09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大阪の地図見ながら読む、黒川博行氏の「悪漢小説」


肩とふくらはぎがパンパンに張って、「サロンパスEX」を貼っている私、ミッピョンです。
┐('?`;)┌
(「サロンパス」じゃなくて「サロンパスEX」って言われると、なんか「強力・・・」って感じだよね。「インドメタシン配合」だそうです。)
肩が張ってるのは、なんでだ? まさかホーム看視で「指差称呼」のやりすぎってことはないよね(笑)。。。。

冗談はともかく、あんまりテレビを観ない私の「息抜き」は、「鉄道ちゃんと遊ぼ~♪」と、読書です。
私は、ハードボイルド系・・・というより、もろ「ピカレスク(悪漢)」系の小説が好きなんですが、久しぶりに黒川博行さんの本を買ってしまったよ。
『暗礁』です(幻冬舎文庫・上下)。
これは『疫病神』(新潮文庫)、『国境』(講談社文庫)に続く「二宮&桑原」の「疫病神シリーズ」第三弾です。
(って言っても、ファン以外の方には全然わからないでしょうけど。なお、第四弾として『螻蛄(けら)』っていう作品が新潮社から出てますが、まだ読んでおりません。文庫版になってないので。)


私、佐々木譲さんも大好きなんですが、黒川さんといい、佐々木さんといい、「カネ」「利権」そして「暴力」のオンパレードですね。
実は新堂冬樹さんの、いわゆる「黒新堂」作品も大好きでして、どうもアタシは「カネ」と「利権」と「暴力」への憧れがあるみたい。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚

ところが・・・読み始めてすぐ、とんでもないことに気づきました。
この作品の主な舞台は大阪と奈良なんですが、細かい地名が全然わからないんですよ。
例えば・・・
「都島区毛馬二丁目。城北公園通沿いの雀荘『東』(トン)は二蝶会の縄張内(シマうち)にあった。バブルのころに建てられたのだろう、玄関先に大理石の装飾柱をしつらえた七階建のテナントビル、
一階がステーキハウスで二階にラウンジと『東』が入っている。」(上巻・11ページ)
「千日前。竹林寺近くのパーキングに車を駐めた。桑原は相合橋(あいあうばし)筋のアーケード下を北へ歩いていく。」(上巻・64ページ)
「曾根崎から新御堂筋にあがり、新大阪でおりた。宮原を右折し、東海道本線のガードをくぐって小松へ。
東淀川区の一帯は幹線道路が少なく、新幹線、阪急千里線、阪急京都線が入り組んでいるから、土地勘がないとスムーズに走れない。
それでも零時前には小松に着き、田辺製薬の工場から北へ入っていくと、付近はマンションやアパートの建ち並ぶ住宅地だった。」(上巻・377ページ)
・・・ダメだわ。「土地勘がないとスムーズに”読めない”」。。。。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!

しょうがないので、翌日、買っちゃいましたよ。
『街の達人コンパクト でっか字 京阪神便利情報地図』(昭文社)。
『暗礁』が上下巻で1300円ですが、この地図、一冊で1575円もするんですぜ。。。。
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
さすがに、梅田とか難波、天王寺、心斎橋、中之島、あるいはアメリカ村なんていうのはわかりますけど、
いきなり「国道三○八号線を東へ走り、《変電所前》の交差点を右折した」(上巻・183ページ)とか言われてもね。。。。
とにかく、一度最後まで通読し、今度は地図を参照しながら読み直してます。
「都島区の毛馬(けま)って、どこの駅からも遠いのね。もっとも、ヤクザの若頭補佐が電車には乗らないでしょうけど」とか、考えながらね。
(ちなみに二蝶会若頭補佐・桑原の愛車はBMWです。)
もっとも、東京メトロ~西武池袋線直通電車で帰宅途中に、座って『京阪神便利情報地図』を拡げてると、周りの人たちがものすごく変な顔をして、
「おねえさん。それ『東京23区』版じゃないよ」みたいな目で見られますけどね。。。。
(注:同じシリーズで『東京多摩』版と『横浜・川崎 神奈川』版も出ています。)

実は、同じ昭文社の『ポケット 札幌都市地図』っていうのも持ってるんですよ。
これは佐々木譲さんの『笑う警官』(幻冬舎文庫)を読もうとして、あまりにも札幌の地理がワカランチンなので、慌てて買ったんです。
その後、『警察庁から来た男』、『警察の紋章』といった「北海道警シリーズ」を読むのに、このポケット版地図は大いに役立ってますけどね。。。。

【追記】(2012-07-20)
『螻蛄(けら)』は、新潮文庫に入りました!
このシリーズでは珍しく、舞台の半分が東京です。
(あと、小田原が少し。『国境』の後半でも姫路が出てきたね。「中心都市から1時間ぐらいで行ける小都市」って設定なのでしょう。)
『螻蛄』には美術商が出てくるんだけど、そういう物の市場って、やっぱり本場は東京なんでしょうね。それで、今回は東京を出したんだと思います。

しかし・・・銀座とか、神田駿河台の「山の上ホテル」あたりは誰でもわかるとして、
葛飾区の水元公園の近くとか、荒川区の京成新三河島駅に近い尾久神社なんて・・・東京に住んでいても、知ってる人は限られると思うけど、面白い場所を舞台にしましたね、黒川先生。。。。
東京の地理に詳しい取材協力者がいるんだろうとは思うけど、これには驚きました。
もっとも、格闘シーンとか、「銃で撃たれた怪我を隠密裏に治療してくれるヤミ病院」なんて、あんまりメジャーな場所に設定するわけにはいかないだろうけどね。
=====================================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
スポンサーサイト

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

懐かしい!泣ける!昭和テツ漫画『カレチ』


月刊『鉄道ピクトリアル』の2月号(特集:205系電車)を買いに行ったら、妙な漫画本を発見。。。。
その名も『カレチ』(池田邦彦・作、講談社モーニングKC)。
私は漫画というものを全く読まない人間なので、この漫画(「モーニング」誌に連載)も、「故・青木雄二氏に次ぐ遅いデビュー」というこの作者のことも、何一つ知りません。

あ、「カレチ」という言葉の意味は知ってますよ。
「カクアツカイ(客扱)レッシャチョウ(列車長)」転じて、「客扱専務車掌」の略号ね。旧・国鉄の部内用語。作中にも出てきますけど。
(今、JR各社では、ほとんど使わないようですが。)

「昭和40年代後半、大阪車掌区---。乗客のために一生懸命になりすぎる新米カレチ、荻野の奮闘と成長を描く、懐かしさ一杯の読みきりシリーズ!」
と、カバーにありますので、
坂本 衛氏の『昭和の車掌奮闘記』(交通新聞社新書。写真右の本)を参考にしているのかなぁ・・・とも思えますが。

ただ、私は作者がデビューするきっかけになった、第54回ちばてつや賞受賞作「RAIL GIRL 三河の花」に泣かされたネ!
扉に描かれた飯田線電車の先頭車がクハユニ56ってだけで、もう、涙、なみだですわよ。。。。

実は、買って来てまだあんまりちゃんと読んでないんですが、
明日は、昼間埼玉県某所へ出没する予定だけど暇があるので、じっくり読んでみますね♪

【追記】(12月23日 7時20分)
早起きしてちゃんと読みました。。。。
「これ、かなりムチャ(な設定)だなぁ・・・」っていうストーリーもあるんだけど、「まあ、読んでみてくだされ」と申し上げます。
(「お前。万一、国鉄をクビになったら、ウチで雇ってやるぞ」と荻野車掌に名刺を差し出した酔っ払いのおっさんの正体は・・・水戸黄門みたいだよね、まるで。。。。)

だけど、ひとつ言えるのは、「もう、とにかく日本海縦貫線というのは、”雪との闘い”であり、それにまつわる物語は無数にあるのだ」と。。。。
(しかし、弥彦線にキハ58が充当されていた時代って、私は知らんなぁ。昭和50年代の末期には、キハ35や40と混ぜこぜで入ってたらしいですけど、乗ったことはない。)

しかしまあ、何度読んでもやっぱり泣かされるのは、飯田線の簡易委託駅(架空)を舞台にした「RAIL GIRL 三河の花」でした。
(ノд-。)クスン

(「おまけ」に出てくる「食堂車のサンドイッチ450円、バヤリースオレンジ150円」って、いつの時代なんだろう? 私は食堂車でご飯食べたことが全然なかったので知らないけど、1970年代だとすれば、ずいぶん高いな~。。。。)

【さらに追記】(2012-07-20)
この池田邦彦氏が、NHKの『ラジオ深夜便』に出演されたので聞いてみましたが(7月20日早朝・「列島インタビュー」)、
私は、この方の本、もう一冊持っていました。
池田邦彦『鉄道史の分岐点』表紙
(2005年・イカロス出版 刊)

この『鉄道史の分岐点』刊行当時は「漫画家」ではなく、鉄道メインのイラストレーター兼ライターだったので、
これと漫画『カレチ』が結びつかなかったんですよ。。。。
池田邦彦『鉄道史の分岐点』口絵

漫画『カレチ』は大好評のようで、2012年7月現在、第3巻まで発行されていますが、
ラジオのインタビューでは、やはり「坂本衛さん、檀上莞爾さん、市川潔さん、萩原良彦さん、宇田堅吉さんといった方々の本を参考にさせていただいた」とおっしゃっていましたが、
いったい『ラジオ深夜便』リスナーのうち何人が、この方々のお名前をご存知かな?。。。。
==============================
《お願い》
1.このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。