12
1
2
3
6
7
14
15
16
21
23
25
28
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

岩槻城址公園の東武モハ1726「DRC」


今年最後の「mitsuka115JNRが語るひととき」です。
8月にスタートして「中だるみ」の時期もありましたが、ご愛読ありがとうございました。
来年も、どうかよろしくお願い申し上げます。

さて、「♪今年のネタは、今年のうちに!」って・・・花王さんのCMみたいですけど、12月27日に取材した物件で今年の締めくくりとします。

さいたま市岩槻区(旧・岩槻市)の岩槻城址公園に保存されている、東武鉄道の1720系電車(DRC)を見てきました。
先日、東武博物館でモハ1721を見ましたが、岩槻城址公園にモハ1726があると知り、気になっていたんですよ。。。。

岩槻城址公園は、東武野田線岩槻駅からも東岩槻駅からも徒歩25分ぐらいの感じで、かなり歩きますよ。
(注:交通案内は最後に)

問題の車両は、通りに面した位置にありました。
トップの写真は北側を撮った物で、こちらの状態はわりあい良好なんですが、南側は塗装の剥離が著しく、ちょっと気の毒です。
ヘッドマークが、ひらがなで「きぬ」としか書かれていませんが、実物はこんなにシンプルではなく、
3段に分けて「LIMITED EXPRESS/きぬ/KINU」と書かれていました。

この車両は1960(昭和35)年に登場しました。当時、国鉄と東武は「日光戦争」を展開中で、
前年、国鉄は157系電車を東京~日光間の準急「日光」、新宿~日光間の準急「中禅寺」に投入しましたが、
これは東京~大阪間の特急「こだま」に使われていた151系電車と同等の内装で(ただし157系は当初、冷房無し)、「デラックス準急」と称していました。

【写真追加】(2010-01-07)
国鉄157系電車。晩年、上野~万座・鹿沢口間の特急「白根」に使用中の姿。
1976年に引退した。
1975年5月頃・鶯谷にて。写真所蔵:鴨居総合車両所(横モイ)


対抗上、東武が投入したのがこの1720系で、こちらは冷房完備であり「デラックスロマンスカー」、略して「DRC」と称しました。
まあ、現場職員や鉄道愛好者は「デラ」と呼ぶことが多かったんですけど。
しかしまあ、「デラックス」(DELUXE)っていう響きが「昭和」だよね。。。。
もっとも、今なら「マツコ・デラックス」って人もいますけど(笑)・・・。
(私も「ミツカ・ロワイヤル」[Mitsuka Royale]とでも名乗ろうかと・・・。)
(​ノω`​)プ​プフ​゚
長年、東武の「顔」として君臨した「デラ」も、1991(平成3)年8月31日限りで定期旅客列車からは離脱、
同年9月8日に走った100系「スペーシア」の「ブルーリボン賞」受賞記念列車(浅草~東武日光間。往路は100系、復路は1720系)を最後に引退しました。
私は小学生の頃と高校生の頃、それに、社会人になってから、鬼怒川温泉へ慰安旅行で行った際の3回乗りました。
当時は、浅草を出ると下今市までノンストップだったと思います(上りは北千住にも停車)。
定期券乗車も認められていなかったようですし、文字通り「特別急行列車」だったんだなぁ・・・と思います。

野田線に定期列車として「デラ」が運行されたことはありませんでしたが、
1990(平成2)年8月28・29日に団体専用の臨時列車「大宮市民号」として大宮~東武日光間を走った記録があります。

この1726は、土曜・休日には車内に立ち入ることができますので、ちょっと入ってみましょう。
車内は、空調が効いていました(店舗用の空調機器を使っている模様で、もともと車両にあった冷暖房は機能していない)。
なお、トイレと洗面所は閉鎖されています。

座席周りを見ると、「これは、完全に国鉄の1等車(グリーン車)を意識しているな・・・」と思わせる「デラックス」ぶりです。


まず、窓が大窓ではなく、座席1列に対して1個の配置なんですよ。JRになってから変わったけど、これは、旧・国鉄における1等・グリーン車設計思想の大原則で(無論、例外もありますが)、
東武さんも、これを踏襲したのでしょう。
(注:ただし、形式称号は「モハ」ですから、運賃制度上における1720系の位置づけは、あくまで「2等車」[普通車]です。)

座席は落ち着いた黄土色で、3段式のリクライニングシートです。足載せ台が付いており、大きなテーブルがあります。
(注:現役当時は、頭もたれに白い布カバーが掛けられていた。)
東武の特急には、早朝・深夜の一部列車を除き「スチュワーデス」という呼称の女性係員が乗務しており、飲食物のシートサービスがありました。
それで、テーブルが大きいんです。
子供の頃、湯西川温泉へ行ったんですが(まだ野岩鉄道が開通しておらず、鬼怒川温泉駅前からバスでした)、ハムとチーズのサンドイッチがおいしくて、
母におねだりして「おかわり」したのを思い出します。
でも「スチュワーデス」って呼称も「時代」を感ずるなぁ・・・今なら「CA」でしょ?
なお、彼女たちの業務内容には「外国語によるご案内」「通訳」も含まれていたとのことです。

「デラ」最大の特徴としては、「サロンルーム」があったことが挙げられます。
後年のJR寝台特急における「ロビーカー」と同じ、と思っていただいて構いませんが、回転椅子が8脚あるフリー・スペースでした。
面白いのはねぇ・・・ジュークボックスがあったのよ!
今、ジュークボックスなんて、マニアが所有するコレクターズ・アイテムだけでしょうねぇ・・・だって、ドーナツ盤のレコード自体、マニア向けのショップかオークションでしか買えませんし、新規の生産は皆無ですもの。。。。
高校生の頃に乗った時、ふらっと入ってきたお姉さんがジュークボックスに硬貨を入れ、流した曲がコーラスグループ「サーカス」のミリオンセラー『Mr.サマータイム』だったのね・・・。

♪Mr.サマータイム 探さないで あの頃の私を
 Mr.サマータイム あの夏の日 償える何かが欲しい
 待ち伏せた誘惑に 誘われて思わずあなたを忘れたの
 頼りなく若い日々 ただ一つの愛に背いてしまったのウ~ウウ~ウウ~ウ~ウウッウ~(←ハミング)

高校2年生の小娘に、竜 真知子さんが翻訳した歌詞の意味なんか、わかりゃしませんでしたが(笑)、今でもこの曲をラジオなどで聴くと、「デラ」の旅を思い出します。
(サーカスで「もう1曲」といえば、一般的には『アメリカン・フィーリング』なんでしょうね。
でも「鉄道ネタ」といえば、ドラマ「鉄道公安官」のテーマ曲だった『ホームタウン急行』と、JR東日本社歌『明けゆく空に』っていうのがあるんだけど、それは別の機会に。)
しかし「サロンルーム」の保存や復元が、どこにもないのは残念。。。。

話を城址公園の1726に戻しますが、これは運転台にも入れますよ。


車両の脇に4現示の色灯式信号機が立っていますが、これは「運転席から見た感じ」を演出するための道具に過ぎず、点灯はしていません。

この「車内立入り」ですが、特定日だけで、しかも管理者のおじさんが昼休みの間は締め切るのね。
12月27日付けで、特急「きりふり」に乗って春日部まで急いだ理由は、「12時までに行かないと!」ということだったのです。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛

*さいたま市立岩槻城址公園の東武モハ1726について
・車内の公開
原則として土曜・日曜・祝日ですが、年末年始を除。
公開時間は10時~12時と、13時~15時。
8月1~31日は連日公開されます。
この期間は10時~12時と、13~16時。
・交通
駐車場あり。「岩槻城址公園」で検索して、地図上でご確認ください。
電車の場合は、東武野田線岩槻駅か東岩槻駅から、徒歩約25分。
岩槻駅前から、さいたま市のコミュニティバス(慈恩寺観音行)に乗り「本丸公民館南」下車・・・というルートもあるんですが、
このバスは平日のみ運行なので、8月の連日公開期間中の平日しか使えません。しかも、本数は少ないです。
・お問い合わせ
岩槻城址公園管理事務所(財団法人さいたま市公園緑化協会)
TEL 048-757-9122
「さいたま公園ナビ」
http://blog.sgp.or.jp/findpark/iwatsuki/iwatsuki_jyoshi.shtml

==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

来年も、変わらぬご愛顧をよろしくお願い申し上げます。
m(-_-)m  
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

2010年「初旅」を計画中ヽ( ´ー`)ノ


お正月の旅を計画中です。。。

コーヒー飲みながら『JR時刻表』をめくっていると、夜の更けるのも忘れてしまいますね・・・って、
明日は、あるお宅へ「おせち料理づくり」のお手伝いへ行くので、こんなことをやってる場合じゃないんですけど。。。。
( ´,_ゝ`)プッ

今回は「青春18きっぷ」を買って、「18キッパー」(笑)になります!
なんでかっていうと・・・・他人様には「ふるさと行きの乗車券」(11月25日付参照)を使え、などと勧めておきながら、
自分自身は手持ちの現金が寂しく、「あ~でもない、こ~でもない」と思案しているうちに、発売期間(12月20日まで)が終了しちゃったのよ!!!!
 ┐(´~`)┌

しかし、「18きっぷ」が「JR全線有効」であることを逆手にとって、最初は東北だけのつもりだったのを変更し、
「みちのく弾丸ツアー」(1泊3日)と「関西弾丸ツアー」(0泊2日)を敢行する予定でございますわ!

まあ、どちらも未乗路線に乗ってくるだけで、「みちのく」篇では某県の県庁所在地で1泊する予定だけど、
「関西」篇なんか、午後遅く大阪に着いて、現地滞在約5時間だよ!
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ​
もっとも、大阪の未乗3路線のうち、JRおおさか東線は1時間に4本、京阪中之島線と阪神なんば線も頻繁に走っているので、まあ別にいいんですけどね。

だがしかし・・・宿泊費節減のため、「みちのく」篇では「ムーンライトえちご」、「関西」篇では「ムーンライトながら」に乗らなければなりませぬ。。。。
座席の夜行列車は「もうイヤっ! 許して・・・お願い」って感じなんですが。。。。
(そうか・・・座席の夜行列車で旅するっていうのは「SMプレイ」の一種だったのね。。。。
ちなみに、アタシ好みのプレイは手錠されてボールギャグを・・・[以下略])

だいいち、「いつまでも若々しく、美しくありたい」とは願っているけど、もはやアタシも「弾丸ツアー」って年齢ではないの。。。。
(なんで笑うのよっ!!!!)

さすがに、全然お金がないわけじゃないんだけど、「なるべく支出を抑えなければならない」事情があるのです。。。。
(​_ _​。)・​・・シ​ュン
もっとも、「関西」篇なんて、「18きっぷ」では乗れない私鉄運賃(数百円)と食事代、コーヒー代程度で、1日遊んで3000円ぐらいしかかからないと思うけどね。。。。
(実を言うと、JR東海が「新春のぞみグリーン早特日帰りきっぷ」なるものを出すとは知らず、
また、「新春こだま&ワイドビューフリーきっぷ」が今年も出るとは・・・これも知らなかったのね。。。。
東京23区内といっても「西のさいはて」の住民には、JR東海の情報など、よほど注意していないと届かないのです。)

残念なのは、「みちのく」篇のついでに北海道へ渡り、JR北海道で数少ない未乗路線の江差線・木古内~江差間に乗っちゃえ!と思ったんですが、
どう転んでも合理的なプランが組めないので、今回は断念しました。。。。

旅程の詳細は、「ミッピョンって、どんな女なんだよ??」って見に来ちゃう人がいると困るから、今は明らかに出来ませんが・・・。
(だって、本当にいたのよ以前・・・アレは、えらい迷惑でした。結果的に旅行そのものを中止し、当時入っていた「Yahoo!Days」も退会した。
このブログにコメント欄がないのも、そのゴタゴタの名残。)
ウィルコムの端末とコンデジ、それにネットブックをぶら下げて行くので、「気が向いたら」現地から発信しますね。
(o^-')b 

【追記】
「青春18きっぷ」と、1月某日の「ムーンライトえちご」の指定券を購入。
(乗車日・座席番号・券番等は伏せてあります。)
年頭の「ムーンライトえちご」は混雑している模様で、残りわずかな席だったため、通路側になりました。

==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

品川駅構内にニューヨークの地下鉄が?!( ゜Д゜)



■お断り(2014-08-18)
このお店は現在、閉店してしまいましたが、
記事は「参考資料」として残します。


過去に「なぬ?お台場に0系新幹線?(@_@)」(11月30日付)と、「京急に東武”スペーシア”が?!( ゜Д゜)」(12月17日付)というテーマで書きましたが、
また妙な物件を見つけてしまいました。。。。
でも、嘘ではなかったでしょ。いささか「人を喰っていた」けど・・・。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

品川駅東口(港南口。新幹線側)の駅ビル「アトレ」4階に、ニューヨークの地下鉄車両があるんです!!!!
(昔、玉川高島屋SCの前に、パリの地下鉄車両があったのをご存知? とっくの昔に撤去されちゃったけど。)

これはねぇ・・・「TRANSFER」っていうカフェレストランです。
以下、このレストランを経営する(株)ノムラデベロップメントのホームページから。
http://www.nomurakougei.co.jp/development/transfer【リンク切れ】
『アトレ品川 zakka&cafe TRANSFER (トランスファー)
JR品川駅 / 新幹線改札口を出てすぐのアトレ品川4Fにある「TRANSFER」は、ニューヨークテイストあふ
れるスタイリッシュな雑貨ショップ&カフェダイニングです。
“TRANSFER to NY(ニューヨークへの乗り換えはこちらから)”店内客席は「4つのゾーン」に分かれています。
A)空港待合カフェ
B)空港ソファラウンジ
C)地下鉄プラットホーム
D)地下鉄車両
飛行機でニューヨークへお着きになったら、カフェ・ラウンジでごゆっくりおくつろぎいただき、地下鉄に乗って「ニューススタンド」のあるブロードウェイの街なかへ、さぁどうぞ!
焼きたてアップルパイのアイスクリーム添えや、オリジナルパテによるボリューム満点のハンバーガーが大人気です。夜はJAZZライブ演奏に耳を傾けながら、どうぞアルコールをお楽しみください。パーティーのご予約も承っております』

私はアメリカって・・・本土どころか「ワイハ(笑)」すら行ったことがないので、この地下鉄に関する知識は皆無ですし、
これが本物の車両なのか、張りぼてなのかもわかりません。
前頭部の窓に「A」というステッカーが貼ってあるので、「ああ、これがジャズのスタンダード・ナンバーで有名な”A-Line”の車両なのかなぁ?」と思ったけど、
日本じゃ「A列車で行こう」といったら、映画『スウィングガールズ』に出てきた山形鉄道フラワー長井線だし(笑)。

この「3210」という車両番号も、実在するのかどうかわかりませんが、「MTA」(Metropolitan Transportation Authority:ニューヨーク州都市交通局)のロゴは本物みたいです。
(「車両カタログ」みたいなサイトがあれば[英語でも構わないから]・・・と思って探したんだけど、よくわかりませんでした。)


でも・・・このレストランを経営するノムラデベロップメントの親会社って、今、調べたら博物館のジオラマ制作で有名な(株)乃村工藝社なのよ・・・。
じゃあ、やっぱりこれ、張りぼての可能性が。。。。

下の写真の左手前に売店みたいな小屋が写っていますが、これは、NYの新聞スタンドを模した、このお店のレジ兼雑貨販売コーナー(喫煙具が多い)です。


だけどまぁ・・・行ってみるのはご自由ですが、たとえコーヒー一杯でも飲んでね。写真だけ撮って帰ったりしないように・・・。
(世の中には、デリカシーのない人っているからね。。。。)
私は食事をするつもりで行きましたが、「まずは撮影を済ませちゃえ♪」と思ってパチパチやってたら、マネージャーさんが変な顔をしておりました。
しかし・・・あらまし撮影を終えて店内に入っていったら、満面の笑みを浮かべて「いらっしゃいませ。おタバコはお吸いになりますか? どうぞ、こちらへ・・・」ですって。

地下鉄車内の客席は、喫煙席です。でも、これは別に祐天寺の「ナイアガラ」みたいに「鉄くさい」内装(笑)ではなく、普通のカジュアルレストランです。
(さあ、世の男性諸氏! 安心して奥様や彼女を誘おう!!!![大爆笑])
私は、お奨めメニューの「ロコモコ」(ソフトドリンク付。1450円)を食べましたが、これはハンバーグがおいし~♪
公式サイトに「オリジナルパテ」と書いてあるから、お店で手こねしてるみたいですが、「久しぶりにおいし~ハンバーグを食べたな?♪」って思いました。
(高田馬場と東長崎に、ハンバーグのおいし~お店を知ってるけど、教えてあげないよ、ジャン![笑])


しかしですねぇ・・・世の中の食べ物は90%以上「おいし~♪」と思い、なんでも感謝とともにいただく私が「これはちょっと・・・」と思っているアボガドが入っていたの(泣)。。。。
ちなみに、ボウルの中に見えているリングフライはイカじゃなくて、オニオンでした。

なんで、このお店の存在に気づかなかったかといえば・・・品川駅といえば「あずみ野」のおそば(注:2011年閉店)ばっかり食べてるからなんだけど(笑)、
ランチメニューの価格帯は1000~1500円ぐらいで、そんなに高くはないと思いますよ。
ディナータイムは3000~5000円台になりますが、平日の夜はジャズの生演奏もありますしね。。。。
さあ?、次回はジャズを聴きがてらオ・ト・コと・・・だわ!
(*-_-*)うっとり
==================================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

偶然乗れた東武特急「きりふり」\(^o^)/


病気を理由に、「出戻り娘」(笑)は最近、横浜の実家へ帰ってグダグダすることが多くなりました。。。。

おかげで、京急の駅で列車が接近する際に流れる「駅メロディ」を聞く機会も増えました。
だけど、京急川崎(上り本線)の「スキヤキ」(「上を向いて歩こう」)はともかく、京急蒲田がなぜ「福生の仙人」大瀧詠一御大の名曲「夢で逢えたら」なんでしょ???【注】
(まあ、青物横丁の「人生いろいろ」だって、よくわかんないけど。)

で、京急のお話・・・じゃなくて、今日は東武のことを書きますね。
特急「きりふり」ってご存知?

今朝、実家から岩槻へ行く用事があり、「あ~ん、化粧乗らね~!!!」とか大騒ぎしてたら出るのが遅くなってしまい(笑)、
京急鶴見から、京急川崎と泉岳寺で乗り継いで都営浅草線で浅草に着いたら、10時15分頃でした。
(「なに用あって岩槻か?」・・・12月31日付をご覧くださいませ。)
春日部に、11時頃には着きたいけど・・・「けごん」か「きぬ」あったかなぁ?と思ったら、「スペーシア」の特急は、なかった。。。。
しかし、年末年始の臨時列車として10時30分発「きりふり275号」東武日光行があった!

この「きりふり」って列車、乗ってみたかったんですよ♪
車両は、かつて浅草~赤城・葛生間の急行「りょうもう」(現在は特急)で大活躍した、1800系電車改造の300系電車が使われています。

昔の「りょうもう」は、年間を通じて東京と群馬・栃木を往来するビジネスマンの利用が多く、
当日売りでは急行券(全車指定席制)の確保が難しかったので、誰が呼んだか「お化け列車」などいう俗称も聞いたことがあります。
(昔は「視聴率50%」の『8時だヨ!全員集合』のようなテレビ番組を「お化け番組」と呼びましたが、それに倣った呼び方でしょう。)
私も館林から浅草まで「りょうもう」に乗ろうとして急行券が買えず、泣く泣く8000系電車の準急に乗ったことがありますよ。
(どういう理由だったのか・・・昔、「りょうもう」には年に2~3回乗る機会があったんです。)

「りょうもう」は、1991(平成3)年7月に全列車、現行の200系電車に置き換えられ、余剰の1800系を改造して、6両編成を300系、4両編成を350系としました。
(1800系は「1819F」1編成のみオリジナル・スタイルで残り、団体列車用になっています。また、通勤用仕様に改造されたグループもありましたが、これは現存しません。)

300系は主に浅草~東武日光間の急行「きりふり」と、浅草~鬼怒川温泉間の急行「ゆのさと」に、
350系は浅草~会津田島間の急行「南会津」と、浅草~東武宇都宮間の急行「しもつけ」」に使われました。、
ところが、1997(平成9)年に定期の「きりふり」「ゆのさと」が、2005(平成17)年に「南会津」が廃止されてしまいました。

残るは「しもつけ」(2006年3月から特急格上げ)ですが、これが夕方に浅草を出て、折返し翌朝に東武宇都宮を出る1往復しかないので、沿線住民以外は極めて乗りにくく、
また、「きりふり」も2006年3月に特急として復活したんですけど、定期運行は浅草発21時30分→南栗橋着22時22分の片道1本(「きりふり283号」)だけで、西武沿線住人の私が乗ったら、その日は帰宅できません。。。。

(なお、「きりふり」とは日光の霧降高原に因んだ名称なのに、南栗橋止まりの列車が名乗っているのも妙な話です。
「きりふり283号」が風変わりなのはそれだけでなく、浅草と北千住から乗る場合は特急券が必要ですが、春日部~南栗橋間だけ乗る場合は、特急券不要です。)

そういう次第で、300系・350系に、沿線住民でもない者が乗るのは結構むずかしいんですが、
臨時列車として、今の時期は次の列車が運行されているのでした。
・「きりふり275号」・・・浅草発10時30分→東武日光着12時31分(1月31日までの土曜・休日と12月23・29~31日・1月11日運転)
・「きりふり292号」・・・東武日光着13時55分→浅草着16時05分(1月31日までの日曜と12月29~31日・1月2・11日運転)
・「きりふり294号」・・・東武日光着15時28分→浅草着17時25分(1月31日までの土・日曜と12月23・30・31日・1月11日運転)

なんとまあ、メイクがうまくできなかったおかげで、乗りたかった300系に乗れちゃった!
o(^▽^)oギャハハハ

乗ってみりゃ・・・乗客は1両に10人程度でした。
車内の設備は・・・おお! これは懐かしい。「りょうもう」時代と、ほとんど変わってない感じ!


かつて、東武さん(本線系統)の「列車種別」に対するポリシーは、昭和30年代までの国鉄みたいに厳格でして、
「”けごん”と”きぬ”に非ずは、特急に非ず」という、確固たる思想があったんです。
末期の国鉄なら、間違いなく「”りょうもう”だって悪い車両ではないし、特急に格上げ(=事実上の値上げ)しちゃおうぜ」となったはずですが、
1800系時代の「りょうもう」は、終始急行のまま通してしまいました。
現行の「きりふり」「しもつけ」にしても、「スペーシア」使用の特急とは別立ての料金で、若干安く設定されています。

ですが、座ってみれば大き目のテーブルがあり、座席はリクライニングもするし、足載せ台もあり、遮光が横引きカーテン式で、「特急用車両」としても通用する要素をすべて備えています。

だけどまあ、アタシはものすごくバカな失敗をしてました。。。。
東武の券売機で特急券を買ったのは、たぶん初めてだと思いますが(小田急ロマンスカーなら、券売機で何度も買ってるけど)、
急いでいたのと不慣れのため、なんと「浅草→北千住」で買っていたのよ!!!!
(​ノ∀≦。​)ノプフ​゚ーッ​


車掌さんに申告したら、一瞬「アホか、この女は」って顔されたけど、「北千住も春日部も金額が同じだから、そのままで結構です」と言われました。。。。
(数日前、お正月に乗る予定のJR線某列車の指定券を新宿駅で買いましたが、申込書に記入した上で、窓口で買ったから、さすがに間違えませんでしたが。)

春日部までは、たった30分しかかからず、このまま日光まで乗って行きたい気持ちは、やまやまでしたが、そうもいかない事情があったのです。
また昼間の臨時「きりふり」に乗る機会、あるかな?
・・・と思って調べたら、この「きりふり275号」は、栃木または下今市で、会津高原尾瀬口(野岩鉄道)行の普通電車に接続しているんですね。
それなら、川治温泉でも行ってみますかね♪
ただし、あの温泉はすごく「ぬる~い」ので、夏の運転日にね!
(*'-'*)
==============================
【注】(本筋の東武鉄道とは関係ないので、欄外に記します)

京急蒲田駅の列車接近メロディ「夢で逢えたら」は、1番線(空港線下り・上り)が
♪夢でもし逢えたら 素敵なことね/あなたに逢えるまで 眠り続けたい・・・の第一小節、

2番線(本線下り)が
♪あなたは私から 遠く離れているけど/逢いたくなったら 瞼を閉じるの・・・の第二小節。

で、3番線(本線上り)は・・・メロディ自体が無し。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!

だけど、なぜ京急蒲田で「夢で逢えたら」が「ご当地ソング」扱いなのかと思ったら・・・
これは、地元出身である「RATS&STAR」の曲、と認識したらしいのね、京急さんは。。。。
(皆様、「大森笑劇研究会」ってご存知?)

だけど、この選択は苦しいなぁ・・・「ランナウェイ」あたりが、著作権の関係で使えなかったのかも知れないけど。
これは確かにラッツも唄ってたし(歯磨のCMに使われており、メンバーの顔を模した人形が「出演」していた)、
それまで何十人もが唄っているのに全然ヒットせず、ラッツが唄って、初めてオリコンのトップ10入りしたとはいえ、
私に言わせれば「これは、あくまでアン・ルイスさんのために作られた曲で、その話が没になって吉田美奈子さんが唄ったわけでしょ?!」って気がして、多少違和感を覚えるなぁ。。。。
まあ、この曲は「日本一、カヴァー・アーティストが多い曲」ですから・・・。
(私は聴いたことないけど、アン・ルイスさんも結局は後日、レコーディングしたようです。)

ちなみに、「夢で逢えたら Parfect Collection」と題する面白いサイトがあります。
http://www2g.biglobe.ne.jp/~otokichi/niagara/dreams/dreams.html

なお、「京浜急行 駅メロディ」は2009年3月18日に、ユニバーサルミュージック合同会社からCD化されているそうです(買っちゃおっと♪)
詳しくは、京急電鉄公式サイト(2009年3月12日付)をご覧ください。
http://www.keikyu.co.jp/_tmp_news_kouhou/20093144.shtml

ところで、青物横丁駅のメロディが「人生いろいろ」である理由は、島倉千代子さんの出身地が東京都品川区だからです。

【さらに追記】
今日(12月28日)の昼間、その「夢で逢えたら」を作った「福生の仙人」大滝詠一御大が、高田文夫さんのラジオ(ニッポン放送)に出ていたみたいですね。
私は、たまたまタクシーの中で10分間ぐらいしか聞けなかったけど。。。
まあしかし、年が明けたら、日曜日にFMでやってる山下達郎さんの番組での恒例「新春対談」もあるのかな?

==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

「ムーンライトながら」を見たけど・・・(ё_ё)


もっぱら「青春18きっぷ」の有効期間だけ東京~大垣間に運転される臨時快速「ムーンライトながら」を、東京駅で見てしまいました。。。。
(12月25日深夜)

定期列車として毎日運転されていた「ムーンライトながら」(以下「MLながら」と略す)の運行が終了し、旅行シーズンの臨時列車・旧「MLながら91号・92号」が「MLながら」を名乗るようになったのは、今年(2009)年3月14日のダイヤ改正からですが、
「MLながら」であれ「91・92号」であれ、私はもう何年も乗る機会がありません。
理由は、寝台車ならともかく、「座席の夜行列車ね~・・・」という気がするので。。。。

「MLながら」は東京駅10番線に22時56分入線、発車は23時10分ですが、その前、22時43分には9番線に静岡発の普通列車338Mが到着します。
これには、定期「MLながら」に充当されていたJR東海・静岡車両所(静シス)の373系電車が今も使われています。


特急「東海」が消え、定期「MLながら」も消滅した今、東京までやってくる373系充当の列車は、この338Mと、その折返しである東京5時20分発静岡行普通321Mだけです。
市販の『時刻表』を見ると、東京駅に発着する東海道線の普通列車でグリーン車が連結されていないのも321M・338Mの1往復のみです。
JR東日本のE231系が、JR東海管内の沼津と山北まで乗り入れていますが、それとバーターなのか、JR東海車で運転されている・・・というのも風変わりです。
もっとも321Mには、拙宅最寄り駅を始発電車で出発しても絶対に間に合いませんから、無縁の存在です。
ある駅までタクシーを飛ばせば間に合うらしく、ご近所のお友達には試した人もいるんですが、普通列車に乗るためにタクシー代を1500円近くも払うのはバカバカしく、やってみる気にはなれませんね。
338Mは一回だけ乗ったことがありますけど、「特急用車両使用の普通列車」ということで、これを狙って乗る人も多いのか、全体にざわついた感じで、以後、私は敬遠しています。

しかし・・・行先表示を「東京」と出して到着した338Mが、滞泊場所の田町車両センターへ回送される前、表示幕を「回送」にする際、いろいろな表示が見られるのが面白い!
いまだに「特急 東海/静岡」と「特急 東海/東京」も入っていますし、「特急 ふじかわ」にはレギュラーの「甲府」と「静岡」のほかに「浜松」「新居町」「豊橋」もあるのを発見。
また、運行実績はないでしょうが、「快速ムーンライトながら/沼津」なんていうのも、表示幕だけは用意されています。
さらに、東京では珍しい「セントラルライナー/中津川」とか、「シュプール」「ナイスホリデー」なんていうのも見られて、笑えました。。。。
o(^▽^)oキャハハハ

さて、本題の「MLながら」ですが、東京発12月25日の9391M充当車両は、JR東日本・田町車両センター(東チタ)の189系電車「H102編成」でした。


車両番号は、次のとおりです。
←大垣 クハ189-11+モハ188-41+モハ189-41+モハ188-38+モハ189-38+モハ188-21+モハ189-21+モハ188-19+モハ189-19+クハ189-509 東京→

H102編成は、旧・国鉄特急車のシンボルだった「羽根」のエンブレムが撤去されており、顔に締まりがないのが残念ですが。。。。
だけど、この編成はスゴイよね。
10両編成中、8両が電動車じゃないですか・・・(グリーン車・サロ189が入っていないので)。「8M2T」なんていう、鼻血が出そうな(?)パワフル編成です!
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!
ただし、夜行列車ですから、あまり飛ばして名古屋や大垣へ極端に早く着いても、乗客にとっては「ありがた迷惑」ですから、実際のスピードはそんなに速くありませんけどね。

肝心の利用者ですが・・・構内放送や、情報表示装置では「本日は満席となっております。指定席券をお持ちでない方は、お乗りになれません」と繰り返していましたが・・・
それはちょっと、疑わしいですね。実見では3~4割ぐらいの席しか塞がっていませんでした。
横浜や小田原から乗る人が、そんなにいるとは思えませんし。。。。
もっとも、12月29~31日には、東京ビッグサイトで恒例の「コミケ」が開催されるし(私は、その方面には全然興味ないけど、都営バス車内に広告が出ていた)、
さすがにその期間には、本当に満席になるんでしょうね。

だけどまあ、私はこの列車、何か特別な事情がない限り、乗ってみる気にはなれないなぁ。。。。
だって、座席の夜行列車って、空気が乾燥していることが多く、目が覚めるとお肌がパリパリして。。。。
(ノд-。)クスン
==============================
【おまけ】
このネタだけで1本書くほどでもないので。。。。
都営バスのマスコット「みんくる」と、キューピーが合体した「みんくるキューピー」のマスコットが出た!
かわい~!!!!( ´▽`)/


12月22日に発売されました。1個500円(税込み)。3000個限定です。
発売箇所は都バス営業所・支所 、都バス定期券発売所(東京駅丸の内南口、品川駅東口、新宿駅西口、錦糸町駅前、亀戸駅前、渋谷駅前、大塚駅前、王子駅前、荒川土手、船堀駅前、葛西駅前、西葛西駅前)です。
私も携帯にぶら下げてみました♪
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

東急桜木町駅跡の現状

東急東横線の横浜~桜木町間が、横浜高速鉄道みなとみらい線への「発展的解消」という形で廃止されてから、もう6年近く経ちます。

山崎まさよしさんがメジャーになりつつあった頃、初めてラジオで「One more time,One more chance」を聴いた時、
♪いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
 明け方の街 桜木町で
 こんな所に来るはずもないのに・・・
という歌詞が出てきたので、「桜木町?!」とびっくりした記憶があります(かつて住んでいたそうです)。
(あたしゃ、「名前のない鳥」が好きだけどね。。。。)

横浜~桜木町間は2004年(平成16)1月30日限りで廃止され(厳密には、1月31日午前1時過ぎに最終電車が走った)、
1月31日は「空白の一日」として何も走らず、並行するJR線と市営地下鉄に任せ(注)、2月1日の始発電車から、みなとみらい線が開業しました。
(注:営業運転は渋谷~横浜間だったが、その先は回送列車として全列車が元町・中華街まで運行された。)

その東急桜木町駅廃止直前の姿は、こんな感じでした。
(2003年[平成15]年11月18日撮影)


現状は、どうなっているかというと。。。。
(12月17日撮影)


ホームはこんな感じでしたね。いかにも、昭和初期に建設された「郊外電車」のターミナル独特の雰囲気でした。
東急の駅だと、大井町駅や五反田駅も似たイメージです。


私は一時、都内から桜木町へ通勤していた時期があります。あまりにも時間がかかるのですが、車内で『鬼平犯科帳』や『徳川家康』、『坂の上の雲』などのシリーズ物や大長編小説を全巻読むには、むしろ最適でした(笑)。

まあ、桜木町には横浜西口ほどの集客力はなく、レジャーや買物が目的なら、そんな頻繁に来る街ではありませんでしたが。。。。
駅前に「ゴールデンセンター」っていう商業ビルがあるんだけど、まあ、「地方都市風味」の雑居ビルです。
今は「ぴおシティ」という名称になっていますが、キーテナントが会員制の場外車券売り場と100円ショップの「ダイソー」だもんなぁ。。。
┐('~`;)┌

駅に話を戻すと、、もう廃止が決まっていたというのに、エスカレータが新設されたりしたのでびっくりしましたが、これはバリアフリー法の関係で仕方なかったのかもしれませんし、
そもそも、設置費用自体が補助金から支出されていたのかもしれませんね。

駅のコンコース跡は「創造空間qool」という施設になっていましたが、私が訪れた時は何もやっておらず、
内部には折り畳み式の椅子や机がたくさん置いてあるだけだったので、何を創造する空間なのかは、わかりません。たぶん、イベント会場などに利用する施設でしょうね。
ただ、入口の表示に「旧東横線桜木町駅舎」と明記してありました。
もしかすると、「創造空間qool」なんて名前は馴染みもないし、ここで開催される催事の案内状などにも「旧桜木町駅舎」と書いているのかもしれませんね。

テレビドラマ「あぶない刑事」など、横浜を舞台にしたドラマ・映画によく映っていた、高架下が落書きだらけだったので有名な線路跡は、
どうやら「歩行者・自転車専用道路」として残すようですが、その工事は、あんまり進んでいるふうには見えませんでした。
しかし、横浜には港の「汽車道」をはじめ、廃線跡転用の遊歩道が結構あるので、また一つそれが増えることになり、楽しみです。

ただまあ、私にすれば、もっと楽しみなのは、早く渋谷駅が地下へ移転し、西武池袋線沿線の我が街を「元町・中華街行」電車が走ることなんですけどね!
西武さんと東急さんが共同で、地下鉄乗入れ仕様の特急用車両を作り、「メトロちちぶ」「メトロ横浜みらい」とでも名乗って「海と山を結ぶ」列車でも走らせたら面白いでしょうねぇ。。。。
(すみません。これは「マニアの夢」というか「戯れ言」ですから忘れてください。『鉄道ピクトリアル』誌の別冊「小田急電鉄特集号」を読んで、同社のMSE車を羨ましく思ってるだけです。。。。)
(o^-')b 
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

懐かしい!泣ける!昭和テツ漫画『カレチ』


月刊『鉄道ピクトリアル』の2月号(特集:205系電車)を買いに行ったら、妙な漫画本を発見。。。。
その名も『カレチ』(池田邦彦・作、講談社モーニングKC)。
私は漫画というものを全く読まない人間なので、この漫画(「モーニング」誌に連載)も、「故・青木雄二氏に次ぐ遅いデビュー」というこの作者のことも、何一つ知りません。

あ、「カレチ」という言葉の意味は知ってますよ。
「カクアツカイ(客扱)レッシャチョウ(列車長)」転じて、「客扱専務車掌」の略号ね。旧・国鉄の部内用語。作中にも出てきますけど。
(今、JR各社では、ほとんど使わないようですが。)

「昭和40年代後半、大阪車掌区---。乗客のために一生懸命になりすぎる新米カレチ、荻野の奮闘と成長を描く、懐かしさ一杯の読みきりシリーズ!」
と、カバーにありますので、
坂本 衛氏の『昭和の車掌奮闘記』(交通新聞社新書。写真右の本)を参考にしているのかなぁ・・・とも思えますが。

ただ、私は作者がデビューするきっかけになった、第54回ちばてつや賞受賞作「RAIL GIRL 三河の花」に泣かされたネ!
扉に描かれた飯田線電車の先頭車がクハユニ56ってだけで、もう、涙、なみだですわよ。。。。

実は、買って来てまだあんまりちゃんと読んでないんですが、
明日は、昼間埼玉県某所へ出没する予定だけど暇があるので、じっくり読んでみますね♪

【追記】(12月23日 7時20分)
早起きしてちゃんと読みました。。。。
「これ、かなりムチャ(な設定)だなぁ・・・」っていうストーリーもあるんだけど、「まあ、読んでみてくだされ」と申し上げます。
(「お前。万一、国鉄をクビになったら、ウチで雇ってやるぞ」と荻野車掌に名刺を差し出した酔っ払いのおっさんの正体は・・・水戸黄門みたいだよね、まるで。。。。)

だけど、ひとつ言えるのは、「もう、とにかく日本海縦貫線というのは、”雪との闘い”であり、それにまつわる物語は無数にあるのだ」と。。。。
(しかし、弥彦線にキハ58が充当されていた時代って、私は知らんなぁ。昭和50年代の末期には、キハ35や40と混ぜこぜで入ってたらしいですけど、乗ったことはない。)

しかしまあ、何度読んでもやっぱり泣かされるのは、飯田線の簡易委託駅(架空)を舞台にした「RAIL GIRL 三河の花」でした。
(ノд-。)クスン

(「おまけ」に出てくる「食堂車のサンドイッチ450円、バヤリースオレンジ150円」って、いつの時代なんだろう? 私は食堂車でご飯食べたことが全然なかったので知らないけど、1970年代だとすれば、ずいぶん高いな~。。。。)

【さらに追記】(2012-07-20)
この池田邦彦氏が、NHKの『ラジオ深夜便』に出演されたので聞いてみましたが(7月20日早朝・「列島インタビュー」)、
私は、この方の本、もう一冊持っていました。
池田邦彦『鉄道史の分岐点』表紙
(2005年・イカロス出版 刊)

この『鉄道史の分岐点』刊行当時は「漫画家」ではなく、鉄道メインのイラストレーター兼ライターだったので、
これと漫画『カレチ』が結びつかなかったんですよ。。。。
池田邦彦『鉄道史の分岐点』口絵

漫画『カレチ』は大好評のようで、2012年7月現在、第3巻まで発行されていますが、
ラジオのインタビューでは、やはり「坂本衛さん、檀上莞爾さん、市川潔さん、萩原良彦さん、宇田堅吉さんといった方々の本を参考にさせていただいた」とおっしゃっていましたが、
いったい『ラジオ深夜便』リスナーのうち何人が、この方々のお名前をご存知かな?。。。。
==============================
《お願い》
1.このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

新橋駅前の蒸気機関車イルミヽ( ・∀・)ノ


東京・新橋駅(日比谷口)の駅前広場にある蒸気機関車「C11 292」といったら、「日本一、テレビに映る機会の多い静態保存機関車」ではないでしょうか?
なにしろ「東京のサラリーマン100人に聞きました」とかいう企画だと、たいがいここですよね。
故・筑紫哲也氏の『NEWS23』でやっていた「異論・反論オブジェクション」コーナーのロケ地にも、よく使われていました。
(モイさんは、ラジオ[TOKYO-FM]だけど、ここでマイクを差し出されたことがあるようですよ。
これが案外難しい質問で、「”スピッツ”の曲であなたがいちばんお好きなのは?」という質問だったそうですが、
「そりゃアンタ『楓』に決まってるだろ」と、堂々と答えてやった由・・・というか、あたし、偶然ON AIR聴いてました。おっさん、偉い!)

そのC11 292が今、イルミネーションで飾られています。来年(2010年)1月9日(土曜)までです。
11月24日から始まっていて、イルミ大好き「イルミッピョン」(笑)は何度か目撃しているんですが、写真を撮るタイミングが悪くて。。。。
12月25日(金曜)までは、毎晩17時~22時45分の間、毎時00分・15分・30分・45分に光と音楽のパフォーマンスが観られます。
音楽も、すべてクリスマス・ソングですが、さまざまな年代層に合わせた曲目が揃っています。

12月26日(土曜)~1月9日(土曜)の間は、やはり毎晩17時~22時45分の間ですが、毎時00分と30分になり、パフォーマンスの内容も変わる模様です。
詳しくは、「新橋タウン情報 新橋ねっと」をご覧ください。

私は今日(12月20日)の夕方、「三度目の正直」ぐらいの感じで、ようやく撮れました!
高校生ぐらいのかわい~女の子♪が写メ撮ってたので、彼女を勝手にモデルにして、私も一枚(トップの写真)。

腕木式信号機もキラキラ光っちゃって、なんかスゴイ!


ただ、このパフォーマンス自体は一回約3分程度ですから、ぼやぼやしてると終わっちゃいます。写真を撮る方はご注意を。。。。
(それで、私は過去二回撮り逃している。)

駅前広場の木にも電飾が飾られ、「巨大ツリー」も出現していました。


横の高架上に京浜東北線のE233系が停車していますが、そういえば209系を見かける機会は少なくなりましたね・・・。
来年3月のダイヤ改正を待たずに、1月24日限りで209系は京浜東北・根岸線から撤退だそうですが。。。。
(出典:12月18日付「2010年3月ダイヤ改正について」JR東日本公式サイトに掲載。)
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

青森駅 「はくつる」と「日本海1号」・・・私の「屑写真」から(笑)


今回の「屑写真(笑)」は、青森駅の情景です。撮影日は2000(平成12)年11月4日です。

まず、ホームに並んでいる寝台特急は、右が上野発の「はくつる」。左が大阪発函館行の「日本海1号」です。
「はくつる」は8時17分着、「日本海1号」は8時24分着でした。
こうして、2本の寝台特急が並んでいるなんて・・・っていうのが、なんとも壮観に思えて、つい撮ってしまったのですが、
ホームを歩いていたおばさんに「何を撮っているの?」と聞かれてしまいました。。。。

逆に、そんなことを聞いて何の意味があるの?って思いましたけど、「寝台特急が2本並んでいるから」と答えたら、「ふうん」と言って、どこかへ行ってしまいました。
世の中には、意味のないことを聞いたり、他人の行動をやたら知りたがる「お節介さん」がいるんですね。。。。
しかし、「はくつる」は2002(平成14)年12月1日のダイヤ改正(東北新幹線八戸延長開業)で廃止され、「日本海1号」も2006(平成18)年3月18日のダイヤ改正で青森止まりに短縮、
さらに、2008(平成20)年3月14日のダイヤ改正で大阪~青森間の1往復のみとなりましたから、お節介おばさんに「ふうん」と言われようが何しようが、撮っておいて正解だったわけですね。
【追記】
「日本海」は2012(平成24)年3月17日のダイヤ改正で定期運行を廃止し、臨時列車に格下げ。

画面の中央に駅弁屋さんの手押し車が出ています。
青森で降りる人は改札を出てから朝食でしょうけれど、「日本海1号」で函館まで乗ってゆく人たちがお弁当を買うので、さまざまな種類のお弁当が並べられていました。
もっとも、私は駅弁・・・というか、列車の中で物を食べるのがあまり好きではないので、自分ならどうしたか?
(この時は、確かお昼まで何も食べなかったような気がします。)

左上、「←びゅうプラザ青森」などと書いてある案内表示も青森駅独特の物で、一昔前ならば「連絡船のりば→」だったのです。
こういうタイプの掲示(バナナの房を思わせる形状なので「バナナ掲示」と通称される)は、1970年代に多かったのですが、最近ではあまり流行らなくなったようで、見かける機会が減っていますね。

さて、私はこの日、午前中は旧・黒石線の廃線跡を歩いたり(岩木山が実に見事に見えてました!)、弘南鉄道に乗ったり、
奥羽本線鶴ヶ坂駅近くにある「たらポッキ温泉」なる公衆浴場へ行ったりして遊びました。
この「たらポッキ」っていうのが意味不明だったんですが、この浴場を経営しているのが三幸食品という会社なんですよ。
で、主力商品が「たらポッキ」という、鱈を細いスティック状にした珍味なんです。いわゆる「チーズ鱈」。
はい・・・「たら」はわかりました。じゃあ、「ポッキ」って何?
「津軽の方言かな?」(@_@)???

これねぇ・・・「スティック状」ってことで、有名な「グリコ・ポッキー」にあやかりたいんだけど、まさか「ポッキー」と名乗るわけにもいかず、「ポッキ」として、とぼけてるらしいのよ。。。。
「そんなの許されるの?」って気もしますけど、ここ鶴ヶ坂は蒸気機関車時代から鉄道写真撮影の名所で、撮影で冷えた身体を温泉で温める人が多いのか、
結構あちこちの本やブログにも書かれてます。種村直樹氏や坂本 衛氏など、鉄道界の著名ライター諸氏も来訪しては書いてますし。
だから、江崎グリコ株式会社が気づいてないはずはないんですが、いまだに「ゴルァ!」された形跡はありませんね。

・・・っていうか、その三幸食品株式会社自体は、今どきwebサイトもないような会社みたいですし(ググッてもヒットするのは、温泉を訪れた人のブログばかり)、
グリコさんも「どうでもいいよ」っていうところかもしれません。。。。
┐('~`;)┌
しかしまあ、自社の主力商品の名前を温泉浴場に付けちゃうとは・・・それもまた、すごいよね。。。。
それに、自社のwebサイトなんか必要ないのね。だって「たらポッキ温泉」で検索すると8万件(!)ぐらいヒットするんですもの(このブログだって、その一つですが)。。。。
なんか、ある意味「あっぱれ!」って気もしますね。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

さて、温泉でホカホカして・・・晩御飯食べて、上野行の「はくつる」で帰りましょう。21時06分発です。
いい感じで停車していましたので、跨線橋から1枚。


この「はくつる」に乗った時の印象は、残念ながら何ひとつ憶えていません。
つまり、逆に言うと「上野まで平穏な旅路だった」ってことですね。

この2年後、廃止直前に乗ったら、同じ車両に乗っている修学旅行の生徒たちに「うるさい!」、お酒を飲んでいる人たちに「うるさい!」、
修学旅行に同行していたカメラマンに「バッテリの音がうるさい!」、もう寝ようとしてる人には「カーテンを閉める音がうるさい!」、
車掌さんには「お前の歩く靴音がうるさい!」と、いちいち食ってかかったバカおやじがいて、
怒り出した人たちが「おい、車掌。このバカ、次の駅でつまみ出せや!」と抗議し、とんでもない騒ぎになってしまったので憶えてますが。。。。
(結局、そんなに神経質な人が寝台車で旅をすること自体が無理で、このおっさん、自主的に八戸で下車しました。おそらく、心を病んでいたんじゃないかと思いますけど。。。。)
..(-.-)ノ⌒-~
===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

見納めか?東京メトロ7000系「黄帯車」


最近、東京メトロ7000系電車は、ほとんどが副都心線・有楽町線兼用編成(10両編成)と副都心線専用編成(8両編成)に改造されてしまい、オリジナルの10両編成を見かける機会は少なくなってしまいました。
東武東上線のことはわからないけど(日頃乗る機会がないので)、西武池袋線にオリジナル編成がやって来るのを見る機会は、極端に減ってしまいました。

オリジナルの10両編成は有楽町線専用なので、帯の色は黄色で、ワンマン運転関係の設備を持っていません。
その識別のため、前面左側と3号車・8号車の側面に「Y」のステッカーが貼られており、通称「Y車」とも呼ばれています。
(ただ、素人考えだと、副都心線入線可能編成は帯の色が茶色・黄色・白のトリコロールだから、それで識別可能と思われ、ステッカーの意味がよくわかりませんけどね。。。。)

聞くところによれば、7000系の第06~08・11・12・14・17・21~26編成は改造対象になっておらず、廃車予定とのこと。これらは、2010(平成22)年3月までに姿を消すそうです。
その廃車対象である第21編成に偶然乗ったので、思わず1枚(トップの写真)。
場所は石神井公園駅の上りホームですが、このホーム、来年(2010年)2月7日の始発電車から高架化されることが公表されているので、これも見納めです。

7000系の改造や廃車など全然意識せずに撮っていた写真があったので、載せておきましょう。
2003(平成15)年6月、西武池袋線入間川橋梁(仏子~元加治間)を行く第10編成です。


この当時は、まだ「帝都高速度交通営団」でしたから、車体のマークも営団の「S」マークです(2004年4月1日に民営化)。
所沢、入間市を過ぎたこのあたりまで来ると、昼間は10両編成などガラ空きです。地下鉄車両といえば都心の地下を走っている印象が強いのですが、こういう長閑(のどか)な風景を行くシーンも、風変わりで面白いものです。
なお、この編成は現在、副都心・有楽町線兼用(10両)編成に改造されました。

ところでトップの写真では、右側に西武6000系が見えています。
これにも副都心線・有楽町線兼用に改造された編成と、有楽町線専用編成(これも「Y」のステッカー貼付)の2種類がありました。
(注:西武6000系は、「Y車」も、そうでない編成も帯が青なので、ステッカーで識別する意味があるように思います。)
しかし、兼用車への改造が進み、現在は有楽町線専用編成は6151Fなど、ごく少数になってしまいました。

【この項訂正】12月25日9時30分
ある方のブログに「すでに消滅」と書いてありましたが、
今朝8時45分ごろ大泉学園駅で見た6151Fは、まだ「Y車」でした。
やはり、自分で取材しないとダメね。。。。。
お詫びの上、訂正いたします。

兼用編成は、前頭部が白いマスクに変わりましたから、オリジナル編成特有のシルバーマスクを見る機会はなくなりました。
もっとも、6000系には新宿線所属車が2編成ありますが、これは東京メトロへの入線自体がないので、何の改造もされておらず、前頭部もシルバーのままですが、
これを「員数」に数えていいものかどうか。。。。。6101F(量産先行車)など、地下鉄直通運用に入った実績がありませんし。。。。

これも無意識に撮っていましたが、営団7010編成と同じ時に撮った6157Fの写真も載せておきましょうね♪。


【記述訂正について】
この記事は発表後「とんでもない勘違い」があったことに気づいたので、一部の記述を訂正しております。申し訳ありませんでした。
(12月19日 3時45分)

【さらに追記】
月刊『鉄道ピクトリアル』2010年2月号に掲載されている「東京地下鉄 近年の車両動向についてII」(同社車両部設計課・岩本 厚氏:執筆)という記事に、「7000系副都心線対応工事(東急乗入れ工事を含む)」の概要が記されています。
本件についてお知りになりたい方は、ぜひご一読ください。
(12月23日 7時35分)

【ほらほら、まだいるでしょうが「Y」車。。。。】
やはり、自分で確認・撮影しないとダメですね。
┐('~`;)┌
(2010-01-30 石神井公園駅にて)


==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。