06
1
4
6
7
10
11
12
13
14
15
17
19
21
23
26
28
29
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「”こういう日”の夕方ラッシュ時」報告


こんばんは。(*'-'*)

ここは、「タイムリーな話題を、まるで取り上げないブログ(笑)」ですが、
今日(6月29日)は、サッカーのワールドカップで、日本が初のベスト8進出を賭けた対パラグアイ戦でした。
試合開始は23時でしたが、こういう時って、夕方のラッシュはどうなんでしょうか・・・?

はい。
当「ミネルヴァのふくろう鉄道」(仮称)某駅の夕ラッシュ時は、通常ですと17時30分~19時30分ぐらいで、そこでいったん波が引き、21時ぐらいから再び混み始めて、これがダラダラ続くことが多いんですが、
今日は、波が引かなかった!
23時から試合開始ですから、その前に帰宅して夕食、入浴・・・と考えると、どういうタイムスケジュールになるのか、とにかくダラダラ飲んだり、残業したりという人が少なく、
「何がなんでも帰宅したい」って人たちが、いつまでも切れないんですよ。

ところが、一度に多客が集中すると、うちの線区みたいな「ガラパゴス路線」はすぐにパンクし、たちまち遅延が生ずるんですよ。
┐('~`;)┌
おかげで、本線列車3本に対して、支線列車が1本しか接続しない・・・ということになりましたが、3本分の乗客を1本にぶち込んで、どうにか出しちゃいました。
ドア閉めて、「車側灯消灯、よし!」で出しちゃえば・・・後は、駅側の与(あずか)り知らぬところです。あばよ!
(o^-')b 
(ただ、私の休憩中に、もう一回同じことがあったらしい。そこへ運良く、編成の長い本線~支線直通列車が来て、混雑が緩和されたそうです。)
お客様も、整列乗車や誘導に協力的で、これは非常に感謝いたします。

しかしながら、「これだけは腹が立った」のは、「この駅は、なんでこんなに混んでるんですか?いつも混んでるんですか?」などと、愚問を発する人。
いつだって混んでますよ、東京近郊ですもの!(昼間の14時頃は暇だけど)
私たちは、いかなる場合でも「絶対にお客様の安全をお守りする」ために、文字通り体を張っているんです!
そんな愚問にお答えしている暇は、ないんです!
「常にお客様目線を忘れずに」と心がけている私ですら、これだけは腹が立ちました。
無視するのも何なので、「はい、混んでます」とだけお答えしましたけどね。
(おそらく、人によっては無視するか、適当に「申し訳ありません」とか答えてあしらうでしょうね。)

で、私は21時30分で上がりだったんだけど、人波が引いた21時頃、「魔の”他社線情報”」が!
キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!
「西武池袋線・新宿線 落雷のため遅延」だそうですよ。

西武さんの「遅延」は、「一応、運転はしてます」というだけで、実質的には「ほとんど運転見合わせに近い場合」が多く、嫌な予感がしたんですが、思ったとおり、メチャクチャに混乱していました。
以前は、ホームに乗客が溜まりすぎて危険になってくると、準急でも快速でも、練馬以遠を各駅停車にして、「とにかくホーム上の人を捌く」のが通例だったんですが、
アレはもうやめたのか、それとも、今回はそのタイミングを逸したのか、種別変更を一切やってないんで、こっちがびっくりしました。
(注:練馬までの各駅へは、豊島園行の各停があるので、準急などの臨時停車はやらない。ただし、稀にホームが10両分ある東長崎と桜台は停車させています。8両分しかない椎名町と江古田は通過。)
しかし今日は、みんな「23時までに帰宅しなければならない」ので、無理矢理乗ろうとするんだよね。。。。
┐(´~`)┌
そして、必ずいる「もう乗れない」っていうのに、意地になって乗ろうとする人。
(50代の男性に多いです。)


それやられるとドア閉まらんからなぁ?。よけい遅れるんだよね。。。。
思わず、ドアからはみ出したお腹を、手に丸めて持ってた『週刊東洋経済』でひっぱたいてやろうかと思いましたが、いくら他社線でもそれはマズいので、さすがに控えました・・・。
(Θo​Θ;)​
結局、私は4本ぐらい待って、東京メトロから直通の電車(本来は小手指行だが、清瀬打ち切り)で座って帰りましたが、
メトロ直通どころか、特急も大幅に遅れながら走っていました。この二つは、少しでもダイヤが乱れると運休するのが通例なんですけどね。これも謎。

ところが・・・「踏切で異音感知」とかいう理由で、私の下車駅の手前でまた20分ぐらい停止。
この「異音感知」は、いささか信用できず、本当は「閉まりっぱなしの踏切に我慢できなくなったバカタレが、直前横断」じゃないかと思いますけどね。
これも、西武はホント多いんですよ。
直前横断に失敗しちゃった例(結果は、書くまでもなし)を去年だったか、新宿線の野方駅で見ちゃいましたけど、アレだけは絶対にやめていただきたい。
以前、やはり新宿線の東伏見駅だったか、中学生が「度胸試し」に自転車で突っ込み、横断に失敗した(結果は、書くまでもなし)・・・っていうのもあったけど、これも、心の底から腹が立ちましたね。
なぜなら私、『ゲゲゲの女房』じゃないけど、所沢まで集金に行く途中で、「是が非でも今日中に、このお金を払ってもらわなくては困る」っていう事情があったのよ。。。。
このように、電車にはさまざまな事情のある人が乗っているのです。
どうか、「自分の都合」で踏切の遮断機を潜ったりするのは、やめていただきたい。その瞬間に、全てがパーになるのです。

で、結局私は、試合開始には間に合いませんでした。
┐('~`;)┌
結果は、皆様ご存知のとおり、PK戦で日本は負け、ベスト8進出は達成できませんでした。
でも、「岡田ジャパン」はよく頑張りました。あの試合を不満に思っている人は、おそらくいないでしょう。
私は、特に長谷部選手がインタビューで言った「他の選手は、ほとんどJリーグで活躍しています。日本の皆さん、ぜひJリーグの試合に足を運んで、彼らを応援してやってください」という、チームメイトを慮ったリーダーらしい言葉に感動しました。

ただ、早速「プレトリアの死闘」なる「新語」を連呼していた、今回の中継局である港区赤坂5丁目のテレビ局の「変なハシャギっぷり」は、いささか呆れたけどね(それと、前半/後半間のCMが長すぎ)。
おやすみ?(o・ェ・o)ノ
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

秋田の583系「わくわくドリーム号」上京ヽ(゜∀゜ )ノ


朝、清掃車(か何か。とにかくトラック)の音で目が覚めまして。。。。
「あ?、そうだ。今日(6月26日・土曜)は、秋田の583系が上京するんでなかったかい?」と思い、出勤前に撮って来ました。

しかし・・・私、前日は22時過ぎまで仕事してたのよね。
夕食を食べておらず、読んでいた黒川博行さんの小説『暗礁』に、登場人物たちがステーキを食べるシーンがあり、私も食べたくなって、帰宅途中の乗り換え駅で途中下車。
もっとも、この本に出てくるお店は、大阪でも有数の高級店らしいんですが、私が入ったのはファミレス「ガ○ト」ですよ。食べたのも790円だかのステーキ(笑)。。。。
ちなみに、勤務中に食事休憩はちゃんとあるんですが、休憩室に入ったら話し好きの上司につかまり、「小田急車両の魅力」という話題で盛り上がり、時間切れになってしまったのです・・・。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
で、0時ごろ帰宅して、ぬるめのお風呂に入って例の「サロンパスEX」貼って寝たけど、6時頃起きたんだから、我ながらタフだわね。。。。

今回上京した秋田総合車両センター(秋アキ)の583系6連は、例によって青森発、奥羽・羽越・上越・武蔵野線経由の東京行ネズミーランド臨です。
一応「わくわくドリーム号」なる列車名が付いているんですが、団体臨時列車扱いですので、市販の『時刻表』には載っていません。
なにが「わくわく」だかは存じませんが、なにしろ「ネズミー」関連の名称は、一切使えませんので。。。。

この列車、かなり前(2002年夏頃)に市川大野駅かどこかで撮ってるんですが、このブログで583系を取り上げたことはないはずで、
「まあええわ。おねえさん(笑)が全国のキッズたちのために撮ったる」(注:『暗礁』のせいで、妙な関西訛りになっている)と思い、起き出して撮って来たわけです。
(このブログは、あくまで「アタシの遊び場」なので、自分が興味ないネタは取り上げないんだけど、最近は「キッズ向け」という需要があるようですから・・・。
本当は「キッズページ」「ビギナーズ・ページ」なんかも作りたいんですが、なかなか時間がなくてね・・・。)

この列車、大宮から武蔵野・京葉線経由で舞浜へ行って、ネズミーへ行く人たちを降ろし、東京駅まで回送。折り返し、東大宮へ回送されて夜まで待機しますが、
回送列車(回9748M)の時刻は、5月3日付けで取り上げた「ボンちゃん」489系の時と似ており、南流山駅で8分停車します(8時59分着・9時07分発)。
今日は舞浜へ寄らず、新秋津から南流山へ直行しましたが、時刻変更があったのか『鉄道ダイヤ情報』記載の時刻より2分ぐらい早く
583系、キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!


編成は←大宮 クハネ583-5+モハネ583-6+モハネ582-6+モハネ583-12+モハネ582-12+クハネ583-20です。
サロやサシも無い、たった6連では貫禄や迫力には欠け、まるで鉄道模型の「初心者向けセット」みたいですね。
これでは往時の特急「はつかり」などを偲ぶべくもありませんが、もはや「40年以上前(1968年デビュー)の車両が現役で、しかも結構きれいな状態で残っている」というだけでも喜ぶべきかもしれません。

しかし、相変わらず南流山駅の停止位置は変で、どうしても先頭部分がホームから外れてしまうのね(上の2点は「最後部車両」です)。
そのためなのか、あるいは、今のところ583系は月1~2回は上京しており、「ボンちゃん」ほどの希少価値がないためなのか、ギャラリーは少な目でした。
先頭部分がホームから外れていたため、ものすごく怖い顔をしてホームをうろついていた鉄ヲタが何人かいたなぁ・・・。
でも、はっきり言うけどそれは勉強不足でした。「この駅は、そういう場所なんだ」と心得てもらうしかないわね。それが嫌なら、別の駅でどうぞ。


こんなふうにサイドを撮ったり、あるいは1両ずつ撮るなら、むしろこの駅は好都合です。

「わくわくドリーム号」は、秋田支社管内でしか販売されていない企画商品なので、詳細は全くわかりませんが、車内を見ると寝台がセットされているのがわかります。
もしかすると、正式な「寝台車」ではなく「ゴロんとシート」扱いなのかもしれませんけどね。

よく見ると・・・デッキ付近には「★★」の表示が残っていました。
(「団体」表示の左横。)


これね・・・お若い方々はご存知ないかもね。
1974(昭和49)年から、旧・国鉄はB寝台車のランク付けをしまして、
「★」・・・3段式B寝台客車(20系・14系など)
「★★」・・・3段式B寝台電車(581・583系)
「★★★」・・・2段式B寝台客車(24系25形)
ということになり、車体や時刻表などに表示したんですが、これは、あんまり定着しませんでしたね。
考えてみたら、ホテルやレストランのランクを星の数で表す・・・なんてことを、1974年当時、日本人でどれだけの人が知っていたことか。
あの「フランスのタイヤメーカーが作ったガイドブック」(今は「東京篇」と「京都篇」すらある)を知っていた人は、少数派でしょうね。
土曜の夜、テレビでマチャアキ氏が「星、みっつでぇ~す!!」などと絶叫している今とは、違います。
それで、いつの間にかこの表示は廃止されちゃいましたが、これが残っていたんだなぁ。。。。
(*-_-*)しみじみ。。。。

もっとも、この583系という車両自体は、昼間は4人掛けボックス席ですし、寝台車としては3段式で、いずれにせよ「時代遅れ」ですから、「もう一度乗ってみたい」とは思いませんけどね。。。。
┐(´~`)┌
なお、「わくわくドリーム号」自体は当分の間運転される模様ですが、7月から回送列車の時刻は変わります。南流山駅は通過になり・・・というか、長時間停車駅そのものが無くなります。
だから、撮りにくくてイライラしようが何しようが、工夫して「撮れる時に撮っておくべき」なんですよ。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

【おまけ】
つくばエクスプレスの南流山駅構内にあった標示(手作り)。


「武蔵野線」が101系電車です(どう考えても「確信犯」)・・・。
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

東京メトロの「10001」号車に乗ったのですが・・・(泣)


5月18日付けのブログで、偶然、東京メトロ7000系電車のトップナンバー「7001」号車に遭遇し、「るんぴ~♪」したことを書きました。
で・・・今日(6月24日)、西武池袋線で、今度は10000系電車のトップナンバー「10001」に乗ったのよ。
ところが・・・カメラ忘れました。携帯も忘れたので、写メすら撮れませんでした。。。。
┐(-_-)┌
ひどい奴です。出勤前に「暑いからハンカチを多めに持たなきゃ」とか思っていたら、忘れちゃったのね。
携帯は、帰ってみたら充電器に付けっぱなしでしたし。
「お前。なぜカメラを忘れた?」と、例の「甲種輸送列車に燃える上司」(笑)に叱られてしまいます。。。。
(ノд-。)クスン
まあ、「10001」はまた撮れると思うけど、今は仕方ないので、ストックの中から貼っておきます。「10002」ですけど。
(トップの写真。2008年6月18日・西武線練馬駅で。)

おっと、もう一枚あった。


2008年11月3日撮影の写真ですが、場所に注意。西武線池袋駅地上ホームなんですよ。
この日、人身事故があって、西武~東京メトロ直通運転が中止され、一時的に自社線へ戻れなくなったメトロ車を、仕方なく池袋の地上ホームに入れていたんです。
これ、ダイヤが乱れるとしばしばやることで、練馬~池袋間はノンストップの「臨時」なる列車種別で運転されます。
「臨時列車」は、車内ドア上のモニターに列車種別や停車駅を表示できないので、「東京メトロ」の文字と「ハートM」のロゴが表示されます。
自動放送も当然不可能で、車掌さんがマイクを握りますけど、
「この電車は東京メトロの車両ですが、臨時の西武線池袋行です。練馬を出ますと池袋まで停まりません」と何度も繰り返し、大変そうです。

だけど、このアングルで見ると10000系の特色である前面の球面・・・「たぬポンのお腹」が、よくわかりますね。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
ただ、この「前面を球状に」というのは、1960年代、日比谷線3000系「まっこうくじら」でもやろうとしたけど、当時の技術力では不可能で断念した・・・という、営団時代からの「夢」だったそうですから、
軽々しく「プププ」などと笑っちゃいけないんでしょうけど。

なお、東京メトロのキャラは、前にも書いたけど本当に「メトポン親子」というタヌキです。この夏は「メトポン&みつばちハッチのスタンプラリー」という、ようわからんイベントがあるんですが。
(あと「コロプラ」こと「コロニーな生活プラス」なる物で遊ぶ、携帯ゲームみたいなのをやってますが、これ、私には仕組み自体がようわからん。「宇宙人に東京の名物を食べさせる」ゲームらしいんだけど。)

それはともかく・・・明日はカメラも携帯も忘れないように気をつけますね。
だって、突然「面白い奴」が来ても、撮れませんから。。。。
(​o゚д​゚o)​ノ

【追記】(2010-06-26)
これが「メトポン」です。


「メトポン」はパパで、息子は「ポン太」。そして、「ちかポン」というママがおります。
以前実施したスタンプラリーの景品として、メトポンの携帯ストラップがあったらしいんですが、残念ながら市販されておりません。
東京都交通局のマスコット「みんくる」グッズは、結構いろんなのがあるんですが(私も「みんくるキューピー」を持っている)、民営の東京メトロがグッズ販売にあまり熱心じゃないのがおかしいぞ。なぜだろう????(謎)
┐('~`;)┌
===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

大阪の地図見ながら読む、黒川博行氏の「悪漢小説」


肩とふくらはぎがパンパンに張って、「サロンパスEX」を貼っている私、ミッピョンです。
┐('?`;)┌
(「サロンパス」じゃなくて「サロンパスEX」って言われると、なんか「強力・・・」って感じだよね。「インドメタシン配合」だそうです。)
肩が張ってるのは、なんでだ? まさかホーム看視で「指差称呼」のやりすぎってことはないよね(笑)。。。。

冗談はともかく、あんまりテレビを観ない私の「息抜き」は、「鉄道ちゃんと遊ぼ~♪」と、読書です。
私は、ハードボイルド系・・・というより、もろ「ピカレスク(悪漢)」系の小説が好きなんですが、久しぶりに黒川博行さんの本を買ってしまったよ。
『暗礁』です(幻冬舎文庫・上下)。
これは『疫病神』(新潮文庫)、『国境』(講談社文庫)に続く「二宮&桑原」の「疫病神シリーズ」第三弾です。
(って言っても、ファン以外の方には全然わからないでしょうけど。なお、第四弾として『螻蛄(けら)』っていう作品が新潮社から出てますが、まだ読んでおりません。文庫版になってないので。)


私、佐々木譲さんも大好きなんですが、黒川さんといい、佐々木さんといい、「カネ」「利権」そして「暴力」のオンパレードですね。
実は新堂冬樹さんの、いわゆる「黒新堂」作品も大好きでして、どうもアタシは「カネ」と「利権」と「暴力」への憧れがあるみたい。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

ところが・・・読み始めてすぐ、とんでもないことに気づきました。
この作品の主な舞台は大阪と奈良なんですが、細かい地名が全然わからないんですよ。
例えば・・・
「都島区毛馬二丁目。城北公園通沿いの雀荘『東』(トン)は二蝶会の縄張内(シマうち)にあった。バブルのころに建てられたのだろう、玄関先に大理石の装飾柱をしつらえた七階建のテナントビル、
一階がステーキハウスで二階にラウンジと『東』が入っている。」(上巻・11ページ)
「千日前。竹林寺近くのパーキングに車を駐めた。桑原は相合橋(あいあうばし)筋のアーケード下を北へ歩いていく。」(上巻・64ページ)
「曾根崎から新御堂筋にあがり、新大阪でおりた。宮原を右折し、東海道本線のガードをくぐって小松へ。
東淀川区の一帯は幹線道路が少なく、新幹線、阪急千里線、阪急京都線が入り組んでいるから、土地勘がないとスムーズに走れない。
それでも零時前には小松に着き、田辺製薬の工場から北へ入っていくと、付近はマンションやアパートの建ち並ぶ住宅地だった。」(上巻・377ページ)
・・・ダメだわ。「土地勘がないとスムーズに”読めない”」。。。。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!

しょうがないので、翌日、買っちゃいましたよ。
『街の達人コンパクト でっか字 京阪神便利情報地図』(昭文社)。
『暗礁』が上下巻で1300円ですが、この地図、一冊で1575円もするんですぜ。。。。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
さすがに、梅田とか難波、天王寺、心斎橋、中之島、あるいはアメリカ村なんていうのはわかりますけど、
いきなり「国道三○八号線を東へ走り、《変電所前》の交差点を右折した」(上巻・183ページ)とか言われてもね。。。。
とにかく、一度最後まで通読し、今度は地図を参照しながら読み直してます。
「都島区の毛馬(けま)って、どこの駅からも遠いのね。もっとも、ヤクザの若頭補佐が電車には乗らないでしょうけど」とか、考えながらね。
(ちなみに二蝶会若頭補佐・桑原の愛車はBMWです。)
もっとも、東京メトロ~西武池袋線直通電車で帰宅途中に、座って『京阪神便利情報地図』を拡げてると、周りの人たちがものすごく変な顔をして、
「おねえさん。それ『東京23区』版じゃないよ」みたいな目で見られますけどね。。。。
(注:同じシリーズで『東京多摩』版と『横浜・川崎 神奈川』版も出ています。)

実は、同じ昭文社の『ポケット 札幌都市地図』っていうのも持ってるんですよ。
これは佐々木譲さんの『笑う警官』(幻冬舎文庫)を読もうとして、あまりにも札幌の地理がワカランチンなので、慌てて買ったんです。
その後、『警察庁から来た男』、『警察の紋章』といった「北海道警シリーズ」を読むのに、このポケット版地図は大いに役立ってますけどね。。。。

【追記】(2012-07-20)
『螻蛄(けら)』は、新潮文庫に入りました!
このシリーズでは珍しく、舞台の半分が東京です。
(あと、小田原が少し。『国境』の後半でも姫路が出てきたね。「中心都市から1時間ぐらいで行ける小都市」って設定なのでしょう。)
『螻蛄』には美術商が出てくるんだけど、そういう物の市場って、やっぱり本場は東京なんでしょうね。それで、今回は東京を出したんだと思います。

しかし・・・銀座とか、神田駿河台の「山の上ホテル」あたりは誰でもわかるとして、
葛飾区の水元公園の近くとか、荒川区の京成新三河島駅に近い尾久神社なんて・・・東京に住んでいても、知ってる人は限られると思うけど、面白い場所を舞台にしましたね、黒川先生。。。。
東京の地理に詳しい取材協力者がいるんだろうとは思うけど、これには驚きました。
もっとも、格闘シーンとか、「銃で撃たれた怪我を隠密裏に治療してくれるヤミ病院」なんて、あんまりメジャーな場所に設定するわけにはいかないだろうけどね。
=====================================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

「ユルいやつら」(笑)と、岩泉線の思い出


7月1日から9月30日まで、岩手県とJR東日本盛岡支社の「いわて・平泉観光キャンペーン」が開催されるそうです。
で・・・そのキャラのポスターを東京駅と平塚駅で見たんですが。。。。

「わるいやつら」といえば松本清張の小説であり、米倉涼子さんを「本格派女優」にした作品のひとつですが(あとは「黒革の手帖」と「けものみち」)、
この方々は「ユルいやつら」と呼んでいいでしょうね、みうらじゅんさん流に。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
この方々、「わんこきょうだい」と称し、まずは「そばっち」。


そして「こくっち」と「おもっち」だそうです。


「おもっち」はお餅なんでしょうけど、「こくっち」って何ですかね? 古代米みたいですけど。。。。

さらに「とふっち」と「うにっち」もおります。これは、説明不要でしょうね。


とにかくまあ、かわいいけどユルいです。あの「ももずきんちゃん&アルクマくん」といい勝負です。

岩手県ねぇ・・・そういえば「賢治100年祭」(1996年)の頃、当時まだ走っていた急行「八甲田」で行きましたけど、以後、ゆっくり訪れてはおりません。
いや・・・その後2002年に、岩泉線に乗ったのか・・・。
その頃は、ネットが今ほど一般的ではなかったのか、岩泉の駅前からノートPCで「今日はキハ52 149が走っています」などと書き込んでいる人にびっくらこいたものですが、
今では、そんな物には全然驚かないどころか、私まで「なぜか一ノ関駅構内に209系電車がいます」などと書くまでに・・・(1月2日付ブログ参照)。


時代は確実に変わっていますね。キハ52形は、もう盛岡支社管内からは姿を消し、今、岩泉線はキハ110形らしいですけど・・・。
岩泉線って路線は、乗るのが本当に大変な「秘境鉄道」でして、私は一往復した後、宮古へ出て東京・品川行の夜行高速バスで帰ってきましたよ。
(注:最初は勘違いして「釜石へ出て」と書いてましたが、「宮古」が正当ですので訂正します。)
現行ダイヤでは、夕方の列車で岩泉線を往復し、山田線で茂市から盛岡へ出ると、かろうじて東京行新幹線最終の「はやて32号」に乗れますが、
2002年当時は、最終東京行には乗れず、むしろ宮古へ抜けてバスに乗ったほうが有利だったのかもしれません。

ちなみに・・・「わんこきょうだい」はともかく、私は「わんこそば」という物を食べたことがありません。
なんか、落ち着いて食べられそうもないし・・・私は、普通の「天ざる」か何かでいいです。。。。
(o・ェ・o)ノ
===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

「洋光台」という名の駅にて(*'-'*)


しばらく前、有楽町駅の4番線(京浜東北線南行)ホームに「4 品川 川崎 横浜 洋光台方面」という掲示があるのに気づきました。


「品川 川崎 横浜」は良いとして、「洋光台」とはまた、失礼ながらマイナーな駅名を採用したものですし、だいいち「大船」じゃないところが・・・。
この表示板、形状や書体からしてJRになってから設置された物と思われますが、その内容は国鉄時代そのままなんでしょうね。

その洋光台という駅、横浜市磯子区洋光台に所在しますが、私は一回しか降りたことがありません。
そこで、あらためて行ってみました。

降りてみりゃ、切通しにあるこんな駅です。やってくる車両は、京浜東北線のE233系と、横浜線直通の205系電車です。


首都圏のJR駅ならどこでもある看板だけど、私と1学年しか違わないというのに、CMでは「かわいい若妻」を演じている(しかし、滑舌がどうしようもなく悪い)檀れいさんがお出迎えです。
(ファンの方には申し訳ないけど、「女は、女に厳しい」のよ。ごめんあそばせ!)


洋光台駅は、正確には「根岸線」の駅で、1970(昭和45)年3月17日に開業しました。
あらまあ、アタシと・・・同い年じゃないの!
o(^▽^)oキャハハハ
その時点では、磯子から延びて来た根岸線の終着駅であり、「洋光台行」の電車が走っていました。当時は水色の103系です。
もっとも、磯子止まりの電車も多く、時間帯によっては1時間に数本しか電車が来ないこともあったようです。
1973(昭和48)年4月9日、根岸線は大船まで延長されて全通し、「洋光台行」は姿を消しました。
ですから、前述した有楽町駅の表示板は、1970~73年の間に設置された物を引きずっているということですね・・・。

改札を出れば、こんな駅舎です。武蔵野線の新秋津駅(1973年4月1日開業)に似た雰囲気です。70年代、関東の国鉄駅は、こういう建物が流行りだったのかもしれません。


駅前には「UR都市機構」(旧・公団)の集合住宅。他にも近辺には県営住宅などが多く、ここは「団地の街」なのです。
シルバー人材センターから派遣されているらしいおじいちゃんが、駅前の放置自転車を整理しているかと思えば、女子高生が通り、小学生の子供を連れた若いお母さんたちが通り・・・。
今のところ、老若男女が暮らす「普通の街」のように見えます。
近年、ベッドタウンの高齢化が指摘されていますが、「老人だけの街」とか、逆に「ニューファミリーだけの街」というのは、どこか不自然ですよね。
その意味では、まだこのあたりは「健全」なのだと思いますが、駅前の化粧品店には資生堂のブランド「IN&ON」のポスターが。。。。
そう、例の薬丸(旧姓・石川)秀美(43)・河合その子(44)・伊藤つかさ(43)・荻野目洋子(41)の、4人のアラフォー美女が登場しているアレね・・・。
「いいわねぇ、この人たちはいつまでも綺麗で・・・」(*-_-*)うっとり
などと思いながら溜め息をついている女性(アタシもだが!)・・・それが、この街の「核」になる居住年齢層なんでしょうか?

しかし、URの住宅があり、その1階に「東急ストア」があり、そばには横浜銀行があり、バス停には横浜市営バスが・・・っていうこの風景、どこかで見たことあるよ。。。。
ヾ(*'-'*)
ここ・・・東急田園都市線の青葉台駅前(横浜市青葉区)に似ているよ!


北と南で離れていますが、同じ横浜市ですし、同じ時代に開発された駅前ですから、似ていてもおかしくはないですけどね。
(注:横浜銀行といえば、この街にある「横浜市こども科学館」も、現在はネーミング・ライツで「はまぎんこども宇宙科学館」と称しているようです。)
・・・と、青葉台あたりをうろついていた頃は、当時「少女人形」という歌を唄っていたアイドル・伊藤つかさちゃんのような美少女だったアタシ、ミッピョンは思うのでした。。。。
美少女?誰がよ?(​ノω`​)プ​プフ​゚

なお、今回は洋光台からその足で鶴見の実家へ帰り、ワールドカップ観てから兄のPCを借りて書きました。
(前にネットブックをぶら下げて帰ったら、兄に「美津香・・・そんなもん、世界中どこのPCからだってアクセスできるじゃんか」と呆れられました・・・。
考えてみれば、以前はよくネットカフェで書いていたんだけどね。)

それはいいとして、甥っ子(兄の長男)が、もう中学生になってるので、生意気!
「ミッカ叔母(と彼は私をこう呼ぶ)は、なんで電車好きなの? 好きなオトコとかいねーの?」だと。。。。
うるせえ!( ゜Д゜)ゴルァ! 
実家に帰れば、義姉の負担を軽減するために私が食事の支度をすることが多く、今日は前述した洋光台駅前にある「東急ストア」で買ったステーキ肉を焼いたんですが(ごめんよ、安い「オージービーフ」で)、
あんまり生意気言うと、甥っ子の肉は次回から「”事業仕分け”の対象として大幅削減」だな(蓮舫の如く厳しいアタシ。彼女も同世代だけど)。。。。
(゜o゜)?(-_-)
(注:ところで、まさかあの方を「”蓮”が姓で”舫”が名前」とか思ってる人、いないでしょうね・・・。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

「甲種輸送列車」に燃える上司(笑)


出勤して、いきなり
「おいミッピョン、『(鉄道)ダイヤ情報』買ったか?」
と上司に尋ねられるような、おかしな会社に勤めている私、ミッピョンです(笑)。。。。
つくづく「とんでもない会社に入ったぞ・・・」と思っていますが(再び笑)・・・買いましたわよ(前回参照)。
o(^▽^)oキャハハハ

この上司と私は、
・何でもかんでも、目に入った物は、とにかく撮っておく。「廃止になる」という話を聞いてから、慌てて走るのはみっともない。
・騒がしいイベントには近寄らない。ただし、よほど珍しい物が出品される場合などは、この限りにあらず。
という点で意見が一致しており、「マズいなぁ・・・」とお互いに思っているんですが(何が「マズい」のさ?)、
私が、ある物について「アレは、まだ見てませんね?。遠いから」と言ったら、「お前。あんなとこ、夜行バスで行ったら、片道1万円もかからんだろう? 行ける時にすぐ行って来いよ~」と言ったり、
(注:今、調べたら、そこは東京から片道7000円・往復1万2000円だそうです)
「お前。253系(初代「成田エクスプレス」)乗ったか? そうか、5000円近く払って乗ったか。俺なんか、デビュー当時、試乗会に招待されたもんね~」とか言って、「挑発」してくれます(三度目の笑)。
(「挑発」するんなら、お休みをくださいませ・・・。)

で、『ダイヤ情報』はいいんだけど、この上司(書店購入じゃなくて、版元から直接「年間購読」だよ!)が毎月注目しているのは「甲種鉄道車両輸送計画表」なんだそうですよ。

甲種鉄道車両輸送・・・通称「甲種輸送」っていうのは、一般的には新造車両とか、大手私鉄→地方私鉄に売却される車両を、機関車牽引で輸送する貨物列車の一種ですね。
「機関車牽引で自走」っていうのが、「甲種輸送」の原則です。
「甲種」と言うからには、「乙種」もありますよ。
自走はせず、車体と台車を分離し、貨車に積んで運ぶのが「乙種輸送」。
これは、国鉄・JR線上を自走できない路面電車とかモノレール車両が多かったんです。もっとも、最近はトレーラー(自動車)輸送が多くなり、「乙種輸送」は少なくなりました。

今、甲種輸送の情報がお手軽に入手できるせいか、その意味も、さらに「乙種」があるのかどうかもよく知らんようなガキども・・・じゃない、「お子様方」(笑)まで「コーシュ、コーシュ」とうるさく、
私などはいささか敬遠気味なんですが、それでも何度かは撮ってます。
まあ、確かに面白いっちゃ面白いわよ。普段、当該車両が絶対に走らない区間を走ることも多いし。
ここに貼ったのは、DE10 1101[田]牽引でJR横浜線淵野辺~矢部間を輸送される東急5050系電車です。撮影は2005(平成17)年1月下旬(25日?)らしい(記憶があいまい)。発駅は、この車両を作った東急車輌製造(株)【注】最寄りの、横須賀線逗子駅です。




行ってしまったら、矢部駅まで走って旅客電車に飛び乗り、長津田まで追いかけ、JR構内~東急構内へ押し込まれるところも撮っちゃいました。
(他人様のことを笑う資格なんか無いアタシ・・・。)


その後、東急の事業用電車(デヤ7200+デヤ7290)か、横浜高速鉄道Y000系(こどもの国線用)に引っ張られて長津田検車区構内に収容された模様ですが、そこまでは見ておりません。
というかね・・・平日の昼間だっつーのに、我が母校(高校)の男子生徒が出没して撮ってんだなぁ・・・。
( ゜Д゜)ゴルァ! サボったろ、おまいら!
まさか、「先輩」が見てるとは思わなかったでしょうけど、いけないぜ!
(ちなみに、私は当時病院勤務だったので、夜勤明けです。)

なお、我が上司は、7月9日のE233系5000番代車(京葉線用)甲種輸送(新津→新習志野間)について、
「さすがに新津は無理だが・・・上越新幹線で高崎まで行って、八木原(13時50分頃通過)あたりで迎え撃つか」
と申しております。。。。
「迎え撃つ」ってよ・・・(​ノω`​)プ​プフ​゚


【注】
東急車輌製造株式会社は、2012年4月1日付で、株式会社総合車両製作所(通称「J-TREC」)になりました。
これは東急グループを離れ、JR東日本の傘下となったためですが、現在も東急の新車は全てJ-TRECで製造されています。
================================

《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

帰って来る両国発113系の快速「白い砂」!


『鉄道ダイヤ情報』(交通新聞社)の7月号が出たね!
ヽ( ・∀・)ノ
夏の臨時列車については、既に6月号の『時刻表』で発表されていますが、充当車両の全貌がようやくわかりました。


しかし・・・最近、この種の情報に興味が持てなくなりつつある感じなんですよ。。。。
「おお、来たぞ”鉄道離れ”!」って気もするんですが(笑)、さすがに、これだけは気になって気になって仕方なかった列車。
それは、快速「白い砂」!
手元にある『コンパス時刻表』で、時刻と運転日だけはわかっていたんです。
・9221M~9122M・・・両国発7:53→館山着10:50/9123M~9222M・・・館山発15:39→両国着19:10(いずれも外房線茂原経由)
運転日・・・7月17~19・24・25・31日・8月1・7・8日(ただし、8月7・8日は下り・上りとも両国~勝浦間のみ運転。)

なに?両国発着?( ゜д゜ )bフムフム?
っていうのが驚きだったんですが、充当車両が不明でした。しかし、往時の「白い砂」って言やぁ、113系か165系でしたし、165系亡き今となっては・・・と思ったら、
113系、キタ━━━━ヽ(゜∀゜ )ノ━━━━!!!


・・・だそうですよ。
編成は普通車6両で、うち4両は指定席、2両は自由席です。ただ、ドア横のロングシート(と呼べるのか?)も指定席として売るんでしょうか?
これは運転日が多く、延べ9日間走りますので、一日ぐらい出没しようかと思っています。

あと、他に気になる列車。それは「五能線海彦山彦号」。。。。
これは、今まさに(6月14~20日)走っているらしいんですが、9月5~12日にも走るのね。
その車両が、何の改造もされていない「どノーマル」(笑)のキハ40形2連らしい。乗りたいなぁ。。。。
(*'-'*)
しかし、9月のこの時期といったら、国家試験の2ヶ月前ですから、いくらなんでも秋田や青森まで行くわけにいきません・・・。
(ノд-。)クスン
あとは・・・特に乗りたかったり、撮りたい列車も無し。
大糸線のキハ52形は、騒がれすぎてしまったので今さら行く気はないし、
恒例になった583系の快速「夏休み東北縦貫号」(郡山→盛岡間/仙台→黒磯間)は、正直、停車駅が多すぎ、
「こんなのに乗ったからと言って、昔の”はつかり”とか”ひばり”を偲ぶ気分にはなれないね」って思いますね。
(゜?゜)イラネ

ああ、そうだ。
上野発6月25日から、「カシオペア」の牽引機がEF510形(500番代)になる・・・って話は全然興味ないので、EF510にせよ、消えるEF81にせよ、撮りに行く気はないんですが、
6月30日限りで、いよいよ「成田エクスプレス」から253系引退ですって。


「5月に乗っておいてよかったなぁ」ホッ(^_^;)ゞ・・・って思ってます。
「さよなら運転」は7月17日に大船~成田空港間で実施するそうですが、これは私、乗る気も撮る気もありませんので。
それより、かねて噂になっていた253系3連が2編成、長野電鉄で来年春から走り始めるそうで、こっちは楽しみです♪
今のところ「ワンマン化改造が実施される」ということ以外は不明で、「グリーン席や個室どーすんだろ?」とか、
「愛称名は、やっぱり”長野エクスプレス”とか”長電エクスプレス”に読み替えて”N'EX”のまま?」とか、いろいろと興味津々ですけどね。

ただ、ひとつだけ不明を恥じねばならぬ・・・。
この『鉄道ダイヤ情報』で、京成電鉄「成田スカイアクセス」の特急列車時刻が公表されましたね。
北総線経由の特急は「スカイライナー」として(新)AE形車両で運転されるんですが、現行のAE100形車両も青砥・船橋停車の特急「シティライナー」として残るそうです。
それは知らなかったな・・・(・_・;)
「シティライナー」は昼間だけで、朝夕は現行の「モーニングライナー」・「イブニングライナー」として走るのか何なのか、よくわかりませんが(書いてないので)、
まだAE100形と、「船橋経由」の特急列車が残る・・・というのが面白く、それと同時に「よかったわね、船橋の皆様♪」と思いました。
ヽ( ´ー`)ノ!!
(しかし「青砥停車」とは何であろう?「東京スカイツリー」完成を控え、「これからは押上が熱い!」ってことで、押上線連絡のためかしら?)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

観た・サボった・ぶっ倒れた・・・最近のアタシ

高タカ115系3連+3連(2012年7月7日・敷島)

開高健先生の作品集に『見た・揺れた・笑われた』(角川文庫・絶版)っていうのがあるんですが、
今回は私、ミッピョンの「観た・サボった・ぶっ倒れた」お話でも。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
ちなみに私、好きな作家のお墓にお参りしてお話するのが好きで、開高先生のお墓も二回ほど行ったことありますよ。
(北鎌倉の円覚寺に、坂本弁護士ご一家とともに眠っておられます。)
ご健在の時には、とても近寄れない方でも、「墓参りお断り」って人は、まあいませんから。。。。
開高先生には、お花の他に「やはり、これしかないでしょう」と、北鎌倉駅前の酒屋さんで「トリス」を買ってお供えしましたけどね。
女性で「トリス」買う人は珍しいらしく、おかみさんが「あら?」って顔したので、理由を話したら「それは良いことね」と言われました。

1.観た!『RAILWAYS~49歳で電車の運転士になった男の物語』
観ましたわよ、うちからそう遠くないシネ・コンで・・・。
あの辛口の「おすぎ」さんが、『週刊文春』の映画批評で星4つ付けてましたから、「これは、まずまずの作品なんだろうな」と思ってましたし、
『鉄道ピクトリアル』7月号に掲載された監督とプロデューサーのインタビューも、観る前に読みましたけどね。

この映画については、たぶん何千人もがブログに感想を書いてるんだろうけど(私はお二方のだけ読みました)、
「○○歳(笑)で駅員になった女」としては、いささか複雑な気持ちがしましたね。
どちらかというと、私は中井貴一さんが演じた主人公より、三浦貴大さんが演じた、若くして挫折を経験し、さりとてブラブラ遊んでもいられず、
「しょうがねぇからバタ電にでも入るか」で運転士になった「でも・しか鉄道員」の青年・宮田君の方が、共感を覚えたのよね。。。。
もっとも、宮田君もラストシーンでは、「仕事は仕事」として、別の「ある事」に生き甲斐を見出すことに成功し、たくましく成長していくんですが、
私、ミッピョンはあんまり成長しそうもないしな・・・。
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ​
気になったのは、中井貴一さんの台詞で、奥さん(高島礼子さん)からの電話に
「楽しいよ。まあ俺は、これまで”仕事が楽しい”なんて言う奴って、”どこか嘘っぽいよなぁ”とか思ってたんだけどな。でも、そういうのもあるんだよな」
と答えるシーンね(深夜の出雲大社前駅)。

これねぇ・・・何と申し上げたらよろしいのかしら????? 「○○歳(笑)で駅員になった女」としましては!
(​ノω`​)プ​プフ​゚
それぞれに感想はあると思いますけど、脇役の方々が素晴らしい。
(佐野史郎さんの「うちは給料安いし、ボーナスだって”冗談だろ?”ってくらい安いですぞ」って台詞にゃ笑いました。
一畑さんだけじゃないですよ。うちだって「そりゃ、確かに子供のお小遣いよりは高いでしょうけどね」って程度です!)
デハニ50形をはじめ、「画面狭し」と元気いっぱい走り回る一畑の電車たちが素晴らしい。
そして、沿線風景には文句のつけようがありません。ユーミン唄うエンディング・テーマもいい。
(風景は「妙にまとまりすぎて、絵になりすぎている」と評した映画評論家もいたけどね。根性の捻じ曲がった奴だなぁ・・・あれが出雲の、日本の田舎の風景そのままなんだけど。)
それだけでも、観る価値はあると思いますよ。
(o^-')b 

2.サボった!189系の「あやめ91・92号」
5月29・30日と6月5・6日、新宿~鹿島神宮間を走った臨時特急「あやめ91・92号」に、旧「あさま」色の189系(長野総車セ・N編成)が入ったらしいですね。
(下の写真は臨時快速「鎌倉あじさい号」、2012年6月17日・南武線矢川駅で撮影したものです。当初の写真から差し替えました。)
「鎌倉あじさい号」(南武線矢川・2012年6月17日)1

しかし・・・撮りに行くのをサボりましたです。。。。
(ё_ё)
この車両が上京すること自体、最近は珍しいのかもしれませんが、「あやめ」に入ったっていうのは初めてかもしれませんね。
(「あやめ91・92号」は6月27日までの土曜・日曜運転ですが、残りはE257系です。7月17・18日にも走るけど、これもE257系とのこと。)
5月29日は・・・この車両にとっては「本家」である直江津~長野間の「妙高」に乗ったからいいだろ!と思いますけど、
6月5・6日は、行こうと思えば秋葉原あたりで一枚撮るくらい、不可能ではなかったのに、完全にサボりました。。。。

5月29・30日は、京葉線新習志野~千葉みなと間で、113系の「旅れっしゃ京葉」なるイベント列車が走ったようですが、
お墓参りと自分の合格祈願(と、そのついでの「お遊び」)を優先しちゃいましたからね。。。。
どうも最近、この種の物への情熱が、一時期より薄れている感じです。

3.ぶっ倒れたアタシ・・・
3月に今の会社へ入社して以来、ガンガンに飛ばして来ましたが・・・。
慣れない仕事やりつつ、国家試験の受験準備もして、その間に「鉄道ちゃんと遊ぼ~!」っていうのは、予想以上に心身へ負担が掛かっていたようです。
6月某日の夜、女子高生たちがヘンな男にホームで絡まれる事件がありまして、その始末の後、ぐったりきちゃいました。。。。
┐('~`;)┌
(その前には、車内で珍陳棒を「ご披露」しちゃったおバカが取り押さえられる事件があったんだけど、私の担当時間ではなかったので直接は存じません。)

「急病人救護」は日常茶飯事ですが、私が「救護」されちゃしょうがないじゃん。。。。
さすがに一日休んで、薬飲んで寝てましたが、寝てると時間が長いんだなぁ・・・。
ホームとか改札に立ってると、時間の経過なんてあっという間なんですけどね。
まあ、またこれでも飲んでですね、がんばろ?っと♪。。。。
(*゚ー゚)ゞ

(注:トップの写真[115系]は、例によってmitsuka115JNRの「名刺代わり」でして、本文記事とは関係ありません。2012年7月7日、上越線敷島駅にて[当初の写真から差し替えています]。)
===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

久しぶりに乗った伊豆急ヽ( ´ー`)ノ


(前回からの続き・・・5月30日[日曜])
お墓参りへ行くため、一時JR東日本線から離脱した私は、小田原発13時44分の快速「アクティー」(3759M)から、再び「ウィークエンドパス」の旅を再開しました。
「アクティー」って、「快速」といっても小田原以西は各駅停車なんだけどね(笑)。
(注:以前は、早川と根府川通過でした。)
そして、熱海からは14時13分発の伊豆急下田行(5649M)に乗りました。
5649Mは伊豆急8000系の6連で、編成は
←伊豆急下田 クハ8003+モハ8103+クモハ8253(TB3編成)+クモハ8154+モハ8204+クハ8014(TA4編成)でした。
だけど、この「TA」編成と「TB」編成で、クハの向きがひっくり返っている・・・というのが、なんとも謎。。。。
ぁゃιぃ (*゜ー゜)
これは、もともとクモハ8150+クモハ8250の2連と、クハ8000+モハ8100+モハ8200+クハ8000(8010番代車)の4連だったところを、輸送計画の見直しによって、無理無理にオール3連へ組み替えてしまったからです。

このブログでは、長野電鉄と秩父鉄道の元・東急8500形について「車両解説」の特集をやりましたので、できれば次回あたり、伊豆急8000系についても紹介する予定です。
(というか、あまりに複雑なので分けて書かないと、読者の皆様が混乱します、絶対。実は、私の頭も・・・。)
(​ノω`​)プ​プフ​゚
そういうわけで車両の詳細は別の機会に譲りますが、JR伊東線(熱海~伊東間)というのは不思議な路線でして、普通列車については、東京方面直通の列車(列車番号:500番代)はJR東日本の車両です。
しかし、熱海~伊豆急下田間(列車番号:5600番代)と、熱海~伊東間(列車番号:1600番代)の普通列車は伊豆急車です。
特に1600番代の列車、これが奇妙で、「伊豆急線内を走らない伊豆急車」なんですよね(現行の車両運用では、これにJR車が入ることはありません)。
( ゜д゜ )bフムフム?
ところで、伊豆急といえば2100系「リゾート21」なんでしょうけど、これの充当列車は市販の『時刻表』に載っています。
特に注意書きのない列車は8000系ですが、今回、私のお目当ては8000系なので、敢えて「リゾート21」を外しました。

いや・・・先日の秩父鉄道以来、「伊豆急へ行った8000系って、まだ見てないじゃん」って、気になってたの。
伊豆急への譲渡は2005(平成17)年開始なので、もう5年も前から走っていますが、なぜ乗ってなかったかというと・・・
伊豆急さん、運賃高いんだもん!!!!
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!
2004年の夏、お友達が「”青春18きっぷ”買ったから、これ使って一緒に伊豆へ行かん?」というので、1日分の2300円払って出かけましたが、伊豆急線の伊東~伊豆急下田間(45.7キロ)は「青春18きっぷ」が使えません。
この区間の往復運賃を別払いしたら・・・片道1570円、往復で3140円だよ!
ちなみに、東京から湯河原まで(99.1キロ)の普通運賃が片道1620円です。距離だけ単純に考えると、伊豆急の運賃はJR東日本(幹線)の約2倍。。。。
JR東日本が発売している伊豆急がらみの企画乗車券は、いろいろあるんですが、「特急料金込み」とか、「(乗りもしない)バス運賃込み」のは結構高く、「踊り子南伊豆フリーきっぷ」なんて、東京都区内発が1万1400円もするんです。(注)
そこで、伊豆急全線(と北越急行全線・会津鉄道の一部区間)もフリー区間になっている「ウィークエンドパス」を持っているからには、「乗らなきゃ損」ってことですね。
\(^o^)/

残念ながら、お天気があんまり良くなくて、沿線の景色はこんな感じでした(伊豆稲取付近)。


今回は祖父母のお墓参りのついでに来てしまいましたが、祖父は寒い越後出身の人ですから、温暖な伊豆への「憧れ」があったらしく、晩年、父に仕事を譲ってからは、しゅっちゅう「踊り子」に乗って伊豆熱川の定宿へ行ってましたね。
(注:その旅館は現在、日帰り入浴と食事だけになってしまい、宿泊は受け入れていないようです。)
おじいちゃんとおばあちゃんは、あの世からこっちを見て「また美津香は”鉄道ちゃん”と遊んでいるよ(プププ)」と思っているでしょうけど、今日、伊豆急に乗ったのも何かの巡り合わせでしょうね。
(*'-'*)
さて、8000系の車内ですが、これは長電や秩父とは全く異なり、こうなってます。


海側がクロスシートで、山側がロングシートなの。
ロングシートは東急時代のままですが、クロスシートは、なんと西武10000系「ニュー・レッドアロー」の座席交換で発生した廃物利用なのよね・・・。
(注:リクライニング機能は、使用できないよう固定されています。)
小田急とか京急のように、東急とは「遠縁」にあたる会社の廃物ならともかく、西武っていうのが驚きですよね。
「”箱根山戦争”遠くなりにけり」ってことでしょうか。。。。
(*-_-*)しみじみ・・・
しかし、これは考えたね。通勤・通学輸送と観光輸送の両方を満足させる内装です。
1月2日付ブログで取り上げた、JR田沢湖線の701系5000番代車もクロスシートとロングシートが相対していましたが、アレのクロスシートは、そんなにゆったりした感じではありませんでしたしね。

伊豆急線は単線ですが、列車ダイヤの組み方が「絶妙」で、あまり長時間停車する駅が無く、途中駅停車中には写真をあまり撮れませんでしたが、終点の伊豆急下田に着いてから、TA編成とTB編成1両ずつの写真を撮りました。
ただ、長野電鉄でもそうだったけど、乗客が全員ホームから出ないと、改札係は出口を離れられないのよね・・・。
つい「都会の感覚」で、いつまでもホームにいてしまい、伊豆急下田駅の方にはご迷惑をおかけしてしまいました。
m(-_-)mスマヌ
しかし、15時39分着では、もう「観光する」には遅すぎます。明日は休みじゃないので、泊まるわけにいかないしね。
ともかく駅を出て、公道から撮れる位置に停車していたJR185系を1両ずつ撮ったり(前回参照)、またホームに入って「アルファリゾート21」を撮ったり。


最近は東京直通の「リゾート踊り子」号以外は出番の無いサロ2191号車「ロイヤルボックス」撮ったし、まあ、また来ますかね。。。。


折返し16時08分発の5662Mで伊東へ戻れば、こんなのがいた!


しばらく前から、ネット上で話題になっている「鎌倉車両センター[横クラ]所属・E217系の疎開車留置」です。
帯の色(妙に明るい)を見る限り、機器更新車だなぁ・・・と思って見れば、Y38編成でした。
この疎開車は、4月以降、何度か編成が入れ替わっているらしく、ずっとY38編成がいるわけではないようなので、念のため。

伊東発17時42分の東京行普通528Mのグリーン車で帰ることにして、駅弁を買いましたが、この528Mって列車、昔(20年ぐらい前、JR発足直後)は185系でした。
やはり「特急用車両の普通列車」には人気が集まるのか、やたら混んでおり、その時もグリーン車に乗ったんですが、今はE231系です。
で・・・名物の「いなり寿司」も「ぼんかま」(高級ちらし寿司)も売り切れで、730円の幕の内を買って開けば。。。。


「幕の内弁当・三種の神器」と呼ばれるおかずのうち、かまぼこと玉子焼きは入っているんだけど、焼き魚は無し。
その代わり、サワラの天ぷらが入っており、メインは大きな鶏の竜田揚げでした。
包装紙に描かれた「伊豆の踊子」が「いい味」出してますが、実際食べてみたら、中身もなかなかおいしー♪お弁当でした。

ただ、「コンビニ限定・サッポロビール園の生ビール」が見つからなかったのが悔しい。。。。
それね、朝、小田原で見つけて買ったんですよ。うちの祖父は、ビールといえば「サッポロ派」で、キリンやアサヒやサントリーを好まなかったので、
「これ、おじいちゃんに飲ませてあげよう♪」と思って買い、一口だけ飲んで、後は墓石に掛けちゃったので。。。。
祖父は、50歳ぐらいの頃、業界団体の全国会議が札幌で開催された際、一回だけ北海道へ行ったことがあるらしいんだけど(当然、青函連絡船の時代です)、
観光で行ったことはなかったようだし、飲ませてあげようと思ったのね。
しかし、今度は私が「味わおう」と思ったら・・・伊東の「キオスク・ニューデイズ」には無かったぜ!
┐('~`;)┌
東伊豆はワインの産地ではないし、結局、いつもの「キリン・のどごし生」を買いましたけどね。

往きも帰りもグリーン車で楽ちんちん♪ってことで、また戸塚で湘南新宿ラインに乗り換え、池袋へ戻りましたが、保土ヶ谷のあたりで「踊り子118号」(6038M)に抜かれました。
あちらは特急券を買わないと乗れないので敬遠しましたが、普通列車のグリーン車も快適ですから、特急にこだわる必要もないでしょう。
でも、特急料金込みの企画乗車券を持っていたら、ガツガツと「踊り子」へ乗ったに決まっており、
そう考えると、私のように気まぐれで、わがままな人間には、むしろ普通運賃だけの「ウィークエンドパス」の方が向いていると思いました。
ただ、チケット本体は1枚なのに、「ご案内」などの紙片が4枚も付いているっていうのは・・・。


私は指定席券売機で買いましたが、「5枚発券されます」ってメッセージが出た時には、
5枚????(((​゚д゚​;ノノ​ぇぇぇ!
って思いましたよ。。。。
この商品がいつまで発売されるかは、現在発表されている9月25日以降は不明で、再び使う機会があるかどうかわかりませんけどね。。。。
(気に入らなかったわけじゃなくて、時間がないので。)
なお、3月で発売中止になった「三連休パス」が正式に廃止され、「スリーデーパス」に移行するらしいけど、前職・現職とも「三連休」など不可能だから使ったこともなかったし、今後も無理でしょうね。よって、私には無縁のお話です。
無職の「ブラブラねーちゃん」だった当時は、2万6000円もする「三連休パス」なんて高嶺の花で、手が出ませんでしたし(笑)、その値段で三日間だったら、「ホテル付きフリープラン」でソウルでも行くよね、さすがのアタシでも・・・。

【追記】(2012-09-07)
「踊り子南伊豆フリーきっぷ」は2011年6月30日限りで廃止され、特急料金を含まない「南伊豆フリー乗車券」に移行しました。
東京都区内発着で6000円(2日間有効)と、従来の「踊り子南伊豆フリーきっぷ」(東京都区内発着で1万1400円)に比べて大幅に値下げされましたが、「南伊豆フリー乗車券」は特急料金が含まれていないので、特急券は別に購入する必要があります。
ただ、伊豆方面は列車の本数が比較的多く、普通列車や快速列車を上手く利用することも可能ですから、最初から「特急には乗らない」という方にとっては、この値下げは「福音」でした。
なお、「南伊豆フリー乗車券」で乗れる私鉄やバスについては、旧「踊り子南伊豆フリーきっぷ」時代と同じです。

もっとも、「踊り子南伊豆フリーきっぷ」廃止当時は、東日本大震災による東電福島第一原発事故の影響で、首都圏の鉄道はどこでも、節電のための本数削減を実施しており、
この影響で特急「踊り子」も1日3往復のみ運転、臨時列車は全て「設定なし」(つまり運休)になっていたため、ほとんど話題にもなりませんでした。
============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

《お詫び》
さすがの私も疲れが溜まっていて、更新頻度が低くなってます。スマヌ。。。。
(熱を出して、一日、会社休みました。)
m(-_-)m

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。