10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

【広告】

■お勧め本!【Amazon.co.jp】
今年、10月1日は東海道新幹線開業50周年!
(*'-'*)
東海道新幹線開業50周年シンボルマーク(2014年7月9日撮影)

本書は、その東海道新幹線について『鉄道ピクトリアル』誌と『電気車の科学』誌に、国鉄担当者から寄稿された1950年代後半の高速列車計画概要紹介記事に始まり、その後の計画の進展、開業まで、リアルタイムで進む当時の様子を再録したものです。
輸送計画の策定から、従来に例のない高速に挑む車両の規格・性能の検討、電気・信号・軌道の各システム概要、
各区間の工事状況、モデル線の建設から試験編成の紹介、メーカーからの搬入、試運転、車両基地、車両の運用・配置、試運転・1番列車の乗車体験記、
当時検討された貨物新幹線の構想、当時の「鉄道の話題」に掲載された新幹線関連の記事など、いずれも貴重な記事を収録しています。
■巻頭記事 東海道新幹線開業50年に思う(今田 保)

鉄道ピクトリアル アーカイブスセレクション28 東海道新幹線1950-60 2014年 06月号 [雑誌]

新品価格
¥1,550から
(2014/5/28 20:37時点)

本書はかつて東海道新幹線の運転士だった方が書いた「裏話」ですが、構成が変わっていて、第一部が「0系運転士」の、第二部が「N700系A運転士」の座談会みたいな感じになっています。
(文庫版ですが、「全篇書きおろし」です。)
昭和50年代、大阪の乗務員宿泊所が不足していたらしく、新大阪駅前のビジネスホテルを国鉄が借り上げて宿泊所にしていたこと、
0系先頭車にあった、運転席とは別の「乗務員室」(個室)は便乗運転士用の設備で、中には二人座れる長椅子があった・・・といった細かい記述が、むしろ「運転テクニック」自体の話よりも面白い(笑)。

また、現在は運転士と車掌は兼任で、「N700系A」の章を読むと、どういうローテーションで運転士をやったり、車掌をやったりしているのかもわかりますが、
地方私鉄のワンマン列車の運転士と違い、JRは乗車券の規則が複雑で、畑違いの分野である「営業」の知識を習得するのは大変だったろうなぁ・・・と思いますね。
苦労といえば、「朝食に”納豆を食べたい”と思ったが、あまり消化に良い食べ物は乗務中にトイレに行きたくなるから控えた」との記述があります。これも、乗務員特有の「苦労」です(笑)。

経験者ならではの、そして、退職後も人脈を持つ著者にしか書けない話題が全篇にわたって書かれており、一読の価値があります。また、JR東海は「テロ対策」か何か知らんが、「鉄道の舞台裏」を公開することを極端に嫌う会社ですから、その意味でも本書の内容は大変貴重なものです

東海道新幹線 運転席へようこそ (新潮文庫)

新品価格
¥562から
(2014/5/28 20:30時点)



●上記以外の本(和書・洋書・古書・電子書籍)、DVDなどは、こちらのバナーからどうぞ。


●鉄道愛好者なら、たいてい知っている「日本最大級の鉄道アイテムショップ」。
【主な参加企業】
・鉄道模型(模型は、全て各社の「直売」です。)
KATO、トミックス、グリーンマックス、マイクロエース、MODEMO、
銀河モデル、タヴァサ、レボリューションファクトリー、安達製作所、エンドウ、
ホビーモデル、シノハラ、天賞堂、エコーモデル、谷川製作所、クマタ貿易
ムサシノモデル

・鉄道会社関連グッズ
国鉄・JR、総合車両製作所(旧・東急車輛)、東京メトロ、長野電鉄、埼玉高速鉄道、
富士急行、大井川鐵道、千葉モノレール、東京都交通局、南海電気鉄道

他に、DVD・ブルーレイ、書籍、カレンダー、鉄道絵画、鉄道部品(模造品)などを取り揃えています。



●これは私、みっぴょんも愛用しているよ。。。。
ε=ε=┏( ・_・)┛↓
(株)日本旅行の旅行商品「赤い風船」とのタイアップで、JR券・JAL・ANA+宿泊の予約・購入もできるようになりました。
(・・・って、新サービスをやるんなら新しいバナー作ってよ、リクルートさん。。。。)


■なんと!「楽天市場」で「駅弁」が買えるのだ!
( ゜。゜)ウヒョー
●富山駅「ますの寿司」(1380円~2500円各種[送料別])
●敦賀駅「荘兵衛さんの極上鯖寿司」(2000円[送料別])
●森駅「いかめし」(500円~5200円各種[送料別])
●長万部駅「かにめし」(4食セット:3650円[送料別])
●東京駅「イベリコ豚丼」の肉パック(4~5人分:2350円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」「牛めし弁当」各1個ずつ計2個(1900円[送料別])
●山形駅「鶏めし弁当」2個セット(1700円[送料別])
・・・など(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「駅弁」を検索してください。

■楽天市場「鉄道模型」売れ筋情報(ランキングは随時変わります。)
※上記は、ほんの一例です(売り切れ等の場合はご容赦ください)。
まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→最上部の検索窓で「鉄道」を検索するのが簡単です。
(※詳細検索は、まず下↓のバナーをクリック→楽天市場トップ→左側「ジャンル」欄から「キッズ・ベビー・玩具」→ホビー→鉄道模型・・・でお入りください。)


法務省|インターネットを悪用した人権侵害をやめましょう

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ユルいやつら」(笑)と、岩泉線の思い出


7月1日から9月30日まで、岩手県とJR東日本盛岡支社の「いわて・平泉観光キャンペーン」が開催されるそうです。
で・・・そのキャラのポスターを東京駅と平塚駅で見たんですが。。。。

「わるいやつら」といえば松本清張の小説であり、米倉涼子さんを「本格派女優」にした作品のひとつですが(あとは「黒革の手帖」と「けものみち」)、
この方々は「ユルいやつら」と呼んでいいでしょうね、みうらじゅんさん流に。。。。
(​ノω`​)プ​プフ​゚
この方々、「わんこきょうだい」と称し、まずは「そばっち」。


そして「こくっち」と「おもっち」だそうです。


「おもっち」はお餅なんでしょうけど、「こくっち」って何ですかね? 古代米みたいですけど。。。。

さらに「とふっち」と「うにっち」もおります。これは、説明不要でしょうね。


とにかくまあ、かわいいけどユルいです。あの「ももずきんちゃん&アルクマくん」といい勝負です。

岩手県ねぇ・・・そういえば「賢治100年祭」(1996年)の頃、当時まだ走っていた急行「八甲田」で行きましたけど、以後、ゆっくり訪れてはおりません。
いや・・・その後2002年に、岩泉線に乗ったのか・・・。
その頃は、ネットが今ほど一般的ではなかったのか、岩泉の駅前からノートPCで「今日はキハ52 149が走っています」などと書き込んでいる人にびっくらこいたものですが、
今では、そんな物には全然驚かないどころか、私まで「なぜか一ノ関駅構内に209系電車がいます」などと書くまでに・・・(1月2日付ブログ参照)。


時代は確実に変わっていますね。キハ52形は、もう盛岡支社管内からは姿を消し、今、岩泉線はキハ110形らしいですけど・・・。
岩泉線って路線は、乗るのが本当に大変な「秘境鉄道」でして、私は一往復した後、宮古へ出て東京・品川行の夜行高速バスで帰ってきましたよ。
(注:最初は勘違いして「釜石へ出て」と書いてましたが、「宮古」が正当ですので訂正します。)
現行ダイヤでは、夕方の列車で岩泉線を往復し、山田線で茂市から盛岡へ出ると、かろうじて東京行新幹線最終の「はやて32号」に乗れますが、
2002年当時は、最終東京行には乗れず、むしろ宮古へ抜けてバスに乗ったほうが有利だったのかもしれません。

ちなみに・・・「わんこきょうだい」はともかく、私は「わんこそば」という物を食べたことがありません。
なんか、落ち着いて食べられそうもないし・・・私は、普通の「天ざる」か何かでいいです。。。。
(o・ェ・o)ノ
===============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)
スポンサーサイト

theme : 鉄道
genre : 趣味・実用

昔、上野~長岡間の普通列車があったね=^ェ^=。。。。


「ミッピョンは、また出歩いているよ」(プププ)とおっしゃる方々もいらっしゃるけど、今は、そうそう出歩けませんよ、私も。。。。
新しいお仕事で疲れちゃってるし(書いていない日は「泊まり」でした)、メールは溜まっちゃってるし、5月10日限りで廃止される「So-net Photo」のHTMLコードを「別の何か」に置き換える処理をしなきゃならないし、
おまけに、立て替えてある定期券代(金8万5000円也)がまだ返ってこない。。。。
( ​>∀<​)・∵​.ドッヒャ~!
(お願いします。今週中に返してください、経理部の「女王様」・・・しくしく[泣])。
(ノд-。)。。。。
まあ、先週神奈川県の山北まで行ったからね。今週は実家からかっぱらってきた古い『時刻表』でも見ていることにしよう。。。。
ヾ(*'-'*) <おとなしく、いい子にしてましょうね~
以前、弘済出版社の『全国小型時刻表』をかっぱらってきたけど、日本交通公社発行の『国鉄監修 交通公社の時刻表』1983(昭和58)年2月号もありました。
表紙は、信越本線黒姫駅です。駅前広場で憩うスキーヤーの姿が、実に「ヤラセ」っぽくてわざとらしい(笑)。


広告にも「時代」を感じさせます。


日本通信工業(株)の多機能電話機「日通工テレエースFP-1000-D(電電公社形式認定品)」の広告が載ってるんですが、特徴が
・ハンズフリー機能
・自動ダイヤル機能(16箇所まで)
・短縮ダイヤル機能(40箇所まで)
・リダイヤル機能
・時計機能
・タイマー機能
・計算機能(8桁・四則計算)
だって・・・。今なら、全部「当たり前」の機能ですね。でも、まだ「ナンバーディスプレイ」のような機能は、付いていなかったみたいです。
しかし、「計算機能」ってさ・・・。
これ、卓上の固定電話機でしょ?しかもオフィス用の。こんなので「計算」してる人なんて、見たことないよね。。。。
普通の職場は、デスクに電卓の1台もなかったら、仕事にならないんじゃない?
(​ノω`​)プ​プフ​゚
その下にある「有馬温泉へドゾー」(*^^)っの連合広告も、何十年も続いていましたね。。。。
なお、表4(裏表紙)の広告はキリンビールさんですが、この時は「レモンライムの青い風 キリンレモン」ではなく、缶のラガービールで、キャラクターは若き日(たぶん四十代)の浅井慎平氏(写真家)でした。

さて・・・「何か面白い列車は、ないかいな」と思ってページをめくれば、まあ、どれも面白いんだけど、高崎・上越線なんて、特に面白いですよ。
この時点では、もう上越新幹線は開業(1982年11月15日)しており、在来線の特急「とき」は全廃されていましたが、長距離旅客の急激な料金負担増を避けるためだったのか、
上野~新潟間の急行「佐渡」、上野~長岡~直江津間の急行「よねやま」は残されました。
1964(昭和39)年に東海道新幹線が開業した際には、東京~大阪間の急行「なにわ」も少数ながら残されましたが(1968[昭和43]年9月末まで)、
1975(昭和50)年に山陽新幹線が博多まで開業した時には、並行在来線を走る昼間の特急・急行を一挙に廃止したことに対する批判が大きかったので、東北・上越新幹線では、その点が配慮されたようです。


しかし・・・
もっとスゴイのは、上野~長岡間の長距離普通列車が1日5本走っていたんだね、まだ。しかも下り1本は夜行。。。。
【下り】
・723M 上野発6:07→長岡着11:33
・729M 上野発13:37→長岡着19:13
・733M 上野発22:07→長岡着4:45
【上り】
・724M 長岡発7:02→上野着12:12
・732M 長岡発16:41→上野着22:21

車両は新前橋電車区(高シマ)の115系電車で、荷物車(クモニ83形)と、郵便車(クモユ141形)が連結されていたように記憶します。
というか、東京と群馬県・新潟県を結ぶ荷物車と郵便車が「本命」でしょうね。いくら昔の話とはいえ、さすがに1983年当時、上野から長岡まで普通列車で行く人は、もはや少数派になってましたね・・・。
上下の本数が一致しませんが、車両の所属が高シマですから、上野に着いた時点で折返し新前橋行きに充当するか、あるいは長岡から高崎行きとして、基地の高シマ区に戻していたんじゃないかと思います。


私は早朝に上野を出る723Mに乗ったことがあるのよ・・・。
(まさにブログのタイトルどおり「mitsuka」が「JNRの115系」に乗ったお話ですけど!)
これがね、少しも退屈ではありませんでしたね。当時、高崎鉄道管理局管内の駅では、駅名標に必ず「標高何メートル」と書いてありましたが、これがだんだん大きな数字になっていくんですよ・・・。

↑こういうのね(桶川駅)。柱の右側に「海抜二〇・六五七米」と書いてあります(2005年8月撮影)。

723Mは、長岡発11時50分の439Mに接続しており、東三条着12時19分・新潟着13時09分でした。
新潟では村上行き931M、さらに村上で秋田行き839列車に接続しており、秋田着は21時02分でしたが、さすがにそこまでお付き合いはしたことがありませんでしたね・・・。
もう「青春18きっぷ」は発売されていましたが(1982年3月から)、「絶妙な接続」だというのに、特にこの列車へ「18きっぷ」利用者が集中するという話は聞きませんでした。
当時は、中距離・長距離の普通列車が結構あったので、東海道本線の「大垣夜行」などは別として、特定の列車に集中する傾向は少なく、それぞれ、目的地や都合の良い時間帯に合わせて列車を選べた・・・という感じがします。

昼間乗るんだったら・・・私は上野駅の「チキン弁当」が好きだったなぁ。。。。
チキンライスと、鶏の唐揚げが入っているお弁当なんですが、まだ若かったので(今だって若いけどさ♪)、そういうのがお好みだったのね。
高崎駅だったら「鳥めし」、長岡駅なら「越後の闘牛・牛めし」(まさか「闘牛で負けた牛の肉」ってことはなかったと思うけどね)がお好みだったんですが・・・私って「肉食女子」だったんでしょうか????
( ​゚∀゚​)・∵​. カ​゙ハッ​!
今、熊谷駅では駅弁を売っていないようですが、ある時「栗めし」を買ってみたら、お菓子みたいに甘いのでびっくりしたこともありました。

さて・・・
夜行の733Mですが、上野を出る時点では単なる「高崎線の1本」に過ぎず、帰宅するサラリーマンのための列車です(お酒臭かった)。
で、高崎で47分、新前橋で42分も停車するんだよね。。。。
その昔、萩原朔太郎が「野に新しき停車場は建てられたり」という詩(『新前橋駅』と題する)を作ったりした新前橋駅前も、この時間(0時55分着・1時37分発)に歩く人はいない。。。。


そこから先は、水上4分・越後湯沢2分・小出2分が「やや長い停車時間」で、各駅15秒とか30秒停車でした。
それと、「こんな駅で誰が降りるの?」っていうような駅にも停車しており、通過駅は井野・上牧・岩原スキー場前・八色だけでした。
どう考えても北堀之内あたりで降りる人はいないんですが、クモニに新聞を積んでおり、それを降ろしていたのかもしれませんね。
車内放送も一晩中やっており、「・・・越後滝谷です(ごにょごにょ)」みたいに一言いうだけでしたが、夜中でも到着駅を告げていました。もっとも、アレは車掌さんの「眠気覚まし&退屈しのぎ」の可能性が。。。。
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ
733Mは長岡発5時14分の421Mに接続しており、これに乗り継ぐと新潟には6時34分に着きましたが、その先の接続があまり良いとは言えず、
「さらに乗り継いで北海道へ」というような話は聞いたことがありませんでしたし、だいたい、733Mからの乗り継ぎでは、その日のうちに普通列車だけで行けるのは、大館まででした。
その頃は、急行「八甲田」や「十和田」が健在でしたし、「青春18きっぷ」は5日間有効で8000円でしたが、
「北海道ワイド周遊券」が東京発で大人3万1500円、学割なら2万3300円で20日間有効。急行列車の自由席(北海道内は特急の自由席も)乗り放題でしたし、今ほど「18きっぷ」に依存する必要もなかったんでしょうね。

まあ、こんな列車は今では存在しないし、走っていたとしても乗らないでしょうなぁ。。。。

だけど・・・長岡って言やぁ、あたしゃ越後岩塚のお稲荷様でいただいた「就職成就および適職拝受」のお札を納めに行かなきゃいけないんだ。。。。
ヽ(´Д`)ノアリガタヤ アリガタヤ・・・
(注:今回使った115系の写真は適当にストックから選んだもので、1983年当時の写真ではありません。)

《追記》
井上ひさし先生がお亡くなりになったんですねぇ・・・。今朝、NHKのニュースを見てびっくりしました。
私、自筆のお葉書を頂戴したことが一度だけあるんですよ。10年ぐらい前のことで、そのお葉書はビニールで保護して「家宝」扱いですけど。
このブログでも、いずれ『下駄の上の卵』と、『父と暮らせば』の特集をやらせていただきます。
(なんでその2作なのかは・・・読めばわかります。)
ご冥福をお祈りいたします。
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

竹内まりやさんが作った名曲『二人のブルートレイン』(岡田有希子)

EF65 1106[田]牽引の特急「出雲」(2006年3月上旬・横浜駅)

今回は、「この曲をどうしても取り上げなきゃな~」と思っていた(実際、予告したような気もする)、
岡田有希子さん(1967~1986)が唄った『二人のブルートレイン』について書きます。

この曲は、1985(昭和60)10月5日に発売されたシングル『Love Fair』(ポニーキャニオン、7A-0523)のB面です。


既に「夜行列車の衰退」が言われていた時代でしたが、このような曲が「アイドル歌謡」として作られていたんですねぇ。。。。
歌詞は、次のとおりです。

■『二人のブルートレイン』(作詞:竹内まりや 作曲:杉 真理 編曲:かしぶち哲郎)
♪約束どおりにやってきたホームは 人影さえ少なくて
ボストン手にしたあなたの後から 顔を伏せて歩いたの
さあこれから初めての旅 もう後には引き返せない
私たちを乗せたブルー・ブルートレイン 夜の都会に手を振った

時計を見ながらあの子のおうちへ ママが電話する頃ね
秘密を抱えた心が痛むわ だけど上手く嘘ついて!
二人だけの初めての旅 誰にも内緒の一日
恋とスリル乗せたブルー・ブルートレイン 夜明けまで少し眠るわ・・・

やがて汽車の窓の外には 深い緑に抱かれ
朝もやに霞む湖 近づいて見えてくる もうすぐ駅ね・・・

降り立つホームに漂う空気が 彼の息を白くする
一つのコートを仲良く分け合い 二人乗せて走るよ
二人乗せて走るブルートレイン

この曲、「ようつべ」(YouTube)に落ちてますよ。
(「岡田有希子 二人のブルートレイン」で検索してください。)

とにかく、ご一聴いただきたいんですが、ユッコさんのファンは鉄道愛好者が多かったということもあって、今でも語り草になっている名曲です。
(あと、もう一曲「鉄道愛好者に伝わる名曲を選べ」と言われたら、私は谷山浩子さんの『テングサの歌』を推すね!)
o(^▽^)oキャハハハ

曲のイメージは『恋の片道切符』に代表される、懐かしいポップスの「汽車物」調リズムを踏襲しています。
(須藤薫さんの『サヨナラは五月の吹雪』も同じ・・・といっても、この曲を知っている人は、相当の「J-POPおたく」ですが。)
しかしまあ・・・まりやさんが作詞で、杉 真理(すぎ・まさみち)さんが作曲とは。。。。
┐('~`;)┌
なにしろ、まりやさんの夫である山下達郎さんと「杉さま」(笑)は犬猿の仲と言われますから、ちょっと信じられない気もするんですが・・・。

ちなみにA面の『LoveFair』という曲には、悪いけど三文の値打ちも感じられませんぜ、私には・・・。
なにせ
♪花びら摘み取るいけない子 やめてNoNoNo
不思議な電波を放つのは 誰の瞳・・・
というような、何の意味もない言葉の羅列に過ぎない歌詞でっせ・・・。
ヽ(´​Д`)​ノアゥァ​
(この曲は、ユッコさんが主演した「絶対に再放送されないドラマ」、大映テレビ制作『禁じられたマリコ』[TBS]の主題歌で、
グリコさんのお菓子のCMにも使われましたが。なお、これはかしぶち哲郎さんの作品で、まりやさん無関係。)

で、「二人のブルートレイン」って、どの列車なの?!
架空の列車ではありませんよ。
それはね・・・特急「出雲」(2006年3月17日のダイヤ改正で廃止)である、というのが定説になっていますよ。

なお、「朝もやに霞む湖」とは、宍道湖であるといわれています。
なにせ、これは竹内まりやさん(旧・島根県簸川郡大社町[現在は出雲市と合併]出身)の作品ですから・・・・。
(*-_-*)しみじみ・・・
特急「出雲」(2006年3月上旬・有楽町駅)

【注】列車の写真が、初出のはあまり良くなかったので差し替えました。
(2012-08-31)

【お悔やみ】(2013-12-24)
かしぶち哲郎さん、亡くなったそうです。
(享年63)
心から哀悼の意を表します。
ドラマーの青山純さん(享年56)も12月3日に亡くなりましたし。。。。
山下達郎さんの曲といえば、ドラムは青山さんに決まっており(他に、B'zや渡辺美里さんのバックでも演奏していた)、残念でなりません。

==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

昔の「スゴイ列車」・・・信州循環急行「のべやま」・「すわ」


昨日(1月24日付)には誤植がありましたね。お詫びして訂正します。。。。
<(__)>
× (これは篠ノ井線の長野10時35分発長野行・1227M)
○ (これは篠ノ井線の松本10時35分発長野行・1227M)
o(^▽^)oキャハハハ
「長野発長野行」なんて、循環しちゃうじゃん・・・って、昔は本当にそういう列車があった!
急行「のべやま」と「すわ」っていうんですが。。。。

1968(昭和43)年10月1日から運転され、1975(昭和50)年3月10日のダイヤ改正で廃止されましたが、これがまあスゴイ。。。。
経路は、
「のべやま」・・・長野→篠ノ井→小諸→小海→野辺山→小淵沢→上諏訪→辰野→塩尻→松本→篠ノ井→長野
「すわ」・・・長野→篠ノ井→松本→塩尻→辰野→上諏訪→小淵沢→野辺山→小海→小諸→篠ノ井→長野
停車駅は、両列車とも篠ノ井、屋代、戸倉、上田、大屋、小諸、岩村田、中込、臼田、小海、信濃川上、野辺山(冬季通過)、清里、小淵沢、富士見、茅野、上諏訪、下諏訪、岡谷、辰野、塩尻、松本、明科、麻績(おみ:現・聖高原)、篠ノ井でした。

1972(昭和47)年3月15日現在の時刻(主な駅のみ記載)は
702D?701D「のべやま」・・・長野発11:13→小諸発12:10→小海発12:53→小淵沢発14:20→上諏訪発14:56→塩尻発15:47→松本発16:00→長野着17:13
704D?703D「すわ」・・・長野発11:40→松本発12:51→塩尻発13:05→上諏訪発13:49→小淵沢発14:37→小海発16:02→小諸発16:46→長野着17:38
でした。

運転経路がわかりにくいので、当時の『国鉄監修・交通公社の時刻表』には”急行「のべやま」「すわ」の運転経路図”というものが載っています。


車両はキハ58形の2~3連だったようですが、「のべやま」に長野運転所(長ナノ)のキハ57形(キハ58の台車がエアサスのやつ)2連が、
「すわ」に松本運転所(長モト)のキハ58+キハ55が入っている写真を載せたサイトがありました。
また、これは「2ちゃんねる」情報ですが、「ごく稀にキハ65が入っていたのを見た」という記述もあるので、
結論から言えば「急行形気動車なら”何でもアリ”のあり合わせで組成された2~3両編成だった」ということみたいです。
なお、普通車自由席のみで、指定席車やグリーン車はありませんでした。

これね・・・乗ってるだけで「観光」できちゃいますよね。
(・∀・)
さすがに、全区間ず~っと乗ってる人がいたとは思えませんが、運行時間帯からいって観光客向けの列車だったのでしょう。

この列車は、前述のように1975年3月10日のダイヤ改正で廃止されました。
1973(昭和48)年3月28日に篠ノ井線松本~篠ノ井間が電化され、まずローカル列車を電車化、そして同年7月10日から特急「しなの」がキハ181系気動車から381系電車に置き換えられましたが、
これによって長野鉄道管理局管内の車両事情は大きく変わり、松本運転所の気動車は急行「しらゆき」(松本~金沢間:大糸線経由)用のキハ58系だけ、長野運転所の気動車も飯山線用だけに縮小されたことと関係ありそうです。
また、運転ルートが複雑で、多路線にまたがるため、いったん事故や災害で遅れが発生すると厄介だったのでしょうね。

ですが、列車自体に話題性や、「乗って楽しむ」観光的・趣味的な要素があるのは事実で、JR発足後の1993?97(平成5?9)年に、同じルートで臨時の快速「信州循環列車」というのが走りました。
しかし、1997年10月1日から篠ノ井~小諸(~軽井沢)間がしなの鉄道へ移管された際、小諸駅構内で小海線としなの鉄道(旧・信越本線)の線路は分断されましたから、今は直通運転不可能ですよ。

もし今、走っていたら乗ってみたいよね♪。。。。
(*・・b)b


*今回の写真は、キハ58系列車の「イメージ」として示したもので、急行「のべやま」「すわ」ではありません。
これはキハ58 1504(盛モカ)ほか2連の花輪線列車で、2002年6月、盛岡駅で撮影。
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

東急桜木町駅跡の現状

東急東横線の横浜~桜木町間が、横浜高速鉄道みなとみらい線への「発展的解消」という形で廃止されてから、もう6年近く経ちます。

山崎まさよしさんがメジャーになりつつあった頃、初めてラジオで「One more time,One more chance」を聴いた時、
♪いつでも捜しているよ どっかに君の姿を
 明け方の街 桜木町で
 こんな所に来るはずもないのに・・・
という歌詞が出てきたので、「桜木町?!」とびっくりした記憶があります(かつて住んでいたそうです)。
(あたしゃ、「名前のない鳥」が好きだけどね。。。。)

横浜~桜木町間は2004年(平成16)1月30日限りで廃止され(厳密には、1月31日午前1時過ぎに最終電車が走った)、
1月31日は「空白の一日」として何も走らず、並行するJR線と市営地下鉄に任せ(注)、2月1日の始発電車から、みなとみらい線が開業しました。
(注:営業運転は渋谷~横浜間だったが、その先は回送列車として全列車が元町・中華街まで運行された。)

その東急桜木町駅廃止直前の姿は、こんな感じでした。
(2003年[平成15]年11月18日撮影)


現状は、どうなっているかというと。。。。
(12月17日撮影)


ホームはこんな感じでしたね。いかにも、昭和初期に建設された「郊外電車」のターミナル独特の雰囲気でした。
東急の駅だと、大井町駅や五反田駅も似たイメージです。


私は一時、都内から桜木町へ通勤していた時期があります。あまりにも時間がかかるのですが、車内で『鬼平犯科帳』や『徳川家康』、『坂の上の雲』などのシリーズ物や大長編小説を全巻読むには、むしろ最適でした(笑)。

まあ、桜木町には横浜西口ほどの集客力はなく、レジャーや買物が目的なら、そんな頻繁に来る街ではありませんでしたが。。。。
駅前に「ゴールデンセンター」っていう商業ビルがあるんだけど、まあ、「地方都市風味」の雑居ビルです。
今は「ぴおシティ」という名称になっていますが、キーテナントが会員制の場外車券売り場と100円ショップの「ダイソー」だもんなぁ。。。
┐('~`;)┌

駅に話を戻すと、、もう廃止が決まっていたというのに、エスカレータが新設されたりしたのでびっくりしましたが、これはバリアフリー法の関係で仕方なかったのかもしれませんし、
そもそも、設置費用自体が補助金から支出されていたのかもしれませんね。

駅のコンコース跡は「創造空間qool」という施設になっていましたが、私が訪れた時は何もやっておらず、
内部には折り畳み式の椅子や机がたくさん置いてあるだけだったので、何を創造する空間なのかは、わかりません。たぶん、イベント会場などに利用する施設でしょうね。
ただ、入口の表示に「旧東横線桜木町駅舎」と明記してありました。
もしかすると、「創造空間qool」なんて名前は馴染みもないし、ここで開催される催事の案内状などにも「旧桜木町駅舎」と書いているのかもしれませんね。

テレビドラマ「あぶない刑事」など、横浜を舞台にしたドラマ・映画によく映っていた、高架下が落書きだらけだったので有名な線路跡は、
どうやら「歩行者・自転車専用道路」として残すようですが、その工事は、あんまり進んでいるふうには見えませんでした。
しかし、横浜には港の「汽車道」をはじめ、廃線跡転用の遊歩道が結構あるので、また一つそれが増えることになり、楽しみです。

ただまあ、私にすれば、もっと楽しみなのは、早く渋谷駅が地下へ移転し、西武池袋線沿線の我が街を「元町・中華街行」電車が走ることなんですけどね!
西武さんと東急さんが共同で、地下鉄乗入れ仕様の特急用車両を作り、「メトロちちぶ」「メトロ横浜みらい」とでも名乗って「海と山を結ぶ」列車でも走らせたら面白いでしょうねぇ。。。。
(すみません。これは「マニアの夢」というか「戯れ言」ですから忘れてください。『鉄道ピクトリアル』誌の別冊「小田急電鉄特集号」を読んで、同社のMSE車を羨ましく思ってるだけです。。。。)
(o^-')b 
==============================
《お願い》
このブログは「にほんブログ村」の「鉄道」カテゴリ、「つれづれ日記」カテゴリに参加しております。
ランキングエントリーのため、お手数ですが、ご覧になりましたら、
↓のバナーをクリックしてください。お願い致します。
にほんブログ村 鉄道ブログへにほんブログ村
にほんブログ村 その他日記ブログ つれづれへにほんブログ村
(バナーは二つありますが、クリックはどちらか一方で結構です。)

theme : 女子鉄お姉さま♪♪
genre : 趣味・実用

プロフィール

mitsuka115JNR

Author:mitsuka115JNR
「新と旧」「JR(国鉄)と私鉄」「日本と外国」「西と東」などにとらわれず、自由気ままに書いてます。お気軽に遊びに来てね♪
(コメントは「承認制」とさせていただいておりますので、表示されるまで、お時間がかかります。ご了承ください。
また、記事内容と無関係なコメント、「これはUPしたら荒れるね」と予想されるコメント、読者を不快にさせるネガティブなコメント(「クヨクヨ系」、「いちいち難癖・いちゃもん・喧嘩吹っかけ」、「メンヘラ」っぽい危ないコメント等) は、容赦なく削除します。

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

RSSリンクの表示

リンク

駅の時計!

JR東日本・東京駅構内で使用している時計、だそうです。 (「東京ステーションシティ倶楽部」のブログパーツ)

ご来訪ありがとうございます(カウンター)

電力使用状況&電気予報

電力会社名をクリックすると詳細情報が見られます。
(別ウインドウで表示。)

天気予報

日本語→英語自動翻訳

クリックしてお試しください。結構、間違いも多いですが(笑)。
English English得袋.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。