヤ改正で特急「みのり」から格下げされた列車ですが、
「みのり」なる列車は、1997(平成9)年3月22日運転開始でしたから、もう「くびき野」のほうが、5年足らずで消滅した「みのり」より長く走っていることになりますね。
ただ、いずれにしろ新潟~新井間運転の列車ですから、東京に住んでいるとあまり御縁がありませんね。

本日(6月14日)の「くびき野2号」は、新潟車両センター(新ニイ)の485系T17編成です。
(←新井 クロハ481-1023+モハ484-1083+モハ485-1083++モハ484-1010+モハ485-1010+クハ481-332 新潟→)
新ニイ485系T17編成

1号車のクロハがグリーン車指定席/普通車指定席で、それ以外は普通車自由席です。
乗車券のみで特急用車両に乗れる「お値打ち列車」(「青春18きっぷ」などでも可)ですが、
私の場合、そもそも首都圏で定期運用が無いクロハ481形(注)という車両に乗る機会もほとんどないので、グリーン席を奮発!
快速「くびき野」グリーン券

(注)強いて言えば「ホームライナー鴻巣」「ホームライナー古河」には、
「能登」で上京して東京滞在中の新ニイ485系に、クロハ481形が入っていますね。
でも、アレは「グリーン車」じゃないので。。。。
(普通車代用扱いで開放。)

グリーン券は新井まで1900円です。
これは、JR東日本の「普通列車グリーン券」一般(151キロ以上)の料金で、首都圏のグリーン料金よりは割高です。
しかし・・・今あらためて計算したら、「151キロ以上」というのが曲者。
新潟→新井間って153.0キロなんですよ! だから、ひとつ手前の北新井で降りるか、普通車へ移れば1620円(150キロまでの料金)なのでした。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
なお、「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」では、「くびき野」のグリーン車は利用できません。
あの切符で利用できるのは、「グリーン車自由席」(横須賀線など)で、「くびき野」のグリーン車は指定席だからです。
(普通車の指定席は利用可。)
クロハ481-1023(新ニイ)・グリーン席

座ってみた感じは・・・そりゃ、楽ちんちんに決まってます。
ヽ(゜∀゜ )ノ

もっとも、「くびき野」には新ニイの485系T16・17編成が入ることが多いそうですが、それは「グリーン車の座席が未更新である」と。
(『鉄道ピクトリアル』2011年4月号「485・489系電車特集」より。)
原則として、座席更新済のT11~15編成が特急「いなほ」に入る・・・という仕来りのようで、確かに先日秋田駅で見た「いなほ」は、T13編成でした。

ただまあ、座ってしまえばこっちのもので、気にはなりませんでしたけどね。
(というか、私は「更新済車」に乗ったことがないので。)

14時00分、定刻に発車しましたが、グリーン車には私だけ!
(*'-'*)
普通車の指定席も、お嬢さんが一人座っているだけでした。自由席は、半分ぐらいの乗車率。
ただ、「くびき野」は1日3往復あり、時間帯によっては混むようです。

新潟で昼食の時間が無く、駅弁「村上牛しぐれ」(1100円)を買ってきました。
写真の右側手前に見える真空パックは「鮭の焼き付け」で、確か350円だったと思います。
そして、「エチゴビール」を飲む!
(*'。'*)つЦゥィーッ!
(注:通常は昼間っから飲酒することも、こんなに高価な昼食を食べることもありません。念のため。)
新潟駅弁「村上牛しぐれ」

一時期「地ビール」がブームでしたが、販路その他の問題でほとんど姿を消してしまった今も「エチゴビール」は健在です。

新津駅の構内に、キハ52形をはじめ、さまざまな旧・国鉄継承気動車がいるのを見つつ、「エチゴビール」を
(*'。'*)つЦゥィーッ!

14時35分、東三条に停車。先年、下車して代々のお墓をお参りしましたが、今日は通過。
信越本線東三条駅ホーム

この駅は、少なくとも私が幼稚園児ぐらいの頃から、何も変わっていませんね。駅前の「長崎屋」は閉店しちゃったけど。
旧・弥彦線ホームだった4・5番線は廃止されましたが、南口への通路として現存しています。
むしろ、弥彦線の隣駅・北三条は「新潟県内におけるJR(在来線)唯一の高架駅」として激変しちゃいました。
(中学の頃、学割証を汚損してしまい、北三条の駅員さんに「美津香ちゃんよ。これじゃ取扱いできんぞ」と怒られたのも今は昔。。。。)
(*'-'*)
いや・・・なんでこんなことを書くかというと、職場で私の名札を見たお客様(女性)から、
「あなた、もしかして新潟の人? どこ? 三条? じゃあ一ノ木戸? 二ノ木戸?」と聞かれて、びっくりしたんですよ。
(゚д゚;) !!
(注:私自身は、三条で生活したことはありません。)

それでも、この街は私が子供の頃には、輸出で活気があったんですけどね、なにせ今、「1ドル=80円」とかだもんなぁ。。。。
(親戚は皆、ハサミ屋さんとか銀食器屋さんなんですよ。)
┐('~`;)┌

複雑な思いで長岡を過ぎ、ぶっ倒れるように爆睡。。。。
気がついたら、日本海は全然見ず、直江津を過ぎて高田でした。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!

16時23分、終点の新井に到着。
駅前の商店街が妙に綺麗なので驚きましたが、地元・妙高市の都市計画のようです。
信越本線新井駅前

しかし、通りを歩いていたら、全然知らんおじさんに
ぃょぅ(^◇^)┛
と言われたり、これも知らんおばさんに
(^▽^) あらま~、お出かけ?
と言われたり。。。。

前述のように、中越の三条ならともかく、上越の新井は私、全然知らんぞ。。。。
それ、「ドッペルゲンゲル」っていうんでしたっけ? どうも、この街には
みっぴょん(*'-'*)ノ
が、もう一人いるらしい(むむぅ)。。。。

「くびき野2号」は、17時01分発の新潟行快速「くびき野5号」として折り返しますが、この列車、なんと普通車は女子校生だらけ!(笑)
o(^▽^)o(*^_^*)( ・_・) (´∀`*) (^.^)
信越本線新井駅ホーム

私が高校生の頃は、103系(途中で205系に置き換え)で通学でしたぜ! それが、485系とは。。。。
(ё_ё)
日本有数の「デラックス通学列車」(笑)と行き違いで、17時02分発の長野行普通352Mが出ます。
これは、115系(長ナノ)の3連。
長ナノ115系N21編成(信越本線新井駅)

でも、次の二本木駅のスイッチバック進入が、115系だと運転台越しに見られて面白いですよ。特急用車両だと、これは無理。
(左側の115系電車は、長野発直江津行普通351M。同時進入でした。)
信越本線二本木駅

この352Mで長野着18時12分。
さて・・・最後にもう一本「面白い列車」に乗りますよ。。。。
(*'-'*)

(次回へ続く)(*'​-')​ノ
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

米坂線経由で新潟へ(*'-'*)

米坂線キハ110系(今泉駅)

(前回からの続き)
今泉11時01分発の米坂線1129Dはキハ110形の2連(上の写真)。
米沢行の快速「べにばな」(3822D)と行き違いで発車しましたが、この「べにばな」もキハ110形でした。

「べにばな」は、かつて新潟~仙台間を米坂線・奥羽本線・仙山線経由で結んだ急行列車(キハ58系充当)でしたが、
現在では快速となり、運転区間も新潟~米沢間に短縮され、しかも米坂線内は各停で、格別の列車ではありません。
それでも、山形の県花である「べにばな」の名が残っているだけでも良しと言えましょう。
ただし、ベニバナ(サフラワー)の栽培が盛んなのは最上川中流域の天童や谷地あたりで、米坂線の沿線ではないようですが。。。。
(*'-'*)

これから、坂町までこの列車に乗りますが、米沢~今泉間をカットしたのは「JR東日本線完乗の余裕」(笑)。
もっとも、前回の乗車がいつかって言うと、高校時代です。
アタシが高校生だったのは、つい数年前・・・っていうのは嘘で、そのとき乗った車両はキハ58形だった気がしますね。
(急行「べにばな」ではなく、気動車混ぜこぜ編成の普通列車。おそらく、その中でキハ58が「最高級車両」だったから、選んで乗ったんだと思います。)

もはや、イベント列車以外で「キハ58に乗った」とかいうとおばさん扱いでしょうけど、乗っちまったもんはしょうがない。
前にも書きましたが、アタシなんか白新線でキハ26(55かも?)だって乗ってるの。。。。
でも永作博美さんも、クルム伊達公子さんも、和久井映見さんも、渡辺満里奈さんも同い歳だけど何か?
(´∀`*)ウフフ
先日、実家で兄が
(・_・;)「東山紀之もパパイヤ鈴木もトータス松本も同い歳なんだなぁ・・・。むむぅ~、オレも頑張らなくては」と言ってたけど。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

それはともかく、前回は真冬で、このような初夏の景色を見たのは初めてです。
米坂線羽前椿~手ノ子間

故・宮脇俊三先生が敗戦の日に乗車し、
「時は止っていたが汽車は走っていた」
とお書きになった(『時刻表昭和史』)米坂線。当時は、蒸気機関車(形式は何だろう?9600形?)でしたが、冷房の良く効いたキハ110形は快調に飛ばします。
米坂線手ノ子駅

宇津峠を越えた羽前沼沢駅には、ルピナスの花が。
(これ、「今度こそ」[笑]ルピナスですよね、akiさん。。。。)
(^_^;)
ルピナス(米坂線羽前沼沢駅)

これは小国を過ぎ、山形県から新潟県へ入った越後金丸あたり。
日本海へ注ぐ荒川の流れにダム湖が。
米坂線・越後金丸~越後片貝間

一時期「ダムは無駄」といわれ、新規の建設は抑制される動きでしたが、東日本大震災で「原発はリスクが多すぎる」ことが明らかになりました。
今後は、再度「水力発電促進」の動きになり、またダム建設が活発になるのでしょうか。

12時25分、終点の坂町に到着。
米坂線キハ110系(坂町駅)

この駅にある面白い物件は二つ。
(*'-'*)
まず、羽越本線のD51形や、米坂線の9600形蒸気機関車が屯(たむろ)したであろう旧・坂町機関区跡。
転車台が妙にピカピカですが、現在も「SL村上ひな街道号」などが運行される際、使われるようです。
旧・坂町機関区跡

次に、3番線に面した「荷物上屋」。今は喫煙コーナーになっていますが。
これと同種の物件が、中央本線の甲斐大和駅にもあります。2010年5月12日付ブログで取り上げましたが、坂町駅のは、甲斐大和駅より遥かに大きな物です。
駅の規模も違いますし、ここでは羽越本線~米坂線間の中継荷物・郵便物も扱ったからでしょうね。
羽越本線坂町駅・荷物上屋

これは上野(および大阪)方にあります。羽越本線の列車では、荷物・郵便車は「上野(および大阪)寄りに連結する」と決まっていたからです。

わずかな時間でしたが楽しく見学して、12時35分発の新潟行936Mに乗りました。

これが、新潟車両センター(新ニイ)に3本だけ存在する「サハ入り」編成(L12~14)のうちの1本、L14編成でした。
(←内野・新潟 クモハ115-1049+モハ114-1068+サハ115-1002+クハ115-1090 →村上・長岡)
ヽ(゜∀゜ )ノ
新ニイ115系L14編成(羽越本線坂町駅)

新ニイの115系4連はクハ115+モハ115+モハ114+クハ115の編成が多く(L1~11)、L12~14は「変り種」。
まあ、「サハを抜いたら3連になり、N編成(注:もともとの3両編成で、N1~32が存在する)の代用に使えていいじゃん」と思ったんでしょうけど、
そういう変な「代用編成」って、今はあんまり作らんからなぁ。。。。
(ё_ё)
しかし、全国でも相当に珍しくなったサハ115形が現在走っているだけで「レア物」ですけどね。
サハ115-1002(新ニイ)

新発田(しばた)から白新線に入り、ひとつ目の西新発田駅は、かつて、普通列車でも通過するのがある寂しい駅でしたが、今は駅前に「イオン」のショッピングセンターが出来ていてびっくり。
駅自体、2000(平成12)年10月に移転し、列車交換可能駅になっていました。
でも、駅を出ると「ガーッ!!!!」と力行するけど、ある地点でノッチオフして、後は惰性で次の駅まで・・・という、「新潟支社流・115系電車の走り方」は、アタシの少女時代と何ら変わっておりませんでした。。。。
ヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

(次回に続く)(*'​-')​ノ
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

山形鉄道フラワー長井線に乗る(*'-'*)

山形鉄道赤湯駅2(YR-886+YR-883)

(前回からの続き)
赤湯駅の山形鉄道フラワー長井線ホームには、8時59分発荒砥行205Dが停車中。
YR-886+YR-883の2連ですが、後部車は回送で乗車できませんでした(上の写真)。

駅前(西口・山形鉄道側)の小公園には、このように、さまざまなお花が咲いていました♪
ヽ( ´ー`)ノ!!
山形鉄道赤湯駅前の小公園

まさに「フラワー長井線」の名にふさわしい。ただし、各駅にはあまり花も咲いておらず、最近になってフラワーポットが置かれるようになったそうですが。。。。

YR-886は、この路線でロケが行なわれた映画『スウィングガールズ』(2004年)を記念した「スウィングガールズ号」で、車内に主な出演者のサインが記されています。
この青春映画は大変良かったです。今でもDVDで観られますよ。
(*'-'*)
車内で週刊誌を読んでたおじさんがいたけど・・・偶然、その『週刊現代』(6月25日号)の表紙が、この映画の準主役だった貫地谷しほり嬢だったので、笑っちゃいましたけどね。
もっとも、主演の上野樹里嬢は最近、大河ドラマ『江』の演技があまりにもヘンなので、私は『江』を観なくなってしまいました。。。。

回送のYR-883は、カワイイ「もっちぃ号」です。「もっちぃ」とは、宮内駅の駅長(うさぎ)。
ヾ(=^▽^=)ノ   おや、カワイイのがいるな>(pェ・q)チラリンコ
山形鉄道YR-883

残念ながら、今日のところはその宮内に降りることはできず、乗り続けるしかありませんが。。。。

JR米坂線と今泉で接続しますが、山形鉄道が1・2番線、米坂線が3・4番線です。
これは、旧・長井線が今泉に達したのが1914(大正3)年、米坂線が1926(大正15)年で、旧・長井線のほうが古いからですね。
山形鉄道今泉駅・琺瑯びき駅名標

今泉から、白川を渡る付近(旧・白川信号場。現在は「今泉駅構内」扱い)までは、米坂線との線路共用区間です。
要するに、白川へ「長井線用」「米坂線用」の二本の橋梁を架ける経費を惜しんだんですが(列車の本数が少ないので、「複線」にする意味が無い)、
この白川橋梁も、長井線のほうが先の開通だったわけですね。
φ(・ω・ )メモメモ

旧・国鉄長井線(赤湯~荒砥間)が全通したのは1923(大正12)年ですが、当時「左荒線」(さこうせん)構想というものがあり、荒砥から先、左沢(あてらざわ)線の左沢まで延ばす計画だったそうです。
これは1937(昭和12)年に測量が実施されたものの、戦争のため着工されませんでした。
(注:国鉄[JR]長井線→山形鉄道フラワー長井線への経営移管は1988[昭和63]年。)

そういえば、今市~会津滝ノ原(現・会津高原尾瀬口)~会津田島~会津若松~喜多方~熱塩のルートも「野岩羽線」(やがんうせん)と呼ばれ、
熱塩から先は、山を越えて米沢まで・・・という構想だったと聞いたことがあります。

この「野岩羽線」が、米沢から米坂線を経由し、今泉から先の「左荒線」とつながっていれば、「南東北の背骨」というべき路線が開通したことになるのでしょう。
しかしまあ、今日まで生き残っていたかどうか。喜多方~熱塩間の日中線など、とうの昔(1984年)に廃止されちゃいましたし。。。。

車窓は単調ですが、空は夏の色。。。。
山形鉄道羽前成田~白兎駅

終点・荒砥の手前で最上川を渡りますが、この橋梁は1887(明治20)年、東海道本線木曽川橋梁として架設された物の転用だそうです。
山形鉄道最上川橋梁

同種のダブルワーレントラス橋は揖斐川にも架設されており、それは東海道本線の車窓からも見えるので、一度行ったことがあります。
(歩行者・軽車両用の道路橋として現存。最寄りは樽見鉄道・東大垣駅。)
ですが、こちらは現役の鉄道橋ですからね。。。。
(*v_v*)うっとり
(注:JR左沢線の最上川橋梁にも、同じ木曽川橋梁から転用された橋が使われています。)

9時52分、終点の荒砥に到着。
山形鉄道YR-886

でも、ここには特に見どころも無し。。。。
先ほどの最上川橋梁を見に行きたいけど、約1kmあるそうで、待機中のタクシーもおらず、短い折返し時間では無理でした。
もう少し時間があれば、荒砥駅にレンタサイクルがあったんですけどね。。。。
(​_ _​。)・​・・シ​ュン
そこで、駅の窓口で売っていた
『私、フラワー長井線「公募社長」野村浩志と申します』という本([株]ほんの木、2009年10月刊)を買って一読。
野村浩志氏の本

実はその後、『いすみ鉄道公募社長 危機を乗り越える夢と戦略』(鳥塚 亮・著、講談社)という本も読んでみましたが、
「国鉄(JR)からの移管以来、一度も黒字を計上したことがない」という会社の経営など、私には務まるはずもありません。

まあ、「男が夢中になれることは、世の中に二つしかない。それは”遊び”と”危機”である」という、ニーチェの言葉を思い出しますけどね。。。。
(*'-'*)

それはともかく、今回は初めて訪れた路線ですから、「とにかく終点まで乗ってしまわなくては」という「義務」があったので割愛しましたが、
宮内で降りて「もっちぃ」と遊びたいし、長井は「あやめ」が全国的に有名、駅もレトロっぽかったです。そして、あの最上川橋梁。。。。
「次回来訪時」のテーマが、また増えましたね。。。。
( ・_・)

最後に、今泉駅には、こんな琺瑯びきの方面標示も。。。。
山形鉄道今泉駅・琺瑯びき方面案内標

(次回に続く)(*'​-')​ノ

【参考】
山形鉄道株式会社公式サイト
http://www.flower-liner.jp/
==============================
【画像追加】(2012-06-08)
2012年1月からコメントをいただいている「ふく爺」氏(静岡県)より、
上の記事に記した山形鉄道フラワー長井線の最上川橋梁と、JR左沢線の最上川橋梁(羽前長崎~南寒河江間)の写真をご提供いただきました。
私は、上記の旅ではフラワー長井線の最上川橋梁を間近で見ておらず、
また、左沢線は1992(平成4)年頃に一度乗っただけで、手元に写真がありません。
(その頃、車両はキハ40系でしたが、提供写真によれば今はキハ110形みたいですね。)

写真は、上3点がフラワー長井線の最上川橋梁、最下段が左沢線の最上川橋梁です。
撮影日は、いずれも2009(平成21)年4月22日。
最上川橋梁、荒砥~四季の郷、2009年4月22日・1

最上川橋梁、荒砥~四季の郷、2009年4月22日・2

最上川橋梁、荒砥~四季の郷、2009年4月22日・3

南寒河江~羽前長崎、2009年4月22日

==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

「つばさ11号」で・・・『JR東日本パス』実践篇

E3系「つばさ」(赤湯駅)

こんにちは、みっぴょんです。
(*'-'*)
『JR東日本パス』実践篇ですが、まず私は6月14日(火曜)の「つばさ11号」に乗りました。

暫定ダイヤのため、今は東京発アサイチの東北新幹線が、編成の短い「つばさ」単独列車(7両)になっています。
7月9日から施行される予定の、徐行区間一部解除による「特別ダイヤ」では、東京発アサイチが「やまびこ271号」(東京発6時04分・盛岡着9時27分)に変更されるそうで、
これはたぶんE3系10連だと思うけど(注:東海道・山陽・九州新幹線と違い、東北・上越は『時刻表』に車両形式の表示がないので、はっきりしない)、
「そりゃ、やはりアサイチ列車は定員の多い”やまびこ”でなきゃ」と思いました。

(注)7月9日から施行される予定の「特別ダイヤ」の時刻は、↓のURFをご覧ください。
(PDF形式、577キロバイト)
http://www.jreast.co.jp/press/2011/20110601.pdf

案の定、「つばさ11号」の自由席は東京駅からほぼ満席。普通車指定席も大宮から満席でした。
↓これがあって助かった。。。。
「つばさ」特急券(金額0円)

いつもは自由席なら東京駅から、指定席なら大宮駅から乗ることが多いんですが、
早朝は、池袋から大宮方面の湘南新宿ラインは運転が無く、埼京線も各停ばかりで不便なので、今回は上野駅から乗車。
なぜか朝っぱらから、やたら空腹。。。。
(*.*)
そこで「おふくろの味 上野弁当」なる幕の内(1000円)を。。。。
(「おいし~♪」「ウマウマ」についてたくさん書くよう、コメ欄にリクエストが多いので、なるべく載せます。)
上野駅「上野弁当」

実は、しばらく前から売っている1800円(!)の「はやぶさ弁当」というのが気になっていたんだけど、これは東京駅限定なのでした。
なぜなら、下り「はやぶさ」は上野に停まらん!(笑)
(*゚ー゚)ゞ
そのお弁当はアルミの特製お弁当箱に入っており、5月末の青森・秋田旅行は3泊だったので、「往きに買って、このお弁当箱を帰りまで持ち歩くのかい?!」と思い、却下。
却下..(-.-)ノ⌒-~

その後、6月6日に静岡へ行く用事があり(注:鉄道無関係なので書かなかったけど)、東海道新幹線「ひかり」で日帰りしましたが、「”ひかり”で”はやぶさ弁当”?!」と思い、却下。
一昨日来い!..(-.-)ノ⌒-~

で、今日は・・・上野から乗っちゃったので、買えなかった・・・と。
(​_ _​。)・​・・シ​ュン

ちなみに「上野弁当」のおかずは、
サーモントラウト塩焼き・焼きタラコ・一口ヒレカツ・高菜炒め・
蓮根きんぴら・玉子焼き・筑前煮・上野「酒悦」のごま昆布佃煮でした。
(*'-'*)

私はE3系2000番台車に初めて乗りましたが(「つばさ」には、400系時代に何度か乗ったことあるけど)、これも窓側にACコンセントが付いていました。
もっとも、今日はパソコン持ってきてないから関係ありませんが。

これは予想通りでしたが、郡山や福島に朝早く行く用事がある人が、今はみんな「つばさ11号」を利用するので、7時49分着の福島でガラ空きになっちゃいました。。。。

しかしまあ、今日は雨が降ったり止んだり。
雨の板谷峠も風情があっていいもんだなぁ・・・と思いましたが、私がこの区間を初めて乗った頃は、EF71+オハフ50+オハフ50の客車列車でしたね。。。。
(*-_-*)しみじみ
赤湯に着く直前まで雨。。。。
奥羽本線(山形新幹線)赤湯付近

8時40分、赤湯に到着。
跨線橋上に、なぜかSuicaを「ピピ」する簡易改札機がありましたが、ここは「Suica」エリアではなく、
何のためかと思ったら、「モバイルSuica特急券」用の設備でした。
ピピッ(・.・)つ□←akiさんが作ってくれたコレ、カワイイので多用♪

カワイイといえば・・・山形鉄道のホームにカワイイ絵を描いた気動車が。。。。
ヾ(=^▽^=)ノ   カワイイのがいるな>(pェ・q)チラリンコ♪
山形鉄道フラワー長井線赤湯駅1

(次回に続く)
=============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

『JR東日本パス』で遊ぼ~♪ヽ( ・∀・)ノ

JR東日本パス1

話題の『JR東日本パス』、使ってみました!
\(^o^)/
この乗車券については、JR東日本公式サイトをご覧ください。
(↓のURLです。)
http://www.jreast.co.jp/tsunageyou/【リンク切れ】
利用期間は6月11日(土曜)~6月20日(月曜)と、7月9日(土曜)~7月18日(月曜[祝日])です。
発売は、利用日の1ヶ月前から前日までです。
JR東日本パス2

このブログに「JR東日本パス あけぼの」などの検索キーワードでいらっしゃる方がおられるようですので(「FC2アクセス解析」による。全然そんな記事を書いてないのに・・・)、
いい機会なので、分かりにくい点を説明しておきます。
φ(・ω・ )メモメモ
===============================
●この切符は、JR東日本・IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道・北越急行(いずれも全線)の
特急・急行・普通(快速)列車の普通車自由席に1日限り、何度でも乗れます。
(利用日の前日までにお求めください。当日の発売はしません。)

なお、三陸地方で運行されているという「JR線振替バス」には乗車できません。
これは調べたら、気仙沼線志津川~気仙沼間に並行するミヤコーバスの路線バスのことのようで、
「JRの定期券・回数券所持者のみ、振替輸送を取り扱う」ことになっているそうです。
(それ以外の、仙石線・石巻線・常磐線等の「JR線代行バス」については、はっきり分かりません。現地でご確認ください。)

●寝台列車・グランクラス・グリーン車等を利用する場合は、別に特急券と寝台券・グリーン券等が必要です。
「ホームライナー」なども、別にライナー券(乗車整理券)が必要です。
(「運賃のみ有効」となる。)

なお、「ご案内」の紙に「寝台車」ではなく「寝台列車」と書いてあるんですが、「あけぼの」の「ゴロんとシート」については、特に制限が無い模様。
↓のURLは「JR東日本 おトクなきっぷ」のサイトですが、「×」の中に「あけぼの・ゴロんとシート」が無いのよね。。。。
http://www.jreast.co.jp/tickets/info.aspx?mode=top&GoodsCd=1708【リンク切れ】
ただし、「1日限り有効」ですから、例えば上野から青森まで「あけぼの」に乗る場合、『JR東日本パス』は村上駅(3時20分発)から有効なので、
別に東京都区内(上野)→村上間の乗車券・特急券を買う必要がありますから、あんまり安くないですね。
┐('~`;)┌
もしかすると「北東北・函館フリーきっぷ」+特急券を買ったほうが有利かもしれません。「北東北」は有効期間も長いし(5日間有効)。

(注)実際に「『JR東日本パス』で「あけぼの」のゴロんとシートに乗った」報告は、「2ちゃんねる」の鉄道総合板あたりをご覧ください。いっぱい載ってますので。

●普通車指定席を2回まで無料で利用できます。必ず乗車前に座席の指定を受けてください。
変更は、指定した列車の発車時刻までなら、何度でも可能。)
「つばさ」特急券(金額0円)

指定席券の交付を受けると、本券の券面に、その回数分の赤い「」が表示されます(自動印字)。
3回以上、指定席を利用する場合、3回目以降は別に指定席(特急)券を購入する必要があります。

●立席特急券の扱いですが、
「あけぼの」の羽後本荘~青森間、「日本海」の東能代~青森間、および「成田エクスプレス」(注:これは満席の場合)は利用回数をカウントされ、乗車前に「立席特急券」の交付を受ける必要があります。
これは指定席同様、無料では2回までしか利用できません。
(「立席特急券」は、前にも書きましたが「指定席の亜種」で、「自由席」では無いからです。)

ただし、「こまち」の盛岡~秋田間と、「はやぶさ」「はやて」の盛岡~新青森間で普通車を「立席」として利用する場合は、回数にはカウントされず、何度でも利用できます。

●日付を跨ぐ列車の場合、「その列車の終着駅まで有効」です(『3連休パス』『ウィークエンドパス』と同じ)。
ですから、上り「あけぼの」なら「上野(6時58分着)まで有効」ってことですね。。。。
( ゜д゜ )bフムフム?
==============================
今回はルールの説明だけで一回分になってしまったので、「実践篇」は次回以降に書きますが、
東北新幹線は今のところ、あくまで「暫定ダイヤ」ですから、やはり震災前に比べると使いにくい感じです。

私は山形鉄道が未乗路線で、十和田観光電鉄にも久しぶりに乗ってみたいし・・・と思い、プランを組んでみたら、
赤湯→福島→八戸→三沢の間が冗漫になってしまい、どうにも上手く組めない。やたらに「新幹線に乗ってる時間」ばかり長く、つまんないんですよ。
(ё_ё)
そこで、赤湯→山形→仙台→八戸→三沢にしてみると、仙台駅で仙山線から「はやて」に乗り継ぐ時間が6分とか、きわどいプランしか組めないの。全体に本数が少なくて。。。。
((((((ノ゚⊿゚)ノ
結局、山形鉄道を生かして、今回は十鉄(とうてつ)を捨て、「こんな時でもなければ乗る機会の無い路線、乗る機会の無い列車」中心に組み替えました。
なので、今回は青森県には行きません・・・
と思って今、十和田観光電鉄の公式サイトを見たら、7月16~18日に「電車まつり」開催だって!
詳細は↓を。
http://www.railfan.ne.jp/toutetsu/densha_fes1107/index.html
【注】このイベントは終了しました(リンク切れ)。

これ、行かれるかなぁ。まだ7月の勤務予定がわかんないけど、『JR東日本パス』の有効期間内ですからねぇ。
行かれると良いなぁ。。。。

当のJR東日本が、「ボランティアだけが復興支援だけではありません。旅をしましょう!」というポスターを首都圏の列車・電車内に掲出していましたが、
さあ、みんなで『JR東日本パス』を使い、東北・信越・関東の復興を応援しましょう!
(*'-'*)
(次回から、「旅の実践篇」[6月14日実行]をお伝えする予定です。)
===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

横浜線・183系の修学旅行列車( ・_・)

こんばんは、みっぴょんです。
(*'-'*)
5月15日付の記事で、神奈川県内各地~日光間の修学旅行列車について書きましたが、
その中で予告した「横浜線への入線」、6月12日(日曜)に撮影してきました。
(午前中は時間があったんです。夜は泊まり勤務。)
列車番号は9381M(小机発)。撮影場所は片倉~八王子間です。
横浜線183系修学旅行列車(片倉~八王子)

この日は田町車両センター(東チタ)の183・189系「H81」編成(8連)でした。

横浜線といえば、震災発生後、3月12日から運休していた横浜~松本間の特急「はまかいじ」の運転も、6月4日(土曜)から再開されています。
(*'-'*)
185系「はまかいじ」(横浜線片倉~八王子)

実は明日、早いので今夜はこれで。。。。
(というか、今日は夜勤明け後に帰宅できず、夕方まで研修だったので疲れちゃった。。。。)

またね~♪(*'​-')​ノ
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

フィナーレは寝台特急「あけぼの」で(*'-'*)

「あけぼの」ヘッドマーク

(前回からの続き)
鷹ノ巣から「つがる3号」に乗り、青森へ戻った理由は。。。。

前日の朝、こんな光景を見てしまい、どうしても寝台特急列車「あけぼの」で帰りたくなったから。
(*'-'*)
青森駅・寝台特急
(ただし、↑この写真は大阪発の「日本海」ですが。)

この日(6月1日)は、羽後本荘から鷹ノ巣まで普通列車に乗り、秋田内陸線には北側から乗って、
角館14時50分発の東京行「こまち130号」で帰るつもりで、特急券も買ってありました。
だけど「あけぼの」は、昨年12月4日の新幹線新青森開業時には廃止をまぬがれましたが、正直なところ、いつまで走るかわかんないですよねぇ。。。。

考えているくらいなら、どうせ、まだ「北東北・函館フリーきっぷ」は有効なんだし、秋田駅の「みどりの窓口」で差額を払って、「こまち」の特急券を「あけぼの」の特急・B寝台券に変更しちゃいました。
(実際は6月2日も休みで、帰宅してゴロゴロするつもりだったんです。)
「あけぼの」寝台券

ところで、「つがる3号」は青森着15時53分。
同じ15時53分に、大湊行の快速「しもきた」が出るので、「接続しないのかしら?」と思ったら、跨線橋の上に制服のJR社員が、
ホームには、スーツに「青い森鉄道」の腕章を巻いた女性が立ち、乗り継ぐ人を誘導して、「しもきた」は約2分遅れて発車。
青い森鉄道は複線だし、キハ110系が飛ばせば2分程度の遅れはあまり問題ではないのか、「つがる3号」が極端に遅れなければ接続を取る模様です。
(注:確証は無いので、実行される方は個々にご確認ください。)

その青森駅のホームですが、写真のレピーター(出発反応標識)は、津軽線に対しては当然「三厩方」となっていますが、
青い森鉄道(旧・東北本線)に対しては「東京方」、
奥羽本線に対しては「福島方」となっているのを発見。
青森駅・出発反応標識(レピーター)

「今でも」というか、こういうのは「やたらに変えちゃいけない物」なんですよ。
(*'-'*)

せっかく接続するんだから「しもきた」に乗って、たいして意味も無く野辺地あたりまで行ってもよかったんだけど(フリー区間内だから)、
なんだか疲れちゃって、駅ビルの「ミスタードーナツ」で「また~り」しちゃいました。。。。
(*´​Д`)​=з ~~匸Pヽ(​`▽´​*) ​コーヒ​ーブ​レイク​

18時25分発、上野行”特別急行2022列車”「あけぼの」は、17時50分ごろ入線。
特急「あけぼの」(青森駅)

編成は←上野 EF81 139(青)+オハネフ24 10(盛アオ。以下同じ)+オハネ24 44+オハネ25 147+オハネフ24 27+オハネ24 554+オハネ24 551+スロネ24 553+オハネフ24 19+カニ24 109でした。

私はB寝台個室「ソロ」です。
オハネ24 551(盛アオ)

まあ、本当はA寝台個室「シングルデラックス」に乗ってみたかったんだけど、「また、旅に出るかも」ってことで節約。
でも、「狭いながらも楽しい我が家」っていうか。。。。
(*'-'*)
「あけぼの」ソロ(オハネ24 550番代)室内

もっとも、車内放送では
「食堂車、車内販売、自動販売機等はございません。また、途中の駅でお買物をするお時間はありません」
と言っており、ちょっと寂しいところ。

なお、普通車自由席のある特急「白鳥」「スーパー白鳥」「つがる」は、青森~新青森の相互間を、乗車券のみで自由席車に乗れますが、
(注:「青春18きっぷ」「北海道&東日本パス」「東北ローカル線パス」でも乗車可。以前はダメだったが、2012年春から規制撤廃)
寝台特急「あけぼの」と「日本海」に、このルールは適用されません。
それは「自由席が無い」からで、放送でも「青森から新青森までお乗りになる方も、指定席特急券が必要です」と言っていました。
(【追記】2012-08-4
青森~新青森の相互間を、乗車券だけで「あけぼの」には乗れない規制は、2012年8月現在も実施されている。
なお、「日本海」は2012年3月17日のダイヤ改正で臨時列車に格下げされたが、同時に新青森駅は通過となり、この話とは無関係になった。)


定刻に発車し、お弁当を食す・・・。
といっても青森駅は、新青森駅に「ターミナル」の地位を譲りつつあるのか、駅弁は、早い時間に売り切れ。
それでも、駅ビルでお持ち帰り弁当をいくらでも売っており、「新宿さぼてん」のひれカツ弁当を買ってきました。

「ターミナルの地位を譲りつつある」といっても、それは鉄道だけのお話で、青森市第一の繁華街は、青森駅前の新町通りあたりであることに変わりありませんから、実際には、食事の調達に不便は無いと思います。

大鰐温泉駅で、停車中の弘南鉄道大鰐線電車、元・東急7000形が見えました。
(*'​-')​ノ
弘南鉄道大鰐温泉駅

この後、秋田あたりまで本を読んでいましたが、その先は寝ちゃいました。。。。
(*v_v*)zzZ

目覚めれば夜は明けており、大きな駅を発車するところ。高崎(5時18分発)でした。

6時58分、上野駅に到着。長岡からはEF64 1051(長岡)の牽引でした。
特急「あけぼの」(上野駅)

「どのくらい乗っていたのかな?」と思えば、「ソロ」は半分ぐらい、B寝台車も下段だけ、「ゴロんとシート」はガラ空きだったようです。
青森や弘前から乗った人はほとんどおらず、秋田から先、酒田や鶴岡で乗った人が多かったんじゃないかと思います。

これで楽しかった旅も終わりですが・・・すぐに東北へ戻りそうな予感。。。。
(*'-'*)
例の「1万円乗り放題」で話題の『JR東日本パス』も、発売期間中に一回ぐらい使えれば使いたいし、また東北方面へ行こう~っと♪
(*'​-')​ノ

(この旅は今回で終わりです。ご愛読ありがとうございました。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

秋田内陸縦貫鉄道に乗る(*'-'*)

秋田内陸縦貫鉄道AN8800形(鷹巣駅)

(前回からの続き)
羽後本荘から秋田に着き、10時04分発の東京行「こまち122号」に乗って角館へ。
秋田新幹線「こまち」E3系(秋田駅)

他に適当な列車が無かったので、1150円の特定特急券(立席)を買いました。
これは、羽後本荘駅での乗り継ぎ待ち時間に買ってきましたが、「こまち」の立席特急券とは、話には聞くものの、実際に買ったのは初めてでした。
券面に「こまち号( : 発)」とありますが、具体的な号数や発車時刻の記載が無く、また、券面に
『秋田←→盛岡間は着席できますが、指定券をお持ちのお客様がおいでになりましたら、他の空いている席をご利用ください』とのゴム印が押してあります。
なお、羽後本荘駅では特急「あけぼの」(下り:羽後本荘→青森間)の立席特急券も売っていますが、寝台特急の立席特急券は、1列車あたりの発売枚数が定められています。
それに対し、「こまち」の立席特急券は、無制限に発売される模様です。
「こまち」立席特急券


羽後本荘の駅員さん(ベテランと新人のコンビ)は、「この列車は比較的空いていますよ」と言いましたが・・・乗ってみればガラ空き。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
確かに、秋田10時04分発で、東京着15時08分(注:暫定ダイヤ)では、秋田の人が上京するには遅すぎ、東京の人が帰京するには早すぎます。

角館着10時48分。11時13分発の急行「もりよし2号」鷹巣行に乗り換え。
2両編成ですが、前はAN8800形(注:トップの写真)、後ろはイベント車・AN2000形の2連。
秋田内陸縦貫鉄道AN2000形(角館駅)

AN2000形は、この1両だけで、イベント列車が運行されない日は、このように定期の急行「もりよし」運用に入るようです。

秋田内陸縦貫鉄道(以下「内陸線」と呼称)は、JRの「北東北・函館フリーきっぷ」でも乗れますが、急行列車には急行券が必要です。
50kmまでは160円、51km以上は320円で、急行券は、こんな立派なA型硬券。
秋田内陸縦貫鉄道急行券

しかし、「特急」と呼ばず、「急行」に留めているところが、奥ゆかしいというか何というか。。。。
(*-_-*)しみじみ。。。。
「一応は、別料金を取るに相応しい車両を用意しました」ってところも、好ましいですね。
(*'-'*)
秋田内陸縦貫鉄道AN8800形車内

走り出せば、北秋田市商工会のおねえさまがパンフレットを配り、同じく商工会の老紳士が車内販売。
申し訳ないけど、買う物が無かったので飲物だけ買ったら、「本当は、秋田杉で作った箸置きなんかもあるんだけど、今日は持ってこなかった」と残念そうでした。

車窓は平野から、だんだん山奥に入ります。
(羽後長戸呂~松葉間)
秋田内陸縦貫鉄道・羽後長戸呂~松葉間

この線は、もともと旧・国鉄角館線(角館~松葉間)と阿仁合線(鷹ノ巣~比立内間)でしたが、一応は「鷹角線」(ようかくせん)として鷹ノ巣~角館間を全通させる計画だったようです。
しかし、国鉄の手で全通は成らず、南北に分断されたまま、1986(昭和61)年11月1日から、秋田内陸縦貫鉄道南線・北線となりました。
当初運行されていたのは、国鉄から借用したキハ22形でした。しかし、老朽化が激しく、全通を待たずに自社発注の新車(AN8800形)が導入されました。

全通したのは1989(平成元)年4月1日で、一時期は、珍しかった「女性運転士」誕生(もう、とっくに「寿退社」されたようですが)などで話題になったものの、
なにしろ沿線人口が少ないうえに、全通したところで、南北の交流がほとんど無いので経営は苦しく、秋田県知事選の度に「存廃」が議論されるといいます。

ちなみに現在の沿線は「平成の大合併」の結果、角館~戸沢間が仙北市、阿仁マタギ~鷹巣間が北秋田市の2自治体になってしまいました。
旧・西木村(現・仙北市)出身の作家、西木正明氏が『極楽谷に死す』(講談社文庫)の「文庫版あとがき」に、
「私の”西木”という姓はペンネームだが、これは”昭和の大合併”で昭和31(1956)年に生れた地名であり、歴史的な由緒は何も無い。その西木村の名も、”平成の大合併”で消滅したが。」
という意味のことを書いておられました。

でも、なぜ「歴史的な由緒は何も無い」という、旧・西明寺村の「西」と旧・檜木内村の「木」を足した「人工地名」をペンネームにしたのか・・・
その理由は、同書をお読みくださいませ。面白いお話ですから。
(*'-'*)

角館~松葉間は1970(昭和45)年の開業で、カーブも踏切も少ない「鉄道公団製路線」です。
松葉から先の新線区間に入ると、とにかくトンネルの連続です。踏切もありません。
阿仁マタギ駅の周辺に菜の花畑がありますが、見どころといえる風景は、そのくらい。ただし、山並みの杉の木は美しいものです。
秋田内陸縦貫鉄道・阿仁マタギ付近

ところが比立内を過ぎ、旧・阿仁合線の区間に入るとカーブも多く、勾配もきつくなります。
鉄道の「作り方」は年代によって異なる・・・ということを体感したかったら、この鉄道に乗ってみると良いかもしれませんね。
(*'-'*)

13時09分、鷹巣に到着。A型硬券の急行券は、お願いしたら貰えました。
(*'-'*)
ところで、内陸線の駅は「鷹巣」ですが、
秋田内陸縦貫鉄道鷹巣駅

JRの駅は「鷹ノ巣」です。
(文中で書き分けてあるのは、そのため。読み方は、どちらも「たかのす」です。)
JR奥羽本線鷹ノ巣駅

地名は、旧・秋田県北秋田郡鷹巣町で、「ノ」は入っていません。
まあ、昔の鉄道院とか鉄道省の駅名は、決め方が結構いい加減で、地元での書き方や読み方を無視して、東京にある机の上で決められ、それこそ「歴史的な由緒は何も無い」事例も多いのです。
ですから、秋田内陸縦貫鉄道が「鷹巣」を採用したのも当然といえるでしょうね。

それはともかく、奥羽本線との接続が悪く、秋田方面・青森方面とも14時22分発。。。。
1時間以上あったので、昼食にしようと駅前通りを歩けば、残念ながらこれが典型的な「シャッター通り」。
車内で貰ったパンフレットを頼りに、あるお店を訪ねれば、おすすめは1000円だったかの「ランチステーキ」でした。
それを注文したら、おかみさんが「コーヒーを飲んでいってくださいね」と。

無料なのは結構ですが、隣りが喫茶店なので、そこへ行きたいなぁ・・・と思っていたんですよ。
サービスというより、どうもコーヒーマシン(富士電機製)が「自慢」らしいのね。。。。
(^​0_0​^)

さて、14時22分発の「つがる3号」に乗って、もう一度青森へ戻ります。
なぜ戻るかというと。。。。

(次回[最終回]に続く。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「日本全国の鉄道」カテゴリ、「アラフォー女性日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。よろしくお願い申し上げます。
にほんブログ村 鉄道ブログ 日本全国の鉄道へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ その他アラフォー女性日記へ
にほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。