FC2ブログ
   
06
1
4
6
7
10
11
12
13
14
15
17
19
21
23
26
28
29
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

185系の普通列車・・・東京発伊東行521M



■おことわり
2013年3月16日ダイヤ改正以降、この内容は古くなっていますが、そのまま掲載しています。
(東京7時24分発伊東行き521Mは、廃止されました
この記事の最後、【追記】をお読みください。)


(前回からの続き)
東京発7時24分の普通521M伊東行といえば、特急用車両の185系電車を充当しています。
これは「特急料金無しで乗れる、特急用電車の充当列車」として、結構知られた存在です。
(『鉄道ダイヤ情報』6月号でも紹介されています。)
(【画像追加】2010-06-08)
私、521Mの走行シーンも撮ってたから貼っておくね。
(2002年6月、大井町~大森間)


新潟にある本家のお墓をお参りした手前、静岡県内某所にある「分家のお墓」(祖父が生前に建てた物)を掃除しないわけにもいきません。
ミッピョン家の家訓(?)では、「お彼岸やお盆にとらわれず、お金と時間のある者が行ってお掃除し、お参りすること」となっていて、聞いただけではアバウトなんだけど、
今、お金はないけど(笑)、時間と、まだ有効な「ウィークエンドパス」があるじゃん。
それは「美津香、お前が行って来い」ってことだよね。。。。
┐('~`;)┌
(本当にお金ないって。なにしろ、後刻、小田原駅前の「さがみ信用金庫」で少し下ろしたくらいですよ。)
だけど春のお彼岸は、今の会社に入社する直前だったのでサボりましたからねぇ。おじいちゃん、おばあちゃん、ごめんなさい・・・。
m(-_-)mスマヌ
というわけで、雑巾を持って521Mです(お花とお線香とお供え物は途中で買ったんだけど)。

私は池袋から湘南新宿ラインに乗り、戸塚で521Mに乗り継ぎましたが、池袋駅で「小田原まで」のSuicaグリーン券を購入。「ホリデー料金」なので750円です。
521M、5月30日の編成は
←伊東 クハ185-15+モハ184-31+モハ185-31+サロ185-16+サロ185-15+モハ184-30+モハ185-30+モハ184-29+モハ185-29+クハ185-115(田町車両センター[東チタ]・A8編成)でした。

185系は、4月29日付のブログでも取り上げましたが、1981(昭和56)年に登場した、比較的カジュアルな特急用電車で、「特急用」と言いながら、間合い運用で普通列車に充当することを最初から想定しています。
配属は首都圏管内だけで、現在もJR東日本(田町車両センター・大宮総合車両センター)にしか在籍していません。

特急用としてはカジュアルで、デッキ部分も普通列車充当時に備えて広めに作ってあるんですが、グリーン車・サロ185形だけは別格です。
まず、下の写真を見ていただきたいんですが、普通車はドア部分の戸袋窓を除き、原則として「座席2列に対して1個」で、前後を桟で区切ってあります。
(写真はモハ184形)


しかし、サロ185形は「座席1列に対して窓1個」であり、窓が12個並んでいます。


(外観の写真は、モハ・サロとも後刻、伊豆急下田駅で撮影。)

それを車内で見ると、こんな感じ。


この窓配置は、スロ51形客車(1950年)以来、1985年のサロ210・211形電車まで続いた国鉄の1等車・グリーン車設計上における「原理原則」で、
カジュアルなサロ185形といえども、それが破られなかったところが、今思うとスゴイです・・・その「頑固さ」が(笑)。

グリーン車内全体はこんな内装ですが、


出入り口付近の座席だけ、テーブルが妙に大きいし、足載せ台が「国鉄グリーン車標準仕様」のままなのよね・・・。
(他の席のは、JR移行後に交換された物になっています。)


さらに車内を観察すれば・・・洗面所から「国鉄」時代というか、「昭和」の匂いが漂っているよ!!!!
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!


蛇口がセンサー付きの自動式ではなく、「片手で押さえていないと水が止まっちゃう」アレ。。。。
車両の水タンクの容量には限度があるので、「湯水の如く」ってわけにはいかないでしょう。
で、昔はこういう「節水蛇口」だったのよね・・・。
これには・・・私も驚いたね。だって、国鉄時代の車両でも、今は、ほとんど自動式に改造されてますもの。


なお、サロも含めて185系電車は「特急用なのに、窓が開く」というのも特徴ですが、これは、登場した時代背景と関係ありそうです。
1970年代後半~80年代前半は、二度の石油ショックを経て「省エネ」が叫ばれた時代でした。
その頃「省エネルック」なんていう、奇妙な夏服があったんですよ。今の「クールビズ」と違い、「半袖の背広」なんていう変な服でしたね。
当時の大平首相など、閣僚はそれを着ていたようですが(記者会見で見た)、果たして「それを買った国民が一人でもいるんだろうか?・・・」という、おかしな服でした。
(私は、それを着ている人を、街で見かけたことは一度もありませんでした。)

でも、電気製品とか自動車などは「省エネ」が常識になりましたし、赤字であえいでいた国鉄としては、「冷房を使わなくても涼しい時季には、窓を開けてもらいたい」と考えたのでしょうね。
(ちなみに、同じ時期に作られた京急の800形電車も、第一次車は窓が開かず、「年間を通じてエアコン使用」だったのに、増備車は窓が開くようになりましたし。)

ここで521Mという列車自体に少し触れておきますが、185系を充当しているのは、折返しが伊東発11時25分の特急「踊り子104号」になるからです。
185系充当の普通列車、昔は結構あったんですが、現在、東海道・伊東線ではこの521Mだけです(あとは全て特急と、「ライナー」列車)。
おそらく、「デッキが広め」といっても乗降に時間がかかり、遅延が多いからでしょうね。
この521Mも、普通車は混んでいました。それを見越して、主要駅での停車時間は長めに取ってあるようです。
まあ、グリーン車は空いてましたけど、普通車は座れない場合もあると思いますね。
通常は、そんな遠くへ行く人もいないでしょうけど、熱海の梅とか、河津の桜が咲く時季、それに「青春18きっぷ」の発売期間は要注意です。

また、グリーン車にはNREの「グリーンアテンダント」嬢ではなく、JR(東京車掌区)の車掌さんが乗務しています。ですから、車内販売はありません。
「Suicaグリーン券」も使えますが、サロ185形には座席頭上のカードリーダーがないので、車掌さんにSuica・PASMOを渡してチェックを受けます。
(戸塚駅などで、他の列車から乗り継ぐ場合も同様です。)

ですが、上の写真を見ていただくとわかるように、グリーン車の座席は深く、これに750円のグリーン料金(51km以上の「ホリデー料金」・乗車前購入)で乗れるなら、「お値打ち」と言えますよ。
ぜひ一度、お試しを。
ドゾー(*^^)っ

ついでに、話題をもう一つ。
521Mは、大船で臨時特急8021M「踊り子101号」(東京発7時30分)に抜かれる日があります。
これも185系なんだな・・・つまり「抜くも185系、抜かれるも185系」なんですよ。
ただし「踊り子101号」の名誉のために言うと、この列車は伊東着が9時17分です。しかも、伊豆急下田まで直通。
一方、521Mは伊東着が「踊り子101号」より32分遅い9時49分ですし、下田方面へは乗り換えになります。
だから「踊り子101号」も、「車両は同じ185系だし、特急料金を払う価値がない」とも言えず、好みに合わせてお乗りになればいいと思いますよ。

さて、私は8時51分着の小田原で降りました。
お墓参りへ行くなら、国府津で降りて御殿場線に乗り換えるんですが、悪いけどJR東海って乗りたくないんだよね。。。。
(゜?゜)
どうせ、JR東海区間は「ウィークエンドパス」のエリア外ですし。
そこで、ここから小田急線と富士急バスを乗り継いで行って来ます。午後遅く、またJR東日本区間に戻って来ますけどね。
ε=ε=┏( ・_・)┛

【さらに画像追加】(2012-06-12)
東京発伊東行・普通521Mは現在も、東京駅に発着する唯一の「特急用車両を使用する定期普通列車」(ライナー列車を除く)として運行されています。
185系普通列車521M(東京→伊東)

【追記】(2013-02-01/03-16)
東海道本線・東京発伊東行普通521Mは、2013年3月16日のダイヤ改正
運転区間が東京~熱海間に短縮されました。
また、車両はE231系に変わり、185系ではなくなりました
(『鉄道ダイヤ情報』2013年2月号「JRグループ2013年3月16日ダイヤ改正概要」記事より。)

■2013年3月16日以降の時刻
・745M・・・東京発7:24→熱海着9:24(E231系:グリーン車連結)
・1635M・・・熱海発9:26→伊東着9:50(グリーン車連結:これは185系のまま。)
グリーン車をご利用の方は、グリーン券を「伊東まで」お求めください。1枚のグリーン券で乗り継ぎできます
「Suicaグリーン券」でも同じです
(降りるときに、もう一度タッチするんだけど、やり方がわからない人は、遠慮なくアテンダントのおねえさんに聞こう!)

なお、熱海駅での乗り継ぎ時間が非常に短いので、下記の列車をお勧めします。
・741M・・・品川発7:19→熱海着9:02(E231系:グリーン車連結)
品川始発ですから、比較的空いてます。
(*'-'*)

※熱海発伊東行き1635Mに使われる車両(185系・10連[宮オオA編成])は、前日の3725M「湘南ライナー5号」として運行された車両で、小田原到着後、回2275Mとして湯河原まで回送され、滞泊。
(土曜・休日は「回3225M」として品川→湯河原間回送。3725Mは運休。)
翌朝、回2635Mとして湯河原を出発、熱海から1635Mとして伊東へ行き、折り返し3022M「踊り子102号」となる。

ただし、日曜は7連(宮オオB編成)で運用。
(国府津→回2233M→熱海→1635M→伊東→3022M→東京[以下略])

■さらに追記(2014-02-27)
2014年3月15日のダイヤ改正で、熱海発9時26分の普通列車は、伊豆高原行きに変更。
(列車番号:5635M)
車両も伊豆急車となり185系ではなくなるため、グリーン車の連結も廃止されます。
================================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

なんだこれは( ゜д゜)・・・長野総車115系「N22」編成


(前回からの続き)
おねえさんは松本から先・・・「スーパーあずさ32号」でさっさと帰宅したかったんですが、18時37分発の普通448M甲府行に乗りました。
しかしまあ、アレね・・・。
448Mは、長野を「しなの22号」の11分後に出て追いかけて来た列車です。
結局、松本から448Mに乗るなら、始発の長野から乗り続ければ、特急料金を出費せずに済みましたね。。。。
もっとも、今回は「未乗の383系を試してみたい」という目的があったけど。
(^_^;)
ところが、この448Mに充当されていた長野総合車両センターの115系「N22編成」(←甲府 クモハ115-1081+モハ114-1187+クハ115-1228)に乗ってみてびっくり!


外観は、いわゆる「長野色」ですし、モハのパンタグラフもシングルアームのPS-35型なんですが、乗ってみたら、リニューアル工事施工車ではないの。
しかも、内装板が緑色、座席の布張りが紺色で、乗っている限り「国鉄115系」のままなんですよ。
( ゜д゜)
(下の写真はモハ114-1187車内。)


リニューアル未施行車であっても、座席の布はグレイ系のに張り替えてあるのが多いんですけど、「紺色のまま」っていうのは久しぶりに見ましたね。
ただし、さすがに「優先席」の布地は赤&グレイに張り替えてあり、その付近の吊り革も黄色(「携帯電話の電源OFF」表示)のに交換されていましたけどね。

「mitsuka115JNR」と名乗っている私でも、「JNR115」そのまんまの仕様には驚きましたが、帰宅してから車両の履歴を調べてみたら、
クモハ+モハは1981(昭和56)年・近畿車輛製、クハは同年・川崎重工製なんですが、新製配置は、今は無き松本運転所北松本支所(長キマ)でした。つまり、大糸線の旧型電車置き換えを目的に投入されたグループです。
北松本支所は、旧・信濃鉄道北松本車庫→国鉄北松本電車区→松本運転所北松本支所を経て、結局は松本運転所に統合され、現在、その跡は更地になっています。
松本運転所所属の115系はその後、全車長野総車セに集中配置となり、現在に至っています。

なお、大糸線の車体色は、旧型電車は水色でしたが、115系は湘南色でした。
松本運転所の本所に所属し、中央本線や篠ノ井線で運用されていた115系も湘南色でしたが、当初、本所所属車と北松本支所所属車の運用上における互換性はなかったとのことです。
北松本所属車は、原則として大糸線限定運用だったのに、湘南色に塗られていたわけですよ。
路線別・地域別の「イメージカラー」流行りの今では理解しにくい話で、いかにも「ザ・国鉄」って感じですが、
湘南色が喜ばれている昨今では、むしろ、思い切って昔の色に戻したら、受けるかもしれませんね。

このような編成は「M22」編成だけでなく、他にもあるらしいんですが、3連の「M編成」は立川や八王子まで来る定期運用が無く、南限は甲府なので、私などが見る機会は少ないんですよ。
(立川まで来るのは6両固定の「C編成」。)
特急料金をケチったおかげで、今となっては珍しい編成に乗れましたね(笑)。

さて・・・さすがに憲法の教科書でのお勉強は苦痛になってきたので、晩酌です。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
最近「駅の売店で買える安いワイン」に凝っている感がありますけど、今日見つけたのは、この「MONTLACS WINE FROM COUNTRY」という赤ワイン。


メーカーは塩尻・桔梗ヶ原の「井筒ワイン」で、販売はジェイアール東日本商事です。駅売り限定だからなのか、井筒ワインの公式ホームページには載っていません。
お値段は390円だったか妙に安いし、「井筒の赤」って、昔の一升瓶入りのは、ものすごく辛くて渋かった記憶があるので、期待せずに飲んでみたら・・・
おいし~♪(*'。'*)つЦゥィーッ!
この「モンラック」という銘柄自体は聞いたことがあるような、ないような・・・なんですが、とにかく意外に口当たりが良く、飲みやすい感じです。
おつまみは、「なとり」の「贅沢おつまみロース」という、生ハムをドライ化したのを買ってきましたが、これもおいし?♪
最近、ほとんど飲む習慣がなくなり、たまに飲めば発泡酒ばかりだったんですが、「安くてもおいしいワイン」もいいよね・・・。
ヽ( ・∀・)ノ

半分眠ったような状態で、20時26分に甲府へ到着。ここは、また「ももずきんちゃん」の国ですね(笑)。
この時点では20時58分発の普通566M高尾行に乗るつもりでしたが、ワイン飲んで胃の調子が良いのか妙に空腹で、
駅前へ出たんですが、短時間で食事できるようなお店は「吉野家」ぐらいしかなく、貧しい選択ですが「さわら西京焼&牛煮込み定食」で夕食。
しかし・・・食ったら眠いぞ。。。。
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ
566Mの高尾着は22時30分ですから、帰宅したら0時を回るでしょうね。
そこで、「もうどうでもいいや」みたいな気持ちで900円の自由席特急券を買い、21時09分発の「スーパーあずさ36号」に乗ってしまいました。
(結局「スーパーあずさ」かよ・・・。)


私は立川から西国分寺を経由して武蔵野線で帰りたかったので、立川まで買いましたが、甲府→立川間って96.6kmなんですね。
あと少しで100kmを超えて、特急料金は1ランク高い1300円になってしまうところでした。
車内は混んでましたが、幸い、進行方向に対して右側に空席があり、甲府盆地の夜景を楽しめましたが、後は眠ってしまい、気がついたら西八王子あたりでした。
少し遅れて22時20分頃、立川へ着きましたが、高尾まで普通列車に乗ったよりも約45分ぐらい早く帰れました。

だけど・・・本家のお墓参りをした手前、うち(分家)のお墓を掃除してこないわけにいかないじゃないの。。。。
幸か不幸か、まだ「ウィークエンドパス」は有効なのでした・・・。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!
(というわけで、帰宅したというのに、旅は翌日も続くんです[泣]。)
================================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

383系「しなの」で松本へヽ( ´ー`)ノ


(前回からの続き)
長野発17時00分の「しなの22号」名古屋行が「おねえさん、おいでおいで。自由席に空席もあるよ」と呼んでいます。
「しなの」ね・・・先代の381系時代には2~3回乗っていますが、現在の383系になってから、乗ったことがありません。
なにぶん名古屋ベースの列車ですから、東京在住の人間が乗る機会は、あんまりないですよね。
(3月6日付に書いた会津鉄道キハ8500系にしても、同車が名鉄にいた時代には乗ったことがありませんでしたし。)


1月20日に長野電鉄へ行った折には、「青春18きっぷ」でしたので乗車券と特急券を買わないと乗れず、
今だから言うけど当時は「無職」でしたから(今の会社の一次試験を受けた直後)、あまり出費もできなかったので見送りました。
だけど、今回は「ウィークエンドパス」ですから、特急券だけ買えば乗れますよ、(JR東日本区間の)塩尻まではね。
それならば、1150円の自由席特急券を買い「松本まで乗っちゃえ~♪」
ヽ(゜∀゜ )ノ
「しなの22号」(1022M)の編成は、次のとおりでした(全車、神領車両区[海シン]所属)。
←名古屋 クモハ383-16+クハ383-4(A204編成)+クモハ383-8+サハ383-108+モハ383-108+サハ383-8+モハ383-8+クロ383-8(A8編成)。

この383系、1994(平成6)年夏に先行試作車が登場し、各種試験の後、1995年のゴールデンウィークから臨時「しなの」に充当、
そして1996年12月から、全列車を従来の381系から置き換え・・・とのことですから、デビューから結構経ってるんですが、乗る機会がなかったのよねぇ。。。。
('ー'#)
なにせ、ナンバーを控えながら「あ、これって1M方式なんだ」と思ったくらいで、何の予備知識もなく、お恥ずかしい限りです。
詳しくは、こちらを。
『JR東海車両図鑑 383系』
(http://recommend.jr-central.co.jp/others/museum/train/express/detail_02_01/index.html)【リンク切れ】
「最新技術で厳しい条件での快適走行を実現した特急用電車
名古屋から長野方面に向かう特急「しなの」のスピードアップとサービス向上を目的に開発、導入された車両です。最新の制御振り子付きシステムや自己操舵機構によって曲線通過時の乗り心地の向上、スピードアップを実現しました。
四季を彩る自然の美しい景観に恵まれた中央本線は、急曲線や急勾配の多い地形条件により、スムーズな走行の実現が課題でしたが、この車両によりスピードアップと快適な走行の両立が可能となりました。」

最後部のクロ383形は、展望グリーン車です。


これを見ているキッズたちのために、おねえさん(笑)が撮った写真をベタベタ貼っておきますが、
おねえさんはビンボーなので、グリーン車には乗れないのよ(泣)。
だって、松本までの特急料金&グリーン料金って、2150円もするの・・・。それに「展望グリーン車」といっても、展望席は「長野方向に対して」で、名古屋行では逆向きだし。
普通車は、自由席も指定席も同じシートみたいでした。こんな感じです。


定刻に長野を発車すると、快調に走る走る!
「日本三大車窓展望」の一つ、姨捨(おばすて)から、善光寺平が美しく見えておりました。

(ただし、この写真はイメージ[2008年7月6日・姨捨駅ホームから撮影]。速度が速いので、車窓からではうまく撮れませんね。)

スピードを緩めることもなく、この篠ノ井線では「しなの」は「殿様列車」の位置づけなので、余計な行き違い待ちの停車もなく、17時51分に松本へ到着。
しかしまあ、私は姨捨付近以外ではずっと『憲法精解』の教科書を読んでいましたので、篠ノ井に停車したのも気がついておりませんでした。
私は「憲法、どうにも好きになれんな」と思いますが(だって、刑法や刑訴法に比べて「ドラマチック」じゃないでしょう・・・)。
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ​
逆に言うと、嫌いなはずの『憲法精解』に集中できるほど、快適な乗り心地だったということですね。

松本で降りて、とりあえずはこんな物を観察。


旧・松本駅舎(1948~1977年)に掲げられていた表札です。私は、この旧・駅舎(お城口[東口])を知りませんが、こんな木彫りの表札があったとは。
私は残念ながら、現在の駅ビル(1978年完成)しか知らないんですが、この駅ビルも以前は「セルヴァン」と称していたのに、今は長野の駅ビルと同じ「MIDORI」という名前になっていますね。

ここで『広報ながのけん』102号(5月22日発行)を手に入れましたが、6月1日から新千歳?信州まつもと間と、福岡~信州まつもと間に、
静岡空港ベースの航空会社・FDA(フジドリームエアラインズ)が就航するんですね。
東京のマスコミは、信州まつもと空港からJALが撤退する際、「この空港に発着する定期便が消滅する」と大騒ぎしていましたが、
「FDA就航」(ただし、当面は「JALとのコードシェア便」扱い)のニュースを一般紙などが取り上げた気配はありません。
書いていたとしてもベタ記事でしょうね。だから、特に航空ファンでもない私など、初めて知りましたよ。
まったく、マスコミの「一過性」「東京中心主義」ってやつは。。。。
┐('~`;)┌
さて、おねえさんはここから先・・・。
(以下、次回に続く)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com